01/23
 「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」 「ダンガンロンパ3」感想メモ 前半

dangan2 (8)

※ネタバレありです。



2016dan23 (308)
2016dan23 (310)
2016dan23 (311)
2016dan23 (312)
2016dan23 (313)
2016dan23 (314)
2016dan23 (320)
2016dan23 (323)
2016dan23 (326)
2016dan23 (327)
2016-07-26-215955.jpg
2016-07-26-215958.jpg
2016dan23 (328)
2016dan23 (330)
2016dan23 (331)
2016dan23 (332)

「祈って」おこうかな…航海の無事を…。
.
―――というワケで前回、アルター江ノ島 から全ての真実を明かされた日向君!(参照)
新世界プログラムで作った仮想世界、絶望の残党、そして自分の正体・カムクライズル…。
その結果、日向君は…「希望」でも「絶望」でもない、心の中でループする道 を選んでしまうんですけど、
大天使・七海ちゃんから背中を叩かれて…自分を信じる日向創 に覚醒します!スーパー未来人!
そして同じく覚醒した終里、九頭竜、ソニア、左右田と共に「強制シャットダウン」を実行し、
仮想世界からログアウト―――…あらゆる可能性が混ざり合った「未来」へ進んでいきましたね。

そんでもって、ここからエピローグ ―――…ゲームじゃない「現実のジャバウォック島」には、
「未来機関」のメンバーである 苗木君・霧切さん・十神 の姿がありました。
どうやら無事 シャットダウンは成功し、3人は仮想世界からログアウトできたようです。良かったー。

…というかアレだ、苗木くん成長してねぇな…相変わらず身長ちっこいわ…。(七海ちゃんと同じ160cm)
そして霧切さんは タイトスカート がとても良いねぇ…やっぱこの人の魅力は太ももだと思うぜよ…。

とまぁそれはさておき、肝心の日向君たちですけど…シャットダウンしたにも関わらず、
「超高校級の絶望」ではない「仮想世界の記憶・人格」を保持できたようですね! YEAAAA!
うう…ホントに良かった…皆が作り出した「未来」の道には、ちゃんと「奇跡」が待ってたんだね…。

そんでもって日向君たち5人は、そのままジャバウォック島に残り…、
アバターが死んで眠り続けている「仲間たちの目を覚ます努力」をする気みたいです。
おおー!すげぇグッとくるな!仲間を救う「未来」に進むとか!まぁ狛枝は助けなくていいけど!
もうこいつの体だけ船に浮かべて海に流そうぜ…でも「幸運」のせいで次の日には砂浜に戻ってきてそうだな…。

そして…残党を匿ったせいで「未来機関」からめっちゃ怒られる未来 が待っている苗木君たちは、
船で本部へ帰り…日向君はそれを見送りながら、これからのことを考えます。

今日は「全てが終わった日」じゃない…今から始まる、仲間たちが目を覚ますまでの「未来の前の日」だ。
どこにでも行けるし、どこにも行けないかもしれない…「希望」も「絶望」もあるかもしれない。
それでも俺は、日向創として生きていく―――… 俺の未来はここにある。
そう決心する日向君の目の前には、無限の可能性ような青い海が どこまでも広がっていましたね。



「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」 END





1377000276696_20160727190447351.jpg

狛枝が大喜びしてるEDに聞こえる!
.
―――というワケで、感想に 2年以上 もかかっちゃって申し開きの言葉の無いんですけど、
ダンガンロンパシリーズの2作目…「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」…皆さんどうでしたか?
いやーもうね…めちゃくちゃ面白かった前作を上手く踏襲しつつ、その前作が上げたハードルを
ロケットで突き抜けるようなゲームでしたよ…心から「出会えて良かった」と思える作品でしたわ…。

まず、シリーズ最大の肝である「魅力的なキャラクター」ですけど、
これまた前作と同じぐらい濃い&良い奴らばっかりで…そんな彼らが殺し合うデスゲームは、
何十回も私の胃を「オエエーッ!」とさせてくれました。胃液が枯渇するかと思ったわ!
特に第三章なんて、ごはんの味が分からなくなって体重3キロ落ちた もんね!(※マジです)
プレイする前に「好きになったキャラみんな死ぬよw」と教えてくれた友人は今から死なそうと思います。

そしてストーリーですけど…エンディング固定の1本道テキストアドベンチャーであるにも関わらず、
まったくダレずに第1章からラストまで「たのすぅいいいいいいいいいッ!」と夢中でプレイできました。
前作をメタファーした…「次作だからこそ可能なネタ」がばんばん使われてますし、
章ごとに「新しい島」が開放されるおかげで、まったく飽きずにワクワクを持続できましたよ。
下ネタやパロネタも前作以上にフルスロットルでね…どんだけ多いんだよって…。(参照)

また、希望キチの狛枝&第六章の苗木君を使って…前作ではあれだけ心強かった「希望」というテーマを、
プレイヤーにとって「恐ろしいナニカ」だと思わせる展開にも感心してしまいましたね。歪んでいく希望。
ひとつの「希望」が、全ての人間を幸せにするわけじゃない…その「希望」が人を苦しめることもある、と―――。

それとアレだ、やっぱり BGMがすごく良いよね…高田雅史さん最高だわ…。
数々のカッコいい神BGMが、この「ダンガンロンパ2」の世界観をガンガン盛り上げて演出してますし、
特に第五章で、狛枝が他殺トリックを完成させる→その何もかも「手遅れ」な捜査開始の瞬間から、
「エコロシア(殺し合え)」が流れ始めるシーンは鳥肌が止まりませんでした。
まだクリアしてないのにゲームのサントラ予約したの初めてだわ…8bit・16bit音源のアレンジも良いよね…。

しかも、そんな本編だけでも大満足なのに…ウサミ先生が戦うミニゲーム「魔法少女ミラクル★モノミ」や、
無人島物語的なサバイバルシミュレーションが楽しめる「アイランドモード」
さらには成田良悟先生による「残姉ちゃん主役のIF小説」までクリア後に読めるとか、
頭から尻尾まで美味しいアンコがぱんぱんに詰まってるタイヤキすぎて胸焼けしましたよ。ボリュームすごすぎる…。
特にアイランドモードが良いね…本編で死んだキャラと らーぶらーぶ♥ できるのがすごく…すごくうれしい…。

ただまぁ、あくまで個人的な意見ですが…もちろん「不満点」もあるにはあるんですけどね。

えーと、上でも言ってる通り…今回のキャラって心に闇を抱えているものの みんな良い子ばかり なので、
デスゲームから脱出しようとした桑田、自分は弱くないと証明するために殺した大和田、
100億円狙いで殺人計画を立てたセレスさんのような「利己的な殺人」が一切無いんですよね。
実家にいる病気の母のためだったり、「道具」として愛する人を守るためだったり、江ノ島のためだったり、
全滅するのを阻止するためだったり、絶望を皆殺しにするためだったり…「他者のための殺人」ばかりなんです。

その結果、てるてる以外のクロが「死」を覚悟完了しながら処刑されてる のが…少し残念でしたよ。
クロが絶望して怯えながら死んでいくのも「ダンガンロンパの醍醐味」だと思っていたので、
そこがちょっと薄かったのはションボリでね…あんまり「オシオキ」っぽくないなーってね…。
前作の第五章…「生殖の仕組み」を教えられながらプレスマシンに運ばれて、
信号のようにどんどん顔色が変わっていく霧切さんの処刑が圧巻だったからこそ、ね…。(参照)
いやまぁ、皆覚悟しながら死んだからこそ、ラストの「仲間が創ってくれた未来」で感動できるんですけども、
もっとグロくてエグくて…プレイヤーの心に汚物を流しこむような「悪趣味」な処刑が見たかったんですよ…。

あとアレだ、ロジカルダイブだけはいらん!これだけは本当にキライだった!
コースが初見殺しすぎるわ、裁判中にレースゲームとかテンポ悪すぎるわ、そんなに面白く無いわ…。
「言刃」で相手と斬り合う「反論ショーダウン」が演出的にも最高に面白かったからこそ、
ロジカルダイブが来る度にゲンナリしましたよ。キャラの反論ボイスほんとに良いよね…。

それと、前日譚小説である「ダンガンロンパ/ゼロ」に依存したストーリーが第六章からかなり多かったので、
ゼロを読まずに1→2でプレイした人は損だなー…とも思いましたね。ゼロの伏線が多すぎる…。

とまぁ…不満点はそれぐらいであり、それを差し引いても「神ゲー」だと心から言える作品でした!
もう本当に喜悦するほど楽しくて、心に大きな傷を残して、それでも最後は爽やかな気分になれるゲームだったよ…。
ファウスト系の作品としてもトップレベルだと私は思うよ…前作以上に「2周目」が面白いゲームだよ…。
はぁ…記憶を消して1からもっかいプレイしたい… 新世界プログラムに入らなきゃ…!


