02/03
 劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語 感想

7699.jpg

めちゃんこ遅れましたけど、「劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」の感想です。
ネタバレ全開なのでご注意を。また、けっこう長文になっているのでご了承下さい。


ls8611782-img500x312-1388364525znct6s19129.jpg
1390411026681.jpg
koba7312-img600x377-1388158916z4kli160075.jpg
mado (148)


     mado (12)

開始1分で頭の混乱MAXに達してるよォッ!!!

…物語の冒頭は、「希望を願い、呪いを受け止め、戦い続ける者達がいる」という、
皆さんご存知、暁美ほむら が…「魔法少女」という儚くも美しい存在について語るシーンから始まります。
どんな願いでも叶える事ができる――― その「奇跡」の代償として、戦いの運命を課せられた魂。
彼女達は戦い続ける…「円環の理」に導かれて救済されるまで…あの「彼女」の笑顔に迎えられるまで、と―――。

まぁそれはさておき、その語りは終わり…物語の舞台は、どこか幻想的な町の中へシフトします。
この世の物とは思えない不思議で綺麗な町…しかしそこで、遊んでいるように…何かを発散するように、
「魔女」でも「魔獣」でもない…『ナイトメア』と呼ばれる人形のような怪物が暴れ回っていましたね!
このままでは町が崩壊してしまいます―――が、そこに見覚えのある少女達が現れました!

…なんと、すでに「魔法少女」に変身している 鹿目まどか美樹さやか佐倉杏子巴マミ
そして本編3話でマミを殺した魔女・シャルロッテにそっくりな「べべ」という生物…計4人と1匹が登場し、
素晴らしいコンビネーションで「ナイトメア」を誘導→沢山のパンやお菓子を食べさせ…ナイトメアを"救済"しましたね!
どうやらナイトメアは、物理的ダメージで撃破するのではなく…食事をさせる事で「救済」できるらしく、
この世界の魔法少女の仕事は…魔女退治でも魔獣退治でもなく、そのナイトメアのお相手みたいです。

うん、もうアレだな!わけがわからないよ!アルティメットになったはずのまどかが魔法少女やってて、
「円環の理」に導かれたはずのさやかが普通に戻ってきてて、シャルロッテが仲間になってて…。
終いには、あのキュウべぇが「きゅ?」とか言いながら普通にマスコットキャラをやってると来たもんだ!
怪しすぎるよ!もう不安すぎるよ!この平和なファンタジーが「まどか☆マギカ」では100%ありえない光景なんだもん!


mado (119)
mezamashi-045.jpg
SWScan2_2014010610100543e.jpg

SWScan (3a)

「杏子×さやか」が素晴らしすぎて涙が出る…。

…うん、もうね、さっきまで感じていた不安感が一発で吹き飛んだんですけど、(ぇー)
それほど素晴らしいんですよ…シリアスすぎた本編とは違って、真っ当にイチャイチャしてる2人の姿がね…。

まぁそれはさておき、家族と幸せな朝を迎え、QBを肩に乗せながら登校していた主人公・まどかちゃんですけど、
どうやらこの世界では…なんと杏子も見滝原中学校に通っているらしく、さやかの所に居候の身らしいですね。
宿題やってねぇ!魔法少女マジ忙しい!テレビ見る方が悪い!さやかが宿題を見せてくれないから悪い!…と言いながら、
ケラケラ笑って痴話喧嘩をする杏子&さやか…ああ、ホント最高だ…こんな光景がずっと続けばいいのに…。

まぁそれはさておき、そんな感じで教室に入っていく2年生トリオでしたけど、
男運が無さすぎてキャラがおかしくなってきた早乙女先生から、(なんかこの先生と良い勝負になってきたな!)
なんと―――このクラスの新しい仲間である「転校生」が紹介されましたね。


SWScan_201401061053393be.jpg

mado (83)

(なんかこのソウルジェムの見せ方色気があるな…)

ビッチホム!…とまぁそれはさておき、その転校生とは…皆さんご存知、暁美ほむらでしたね!
わーい!メガほむだー!…その突然の美少女転校生にクラスメイトはザワザワしますが、
彼女の"ソウルジェム"を見たまどか、さやか、杏子の驚きはそれ以上でしたね…転校生は魔法少女!

…どうやら魔法少女達のリーダーであるマミさんは、すでにほむらの事を知っていたらしく、
この転校生イベントは彼女なりのサプライズだったようですね。…というかそもそも、
冒頭のVSナイトメア戦ですでにほむらは「時間停止能力」を使って皆をサポートしていたようです。
こうして、見滝原の魔法少女グループの中に…ちょっぴり臆病だけど心優しい、頼りになる五人目の仲間が生まれましたね。


mado (36)
2e4c62c1_20140106162950a4d.png
っj
WJiBsTD.jpg
mado (27)

ナイテメアクル!…そして見滝原の地にほむらがやって来て 早くも一ヶ月が経ったんですけど、
まどか&さやかの友人である緑色…もとい志筑仁美ちゃんが、ベッドで電話をしているシーンに変わりましたね。
…どうやらこの世界では、すでに仁美ちゃんと上条恭介は付き合っているらしく、(上条の病気も治っている)
お金持ちのお嬢様と天才ヴァイオリニストという、お似合いのカップル…だったはずなんですけど、
上条はヴァイオリンのレッスンが忙しいらしく…あまり仁美ちゃんと一緒の時間が過ごせないようですね。

うん…いや、アレだな…上条は悪くないですし、むしろ夢に向かって走っている純朴で良い少年だとは思うんですけど、
本編の入院時代…さやかちゃんに当たったり、さやかちゃんの恋心に対して無反応だったり、
どうも他人の気持ちを考えきれない部分があるなぁ…そりゃ仁美ちゃんもキレるわ!まくら昇竜拳!

枕にラッシュを叩き込みながらベッドの上で暴れる仁美ちゃん…うーむ、こういう一面は新鮮で可愛いなぁ。
そして仁美ちゃんは、鬱憤を溜めたまま泣き寝入りしてしまいました―――が、
なんと…彼女のその「悪夢」が、冒頭で暴れていた『ナイトメア』を生み出してしまいましたね!
どうやらこの世界の魔女or魔獣ポジションであるナイトメアは、こうやって生まれるようです。

…すると、そのナイトメアの出現に…マミさん宅にいるべべが、バタバタ騒ぎながら反応します!
それを見たマミさんは、「夜更かしはお肌の天敵なんだけどなぁ」と嘆息しながら、
魔法で髪の毛をくるるんっとセットしていましたね。その縦ロールって魔法でやってたのかよ!?
というかマミさん、バスタオル1枚のシーンもそうなんですけど、なんか劇場版効果でおっぱいが増量されてるなぁ…。(参照)

まぁそれはさておき、「仁美もあんな無神経なヤツを彼氏にするから苦労するんだよなぁ」と笑いながら
ナイトメアを観察しているさやか&杏子コンビや、(さやかちゃん完全に失恋を乗りこえてるなぁ)
まどか&ほむほむコンビもマミさんに合流し…5人はナイトメアと戦う為に、「変身」を始めましたね!

「それじゃ、いくわよ!みんな!」 「はいッ!」

mado (74)

mado (28)

mado (78)

「ピュエラ・マギ・ホーリー・クインテット!!!」



mado (1)

(映画館で爆笑するのを必死でこらえる私)

…なんと5人の魔法少女は、まるで練習したような華麗すぎる変身シーンを遂げ、
最後はマミさんの音頭と共にビシイッ!!!…と決めポーズを決めましたね!魔法少女の聖なる五重奏!
うん、もう奇しくも同じタイミングで上映中の「劇場版プリキュア」にも負けない変身シーンだと思うんですけど、
わけがわからないよ!わけがわからないよぉ!いや、これぞ普通の魔法少女アニメではあるんですけど、
「まどか☆マギカ」の作中でやられると笑いしか溢れないんですよ!お腹が痛いのぉ!

…ちなみにパンフによると、この一連の変身はマミさんが考案した可能性が高いらしく、
だから最後のビシッ!!!とした決めポーズも、よく見ると練習不足のせいで微妙にズレてるそうですね。
あかんわ…「魔法少女まどか☆マギカ」という作品が生まれて3年…その3年間の間で、
私の頭の中に「マミさん=中二病、ぼっち」という方程式が刻まれてるもんだから、(公式
そのマミさんが嬉々としながら決めポーズを考えたり、年下4人に技の名前を叫ぶ事を強制させたと思うと、
笑いが止まらんのですよ…マミさんマジ絶好調すぎるだろ…マミさんの理想郷すぎる…。

まぁ「ゴメイサマ・リリアン!」と言いながらさやかが5本の剣を投げたり、
「アミコミ・ケッカイ!」と言いながら杏子が鎖で結界を作ったり、(さやか&杏子のコンビプレイ良いよね…)
マミさん&まどかが手を握り合いながら「「ティロ・デュエット!!」」したシーンは
冗談抜きで感動したんですけどね。やっぱり技の名前は叫んでナンボですよ!(ぇー)

いやまぁ、手をパンパン叩いて「ケーキ♪ケーキ♪まぁるいケーキ♪」と歌いながら
ナイトメアを救済したシーンは、ゆっくり生首になった仁美ちゃんも含めて
流石に軽く吹いてしまったんですけどね!映画館が空いてて良かったよホント!周りの人に迷惑をかける所だったわ!


