02/25
 とある魔術のヘヴィーな座敷童が簡単な殺人妃の婚活事情 感想

korabo (1)

遅れましたが、「とある魔術のヘヴィーな座敷童が簡単な殺人妃の婚活事情」の感想でございます。
鎌池和馬先生10周年記念のセルフコラボ小説!各シリーズのメインキャラが大集合!みんなあつまれー!
読んでて本当に楽しかった…あ、もちろんネタバレありなのでご注意くださいませ。


■全体的なまとめ■
IMG_20150224141942932.jpg

①トイレから噴水のように水が吹き出ている「上条家」…どうやら壊れているらしい。
 朝っぱらから自分の不幸を呪いつつ、思わず真上を見上げる上条さん―――だったが、
 いつ間にか「異世界」へと飛ばされていた。軽くパニックになる上条さん。

②どうやら上条さんだけではなく、着替え中のインデックスや御坂美琴、
 さらに”他の世界の住民”まで飛ばされたらしい。(上の画像を参照)

③巨大な「暗黒竜」が現れて、その異世界人14名を殺そうとするが、
 金髪碧眼な戦乙女・ヴァルトラウテさんが登場!(+ジャック君)
 3キロほど離れた山の頂上から、暗黒竜を”狙撃”して消し飛ばす。

ポカーン( ゚д゚)…となる異世界組だったが、14人で協力して「探索」を始める。
 その結果、自分たちがいる場所が「巨大な船」の上だと知る。

⑤その巨大な船…「神造艦スキーズブラズニル」へ、ヴァルトラウテさんが戻ってくる。
 ヴァルトラウテさんを「ショタコン」呼ばわりしたヘイヴィアが1回死ぬ。

⑥ヴァルトラウテさんに案内されながら、人が住む「人間界ミズガルズ」へ向かう一同。
 しかしその道中…女性陣は、セクハラ気味の男性陣から衣服を全て燃やされ、(!?)
 代わりに手作りのエロコスチュームを着るはめになる。半殺しにされる男性陣。

絵1241747

⑦何とか人間界ミズガルズまで到着する一同。とりあえず宿に泊まる。
 ―――が、ヴァルトラウテさんが「元の世界へ帰る方法」を見つけるまで、
 ずっと”待つ”必要があるらしい…つまり「旅費」を稼ぐ必要がある。

なんか怪しい半ゾンビの美少女が登場。異世界組に「仕事」を紹介する。
 しかしその仕事の最中、全長20メートルほどの氷の兵士が襲ってくるが、
 全員のコンビネーションで見事撃退→仕事を終えて旅費ゲット!

⑨どうやら半ゾンビの美少女は、冥界の女王・ヘルちゃんだったらしく、
 珍しい上に優秀な「異世界人の魂」が欲しいから、皆を狙ったらしい。
 氷の兵士や、冒頭で登場した暗黒竜・「ニーズヘッグ」も、ヘルちゃんが召喚したもの。

⑩ヘルちゃん、暗黒竜のブレスで全員を殺そうとするが、
 場所の目測をミスって自分のにブレスが直撃する。
 その結果、尻だけ出して壁に埋まるヘルちゃん。

⑪上条さんの巧みなトークスキルのおかげなのか、
 「桃太郎」「かぐや姫」「浦島太郎」の話を聞いて号泣するヘルちゃん。
 そのおかげで、ほんの少しだけヘルちゃんと分かり合えるようになった。

⑫しかしここで、ヘルちゃんの…いや、この世界の「恐るべき価値観」を知る。
 どうやら「最終戦争ラグナロク」に向けて”優秀な戦士の魂”を集めているこの世界では、
 誰も殺していない人間こそ大罪人らしく、その魂は「冥界(地獄)」へ送られる。
 その主神・オーディンが決めたルールに、この世界の人々は違和感を覚えない。

⑬冒頭からずっと「氷漬け」なインテリの主人公・陣内忍くんだったが。
 氷漬けになりすぎたせいで、魂だけ天界へ行っていたらしい。
 あまりのエロっぷりに、天界の神々すらドン引きさせる忍くん。

033.jpg

⑭そしてここで、上条さん達をこの世界へ連れてきた黒幕がロキだと判明する。
 どうやらロキは、「世界樹の枝は、九つの世界へ伸びている」という特徴を利用して、
 その”枝”を意図的に枯らす→まったく新しい方向へと伸ばしていたらしい。
 その結果、既存の九世界ではない…禁書やHOなど「異世界」への道ができた。

⑮つまり「神造艦スキーズブラズニル」へ戻って、世界樹が回復すれば元の世界へ帰れる。
 人間界の町から出て、また来た道を歩いて戻る異世界組14人。

⑯一方、冥界へ帰って…いつものように「罪人」の魂を眺めるヘルちゃんだったが、
 老人や子供、病人や産婦の魂が、責め苦を受けている光景に”疑問”を覚える。
 殺人者の魂が天界へ昇って、誰も殺していない民の魂が冥界へ堕ちる…。
 どうやら異世界組との交流で、彼女もこの世界のルールが間違ってると気付いたらしい。

⑰ヘル「ふざけんなクソオーディンがああああああああッッ!!!」

⑱暴走したヘルちゃんを中心に、台風のように渦巻く巨大な「漆黒の大樹」が現れる。
 どうやらヘルちゃんは、冥界へ堕ちた魂を全て救済しようとしているらしいが、
 これから何が起きるか誰にも分からない…ヘルちゃんが死ぬかもしれないし、
 下手すると「最終戦争ラグナロク」よりも恐ろしい結末が待っているかもしれない。

⑲「ともだち」であるヘルちゃんを助けるために、漆黒の大樹へ立ち向かうジャック君。
 さらに異世界組14人も、ジャック君をサポートするために拳を握る。

darklinkk_20150225031253c83.jpg

⑳しかしヘルちゃんは、漆黒の大樹を「異世界」へ伸ばして…「影」を呼び出す。
 全長100メートルの第二世代おほほオブジェクト・「ラッシュ」の影。
 生身で妖怪と殴り合うフリーランスのエージェント・「菱神 舞」の影。
 スタンガンだけで黒焦げの死体を作るシリアルキラー・「感電死の静菜」の影。
 存在そのものが”不条理”の管理者・「白い少女(アリス)」の影。
 そして学園都市第一位、史上最強のレベル5・「一方通行」の影。
 それらの影が、14人の主人公へ襲いかかるッ!

