09/11
 未踏召喚://ブラッドサイン 第3巻 感想

血印3 (20)

めちゃんこ遅れましたが、女王から愛されてたまらないシリーズ・「未踏召喚://ブラッドサイン 3」の感想です。
ガバメントの依代・イザベルちゃんと組んで、「少女使い」について調べる主人公・城山恭介さん。
果たしてその事件の真相とは…―――もちろんネタバレありなのでご注意くださいませ。


■全体的なまとめ■


血印3 (23)

①ゴールデンウィークが終わった5月20日…今日も愛歌ちゃんのマンションへ向かう
 最強の召喚士・『不殺王(アリス〈ウィズ〉ラビット)』の城山さんだったが、
 「意図的に不味く作られた妹の手料理」を食べさせられて、危うく死にかける。

5月22日、三大勢力の一角・「ガバメント」から”護衛任務”を受けた城山さんは、
 大型飛行船に乗って太平洋上空5000メートルの場所にいた。
 護衛対象は、有能な研究者であるアワード109の召喚師・マリア=ハートオーシャン

③しかし三大勢力の一角・「イリーガル」の追手のせいで大ピンチに陥る。
 仕方なく城山さんは、ガバメントが用意していた専属の「依代」である
 金髪ショートヘアの軍服少女・イザベルちゃんと契約完了。
 そして高度5000メートルの空の上で、敵機を次々と落としながら舞う。

④翌日、仕事を終えて帰宅した城山さんだったが…なぜかイザベルちゃんも着いてきた。
 どうやらイザベルちゃんは、「とある仕事」を城山さんに頼んでいるらしい。

⑤学校の昼休み…中庭のベンチで、安いパンをもぐもぐ食べる城山さん。
 すると、そんな彼の前に 冥乃河蓮華&冥乃河彼岸 が現れ、
 「少女使い(ガールズバックドア)」について話し始める。

⑥どうやら最近、「女性を好きなように操れる」という
 「少女使い」というアイテムが話題になっているらしい。
 そしてこの学校に転校してくる 巻原洋司 という男が
 「少女使い」の使用者だと冥乃河姉妹は伝えに来てくれた。

⑦…―――が、冥乃河姉妹から警告を受ける前日から、
 すでに城山さんは巻原洋司をフルボッコで仕留めていた。
 城山さんは手袋型のデバイス「少女使い」を手にはめて、
 これを作成→散布した『元凶』をイザベルと探しに向かう。

⑧そしてその元凶は 斑鮫クイナ(むらさめくいな)という少女だった。
 クイナは「ガバメント」に対して”復讐”をしようとしているらしく、
 「少女使い」を使って”囮役”を作っている。(巻原も囮役)

⑨ちなみに、クイナには ビヨンデッタ という協力者が存在する。
 「仇染め(ライアーキャット)」の通り名を持つ、アワード920のピンク色メイド…。
 どうやらビヨンデッタは「復讐者の手助け」が生きがいらしく、
 「少女使い」を作成してクイナにプレゼントしたのも彼女である。

⑩クイナは、ガバメントの極秘研究施設・「蟻塚」を潰そうとしている。

⑪一方、愛歌ちゃんのマンションにいた城山さん&イザベルちゃんだったが、
 そこへ「少女使い」で洗脳されているリューさんが登場!
 城山さんは何とかリューサンを(自爆戦法で)ダウンさせるが、
 クイナ→リューさん→愛歌ちゃんというラインで
 「少女使い」の洗脳が通ってしまい…まんまと「蟻塚」のデータを盗まれる。

⑫そしてここで、ビヨンデッタのフルネームが「ビヨンデッタ=シロヤマ」だと判明。
 どうやら彼女は「一五兄姉弟妹計画」で生まれた「怪物」の1人だったらしく、
 同じく計画の”被験者”である城山さんと旧知の仲だった。


 002_201509091422167f7.jpg
 
 ■一五兄姉弟妹計画■
.
 ・「全人類が”家族”になれば争いは消える」という狂った理想の元に、
  赤の他人×15人を地下に閉じ込めて「家族の絆の生成」を研究したプロジェクト。
.
 ・城山恭介&ビヨンデッタ=シロヤマは、その計画の被験者だった。
.
 ・「過酷な環境でも絆は保てるか?」という実験をするために、
  被召物の召喚までやっていたが…ある日、天才だった城山恭介が、
  全ての頂点である「白き女王」を現世に安定化させてしまう。(縫界召喚)
.
 ・その結果、15人全員が「白き女王」から”ナニカ”を取り込んでしまい、
  「召喚士の才能」と引き換えに、「怪物」と化した。
.
 ・15人の内、「秘匿大戦」で半分が死亡、もう半分がアワード900以上になっている。

33b0f637-cb8a-484e-c8ba-3f4333f1b6cc.jpg

⑬そしてガバメントの「蟻塚」とは、「一五兄姉弟妹計画」のデータを流用して
 人工的に「依代」の才能を大量生産する計画 だった。
 イザベルちゃんもこの計画の”犠牲者”だったらしく、
 元々は「川面サユリ」という平凡な女子中学生だったが、
 ガバメントから誘拐→「蟻塚」で魂を削り取られて、性格も外見も変わっている。

