01/13
 劇場アニメ 「傷物語Ⅰ 鉄血篇」 感想

kizu (1)

※ネタバレ注意です。



kizu (15)
kizu (13)
kizu (7)
kizu (8)
kizu (16)
kizu (9)
kizu (10)
kizu (11)
kizu (17)
kizu (30)
kizu (31)
kizu (2)
kizu (28)
kizu (27)
kizu (24)
kizu (26)
kizu (4)
kizu (25)
kizu (19)
kizu (20)
kizu (29)
kizu (35)
kizu (37)
kizu (36)
kizu (38)
kizu (34)
kizu (33)
kizu (5)
kizu (6)
kizu (32)



はぁ…幼女キスショットが可愛すぎて苦しい…。
.
はい、というワケで…2016年1月8日に劇場公開された「傷物語Ⅰ 鉄血篇」を見てきましたよー!
「化物語」の前日譚であり、阿良々木暦がキスショットと出会う過去であり、2人が「傷」を背負う物語…。

…うん、物語シリーズで1番好きな話なので、2010年7月にアニメ化が発表された時は歓喜したんですけど、
いやーアッハッハ!まさか予定が押しに押しまくって、そこから2016年まで待たされるとは思わんかったわ!
もう水を求めて彷徨うケンシロウのように、「き…傷…傷…」と連呼する5年間だったよ!(参照)

しかも 全三部作の60分映画 と聞かされて、若干ムスッとしながら映画館まで足を運んだ私なんですけど、
開幕5分で 羽川のパンツ が劇場の大スクリーンいっぱいに映されて…なんか浄化されました。(ぇー)
もうね…「化物語」の第1話でも同じシーンをやってましたけど、あのパンツとは比べ物にならん進化だったわ…。
レースと布地の立体感が細かくってね…そうか…5年間はこのパンツのために…レッスン5はこのために…。

まぁそれはさておき、もう最初に言っちゃいますね。映像のクオリティすげぇ!びっくりしたわ!
今までの物語シリーズは、良くも悪くも「紙芝居的な演出&モノローグ中心の会話劇」が多用されてたんですけど、
この映画はキャラクターがヌルヌル動いてて、しかも「モノローグが一切無し」とはねぇ…。
吸血鬼ハンター3人の会話もオミットされて、完全に「映像と演出で魅せる作品」になっていましたぜ。
キャラクターの作画タッチも違いますし、こんなの物語シリーズじゃねぇや!よくやった!

そんで詳しい映画の「見どころ」ですけど…まずは「羽川翼との会話シーン」でしょうね。
3月25日、春休みが始まる終業式の帰り道…風でめくれた羽川さんのスカートを見てしまう阿良々木さん。
しかし それが切っかけで2人は雑談し、そのまま(無理やり)電話番号を交換され、知人になってしまう、と―――。

ここはもう、羽川さんのメインヒロインオーラ が尋常じゃ無かったですね…魔性の美少女すぎたわ…。
TVアニメより30%ぐらい増力されてる巨乳をプルンプルンさせながら、それこそ子猫のように
ぴょこぴょこ動いて楽しそうに話しかけてくるのがね…これ中身はブラック羽川だろ!絶対そうだろ!

そりゃ「友達を作ると人間強度が下がる」とか捻くれた信条を持っている この頃の阿良々木さんでも、
思わずスキップしながら帰宅するっつーのな!たぶん「童貞を殺す怪異」か何かだと思います。

そして次の見どころ…というか個人的に1番の見どころですけど、やっぱり「キスショットとの出会い」でしょうか。

家に帰った後、羽川さんのパンツのせいでムラムラが止まらず、エロ本を買いに行った阿良々木さん。
しかしその夜道で、点々と続いている夥しい量の「血痕」を見つけ…取り憑かれたようにそれを追いかけると、
その終着点には 四肢を切り落とされた金髪の吸血鬼・キスショット が転がっていた。
そしてその吸血鬼は、阿良々木さんに「血をよこせ」と要求してきた、と―――。

…うん、ここは完全にホラー映画だったなぁ…阿良々木さんが淡々と血痕を辿るシーンだけでも
かなり怖かったのに、「四肢が無いキスショット」が色々と壮絶すぎて呆然としてしまいました。

なんつーか、『肉々しい重量感』がスゴいんですよ…「阿良々木さんが慌ててキスショットを抱き上げる」→
「手足が無いと気付いて絶叫しながら放り投げる」→「ビタッ!グチャ!とバウンドしながら転がる」
シーンとか…。
血だまりの海に落下する豊満な体のキスショットが、生々しくて…すごくエロくてね…。

そんで逃げようとした阿良々木さんに対して、絶望したキスショットが血の涙を流しながら
「あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!いやだあああッ!」「死にたくない!死にたくないッ!」
「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさいィィ…!」
と”命乞い”しながら、
千切れた四肢を使って 芋虫のように阿良々木さんを追いかける所は…なんか目覚めそうになったよ!