㉑ワルキュリエ9人姉妹の内、8人が「暴走しているヘルの抹殺」へ向かうが、
 みんな大好きヴァルトラウテさんが、たった1人でその姉妹で止めようと奮闘する。

㉒ヘルちゃんの兄である巨大狼・フェンリルは、大事な妹を助けるために怒り狂う。
 このままでは、フェンリルを拘束しているグレイプニルの鎖が千切れる…と思いきや、
 そこへ”魂”だけになっているハイテンションエロ高校生・忍くんが参上。

㉓そして軍神テュールのように、自分の手をフェンリルの顎の中に差し込み、(参照)
 「てめぇの怒りは俺が貰う。ヘルちゃんは俺らが助ける」と約束する。
 そのおかげでフェンリルは怒りを収め、主人公組に妹を託した。

㉔その忍くんの活躍で、軍神テュールも主人公組に協力してくれるようになる。
 そして軍神の力を使い、「絶対なる勝利」という最高のバフを与えて、
 14人全員がパワーアップ!召喚された「影」を押し始める。

㉕しかし、ここで漆黒の大樹が…新たに「とある異世界」へ枝を伸ばす。

㉖どうやら全ての黒幕・ロキの最終目的は、この「とある異世界」だった。
 その異世界は「決して語られる事の無かった原初の世界」らしく、
 歪んで望みを叶える街…「○○○○○○○○の○」という名前の世界。

㉗―――が、ロキですら予想できなかった最悪の事態が発生する。
 なんと漆黒の大樹は、「○○○○○○○○の○」という世界ではなく、
 誰も知らない新たな「異世界」へと枝を伸ばしてしまう。

絵1241746

「未踏召喚://ブラッドサイン」から、「城山恭介&冥乃河彼岸」の影が登場。
 そしてシャドウ城山さんが、目にも留まらぬ早さでブラッドサインを加速させ、
 最凶最悪の未踏級被召物…白き女王(本物)が君臨する。
.
㉙たった1人の白き女王から、ボッコボコにされる主人公組。
.
㉚一方、天界にいるヒゲマッチョの主神・オーディンは、神槍グングニルを使って
 ヘルちゃんを中心とした「漆黒の大樹」全てを消そうとするが、(主人公組も含めて)
 ここで禁書世界のオティヌスが介入…オーディンに自分の存在を”上書き”して、
 少しの間だけ「グングニルの使用」をストップさせる。

㉛その間に、ジャック君が「自殺」して冥界へ向かう。
 そして冥界にいる「光神バルドル」に協力してもらい、
 あらゆる害敵から大切なものを”守護”する光の力を貸してもらう。

㉜その結果、グングニルの軌道が変わり…「漆黒の大樹」だけを消し飛ばす。
 そのおかげで「影」も消えて、シャドウ城山さんに召喚されていた白き女王も帰宅。

「もうぜんぶ終わったから、みんなで帰ろ?」というジャック君の言葉で、
 暴走していたヘルちゃんは救われる。これで一件落着ッ!

E4BABAE7949FE381AEE6.jpg

㉞そして主人公×14人は帰還…と思いきや、ここで最後の問題が発生。
 どうやら異世界への道が開くと、大量の海水が一斉に流れ込み、
 「ヴァルトラウテさんの婚活事情」の世界が海に沈んでしまうらしい。

㉟だから海の女神・ランさんは、「絶対能力進化計画(レベル6シフト)」のように、
 自分自身を「全ての海を守る死神」へと進化させようとしているらしい。
 しかしその計画は、ランさんが”無駄死にする”可能性しかない。

㊱ランさんの夫である海の王・エーギルと共に、最後の戦いに挑む主人公組。
 そしてインデックスちゃんを中心とした「あるべきモノを元に戻す術式」が成功して、
 やっと14人の異世界人は、元の世界へ帰っていく。上条さん以外。

㊲「右手」のせいで帰宅できず、時空の狭間で”ぼっち”になる上条さん。
 うわーん!もう無限世界はやだー!と泣き始める上条さんだったが、
 ここで再びオティヌスちゃんが参上…上条さんを元の世界へ引っぱる。

㊳こうして、今度こそ全ての主人公が「あるべき世界」へ帰り、
 その主人公を中心としたそれぞれの「物語」が、また始まっていく。END。


1359296768854_20150224144438c9f_20150225032800cf9.jpg

やだ…てっきりお遊びのコラボ企画だと思ってたのに、
後半めちゃくちゃ熱くて真っ当に面白すぎた…。

.
…というワケで、「とある魔術のヘヴィーな座敷童が簡単な殺人妃の婚活事情」…皆さんどうでしたか?
うん…正直にぶっちゃけますけど、初めて「かまちーキャラ大集合のセルフコラボ小説!」と聞いた時、
実は「楽しみ50%・困惑50%」って気持ちだったんですよね。「ふ…ふゥゥゥ~ん…?」という感じ。(参照)
いやいやいや!先生の作品を全て読んでるファンは楽しみだろうけど、このセルフコラボは混ぜすぎてないか!?
それに「殺人鬼シリーズ」とか知ってる人かなり少ないよ!こりゃ「カオスなお祭り小説」すぎじゃないか、と―――。

ところがどっこい…そんな昔の自分を氷漬けにしたいぐらい、ストレートに面白い小説でビビリましたね!
もう先生にはまいるぜ…予想を軽々と超えてきやがったよ…2015年もこの人のギアはMAXから始まってるよ…。

まぁそりゃね?たんまりメタネタが詰め込まれたお祭り&お遊びカオスストーリーではあったんですけど、
後半ぐらいから一気にヒートアップしたんですよォ…救われない美少女・ヘルちゃんを助けるために、
主人公たちが戦うという…10年前から変わらない、10年の記念に相応しいかまちーストーリーが全開でしたもん!
それでいて少しもマンネリを感じさせず、ちゃんと「読者を熱くさせる」というね…手に汗を握ったわ…。

というか作品間のコラボって、「キャラが出会った理由?細かいことは気にするな!」で済まされるのがほとんどなのに、
「九つの世界へ伸びている『世界樹ユグドラシル』の枝を使い、他の異世界に干渉して~」という感じで、
”北欧神話の伝承”を利用してキッチリ説明してるのがスゴいんですよ…完成度たけぇ!