1390996976288.jpg
mado (31)
mado (42)
mado (130)
mado (129)
20131214045348735.jpg
koba7312-img600x600-1387294204oqu7bh21854.jpg
f4df4a67.jpg
koba7312-img600x600-1387496626qwyam269991.jpg
koba7312-img600x600-1387464951tkppaj28335.jpg

そして魔法少女の仕事を終えた「ピュエラ・マギ・ホーリー・クインテット」の5人は、笑い合いながら帰宅します…。
マミさんの家に行って紅茶をご馳走になったり、一緒にお弁当を食べたり、仲良しな5人組…。
なんて幸せで、理想的な「魔法少女」の日常でしょう―――が、ここで 暁美ほむらという女の子だけが、
この世界に―――いや、そもそも自分達の在り方に、「違和感」を覚え始めていましたね。

魔法少女グループの中でも1番の年上で、大人の余裕を持っている皆のお姉さん、巴マミ。
その巴マミの家にいる、チーズが大好きな…ナイトメアの救済に一役買っている謎生物、べべ。
一見するとお調子者に見えるけど、強い正義感と高い精神年齢で頼りになる、美樹さやか。
少々フリーダムな面があるものの、根は良い子でいつも笑っている少女、佐倉杏子。
そして…そして、私の1番の友達である心優しい女の子…鹿目まどかと、そのまどかに飼われている小動物・キュウべえ。

本当に文句のつけようがない理想世界…だけどその「違和感」を抑えきれなくなったほむらは、
ついに行動を起こし…メンバーの中で誰よりも違和感が強い杏子に、今の感情を打ち明けましたね。
当然…いきなり「あなたが1番変」だと言われた杏子はケンカでも売られているのかと驚きますが、
ほむらは冗談でケンカを売るような子じゃない…何よりも、「本気の目」をしている…!

結局、ほむらの提案で―――杏子は以前住んでいたとなり町の「風見野」へ行く事になりましたね。
どうやら去年まで杏子は、その風見野をテリトリーにして魔法少女の仕事をしていたようですけど、
風見野が平和になり…さらにマミさんからヘルプを求められたから、この見滝原にやって来たようです。
だからそれ以来、風見野には帰っていない…今からその風見野に、ほむらと一緒にバスで向かう、と…。

バスに乗って風見野へ向かう2人――でしたが、なんとバスは見滝原へ戻ってきてしまいましたね!
乗るバスを間違えたのか、それとも運転手が間違えたのか…もう一度バスに乗る2人でしたが、
なんと…バスは風見野へ向かう道を完全にスルーしてしまいます!今度こそ明らかにおかしい!
バスのボンネットに乗って激怒する杏子…しかしマネキンのような運転手はダンマリを決め込みます。

もうバスは信用ならない…今度は自分の足を使って風見野へ向かった2人でしたが、
いつまでたっても風見野には到着せず…終いには、見滝原に戻ってきてしまいましたね!
結果、2人は気づいてしまいます…この世界には見滝原より外なんて無いんじゃないか、と――!

戦慄する杏子…しかしほむらは、今までのオドオドとした態度とは打って変わって、冷静に今の状況を分析していましたね。
私達がこの世界に…いや、「罠」にハマっているのには、間違いなく何者かの狙いや悪意が存在する。
しかしその「黒幕」は、私達に危害を加える様子は無いらしい…つまりこちらから下手に動かなければ安全だ、と…。

「ここは私に任せて」――― そう言ってほむらは、この異常事態を自分1人で調べると決めましたが、
そんなほむらに対して…杏子は、「やっぱり私の記憶は食い違っているのかもしれない」と言いましたね。

「妙なんだよ…こんな強気は暁美ほむらは初めて見るはずなのに、
 全然意外って気がしねぇ――むしろ、しっくりくるぐらいだ」




koba7312-img600x600-1387086346bxrkcq37642.jpg

mado (103)

mado (1)

おめでとう!メガほむは ほむほむに進化した!

そしてほむらは、ついに全ての記憶を取り戻しましたね…TV最終話のほむらが帰ってきたよーッ!
そうだ…「ナイトメア」と戦う平和で美しい「魔法少女」なんてありえなかった…そもそも「魔法少女」とは、
希望を求めてインキュベーターに魂を売った存在であり、その代償として彼女達は絶望を溜め込み、
災厄の権化である「魔女」になってしまうんだ…あまりにも皮肉で呪われた運命…。

しかし「一人の少女の犠牲」によって、新しい世界の理…「円環の理」が生まれ、
結果…「魔法少女」は「魔女」に変化せず"救済"されるようになり、代わりに「魔獣」が出現したハズだったんだ、と…。

…うん、TV最終話でマミさんが言っていた「円環の理」が公式用語になってて軽く吹いたんですけど、
ほむらは…自分達の記憶を改竄し、この偽りの見滝原に閉じ込めた「黒幕」を探す為にソロで動き始めましたね。
おお…さっきまでのファンシーな雰囲気が一瞬で消えたなぁ…これだよ…これぞまどマギだよ…名探偵ホムラ!


WJiBsTDs.jpg
mado (42)
mado (22)
WJiBsTD_20140107164023b1f.jpg
gannkata.gif
mado (23)
mado (9)
mado (45)
mado (35)

マミさん強すぎる…絶好調すぎる…。

そして名探偵ほむらは、黒幕を突き止める為に…初球からド真ん中ストレートと言いますか、
マミさんに飼われている謎生物―――お菓子の魔女・シャルロッテにそっくりなべべに対して「拷問」を始めましたね!
まぁ他にも色々とおかしな点はあるんですけど、コイツが1番おかしいですからね…存在が不気味すぎる…。

時間停止を使ってマミさん宅からべべを誘拐し、首を絞めて拷問するほむら…だけど彼女自身の表情も辛そうです。
そりゃそうです…こうしてべべを苦しめるのは、巴マミという少女を苦しめる事と同じなんだから―――。
私は以前からあの人が苦手だった―――「年長者」という立場だから無理して強がって、
それなのに誰よりも繊細な心の持ち主である彼女が…彼女に「真実」を伝えるのが辛かった、と…。
まぁマミさんって、TV本編で「魔法少女の末路が魔女」だと知った時には錯乱してましたからね…ガラスのハートですもん…。
そんな彼女から、心の拠り所であるべべを奪って、拷問して、この理想世界の真実を聞き出すなんて、残酷すぎる…。

そして「白状しなさい」と言いながらべべの首をギリギリ締め上げるほむら―――でしたが、
彼女の足首に見覚えのあるリボンが巻きつけてありましたね!マミさん登場ォ!
なんとマミさんは、家でお茶をしていた時点で…ほむらの足首にリボンを巻きつけていたようですね。(チラッと映ってる)
まぁ今までオドオドしていた眼鏡っ子がいきなりイメチェンして、しかも覚悟完了した目をしてたら警戒するわなぁ…。
というかアレだ、リボンを通してほむらの体に触れている間なら、止まった時の世界へ入門できるんですね。
つまり変態ほむらさんが時間停止→まどかにセクハラというネタは使えないのか…残念だ…。(ぇー)

まぁそれはさておき、マミさんはキリッとポーズを決めながら最愛のべべを奪い返しますが、
「みんな偽物の記憶を植えつけられてるの!」と言い張るほむらには…流石に困惑していましたね。
…うん、誰よりも中二妄想が全開なマミさんから「妄想も大概にしとけよ」的な目で見られるのが
こんなにイラッとするとは思わなかったんですけど、両者は銃を取り出し…「ガン=カタ」を開始しましたね!

おお…かの神アニメ「GUN道」に落ちながらガン=カタするバトルシーンがありましたけど、
それの数億倍…というか比べるのがおかしいぐらいの銃撃戦だなぁ!脳髄が痺れるわ!カッコよすぎるゥ!
弾数無限のコスモガンほむらVS無限マスケット銃のマミさん…停止空間だから弾丸の起動が線になってるも良いよね…。
というかほむらちゃんって時間停止に頼ってるイメージがあったんですけど、銃撃戦バトルもイケるやん!

お互いに銃口を向け合う2人…しかし実力が拮抗している以上、永遠に決着がつかない千日手でしょう。
―――が、何を思ったのか…ほむらは自分の頭に拳銃を向けました!ペルソナァ!
当然、マミさんは驚愕しながら彼女の拳銃自殺を止めようとしますが、それこそほむらの計算通り…。
彼女はマミさんは動揺した隙を突いてリボンを切り、止まった時の世界から追い出す事に成功しましたね。
これぞ「魔法少女の肉体は不死身」というシステムを知っているほむらだけが使える荒業でしょう…。

そしてほむらは、停止しているマミさんの頭に…いや、しばらく動けなくなるよう太ももに弾丸を撃ちますが、
なんとマミさんの体が弾け―――ほむらはリボンで拘束されてしまいましたね!変わり身の術!
どうやらマミさんは、すでに変わり身の人形と入れ替わってほむらと戦っていたようですね…。
うへえ…これには驚いたわ…TV本編のマミさんってどの世界線でも死んでるイメージがあったんですけど、
劇場版では凄まじい強さを発揮してるなぁ…リボンによる拘束、無限マスケット銃、ティロ大火力、そして変わり身とか…。

敗北したほむら…それでも彼女は、「あいつは魔女よ!魔法少女の敵なのよ!」と叫んで
説得しようとしますが、すでにほむらに対する信頼度がガタ落ちしているマミさんは聞いてくれません。
魔法少女の敵が魔女?魔女なんて知らない…私達が戦うべき相手は「魔獣」に決まってるでしょ?と…。

ハッ!―――ここでマミさんも、杏子と同じように…自分の記憶の「違和感」に気づいたようですね!
そうだ…私達は「魔獣」と戦っていたはずなんだ…それなら「ナイトメア」ってなんなの、と…。
この「偽りの世界」に困惑するマミさん…しかしその思考を刀で切り裂くように、乱入者が現れましたね!


mado (37)
mado (133)
mado (4)
mado (25)
mado (80)
mado (5)


さやかちゃんかと思った?残念!美少女でした!

―――なんとマミさんとほむらに間に「消火器」が投げ込まれ、間髪入れずに剣で起爆→煙幕で視界が塞がれます!
そしてその隙を突いてほむらを奪取したのは…なんと仲間の1人である美樹さやかでしたね!
…うん、TVアニメの方でさやかちゃんは、まどかを助ける為にほむらに消火器を噴射するんですけど、(参照)
その消火器で今度はほむらを助けるとかニクい演出をするなぁ…ほむさやキテル…。(ぇー)

まぁそれはさておき、さやかは「絶好調のマミさんに喧嘩を売るなんて~」とほむらに呆れますが、
なんと…彼女はべべが前の世界で魔女だった事や、この閉ざされた偽りの世界についても何か知っているようですね!
しかしマミさんのように「以前の記憶を覚えている」という雰囲気ではありません…全てを知っているような感じです。
もし目の前にいる美樹さやかが、杏子やマミさんと同じく「円環の理」によって改変された世界の存在なら、
「魔女」ではなく「魔獣」を知っているはず…それなのに彼女は「魔女」を知っている…!?