.

■アニメ「ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園」について

17b5d52c.jpg
d1079844.jpg
381198bc.jpg
7244aba7.jpg↖(かわいい)
1d1c8240.jpg
acda04d6.jpg
ba2d4105.jpg
8677aaed.jpg
2e787499.jpg
9434aaf8.jpg
f610331d.jpg
968c6eb7.jpg
11e1b1d2.jpg
1b9ccf03.jpg
27be3cc4.jpg
48ce63e3.jpg
07501a20_201612261450388f0.jpg
c0161226.png
gd3 (1)
gd3 (5)
gd3 (6)
gd3 (7)
41e1d750.jpg
naegi.jpg
naegi12.jpg
1a1ff55c.jpg

許す

最終話が最高だったから全て良し!
.
…というワケで、「未来機関」に潜んでいた【裏切り者】の仕業で 三度目のコロシアイが始まった『未来編』と、
江ノ島盾子の手によって 第77期生が【絶望】に堕ちていく『絶望編』が同時進行する、
「希望ヶ峰学園シリーズの完結編」…アニメ「ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-」

うん…ここに無駄な尺を使うぐらいなら もっと他のキャラを掘り下げてよ!ってシーンが多々あったり、
せっかくのナンバリングタイトルなのに「3」のキャラが悲しいほど活躍できなかったり、
(霧切さんを守ったスカウトマンの黄桜さんと、薬剤師の忌村ちゃん、あとは最終盤のボクサーぐらい)
推理&ロンパ要素があんまり無かったり、こまるちゃんと苗木君の再会シーン がスルーされたり、
第77期生が「超高校級の絶望」になってしまった理由がまさかの「洗脳」だったり、
(てっきり第77期生の心の穴に 江ノ島が絶望を流し込んで魅了していく…という過去かと思ってたのに、(参照)
 まさか「洗脳映像」で片付けるとは思わんかった…これ江ノ島じゃなくて御手洗くんがスゴいんじゃん…)

黒幕がデスゲームを始めた理由が「ついやっちゃったよ♥」だったり、
その黒幕&江ノ島がすでに死んでいるせいで ラスボスをぶっとばすカタルシスが無かったり…。

ぶっちゃけかなり口汚く酷評したい点があるんですけど、それを差し引いても
「ダンガンロンパ」シリースのファンとして 心から「良いアニメだった」と言える作品でしたね。

楽しい学園生活を送る仲良し第77期生、カムクライズル の誕生経緯、「ゼロ」の松田夜助君が登場、
希望ヶ峰学園史上最大最悪の絶望的事件(生徒会13人惨殺&予備学科の集団自殺)など、
なんだかんだ「ファンが見たかったもの」はちゃんとアニメ化してくれましたし、
週2回放送のおかげもあって、見てる時のワクワク感、絶望感、ライブ感はすごかったです。
特に朝比奈さん死亡、霧切さん死亡、七海ちゃん死亡シーンは「あびゃああああ!」ってなったよね…。

そして何よりアレだ、復活した第77期生が大暴れする最終話 で全て許したよボカァ!
たとえ「ご都合主義」と言われようとも…「2ラストの余韻が台無し」と言われようとも、
全員集合エンディングで涙が止まらなかったんですよ私は… 完全無欠のハッピーエンド すぎた…。
2のキャラめっちゃ好きだからさぁ…また16人でワイワイ仲良くやってるのが幸せすぎてさぁ…。

また、希望キチの狛枝から英才教育を受けて「二代目・江ノ島盾子」を目指していた
スピンオフ『絶対絶望少女』のラスボス… 塔和モナカちゃん の成長結果が、
「希望も絶望も、全てがどうでもいい」という無気力少女だったのも面白くて良かったです。
江ノ島の「飽きっぽさ」と、狛枝の「希望への興味(苗木君への接触)」だけ
中途半端に学習して、ひとりぼっちで「宇宙」まで逃げてしまった、と―――…。
まぁ『絶対絶望少女』でも、「苗木こまるが兄のような希望の器ではなかったように」
「塔和モナカも江ノ島のような絶望の器じゃない」
って結論が出てたからなぁ。【普通の天才】だもんこの子。
それなのに狛枝から「絶望的で狂気的な希望」を教えられたら、そりゃドン引きしますよね…。
でも「希望も絶望も黒歴史」と吐き捨てたあたり、実は江ノ島より天才だったのかもしれません。
つまり「大人」に成長しちゃったのよね。あー好きなキャラだ…宇宙から帰ってきて欲しい…。

とまぁそんな感じで、「1・2・絶対絶望少女のファンディスク的なアニメ」と言いますか、
「希望ヶ峰学園シリーズ」を今までプレイしてきた身としては かなり大満足な作品でございましたよ。
旧校舎で新しく学園を作るラストもグッと来ましたしね。苗木君と霧切さんアレ絶対に結婚してるよな…。

以下、「2」に登場したキャラの感想メモでございます。


.

■予備学科:日向創/カムクライズル 【生存】
絵4773744

【2】の主人公であり、前作の霧切さんと同じく「自分の才能」を思い出せない少年・日向創。
 もしかしてモノクマから重点的に記憶を奪われたのか?それほど警戒すべき才能なのか?―――と思いきや、
 その正体は資金集めのために作られた【希望ヶ峰学園:予備学科】の学生であり、
 そもそも思い出せる才能なんて欠片も存在しなかった。(※決して凡人というワケではない)

・プロローグで狛枝から「抽選で希望ヶ峰学園に入学できた幸運」と自己紹介された時、
 無意識に「複雑な表情」を浮かべてしまったり、(狛枝を妬んでいた?)
 入学者のデータをネットで調べていた希望マニアの狛枝が「君は知らない」と言ったり、
 実は最序盤から伏線が張られていたりする。まぁ「ゼロ」を読んだ人は一発で分かったかもしれないが。

・他のキャラが濃すぎるのも理由なのだが、かなり「主人公としてキャラが薄い」存在である。
 常識的な性格、一般的な反応、体力も普通、あまり特徴の無い見た目…。(ソニア曰く)
 これは前作の主人公である 苗木君 のキャラがあまりにも濃すぎたので、
 スタッフがあえて【無個性な主人公】を作ったらしい。たっはー!きびしいッスー!

・しかし「普通」だからこそ、「プレイヤーが自己投影しやすい主人公」として完成されていたと思う。
 どれだけ仲間が殺し合っても「前向き」だった精神的超人の苗木君とは異なり、
 あくまで「デスゲームに巻き込まれた一般人」として…「弱い部分」をちゃんと見せてくれる。
 殺し合いに恐怖してベッドにダイブ→毛布に頭を突っ込んで「あぁああああああッ!」と絶叫したり、
 狛枝から虐められてショックを受けたり、空腹に負けてファイナルデッドルームに入ろうとしたり…。
 だからこそ、その日向君の「人並みな感情」がひしひしとプレイヤーに伝わってきて、
 このデスゲームの恐怖と絶望を倍増させていたと思う。第五章とかシンクロ率400%である。

・そしてその日向君が、精神的にボロボロになりながらも…泥臭く、ひたむきに、見苦しいほどあがいて生き残って、
 今までの鬱憤を晴らすように大暴れする第六章 のカタルシスははっきり言って異常である。
 プレイしてて よっしゃああああ!ってなったわ!正直言って苗木君より大好きな成長系主人公だ!

