10/09
 東京喰種 第12話 「喰種」 感想

ャルPV


266e12fd_20141006222832d93.jpg
1914daee.jpg
22c1715a.jpg
face90a7.jpg
da4953a0.jpg
65885389.jpg
d576ba26.jpg

ssss_201410070752511a7.jpg

拷問具の金属音とカネキ君の絶叫がマッチして…これは…痛々しい…。

…というワケで、「アオギリ」・「あんていく」・「CCG」の三勢力が戦っていた前回から、少しだけ時間が戻り…。(参照)
最終話のストーリーは、ヤモリからお持ち帰りされて”拷問”されるカネキ君から始まりましたね。

「喰種収容所(コクリア)」で痛めつけられた時の苦痛と絶望…そこから脱走できた時の快感とカタルシスが忘れられず、
自分も「拷問」が大好きになってしまったアオギリ幹部・ヤモリ…仲間からも「イカれ」と呼ばれる狂ったグールです。
そのヤモリの「おもちゃ」として、再生力が高い頑丈なカネキ君が選ばれてしまった、と―――ッ!
おお…原作だと、あくまでカネキ君は「リゼの一部を宿している半グール」としてアオギリに連れて来られて、
大幹部であるタタラからお腹グチュグチュされたり、11区のグールと交流を深めたりするんですけど、
そこから一気にすっ飛ばしてヤモリの拷問が始まったなぁ…まぁストーリーに支障は無いので、仕方ないカットなのかな?

まぁそれはさておき…自分が連れて来られた理由が分からず、朝比奈みくるのようになっているカネキ君を
ヤモリは椅子に着席→拘束させ…その眼球に注射器を刺し込みましたね!いてええええええッ!
…第1話でカネキ君が包丁でセップクして失敗したように、注射器の針なんてグールの肉体には通らない…。
しかし「粘膜」なら、人間と同じく刃物がスルリを通る…「薬物」を注入するのも簡単にできるッ!

なんとヤモリは、眼球から注射器で「RC細胞を抑制する薬」を注入したらしく…その結果、
カネキ君の体の「硬度」が人間並みに戻ってしまいましたね…これで準備完了、と…。
そして柔らかいお肉となったカネキ君に、「ヤモリの拷問教室」が始まってしまいました…いたたたたたたた!

カネキ君に「1000から順番に7を引いていく計算」をさせて”狂わないように”しながら、
ペンチで指をねじ切っていくヤモリ…両手両足、20本の指が消えたら、肉を食わせて再生させる!
そして指が再生したら、またねじ切っていく…バケツが指でいっぱいになっても終わらない、エンドレスの激痛ゥ!

おおう…アニメだとグロ規制で詳しい猫写がボカしてあるんですけど、カネキ君のリアクションが見てて辛いわ…。
普通、「拷問」ってのは「加害者が知りたい情報」を「被害者」が吐いてしまえば終わるものなんですけど、
ヤモリが吐き出させたいのは「カネキ君の苦痛」ですからね…目的のない、”過程が目的”の終わらない拷問…。
もうカネキ君ってば可哀想すぎるよぉ…「あんていく」からお持ち帰りされてマッハで拷問という流れなので、
平穏の日々からいきなり地獄で叩き落とされたような感覚を味わってるわ…人生の落差が激しすぎる…。


c0be7bbb.jpg
8ae5c250.jpg
9b93844f.jpg
40a90408.jpg
5edc70a4.jpg
54e52ddc.jpg
17406d17.jpg
f2baace0.jpg
63dd5436.jpg
7583cbb2.jpg
6ad9ffd7.jpg
fcc10266.jpg
46401f55.jpg

何度もヤモリから指を切り落とされ…「人間の体ってこんなに弱かったんだ」と思い出し、
切り落とされても次々と再生する自分の指を見て、「ボクは化け物なんだ」と自覚するカネキ君…。
しかし絶望の中でもカネキ君は、ヤモリを憎んだりせず…走馬灯のように、「大切な人」を思い出していましたね。

トーカちゃん、ヒナミちゃん、「あんていく」の皆、大親友のヒデ…彼らは無事だろうか…元気だろうか…?
そして、天国のお母さん…ボクは”貴方が望んでくれたような人”に成長できただろうか、と―――。
―――が、そんなカネキ君の眼前で…いつの間にか、リゼさんが笑っていましたね!
カネキ君をグールの世界へ引き込んだ存在であり、今もカネキ君の体の中に、その一部を宿している美女…!
…今までも、カネキ君が人肉を食べなくて飢えたり、カグネを2本以上出して暴走モードに入った時などに
ちょろちょろ出ていたリゼさんですけど、こんなパターンで…こんなリアルに出てくるのは初めてでしょう。
そしてカネキ君は、その幻想のリゼさんにすがるように…自分の「お母さん」のことを話し始めました。

夫を早く亡くして、女手一人で愛息子を育ててきたカネキ君のお母さん…どこかリゼさんに似ています。
どうやら彼女は、どこまでも「優しい人」だったらしく…カネキ君にいつも儚い笑顔を見せていて、
自分も貧乏なのに姉からお金を要求されたら渡してしまうような人だったようですね。
昼間のパート、夜は清掃員、空いた時間で内職…必死でお金を稼いで、息子を愛した優しい母親…。

