01/13
 アニメ 終物語 「そだちロスト」 「しのぶメイル」 感想

ef419a7b.jpg



525d6afa.jpg
287d6f3e.jpg
7d9c80b0.jpg
249721a4.jpg
4b5b93fa.jpg
7bbf5545.jpg
1446338864594.jpg
3aca3a59.jpg
2b389689.jpg
9b7bc6af.jpg
28c0cb56.jpg
13fed770.jpg
3004d594.jpg

1eb3d907-3522-4641-c6e2-9bd814abde77.jpg

羽川さんはホントおっぱいだなぁ…!
.
―――というワケで、「老倉育ちゃんが阿良々木さんを恨んでいる理由」が判明した前回。
中学生の頃…「虐待」を受けていたオイラーちゃんは、両親が警察官である阿良々木さんに
数学の個人授業を通してSOSを送っていた…だけどそれは気付いてもらえなかった。
阿良々木さんは数学の成績が上がって、オイラーちゃんは絶望へ落ちていった、と―――。

うん…もうこの時点で悲しすぎる因縁なんですけど、羽川さんの推理で「更なる因縁」が浮かんできました!
阿良々木さんは、「自分の両親が警察官」という事実をずっと隠していました…親しい友人にも、
もちろん中学時代のオイラーちゃんにも教えなかった…それなのに、彼女はそれを知っていた。

なので阿良々木さんは、その真実を聞こうと…パートナーとしておっぱい 羽川さん を連れながら、
団地で一人暮らしをしているオイラーちゃんの家まで行きましたね。パジャマえろいなぁ!(参照)

原作の地の文では「男子高校生が想像する普通の女子のパジャマそのもの」と書かれていましたけど、
こんなエロいのが普通なわけねーだろ!おっぱいとか横から見えるよ!なぜか肩の紐が片方落ちてるし!
「阿良々木相手に着替えるなんてしたくない、文句があるなら裸で出迎える」とも言ってましたし、
オイラーちゃん実は阿良々木さんを誘ってるよね…愛憎入り混じったラブの持ち主だよ…。

まぁそれはさておき、ここでやっと…「老倉育が阿良々木さんの両親を知っていた理由」が明かされたんですけど、
そこから芋ヅル式で分かった「老倉育の人生」が悲惨すぎて…原作を読んでるのにドン引きしてしまいましたね。

もうヒドいよ…「小学生の頃から両親に虐待されていた老倉育、阿良々木家に引き取られる」
「しかし阿良々木家の『幸せな家庭』を見せつけられ、自分から家に戻る」
「阿良々木さんと中学で再会する」「しかし阿良々木さんは老倉育を覚えていなかった」
「まだ虐待を受けていた老倉育は、阿良々木さんにSOSを送るが気付いてもらえなかった」
「両親が離婚し、母親と二人暮らしを始める」「母親が病んで引き篭もる」
「そしてある日、気が付くと部屋から母親が消えていた」
とか…オエエーッ!

もう負のスパイラルすぎる…見てて苦しくなってくる文章の連発だよ…。
しかもアレだ、オイラーちゃんは「私を憐れむな!私は不幸なんかじゃない!」
「私より不幸な人は沢山いる!だから私は不幸じゃない!」
ってギラギラした笑みで主張してるのがね…。
…たぶん、中学時代の個人授業で…阿良々木さんに「助けて」とストレートに言わなかったのは、
「それを言ってしまうと自分が不幸だと認めてしまうから」なんでしょうね…辛い…辛すぎる…。

でもアレだ、「今さら幸福なんていらない、私の『脆さ』で幸福なんて味わったら潰れちゃう」
「だから死ぬまでずっと、ぬるい不幸の中で生きていたい」
という幸福恐怖症のオイラーちゃんに、
「お前が潰れる幸福なんてこの世にねぇ!こんなもん当たり前なんだよ!」
「お前の中にある『嫌い』はボクが受け止める!自分を『好き』になれ!」
と言い放つ
阿良々木さんは真っ当に「主人公」しててキュンと来ました。熱いセリフだなぁ…。

そしてそんな阿良々木さんに、ボソッと「よく言った」と伝える羽川さんがマジで良い女すぎてね…。
自分も両親からネゲレクトされてたのに、「両親から虐待されて不幸ですアピール」をする
オイラーちゃんの叫びを真正面から聞いてましたし、ホンマ「猫物語(白)」以降の彼女は強キャラですぜ…。