⑭「川面サユリ」だった頃のイザベルちゃんは、クイナの大親友だった。
 だからクイナは、自分の大親友を削り潰した「蟻塚」に復讐を誓っている。
 「少女使い」で誰を犠牲にしてもいい、この復讐だけは果たして見せる、と―――。

⑮―――が、なんとクイナはビヨンデッタから「少女使い」を受けていたらしく、
 その「復讐心」すら洗脳によるものだった。ビヨンデッタこそ元凶。
 ビヨンデッタは「他人の復讐の手助け」という免罪符を使って、
 暴虐の限りを尽くすのが目的だったらしい。

⑯そしてイザベルちゃんが城山さんに頼んでいた「とある仕事」とは、
 「私の親友のクイナを助けて」という内容だった。
 つまり城山さんは、ずっとクイナを助ける為に行動していた。

⑰最強クラスの召喚士である城山恭介とビヨンデッタ=シロヤマが激突。
 その結果、ビヨンデッタの手を全て読み切った城山さんが勝利する。

ここから後日談 …―――城山さんはイザベルちゃんとの契約を(無理やり)切って、
 自分の記憶を消し…クイナと共に、平和な日常の中へ返した。

⑲城山さん、マリア=ハートオーシャンの好意で、大三角の未踏級被召物である
 「罪過凶事を射抜き見通す赤眼の麗人」との会話に成功する。
 そしてさっそく「白き女王を殺す方法」を聞いてみるが、
 赤眼の麗人は…そんな城山さんを、心の底から「可哀想な目」で見る。

⑳実は洗脳手袋・「少女使い(ガールズバックドア)」の仕組みとは、
 「内蔵する『白き女王の髪の毛』と魂をリンクさせる」というモノだった。
 つまりビヨンデッタも、城山さんも、全て白き女王に操られていて、
 ②~⑲までの出来事は、全て”女王の手の平の上”だった。

㉑それに気付いた城山さんは、絶叫しながら自分の手を切断。
 すると肉の断面から、寄生虫のように「女王の髪の毛」がニョロニョロ出てくる。
 そして女王は、「もう少しで脳髄に侵入できたのに」と悔しがりながら、
 出血多量で朦朧としている城山さんに1ページ半ほど愛を語る。
HAPPY END♥


20150907212211157_2015090916462185b.jpg

シンイチ…『悪魔』というのを本で調べたが…
1番それに近い生物は『白き女王』だと思うぞ…



■城山恭介■
血印3 (24)

前回は、一人の少女を助けるために世界を改変した『不殺王(アリス〈ウィズ〉ラビット)』の城山さん。(参照)
そして第3巻のストーリーは、「5月病」の感染が広がってくるゴールデンウィーク明けから始まるんですけど、
冒頭から城山さんは…高度5000メートルの空で戦っていましたね!スケールすげぇ!
チェインで「防護円」を保持しながら、次々と相手の飛行型レプリグラスをぶっ潰す城山さん…。

いやーもう、流石は最強系主人公と言いますか、基本的に泥臭い戦いをする他のかまちー主人公と違って、
何から何までド派手だから読んでて楽しいですよね…チェイン連発で空中バトルとかアニメで見たいわ!
まぁ白き女王の前では、その強さも霞みますし…日常生活がハードモードすぎて、少しも羨ましいとは思えないんですけどね。

イザベルちゃんとファミレスに行ったら、「アワード100以上になると他者から忘れられる」という性質のせいで
料理を注文しても店員から忘れられて、席から立つと勝手に座られる とか…。
キッツい…これはキツイわ…自分だけ”世界から仲間外れ”にされてる気分を味わうよ…そりゃ愛歌ちゃん引き篭もるわ…。

まぁそれはさておき、今回の城山さんは…『蟻塚』を潰そうとしている復讐者・クイナから、
ガバメントを守る用心棒―――と見せかけて、実は「イザベル&クイナを助ける者」として動いてたんですけど、
女王以外でその過去を知る旧知の存在ビヨンデッタ=シロヤマが登場したおかげで、
「城山恭介という少年の過去」&「城山恭介という少年の異常性」がジワジワと分かってきましたね。

「白き女王」とコンタクトを取ったせいで、被験者×15人全員が狂ってしまった「一五兄姉弟妹計画」…。
15人がそれぞれ「女王の恐怖」「女王の蠱惑」「女王の暴虐」「女王の狂熱」などを取り込んでしまい、
「召喚士の才能」と引き替えに、SAN値がゼロになって「人間」として壊れてしまった計画。
ビヨンデッタ=シロヤマも、例外なく正気を失って「復讐狂い」になっちゃってます。

―――が、現在進行形で「女王の愛情」を受け取っている城山さんは、なぜか正気を保っている。
しかも「人助け」という…「本来は『白き女王』がやるべき仕事」を、代行者として繰り返している!(P207)
15人の中で1番狂ってないとダメなのに!女王を拒絶しないといけないのに!ずっと女王に寄り添い続ける男!

…そりゃビヨンデッタからしたら、心の底から「キモチワルイ」って思っちゃいますよね。
しかも城山さん自身も、この「人助け」というライフワークの理由が分からないまま
「ボクは何がしたいんだろう」と思って続けてるとかね…これ「正常に見えるだけの狂人」なんじゃ…?