・また、自分を「凡人」だと思っているが…総合的に見れば相当優秀な人間である。
 狛枝や七海ちゃんには負けるものの、かなり頭が良く…裁判時は中心人物として話をまとめていた。
 特に第五章の「あの狛枝だぞ?あいつの悪意がここで終わるもんか!」という
 「負の信頼関係」から辿り着いた推理には感心してしまった。結末は最悪だったが。 

・さらに「身長179㎝・胸囲91㎝」という良い体格の持ち主であり、(おっぱいでかすぎる…)
 あのマネジャー・弐大猫丸から「お前となら宇宙が獲れるわい!」と太鼓判を押されている。(参照)

・さらにさらに「超高校級の相談窓口」と言われるほどの聞き上手であり、(参照)
 温かい日差しのように仲間たちの心を溶かして、どんなキャラでもメロメロにしてしまう。
 その実力は たった5回の会話でパンツを脱がす ほどである。
 初めてキャラを攻略した時、生ぬるい下着に包まれた希望のカケラ を貰った時は絶句したわよ!

.
1f4ee7e5.jpg
606e84b2.jpg
eb260c20.jpg
b78490f1.jpg
579410e1.jpg
bd296bc8.jpg

・頭の中を あっあっあっ されて生まれ変わった日向君の過去…人工的な希望・カムクライズル
 カムクラの誕生に 江ノ島はノータッチ であり、あくまで希望ヶ峰学園の計画というところに狂気を感じる。
 ちなみに第2号も作られる予定だったらしいが、「最大最悪の絶望的事件」のせいで中止になっている。


・そして1番最初の時系列である【3】の「絶望編」で、カムクラになる前の日向君(予備学科)が登場。
 実は リアル七海ちゃんと良い関係だった という過去が明かされたのだが、(らーぶらーぶ♥)
 才能への執着、「超高校級」になる前に死んでしまったクラスメイトの九頭竜妹、ホモボクサーの悪口、
 何より「才能を手に入れて、七海に誇れる俺になりたい」という望みで、
 カムクラプロジェクトに志願してしまい…記憶・人格・七海ちゃんへの想いを失ってしまった。つらい…。

・万能の天才になったせいで、未来が全て「予知」できるようになり…「ツマラナイ」生活を送っていたカムクラ。
 しかし、同じく「超高校級の分析能力」のおかげで 未来を予知できる 江ノ島盾子 から、
 「私たちでも【絶望】は予知できない!それを見せてあげる!」と悪魔の誘いを受けてしまう。

・生徒会13人の殺し合い、洗脳される第77期生、七海千秋の処刑 などの【絶望】を見続けるカムクラ…。
 しかし七海ちゃんを看取った時、自分が「涙」を流していることに気付き…その【希望】にも興味を抱く。
 そしてカムクラは、江ノ島盾子の死後…塔和シティから「江ノ島アルターエゴ」を回収し、(絶対絶望少女)
 「希望と絶望、どちらが予想できないのか」を確かめるため、新世界プログラムへ潜入する。
 自分の人格と記憶をリセットして、七海ちゃんと出会う前の「ハジメ」に戻りながら。

・その後、【2】の直後である「希望編」では、14人の仲間を引き連れて未来機関の本部に登場。
 どうやら 死んだ仲間の再生に成功 したらしく、(AIの七海ちゃんはなぜかスタンド化していたが)
 自分も「カムクライズル」の能力を失わないまま、元の「日向創」に戻れたらしい。チートすぎる…。
 まぁ「ツマラナイ」という口癖はそのままだったので、「日向君とカムクラの融合」が正しいかもしれない。

・そして、洗脳技術を江ノ島にパクられた罪悪感から 全世界を「希望」で洗脳しようとする御手洗を説得した後、
 天願が起こしたデスゲームの罪を全て背負い…人類を団結させる「必要悪」になった。
 …第77期生も「洗脳」で操られた100%被害者なのに、死ぬまで罪を償い続けるとか辛すぎる…。

・とりあえず、第四章や第五章であれだけ仲が悪かった日向君と狛枝が、
 仲良さそうに並んでバーベキューの肉を食べているシーンでなぜか涙が出た。


.

■超高校級の幸運:狛枝凪斗 【第5章:被害者】
絵4773745

・どんな絶望的状況下でも「希望」を信じている超高校級の幸運・狛枝凪斗。
 超高校級の仲間たちを心から敬愛している「超高校級マニア」であり、
 「ンそれは違うよォホ…」「ンぼかァね…もうヤなんだよォ!」「ン最ッ高だねェ…!」など、
 やたら ネットリボイス で発言する美青年である。全てのセリフに吐息が混じっている。

・苗木君と同じ声、同じ「幸運」という才能、同じフード付きの服装、同じ「希望は負けない」という口癖、
 さらに「コマエダナギト - ダナエギマコト - ナエギコトダマ」というアナグラムから、
 「霧切さんを失って悪堕ちした苗木君なのか?」「苗木君のクローンなのか?」
 「十神と一緒に今回のデスゲームに潜入しているのか?」とプレイヤーに予想させたが、
 実はなんの関係もない 赤の他人 という真実にはびっくらこいた。なんやねんこいつ!

・ちなみにゲームのPV1だと、ちゃんと苗木君っぽい声だったりする。なんやねんこいつ!(参照)

・そして「苗木君かも」とプレイヤーが思っているからこそ、人畜無害だったはずの狛枝凪斗が
 ドロドロに濁り切った目 をしながら「あはははははははッ!」と豹変する第1章は戦慄する。(参照)
 しかも初っ端から 前作の最終章並の対決 とか… 一気にプレイヤーをこのゲームに惹きこんだと思う。

・プレイヤーの予想できる限界を おさんぽ気分で飛び超えていく 史上最凶の トリックスター であり、
 邪悪な思考と、火縄銃でロシアンルーレットしても生き残りそうな「幸運」を使って、全てをかき回していく。
 希望と希望がぶつかり合って、もっと強い「絶対的な希望」が生まれるのを見たい!
 そのためなら殺してもいい、殺されてもいい、と―――…「希望を騙る底なしの絶望」である。

・第一章では、幸運を使って掃除係になる→わざと花村に「自分の殺人計画」を見せる→
 花村に「殺人を止める殺人の正当性」を与えて、最初のコロシアイを実行させた。
 第二章では軟禁されているにも関わらず、食事を運びに来た真昼ちゃんに話しかけて
 「トワイライトシンドローム」をプレイさせる→九頭竜と言い争う殺人の原因を作った。
 第三章では「絶望病」のせいでほとんど動けなかったにも関わらず「罪木が犯人」だと推理し、
 第四章では日向君を差し置いて プレイアブルキャラクター になり、ファイナルデッドルームに挑んでいく。

・そして運命の第五章…「絶望の残党の皆殺し」を決心した狛枝凪斗が完成させた、
 「他殺のような自殺に見せかけた偶発他殺トリック」にはゾッとしてしまった。
 「自分を殺させる」というトリックの肝だけでも吐き気が止まらないのに、
 誰が狛枝を殺したのか分からない→このゲームの根本である「推理」すら否定し、
 2人しか殺せないルールの中、自分の「幸運」を信じて「七海以外の5人殺し」を狙う殺意には、
 思わず「すげぇ…」と呟いてしまった。間違いなくシリーズ最凶のトリックである。死ね!死んでる!