46486b55.jpg
edf.jpg
7e8c8b36.jpg
90465717.jpg
1a4ace16.jpg
5c6bf89c.jpg
ebaf6ead.jpg
dea2443c.jpg
ff301ff4.jpg
bae0130c.jpg
583f3684.jpg
bd69c6c6.jpg
ow13 (2)
ow13 (3)
ow13 (1)
92e035e4.jpg
26b088a8.jpg

b71609f1.jpg

445e6c70-b99f-4d0a-cdd9-fa891b8e12db.jpg

扇ちゃんはホントちっぱいだなぁ…。
.
「消えた私のお母さんを見つけて、そうしたら学校にも行くし、戦場ヶ原さんにも謝る」…。
そう阿良々木さんに約束してきたオイラーちゃんでしたが、ここで…とある「密室ミステリー」が始まりましたね。

2年前から部屋に引き篭もり、生きる気力を失って食事も受け付けなかった老倉育のお母さん。
しかしある日、そのお母さんは消失した…「部屋の鍵」も「玄関の鍵」も開けないまま。
果たしてお母さんは、どうやって部屋から消えたのか…阿良々木さん&羽川さんは考えます。

しかしここで、おっぱいに負けた敗北者…ちっぱい後輩・忍野扇ちゃん が現れました!
あはは~あはは~♥と笑いながら、今まで以上に羽川さんを煽りまくる扇ちゃん…。
…前々回まで巨乳に負けて(´・ω・`)ショボーンとしていた彼女ですけど、
どうやらこの密室ミステリーが分からない羽川さんを、喜々として叩きに来たようですね。

もうこの子は可愛いなぁホント…人間味が少ないからこそ、わりと本気で巨乳を恨んでるのがグッと来るわ…。
「私はおっぱいに栄養を全て回した無能です」と羽川さんに言わせようとするとか、どんだけ根に持ってんのよ!

まぁ水道で髪を洗って、黒白の灰色頭になった本気モードの 掟上今日子 羽川さんは、
この密室ミステリーの「真実」に数秒で辿り着いたんですけどね。この残酷すぎる真実に…。

…なんと老倉育の母親は、文字通りの意味で…ドロドロの肉になるまで「蒸発」していたようです。

生きる気力を失い、1グラムも食事を取らなかったお母さん…当然、数日で死亡するでしょう。
しかしオイラーちゃんは、それを受け入れず…2年間ずっと、「死体の世話」をしていたようですね。
そしてその死体は、少しずつ腐り果て…ゴミの山に埋もれ、鍵を開けずに消失した、と―――。

…うん、主人が死んだと気付かないまま 永遠にスープを作る DQⅦのエリー を思い出したんですけど、(参照)
見ててゲッソリするエピソードだなぁ…食欲無くすわ…1ミリも「怪異」が関わってないからこそ怖い…。
そりゃ羽川さんも、「この可能性を最初に考えつくのは正気じゃない」って言いますし、
阿良々木さんも思わず「分かったよもうッ!」って真実を拒否しますよね。救いが無さすぎるもん…。

しかも役場の人から「お母さんの死亡」も薄々勘付かれていて、オイラーちゃんも自覚し始めていた、とかね…。
でも…最初から最後まで辛すぎて、阿良々木さんが自分を「愚か者」だと自覚するエピソードなのに、
どこか爽やかな終わり方.だったのは驚きました。手紙の内容は何だったんでしょう?

あとアレだ、周囲に人がいるとキレまくるのに、当の阿良々木さんと”二人きり”だと
なぜか穏やかな性格になるオイラーちゃん が本当に可愛いですよね。(参照)
アニメでの再登場が楽しみだよ…転校先でも上手く行くといいなぁ…良いのになぁ…。



05f3f02d.jpg
20eb59d0.jpg
2016107d (19)
2016107d (14)
2016107d (11)
2016107d (2)
2016107d (4)
2016107d (28)
2016107d (32)
2016107d (29)
2016107d (30)
2016107d (31)
2016107d (27)
2016107d (2)
2016107d (1)

足フェチにはたまらないアニメすぎる…。
.
そしてオイラーちゃんの話が終わり、次なるエピソードは…「終物語(中)・しのぶメイル」ですね。
不気味な「くらやみ」が現れ、キスショットの過去が明かされた「鬼物語・しのぶタイム」から続く話であり、
羽川さんが「虎」と向き合って失恋する「猫物語(白)・つばさタイガー」と同時進行する話です。

二学期が始まったばかりの8月23日―――「くらやみ」から助けてもらった対価として、
何でも知ってる怪異の専門家・臥煙伊豆湖さんに、エロ後輩・神原駿河を紹介することになった阿良々木さん。
そこで2人は、いつもの「学習塾跡」で会っていたんですけど…正体不明の「鎧武者」が現れます!
物理攻撃が通用せず、忍野忍や猫と同じ『エナジードレイン』まで使ってくる異質な存在…!

まぁ羽川さんの「虎」の介入でビルが炎上し、なんとか鎧武者は退いてくれたんですけど…、
なんとその正体とは、キスショットの1人目の眷属…死んだはずの「初代・怪異殺し」でした!