これ、そういう性癖の人にとっちゃ脳汁ドバドバのシーンだよなぁ…暖房が効いてるのに背筋が凍ったわ…。
もう飲んでたコーラを口の端からアビャーって出しながら見てましたよ…両サイドの席が空いてて助かった…。

他にも、太陽に焼かれて炎上する阿良々木さん、吸血鬼ハンターに立ち向かう忍野メメのアクションなど、
頭おかしいレベルの映像シーンが多々あったんですけど、そうか…原画に吉成兄弟がいたのか…。
そりゃクオリティ高いに決まってるわ…EDのクレジット見てる時に「ナルホドネ」って呟いたわ…。(参照)

あ、それとアレだ、上でも言ってますけど、幼女キスショット(10歳Ver.)がロリロリしてて最高でした。
初めてキャラデザを見た時は、「いつもの8歳Ver.の方がいいなー」と思ったんですけど、(参照)
タイムマシンで過去の自分をボコりながら説教したいぐらい、映画のキスショットは可愛かったですねー。

だってさぁ…すごく自然な「子供っぽい動き」をしてるんだもん…見ててキュンと来たわ…。
ごろごろ眠って、ピョコピョコ歩いて、頭なでなでされて、阿良々木さんに抱き付いて…ドロワーズが良い…。
こりゃー右手を食った後の12歳Ver.、左手を食った後の17歳Ver.も楽しみでございますよ!

…とまぁそんな感じで、全体的にフェティシズムに溢れた映画 だったんですけど、
いかんせん第1部なので…「満腹」にはなれない映画かもしれません。なんで60分だけなのよォ!
「吸血鬼ハンターと決闘する仲介役を、忍野メメに200万円で依頼する」という良い所で終わりましたからねぇ。

ですが物語シリーズのファンなら絶対に見に行った方がいい、「満足」できる作品だと心からオススメしますよ。
ああ…ガチバトルが楽しめる「II 熱血篇」が早く見たいなぁ……本当に夏に公開されるのかな…。(不安)
第2部も楽しみです!ではまたー。




でも4回も見に行かないと特典小説がコンプできないのは許さないわよ!

« 御坂美琴が大好きなマスコット「ゲコ太」がオリジナルブランドになるよー!  |  アニメ 終物語 「そだちロスト」 「しのぶメイル」 感想 »

コメント

感想乙です

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/13 19:24 * edit *

おお、早くも感想が、流石はデビさん、アニメファンの鑑だ・・・
貧乏人の僕は60分×3回とかアホか!原作で十分だ!と敬遠するつもりです・・・

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/13 19:29 * edit *

確かに面白かったけど前後篇に

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/13 19:46 * edit *

単作としてクオリティは文句なしですけど3部作じゃなくて前後編にしてほしかったですねえ

まあ私は特典欲しいんで四週行きますけど(笑)

クロスケ |URL | 2016/01/13 19:57 * edit *

すでに4回どころか4回×3+円盤全巻買わないと揃わない仕様との噂もありますがね
そう考えると1回見にいけばそれで良かったエンデュミオンは本当に良心的だったなぁ

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/13 20:17 * edit *

公開初期からどこもすごく混んでましたね!
同時に公開してる「ガラスの花と壊す世界」もおすすめですよデビさん!

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/13 20:37 * edit *

感想お疲れ様ですデビさん!
動いてしゃべる忍野を久々に見てなんかすごい満足しました
熱血編も感想書いてくれるんですよね?(ニッコリ)

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/13 20:59 * edit *

デビさん感想お疲れ様です。
個人的には物語シリーズはモノローグが好きなので少しガッカリしましたが、映像と忍の可愛さに大満足しました。
劇場版の円盤にも副音声があると期待してしまいますね!

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/13 21:21 * edit *

感想乙です。
原画は吉良兄弟じゃなくて、吉成兄弟じゃないんですか?誤字?

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/13 21:25 * edit *

これを見た青少年が猟奇趣味や幼女趣味、サディシズムに目覚めないか心配になるサービス具合でしたね。
見ていてこれR18でいいんじゃねえかと思ってましたよ。
無論それも合わせて最高でしたが。

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/13 22:54 * edit *

熱血篇は1番作画が凄いらしいですからね、今から楽しみですよ
気になってるのは吸血鬼ハンター3人組のセリフは円盤ではちゃんとセリフになってるのか?ということですかね

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/13 23:10 * edit *

声オタ的な質問なんだが、
つまりドラマツルギーとギロチンカッターの声優は不明ということですか?