まぁそれはさておき、今回のストーリーを「最高のハッピーエンド」へ導いたヒーロー・城山さんは、
エピローグの後日談で…「罪過凶事を射抜き見通す『赤眼』の麗人」との会話に成功します!
女王と同じく「未踏級」にランクインしている存在…女王の「弱点」を知っているかもしれない存在!

さっそく城山さんは、意気揚々と「白き女王 殺す 方法」で検索して見るんですけど、(参照)
その先に待っていた答えは…「このシリーズ最恐の絶望」だけでしたね。
もうカラー挿絵で、女王に寄生されながら「オシャレだよ(ドヤァ)」と手袋を見せつける城山さんが道化すぎるよ…。
もし「ストロビラ」みたく首に寄生されてたら、城山さんどうしたんだろう…首をガリガリ掻きむしったのかな…。(参照)


■イザベル■
血印3 (25)

今回の城山さんの パートナー役 である、ガバメント出身の依代…金髪青眼の軍服美少女・イザベルちゃん。
黒猫のマスコットキャラクター・「サバクロ」が大好きな、「爆盛り」「(棒)」という変わった喋り方をする女の子ですね。
まぁ私は イザベルちゃんの並盛りおっぱいで下半身が棒になりそう なんですけど、(最低の下ネタ)
いつも ぽわわーっとしているホンワカ系の性格であるにも関わらず…その過去は、なかなかヘヴィーな内容でした。

どうやらイザベルちゃんは、もともと「川面サユリ」という名前の…ごくごく平凡な女子中学生だったようです。
しかし凡人だったからこそ…「天才に育て上げる良い素材」として選ばれてしまい、
ガバメントから誘拐される→才能ある「依代」を量産する実験施設『蟻塚』に入れられる→
「魂」をガリガリ削り取られて性格・記憶・見た目すら完全に変えられた ようですね…。
つまりサバクロが好きなのも、「爆盛り」という口調も、全て「作られた設定」だった、と―――。

OH…なかなかキツイ過去だなぁ…”負けるように英才教育された”第2巻の勇斗君もアレでしたけど、(参照)
イザベルちゃんはストレートにキツイよ…結局、川面サユリの人格は死んじゃってるワケですしね…。
初代上条さんのように、記憶が丸ごと消えちゃってるワケですしね…もう二度と戻らないワケで…。

でも、そのイザベルちゃんが…もう「思い出」なんて1ミクロンも残ってないにも関わらず、
「私の友だち(クイナ)を助けて」と望んだのはグッと来ましたよ。聖女か!
元の自分なんて知らない、親友なんて覚えてない、だけど目の前で苦しんでるクイナを助けてあげて、と―――。

まぁだからこそ…「依代」の才能もあって、半分狂人な城山さんをガチで心配してて、
事件終了後もパートナーを続ける気マンマンだったこの聖女・イザベルちゃんを、
「じゃあ日常に帰ってね」と城山さんがバッサリ放り投げるエピローグには涙が止まらなかったんですけどね!
うん…まぁ「あとがき」でも言われてますけど、城山さんが求めてるのは「ヒロインの幸せ」ではなく、
あくまで「救済」だからなぁ…まるで「機械」のように、救われない人を「日常」へ叩き込むマシーンだから…。

でもよぉー!やっぱり悲しすぎるよォ!今までで1番ヒロインパワーが高い子だったのにィ!
「未踏級・赤眼の麗人と対話できる」というレアな特異体質なのに!もったいねぇよおおおおお!
うう…ブラッドサインで好きなキャラ第1位にランクインしたんですよ…お願いします…再登場してください…。


■愛歌■
血印3 (28)

ホワイトライガーの皮脂で 今日も全身テッカテカ なマニアック水着美少女・妹キャラの 愛歌ちゃん。
第1巻・第2巻に続いて、第3巻でも「城山さんのサポート役」というポジションだったので、
「そろそろメインヒロインとして活躍してくれよ!」と思わず叫んでしまったんですけど…。

なんと今回、彼女の通り名が「専守防衛(HIKIKOMORI)」だと明かされましたね。なんじゃそりゃ。
もう笑っちゃったよ…「通り名」って事は、他の召喚士からも「引き篭もり」ってイメージなのかよ…。
どうやってアワード870も稼いだんだよ…下手するとリューサン以上におかしい戦歴だよこの子…。
こりゃー過去エピソードまで愛歌ちゃんのバトルシーンはおあずけっぽいなぁ…くそう楽しみだ…。

まぁそれはさておき、今回の愛歌ちゃんは…冒頭から城山さん&リューサンを「毒殺」していましたね。
「妹キャラの手料理はマズいのが基本♥」という理論の元に、わざとポイズンクッキングを実行して、
それを大好きな城山さん&リューサンに食べさせた愛歌ちゃん…。

すげぇ…リューサンって「優秀なDNAをかけ合わせた人類の到達点」な肉体なのに、
その耐毒性能を貫通するポイズンクッキング とかどうやって作ったんだよ!
しかもギリギリ死なないレベルを保ちながら完成させるとか…最高の努力で最悪の結果すぎるわ!