400年前、吸血鬼ではなく「神」を演じていたキスショットは、とある妖怪退治の専門家と組んでいました。
名前は「死屍累生死郎」…オリジナルの心渡を所有する、「初代・怪異殺し」ですね。
その男と良い仲になっていたキスショットでしたが、ある日…吸血鬼が神をやっている「誤ち」を消すために、
あの「くらやみ」が現れ…2人が暮らしていた村ごとガオンと消してしまいました。

その結果、生死郎はアヴドゥルのように「片手」だけを残して死んでしまったんですけど、
寂しくて仕方なかったキスショットは…その片手を吸血し、生死郎を「眷属」として蘇らせてしまいます。
―――が、キスショットが吸血鬼という真実、そして自分が怪異になった事実を突きつけられた生死郎は、
太陽の下で 焼身自殺 して…残されたキスショットは、「死に場所」を求めるようになったようですね。

これが「しのぶタイム」で明かされた過去なんですけど…なんと生死郎は、まだ死んでいませんでした!
どうやら太陽で焼かれながらも、400年間ずっと「灰」のまま生きていたらしく…、
15年前から急速に、北白蛇神社に「よくないもの」を集めて完全復活を始めたようですね。
そして蘇った生死郎は、まだキスショットと「よりを戻したい」と思っている、と―――。

うーむ、今まで登場した「怪異」の遠因が「初代・怪異殺し」とか、なんとも皮肉で恐ろしい真実ですよね。
というか原作を読んでる時は、生死郎のイメージって「刀語」の錆白兵 だったんですけど、
まさかCV:小山力也さんとは思わなかったなぁ…けっこう渋い声だ…「炎刀・銃」とか使いそうだ…。

あとアレだ、神原を家に帰そうとする阿良々木さんに「最後まで世話しろよ」と説教する斧乃木ちゃんが
やたら自分の足を強調してて最高でございました。やりやがったなスタッフ!ありがとうございます!
ちくしょう何だよこれ…このシーンだけ気合入れて動かしやがって…ムチッとしたロリの生足がぁ…。
しかも「ブーツを履く動作をブーツの中から描写」とか、なんつー至高のアングルだよ!孤独のグルメか!



2016107d (23)
2016107d (5)
2016107d (9)
2016107d (6)
2016107d (3)
2016107d (8)
2016107d (1)
2016107d (25)
ara.jpg
2016107d (24)

そしてキスショット(忍)を巡って…阿良々木さん(今カレ)vs 死屍累生死郎(元カレ)の戦いが始まります。
「妖刀・心渡」を中心に背を向けて、1歩ずつ進み…10歩目で反転し、先に一太刀浴びせた方が勝ちというルール。

しかし忍とのペアリングが切れて「ほぼ人間」に戻っている阿良々木さんと、
吸血鬼として復活を果たした生死郎とじゃ…あまりにも実力差がありすぎる勝負でしょう。
なんでも知ってる立会人の臥煙さんでさえ、「間違いなく負ける、最悪死ぬ」と思っているレベルです。

―――が、その決闘の寸前…阿良々木さんは「戦場ヶ原と羽川がピンチ」だと知りましたね!
そしてここぞとばかりに臥煙さんが、「2人を助けに行ってあげなよ」と囁きます…。
これで、この意味のない決闘を放棄できる「好都合」ができたじゃないか、早く行ってあげなよ。
恋人と恩人を裏切れないだろう? こんな選択肢、5秒も考える必要無いだろう、と―――。

…西尾維新先生って、どの作品にも誰かしら「最強キャラ」を登場させるクセがありますけど、
その中でも臥煙さんは本当に好きになれないなぁ…いや、悪い人じゃないんですけどね…。

しかし阿良々木さんは…5秒も迷わずに、この場での「決闘」を選びました!ヒューッ!
当然、臥煙さんは「正気かい?彼女たちを裏切るのかい?」と呆れますが……阿良々木さんは、
「僕が恩人や恋人よりも 時に幼女を優先する男だと分かってくれると信じてる」と返しましたね。
…うん、もう本当に阿良々木さんは良い主人公だなぁ…なんてカッコいい最低のセリフなんだ…!(参照)

そして絶望の決闘が始まったんですけど…なんと阿良々木さんは、神社から取ってきた「札」を取り出しました!
そう…忍野メメが用意した、北白蛇神社の「よくないもの」を散らすありがたいお札…その効果は、
「よくないもの」を吸収して復活した死屍累生死郎に、こうかはばつぐんだーッ!
その結果、「一太刀」ではなく「ひとタッチ」浴びせられた生死郎は…ドロドロに溶けてしまいましたね。