その結果、そのお母さんはカネキ君が10才の頃に「過労」で他界してしまったんですけど、
お母さんから聞かされた「傷つける人より傷つけられる人に」という言葉が、
カネキ君の心に刻まれたようですね…母さんがこの教えを守って立派な人になったんだから、これは合ってるはずだ。
だからボクも、母さんと同じように、他人を傷つける心ない人になるぐらいなら、傷つけられる人になろう、と―――。

ちなみに両親を失ったカネキ君は、お母さんのお姉さん…叔母の家に引き取られる事になるんですけど、
「死んだ妹への劣等感と悪意」をぶつけられる…家の中に居場所なんてない生活を送る事になってます。
…ちゃんとカネキ君を大学まで通わせてくれているので、ギリギリ「良い伯母さん」なのかもしれませんけど、
自分がお金を要求したせいで過労死した妹の悪口を、その息子にぶつけるって…やっぱ良い伯母さんじゃないわ…。
もうカネキ君の人生が幼少期の頃からハードモードすぎるよ…そりゃ「親友のヒデだけが救い」と思うぜ…。

まぁそれはさておき、こんな子供時代を送った結果…今の”やさしい”カネキ君の人格が形成されたようですね。
今までもこうやって生きてきたんだ…そう、これで合ってるはずなんだ…傷つける人より、傷つけられる人に…。
傷つける人より、傷つけられる人に…傷つける人より、傷つけられる人に―――。


da842cd8.jpg
c52218aa.jpg
24a41fd6.jpg
f31258f8.jpg
60040a11.jpg
c2488bb1.jpg
b7a1323d.jpg
bf912e63.jpg

新規

傷つける人より、傷つけられ 「あっああああ゛ッ!ああぁああ゛ッ!
ぁああぁぁあ…あ゛あ゛ッ!あははははははははッ!
あははははははははははははははははははッ!!!」


…なんとヤモリは、どこからか捕まえてきた20センチほどある日本最大級の個体…トビスムカデを取り出します!
そしてそれをカネキ君の耳の中にシュウーッ!→ガムテープで塞ぐという”遊び”を始めましたね…!
注射器のせいで、カネキ君の肉体の頑丈さは”人と同じ”になっている…ムカデが鼓膜や耳小骨に牙を立てていくッ!
何よりも、ムカデが「ぞぞぞぞぞ」と耳の中を這いまわる音がダイレクトで聞こえてきて…おぞましすぎる…ッ!
…この”遊び”を受けた結果、カネキ君は…自分で大笑いするほどの精神ダメージを受けていましたね…。

もうこのシーンきっつい…グロ規制でダイレクトな猫写は無いんですけど、カネキ君の絶叫→大笑いという狂った流れと、
鎖で繋がれた手をガチャガチャ&足をダンダンするのが…見てて痛々しくて…オエエーッ!
しかも何がひどいって、一見すると被害者であるカネキ君が発狂してるように見えるメンタル攻撃なのに、
「カネキ君が狂わないギリギリのライン」でヤモリが攻めてるのがひどすぎるんですよ…。
これだけ身も心もボロボロなのに、まだ自分を見失わない…いや、見失えない…いっそ狂わせてくれ…殺してくれ、と…!

ちなみに、リアルでも耳の中にムカデが入り込んでしまった事件は存在するんだそうですね。(ぇー)
なんでも…ムカデ自体を取り出しても、流し込まれた毒のせいで脳と耳に障害が残ってしまったそうです。
…まぁグールに虫の毒なんて効かないんでしょうけど、精神が毒されるよね…精神に障害が残るよね…。


c7d32d67.jpg
9fa254fe.jpg
512cd8d8.jpg
f24126e4.jpg
ec2b8e50.jpg
7a35da68.jpg
d017fa21.jpg

もうやめて!カネキ君のライフがマイナスに振り切ってるよぉ!

…どうやらヤモリは、カネキ君の「心」を責めるのがたいそうお気に召したらしく…なんと今度は、
カネキ君をこっそり助けようとしていた、万丈さんの仲間×2(恋人同士)を連れてきましたね!
恐らく万丈さんの考えなんてヤモリはお見通しだったんでしょう…拷問で「苦痛の表情」を引き出すのが大好きな男ですし、
「何かを企んでいる表情・雰囲気」なんて簡単に読めるんでしょうね…さすがッスよヤモリの神兄貴ィ!地獄に落ちろ!