■緑娘藍■
血印3 (16)

水も滴るキャーリューサーン!
.
…というワケで、オカルト無しの拳法だけで召喚士を叩きのめすチャイニーズ娘・緑娘藍…通称・リューサン
今回のリューサンは、城山さんに「イリーガルは『少女使い』にノータッチだよー」と教えたり、
ガバメントの「蟻塚」について伝えたりするサポートポジションだったんですけど…、
なんと物語の中盤で、クイナ&ビヨンデッタから「少女使い」で操られてしまいましたね!
レイプ目のリューサンが、単独で愛歌ちゃんのマンションに乗り込み、城山さんを殺そうとしている、と―――!

もうリューサンってば…P132で「あらら~少女使いでカラダが勝手に~♥」とかふざけてセクハラしてたのに、
その20ページ後にマジで洗脳されて殺しに来るとか思わず吹いちゃったじゃないですかァ!ギャグかよ!

まぁそれはさておき、なんとリューサンは…城山さん・愛歌・イザベル・ホワイトライガーの3人+1匹を、
生身でボッコボコにして殺しかけていましたね…ある意味、誰よりもオカルトのような強さだなぁ。
「召喚士は相手の姿を”認識”しないと励起手榴弾を使えない」という弱点を突いて、
「自分の体を空気に溶かして存在を消す」とかね…これ本当にオカルト使ってないの!?
流石にファンタジー拳法すぎるでしょう!?「愛気」っていう格闘漫画を思い出したわ!(参照)

まぁ「スプリンクラーの雨が降っている部屋の中で電気をショートさせる」という
城山さんの「自爆戦法」で何とかダウンさせたんですけどね…むしろ、ここまでやらんと無理なのかYO…。
でもアレだ、水でチャイナドレスを体にペッタリ貼り付けている上の挿絵が、この第3巻で1番好きです!(ぇー)


■冥乃河姉妹■
血印3 (22)

第1巻で城山さんから助けられた、「フリーダム」の巫女姉妹…冥乃河蓮華&冥乃河彼岸ちゃん。
2人は城山さんの学校まで潜入して、「少女使い」を所有する転校生 について教えてくれましたね。
まぁすでに城山さんは、その転校生を半殺し済みだったので…あんまり意味のない警告だったんですけども。

とりあえずアレだ、第1巻のエピローグで「冥乃河姉妹が城山さんを見つけ出せる奇蹟」とか言われてたのに、
第2巻でも第3巻でもサラッと登場するよね!? あの感動のセリフは何だったんですかァ!?
たぶん第4巻でもサラッと登場するんだろうなぁ…未だにこの姉妹のポジションが読めぬ…まったく読めぬ…!

まぁ城山さんを取り合って喧嘩する冥乃河姉妹ニヤニヤできたので問題ないんですけどね!(ぇー)
いいよね…普段は仲良しなのに、好きな人を取り合う時だけはケンカする姉妹いいよね…大好きだ…。


■海恵涼子&海恵祥子■
血印3 (27)

前回、城山さんのおかげで「最高のハッピーエンド」を迎えた海恵姉妹ですけど、(図書委員ちゃんの本名がさらっと判明)
この第3巻では、姉妹仲良く学校に通っている姿 が描写されていましたね。いやー本当に良かったなぁ…。

でもアレだ、もう実家で暮らせるはずなのに、なんでまだバイト少女やってんだよ図書委員ちゃん!趣味なの!?
まぁバイトキャラの方が嬉しかったので問題ないんですけどね。ネコ耳レオタードのコスプレとか最高じゃんよ…。

ちなみに、世界改変前は「雨中の少女」だった彼女の姉…海恵祥子(うみえしょうこ)さんは、
どこか陰のある黒髪ショートヘアの女子高生に成長していたんですけど…、
なんと城山さんを「ウサギさん」と読んで驚愕させていましたね!覚えてるの!?

まぁ数年前とはいえ、自分の命を救った恩人だからなぁ…なんとなく「傾物語」の八九寺(大人Ver.)思い出すぞ…。
こりゃー冥乃河姉妹だけではなく、こっちでも「恋の姉妹喧嘩」が起きそうですね!大好きだ!


■紅小道楓希■
vv (1)

1424085572811_20150907213217128.jpg

良かった…もうキチガイ悪女はいないんだね…。
.
前回、自分に好意を持っている男子小学生や、「殺意のアンテナ」の残党まで全てを巻き込んで
「やっぱり私の好きな人がナンバーワン!」をやりやがった作中屈指の大悪女・紅小道楓希さん。
しかし世界が改変された今では、「普通の生徒会長キャラ」として…城山さんとも仲良くなっていましたね。

いやまぁ、「ハードボイルドなオジサマ系が好き」とか言ってるので、まだまだ危ない感じはするんですけど、
この世界では安住勇斗くんがわりと幸せそうで安心しましたよ…前回の彼はマジで悲惨だったので…。
このまま「召喚士の世界」に足を踏み入れず、2人には平穏な人生を送って欲しいですね。ブルマ生徒会長いい…。


■マリア=ハートオーシャン■
血印3 (21)