・ちなみにこのトリックを作る時、ナイフを使って過剰なほど「自傷行為」をしていた狛枝だが、(参照)
 もしかすると「絶望になった自分へのオシオキ」という意思があったのかもしれない。
 「絶望の残党」を皆殺しにするトリック…当然、自分も「絶望の残党」だったのだから…。

・そんな感じで、このゲームをプレイした全員に 鮮烈すぎるイメージを残していった狂人・狛枝凪斗…。
 …もう「なに食ったらこんなキャラ思い付くんだ?」と感心してしまうのだが、
 間違いなくこの「スーパーダンガンロンパ2」の MVP であり…最高のストーリーテラーだったと思う。
 「人間」としては大嫌い。しかし作品を彩る「キャラクター」としては大好きな存在である。

.
2016-07-30-043109.jpg
2016-07-30-043300.jpg

・苗木君とも異なる「希望」、江ノ島とも異なる「絶望」を与えてくるサイコパス野郎・狛枝凪斗。
 しかし精神的超人である2人と違って、普通の「人間臭さ」がチラホラ垣間見えるキャラでもある。
 あらゆる面でハイスペックであるにも関わらず、自分を「クズ」と自虐して卑下するのだが、
 自分より下の存在…「予備学科」だと判明した日向君は 全力で見下してくる。自尊心丸出しである。(参照)
 さらに「自分は希望になれない、相応しくない」と何度も言っていたにも関わらず、
 第五章では「絶望を殺せば【超高校級の希望】になれるかも」と野心が剥き出しになり、
 名声欲と自己顕示欲、承認欲求に満ち溢れた「ボクの銅像を作ってくれ…」というメッセージを残してくる。
 そういう俗っぽさも含めて、この狛枝凪斗は魅力的なキャラクターだったと思う。

・苗木君の「土壇場で生き残る悪運」とは違い、正真正銘 本物の「幸運」を持っている狛枝。
 しかしその正体は「幸運と不運の揺れ幅が大きい」という【呪い】のような代物であり、
 「乗っている飛行機がハイジャックされる不運」⇔「隕石がハイジャック犯に直撃する幸運」
 「しかし隕石は両親にも当たり、2人が死亡する不運」⇔「莫大な遺産が手に入る幸運」
 「誘拐されてゴミ袋に入れられる不運」⇔「その中で3億円の宝くじを見つける幸運」
という、
 巨大すぎる「不運」と「幸運」を交互に味わう人生を送ってきたらしい。まるで「猿の手」である。
 だから狛枝は、運に左右されない「絶対的で素晴らしい物=希望」を求めたのかもしれない。

・「不運」の呪いなのか、頭の中に「前頭側頭型認知症(FTD)」を患い、なんと 余命1年以内 らしい。(参照)
 しかしFTDは冗談だと言ったり、そもそも余命1年が「入学前の記憶」なら
 絶望時代に死んでいるはずなので、ホントに冗談 or 幸運のおかげで治っている可能性が高い。
 ちなみにFTDの症状には、「非常識・反社会的な行動」「豹変する」などがある。


.
06623824.jpg
7f10e828.jpg
fb6045b6.jpg
ppp.jpg
4e695409.jpg
becccdfe.jpg

・仲間と共に「希望ヶ峰学園」に通っていた頃の狛枝が【3】の「絶望編」で登場。
 特典小説「苗木誠、人生最悪の日」では「上層部が頭を抱えるレベルの問題児」と言われていたが、
 気持ち悪いほどクラスメイトを尊敬しているものの、意外と「普通の少年」として学園生活を送っていた。

・―――と思いきや、第4話では「万全の状態でクラスメイトに試験を受けさせたい」という理由で
 体育館の爆破計画を実行し、そのせいで ドチャクソトリオ を退学に追い込んでいた。やっぱ問題児だこいつ!

・そして第8話では、持ち前の「幸運」のおかげで「江ノ島盾子がいる隠し通路」を見つけ、
 誰よりも早く洗脳計画に気付きかけるが―――… 同じ「幸運」持ちの カムクライズル と出会ってしまい、
 そのまま返り討ちにされる→七海ちゃんの処刑映像で 他の仲間と同じように洗脳されてしまった。
 まぁ「同じ」と言っても、狛枝の場合は頭の中で「希望」と「絶望」が混ざり合って
 江ノ島死ね!江ノ島好き!あれあれあれあれ?というバグを起こしていたが。

・ちなみに、この「狛枝とカムクラの対面シーン」は なぜか 運命の出会い のように演出されており、
 狛枝がどれだけ「超高校級の希望」であるカムクラに興奮したのかが分かる。本当に気持ち悪いよ…。


・ダンガンロンパ【2.5】では、狛枝が「新世界プログラム」から目覚めるまでのストーリーが明かされる。

・【2】の終了後、死んだ仲間たちの人格データ&記憶データの再生を始めた日向君。
 しかし狛枝は 死亡時のショックで「自分が作った仮想世界」に閉じこもり、目覚めなくなってしまった。
 生きていた頃とは打って変わって「希望や才能なんて無い方が皆幸せだ」と心から思い、
 「幸運」ではなく「超高校級の不運」として幸せな日々を過ごす狛枝…。 

・やはり狛枝が希望キチになったのは 呪いのような「幸運」が原因であり、
 本当は友人と一緒に平凡な生活を送るのが望みだったのだろうか?
 まぁその狛枝世界に登場する「超高校級の希望」の 苗木君
 なぜか 超イケメン になっているあたり、やっぱり希望キチガイなのかもしれないが。

・しかし日向君が送り出した「カムクラアルターエゴ」によって仮想世界は破壊され、
 狛枝は目を覚まし…移植していた「江ノ島の手」を ロボットアーム に変更した後、
 14人の大好きな仲間と共に 笑顔でジャバウォック島を旅立った。

・そして【3】の「希望編」では、幸運を使って「未来機関」の本部で大暴れ→御手洗を説得した後、
 ようやく出会えた同じ中の人…もとい「真の超高校級の希望」である苗木君の手をガッチリ握り、
 ボクはなんて幸運なんだァ…♥」と喜悦していた。本当に気持ち悪いよ…。
 でもそんな狛枝を、他の仲間が「やれやれ」という感じで受け入れてる空気がスゴくいいよね。


.

■超高校級のゲーマー:七海千秋 【第5章:犯人】
絵4773759

・頭の中で文章をまとめないと話せない、睡眠不足のメインヒロイン…超高校級のゲーマー・七海千秋。
 あらゆるゲームを得意としており、「ざんねん!わたしのぼうけんはここでおわってしまった!」
 「ゆうべはおたのしみでしたね」
など、よくゲームのパロディネタを使ってくる。よう来たのぅゲーメスト!

・「オールジャンルいける」と言いながら、実は「人の心を考える恋愛ゲーム」だけは苦手である。
 「子供の作り方」は知っていても、その前提である「人を好きになる」のが分からないのだとか。
 また、「牛の乳搾りを知らない」など、当たり前のデータが欠けている面 があり、
 そんな七海ちゃんに日向君が色んなことを教える個別イベントはニヤニヤしてしまう。(参照)
 うんうん、その生暖かいアレを触ろうねぇ…乳搾りしようねぇ…。(下半身の未来をニョキニョキ伸ばしつつ)

・いつもポケーッとしているのだが、それ故に「何が起きても動揺しない精神力」を持ち、
 ここぞというタイミングで狛枝に次ぐ推理力・捜査力を見せ、日向君の背中を支えてくれる。
 前作の「ここまで言えば分かるわね?」のヒロインが 夫を引っぱって育てるタイプの奥さんなら、
 七海ちゃんは横に並んで一緒に歩いてくれる、共同作業タイプの奥さんである。KAWAII!