その異様な様子を警戒したほむらは、ほむスピナーを回転させて時間停止空間へ移行しようとします―――が、
さやかスラッシュが一閃!…なんとスピナーの回転を止め、魔法の発動を止めてしまいましたね!
強えー!さやかちゃん強えーよ!私の知ってるさやかちゃんは不死身の肉体を使った
バーサーカースタイルの戦士で、剣術の「け」の字も無かったのに、この世界だとシグルイみたいになってるよ!(参照)

睨み合う2人…すると名探偵ホムラは、この世界にいる「ありえない3つの存在」について話し始めましたね。

①この結界(偽りの見滝原)を作った黒幕の存在。
②巴マミに飼われている「お菓子の魔女」・べべ。
③そして「魔女」の存在を知っている美樹さやか、お前やーッ!!!


いやいやいや!まどかちゃんは!?と見てて盛大にツッコんでしまったんですけど、(まどかは別よ!)
そのほむらの質問に、さやかは不気味な笑みを浮かべましたね…私はアンタが知ってる通りのアタシだよ?転校生?
そして彼女は―――人魚の魔女・オクタヴィアの片鱗を見せながら、ほむらの前から消えてしまいました!
うへぇ…さやかちゃん不気味すぎる…オクタヴィアの影が出た瞬間、見てて呼吸が止まるかと思ったわ…。

とりあえずアレだ、ほむらちゃん「貴女はもっと不器用な子だったはずよ」とさやかちゃんに言ってましたけど、
貴女も人の事あんまり言えない気がするよ…わりと似たもの同士すぎる…。


mado (136)

ちなみに、突然現れたさやかちゃんによってほむほむが誘拐され…ぼっちになっていたマミさんでしたけど、
そんな彼女の前には…べべの真の正体・百江なぎさちゃんが現れていましたね!(CV. 阿澄佳奈)
なんだろう…アスミスとミズハスの組み合わせ…うめセンセの絵柄も相まって、すごくひだまりスケッチを思い出す…。


koba7312-img600x356-1388473233tquflc26137.jpg
mado (25)
mado (149)
mado (147)
mado (33)
mado (139)
mado (140)

まどかちゃん生身でも天使だなぁ…。

敵なのか味方なのか分からないさやかと別れた後、ほむらは…彼女が残した言葉について考えていましたね。
「この世界はこんなに悪い物なの?」と…この理想世界では、誰一人「不幸」になっていない。
誰もが幸せに日々を送っている…それを仕組んだ「黒幕」は、そんなに罪深い存在なのかな?と…。

それでも…それでもほむらは、この仮想世界を作った黒幕を許す気はありませんでしたね。
「魔法少女」は、奇跡を願った対価として戦う運命を強いられる…そんな私達を「あの子」は救ってくれた。
だけどこの「茶番劇」は、あの子の想いを侮辱している…あの子の犠牲を無駄にしている!許せない!

歯噛みするほむら…すると噂をすれば何とやら、色んな意味で物語の鍵を握っている鹿目まどかが現れます。
…魔法少女になって身体能力が上がっているのか、橋の上から船に着地するまどかには驚いたんですけど、
どうやらまどかは…マミさん宅から消えてしまったほむらを心配して、ずっと探していたようです。

花畑で2人きりになるほむら&まどか…するとほむらは、自分の心の中の想いをまどかに吐露しましたね。

まどか…私ね、とても怖い夢を見たの。
あなたが二度と会えないほど遠い所に行っちゃって…、
なのに世界中の誰もがその事を忘れちゃって…、
私だけがまどかの事を覚えてる…。
寂しいのに…悲しいのに…、
その気持ちを誰にも分かってもらえない…!
そのうち、まどかとの思い出は私が
勝手に作り出した絵空事だったんじゃないかって…
自分自身さえ信じきれなくなって…ッ!


…うん、もう思わず映画館で目頭を抑えそうになった私なんですけど、そのほむらの想いを聞いたまどかは、
彼女の体を抱きしめ―――髪の毛を編み編みしながら、「大丈夫だよ」と言いましたね。
私はどこにも行かない…そもそも、ほむらちゃんだって泣いちゃうような辛い事を、
私なんかが耐えられるはずがない…家族や友達と離れるのは辛い
、と―――。

その言葉を聞いた瞬間―――ほむらの心の中で何かが弾け、彼女は再び強く「覚悟完了」しましたね。
そして目の前にいる「鹿目まどか」が、偽物や幻想なんかじゃない…自分の知っている「本物のまどか」だと悟りながら、
彼女を強く抱きしめ…その後、「あなたと話せただけで十分に幸せだった」と笑顔で言い残して、
まるで決別するようにその場から去って行きましたね。おや?なんか雲行きが怪しくなってきたゾ…?


SWScan (8)

mado (43)
mado (66)
mado (112)
mado (20)
cc839d9c.jpg


         1386044857103.jpg

やっぱりお前の仕業かよQB!!!

そして名探偵ほむら☆マギカは、ついに…この「偽りの見滝原」を作った犯人を突き止めましたね!そうか分かったぞ!
まず、この世界の「まどか」は間違いなく本物です…それはこのまどか愛好者・ほむほむが断言します。(すごい説得力)
だけどまどかは、何らかの理由で「円環の理」から離れて、この「偽りの見滝原」で平和な日常を送っている…。
つまり、その「平和な日常」を作れる人物…鹿目まどかを知っている人物こそ犯人だ、と――ッ!

…うん、もうほむほむの推理が進めば進むほど嫌な予感がビンビンしてくるんですけど、
なんとほむほむは…バスを使って「ソウルジェム」を手放す実験を始めましたね!
どんどん体から離れていくソウルジェム…"普通"なら、TV本編のさやかちゃんのように、体が動かなくなるはずです。
―――が、なんと限界距離である100メートルを離れても…ほむらの体が止まる事はありませんでしたね。

その瞬間、ほむらは絶望しながら悟ってしまいます…私が魔女だったんだ、と―――!
まさかの叙述トリック…探偵役だったほむほむが、実は「偽りの見滝原」を作った犯人だったなんて!
どうしてこうなった…ほむホームでシーツを被りながら悶々とする喪服ほむらでしたが、(かわいい)
そんな彼女に「残酷な真実」を伝えるべく…化けの皮が剥がれた陰獣・キュウべぇがテトテトやって来ましたね。

…1番最初の世界では、魔法少女が魔女になる時の「絶望のエネルギー」を蓄えていたQBですけど、
アルティメットまどかによって「円環の理」が生まれ…その世界では「魔獣」のコアからエネルギーを集めていました。
しかしQBは、ほむらから聞かされていた絵空事のような話に興味を持ち、それを確かめる為…なんと、
救済寸前の疲れきったほむらのソウルジェムで様々な実験を開始しましたね!外道ォ!

そして「円環の理」が届かない「空間遮断フィールド」に閉じ込められるほむらのソウルジェム…でしたが、
なんと…ほむらはその空間遮断フィールドの中で、無意識の内に「偽りの見滝原」を作ってしまったようです。
ほむらが作り出した願望の世界…ナイトメアというファンシーな怪物を、努力・友情・勝利で撃破する世界…。
その世界にほむらは、外の世界にいた巴マミ&佐倉杏子、そして「円環の理」からほむらを助けに来た
鹿目まどか、美樹さやか、百江なぎさ(べべ)などを引き込んでしまった、と―――。

これには驚きましたね…マジでQBさん外道すぎるわ…こいつ安定して視聴者のヘイトを集めてるわ…。
そういやアレだ、ほむほむがマミさんとガン=カタしてる時、ドイツ軍の拳銃を使ってて、
「ほむほむこんな武器をどこで入手したねん!」と見ててツッコミを入れてたんですけど、
ほむほむの願望の世界だからこそ…ミリオタである彼女の欲しい武器がポンっと入手できたんでしょうね。(ぇー)

まぁそれはさておき、QBがここまでする「真の目的」とは何なのか―――?
空間遮断フィールドの中に「記憶を失っている円環の理・鹿目まどか」を引き込んで、
魔女化寸前のほむらを救済させて、それを観測して…QBは何をする気なのか―――?




mado (23)

「まどかを…まどかを支配するつもりね!!!」





mado (3)

絵39440

ほむほむは くるみ割りの魔女に 進化した!

Bキャンセル!Bキャンセル!…なんとほむらは、自ら「呪い」を高め…魔女化寸前だった自分を「魔女」に変えましたね!
QBはまどかを支配して、また「魔法少女が魔女になる世界」を作ろうとしている…それだけは絶対に阻止する!
だから私はまどかに救済されず、この「空間遮断フィールド」の中で死んでやる、と―――ッ!

キツい…キツいよ…あれだけ「円環の理」でまどかとの再会を望んでいたほむらちゃんが、自殺を決意するなんて…。
というか魔女のビジュアルがキッツイねん…魔女図鑑によると性質は「自己完結」で、
何度も処刑台まで向かって自分を殺し続ける、とか…魔女ってどれも悲しい外見をしてますけど、これ1番悲しいわ…。
また、魔女化しているにも関わらず、生前のほむほむの外見を色濃く残していて、
しかも背中の2本の手でガリガリと地面をひっかく→まだ死にたくない、戻りたいという願望が現れてて…もうね…。

ちなみに、このくるみ割りの魔女の頭には「彼岸花」が咲いているんですけど、
花言葉は 「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」 「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」 です。


gg_20140201235907d78.jpg

gg2.jpg

gg3.jpg

絵39441

1_20140202001405270.jpg

ティロ列車砲!ティロ列車砲!

自殺しようと暴れる魔女ほむほむ…するとそこに、5人の魔法少女が颯爽と現れましたね!
マミさん、杏子、まどか…さらに人間化したなぎさちゃんや、魔女ほむを自愛に満ちた目で見ているさやかもいる!
どうやら何も知らないマミさん、杏子、まどかは、全てを知っているさやか&なぎさちゃんから事情を聞いたようですね。
この「偽りの見滝原」、あの魔女がほむらという真実、QBの目的、私達の使命などなど…。
…とりあえず杏子から「へぇ、あんた普通に喋れたんだ」と視聴者の気持ちを代弁するような
マジレスをされて(◕‿‿◕)ぐぬぬという感じになるQBに笑ってしまったんですけど、
5人の魔法少女は―――「最高のハッピーエンド」を実現する為に、魔女ほむに立ち向かいましたね!
ほむらを殺すわけじゃない…「インキュベーターの封印」を破壊して、今度こそほむらを救済する、と…!