…というかアレだ、ストーリーはもちろん、「もはや水着回とか~2.0」という最終章のサブタイで分かるんですけど、
このコラボ小説って…「全7シリーズの作品が均等にごちゃ混ぜされている」ワケではなく、
「ヴァルトラウテさんの婚活事情 第2巻 with かまちーオールスターズ」って内容なんですよね。
あくまでベースはヴァル婚の続編であり、その世界に「他作品の主人公」がお呼ばれしている、と―――。

なのでガッチリと「ストーリーの軸」が固定されているので 意外にも読みやすく
そして全てのシリーズを読んでいなくても、十分楽しめる作りになってる親切設計でございましたよ。
ぶっちゃけ、禁書全巻・ヴァル婚1巻・ブラッドサイン1巻さえ読んでりゃOKって感じでしたね。
上条さんにデレデレなオティヌスが出るので、禁書全巻は仕方ないんだぜ!ここは外せないんだぜ!(ぇー)
…まぁ、できればこのコラボ小説が「宣伝」となって…他シリーズも読んでくれたらファンとして嬉しいんですけどね。

とりあえず、「10周年記念!10年の集大成!」という”これまでを振り返る”オールスターコラボ小説なのに、
きっちりと「今後の布石」を仕込んでるのが鎌池先生らしいわ…。(※詳しくは後述します)


■とある魔術の禁書目録■
korabo (3)sss

最初から最後まで 上条さんを理不尽な不幸が襲う!
.
…というワケで、トイレをせっせと修理していたら、いつの間にか「ヴァル婚」の世界へ飛んでいた心の兄貴・上条さん。
そしていきなり下着姿のインちゃんにラッキースケベをかまして、美琴ちゃんからビリビリされていましたね。
で、出たァーッ!クラウザーさん上条さんの開幕マッハスケベだぁー!他の主人公との年季の違いを見せつけたぜー!

まぁ上条さんがラッキースケベでボコられるのは「日常茶飯事」なのでどうでもいいんですけど、(ぇー)
異世界メンバー14人の「リーダー役」になった上条さんは…あまりに「理不尽な仕打ち」を受けていましたね。

「りんごの食べ方」でケンカしている仲間を止める為に、「まぁまぁ片方ずつ割って食べればいいじゃん」
真っ当な意見を言ったら「うるせぇコウモリ野郎!」と13人全員からキレられたり、(参照)
他の男性陣がセクハラしたせいで、むしろ止めようとしていた上条さんまでボコられたり…冤罪すぎる…。
最終章で、ガチンコの殴り合いしてるヴァルトラウテさんVSヘルちゃんの喧嘩に2回ぐらい投げ込まれて、
半ケツどころか7分の6ケツになる上条さんには涙が止まりませんでした。笑いすぎて。

まぁ仲間を代表して「その幻想、欠片も残さずぶち壊す!」と決めゼリフを言い放つなど、
ちゃんと「リーダー」として活躍するシーンも多かったんですけどね。「幻想殺し」もフル活用でしたし。
でも、P340で「ちがいますゥー!バトルの肝はトークですゥー!」と言いながら、
ご自慢の「話術」で神々に挑んで1行でボコられる上条さんにはやっぱり涙が止まりませんでした。笑いすぎて。

あ、ちなみに…インちゃん&美琴ちゃんというダブルヒロインも、きっちり大活躍していましたね。
美琴ちゃんは、安定した火力要員としてずっと戦ってましたし、(VSオブジェクトはすごい良かった)
インちゃんは、この北欧世界を”解析”したり、舞さんが出した「死出の竜姫」の弱点を見抜くなど、
原作以上の有能っぷりを見せていましたよ…つかインちゃんいなかったら帰れなかったしね…。

また、「磁力」でコイントスを操作して上条さんと同じチームになる美琴ちゃんや、(グイグイくるねぇ!)
1ページ目から愛らしいブラジャーを見せるインちゃんなど、「ヒロイン」としての魅力も高かったですよ!
漫画版禁書の影響もあるんですけど、最近1周回ってインちゃんが愛おしすぎて辛い…辛くない…。(参照)


ni_c12_20150224134824dd0.jpg

まぁヒロインパワーが1番高かったのはオティヌスなんですけどね!
.
いやーもう、まさか「ヴァル婚」の北欧神話世界に介入して、オティヌスちゃんまで登場するとは思わなかったわ!
グングニルを投げようとしているヒゲモジャのオーディンを止めながら、地上で戦ってる上条さんを見守るオティヌス…。

もうね…この時、「主神が決めたルールにあらがう方法が、あの者(上条さん)にあると…?」と言う女神フリッグに対して、
「あるだろうさ。何しろあの男は、私を救った存在なのだからな」
最高の”ドヤ顔”で答えるオティヌスが、「上条さんの嫁」すぎるんですよ…ニヤニヤが止まらんかったわ…ッ!
あー見てられねぇなー!仕方ないから助けてやるかー!あいつは私の「理解者」だからなー!へへへーん!

さらに最終章…時空の狭間で”ぼっち”になっている上条さんを、仕方ないから助けようとしたら、
口調が似ているせいでバードウェイちゃんと間違えられて怒ったり…かわいすぎる…。
まぁ間違える上条さんが100%悪いんですけど、マッハで不機嫌になって拗ねるとか、この魔神ちゃん乙女すぎるだろ…。

「あのー…無理やり元の世界に引っぱったら、俺の右手はどうなるんです?」という上条さんの問いに、
「はぁん?右手なんぞに興味ない」と答えたのは、「上条さんにしか興味が無い」という意味でしょうし、
登場シーンが2回だけだったにも関わらず、オティヌスちゃんのヒロインっぷりは凄まじかったですね…。

あ、それとアレだ…ヒゲマッチョのオーディンに存在を”上書き”して、この世界にオティヌスちゃんが登場した時、
女神フリッグさんが…旧知の仲のように「オティヌス…今さら貴女が何の用です!」と驚いてましたけど、
やっぱり「こっちの北欧神話世界」にオティヌスが住んでた頃もあったのかしら?(参照)


■ヴァルトラウテさんの婚活事情■
korabo (5)

子供っぽい水着のヴァルトラウテさん良いねぇ…!
.
…というワケで、このコラボ小説の舞台となった…というより、「第2巻」だった「ヴァルトラウテさんの婚活事情」
残念ながら、ヴァルトラウテさん×ジャック君のイチャラブシーンが無かったのは悲しかったですけど、(あわきんショック!)
ほとんど「主役」だったヘルちゃんはもちろん、他の「神さま」がかなり良い活躍をしていましたね!

