04/29
 『新約 とある魔術の禁書目録 ガラスの向こうのバースデー』 感想

birthday (6)

「電撃文庫MAGAZINE Vol.61」に掲載されている創刊10周年記念小説、
「ガラスの向こうのバースデー」の感想でございます。木原メイン!木原メイン!
もちろんネタバレありなのでご注意下さいませ。



birthday (3)

───というワケで恐ろしく遅れましたが、電マガ創刊10周年を記念した書き下ろし小説、
「ガラスの向こうのバースデー」の感想でございます。最近短編が多くて嬉しいなぁ……。
しかも個人的に大好きな男性キャラである 木原加群さん メインとか…ワクワクで指が震えてくるよ…。
ちなみに創刊10周年企画のルールとして、この小説は「誕生日」をテーマにしているようですね。

そんな感じで、時系列は数年前…──小学校の『落第防止』だった頃の加群さんが教室へ入ると、
リコーダーの革袋&ボールで「野球大会」をやっている生徒達がいた!…という所から物語は始まります。

当然、お前らなにしとんねん とやんわり質問する加群さんでしたが、
①最初は外の空き地で野球をやっていた。
②だけど隣の家の窓ガラスを盛大に割ってしまった。
③自分たちでガラスを片付けようとしたら、住んでいるオバサンに怒鳴られた。
④だから教室で野球しよう!
…という事情があったようですね。いやその理屈はおかしい!
まぁ小学生はフリーダムだからなぁ…何がなんでも遊ぼうとする生き物だもんな……。

ちなみにその生徒達の中には 雲川鞠亜(くもかわまりあ)ちゃんもバッチリ混じっており、
パンツ が見えるのも気にせずにバットを振り回していましたね。吹寄と勝負しよう!(参照)
というか鞠亜ちゃん、小学生の頃から黒髮縦ロールだったんだなぁ…てっきりメイド服に合わせたのかと…。

まぁそれはさておき、それを聞いて頭を抱えた加群さんは、決して相手を威圧しないようにしながら、
生徒達に「オバサンが怒鳴った本当の理由」を順序立てて推理させました。
そのオバサンは、窓ガラスが割れた事ではなく、割れたガラスを触ろうとしたから怒ったのでは?と……。
そのおかげで子供達は反省し、ちゃんとオバサンに謝りに行く!と約束してくれましたね。

うむ、本編じゃあまり描写されなかった「加群さんの教師としての側面」がバッチリ見れて嬉しいなぁ…。
いきなり真実を突き付けて怒るのではなく、子供たちにちゃんと思考・推理させるのがプロだわ…。
しゃがんで目線を合わせながら話すのもカッコいい…口調がやさしいのも好き…。

でもアレだ、はいむら先生による挿絵が無いのが本当に惜しいんですけど、
教師モードの加群さんが着用している 安物のスラックス&柄物のカーディガン という服装は
想像してみるとなんか笑えますよね。一種類のコスチュームしか知らないもんなァ。



 お父様

「生命の研究…いや冒涜、バースデーか」
.
こうして一件落着──…かと思いきや、なぜか加群さんは丸っこい軽自動車を走らせて、
先回りするように「生徒達が窓ガラスを割ってしまったオバサンの家」に向かいます。
んんー? やっぱり保護者として、生徒達より先に謝罪しておく気なのかしら?キッチリしてるなぁ。

───が、なんと加群さんは玄関を蹴破りながら家に突撃しましたァ! ダイナミックおじゃまします!
すると家の中には…家主であるオバサンと、フラスコなどの 不気味な研究器具 が大量に広がっていましたね。

どうやらこのオバサン…いや、見た目よりずっと若いこの女は、
学園都市でも「禁忌」の領域である【バースデー】と呼ばれる研究をやっていたらしく、
簡単に説明すると「新たな生命の創造」に手を出していたようですね。(※クローンではない)
そして研究材料として、ずっと隣の空き地で遊んでいた小学生を狙っていたようです!
だからガラスを触ろうとした時、傷物になると困るから怒鳴ってしまった、と……あわきんブチキレやでぇ…。

というか「創刊10周年だから誕生日をテーマにした短編を書いてもらおう!」っていうめでたい企画なのに、
トップバッターから ブラックユーモア全開のネタ を持ってくる鎌池先生に吹くんですけど、(大好き)
たぶん加群さんはこの女を前々からマークしてたのかな? そんで今回で確信に至った感じ?

まぁそれはさておき…秘密を知られた女は、当然のように加群さんを 始末 しようとします!
自分が創造した肉塊をレインコートのように身に纏い、戦闘体制に入る女…。(ショゴスを思い出す)

すると加群さんは、彼女を憐れむように…出来の悪い問題児に教育するような表情をしながら、
「これでも私は生命の分野を極めた身だ。【バースデー】はダメだ」
「これはもはや科学ではないよ。もう片方、我々の世界の外にある法則だ」
と忠告します。

そして 相手が瞬きする間に距離をゼロまで詰める→胸の中心に人差し指をトンと当てる→
相手に自分の生体電流を80ミリボルトほど流して 心停止 させましたね。!?
……うん、まぁ、加群さんなら可能だろうな っていう変な信頼感はあるんですけど、
能力者でもないのに生体電流の操作もできるのかよ! 木原神拳なんて目じゃない神業だよ!