…もうこの総攻撃シーンはテンションが上がりまくりで劇場の中なのにプルプル震えてたんですけど、
とりあえずアレだな!うん!マミさんの「ティロ・フィナーレ」が聞けて大満足ですよ私は!(ぇー)
もうファンの期待を裏切らないと言いますか、予想の斜め上を行ったと言いますか、
まさかお菓子や紅茶でデコレーションされた列車砲を召喚→超火力砲撃とか…MAP兵器すぎて吹いたわ…。
ガン=カタのシーンも思いましたけど、この銀幕の巨大スクリーンをマミさんが1番活かしてますよね。絶好調すぎる…。

また、シャルロッテの面影をチラッと見せる少し怖いなぎさちゃんが「魔法少女」として戦って、
今までのTV版で登場した使い魔達が助っ人として登場するとかクッソ熱い展開すぎるわ…。

そして何より、「目の前にいるさやかがこの世の存在じゃない」と知って悲しんでいる杏子に対して、
さやかちゃんが「あんたを残していった事が心残りだった」と言って慰めながら、
2人で手を握り合って石破ラブラブ天驚拳とか最高すぎるだろォ!
この映画は杏子×さやかちゃんのカップリングが凄まじい密度で救済されてて素晴らしいですわ…。
杏子の作った特大ランスをオクタヴィアが装備するのも良いですよね…最後の共同作業良い…。

そんで最後は、全てを思い出したまどか&改心したほむらによるダブルアローによって、
QBの封印は消滅しましたね。大量のQBが「「「わけがわからないよ」」」とシンクロ爆死したシーンで吹いた。


mado (110)
mado (75)
4270034.jpg
mado (8)


相変わらず神まどかさんは神々しいなぁ…。

ラストは最高のハッピーエンド…そんでもって結界から脱出した一同は、
魔法少女以外にも結界の中に囚われていた一般人の方々を救出します。つーか中沢君もかよ!(参照)
まぁほむほむがループする度に中沢君は先生から弄られてましたし、何度も見てるオープニングイベントだから
顔を覚えちゃってるんでしょうね。いや、先生の相手として連れて来ちゃったのか?ほむほむ優しいな…。

「いつか私達を導く、円環の理」…そして空から2人の鞄持ち(さやか&なぎさちゃん)を連れて、
ついに…全てを思い出した円環の理・アルティメットまどか神が光臨しましたね!
クッソ…ベタだけど感動するなこれ…やっとほむほむが救済されて、最愛の人と永遠に一緒になるとかね…。
というか鞄持ちコンビが乗ってる象の使い魔って、これ「ワルプルギスの夜」の使い魔ですよね?
やっぱりあっちの世界では、救済された魔法少女&魔女も一緒なんだなぁ…賑やかな所ですぜ。

満面の笑みで空からパタパタ降りてくるまどか神…そんな彼女に対して、ほむらちゃんも笑顔を浮かべます。
そして汚れきった自分のソウルジェムを、ゆっくりと両手でまどか神に手渡しましたね…。


2_201402020020421fb.jpg

「さぁ、行こう。これからはずっと一緒だよ」

「…ええ、そうね…」



 3_20140202002043032.jpg

「この時を…待ってた…」

「やっと……」

「やっと…………」








3a.jpg

                   絵39445










1389538659743.png


      絵39446













4_20140202003234f0d.jpg

        mado (3)

絵39448











SWScan (3)
WJiBsTD1.jpg
mado (94)
mado (143)
mado (144)

うちゅうの ほうそくが みだれる!

…うん、たぶん劇中のキャラクターだけではなく、見ていた視聴者も「えっ」て声を出しそうになったと思うんですけど、
最高のハッピーエンドと思いきや…なんとほむほむは、救済に来たまどか神の手をガッチリホールドしましたね!
そして、まどかに対する私だけの感情…呪いよりも絶望よりも恐ろしい「何か」を増加させ、
「ダメッ…私が裂けちゃうよおおおおおおッ!!!」という妄想を駆り立てるまどか神の声と共に、
ビキビキビキ!ブチィッ!っと「円環の理」と「鹿目まどか」を分離してしまいました!
うん、もう仰向けのほむほむの上でアンアン騎乗位で喘いでいるまどかさんが本当にエロいんですけど、
その場にいた全員が…全視聴者が驚愕する中、そのドス黒く煌めいているカラフルな「何か」は広がり続けます!

そして…「地球」という小さな惑星に留まらず、その「何か」が銀河系を…宇宙を…世界を覆い尽くし、
その結果―――この世界に、また新しい「概念」が誕生しましたね。
そう…そもそも、暁美ほむらという少女のソウルジェムを濁らせていたのは、「呪い」ではなかった。
暁美ほむらという少女は、鹿目まどかの為に魔法少女になり、鹿目まどかの為に奇跡を願い、
何度もループして鹿目まどかを助けようとした…純度100%、全てがまどかの為だった。
だから、今となってはその過程で味わった痛みや悲しみすら愛おしい…これぞ人間の感情の極みだ、と…。

そしてほむらは、驚愕しているQBに対して…「魔女」でも「魔法少女」でもない存在へ進化しながら、
その人間の感情の極み―――希望よりも熱く、絶望よりも深い「何か」の正体を教えてあげましたね。




6_2014020205074330c.jpg

              絵39462














クレイジーサイコデビルレズ・悪魔ほむら爆誕!

…なんとほむらは、神まどかをホールドした時…「円環の理」の一部を奪い去っていたらしく、
そしてその力を使って、この世界を改変…「悪魔ほむら」へ驚愕のメイクアップを遂げましたね。
もうビックリだわ…というかこの映画、ほむらちゃん進化しすぎだろ…眼鏡ほむら→普通ほむら→
喪服ほむら→魔女ほむら→悪魔ほむら
とか…イーブイやキングボンビーも真っ青のフェイント進化ですぜ…。
ちなみに「悪魔」って、虚淵さんと小池一夫さんの対談レポによると、「魔女の一段階上の存在」らしいですね。
そしてこの悪魔ほむほむのコスチューム、ちょっとエロ過ぎるな…豊満ボディじゃないのにこんな服着ちゃって…。


WJiBsTD_20140202005310f6b.jpg

知らなかったのか?悪魔からは逃げられない…

世界の頂点に君臨した悪魔ほむほむ…それを見たQBは、当然テテテーっと逃げ出そうとします。
人間の感情は危険すぎる、こんな代物は利用できない、と…!
…うん、「円環の理」を支配しようとしたQBからして「こいつマジやべぇ」と言わせる「愛」の力に驚愕なんですけど、
ひえー!もう人間の感情はこりごりだよ~!と逃げ出そうとしたQBを、ほむらがゲットしましたね!

…どうやらこの世界は、改変したと言っても…神まどかが作った世界と限り無く同じみたいです。
人間から生まれた「魔獣」という存在がいて、それを「魔法少女」が倒す…そんな世界。
ただ…まどか、さやか、なぎさちゃんなど、「円環の理」のメンバーが無理やり受肉させられている世界…!
だから「魔獣」のコアを処理する役…インキュベーターがどうしても必要らしく、
こうしてQBは、今までの報いを受けたと言いますか…永遠にゴミ処理係 になってしまいましたね。








vcolord11-img600x346-1386691478nnx0co10558.jpg
BbiX922CQAEwQZw.jpg
mado (27)
mado (59)
mado (65)
mado (21)
vcolord11-img600x349-1388720842jsbqg526383.jpg
mado (105)
mado (26)
mado (17)

最後は皆が幸せになった新しい世界で
悪魔ほむほむが1人ルミナスをしながら
ボロ雑巾QBの前で幸せなダンスをして終了。







■まとめ■

1385441309446.jpg

すばらしいはっぴーえんどだったなー!(白目)

…というワケで「劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」…皆さんどうでしたか?
うん、もうね…劇場の巨大スクリーンで不気味なイヌカレー空間が思う存分広がったり、
魔法少女がマジで普通に魔法少女してたり、杏子×さやか要素が多くて嬉しかったり…。
色々ファンの期待に応える素晴らしいシーンがあったんですけど、それを全てほむの字が持ってったよ!
なんだよこのどんでん返しは…まどか神がほむほむを救済しようとするシーンを見て感動してて、
「あ、けっこう尺が余ってるな…これは後日談たんまりやで!」とワクワクしてたら、予想外の方向から狙撃されたわ!
まさかの悪堕ちとか…私ってこの作品の中で1番ほむほむが好きだったんですけど、もっと好きになったよ!(ぇー)
まぁその理由は下で話すとして、ああ、本当にほむほむ美しい…見終わった後、すごい満足感があったわ…。

というかアレだ、この映画が公開される前のPVで…お菓子の魔女・シャルロッテが登場していたり、
ほむほむが拳銃自殺をしていたり、ほむほむがソウルジェムを噛み砕いていたり…。
うわぁ!なんぞこれ!映画どうなるんだ!?…とファンがドキドキするカットが多かったんですけど、
実は大して重要なシーンでもなく、(もぐもぐソウルジェムとか完全にその場のノリでやったよね)
「悪魔ほむら」という核ミサイルを隠す為に視聴者の意識を誘導する…油断させる作戦でしたよね。

つーかこの映画、よく考えたら、最初の方は名探偵ホムラが謎解きして、中盤は魔女ほむらが大暴れして、
最後は悪魔ほむらがさらに大暴れするという、最初から最後までほむら大活躍の映画だったなぁ!
もう虚淵さんは、「鬼哭街」とか「沙耶の唄」の頃からそうですけど、重すぎる愛とか世界を巻き込んだ愛とか、
そんなシナリオが好きすぎるだろ…あ、この展開を考えたのって新房監督の方なのね、そうなのね…。