「無戦連勝」の通り名を持つ、保険医の先生っぽい「ガバメント」の召喚士…マリア=ハートオーシャン。
禁書のマリアン=スリンゲナイヤー&雲川鞠亜、HOのマリアージュ=ナイトキャップに続いて、
かまちー作品で名前に「マリア」が入ってる4人目のキャラなんですけど、
マリアさんは「依代量産施設・蟻塚」を考えだした研究者であり…、
ぶっちゃけこの第3巻の事件は、大本を辿ればマリアさんのせい になっちゃうんですよね。
この人が「蟻塚」さえ考えなかったら、イザベルちゃんは「川面サユリ」のままで、「復讐」も起きなかった、と―――。

まぁそれは結果論であり、もちろん悪いのは ガバメントの上層部・ビヨンデッタ・白き女王 なんですけどね。
いわゆる「絶対能力進化(レベル6シフト)」に参加してた禁書の芳川さんみたいな人と言いますか、
悪者でも正義でもない…半分は木原・半分は良い人って感じのキャラでしたね。わりと好きです。

何にせよアレだ、ゆるふわウェーブロングヘア+メガネ+白衣+ストッキングとか最強すぎません!?
こんな人が上司だったら嬉しすぎるよ…あと目の下にクマとかあったら もっと最高だよね…。(ぇー)


■斑鮫クイナ(むらさめくいな)■
血印3 (17)

ヘソ出しシャツ&ホットパンツが可愛らしい、いつもムスッとしてるセミロングの女子中学生…斑鮫クイナちゃん。
少し前までのクイナちゃんは、川面サユリという親友と一緒に「平和な日々」を送っていたんですけど、
ガバメントが「蟻塚」でサユリをイザベルに改造してしまい…その日常は終わってしまいます。

そしてその「親友を失った怒りの火種」を…復讐狂いのビヨンデッタに付け込まれて、
「少女使い」で洗脳される→「今回の事件を起こした主犯格の復讐者」にされてしまいましたね。
うむ、この真相が分かった時は驚いたなぁ…クイナ⇔イザベルという「助ける者と助けられる者の逆転」と言いますか、
まるで ミステリー小説の叙述トリックのような面白さ を味わえましたよ!そう来たかぁ~!と。

まぁそもそも、「親友のサユリが改造されてしまった!許せない!復讐してやる!」
「無関係の女の子を洗脳して人生メチャクチャにしながら突き進んでやる!」
という
クイナちゃんの思想が「お前それちょっと待てよ!」ってぐらい矛盾してたので、違和感はあったんですけどね。

そして事件が終わった後…余計な記憶を消されたクイナちゃんは、イザベルちゃんと共に「日常」へ帰りました。
うむ…このエピローグは ちょっと歪んだハッピーエンド に見えたんですけど、
まぁイザベルちゃんが改造された時点で「100点満点のハッピーエンド」は無理なので、これが幸せなんでしょうね。


■ビヨンデッタ=シロヤマ■
vv (2)

「さぁ楽しませてちょうだい、ウサギ野郎」
.
「仇染め(ライアーキャット)」の通り名を持つ、アワード920の召喚士…ビヨンデッタ=シロヤマ
当初は、主犯格・クイナちゃんのお手伝いをする悪魔風ピンクメイド…だったんですけど、
実はコイツこそ元凶であり…そのクイナちゃんの「復讐心」を「少女使い」で点火していた存在でしたね。

ちくしょう!なんてこったい!クイナちゃんの体を洗ったり、紅茶を入れたり、良いメイドだと思ってたのに!(参照)
…いやまぁ、P180で「これは鎮静効果があるブレンドなんですよー^^」と言いながら
カフェインたっぷりの紅茶をクイナちゃんに飲ませていた時点で、(※多量のカフェインは興奮作用がある)
ああコイツ黒幕だわーと分かったんですけどね…というか通り名はもちろん、名前の元ネタがまんますぎる…。(参照)

まぁそれはさておき、ビヨンデッタは「復讐者の手伝い」という”免罪符”で大暴れするのが望みなんですけど、
彼女が「こうなった」のは…城山さんと同じく、全て「白き女王」のせいでしたね。
「一五兄姉弟妹計画」で女王と出会ってしまったせいで、彼女は人間性を失ってしまった、と―――。

うん…「少女使い」で「復讐者」を仕立てあげるビヨンデッタは、そりゃ文句無しのド外道なんですけど、
P291の「こんなの女王に比べたらイタズラ程度でしょうに!」というセリフ通り、
彼女も可哀想な「女王の被害者」に見えてくるなぁ…白き女王よりマシに見えるんだもん…。

また、「他者の復讐」を使って大暴れするのが望み―――…だと見せかけて、
「実は誰よりも自分が復讐したかった」という深層心理はあまりにも”哀れ”でしたよ。
私の心をズタボロにした女王が許せない、他の14人は「一五兄姉弟妹計画」で”家族の愛情”を失ったのに、
女王から「愛情」を受け取っていた城山恭介が許せない、と―――…虚しいですね。

何にせよアレだ、デッタ姐さんは見た目も中身もわりと好きなキャラなので、再登場を待っておりますよ。
今回は城山さんが完全有利のフィールドだったから勝てましたけど、召喚士としては最強クラスだよね…この人…。


■白き女王■
肉の芽
.
オーバードライブ!オーバードライブ!
.
…ビヨンデッタが作り出し、クイナにプレゼントしていた「女性を洗脳する手袋型デバイス・少女使い」。
なんとその仕組みとは―――「白き女王は全ての被召物を恐怖で屈服させる」という性質を使って、
髪の毛を入れた呪いの藁人形のように「女王の髪の毛と魂をリンクさせる」というモノでしたね!
つまり「少女使い」を装着した瞬間、使用者の手に「白き女王の髪」が潜り込んで寄生される、と―――。