主人公組に「絶対なる勝利」のサポートを与えた軍神テュールや、ジャック君に協力した光神バルドル、
「大事な妹を助けて何が悪い!」とキレてるヨルムンガンド&フェンリルお兄ちゃんなどなど…。
すべての海を救うために、自分の身を”犠牲”にして進化しようとする海の女神・ランさんの暴れっぷりも良かったですよ。

それに比べてアレだ、この世界の主神・ヒゲモジャオーディンさんは相変わらずクソ親父すぎるなぁ!
「なんか怖いから」という理由で、理不尽なルールを作ってヘルちゃんを冥界に叩き落としたり、
神槍グングニルを使って、主人公組もろとも消そうとしたり…マジで「諸悪の根源」すぎるよこのクソ親父…。

まぁだからこそ、P240で息子であるバルドルから「オーディンとはそこまで魅力的な神か?」と言われたり、
P319で「まさか最高の主神であるお父さまは、グングニルを2回投げたりしませんよね?チラチラッ」って感じで、
自由自在にコントロールされるオーディンはマジざまぁだったんですけどね。この親父って実はアホやろ…。

とりあえず、冥界へ行くためならナイフで「自殺」するのも余裕なジャック君マジすげぇッス!
そしてフライドポテトはごはんのおかずなんだァー!と主張するヘルちゃんマジKAWAII!(参照)


■ヘヴィーオブジェクト■
IMG_0002_20150224141940a98.jpg

今日も元気に戦争していたら、この世界へ放り込まれた不良兵士×2+おひめさま+ベイビーマグナム。
ギャグパートでは、女性陣に対するセクハラの主犯として大活躍(?)していたバカコンビでしたけど、
(女性陣にエロコスチュームを着せようと、水浴びしてる間に殺される覚悟で「服を燃やす」とかマジぱねぇわ…)
美琴ちゃんと協力しながら、あの菱神舞さんを抑えこんだり…それなりにバトルでも活躍していましたね。
相手の顔面にハンドアックスを投げるなど、クウェンサーの「爆弾魔(ボマー)」っぷりも相変わらずでしたし…。

そしてもちろん、ベイビーマグナムinおひめさまは…味方サイドの最大火力として大活躍だったんですけど、
いかんせん…ずっとベイビーマグナムの中にいるせいで、まったくと言っていいほど後半からセリフが存在せず、
エロコスチュームも水着も無いから、サービスシーンはゼロという…ある意味、悲しいポジションでしたよ。
いやまぁ、ウォッシュタオルでスーツの中を拭いているシーンは、ある意味サービスなんでしょうけどね…びばのんのん♪

とりあえずアレだ、ちょっと話は変わりますが…今月のガンガンから「コミカライズ」も始まってるんですけど、
それに登場したベイビーマグナムの作画がやたら良くてちょっぴり感動しました。(参照)


■インテリビレッジの座敷童■
IMG_0004_20150224142655a00.jpg

今日も元気にエロエロしていたら、この世界へ放り込まれた陣内忍くん+座敷童の縁さん+ヤンデレ雪女ちゃん。
うん…縁さんは「物理完全無効」、雪女ちゃんは物理無効に加えて「絶対零度の風」で活躍してたんですけど、
やっぱりインテリ組で注目すべき存在は、200ページぐらいまでずっと氷漬けだった忍くんでしょうね…。

もう吹いたわ…序章で雪女ちゃんから「氷漬け」にされたと思ったら、なんとずっと凍ったままで、
そしてやっと登場したと思ったら、体から魂だけ抜けてて天界でグッドモーニング→
「オッパイオッパイオパパパパパパパパパパ!」とかね…頭おかしいこの子…。
「ゾンビ少女もイケる!」とか言い出して、ビッチのフレイヤさんすら「マジかよ…」とドン引きしてますし、
原作インテリの3倍ぐらいハイテンションだぞ忍くん…言動すべてがキレッキレすぎて面白すぎるわ…。
第1巻の頃は「劣化上条さん」とか言われてたのに、どうしてこんな主人公になった…!(褒め言葉)

まぁエロ方面だけではなく、自分の右手を賭けながらフェンリルに「ヘルちゃんを助ける」と誓うなど、
かなり美味しいところを持っていったんですけどね。何気に味方サイドのMVPかもしんない。

あ、それと…ヘルちゃんを中心とした「漆黒の大樹」から、”菱神舞の影”が召喚されてましたけど、
バトル開始1ページぐらいで「拳銃」&「死出の竜姫」を使ってて笑いました。もう10割負けてるー!
いやまぁ、あくまで本物より弱い「影」なんですけど、ホントに舞さんは噛ませ役が多いなぁ…安定しすぎだよ…。


■殺人妃とディープエンド■
korabo (2)ddddd

踊り子さんのセルフ拘束プレイとか良いねぇ…!
.
…というワケで、今日も元気に殺人していたら、この世界へ放り込まれたサツキちゃん&七浄京一郎。
うむ、この「殺人妃or殺人器シリーズ」の中には…「圧殺死」「焼殺死」「入水死」「感電死」など、
それぞれの「死因」を司る72人の殺人鬼がいるんですけど…その実力に「ファンタジー」や「チート科学」は無く、
やろうと思えば現実でも可能なトリックを使って人を殺してるんですよね。ネウロの葛西さんみたく。(参照)

なので他の作品のキャラと比べると「それなり」の実力なので、2人の活躍シーンもそれなり…な感じでしたね。
まぁショットガンのような木片から、自分の身を「盾」にして美琴ちゃんを守る京一郎はカッコ良かったですけども。

…七浄京一郎って、原作のストーリーだけだと「どうしても死ねない悪運があるヤツ」なのか、
「不死身の肉体を有する人間」なのか分からなかったですけど…P136を読む限り、
木片が刺さってもまったく「流血」してないんですよね…ごめんコイツだけはファンタジーだわ…。
つか京一郎さん、たしか貴方ってもっとマイナス思考なキャラだと思ってたんですけど、(旧約1巻以前の上条さんみたく)
サツキちゃんと知り合ったおかげなのか、すっかり明るい性格に変わってるなぁ。ほとんど別のキャラだぜ!