───が、まだ驚愕は終わらず…なんと加群さんは、死亡したその女を速攻で 蘇生 しましたね。ザオリク!
どうやら加群さんは、同じ分野の研究者の先輩として…「生命の冒涜」をしているその女に、
文字通り、身を持って「命の大切さ」を教えようとしたようです。だから殺して蘇生した、と……。
そのおかげで女は【バースデー】から手を引き、その家からも引っ越していきましたね。

いやもうホントにすげぇなこの人は…めちゃんこ荒療治ですけど、生粋の「先生」だわ…底が知れん…。
あと「バースデーは我々の世界の外にある法則」と言ってましたけど、魔術生命体を知ってたりするのかしら?



birthday (4)

birthday (5)

アレイスター泣いちゃう!泣いちゃうから!
.
そんでもって色々あった翌日、今日も小学校へ出勤する加群さんでしたが、
そんな彼の前に───「現役最強の木原」であるゴールデンレトリバー・脳幹先生 がふらっと現れます。
そして愛飲している葉巻を吸いまくりながら、(加群さんが煙草嫌いなのを知った上でスパスパしてる)
「君は善き研究者だ。ロマンの形が美しい」と絶賛し始めましたね。
木原史上、もっとも多くの人間を「研究」のために殺害し、『命の定義』を数式にしてしまった男。
しかし「命はこんなもんじゃないだろう」と自分が弾き出した真理を否定し、
子供を守りながら「本当の命の定義」を追い求めている… それがとても美しい、と───…。

ちなみに、「科学にロマンなんて存在しない。この世の神秘を科学で暴く」とか言ってる科学者は、
脳幹先生からすると「あまりにも悪臭がひどいクソ」であり、(エイワス並に口が悪い!)
クソと見せかけて 実は根っこの部分に「ロマン」を必死で隠している アレイスター は大好きみたいですね。

…うん、なんだろう… 脳幹先生の異様なハジケっぷり に読んでて吹いてしまったんですけど、
たぶん唯一さんやアレイスターに接している時の丁寧な性格は「先生モード」であり、
今の脳幹先生こそ「素の性格」なんだろうなぁ…だって加群さんは 自分と対等の木原 だもん。
つまり飼い主である「木原の始祖」にも1番近いわけで…そりゃめっちゃ好きになるよ…ロマンの塊だぜ…。

ちなみに、だからこそ脳幹先生ラブな 木原唯一さん加群さんが大ッキライ らしく、
あっかんべーしながら睨んだり、駐車違反している加群さんの車を通報したりしていましたね。地味に辛い!

…とまぁそんな感じで、少し短かったものの… 加群さんの「先生」としての側面に感嘆しつつ、
脳幹先生との イチャイチャっぷり にニヤニヤできる最高の番外編でございました!ロマンにあふれてるわ!
また、「魔術サイドの存在を知ってる=マリアン弟子入りフラグ」や、
「実は【バースデー】の研究には木原病理も関わっていた」など、
新約4巻に繋がる伏線があったのも良かったですねー…この一件で目を付けられちゃったのか…。

次の番外編も楽しみです!ではまたー。



電撃文庫MAGAZINE Vol.61 2018年5月号
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2018-04-25)
売り上げランキング: 4,056

忙しくてブログぜんぜん更新できなくて申し訳ありませんでしたァー!

« 漫画版『とある魔術の禁書目録』 ♯126 「アビニョン②」 感想  |  とある科学の超電磁砲 第103話 「間者」 感想 »

コメント

☆さん下唇噛みながら「うわああああああああああああああああ」ってフラスコガタガタさせてそう

110411 |学園都市の名無しさん |URL | 2018/04/29 09:56 * edit *

最近このブログで紹介された漫画ややる夫スレを探して読むのにハマっています。また機会があれば紹介してください。

110412 |学園都市の名無しさん |URL | 2018/04/29 10:08 * edit *

唯一さんが脳幹先生の下に就いた頃なんですね
鞠亜が本編時点で中1でこのSSでは小学生だから数年前って感じ
人工生命については唯一さんもエレメント作ってましたね
サンジェルマンウィルスによって外にある法則に触れ「バースデー」に踏み込んだって感じ