■暁美ほむら■

今回…宇宙一巡に成功したジョジョ第六部の神父とか、(因果を未来へ持って行く事は出来ないッ!)
無限月読が成功したオビトとか言われてたクレイジーサイコデビルレズ・暁美ほむら。(ホムホムニィィィ…)
うん、もうこの映画を見た人は、神すら上回る…インキュベーターすらドン引きさせる「愛」の力に色んな意味で驚いて、
てめぇほむの字!せっかくハッピーエンドだったのに何してんねん!好き勝手やり過ぎだろ!…と思ったでしょうけど、
私には…この悪魔ほむほむの行動が、あまりにも苦しくて…あまりにも内罰的で、悲しいENDだと思えるんですよね。

だって救済シーンのアルティメットまどか神のセリフを聞けば分かる通り、あのまま救済されていれば、
ほむらは愛するまどかとずっと一緒になれたんですよ…でもその「最高の幸せ」を、ほむらは拒絶した。
それはなぜか―――あの花畑で、「円環の理」の記憶を失っている本物のまどかと対話した時、
「円環の理」と化したまどかは、最高に幸せじゃないと悟ったからです。
普通の中学生だったまどかが、世界のルールと化している…家族や友人という「普通の日常」を手放して…!
それじゃ意味が無い…たとえ全人類が救われていても、まどかが救われていない世界なんて意味が無い!
そう思ったからこそ、ほむらは覚悟完了し…まどかを「家族との平和な日常」の中に戻したんでしょうね。
自分の幸せなんてどうでもいい…神様が神様自身を救えないのなら、私が悪魔になって神様を救う、と―――。

まぁその為に世界全てを巻き込んだのは、「自己中心的」と言われても仕方ないのかもしれませんけど、
TV版の第10話で、ほむらちゃんって…「2人で魔女になって町を壊しちゃおっか?」とか言ってますからね…。
もともと追い詰められると破滅的な考えをしちゃう子なんですよ…心に深い暗黒を抱えてる子なんですよ…。

それに自己中心的と言っても、この世界って本当に幸せな世界ですからね…杏子は学校に通ってますし、
マミさんもいつも通りですし、さやか&なぎさちゃんは受肉して平和な日常に放り込まれてますし、
まどかは家族と一緒ですし…例外があるとすれば、ゴミ処理係のQBと悪魔ほむほむ自身でしょう。

もうこの世界のほむほむって、めっちゃ「ひとりぼっち」で見てて悲しいんですよ…なんか顔も病的ですし…。
髪の毛を三つ編みにしてくる(メガほむに戻そうとする)まどかを拒絶→もう過去には戻らない、前に進み続ける。
改変後の世界で、杏子が落としたリンゴを受け取らない→ほむらを気にかけている杏子を拒絶。
改変後、登校しているマミさんの近くで、わざとティーカップを落とす→自発的な拒絶…。
そして最後は、隣の椅子が存在しない「1人ルミナス」とか…悲しすぎるわ…。
月が半月になっているラストシーンも、片方が存在しない→まどかと一緒になれない、という意味でしょうし…。
OPでほむほむ以外の4人だけが踊っている→ほむらだけが踊っているラストシーンも辛すぎますし…。
「ほむらの世界」を意味する扉をリボンでギチギチに縛って閉めて、色んな国の言葉で「終わり」を連呼するラストも…もう…。
こんな感じで、あまりにも痛々しく…しかも刹那的な香りがプンプンする悪魔ほむらの世界ですけど、
これからどんな事になるのか楽しみで仕方ありませんね。まどかちゃんメッチャ「円環の理」思い出しそうですし…。


■美樹さやか■

「偽りの見滝原」を作り出した犯人を知っていたり、その犯人の事を庇うような言動をしたり、
オクタヴィアの影を見せたり…物語の中盤まで、怪しい匂いをプンプンさせていた美少女・さやかちゃん。
―――が、実は彼女は「円環の理」からやって来たまどか神のかばん持ちであり、
まどか神が記憶を失った場合、その記憶を補助する役割として登場したキャラクターでしたね。
つまりさやかちゃんは、最初から全てを知っていた「味方」だった、と…。

…全てを知っているにも関わらず、ほむほむが転校してきた時に驚いたリアクションをしてあげたり、
ほむほむが作り出したファンシーすぎる世界にちゃんと付き合ってあげたり、
(ケーキの歌に戸惑っているほむほむをリードしてあげるさやかちゃん天使すぎる…)
この世界って罪深い物なの?と言って、自分の世界を否定しているほむほむに質問したり、
魔女化しているほむほむを見ている仲間達に「怖がらないでやってくれ」と言ってあげたり…。
不気味だと思っていた言動も含めて、全てほむほむを想っての行動だったんだなぁ…優しい子すぎるわ…。

というかさやかちゃん、バトル面でもそうなんですけど、ものすごく精神的に成長してますよね!
だって余裕のある大人の女性になってるんだもん…髪飾りの「FF(フォルテシモ)」ってそういう意味か…。
…この事を一緒に見た友人に話したら、バカは死ななきゃ治らないから死んだから治ったとか言われて
思わず吹いたんですけど、ちげーよ!TV版のさやかちゃんは、不運にも最悪な運命を辿っちゃっただけで、
もともと正義感にあふれるヒーロー美少女だったんだよ!このイケメンさやかちゃんが本来の彼女なんだよ!

というかアレだ、本当の自分と向き合って成長した女の子が、腹に剣を刺す自殺スタイルで
スタンド使いのようにオクタヴィアを召喚するとか、これは…ペルソナ使い…。

とまぁそんな感じで、第二の主人公ポジションと言っても過言ではない大活躍をしていたさやかちゃんですけど、
悪魔ほむら爆誕のショックで受肉…現世に戻る事になってしまいましたね。
…生前のさやかちゃんの末路は本当に悲惨だったので、現世に未練がないと言ったら嘘になるでしょう。
家族がいる…上条恭介と仁美のカップルを見守る事ができる…杏子と一緒にいる事ができる…あまりにも幸せすぎる世界。
オクタヴィアの能力も封じられ、頭の中からどんどん「円環の理」の記憶が消えていく…!
――― そんな希望的かつ絶望的な状況でも、さやかちゃんは悪魔ほむらに敵対する意思を見せていましたね。
たった1人だけ記憶を失わず、悪魔に立ち向かう剣使い…これは…勇者ポジション…。


■巴マミ■

ほむほむが作り出した魔女結界に引きずり込まれ、そこで魔法少女をやって、ラストでも普通に生活してて…という感じで、
ストーリーに流されていた…はずなんですけど、誰よりも銀幕の中で生き生きしていたマミさん。
だって絶好調すぎるんだもん…後輩4人に「ピュエラ・マギ・ホーリー・クインテット」を仕込むとか…。
というかほむらちゃん、巴マミは苦手だった~とか言ってますけど、このファンタジー世界を作ったのはほむらちゃんですし、
その世界とマミさんが相性最高って事は…本質的に気が合う所があったのかもしれないなぁ。

まぁそれはさておき、この映画でマミさんは…最強クラスの魔法少女という事が証明されましたね。
大切な4人の後輩と、べべという家族の存在…そのおかげで絶好調と化しているマミさんは、
ほむらの時間停止を完全に上回って完勝…VS魔女ほむら戦でも核フィナーレで大活躍!
さらにさやかちゃんからも「絶好調のマミさんにケンカ売るのは無謀」とまで言われて、
終いには公式パンフレットでも「最強かもしれない」と言われるとか…マミさんマジぱねぇ!

まぁマミさんって、TV本編でも…「みんな死ぬしか無いじゃない!」と発狂した時、
発狂しているにも関わらず、1番厄介な杏子を即射殺→時間停止できるほむらを即拘束→
優しい性格のまどかは自分に攻撃はして来ないと踏んで放置…を一瞬でやった人ですからねぇ。
シャルロッテに負けたのも舞い上がってたからですし…そんなマミさんの絶好調モードとか、勝てる気せーへんわ…。

というかほむらちゃん、TV本編で「ワルプルギスの夜」に勝つ為に何度もループしてましたけど、
メガほむモードでマミさんの自宅に居候→最終戦までイチャイチャしてマミさんを絶好調にしてたら
普通にワルプルギスにも勝ってたと思うよボカァ…それほどマミさん強すぎる…。


■佐倉杏子■

マミさんと同じく、ほむほむワールドに連れて来られて慣れないファンシー世界で暮らしていた赤魔女・杏子ちゃん。
元々この子の戦闘力は強い方なので、他の面々と比べるとバトル面でもパワーアップとかは無かったんですけど、
上でも言っているように…この映画は杏子×さやかのイベントが多すぎて最高でござった…!


■鹿目まどか■

らめぇ!裂けちゃう!…というワケで、最初から最後まで被害者だった、みんな大好きまど神さま。
ほむらちゃんがQBに監禁されてる!ヤバい!助けなきゃ!→ほむワールドで記憶を失う。
記憶を取り戻した!ほむらちゃん忘れててごめん!これからずっと一緒だよ!→らめぇえええええ!とか…。
…たぶんまどかさんって、TV本編最終話でさやかちゃんを「円環の理」に導いた時もそうでしたけど、
相当シチュエーションを考えて最高のエンディングを見せてあげてると思うんですよね。
だから今回も、最愛の友人であるほむらの為にめっちゃ頑張って円環シチュエーションを用意してたのに、この有り様だよ!
もう本当に災難すぎる…でもまどかさん、「円環の理」の記憶をめっちゃ思い出しそうなので、
ほむほむが24時間体勢で抱きつく→記憶が戻るのを阻止しない限り、このほむワールドは長続きしないでしょうね。


■百江なぎさ■

ミスリード要員かつファンサービス要員として登場した、お菓子の魔女・シャルロッテ…もとい百江なぎさちゃん。
貴重なロリっ子&マミさんのカップリング相手という事もあって、非常に好ましいキャラなんですけど、
悪魔ほむら爆誕後の世界では…速攻で記憶を失う→この幸せな世界を満喫していましたね。
必死で記憶を保っているさやかちゃんと違って、この幸せ世界の住民となるなぎさちゃん…。

でも以前から考察されていた話なんですけど、なぎさちゃんって小児がん患者の可能性が高いらしいんですよね。
TV本編の第3話でシャルロッテが作った魔女結界が、がん治療センターと酷似していたり、
小児がん患者は発酵食品(チーズ)や甘いもの(お菓子)が食べられなかったり…。
…もしそうなら、現世で受肉したなぎさちゃんが舞い上がっちゃうのも仕方ない話なのですよ。
小学校にも満足に通えなかったでしょうし…ランドセルを背負って踊るように登校するなぎさちゃんが眩しいわ…。