・その正体は「教師役」のウサミ先生と共に 新世界プログラムで「絶望の残党×15人」を管理する存在であり、
 希望ヶ峰学園の入学生ではなく、そもそも人間でもない【人工知能(AI)】だった。
 会話のレスポンスが遅かったり、よく眠ったりするのはそれが理由だと思われる。(スリープモード?)
 また、自己紹介のイベントギャラリーで、他のキャラは「◯◯◯◯、登場」というイベント名なのに、
 七海ちゃんだけ「七海千秋があらわれた!」だったりする。しかしまわりこまれてしまった!

・ちなみに生みの親である超高校級のプログラマー・不二咲千尋 と同じ誕生日であり、(3月14日)
 バストサイズと身長は、超高校級のスイマー・朝日奈さんと完全に同じだったりする。
 もしかすると ムッチムチのお尻&太もも は、霧切さんあたりから抽出したデータかもしれない。

・ミニゲーム「魔法少女ミラクル☆モノミ」でゲットできる最強武器は、訳すと彼女の名前になる。
 「希望杖セブンスシー(七海)」「希望布巻サウザンド(千)」「希望髪結オータム(秋)」。(参照)

・それ以前から可愛いのだが、第四章あたりから「ヒロインパワー」がどんどん上がってくる子である。
 日向君とプレイヤーがシンクロしていることもあって、ファイナルデッドルームに入ろうとする寸前に
 「帰ろ?」と部屋まで肩を貸してくれる七海ちゃんは【天使】にしか見えない。

・だからこそ、悪魔 狛枝のせいで「七海千秋=犯人」だと推理する第五章は 控えめに言って地獄 であり、
 ボタンを押す度に手が震え、これ以上プレイしたくないと頭が思考を拒否してしまう。
 しかも 犯人確定の決め手が「絵日記に日向君のことをいっぱい書いてたから」というのが皮肉である。

・そして第六章…心がベキベキに折れた日向君の前に 消えたはずの七海ちゃんが現れ、
 「君なら未来だって創れるよ!」と応援してくれるシーンは涙が止まらなくなる。
 リアル世界に戻った日向君は、カムクラパワーで早急に七海ちゃんをサルベージして欲しい。
 そんで左右田に アンドロイドボディ を作ってもらって、そこに七海ちゃんをインストールして欲しい。

.
bc9ff2c4.jpg
b625ecc6.jpg
ce9862f7.jpg
80253ec9.jpg
13d7b7d1.jpg

【3】の「絶望編」では、なんと人工知能ではなく「生身の人間」として七海ちゃんが登場。
 最初は いつも1人でゲームをしている ぼっち少女 だったが、(まぁ第77期生のキャラが濃すぎるからね…)
 雪染先生のフォローもあり、クラスをまとめる「学級委員」として 皆から愛される中心人物になっていった。

・また、レトロゲーム「ギャラオメガ」の愛好者である予備学科の 日向君 と知り合い、
 放課後はいつも一緒にゲームをする「らーぶらーぶ♥」な友達以上の関係になった。幸せの絶頂である。

・しかし「七海に相応しい俺になる」という理由で 日向君は カムクライズル になってしまい、
 さらに江ノ島盾子から「第77期生を絶望に落とす急所」としてロックオンされてしまう。
 そして最期は「デスダンジョン」という リアル死にゲー に放り込まれ、
 全身を串刺しにされて致命傷を負う→カムクラの前で泣きながら死亡した。オエエーッ!(鬱ゲロ)
 ひどい…なんでこんなひどいことするの…ジェットコースター人生すぎる…。
 だが、その七海ちゃんのおかげで、感情が存在しないはずのカムクラの心に「希望」への興味が生まれた。

・「希望編」では、新世界プログラムに登場する「人工知能の七海ちゃん」の容姿や人格が、
 「第77期生が思い描く『管理者』のイメージを統合して作られた」という真実が判明する。
 よかった…皆の心の根っこには、しっかり七海ちゃんとの思い出が残ってたんだね…。
 でもなんで 日向君のスタンド になってるんだろう…人格データのサルベージはまだなのかい左右田!?

.
V3_2017012221522381e.jpg

・ちなみに、歴代メインキャラ全員がスクールライフを満喫する【V3】のおまけモード・「才能育成計画」では、
 また「学級委員」をやりつつ、日向君とギャラオメガをする幸せな日々を送っていた。らーぶらーぶ♥


.

■超高校級の詐欺師:十神白夜 【第1章:被害者】
絵4773746

・見た目的にも 発言的にも凄まじい「存在感」を放ってくる、超高校級の御曹司・十神白夜。
 前回のデスゲームを生き残った心強いキャラなのだが、なんと 体重が50キロも増量 されており、
 狛枝以上にプレイヤーを絶句させた存在だと思う。説明しろ苗木!1と2の間に何があったんだ!?
 腐川さんの料理がめっちゃ高カロリーだったのか?それとも絶望と戦うストレスでやけ食いしたのか!?

「他人から疑われ続ける地獄のような生活を送った」「俺だってかつては無力だった」など、
 前回のデスゲームを匂わせる発言をちょこちょこしてくる。やはりうちはマダラか…!?

・あらゆる帝王学を身に付けた『十神家』の次期当主であり、走って飛べるハイスペックデブである。
 そして他者を見下すエリート気質のリアリスト…なのだが、なんとデスゲームを受け入れた前回とは異なり、
 「俺が導いてやる!十神の名にかけて!」と宣言して 16人全員の生還を目指す。
 このデスゲームには「秩序を持った集団」で立ち向かうしかない…俺が【リーダー】になってやる、と…!
 
・前回が ダメダメ だったこともあって、(中途半端に孤立する・現場を荒らす・間違った推理などなど)
 正直その「俺が導いてやる!」という発言にも「ハァ?」とプレイしてて思ってしまったのだが、
 十神は…いや、リーダー びっくりするほど有能であり、そのカリスマで他の15人を統率していった。
 特に孤立する九頭竜に「俺がいる限り誰も死なせんぞ!九頭竜、お前もだ!」と言い放ち、
 綺麗事だと言われても「その綺麗事を可能にするのが十神白夜だ!」と返すシーンは
 前回のイメージを粉々にするほど最高のリーダーだった。くぴー!シビレルくらいカッコいいっすー!

・しかしその正体は十神本人ではなく、十神を演じる「超高校級の詐欺師」だった。
 前作キャラかと思われた狛枝&十神が どっちもミスリード役 とか本当にびっくらこいたわ!

・プロフィールで「好きなもの:コーヒー」と書いてあるのに、コーピーをプレゼントすると好感度が下がったり、
 まるで他人事のように「十神白夜」という人物を自慢するなど、ちゃんと伏線はあったりする。(参照)

・「超高校級の詐欺師」という肩書きだが、決して「金」や「権力」には手を出していないらしく、
 その目的は「ただ人に憧れた、ただ存在したかった」という悲しいものだった。
 俺には生まれながらにして「名前」も「家族」も「戸籍」も無い…本当に「空っぽ」の存在だ。
 だから他者の生き方に見て、その存在を真似して「誰かになりたかった」、と―――。
 …西園寺から「豚足ちゃん」という完全に悪口なニックネームを頂いた時、なぜか嬉しそうだったのは
 「十神白夜じゃない、ここにいる自分を見て付けられた呼び名だから」だと思われる。

・ある意味、狛枝とは別ベクトルの「超高校級マニア」であり、
 十神の経歴を100%知っている「十神ファン」として、「理想の十神白夜」を演じていた。
 十神白夜ならこうするだろう、十神白夜なら皆をまとめてリーダーになるだろう、と…過大評価だようッ!

・しかしたとえ「真似」だとしても、そのリーダーっぷりは間違いなく彼自身の能力だったと思う。
 今回のコロシアイは江ノ島によるゴリ押しデスゲームなのでちょっとキツイが、
 前回のコロシアイに彼が召喚されたら、デスゲームを高確率で潰したんじゃねぇかな…?