…うん、まぁ事件のキモである「少女使い」の仕組みがまったく説明されないままエピローグに突入したり、
「少女使い」を使わないのに手に装着し続けてる城山さんなど…”不自然な点”はあったんですけど、
それでもこのオチには絶句しましたね…登場するメインキャラほぼ全員が洗脳下だった、とか…。
プロローグからエピローグまでの300ページ、ずっと女王が城山さんに寄生中だった、とかね…。

ちくしょう!そりゃ第1巻の後書きで「ヒロインは常に主人公の隣に寄り添わせる」とか言ってましたけど、
まさか「体内でずっと一緒」とか考慮しとらんよ!完全にホラー映画のスラッシャー役じゃん!

城山さんが絶叫しながら手を切り落とす→ニョロニョロと1本の髪の毛が出現する→
「もう少しで脳に侵入できたのに」と言いながら「愛」を語るシーンは「ヒィ!」って声が出たよ!
「今回は出番ないのかな?」と思ったら最後の最後で来やがって…生理的嫌悪感ヤバいわ…ただただ怖すぎる…。

血印3 (18)

はぁ…白き女王ちゃんかわゆい…。(手の平返し)
.
ところがどっこい!そのホラーシーンが終わった後で…「城山さんと女王の過去」が描写されていましたね。
無機質なくらい真っ白な空間…その中で、「うえーん、あにうえー」と泣いている女王がいました。
どうやら白き女王は、「”とある理由”で城山さんが去ってしまう」と思って泣いているようです。
それを聞いた子供時代の城山さんは、その「とある理由」に心の底から呆れながら…、
「大丈夫だよ☓☓☓、ボクはどこにも行かない」と言って「ゆびきりげんまん」の約束をしていましたね。

うむ、この過去シーンの女王がびっくりするぐらい純真無垢でビビるなぁ…「別人では?」とさえ思うよ…。
もしかすると、この「とある理由」のせいで…女王の中身が変わってしまったのかもしれませんね。
アイリスフィールの人格を被ったアンリマユ みたく、城山さんが愛した女王はもういない、とか…。(参照)

「アリス」なのに「女王」だったり、「あにうえ」という呼び方に理由があるのも、それが関わっているのかもしれません。
城山さんの「☓☓☓」という呼び方も、なーんか怪しんだよなぁ…普通に「アリス」を入れていいのか…?

また、過去の2人が話している「無機質なくらい真っ白な空間」…最初は「一五兄姉弟妹計画」で用意された
地下500メートルの密室かと思ったんですけど、もしかすると「縫界召喚の木箱の中」かもしれませんね。
第1巻のP254で、城山さんが「被召物をカードの中に閉じ込めたい欲望」
「余人の介入を許さない1対1の召喚儀礼」
とか言ってましたし、
「人間の世界」と「被召物の世界」だけじゃない…木箱という「人工的な3つ目の異世界」を作って、
そこで女王と自分が2人だけで入っちゃうのが城山恭介式・「縫界召喚」のカラクリだったりするのかしら?まぁ妄想ですが。


■一五兄姉弟妹計画■
2015-09-10-131659.jpg

地下500メートルでらーぶらーぶ♥
.
…というワケで、上記でも説明してる通り…「全人類が家族になれば争いは起きない!」という理想の元に、
赤の他人×15人を集める→地下500メートルの「女王の箱庭」と呼ばれる密室に閉じ込める→
人工的に「家族の絆」が作れるか研究するという…何とも頭のおかしい実験ですね。

そして子供時代の城山恭介&ビヨンデッタは、この実験の「犠牲者」だったようです。
…P310でビヨンデッタが「元の家族なんて概念は裏切りと売却で捨て去られて」と言っていたので、
まず間違いなく15人は 親から金で売られた子供 なんでしょうね…キツイなぁ…。(参照)

まぁそれはさておき、「過酷な条件でも絆の効果はあるのか?」という研究の為に、
その「過酷な条件=被召物」として…15人は「召喚士のカリキュラム」も受けていたようですけど、
ある日…城山恭介が「白き女王の縫界召喚」に成功してしまい、ここから実験の全てが狂ってしまいましたね。

女王から「女王の恐怖」「女王の蠱惑」「女王の暴虐」「女王の狂熱」などを取り込んだ15人が、
「召喚士の才能」と引き換えに「人間性」を失ってしまった、と―――… うぷぷ…。
さらにそこから「秘匿大戦」にスライドして、15人の半分が死んでしまったようです。

うーむ、もうブラッドサインはマジで「過去編が読みたくなる作品」だなぁ…気になるってこんなん!
この「女王の箱庭」で生活していた15人のシロヤマシリーズを全員見てみたいよ!どんな連中だったんだよう!