…アニメだけ見ると「阿良々木さんが先に攻撃を当てたのはおかしくね?」と思っちゃいますけど、
基本的に吸血鬼って…再生力が高すぎるからこそ「防御しない攻撃全振り」のバトルスタイルなんですよね。
相手の攻撃を受けて最高威力のカウンターを返すのが基本…だからこそ、札をひとタッチされたんでしょう。


2016107d (26)
2016107d (12)

「キスショット、キスショット、すまない」と言いながら、ドロドロに消えていく生死郎…たぶん400年前、
焼身自殺する直前…吸血鬼だと分かったキスショットに、色々とヒドい呪詛の言葉を吐いちゃったんでしょう。
しかしそこにキスショット…いや、忍野忍が現れ、ガツガツと生死郎の体を喰らい始めました!
そして「もう許した、儂の方が悪かった」「ずっと会いたかった…でも、もう会えない」
「今の儂にはうぬより大事な者がおる、今はそやつのための儂でいたい
」と別れの言葉を告げましたね。

…というワケで、400年の自殺、400年の恋が終わった「終物語(中)・しのぶメイル」 …皆さんどうでしたか?
うん…原作通りとはいえ、ちょっと中盤の「臥煙さんの説明回」がダルかった気もしましたけど、
それを差し引いても、やっぱり面白いエピソードだったと思いますね。ラストの忍が美しすぎる…。
「誰もボクの代わりにはなれない」など、阿良々木さんも真っ当にカッコいいセリフが多かったですし、
戦場ヶ原さんも恋人やってましたし…そして何よりアレだ、神原がとても可愛かった!(沼地並の感想)

もうこのエロ奴隷は有能すぎるよ…サービスシーンもできる、バトルもできる、ギャグもできるのに、
自分より600年も先輩である忍に「元カレと会うべきだ!」と説教するとか…すげぇなこの後輩は!
まぁ神原も、大好きな戦場ヶ原さんからフラれましたからねぇ…恋の経験値では上手なんでしょう。

ただ、強いて残念な点を上げるなら…阿良々木さんが買ってきた「熟女本&BL本」を読んで
本気でドン引きする臥煙さん&エピソード が見れなかったのはガクッと来ましたね。楽しみだったのに…。
あの最強キャラの臥煙さんが、ガチで青ざめて「やめてマジでやめて」って恐怖するレアシーンなのに…。

とまぁそんな感じで、阿良々木暦&忍野忍の「過去」が清算され、終わりへ近付いた「終物語」。
次にアニメ化する「終物語(下)」も楽しみでございます。
ではまたー。





20160107185407e73_20160112063227dd6.jpg

この決闘の終了後、阿良々木さんは羽川さんを助けに行く→羽川さんが失恋するんだよなぁ…。
主人と眷属そろって 同じ日に愛の告白を断るとは…罪深いカップルだよ…。

« 劇場アニメ 「傷物語Ⅰ 鉄血篇」 感想  |  鎌池和馬先生が真早さんとまた新作出すよー!最強をこじらせたレベルカンスト剣聖女ベアトリーチェの弱点 その名は「ぶーぶー」! »

コメント

>アニメでの再登場が楽しみだよ…転校先でも上手く行くといいなぁ…良いのになぁ…。

おや? まだ愚物語をお読みになってないのかな?
それとも読んだ上で言っているのかな…?

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/13 20:57 * edit *

僕だけがいない街を思い出すな
クラスメイトを虐待から救う漫画

今期アニメ化したので超オススメですよ

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/13 22:37 * edit *

業物語......読みたい......

キミドリ |URL | 2016/01/13 23:37 * edit *

老倉って、他のヒロインと違って言い方が悪いけど怪異に逃げなかったんだよな。だから一人で抱えて壊れる寸前だったんだが。まだ愚物語読んでないから早く読まなきゃ。

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/14 01:48 * edit *

めしあがれ!

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/14 02:40 * edit *

あの後、羽川をキッパリと振ることができたのは、神原の言葉がデカいと思うよ実際
忍が論破されて生死郎と向き合う決意をしたように、暦にも響くもんがあったんだろう

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/14 09:52 * edit *

掟上今日子に草www

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/14 15:43 * edit *

アプリで「暦物語」配信してるってことは原作の「終物語 下」もやってくれるって
可能性も無きにしも非ず?(願望)

hao |URL | 2016/01/14 17:22 * edit *

阿良々木さんの服はどこで破れたんだ?

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/14 17:39 * edit *

物語シリーズは全部アニメ化決まってる
蟹に神原はジャージを破かれてアララギと交換した

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/14 21:52 * edit *

中の下着がいつ破れたのか?って話なんじゃ

学園都市の名無しさん |URL | 2016/01/15 01:16 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/3666-f8972081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

終物語

終物語に関するアニログです。

anilog | 2016/01/14 12:08

▲Page top