とりあえずアレだ、10周年アニメに登場したので仕方ないのかもしれませんけど…サツキちゃん&京一郎だけではなく、
「殺人器とネバーエンド」の海豚さん&時女ちゃんにも登場して欲しかったなぁ…。(参照)
とくに海豚さんは、かまちー作品の中でもかなり大好きな「カッコいい大人」系の主人公なので…。

ああ…もっと「殺人鬼シリーズ」を語りたいなぁ…でも今じゃ「電子書籍or1番くじS章」でしか読む方法が無いので、
語れる相手がいないのだ…設定とかすごく好きなので、これもシリーズ化してくれないかな…。


■簡単な~シリーズ■
IMG_0003_201502241419402fe.jpg

korabo (4)

バニーガールちゃん!殺されたんじゃ!?
.
トリックだよ!…というワケで、簡単シリーズのダブル主人公+バニーの可憐ちゃんも登場ォ!
おお…まさかモニターのラストで死亡したバニーちゃんが復活とか、ちょっと嬉しいぞチクショウ…。(参照)
心の底からド外道なバニーですけど、わりと好きなキャラなので…ワンピース水着が眩しいぜッ!(参照)

まぁそれはさておき…「常勝の挑戦者」「不敗の帝王」である東川守&バニーちゃんは、
「相手が”偶然”バランスを崩して転ぶ」など…まるでラッキーマンのような活躍をしていましたが、
そういうチート能力を持ってない安西京介は…ぶっちゃけ、主人公組の中で1番地味な存在でしたね…。
もちろんバトルでは役に立ちませんし、ギャグパートでも他のキャラに埋没している、と…。

…まぁ「不条理(Absurd)に立ち向かう」のが仕事だったモニターの東川守はともかく、
アンケートの安西京介は「不条理(Absurd)を観測する」のが仕事でしたからね…「カメラ役」と言いますか…。
なのでバリバリの「一般人」ですし、役に立てないのは仕方ないんスよ…死ななかっただけマシな方なんスよ…。

でもアレだ、P385で…「バニーガールがカムバックしそう」という、次回作のフラグが立ってるんですよね。
おお?くるかぁ?簡単シリーズの三作目が来ちゃうのかぁ!?そこで今度は安西が大活躍しちゃうのかァーッ!?
VSシャドウの戦いで、相手に合わせて「物語」をシフトするアリスは決して殺せないと分かりましたし、
わりと本気で楽しみですぜ、第三作目!…でも「感想」を書くのが死ぬほどキツイんだよなぁ簡単シリーズ…。


■未踏召喚://ブラッドサイン■
絵1241750
korabo (3)

女王&城山さんとか無理ゲーに決まってンだろ!
.
…というワケで、最新シリーズ「未踏召喚://ブラッドサイン」から、城山さん・彼岸ちゃん・白き女王が登場ォ!
もうヒドすぎるわ…軍神テュールのおかげで主人公全員がパワーアップして「勝った!」と思ったら、
まさかタイトルの中に名前が含まれてない「ブラッドサイン」から女王登場とかね…絶望感すごい…。(参照)
いやまぁ、第四章のイラストの時点で「あっふーん…」って気持ちにはなってたんですけど、ホントにひどいよぉ!

全長75メートルの「ベイビーマグナム」を…それこそ「赤ちゃんが持ってるガラガラ」のように、(参照)
ドンガンゴンガンゴンバキン!と笑いながら振り回して、(中に入ってるおひめさまが死ななくて良かった…)
物理無効の妖怪すら返り討ち、「常勝の挑戦者&不敗の帝王」すらフルボッコとか、ふざけんなチクショウ!

しかも何がひどいって、弱点(?)のシャドウ城山さんは「防護壁」の中にいるので上条さん以外のキャラは手が出せず、
手を出したら「あにうえに手を出そうなんて万死に値しますわねぇ!」と女王がキレるとか…。
「北欧神話の神々?それって”神格級”でしょ?私は”未踏級”だよボケが!」という
女王のセリフも含めて、本当に無理ゲーすぎますよね…かまちー作品の中でもぶっちぎりチートだわ…。

まぁグングニルで「漆黒の大樹」が消え失せて、シャドウ城山さんも消える→女王もお帰りになったんですけどね。
…でもサツキちゃん&バニーちゃんの首を”折らずに”掴んだりしてましたし、たぶん「遊び」だったんだろうなぁ女王…。

cat00294_20150224142224a23.jpg

ちなみに、この「未踏召喚://ブラッドサイン」の介入は、黒幕であるロキも予想外だったそうなんですけど、
(たぶんヴァル婚よりブラッドサインの方が”新しいシリーズ”だから、存在を知らなかったんだろうなぁ)
P287で…ロキが本当に介入して欲しかった異世界は、「○○○○○○○○の○」なんですよね。
他の作品とは異なる…まだ誰も知らない、決して語られる事のなかった「原初の世界」
それは、訪れた者の望みを歪んだ形で叶えてしまう一つの街。
一人の少年と一人の少女の遭遇から脱出までを描いた、ほんの短い時間の話…。


うん、ピンと来た読者も多いでしょうけど、こりゃ「シュレディンガーの街」の事でしょうね。
第九回・電撃ゲーム小説大賞で惜しくも落選したものの、現担当である三木一馬さんの目に留まり、
先生の作家人生の「道」を作ったという…鎌池和馬先生、幻の初作品でございます。(参照)
おお…まさか「シュレディンガーの街」まで拾うとは…マジで全シリーズのネタが出た、かまちーオールスターじゃん…。
というかこのネタが出たってことは、いずれ公開されるって事ですよね?そうですよね!?めっちゃ読みたいよぉ!