.
5fefd3ad.jpg
Cr1sxbeUMAAWNEl.jpg
533a0cbf.jpg
1ef23a8f.jpg

【3】の「絶望編」では、十神ではなく「超高校級のアニメーター・御手洗亮太」を演じて登場。
 当初は十神を演じていたが、アニメ制作で過労死寸前だった御手洗と出会い、
 彼の介抱をする→自分もアニメ制作を手伝いながら、代わりに学校へ行っていた。良い人すぎる…。
 罪木ちゃんを お姫様抱っこ で部屋まで運び、御手洗の看病をさせるシーンは死ぬほど男前である。

・そして第9話では、ついに何も演じていない自分自身の「素顔」を明かした。
 まさか濃い目の黒髪長髪オールバックだったとは…そりゃ澪田ちゃんみたいなリアクションするわ!

・「希望編」では 宗方京助 を演じながら参上し、制圧部隊を日本刀で無双していた。
 戦闘能力もコピー可能なのかよ…やっぱこの人の才能ヤバいって…万能の天才じゃん…。

・説得されて泣いている御手洗を 持ち前の大きな体で抱きしめるラストシーンの「母性」がハンパない。
 やはり世界に必要なのは「希望」でも「絶望」でもない!「脂肪」だったんだ!

Vstogami.jpg

【V3】の「才能育成計画」では、ついにコピー元である十神白夜と出会ってしまう。
 詐欺師は「君を陥れようとしたんじゃない、ボクはキミ以上に確かな存在を知らなかった」と心から謝罪し、
 十神は「十神の名を狙う輩はいくらでもいる、お前ぐらい捨て置いてやる」と言って彼を許すが、
 「脂肪の重要性」の一点で分かり合えず、そのまま喧嘩になってしまった。
 脂肪がどれだけ素晴らしいかも分からねーとは、やっぱり本物の十神はダメだな!


.

■超高校級の料理人:花村輝々 【第1章:犯人】
絵4773747

・なごむわー!ずんずんなごむわー!
.
・アーバンな香りがする超高校級の料理人(シェフ)・花村輝々。キャー!てるてるー!
 彼の作る料理は全て絶品であり、しかもあらゆる国の料理に精通している。シュラスコ食べたい…。

「食」だけではなく「性」への探究心も強く、呼吸をするようにセクハラ発言をかますキャラである。
 しかし不思議と不快ではなく、美味しい料理と合わせて第1章を盛り上げていたと思う。
 ちなみに 男も女も行けるバイセクシャル であり、男子にも本気でセクハラする強者である。

・弟が「超高校級のホスト」で 妹が「超高校級のキャバ嬢」になれる逸材らしい。すごい家系だ…。
 たぶん見た目ではなく、話術と雰囲気作りで客をメロメロにする弟妹なのだろう。

・青山育ちのシティーボーイを気取っているが、実は田舎出身で方言バリバリである。
 そしてその方言は「架空の方言」なのだが、中の人(福山潤さん)が怪演すぎて
 違和感なくプレイヤーの腹筋を殺してくる。ぎばでねからさべだどん!まーだきんきがはきばしておらずんけぞ!
 らー!めんずきんきだばなんぞゆげったれでぱれや!
やらないかー!やらないかー! 

・実家にいる「お母ちゃん」想いの良い子であり、希望ヶ峰学園で立派になって帰ると約束している。
 しかしモノクマから「君達の記憶を奪った、本当は入学して数年経っている」と聞かされ、
 さらに狛枝から「殺人を止める殺人の正当性」を与えられ…最初の殺人を行ってしまった。
 泣きながら「狂ってるのは…ボクなのかもしれないね…」と自分の殺人を後悔し、
 結局母親の安否を知らされないまま お母ぢゃああああああん!と泣き叫んで
 トンカツにされる処刑シーンは相当なエグさである。たぶん今作で1番キツイ処刑だよ!くすんとしたわ。

・ちなみに「だんがんアイランド」のOPでは、狛枝と並んで登場している。悪意全開である。

・第一章という最序盤で死亡し、さらにその第一章で 狛枝が大暴れ して全てを持っていたもんだから、
 16人の中でも存在がちょっと「地味」なてるてる。下手すると先に死んだリーダーより地味である。
 しかし料理に対する想いが「真摯」なのはとても好感が持てるし、
 実はオサレな料理よりも「肉じゃが」などの野暮ったい料理が大得意なのもキュンキュンきてしまう。
 噛めば噛むほど味が出るというか、男子の中ではかなり好きなキャラである。

・てるてるの【絶望時代】についてだが…やはり最高の「絶望」を味わうために、
 何よりも大切な存在であるお母ちゃんを殺している可能性がある。それこそ「人間トンカツ」とか。
 ちなみに「絶対絶望少女」では、てるてるがオーナーをしているファミレスが登場したりする。食材が恐ろしい。

【3】でも相変わらずセクハラ全開であり、媚薬が入った料理をクラスメイトに食べさせて
 全員をエロい気持ちにさせるなど大活躍していた。希望って気持ちいいねェ…。

・アイランドモードのEDでは、日向君を「嫁」に決めて、「実家にいるお母ちゃんに会って欲しい」
 「ボクの料理は花村食堂でこそ輝く、それを食べて欲しい」
と告白してくる。やらないかー!
 肉じゃがとオニギリで日向君の胃袋を掴んでプロポーズとか、てるてる…恐ろしい子…女だったら危なかった…!
 しかしプログラムの外に出れば、そのお母ちゃんは死んでいる可能性が高い。クソァ!


.

■超高校級の写真家:小泉真昼 【第2章:被害者】
絵4773748

「ちょっと男子ー!」というセリフがよく似合う、超高校級の写真家・小泉真昼。
 戦場カメラマンのお母さんに憧れているが、彼女自身は「人の笑顔」を撮るのが専門の写真家らしい。
 第一章の推理では、彼女の写真のおかげで狛枝の犯行が浮き彫りになった。

・日向君と同じぐらい「常識人」な委員長タイプの女の子であり、他の濃いメンバーに呆れ気味である。
 しかしスク水に着替えて海で遊んだり、お菓子を作って「女子会」を開いたり、けっこうノリが良い。

・ちなみに企画初期のスーパーダンガンロンパ2は 『女性主人公』で作る案もあったらしく、
 その主人公に真昼ちゃんのキャラデザが使われていたりする。(※あくまでキャラデザだけ)
 次回作「絶対絶望少女」の主人公・こまるちゃん と なんとなく似ているのもそれが理由かもしれない。

・中の人が「絶叫」に定評のある小林ゆうさんなので、「たぶん豹変するんだろうなー…」と思いきや、
 一貫してしっかり者のツンデレ地味系美少女だった。私の母になってくれたかもしれない女性だ!
 はぁ…ホント可愛い…「世話焼きお母さん」っつーか、全力で甘えたくなるわ…西園寺の気持ち分かった!

・しかし第2章…狛枝に背中を押されて「トワイライトシンドローム殺人事件」をクリアしてしまい、
 さらに九頭竜から初回クリア特典の「サトウさんに殺された九頭竜妹の写真」を見せられて、
 殺人事件が現実だと確信――…「サトウさんを庇った共犯者」として、罪を償おうと決める。
 だが、九頭竜に「サトウさんを殺すことなかったじゃん!」
 「人を裁く権利なんて誰にもない、復讐なんて間違ってるよ!」と言ってしまい、
 逆上した九頭竜の「殺意」を代理したペコちゃんに 金属バッドで殺されてしまった。うわーん!

・お互いに「事件の記憶」を失っているので、殺す殺したで言い争いをしても何の意味も無い のだが、
 もしかすると真昼ちゃんは、九頭竜にビーチハウスへ呼び出された時点で、
 自分が今から殺されると悟り…【復讐の連鎖】を止めるために叫んだのかもしれない。

・他の仲間と同じく「高校入学より前の記憶」しか覚えていない真昼ちゃんだが、
 それなら中学時代に同じ写真部だったはずの「九頭竜妹」を覚えているはずである。
 それなのに初対面時、兄の九頭竜に対してノーコメントだったのは理由があるのだろうか?
 日向君の見てないところで話していた?それとも江ノ島による記憶操作?