■キュウべぇ■
mado (44)

なんか今のエネルギー精製方法って非効率じゃね?→魔法少女が消える仕組みってなんやろか…→
よし!魔女化寸前のほむらで実験してみるか!…という感じで今回の騒動をおっ始めた諸悪の根源・QBさん。
結果、けっこう良い所まで行ったんですけど…魔法少女達の活躍で「インキュベーターの封印」が解かれ、
作戦は失敗…と思いきや、そこからさらに悪魔ほむらが爆誕し、QBはゴミ処理係を命じられていましたね。
うわぁ…私ってQB大嫌いなんですけど、ちょっとこの末路は可哀想になったぞ…逃げたくても逃げれないし…。

まぁでも、パンフによると…ほむほむのソウルジェムってQBの度重なる実験でボロボロなんですよね。
魔女ほむが生み出したタツノオトシゴっぽい使い魔の頭の部分に、「脳切開の縫い目」があったのも…、
つまりは、QBがそれだけ魔女化寸前のほむらに非人道的な実験をしてきたって証拠なんでしょう。
なのでそんなQBが、こんな末路を辿るのも…自業自得っちゃ自業自得なんですけどね。

というかQBさん、「ボクは人間の感情なんて持ってない」とか言い張ってますけど、
ラストシーンのボロ雑巾っぷりを見るに、間違いなく感情あるよね…目がドロドロに濁ってますし…。
やべぇ…もし続編があったとしたら、ブチ切れるQBさんとか見れそうだ…ワクワクが止まらんわ…。

mado (97)


続編を早くしろー!間に合わなくなっても知らんぞー!(私の我慢が)

« 雑談コーナー 2014年2月4日  |  新約禁書10巻楽しみすぎる… その他ネタ画像まとめ »

コメント

待ちに待ったまどマギの感想、じっくり拝見します(゚∀゚ゞ)

クロスケ |URL | 2014/02/03 23:37 * edit *

キテルー

SGR |URL | 2014/02/03 23:44 * edit *

感想お疲れさまです
妄想を駆り立てる叫びが「避けちゃう」になっとりゃーす

学園都市の名無しさん |URL | 2014/02/03 23:50 * edit *

感想お疲れ様です
「これがッ!これがッ!これが『悪魔ほむら』だッ!!」でバカうけしたwwwwwwwwwwwwwwwwwww

(●)(●) |URL | 2014/02/03 23:58 * edit *

感想乙ですー
いやーテビほむ誕生の流れはマジで唖然としてしまいましたよw
え、そこでそうしちゃう!?みたいな
ただ、ほむほむの願いって一貫してまどかの幸せだから納得しちゃうんだよなぁw

もし続編やるとしたら神vs悪魔の夫婦喧嘩ですかねw

学園都市の名無しさん |URL | 2014/02/04 00:19 * edit *

そういえばですけど、
なぎさに関しては今回の劇場版に合して新設定が出て何でも
『病気の母親が食べたがったチーズケーキを手に入れるために魔法少女なった少女』って設定らしいですよ。
後になってから母親の病気を治すことを願えば良かったと気づいて後悔すると言う・・・

クロスケ |URL | 2014/02/04 00:22 * edit *

オディヌスさんがヤンデレ神なら、ほむらはヤンデレ悪魔ですね。
まどかを救うために無数にループを切り返してきたほむらの絶望と孤独は相当なものですし、その反動でヤンデレになるのも無理もないかと思ってます。
なにせループの度にまどかと築いてきた絆はリセットされるし、場合によってはみんなから疑われ非難され、殺されかけたこともある……
考えてみたら、ほむらは新約9の上条さんに近いレベルの地獄を味わってますね。

オディヌスさんは無限の放浪の果てに得た最高の理解者のために世界を修復し、ほむらは愛するまどかのために世界を作り変えた……
まあ、肝心のまどかの意思を無視してるのが残念なところですが、まどかの方もテレビ版最終回でほむらの気持ちを無視して神になってしまったし、そう考えるとお互い様かも……
個人的には、あのほむらの決断は嫌いじゃないです。 
むしろ以前よりほむらが好きになったかもw

ちなみにキュウベエに関しては、いい気味!としか思いませんでしたw

河原 |URL | 2014/02/04 00:38 * edit *

おつかれさまー!
じっくり読ませてもらいまーっす!

休んで!デビさん!

学園都市の名無しさん |URL | 2014/02/04 00:41 * edit *

なるほど、虚淵ファンが今回の劇場版まどマギでブチ切れるわけだ。最後が最後だからなぁ………

学園都市の名無しさん |URL | 2014/02/04 00:42 * edit *

お疲れ様ー。
画像多っ!気合入ってる!
ラストの流れは鳥肌が立ちますね…。最高の闇オチだよ!

学園都市の名無しさん |URL | 2014/02/04 00:43 * edit *

感想乙です。

QBさんは「ボクは人間の感情なんて持ってない」と言っているので
個人的な無いけれど総体ちゃんのような総合的な
意思があるのでほぼすべてのインキュベーターがほむらをに憎んでるので感情が出てきたのだと
勝手に思っています。

学園都市の名無しさん |URL | 2014/02/04 00:52 * edit *

上条という単語が出てきた瞬間、
俺の脳内自動とあるキャラ変換フィルターが働いたせいで脳内でツンツン頭しか出て来なくてさあ困った。

tatsusaubar |URL | 2014/02/04 01:02 * edit *

お疲れ様です!

いやー、賛否両論ありましたけど自分的にはこの展開は最高でした。
ヤンデレ属性強化とか俺得すぎる…
あと杏さやが推されてたのもよかったですね!

…理解するまで四回見に行ってしまった

卒業生 |URL | 2014/02/04 01:18 * edit *

感想・考察お疲れ様です。

以下、ラストシーンでの私の状態

「まどかとほむらの感動の再会」で泣く準備

悪魔ほむら

出そうになった涙が止まる

「おのれウロブチ」

4469SHO |URL | 2014/02/04 01:29 * edit *

さやかの魔女化シーンは鳥肌がたちましたね

nnk |URL | 2014/02/04 02:15 * edit *

感想お疲れ様です!
読みながら劇場での興奮を思い出しました

序盤では理想の世界がいつ壊れるのかと身構え、終盤ではただただおったまげておりました
見終わった直後は続編に期待していたんですけど、パンフレットを読み終わった今はむしろここで止めておいてほしいと思っています(そのほうが妄想がはかどるので…)

私はQBそんなに嫌いでもないんですよね
合理性の具現ってこんなものなのかな、と納得していたり…

BS |URL | 2014/02/04 02:59 * edit *

http://blog.livedoor.jp/buhihisokuhou/archives/34300606.html
考察ならここも結構面白かったですよ。

学園都市の名無しさん |URL | 2014/02/04 04:19 * edit *

感想お疲れ様です>_<
今回のほむほむの行動についてはファンとしてはとてもショックでした

学園都市の名無しさん |URL | 2014/02/04 05:33 * edit *

数日間更新がなかったのはこれの為だったのかお疲れ様でした。
自分は知人と見に行って先に一度見た事あった知人から散々ネタバレされながら見たので悪魔ほむの衝撃があんまり無かったんですよ畜生!
自分は人魚の外見なのもあってオクタヴィアがダークブルームーンに見えてましたが
確かにペルソナや!
実験だのゴミ処理だのでQBが木原一族に見え始めた…

学園都市の名無しさん |URL | 2014/02/04 06:30 * edit *

感想お疲れさまですー!

ほむほむは劇中で「誰にも解るはずも無い この想いは私だけのもの」って言ってましたけど、TVシリーズを通してほむほむの行動を見て来た視聴者からすればほむほむのまどかへの強い想いは痛い程によく解るんですよね‥‥。

思い返せばそもそもほむほむが魔法少女になった時の願いも、「まどかを守れる自分になりたい」っていうものでしたし‥‥。魔女すらも超越し「悪魔」になったほむほむですけど根本的な部分は魔法少女時代の時から何も変わっていないかもしれませんね。

この映画を通してほむほむがまた一つ魅力的なキャラクターになってくれて嬉しいです。

学園都市の名無しさん |URL | 2014/02/04 11:19 * edit *

お疲れさまです
ほむほむはいつか魔女化するだろうなとおもってたから予想道理だったんですが
デビルほむらが予想外すぎて映画見終わったあともgkbr状態でした
観客がもう終わりだと思わせてホッとしたところを落とす。すばらしいですね

続きをやってもやらなくてもどちらでもいいというすばらしい終わり方だったと思いまけど、個人的にはこのなんともいえないこのモヤモヤ感を解消するために続きをやってもらいたいところです

なちゅき |URL | 2014/02/04 13:05 * edit *

やっぱりさやかがナンバーワン!やっぱりさやかがナンバーワン!
misteriosoからの流れが鳥肌すぎる
最後のきゅうべえより俺の毛のほうが逆立ってたよ

ひよひよ |URL | 2014/02/04 16:19 * edit *

虚淵ィィィィィィィィィイイイイイイイアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!


ということで、なんだかデビさんがまどマギの感想書くの違和感くるなぁ~・・・いつも禁書とか超電磁砲だったしな

学園都市の名無しさん |URL | 2014/02/04 17:23 * edit *

そこまでやって悪魔になったのに、Aカップ以下なのか・・・

学園都市の名無しさん |URL | 2014/02/04 18:17 * edit *

やはねはや

今の上条さんを、この修羅場の中に放り込んだらどうなるんだろ?
めっちゃくちゃ気になるw

ハユ |URL | 2014/02/04 18:25 * edit *

友人Ato映画見終わった後に今から映画館に入る友人Bと擦れ違い
「……Goodlack」
と言った俺は間違ってなかったな

MTL |URL | 2014/02/04 18:36 * edit *

お疲れさまです。
時間を気にしつつも大団円になり大本命マミ杏がくるといやっふううううううしてたらデビほむ様爆誕(デビさん=ほむら説も爆誕)
言いたいことが多すぎて何も言えない作品でしたがとりあえず感想を一言


兄さんっ!僕ですっジョシュアです!待ってくださいっ!にいさぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁんっっっっっっっ!!!!!!!