…とまぁそんな感じで、予想以上にファン大歓喜なコラボ小説でございましたよ!
鎌池和馬先生、はいむらきよたか先生、凪良先生、真早先生、葛西心先生、依河和希先生、烏丸渡先生、
犬江しんすけ先生、朝倉亮介先生、たいしょう田中先生、原つもい先生、かまた先生
、関わった全ての皆さま!
最高の10周年記念小説をありがとうございました!2015年もよろしくおねがいします!
ではまたー。

« とある日常のいんでっくすさん とある日常.32  |  厄介な親知らずを抜いてきました »

コメント

感想を読むだけでなんと楽しい話……
ぜひ私も手に入れなくては!
実際禁書以外の作品はにわかでしたので、手にいれるべきかどうか迷ったのですが、デビさんのおかげで迷いをふりきれました。
これはなんとしても買って自分の目で中身をしっかりと確かめなければ!
更新ありがとうございました。

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/25 23:01 * edit *

乙です。
メインストーリーについて全体的なまとめでしか触れてないのは、
漫画版の感想で追っていくからでしょうか。

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/25 23:05 * edit *

中盤からは王道一直線の話でストレートに面白かった
しかし同じ主神なのにオティヌスとオーディン、どうして差がついた…造形、男女の違い

上条さんが流石に不憫すぎて少し苛々しました…いや、確かに笑ったけどさ…

シーア |URL | 2015/02/25 23:21 * edit *

感想、お疲れさまです。インテリを読んでなかったので、とある魔術のへヴィーな以下略を買おうか迷ってたんですけど、この記事を見て、インテリ含む鎌池先生の本は全部揃える決心を固めました。

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/25 23:25 * edit *

本当に後半の展開には驚かされましたね。すごく面白かった。
白き女王が出てきて、シュレディンガーの街のことまで絡めてくれて、大歓喜でした。

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/25 23:29 * edit *

ブラッドサイン一巻買ったけど読んでなくて、タイトルに入ってないし関係ないだろうとこれ読んでたら突然召喚されたんで慌てて一巻読んだ。本当に良かった、絶望感がよくわかった

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/25 23:33 * edit *

あは、女王神々を余裕で見下してるし…

鎌池和馬作品屈指のチートだわ
一瞬たりとも本気出してないよね

tatsusaubar |URL | 2015/02/26 00:01 * edit *

オティヌスちゃんは魔神の力なくてもあんなにヴァル婚世界に介入して威張れるなら
全盛期の頃は一体ヒゲを乗っ取ってどれだけ好き放題したのやらw

この様子だと新約9巻でのデビさん説における2人のオーディンの片割れってヴァル婚のヒゲだったっぽいね
ヴァル婚世界のヒゲもオティヌスが作ってたのか
それともヴァル婚世界に遊びに来て帰った後にその時の出来事が禁書世界で神話として残ったのか
オティヌスがヴァル婚世界にいる間に逆にヒゲが禁書世界に来てたなんてのもあったりしてなw

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 00:04 * edit *

コミカライズの方の感想も期待してますよ

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 00:23 * edit *

主神オーディンと主神ヘル
全能神オーディンと全能神トール

穴空きの神話である北欧神話に対して
かまちーワールドを詰めると
インフレがハンパネェなぁ

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 00:30 * edit *

上条さんはもうちょっと報われてもいいと思うんだけどなぁ...
ボコられるのも日常茶飯事だけど冤罪でこれはなぁ...
オティヌスはもうほとんどメインヒロインなんじゃ...

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 00:31 * edit *

コミカライズはオティヌス周りの説明どうするんだろうw
ガンガンの禁書コミックの範囲外やぞw
キャラだけなら他キャラみたいに軽く説明すりゃいいけど
原作禁書で起きた出来事をちらほら仄めかす不親切仕様なんだけどw

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 00:32 * edit *

面白そうなので新約12巻買うときに一緒に買おうと思います。

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 00:36 * edit *

乙ですー。

そういえば・・・・書くって言ってた、一番クジS賞『とある放浪の幻想殺し』の感想はどうなったん?

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 00:39 * edit *

>そういえば・・・・書くって言ってた、一番クジS賞『とある放浪の幻想殺し』の感想はどうなったん?

まだ禁書の1番くじ終わってないですからねぇ・・・S章の中身のネタバレは早いかなぁと・・・
という言い訳です!まだ感想書いてないです!

デビ |URL | 2015/02/26 00:46 * edit *

新八かよ(笑)

N |URL | 2015/02/26 01:01 * edit *

>>ああ…もっと「殺人鬼シリーズ」を語りたいなぁ…
感想、書いてもええんやで?(悪魔)

>>(たぶんヴァル婚よりブラッドサインの方が”新しいシリーズ”だから、存在を知らなかったんだろうなぁ)
なるほど、そういう事だったのか!

忙しい中&歯が辛い中お疲れ様です!
デビさんが語るHOと殺人妃は新鮮ですなあ。
アニメHOの感想も楽しみにしてます! コミカライズ感想も密かに期待してしまってますが、流石に無茶ですかね・・・。

>>まだ禁書の1番くじ終わってないですからねぇ・・・S章の中身のネタバレは早いかなぁと・・・
ゆっくりでいいです、無理なさらないで・・・。

ゆ~ |URL | 2015/02/26 01:29 * edit *

感想お疲れ様です
いやー凄かった
まさかこんなしっかりしたストーリー展開で話が進んで行くとは…
タイトルにブラッドサインの名前が入ってないから出たばっかで省かれたのかな?と思っていたらまさかの登場
白き女王はかまちーシリーズ最強ってことでいいのかな?

文字通り全ての作品を取り入れた今回の作品
改めて鎌池和馬先生の凄さと作品の魅力を感じました

103000冊 |URL | 2015/02/26 02:15 * edit *

上条君が止めに入る度にフルボッコか。相変わらずの不幸っプリだね。

しっぷう |URL | 2015/02/26 02:16 * edit *

やべー、めっちゃ面白そう!買わなきゃ!
オティヌス可愛いなぁもう!

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 03:40 * edit *

ああ^~ディ―プエンド読みたいんじゃあ~

  |URL | 2015/02/26 04:28 * edit *

そういや10周年記念動画でグレムリンの皆様がいた船の墓場って、軍艦島に似てません?
参考
http://blog.livedoor.jp/loveai0221/archives/38270892.html

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 06:08 * edit *

上条さん10分の9ケツとか、もう絶対みえてるよね…

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 09:11 * edit *

オティヌスが上条さん限定幸運の女神様になっててワロタ

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 09:28 * edit *

不条理と白き女王どっちがヤバイんだろう

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 14:29 * edit *

いくら白き女王でも、異能である以上上条さんの右手には触れられないんですかね?