.
4d38eb5f.jpg
f687e5af.jpg

・そして【3】の「絶望編」で、「トワイライトシンドローム殺人事件」の重要人物である
 親友の サトウさん と、真昼ちゃんをイジメていた九頭竜妹(九頭竜菜摘)が登場する。
 実は2人とも「予備学科」の生徒であり、日向君のクラスメイトだったのは驚きである。

・しかし肝心の「サトウさん→九頭竜妹の殺害」「九頭竜→サトウさんの殺害」の詳細は明かされず、
 真昼ちゃんと日向君の心に大きな傷を残すエピソード…で終わったのは少し残念だった。

・でも、他者を見下しているものの「お兄ちゃん大好きっ子」な九頭竜妹と、
 真昼ちゃんに対して明らかに「友人以上の想い」を抱いているサトウさんいいよね…。
 日寄子ちゃんといい、真昼ちゃんは百合少女を魅了するフェロモンとか出してるのかな…。


.
2016dan23 (568)
2016dan23 (562)
2016dan23 (752)
2016dan23 (758)
2016dan23 (761)
2016dan23 (762)
2016dan23 (718)
2016dan23 (723)

isibasi.png

・ちなみに他のキャラと同じく、好感度イベントをMAXまで上げると「パンツ」をくれる真昼ちゃんだが、
 彼女のパンツは「黒い水玉模様のひもパン」である。大事なことなので2回言うが、
 真昼ちゃんのパンツは「黒い水玉模様のひもパン」である。
 …地味系の見た目なのにスカートの下はド派手とか、ちょっと破壊力高すぎない真昼ちゃん…?
 パンツを頂いた時、絶句しながら思わず 五度見 ぐらいしたわ… ムッツリスケベ だよこの子は!

・また、真昼ちゃんは、「ボタン取れてるじゃん!仕方ないなぁ、私が付けてあげるよ!」
 「シャツ汚れてるじゃん!洗ったげるよ!」
と言って、やたら日向君を脱がせようとしてくる。
 なぜか満足気に、しかもちょっと赤面しながら…やっぱり ムッツリスケベ だよこの子は!

・それと、アイランドモードには「砂浜」というデートスポットが存在するのだが、
 そこへ行くと「とりあえず脱ごうか」という セクハラコマンド が出現する。(全キャラ共通)
 …まぁギャルゲーやエロゲーでよくある「ネタ系の地雷コマンド」であり、
 当然、脱ごうかと言われた女性キャラの好感度はガクッと下がるのだが、(終里ちゃんですら下がる)
 なぜか真昼ちゃんだけ大喜びして好感度が最大上昇する。
 満面の笑みで 日向君の「ヌード写真」を撮るためにカメラを取り出し、
 べ、別にアンタの チンポ なんて見たくないんだからね!と赤面して好感度がMAXになる。
 もうだめだこの子…早く何とかしないと…ムッチリスケベなんて次元じゃねぇ、ドスケベ な子だ…!
 いつも男子に怒っている地味系美少女委員長の内面がエロエロとか、なんつー美味しいキャラだよ…!

・そしてアイランドモードのEDでは、「2人でカメラを持って写真を撮りながらデートする」と約束して、
 幸せそうに「大好きだよ」と言ってくれる。ふわぁあああああああ!(壁殴り)
 まったくなんて卑しくてエロい子なんだよ真昼ちゃん…下半身の未来がどんどん伸びてくるよ…。
 通信簿やアイランドモードをクリアしてこそ光り輝くキャラだと思うよ…私も大好きだ…ッ!



ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS Vita
スパイク・チュンソフト (2017-01-12)
売り上げランキング: 37

アニメの感想も書いてたら予想以上に長くなったので、書き終えた前半だけ先にアップします。
V3タノシイ…タノシイ…。

« とある偶像の一方通行さま 第17話 感想  |  漫画版『とある魔術の禁書目録』 ♯113 「リミット・オーバー」 感想 »

コメント

v3と絶望少女の感想も是非お願いします

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/23 18:32 * edit *

V3いいですよね!……
デビさんはV3ならどのキャラが好みですかね?私はアンジーちゃんか赤松さんです。
ラブアパートで泣くことになるなんてな、思わなかったよ!

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/23 18:38 * edit *

下半身の未来とかいうパワーワードwww
私のもニョキニョキしちゃったよ…

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/23 18:42 * edit *

vita無いから新作プレイできねぇ!
買わないと!

セチナ |URL | 2017/01/23 18:55 * edit *

十神は重要な時以外は極めて優秀っぽいんだけどなぁ
重要な時はかませメガネだが

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/23 19:11 * edit *

下半身の未来wwwwwwwww
やっぱデビさん言葉選びの天才だよ…

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/23 20:56 * edit *

アニメの日向と生身七海がらーぶらーぶ過ぎて辛い……

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/23 22:37 * edit *

v3と過去作キャラが和気あいあいとしてる才能計画モード好きだなぁ…
まあそれも本編のコロシアイあってこそだけどね
v3は賛否両論言われてるみたいですけど、ボクは最高傑作だと思いました(小並感)

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/23 22:43 * edit *

やったぁ! デビさんのロンパ感想や!
真昼ちゃんいいよね……ほんとたまりませんよ

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/23 22:49 * edit *

感想記事お疲れ様です!
デビさんの言葉選びが面白くて毎回楽しみにしてたので長い感想記事はうれしいです
また後半も頑張ってください。下半身の未来をニョキニョキしながら待ってます!

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/23 23:05 * edit *

「その未来、斬らせてもらう!」

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/23 23:25 * edit *

デビさん、これだけは言わせてくれ。
あんたはおそらく呪われてるよ(V3プレイ並感)

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/23 23:28 * edit *

アニメの感想、私もまったくの同意見だったので笑いましたw
終わり良ければすべて良し!
濃厚感想おつです!後編も楽しみにしてます!

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/23 23:42 * edit *

今年一番ブログでほっこりしました( ´∀`)

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/23 23:46 * edit *

>苗木くん成長してねぇな
意識して霧切さんと比較すると笑っちゃうからやめるんだ
>プレイする前に「好きになったキャラみんな死ぬよw」と教えてくれた友人は今から死なそうと思います。
毎度のことながら随分愉快なご友人ですね…羨ましいぜ
>ごはんの味が分からなくなって体重3キロ落ちた もんね!(※マジです)
健康に関わるレベルとは、全力でダンガンロンパを満喫してやがる…!(お気をつけて)
>第四章や第五章であれだけ仲が悪かった日向君と狛枝が、仲良さそうに並んでバーベキューの肉を食べているシーンでなぜか涙が出た。
狛枝が登場した瞬間に「こいつまで復活させて大丈夫なのかよw」と思ったけど、あのラストを見せられちゃあ文句は言えないよなあ…。爆弾騒ぎとかあったけど、最後まで裏切らずにいてくれて嬉しかったよ
>七海ちゃんは横に並んで一緒に歩いてくれる、共同作業タイプの奥さんである。
例えが的確すぎるw
>死ね!死んでる!
狛枝に限らずそんな奴らがいっぱいいるから困る、お前らだよ江ノ島とジジイ!
>前回のデスゲームを匂わせる発言をちょこちょこしてくる。
こうやってみると本当に上手く騙してくれるよねw
>西園寺から「豚足ちゃん」という完全に悪口なニックネームを頂いた時、なぜか嬉しそうだったのは
ああそういうことだったのか、しんみりする…
>ちなみに企画初期のスーパーダンガンロンパ2は 『女性主人公』で作る案もあったらしく、
おお、知らなかった…!
> …地味系の見た目なのにスカートの下はド派手とか、ちょっと破壊力高すぎない真昼ちゃん…?
知ったあとだと普段の姿だけでも十分破壊力あるよね、あのスカートの下がああだと思うとね…


お疲れ様でした! 正直さっきまで疲れて陰鬱な気分だったのですが元気にさせていただきましたよ、何故か苗木くんの身長指摘でいきなり笑ったよ
続きも楽しみですが、今はV3を存分に楽しむのだ…!