姫神信者No3 |URL | 2014/02/04 18:38 * edit *

うおお見逃したよおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!
DVDになったら絶対買おう・・・
デビさんいろいろとお疲れ様っしたー!

学園都市の名無しさん |URL | 2014/02/04 18:52 * edit *

>『病気の母親が食べたがったチーズケーキを手に入れるために魔法少女なった少女』って設定らしいですよ。

TV版のプロダクションノートって本に書いてあった初期設定ですけど
あの本以降にその設定って語られてましたっけ?
個人的にはその設定のほうがいいなと思ってますが

学園都市の名無しさん |URL | 2014/02/04 18:57 * edit *

ほむほむは、鬼哭街や沙耶の唄を書いたブッチーからすると正統派ヒロインだよね。周囲全てを巻き込むとしても愛に生きるって、善し悪しは別として羨ましいというか憧れる。これ程の脚本、映像、音楽等を生み出したクリエイターに感謝の意を表します。

電子の海から名無し様 |URL | 2014/02/04 21:32 * edit *

まどマギ感想、ありがとうございます。
マドーカ・カタルーシア改め、ホムホム・アルグレイです。

とてもスヴァラしい感想でございます。

…ところで、画像の中に変なのがあったのは気のせいですか?

ホムホム・アルグレイ |URL | 2014/02/04 21:45 * edit *

感想いつも楽しみにしています(≧∇≦)b
私もほむらちゃんが大好きなので大活躍してくれて感無量でした。
さて、今回のまど神さまに対する叛逆(対立)ですが、アニメ本編のOPの最後にまどかとほむらが真剣な顔で向き合って(睨み合って?)いることが対立を暗示しているような気がしました。まぁ後付けかもしれませんが。
今後、まどかが力を取り戻し、ほむらとの世界をかけた戦いになったとき、さやか、なぎさの天使二人組はまどかの側につくのはわかりますが、マミさんと杏子たんは、なぎさとさやかとの幸せな生活を手放せずに、ほむらの側につくのではないでしょうか。そうなると、まどか対ほむら、さやか対杏子、マミ対なぎさという悲しい戦いが始まってしまうのかもしれません。

とある体大の頑撤砲 |URL | 2014/02/04 22:02 * edit *

さやかちゃん好きの私としては素晴らしい映画でした。
さやかかわいいよさやか

学園都市の名無しさん |URL | 2014/02/04 22:05 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 | | 2014/02/04 22:31 * edit *

デビさんも言ってるが、今回、ぶっちーは、「ほむらがまどかの元へ」までしか考えてなかったんやで。
ほむらとまどかの対立考えたのは、新房さんなんや…

あと、デビさん、「円環の理」は、TV放映時から公式ですぇ…
魔獣世界だと、むしろ、「円環の理も知らない魔法少女とかwww」の可能性も…

電子の海から名無し様 |URL | 2014/02/05 00:23 * edit *

ほむほむってオティヌスに似てますよね!
これから上条くんと何億回と戦うんですねわかります

サンデー |URL | 2014/02/05 01:39 * edit *

干渉遮断フィールドだったような…

学園都市の名無しさん |URL | 2014/02/05 02:18 * edit *

終物語中は読みましたか?
鬼物語の続きみたいなかんじです

うががが |URL | 2014/02/05 02:25 * edit *

デビさん感想お疲れ様です~♪(*´ω`*)
TVアニメの最終回に納得出来なかった私からすると満足な仕上がりになっていましたよ!
個人的に誰かを犠牲にする事でしか獲得出来ないハッピーエンドは好みじゃ無いので、今回ほむらが上条さんばりの「まどかのやり方じゃまどかが救われない」を見せてくれたので俺得でしたw。
しかしTVアニメのエンディングを気に入っていたファンの方からすれば全部台無しだー!

■暁美ほむら■
どっからどう見てもカッコ良いこの映画のヒーロー!私も彼女の行動を誉め称えます。
しかし…なんで悪魔化するねん(´・ω・`)
悪魔化は必要無いよ!結局今度はほむらが不幸になってるじゃないかー!
愛してる人と敵対してどうするのさ!ちくしょー納得いかねー!さっき俺得と言ったな……アレは嘘だ(ぇー)
まぁ冗談はさておき
パンフレット見た限りでは、この展開は大人の事情がかなり絡んでるみたいですね……恐ろしや~(;^_^A
クレイジーサイコレズとか言われてて胸が痛いんですけど……あとなんだあの…アレはなんだ!?デビさんが途中で挿入したあの画像だ!
ジャンプ力18mってショボ過ぎて困惑したわw!握力900㎏は一瞬スゲェッ!って思いました(一瞬ね)
続編頼むよォ…お願いだよォ…心から笑ってるほむらが見たいんだよォ( ノД`)

■美樹さやか■
神の使い、天使、あるいは戦乙女といった所でしょうか?
TVアニメであれだけ悲惨な事になった彼女がこんなに美味しい役割を担うとは……やっぱ映画サイコーだゼェ!(*´∇`*)
デビさんの仰る通り、勇者っぽいですよねw
しかしラストの、悪魔だということを忘れない!ってセリフはほむら好きの私の心をブレイク(;つД`)
さやかさん…なんとか和解の方向でお願いします…

■巴マミ■
こんなに強かったのかこの人は……((((;゜Д゜)))
ループ繰り返して修羅場を潜って来たほむらより強いとか信じられん…
ワルプルギスと彼女の戦いは見てみたかったですね~♪

■佐倉杏子■
彼女も記憶持っててくれないかな~
さやかと杏子のコンビでほむらを説得だぁー!(願い)
実力ではマミさんに及ばないですけど、個人的に隣に居て心が安らぐのは杏子なんですよね~。
あのサッパリした性格に惚れますわ(*´ω`*)

■鹿目まどか■
ほむらの真意を見抜けてませんでしたね…基本的に当たり前ですけど。
友情では無く……愛!…これは見抜けないw(^_^;)
>ほむほむが24時間体勢で抱き付く→記憶が戻るのを阻止
思わず笑ってしまったw!まどかはきっと身の危険を感じるだろうしどうするんだよォ…
なんとかならないんだろうかこの問題は…(´・ω・`)
>らめぇ!裂けちゃう!
全知全能の神のセリフとは思えんw。

■百江なぎさ■
幸せになれて良かった……良かったのう…(´;ω;`)
個人的に作中で一番可愛いと思ったキャラです!

■キュウべぇ■
ネタとしては大好きですけどコイツの所為でほむらが……ちくしょーイライラするぜぇー!
>ちょっとこの末路は可哀想になったぞ
…全然、ヒャッハー!(*´∀`)♪
何かラストの瞳を見てると人間の負の感情を獲得した様で怖いですよね、…苦しみに憎しみ…ヤツをより極悪に成長させる肥料になりそうです
続編では大魔王キュウべぇが爆誕してしまうかも…

最後に
個人的にはかなり満足度の高い内容でしたね~、暁美ほむらの生き様にシビレましたw
しかしやはり彼女が心から笑顔になれていないのは明白なので是非続編を作って頂きたいですね!
今のままでは切な過ぎる…(´;ω;`)

デビさん感想ありがとうございました~♪(*´ω`*)
この映画を作り上げて下さった全ての方々にも感謝致します!

タク |URL | 2014/02/05 05:54 * edit *

今更かよォォォおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!
まぁでも見れて良かったネ☆

MCC |URL | 2014/02/05 20:18 * edit *

実にいい気味ですが、インキュがこのままでいる保証はないらしいので、再会編後の世界は、かなり危ういバランスで成り立っているってことですね。

もすもす |URL | 2014/02/05 21:25 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 | | 2014/02/05 21:48 * edit *

遅ればせながらコメントさせて頂きます。まず良し悪しは置いといて様々な意味で衝撃作になった事だけは間違いありませんw

最初から違和感を持たせるような空気全開なのはホントこの作品らしいですね。ただ早乙女先生は一体何があったんだ(笑)

>「「「「「ピュエラ・マギ・ホーリー・クインテット!!!」」」」」
このシーンは公式直々からマミさんが考えた的なことを仄めかしたみたいですが別にそんなものなくても初見で9割ぐらいの人は発祥元は恐らくマミさんだろうということを考えてたんじゃないでしょうかw

ほむらVSマミさんはこの作品の見所の一つになってますね。自分はまどマギの劇場版はレンタルで視聴予定なんですが特にここでは映画館で直接見た方が断然、面白いんだろうなぁ。
というか原作だと3話で退場してしまった経緯もあるんでしょうけど、マミさんが想像以上に強かったですね。駆け引きで完全にほむほむを上待っています。

>ほむらちゃんだって泣いちゃうような辛い事を、私なんかが耐えられるはずがない…家族や友達と離れるのは辛い、
ここは確実にターニングポイントでした。終盤からのあの行動はこのセリフあってこその行動だったのではないでしょうか。

ここでも絶好調で外道だったQB(TV版でも少し疑問に思ってたんですけど何故ほむほむ、QBに以前のシステムを話した)コイツはもうファンから憎まれるために存在するようなもんだなーw

最後のバトルは列車砲でのティロ・フィナーレや魔女形態を完全にスタンドと化してるさやか&なぎさやTV本編での組み合わせとしてファンの期待に応える、まどか&ほむら、さやか&杏子の共同作業など各キャラ全ての見せ場でした。ファンの見たかったところを一斉に見せているようなものかもしれません。

うん…あのまま、まど神がほむらを救済して少し後日談というのがハッピーエンドとしての路線だったんでしょうけど、この作品がそんな素直に終わらせる訳がなかったwでも、こんな結末になるなんて誰も予想できるわけがないw(断言)

暁美ほむら
主人公、救われ役、黒幕と様々なポジションを巡りつつも常に物語の中心に位置していたキャラでした。
中でもあの悪魔ほむらはデビさん含む観客に多大な衝撃を与えていたんだろうなーw
終わりがとても複雑なものだということでこの話での続編を望みたいんですけど果たして何年後になるか(最悪これで終わりという可能性も考えています)