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 14:41 * edit *

至極真っ当な事しか言って無い上条さんが連続で酷い目にあいまくってたのは流石にイラついたな。無理矢理巻き込む男性陣と、話聞かないで十把一絡げに暴行する女性陣にも。

のっとっと |URL | 2015/02/26 15:30 * edit *

↑×2
上条さんは確かに異能系統に強いけどさすがに絶対無敵ってわけではないし、幻想殺しで触れられない程能力差があったら厳しいかもね。
何より白き女王の性格があれだからある意味上条さんの最大の武器の説教も効かないし、聞かないだろうね。

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 17:30 * edit *

少なくとも魔琴の異能よりも強いだろうからなあ>白き女王

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 18:17 * edit *

更新お疲れ様です。
上条さんがそこまでハッスルしなかった理由って、
パワーバランスが崩れるからじゃないでしょうか・・・?
しかも理屈とかそこらへんも曖昧な感じでしたし…。
まぁ、上条さんの不当な冤罪に関しては理不尽でしたけどね。
もしかして、かまちー上条さんボコりたかったのか・・・?

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 18:30 * edit *

>いくら白き女王でも、異能である以上上条さんの右手には触れられないんですかね?

召喚された陛下に触れられれば元の場所に還せると思うけど、上条さんの方が向こう側に行って陛下の本体に触れた場合は意味がないと思う

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 18:31 * edit *

あら、地味に一方通行の名前が出てたのですね。
こういう時一方さんはさり気に混じってるけど打ち止めちゃんは出てこないんだよなあ・・・。10周年ムービーがまさにそれ。

ところでデビさんゼルダしてるんですね。

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 18:55 * edit *

上条さん、オディヌスにも一万回以上殺されたしね
倒す手段があっても実際に倒せるかは別次元の話なんだよね

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 19:01 * edit *

HAのバカコンビは、いつも以上に暴走してた印象があるな
アニメ化が決まってハイになってたのかな?w

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 19:06 * edit *

訂正
HOのバカコンビね

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 19:07 * edit *

個人的な意見なんだけと上条さんと戦ったチート連中は幻想殺しに対抗できる程の異能持ちだと思うんだけど精神的には割と壊れていなかったりする連中だったり慢心していたりする連中だからまともな倫理観が無くて慢心していて圧倒的な性能差がある白き女王みたいなタイプは上条さんでも苦手なのかも。
そもそも禁書本編でもチート連中と戦ってもだいたいギリギリの勝ちだった感じするし。

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 21:00 * edit *

これを期に今回出てきたかまちー先生の作品の大まかな説明の記事書いてくれてもええんやで?(期待)

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 21:04 * edit *

最後の方のマジバトルは想像していた数十倍面白かった。
まさか電撃文庫の中でって訳じゃなく、
カマチ―一人でアベンジャーズみたいな話を作ってしまうとは、
もうラノベ界のスタンリーだな。

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 21:15 * edit *

サービスシーンのインデックスと美琴&上条さんの画力が更に成長してるような気がする。
かまちー、こぎのん先生、冬川先生、はいむらさんと皆揃って成長してきてるのを感じられて嬉しいなコレは!
(ただし一方通行外伝は・・・ちょっとな・・・)

もしかしたら『お祭り設定』では留めず、とあるシリーズ世界に並列して存在してる各世界が「鎌池作品世界」で、オティヌスが探してる「元の世界」が「原初の世界」と呼ばれてる世界なのかもしれない・・・

ちょっと各作品の世界観と各そげぶ竜のデザインがリンクしてないかチェックしてくる

アイリス |URL | 2015/02/26 21:23 * edit *

この話のおかげで長らく変わらなかった私の絶望したランキング第1位神龍を殺したピッコロ大魔王から陛下に変わりました本当に陛下は偉大ですわ(唯一無私並みの感想)

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/26 23:38 * edit *

本当に面白そうだなあ

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/27 00:30 * edit *

僕もオティちゃんと同意見でただ異能を消すだけの上条さんの右手にはもう興味ないです

その代わり上条さんの右手が千切れた時に発生する龍に興味が有ります

アチキ |URL | 2015/02/27 01:19 * edit *

ここのコメ欄読んでると頭の固い人結構いるなww
上条さんの理不尽さとかはギャグで流せばいいのよ

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/27 05:40 * edit *

ヴァル婚が舞台だったから、そこの神々とグレムリンが絡んだりするのかなとは思ってたんですが、そこはオティヌスでしょう。
ただ欲を言わせてもらうとトール組の共演も見たかったりします。

白き女王は鎌池作品で最強にして最凶すぎる…
この怪物が常にいるブラッドサインの世界は本当に大変なんだろうなぁ。

ジャックポット |URL | 2015/02/27 05:48 * edit *

貧乏くじ同盟「上条当麻・・・素晴らしい逸材だ・・・」

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/27 11:42 * edit *

やっぱりむぎのんや美琴みたいな並のレベル5じゃオブジェクトには及ばないんですな

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/27 12:55 * edit *

オーディンが嫌われまくっててわろたwwwwww
まー嫌われるわな

最後の全長45キロの神造艦振り回したりスケール狂っとるなあwww

10周年にふさわしい神巻だった
本当に読んでてたのしかったなあ

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/27 14:06 * edit *

相変わらず上条さんのトーク力と不幸半端ねぇ・・・
それと一方通行も影じゃなく、異世界人として参加してほしかったな

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/27 18:38 * edit *

あの無限地獄は上条君にとってもうトラウマだな。あんなの誰も体験したくないわ。
オティヌスも意地悪する奴だなぁ。後2、3年は虚空にいればって、ひでぇよ。

しっぷう |URL | 2015/02/27 19:16 * edit *

↑せっかく助けに来て上げたのに他の女と間違えたからね
しょうがないね

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/27 20:40 * edit *

まぁ、小説の登場人物の口調の被りは分かっていて指摘しちゃいけないことだからね。

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/27 20:51 * edit *

↑×3
何億年という時間を共にしたこの2人には2,3年なんてあっと言う間だから(震え声

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/27 21:21 * edit *

やっぱりインデックス最大のマイナス点はあの修道服だと思うの

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/27 21:25 * edit *

相変わらずデビさんの感想はおもしろい!
オティヌスは本当に万能だな

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/27 21:39 * edit *

メインヒロインはやっぱりオティヌスやったんや!