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/13 23:13 * edit *

感想お疲れさまです。
最高に面白いでしたけど、あそこで終わると不完全燃焼感が…せめて予定通りに熱血篇も公開されることを願って。
ところで、特典小説の感想は書かないのですか?(ゲス顔)

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/13 23:36 * edit *

↑×2
次回予告で声は出てたし次回は普通に喋るのでは?
ギロチンカッターの声は恐らく大塚さんですよ

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/13 23:42 * edit *

早速の感想お疲れさまです。
私ものそっと観てきましたけど、キスショットの嗚咽と
忍野の動きが強烈に印象に残りました。あのなりの忍にあそこまで懇願されたら干からびても本望かも...忍野の身体能力も原作未読のせいか至極新鮮。
何の因果かけっこう子どもや老壮年も入ってて、エンデュミオンのときの
美琴腿裏等々のあざとカット以上にいたたまれなく...(笑)
ホワイト羽川であのシーン見たいと思うのはにわかだからでしょうか

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/14 00:09 * edit *

感想乙です。想像以上の迫力でしたねー。特にキスショットが四肢のない状態で這ってくるシーンはかなりホラーでした。アニメだったら画面真っ暗だっただろうなぁ。

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/14 01:28 * edit *

感想乙です。
ょぅι゛ょキスショットのおなかをなでなでしたい・・・

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/14 10:27 * edit *

特典欲しかったら4週行けとかぼったくり過ぎるやろ!(行かないとは言っていない)

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/14 12:43 * edit *

メメの最初の3人止めるシーンがやたらかっこよくてそれだけでかなり満足でした。キスショットも羽川さんも可愛かった
しかし半年以上も待つのか…

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/16 00:07 * edit *

いやぁ、元気でしたねぇ~忍野さん、何か良い事でもあったんですかねぇ?ww
あんなところから落っこちても平気だし、バンパイアハンターズの攻撃を素手で止めちゃうし、不死の怪異も顔負けですね。

原作未読なのでよくわからないのですが、キスショットのOOをOしたのは忍野さん何ですよね?
なのに、それを助けた ありゃりゃ木君 ヲ助け…いや、助かる手助けをしたり、忍…いや、ロリショットに隠れ場所を教えたり…
やはり、全ては「なんでも知っている」れいのオバ…いや、オネエさんの差金なんでしょうか?
それとも、日本のジョン・マクレーンこと おのの木君…おっと、こんなカミ方をすると、屍童女になっちまう…の悪運の強さは、そのオネエさんとっても「想定外(イレギュラー)」な存在なのでしょうか?

まっ、兎にも角にも「熱・冷血篇」が楽しみですね。

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/16 00:55 * edit *

特典が速攻でなくなったことにショックを受けつつもコンプの呪縛から解放された安心感があったり

化物語以来久々に尾石監督の演出が観れて最高でした
本当に仕事してたんだなあ

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/16 01:46 * edit *

年末の俺ら「俺たちの2016年夏はまだ来ない・・・」

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/18 01:18 * edit *

4周見に行く余裕はないので二周目の哀川潤の回だけもらいに行こうと狙って行ったんだけど配布日一日勘違い&都合がつかずで昨日ようやく見に行って見事に取り逃がしたよ!畜生!

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/21 19:46 * edit *

特典小説コンプリート!!
次は熱血編じゃ!

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/31 01:55 * edit *

ああああああああああああああああああああああああああああああああ
ようやく観に行ってきたああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

面白すぎて死ぬ!吐く!漏らす!

大丈夫かシャフト?こんなん作って次からどううすんだ!?

>映像のクオリティすげぇ!
>キャラクターの作画タッチも違いますし、こんなの物語シリーズじゃねぇや!よくやった!

ほんっっっっっっっとそうっすね!!!

この頃のアララギ君と羽川が軽く世の中に絶望してる所もまたいい。

白眉はやはりキスショットにアララギ君が血・・・というよりか生命そのものを差し出すシーン。
「今度、生まれ変わったらもっとうまくやるんだ」ってセリフが悲しい。未練たっぷりで。

溝ができてしまった両親。憎まれ口ばっかりだったけど愛していたマイシスター。直前でできてしまった友人。
どれも失いたくはなかったけどそれでも目の前の美しい化物に生命を差し出さずにはいられなかった。

悲しい。

ナツキ |URL | 2016/02/01 05:15 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/3684-901eb84e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top