ちなみにその15人には、「城山恭介=白ウサギ」「ビヨンデッタ=チシャ猫」など、
「ふしぎの国のアリス」のキャラクターが与えられているようですね。(地下の国のアリスかもしれませんが)
個人的には、公式ストーリーで「気狂い」と描写されている三月ウサギのシロヤマが見てみたいなぁ。(参照)

それと…この「一五兄姉弟妹計画」についてP204で城山さんが言ってたセリフなんですけど、
「15人の半分が死んで半分がアワード900になった」という言い方が引っかかりますよね。
なんで15人の「半数」という言い方をしないのか…なんで「半分」という言い方をしたのか…?

うん…城山さんとビヨンデッタって、お互いを「ウサギ野郎」「チシャ猫」と呼んでいましたけど、(P206など)
実は2人とも、「お前」「坊や」という呼び方とキッチリ使い分けているんですよね。読めば分かります。
「目の前にいる現在の相手=ウサギ野郎orチシャ猫」、「地下にいた過去の自分=お前」みたいな。

なので…もしかすると「15人の半分が~」というのは、「15人のシロヤマは全員生きてる」
「だけど大戦で15人とも中身が半分死んでる」「そして残ったもう半分がアワード900になった」
という
ひねくれた言い方なのかもしれませんね。まぁもちろん、あくまで妄想考察なんですけども…。

…とまぁそんな感じで、今回も面白かったですよ「未踏召喚://ブラッドサイン」!どんどんパワーアップしてる!
もう第4巻が楽しみですよ…第1巻でフリーダム、第2巻でイリーガル、第3巻でガバメントの事件をやって、
「一五兄姉弟妹計画」という過去も明かされて…やっとプロローグが終わった って感じですよね。

果たして城山さんは「白き女王」を殺せるのか!?そして赤眼の麗人が言っていた「殺せない理由」とは何なんなのか!?
…まぁ「ふしぎの国のアリス」のオチ通りなら、まさに「絶望」の未来しかないんですけどね…。

ここまで読んでくださってありがとうございました!ではまたー。


ゼルダの伝説 夢をみる島
任天堂 (1993-06-06)
売り上げランキング: 9,561

« 漫画版 とある魔術のヘヴィーな座敷童が簡単な殺人妃の婚活事情 第8話 「神と宿敵と英雄と前人未踏の怪物がせめぎ合う闘争」 感想  |  最新刊「新約 とある魔術の禁書目録 14」は11月発売&あらすじ公開!その他ネタいろいろ »

コメント

イザベル・・・行かないでくれ・・・

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/11 00:22 * edit *

うおお正直もう来ないかと思いましたぜ!
今から読ませていただきますありがとうございました!

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/11 00:36 * edit *

冥乃河姉妹は好きな人を取り合ってる訳じゃなくて妹を取られそうで蓮華が嫉妬してるんだと思ってたんだけど違うの?(城山さんを好きなのは彼岸だけ)

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/11 01:50 * edit *

あにうえが人を助ける理由って、秘匿大戦の影響で現在困ってる理由の元凶は自分だからじゃありませんでしたっけ?

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/11 03:03 * edit *


僕はもう何もしない方がいいんじゃないかなーって序盤で言ってて
だけどやっぱり助けて何がしたんだろうって呟いてたような

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/11 04:07 * edit *

15人の半分はたしかに違和感あった
わざわざあとがきで女王は15人には入ってないって言ってたし

7.5人……?だもんなあ

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/11 12:39 * edit *

感想お疲れ様です
でも願わくば電撃フェアの掌編の感想もちょろっとでいいから欲しかったかなぁ
それから今電撃文庫CLUBというところに事前登録すると以前デビさんが取り逃がしたストーリートレカ(確か4つ全部乃木坂だった記憶がw)が電子書籍でですが手に入るみたいですよー

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/11 16:00 * edit *

気配を断つことで相手の視界から消えるリューさんを見てFate/EXTRAのアサシン先生を思い出したのは私だけでいい。

そして斑鮫クイナのカラー絵を見た瞬間「美琴!?」と思ったのは私だけではないはずだって信じてる。


あにうえはアレだね。過程や立ち位置は違えど、人助け狂いという点においてはエミヤ君ばりの狂いっぷりですね・・・。

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/11 17:04 * edit *

最後の女王は可愛いよね
あにうえは一体なにをしたんだ

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/11 23:23 * edit *

生き残りは8人か7人という意味に決まってんだろ

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/12 05:03 * edit *

暗闇の五月計画の解明まだ?


こっちにも絹旗を出そう

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/12 05:04 * edit *

女王を助けることができなかったから、そのコンプレックス解消のため助けてる

上条さんの自分のために助けてるのと類似してんだろ

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/12 05:07 * edit *

リュウの元召喚師がアワードあんだけ高いのに15きょうだいに入ってにいのが不思議


アワード900超えは15きょうだいだけではないのか?


男キャラで強いやつ出てこないと、つまらんな

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/12 05:11 * edit *

Amazonのレビューにも書いてほしい

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/12 05:13 * edit *

コメント少ないのは読んでる人いないからか

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/12 05:14 * edit *

↑×3
リューさんの元パートナーが15兄弟じゃないと決まったわけじゃないだろ
兄上も面識あったったぽいし可能性はある

次の巻あたりで男兄弟きて欲しいね

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/12 06:56 * edit *

デビさんの未踏感想ほんと嬉しいから! 読者的には共感できる感想書いてくれる人がいるだけで救いだよ!