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/24 00:33 * edit *

↑×5
これが世にいうダンコンチョンパか…

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/24 01:04 * edit *

結構周りでは3のアニメのラストが批判されてるんですけれども、みんなが復活したという理由で許してくれた人がいてほんとに嬉しいですよ……!「一流の悲劇よりも三流のハッピーエンド」ってやつです。

あと、個人的な勝手な予想なんですけれども、苗木クンは77期生のみんなをちょっとうらやましく思ってたんじゃないかな、と思ってます。同じコロシアイでも78期生は半数以上が実際にいなくなってますからね。まぁ、そんなこと言ったら七海ちゃんも二度と帰ってきませんけど……

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/24 01:24 * edit *

2-6の弁舌で「あぁ、この調子で泣き所えぐられてまくし立てられたらそら誰でも絶望するわ…」と(それなりの数の)プレーヤーを震撼させた盾子ちゃんの能力とカリスマ性とキャラとしての格がアニメ3で一気に下がった感じします
洗脳って…それも脳への直接干渉やアニメーター任せって…それじゃ希望ヶ峰学園上層部と同レベルじゃん…
おまけに未来編には出てこないとか…「実は〇〇の脳内にバックアップが残ってましたー」とか言って出てきてゲームを乗っ取ると思ってたのに…シリーズ黒幕がそれでいいのかって…

後半も楽しみにしてます

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/24 02:48 * edit *

V3楽しんでおられるようで何よりです
ところで狛枝って「音無涼子」と面識ありましたっけ?
オールスターサービスなのは解るのですが細かいことが気になって昼もぐっすり


>日向君のスタンド
 寧ろイマジナリーパートナーなんだと思います、P1・2南条にとっての大天使ヤマオカ的な

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/24 04:13 * edit *

V3なぁ…。ぶっちゃけ世間で言われてる“アレ”なんかよりアンジーのあのシーンの方がよっぽど問題だよなぁ…。
あれはマジで不謹慎って言われても文句言えないし没にしなかったのは正直どうかとも思う。

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/24 07:13 * edit *

V3も化物が生まれてるんだよなぁ…狛枝とは完全にベクトルが違うし安易に比較できるものではないけど…
……V3の感想楽しみに待っています

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/24 19:47 * edit *

 >前作の「ここまで言えば分かるわね?」のヒロインが 夫を引っぱって育てるタイプの奥さんなら、
 >七海ちゃんは横に並んで一緒に歩いてくれる、共同作業タイプの奥さんである。
学級裁判ではここまで言えばわかるよね?って枠が毎回ありますけど
V3のその枠ってアイツなんですよね…七海や霧切さんと並ぶことになっちゃう!
けど実際頼れるから困る!

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/24 19:53 * edit *

ちゃっかりV3クリアしてるー?!
プレイ動画公開可能な1章の感想だけでも聞きたいものですな。

正直2における狛枝のような超存在はもう生み出されないだろうなーと思ってましたが、まさか「どうせコイツ小物だろ」と思っていた「彼」がそれに近しい存在になるとは思いもしませんでした。
どこかで誰かが言っていましたが狛枝を「人狼において村人の皮を被った狂人」だとすると「彼」は「狂人の皮を被った村人」といった印象。最初から最後まで見事にコロシアイをかき回してくれましたね。
とにかくその場その場でころころと印象が変わるキャラでしたが、総合的にはとても小物とは呼べぬ存在感のあるキャラに仕上がってたと思います。絆5で貰えるスキルの名前が良い。

レフ |URL | 2017/01/25 11:11 * edit *

>よう来たのぅゲーメスト!

まさかあの人が逮捕されるとは当時は夢にも・・

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/25 12:20 * edit *

初めましてyourともうします。いつも楽しく読ませていただいてます。
感想お疲れ様です!
個人的にですが、希望編で、カムクラと日向は融合というよりは、カムクラはあくまで「才能に特化して記憶もなくなった状態の日向」であり、カムクラという新人格ではないのではないかと勝手に思っています。
だから元の日向に戻った際、カムクラであった時の余韻で口癖を発したのかなと。憶測ですけどいかがでしょう。カムクラが消えていなくなったというのはちょっとかわいそうかなというのがありますがw
それでは、後半も楽しみにしています!

your |URL | 2017/01/25 15:00 * edit *

十神はリーダーのことを優秀だし痩せていればスケープゴートとして利用できると思ってたりするのかな。そこまで頭廻らないか

後半にはアニメで先生が洗脳されるシーンについての感想を

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/27 00:17 * edit *

ここの更新を追うのが日々の中の楽しみです。いつもありがとうございます!
デビさんはV3の最後、どう思われましたか。人によって、本当に賛否両論、解釈が分かれると思いますが、デビさんが思ったことを聞きたいです。賛成でも批判でも。もうなんなら途中のストーリー説明すっとばしてラストの感想だけでもいいので…
色々忙しいと思いますが、無理しない中でゆるーく更新してってくださるのが、1番嬉しいです。

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/29 01:05 * edit *

「ついやっちゃったよ」は、御手洗本人に自発的に洗脳ビデオ使わせるためにわざと言ったと思われるので、理由そのものってのとは違うような(本人以外が使っても、御手洗に解除される)

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/29 21:49 * edit *

未来編 絶望編の(おそらく)真実

あくまで推測ですが、

あれは【真実】ではなく【嘘】であり、
確かに似たような内容は未来機関や過去にあったのだろうが、
【あの作品 ダンガンロンパ3を作った人は全容までは調べきれなかった】のではないかと。

実は【希望々峰シリーズ最終章】に見せかけた【最囚学園シリーズのほんの序章】に過ぎないと考えると、
【掘り下げられる部分が全く掘り下げられなかった】のは、
(掘り下げなかった】のではなく【情報がなく掘り下げられなかった】ため、多分こうだろうで補完した結果だった。

だから
サトウの死の真相や
催眠程度で片された絶望堕ち理由
などがうやむやなままになった
って考えたらある程度スッキリしませんか?

つまり、視聴者はまんまとあらたなシリーズの味である【嘘】に騙されていたってことっす

だとしたら、自分は自分を本当に信じていいんすかね?

ゴン太は紳士だからね
紳士として僕の知り合いがたどり着いた【もしかしたら】ってやつを書いておくよ

タカヤ |URL | 2017/01/31 05:21 * edit *

デビさんはじめまして!いつも楽しく感想読んでます!(もちろんシリーズ最新作までシナリオクリア&視聴済です)
久々にあの章、あの話やりたいな…でも裁判やるのちょっと長いなというときに、デビさんの感想と共感しながら楽しめるのでいつでも読めるようブクマしてます。何気なく開いたときに最新記事が更新されていると嬉しさ2倍です
V3もクリアされているようなので今からデビさんの感想が楽しみです。特に1章とか…いえ、全部ですね(笑)個人的には最高傑作でした。こちらの後半記事も楽しみに待ってます!!できれば3の未来機関の面々の感想も…笑

学園都市の名無しさん |URL | 2017/02/02 09:37 * edit *

↑×2
面白い考察だけど、それはないんじゃないか?
v3の最後のアレはあくまでv3世界での話で、v3世界は希望ヶ峰学園シリーズと世界観が全く違うって公式も言ってるし。
実際に自分達が見てた3のアニメシリーズとか今までのロンパとはあのシナリオは関係ないぞ
嘘がテーマなのはv3の中だけだと思うが

学園都市の名無しさん |URL | 2017/02/10 17:34 * edit *

V3もデビさんの文章で読みたい…
もちろんプレイした後でですがw

学園都市の名無しさん |URL | 2017/03/08 16:13 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 | | 2017/05/18 21:47 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/3767-0daea4da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)