110413 |学園都市の名無しさん |URL | 2018/04/29 11:45 * edit *

この普通空間に実はとんでもないものが混じってるとこが実に学園都市っぽい
一つくだればそこは闇

110414 |学園都市の名無しさん |URL | 2018/04/29 11:59 * edit *

こんな日も上条さんは人を助けるために走り回ってたんだろうか・・・

110415 |学園都市の名無しさん |URL | 2018/04/29 12:03 * edit *

良キャラの多い木原一族の中でもこの2人は特に最高だな

110416 |学園都市の名無しさん |URL | 2018/04/29 12:51 * edit *

電撃文庫マガジン買うか。

110417 |K |URL | 2018/04/29 16:17 * edit *

殺して蘇生するのは一番わかりやすいよね、というかんじなのに割かし穏やかな殺し方なあたり先生ですねぇ。
…宝生永夢も同じ事してたけど荒々しかったのは、相手が死の概念がある生物か否かなのかね。
更新といえば借金は時効扱いですか?ダンロンとかも気が向いたらお願いしますぜ

110418 |学園都市の名無しさん |URL | 2018/04/29 17:50 * edit *

更新お疲れ様です。やっぱり加群先生は最高ですね。木原は皆キャラ立ってて本当面白いww。感想とかの借金はデビさんが忙しいなら
気長に待つことにします。お疲れならニコ動でてんくろさんの
禁書MADでもみて元気出してください!

110419 |おき |URL | 2018/04/29 20:04 * edit *

↑×5
上条さんはもはやそういう形をした魂だから……
でも加群さんといいフロイラインといい上里といいアレイスターといい、新約は結構な割合で自分の「才能」や「在り方」に抗う話だった気がする
そう考えると、いずれ上条さんも自分のヒーロー性に逆らって何かを渇望したりするんだろうかと思ったらまんま新約9巻だった

110420 |学園都市の名無しさん |URL | 2018/04/29 20:44 * edit *

>というか鞠亜ちゃん、小学生の頃から黒髮縦ロールだったんだなぁ…
やっぱりそこ気になりますよねw
>……あわきんブチキレやでぇ…。
名有りキャラとして出てきた子供は女の子の鞠亜だけだったのに「公園で遊ぶ子供を誘拐」の字面でまっさきあわきんが出てくるこの納得感よ
>トップバッターから ブラックユーモア全開のネタ を持ってくる鎌池先生に吹くんですけど、(大好き)
他のSSも含めて絶対どこかしらひねくれてるかまちー本当に大好き
>能力者でもないのに生体電流の操作もできるのかよ! 木原神拳なんて目じゃない神業だよ!
唯一さんもバケモンだったけど加群さんも思った以上にやべーやつでしたね。一通の反射を破るくらい木原の中では序の序な可能性が微粒子レベル…?
>アレイスター泣いちゃう!泣いちゃうから!
なーんだいつものことじゃん!
>今の脳幹先生こそ「素の性格」なんだろうなぁ…だって加群さんは 自分と対等の木原 だもん。
脳幹さん言いまくってんなあと思ってたのですが、なるほどそういうことだったのですね…! 滅茶苦茶納得しました
>忙しくてブログぜんぜん更新できなくて申し訳ありませんでしたァー!
お疲れ様です、更新ありがとうございました…

110421 |学園都市の名無しさん |URL | 2018/04/30 01:28 * edit *

男なんて大概皆かっこつけてクールぶっているけど結局ロマンが大好きな甘ちゃんなガキだからな。

110423 |学園都市の名無しさん |URL | 2018/04/30 09:08 * edit *

でも隠れて新生命の創造を研究している科学者、学園都市にもっといるよね、多分。

110424 |学園都市の名無しさん |URL | 2018/04/30 09:59 * edit *

やっぱ学園都市は普通に過ごすのが良いね
あっちからやってきたらツンツン頭に任せよう

110425 |学園都市の名無しさん |URL | 2018/04/30 12:01 * edit *

>男なんて大概皆かっこつけてクールぶっているけど結局ロマンが大好きな甘ちゃんなガキだからな。

実にロマン溢れるコメントとは思わないかね?

110426 |学園都市の名無しさん |URL | 2018/04/30 16:45 * edit *

そういや上条さんも結構ロマンチックだよな

110427 |学園都市の名無しさん |URL | 2018/04/30 22:43 * edit *

↑2
大人になるってことは実につまらんことだよ、男なら死ぬまでずっとクソガキでいたいもんだ

110428 |学園都市の名無しさん |URL | 2018/05/01 00:44 * edit *


恋愛関係の思考回路は美琴と同じで超乙女だからな

この話見てセブンの「怪しい隣人」思い出したわ。一見平和に見えてもすぐ側には…って感じが

110429 |学園都市の名無しさん |URL | 2018/05/01 00:47 * edit *

加群さんを主役に持っていくとか良いチョイス過ぎる。
生きた形での登場は、新約4巻だけでしたが、それだけでも魅力あふれるキャラだったから嬉しかったです。

ところで>ちなみに、「科学にロマンなんて存在しない。この世の神秘を科学で暴く」とか言ってる科学者は、
脳幹先生からすると「あまりにも悪臭がひどいクソ」であり
これ完全に幻生のことを指してますよねw
まぁアレは、いろんな意味で最悪を体現していたから(話においては、そういうキャラも必要ですが)加群さんや脳幹さんとは対極に位置しています。

110495 |ジャックポット |URL | 2018/05/09 09:31 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/3853-8d069bce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)