美樹さやか
実はほむほむに次いで重要キャラだったと言っても過言ではない存在だったと思います。
改編後の世界でも現時点ではですが明確に覚えているのは彼女だけですから、これから何かしらのアクションを期待してしまいますね。

>…この事を一緒に見た友人に話したら、バカは死ななきゃ治らないから死んだから治ったとか言われて
ご友人、手厳しいですねwまぁそれはともかく個人的な見解ではさやかはとても真っすぐで1度思い込んで行動すれば良く言えばぶれることなく貫き通せる。悪く言えばそこから脱け出すことができないのではないかと考えています。

巴マミ
>誰よりも銀幕の中で生き生きしていたマミさん。
まずはこれに尽きるかな。ピュエラ・マギ・ホーリー・クインテット、ほむほむとのガン=カタにも勝利し列車砲でのティロ・フィナーレとそしてなによりメインの魔法少女5人組の中で余り物となっていた彼女が百江なぎさという念願の相方を見つけられたこと等、誰よりもこの劇場版で得をしたキャラだったと思いますねw

百江なぎさ
「魔法少女まどか☆マギカ」を世に知らしめることになった立役者にして(マミる的な意味で)まず間違いなく魔女限定での人気投票を行ったらダントツで1位になるであろうお菓子の魔女・シャルロッテ
その恩恵もあってかこうやって人間時代のキャラとして出てくるなど今後の活躍にも期待できそうです。

キュウべぇ
今作での元凶兼最終的な被害者という悲惨な末路を辿ることになったQB。最後に映ったのはコイツという話ですがこれはインキュベーターとして何かを指しているのかデビさんの言う通り、続編があったらQBの新しい一面が見られそうですね。

ということでいろんな意味でとんでもない作品だった叛逆の物語(タイトルからして意味はそのまんま正解だったんだよなぁ)
ここまで長ったらしいコメントにしておきながら映画自体は見てないので面白いかどうかは決められないんですけど(一応、主にハノカゲさんの漫画で内容自体は知っていました)これは映像でも早く見たいです。まどマギ自体はまだ終わるコンテンツではないでしょうけどこの話の続編が作られるかどうかを中心に今後も注目したいと思います。

ジャックポット |URL | 2014/02/08 07:48 * edit *

何度見ても最後のキュウベェが意味不明


デビさんの解説見たら分かると思ったけど、わからんかった
デビほむはどうやってきゅうべぇをボロ雑巾にしたの?
アイツ宇宙エネルギーの集大成みたいなヤツなんだろ
円環の理のシステムでもないらしいし

学園都市の名無しさん |URL | 2014/02/08 12:05 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 | | 2014/02/10 04:41 * edit *

デビさんお疲れ様です!!素晴らしいまとめで最高ですw
私も映画を大学の卒業試験を抱えながらも2回拝見したんですけど、言葉に表せれない程美しかった‥‥

ブッチーの脚本もそうですが、覇気のこもった声優の皆様の熱意!、イヌカレーさんの映像美!
そして、梶浦さんとKalafinaさん達の音楽!!

これ程まで心が揺さぶられるアニメーション作品を見ることが出来て、感無量でした‥‥

‥‥ということで、デビさんのまどマギ「愛」も伝わってきて、まさに脱帽です!ありがとうございます!!

長文で失礼(^◇^;) 今後も楽しい記事を楽しみにしてマス!!

七夜の風 |URL | 2014/02/10 23:19 * edit *

ほむら「私の心と行動に一点の曇りはない……!全ては『愛』よ」

N |URL | 2014/02/12 14:14 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 | | 2014/02/14 20:00 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 | | 2014/02/15 14:23 * edit *

デビさん、感想記事更新乙です。

これはこの後の物語が非常に気になりますね。
ほむらはもしこのまま、まどかが一生生きて、寿命で死んだら、この世界をどうするんだろう・・・。

いずれにしても、まどかがいつか全ての記憶を思い出した後、もう一度ほむらと腹を割って話し合ってほしいです。

kento |URL | 2014/02/17 17:12 * edit *

実はこの時いずれまどマギの遥か未来に訪れるガンダムシリーズの世界(AGEはほむらに消滅させられましたww)が一つになってしまいビルドファイターズの世界が誕生し叛逆のラストのあとの数十年後がそのビルドファイターズの世界
ほむらやマミさんたちの行方はその世界では明らかになっていない・・・(なぜならラストシーンの直後に時の流れが急激に早くなったから(ほむらのしわざ))
ちなみにガンダムキャラのそっくりさんはほむらによって存在を改変させられた同一人物
ラルさんは実はランバ・ラルと同一人物で世界が改変させられる前の記憶を持っており同一人物だということを隠すため物語開始数年前からガンプラバトルを極み知り合いを増やし自らをラルさんと名乗っている

だったらいいなーという思考

学園都市の名無しさん |URL | 2014/06/17 15:38 * edit *

詳しい解説乙
制作側はやる気はあるみたいだから次回作は完結編ですね

学園都市の名無しさん |URL | 2014/07/03 13:24 * edit *

マドマギのモチーフはキリスト教

マドマギ第一作はキリストが死ぬまでの話
キリストはほんの一握りの人間に永遠の命を与える為に人の原罪全てを背負って死ぬ
まどかは歴史上全ての魔法少女を救うために一人死ぬ

マドマギ第二作は死んだキリストが復活するまでの話

名無しさん@ニュース2ch |URL | 2014/09/15 20:44 * edit *

ほむらが改変した自分以外が幸せな世界ってとあるの新約9巻の幸せな世界に似てるな・・・

学園都市の名無しさん |URL | 2014/09/22 01:21 * edit *

どうでもいいけどキュウべぇじゃなくて、キュゥべえな。

ななしのよっしん |URL | 2015/01/13 23:35 * edit *

六花の勇者みたいな展開だな

それからの名無しさん |URL | 2015/09/20 16:38 * edit *

まぁ、「円環の理と化した まどか を一人の人間に戻す。」そんな感情がほむらの中で芽生えてたんでしょう。
魔法少女になったキッカケもまどかを幸せにするコトでしたから。
そして、その方法が自分も円環の理と化し宇宙の法則を書き換えるしかなかった。それが、魔女でも魔法少女でもない存在。

そして、概念と同化したまどかを概念と引き裂く。
その行為がその宇宙の円環の理に対しての叛逆者となってしまっても。

そういった意味でのタイトルの叛逆の物語だと思います。

そして、劇中では悪魔として描かれているほむらですが。
望んだのはTV版や劇場版の前2作品の世界で魔法少女が魔女化しない世界。
希望が絶望に相転移しない世界。
ただそれだけだったんじゃないのかなぁ。と読み取れました。

学園都市の名無しさん |URL | 2015/11/24 16:46 * edit *

巴マミをぼっち、中二病と称していますが、巴マミが学校に友達がいることは公式から説明されていますし、必殺技に名前をつける理由もフェアウェル・ストーリーで「命懸けの戦いで自分を奮い立たせる為に小さい頃アニメで観た架空の魔法少女のように必殺技の名前を叫んでいる」というしっかりした理由を杏子に語っています。

また、巴マミがガラスのハートと言いますが、これは完全に間違っていると思います。
杏子よりも長く一人で魔法少女を続けた心の強さを持った巴マミをガラスのハートとしてしまうと、巴マミより長生き出来なかった杏子はもちろん、まどかの為に長く戦い続けたけれど結果的には絶望して魔女になってしまったほむらもガラスのハートということになってしまうからです。
10話の3周目時点で誰よりも魔法少女を長く続けて、誰よりも精神的に摩耗する期間が長かったのが巴マミでした。
その長期間蓄積した精神的消耗を考慮せずに巴マミをガラスのハートと言うなら、まどかの為に長く戦い消耗してQBに捕まり、魔女や悪魔になってしまったほむらも精神的消耗が無視されてガラスのハートと言うことになってしまいます。

あと、10話で巴マミが発狂したと言われる理由は「味方の」杏子を撃ったからとされるからですが、実の所3周目で最初対立していた杏子が仲間になった描写は無く、アニメ9話までのように杏子は対立関係のままさやかにこだわり、さやかの魔女化に立ち会った、という可能性があります。
もし3周目で杏子が巴マミの味方でなかったとしたら、あの時の巴マミの行動は、
「魔女の次に脅威である危険な対立する魔法少女である杏子を射殺」、
「(巴マミの視点では)元に戻せるかもしれなかったさやかを爆殺した"味方殺し"のほむらを拘束して銃を向ける」
という、行動に合理的な理由を見出すことも出来るのではないかと思います。
(フェアウェル・ストーリーやその派生であるthe different storyで過去に巴マミと杏子の関係が酷く拗れて喧嘩別れになっていることも、3周目で巴マミと杏子が同じチームになることが極めて難しいのではないか、と考える理由です)

学園都市の名無しさん |URL | 2016/06/29 07:57 * edit *

冗談で言っている事ですし、デビさんもそれくらいわかってるのでは?

学園都市の名無しさん |URL | 2016/06/29 16:55 * edit *

わかってて冗談でキャラを発狂とかガラスのハート呼ばわりってどうなの…
もしマミさんじゃなくてほむらを死人出すほどさんざ周りに迷惑かけた挙げ句発狂して悪魔になったガラスメンタルってヘイトな同人持ち出して冗談で茶化されたら俺ならキレてるな

学園都市の名無しさん |URL | 2016/07/01 21:01 * edit *

円環の理としての記憶がない時のまどかと対峙して「まどかは決して幸せではない」と悟り、ほむらは円環の理からただの人間としての生活を送ってほしいと思い力をかすめ取り概念を変えた。

まどかは普通の生活が送れるようになった。でも円環の理としての力はまだまどかに宿っていて使命を時折思い出そうとする。

必死にそれを押さえつけるほむら。
秩序を守ろうとするまどかと欲望を優先したほむら。
独りよがりな欲望かもしれないけど、ほむらはまどかの幸せを思って実行したわけだし、やっぱり愛ってすごいねって話

学園都市の名無しさん |URL | 2016/12/08 22:48 * edit *

魔女になってからですらまどかのことだけを思って行動してたんだから全然ガラスのハートじゃねえだろ。むしろもっと粘っこいなにか

学園都市の名無しさん |URL | 2017/01/29 00:40 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/3243-d2d35d12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)