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/12 09:03 * edit *

相変わらず黒かまちーはヤバイ
モニターよりは落ちるけどこれも大概だよ。

電子の海から名無し様 |URL | 2015/09/12 11:34 * edit *

イザベルが可愛いんじゃ〜

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/12 22:18 * edit *

>次々と相手の飛行型レプリグラスをぶっ潰す城山さん…。
敵はレプリグラスじゃなくて普通の戦闘機ですよ~。マリアさんの護衛はレプリグラスで統一してから、弱点を突かれたら脆かったって感じに。
>まぁ私は イザベルちゃんの並盛りおっぱいで下半身が棒になりそう なんですけど、(最低の下ネタ)
いつも通りじゃねーか!
>「そろそろメインヒロインとして活躍してくれよ!」
陛下以外は全てサブヒロイン(断言)
にしてもポイズンクッキング懐かしい
>ギャグかよ!
舞さん「せやな」
>第2巻でも第3巻でもサラッと登場するよね!? あの感動のセリフは何だったんですかァ!?
人の手で起こす奇跡とは一体・・・いやまだあにうえに追いつけてないって事で!
あと他の方もおっしゃてるように、蓮華ちゃんは別に惚れてないような・・・
>良かった…もうキチガイ悪女はいないんだね…。
また依代になったら戻ってくるんやで(ニッコリ)
>クイナちゃんの思想が「お前それちょっと待てよ!」ってぐらい矛盾してたので、
矛盾しててもやめられなかったんだろうなあ・・・と思ったらビヨンデッタだったぜw
>召喚士としては最強クラス
帽子屋「チェシャ猫が倒されたか」
公爵夫人「だがビヨンデッタは最弱」
三月兎「15兄弟姉妹の面汚しよ・・・!」
>城山さんの「☓☓☓」という呼び方も、なーんか怪しんだよなぁ…普通に「アリス」を入れていいのか…?
確かに怪しいですけど、インテリでもそのまんまでしたし大丈夫なのでは?(てきとう)
>もしかすると「縫界召喚の木箱の中」かもしれませんね。
絶対女王の箱庭だと思ってたので唸らせられましたよ、なるほど
あにうえは密室でいちゃいちゃしていたのか(曲解)
>なんで「半分」という言い方をしたのか…?
陛下が含まれていれば単純だったんですけどねえ
>「目の前にいる現在の相手=ウサギ野郎orチシャ猫」、「地下にいた過去の自分=お前」みたいな。
すげえ、まったく気づかなかった。なるほど、何で強調してたのか謎だったんですがそういうことか。

忙しい中お疲れ様です!インテリは残念でしたけど禁書やHOアニメ楽しみにさせていただきます!・・・あとでもいいからインテリもやってくれてもいいんやで?(願望)
長々と失礼でした。

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/12 22:49 * edit *

あにうえは生きていても死んでも女王に捕まるのか


>アワード900超えは15きょうだいだけではないのか?
アザリアとかも900超えだけど兄弟じゃないよ

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/12 23:35 * edit *

感想・考察いつも楽しく読ませてもらってます
今回の話はマジで黒かまちー絶好調でしたね~
城山さんはどこへ向かっているのか目が離せません

インテリの感想もできれば読みたいです

マネ |URL | 2015/09/13 12:24 * edit *

感想は読んですぐ出てくるものでよくね!?

感想と考察を分ければ!?
発売から1ヶ月とか速報でやってる人のを見たほうがいい

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/13 17:59 * edit *

それは読者が個々人で使い分ければいいのでは
ここ別に速報サイトじゃないんだから

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/13 18:22 * edit *

最後の商品紹介のページ
ゼルダの夢を見る島のラストは作中の舞台は風のさかなの夢だったというオチだったな

不思議の国のアリスの世界もアリスの夢の世界
つまりデビさんは未ブラ世界は女王が作り出した夢の世界と言いたいのか

安心しろ俺には全部わかったぜ

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/13 20:30 * edit *

シロヤマブラザーズA「チェシャ猫がやられたようだな」
シロヤマブラザーズB「フフフ…奴は一五兄姉弟妹の中でも最弱」
シロヤマブラザーズC「ウサギ野郎ごとき負けるとはアワード900越えの面汚しよ…」

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/13 21:03 * edit *

待ってました!楽しく読ませてもらいます

学園都市の名無しさん |URL | 2015/09/15 02:20 * edit *

今回は平和だと思ったら最後に

学園都市の名無しさん |URL | 2015/10/17 01:07 * edit *

わざわざ半数とか言ってるあたり、もう半分の皆さんは某仮面ライダーよろしく混ざり合っちゃってりとかしてるのかも。

学園都市の名無しさん |URL | 2015/11/12 02:19 * edit *

イザベルって子のキャラデザがストライクすぎて1巻買っちまったわ

学園都市の名無しさん |URL | 2015/12/04 14:48 * edit *

もしかしたら一五兄姉弟妹計画の生き残りはみんな「誰かを助けるため」にいろいろやらかしちゃう方々なのかもしれないな。

学園都市の名無しさん |URL | 2015/12/08 20:57 * edit *

ああ...ロリヨンデッタがかわいすぎて辛い...

学園都市の名無しさん |URL | 2016/06/17 00:34 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/3624-3d0ca743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top