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/28 13:17 * edit *

感想ごくろうさまです
そういえばpixivのtoufuさんの漫画更新されましたよー

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/28 16:04 * edit *

>というか作品間のコラボって、「キャラが出会った理由?細かいことは気にするな!」で済まされるのがほとんどなのに、

ほんとかよ・・・。キャラが出会う理由を説明しない作品の具体例が無いせいで、なんか適当なこと言って他の一般的コラボ作品をsageしてまで
鎌池コラボ作品をageてるように見えて、この一文不快なんですけど。

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/28 20:48 * edit *

↑1
細かい理由のないコラボというと、こち亀とかじゃね
他にはドラゴンボールとワンピースのコラボ、なのはとイリヤのコラボ
あとは世界観が同じとかそんなくらいかな
お祭り系と思ったら割とガチだったって意味の一文だろうし、そうつっかからなくても

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/28 21:11 * edit *

インちゃん穿いてたのかあ・・・・・・・そうかあ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


はいむらー絵のインちゃんはちゃんと外人に見えるところがスゴイ

>あくまでベースはヴァル婚の続編であり、その世界に「他作品の主人公」がお呼ばれしている、と―――。

ナイス表現!!


>口調が似ているせいでバードウェイちゃんと間違えられて怒ったり…かわいすぎる…。

とあるシリーズの中にたまーに存在するキャラが被っている人達ww
雲川先輩と吹寄ちゃんとか。

どうでもエエけどこれ続編とかでるんじゃないか?

ナツキ |URL | 2015/02/28 21:12 * edit *

↑>インちゃん穿いてたのかあ・・・・・・・そうかあ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

旧約1の時点では穿いてなかったはず
多分、旧約11でインさんの私服を買う時に一緒に購入したんじゃないかと推測する

電子の海から名無し様 |URL | 2015/02/28 21:58 * edit *

デビさん、toufuさんの新作きてますよ
今回もまた一段とポケモンの技の描写が細かく、オリジナリティがあって素晴らしかったですね

シリカ |URL | 2015/02/28 23:25 * edit *

ロリ絵の得意なはいむらさんと肉感的な絵の真早さんの絵が一巻で楽しめるなんておトク!

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/28 23:26 * edit *

コラボなんて小説1冊分の分量の企画なんてのがそんなにないからな
せいぜい短編とかでマンガだと1話くらいでそこまで深くやる尺がない
具体例だとここでも禁書とデュラララのコラボの紹介とかあった
あれは事件の影響による世界の歪みで軽く済ませてたな

学園都市の名無しさん |URL | 2015/02/28 23:35 * edit *

更新乙です

いやー、面白かった!
序盤はHOのバカ二人組が最高に面白かったですwww 特に『ガッ』の件でめっちゃ笑いましたw
それで、ずっとあのままのノリでいくのかと思ったら、後半はガチバトル過ぎましたね!!
オッティ参戦や、シュレディンガーの街の名前が(伏せ字だけど)出て来た時はすごく興奮した!!
ただ、白き女王が登場した時の絶望感は半端なかったですがwwww

>とあるシリーズ世界に並列して存在してる各世界が「鎌池作品世界」で、オティヌスが探してる「元の世界」が「原初の世界」と呼ばれてる世界なのかもしれない・・・
なるほど、こういう考え方もあるのか。このブログ、デビさんだけじゃなくて、米する人も面白い考察書くから侮れない

学園都市の名無しさん |URL | 2015/03/01 10:39 * edit *

更新乙です

いんちゃんがみせた上条さんには絶対に見せられない顔、漫画ではみれるんですかねぇ(ゲス)

姫神信者No3 |URL | 2015/03/01 13:34 * edit *

こういうことされるとむしょーにシュレ街読みたくなる・・・! ハッ、これはセルフコラボの企画の皮をかぶった宣伝だったんだよ!(暴論)

いやしかし豪華ですねコレ・・・。またこういうのやってもいいと思うw

だだいだ |URL | 2015/03/02 23:38 * edit *

特殊能力の無い安西はかなりキャラたってたぞ
高校生に混じる年長の大学生キャラとしてうんちく垂れて誰にも相手されなかったり戦闘力がない分手旗信号でベイビーマグナムに指示出したり相方の東川よりよほど目立ってた

名無しさん@ニュース2ch |URL | 2015/03/03 14:24 * edit *

もしもまたこういう企画があったらハイテンション陣内忍とブラウを組ませたいね
どっちも人外okってことで超カオスな状態になりそうだしw

ナチュキ |URL | 2015/03/04 22:43 * edit *

べネット使い勝手いいな~w
読むの遅れましたが~デビさん、感想お疲れ様です~♪(*´ω`*)
いや~お祭り作品でしたねwそれぞれの作品世界では見れないキャラクターの面白い一面が沢山出てきましたw別作品キャラ達の掛け合いには笑ったw
しかしブラッドサインの城山君と白き女王は反則だろ…強過ぎる
案の定、確実な勝利を!とか格好つけてた闘争神テュールが逃走神になってたじゃねーか…いじめか

シュレディンガーの街読みたいですね~
第2巻もシュレディンガーも出てくれないかな♪(*´ω`*)

タク |URL | 2015/03/12 19:37 * edit *

しかし上条さんは何処にいようが誰といようが安定して貧乏くじの不幸なんだなぁ。不憫だ。

学園都市の名無しさん |URL | 2015/05/22 19:21 * edit *

面白かったし、かまちー作品としてはとても質の高い作品だったけど……なんか上条さんの扱いが不遇すぎる。
大先輩であろう上条さんに対して他の作品のキャラが失礼すぎる。
インデックスや美琴もなんか態度が悪いし。本編での2人はどこいった?て感じ。
唯一良かったのはオティヌスくらいで、登場した時はめっちゃ嬉しかったし、その後の上条さんとのやりとりもニヤリとできた。

さて、とある科学の一方通行と新約13巻の感想待っています。(ゲス顔)

とある魔術 |URL | 2015/07/22 20:51 * edit *

http://www.wekaskinart.nl/

http://loansingapore.co/ート#3000 幅5.4mX長さ5.4m

ーブビット T8 全長44L |URL | 2015/11/21 12:38 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/3532-c090a271
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top