まぁそれはさておき…もうこのグールカップルがカネキ君の前にお出しされた時点でイヤな予感がすごいんですけど、
なんとヤモリは…「片方を殺す!どっちを殺すか、えらべぇ!」と言い放ちましたね…。
もうひどすぎるよ…ヤモリさんド外道すぎる…あらゆる方向からカネキ君の心を虐めてるわ…。
銃は私が構えよう、照準も私が定めよう、遊底を引き、安全装置も私が外そう、だが、殺すのはお前の殺意だ。

ヤモリから「早く選べ」と急かされ、男の方から「俺を選んでくれ」とアイコンタクトを向けられるカネキくん…。
しかしカネキ君は「まるでボクが殺すみたいじゃないかぁ!」と泣き叫び、選ぶ事ができず―――、
その結果、女性の方が首の骨を折られて殺され…男性の方も失意と激情を抱いたまま殺されるという、
考えられる”最悪の末路”を辿ってしまいましたね…「お前のせいだ、お前のせいでこうなった」

オエエ…原作の場合、カネキ君が11区のグールと交流を深める→アオギリから共に逃げようとする→
しかし捕まってしまい、「とあるグールの母子と見逃す」という条件でヤモリの「おもちゃ」になる→
ヤモリから拷問を受ける→「ボクが拷問を受ける代わりに母子が助かるならそれでいい」と思うカネキ君→
実は母子は逃されておらず、ヤモリが母子を使って「えらべぇ」 してくる→2人とも殺されるという結末なんですけど、
尺の問題や「子供を殺す」という”大人の事情”で改変されたアニメも、それはそれでキッツイですよね…。
ヤモリから愛する人を殺された男の方が、カネキ君を睨んでるのが…胸糞悪すぎて…吐きそうだ…。

こうして、心がグチャグチャになり…「なんで僕ばっかり」「不幸だ」「誰か助けて」と呟くカネキ君でしたが、
自分が作り出した幻想のリゼさんが…そんなカネキ君の言葉に、とっても優しくネットリと答えてくれましたね。

「不運ねぇ…それを呼び込んでいるのは誰?『運』なんて存在しない」
「単なる『状況』の組み合わせよ。それを作っているのは誰かしら?」



bca3954b_201410090708079e6.jpg
5c47bb84.jpg
452387ce.jpg
d8fd37ec.jpg
168d0919.jpg
9d042359.jpg

「この世のすべての不利益は当人の能力不足」

…うん、やさしくカネキ君の手を引いて「人間をやめる階段」を登らせるリゼ先生
ホント最高の脳内家庭教師すぎてヒドいんですけど、(言ってるセリフはドSなのに、頭なでなでしたり優しいんだよなぁ)
メンタルがズタズタにされ、ぼろぼろ泣いているカネキ君の前で…「人間卒業式」が始まりましたね。

カネキ君は、今は亡きお母さんのような「やさしい人間」を目指している…傷つけるより、傷つけられる人に…。
だけどそれは「やさしい」んじゃない…「弱い」だけだ…「捨てる覚悟(つよさ)」が無いだけだ。
だから貴方のお母さんは、「愛する息子」と「金を欲しがる姉」の片方を捨てれず、過労で死んでしまった。
両方を選んでいるようで、両方見捨てている…さっきの男女を殺した貴方と同じでしょう?
それに貴方だって、本当はお母さんに、あんなクソ叔母より、「自分」を選んで欲しかったはずだ、と―――。

…もう「カネキ君の人生の目標」をまず最初から叩き潰していくリゼ先生のやり方には
ホントまいるんですけど、「母さんに愛して欲しかった」というカネキ君の本音を吐き出せた後…、
さらにリゼ先生は、カネキ君の「弱さ」を突き始めましたね…今の状況を作り出している、カネキ君の「弱さ」を…。

「この世のすべての不利益は当人の能力不足」…貴方が強ければ、さっきの男女も救えたのに。
いや、もっと前…ヒナミちゃんのお母さんだって、救えたかもしれないのに…だけど貴方は弱いから、何もできなかった。
もし今の生き方のままだったら、他の大切な人も死ぬだろう…「あんていく」の皆も、ヒデも―――ッ!
それでも貴方は、「傷つける人より」なんて言うつもりなの?そんな”くだらない生き方”で、また見捨てるの?と…。

――― そんな感じで、生き方の根本を叩き直されたカネキ君から、ヤモリへの「殺意」が生まれます!
いや、ヤモリだけじゃない…「この間違っている世界」そのものに対する、大切な人を守るための殺意…ッ!
そしてカネキ君は、その「殺意」を実行するための「強さ」を手に入れるため…自分の中のリゼさんを喰らい、
まだ残っていた人間性を完全に捨て、自己を確立させましたね。


6e0c4d7b.jpg
a25f1117.jpg
99c7f7f1.jpg
57658267.jpg
d97e772b.jpg
e275e884.jpg

絵1041331




8f3849c1.jpg
c8bd63a4.jpg
736007d6.jpg
a033a141.jpg

1407029652477.jpg

白カネキさんのキチガイスマイル最ッ高だねぇ!

…そして「喰種」として完全羽化したカネキさんは、油断していたヤモリの顔面を食い千切りますッ!
「ボクを食おうとしたんだ、ボク”に”食われても仕方ないよね」…先ほどまでとは明らかに違う、
捕食者を逆に捕食しようとする殺意…見た目はもちろん、中身も覚悟完了しちゃってますぜカネキさぁん!大好き!

まぁ当然、反撃されたヤモリは怒り…「この技」を使ってきたカネキさんの足をがっちり固定するんですけど、
なんとカネキさんは…「今さら痛がると思う?」と言って、自分の足がねじ曲がるのも覚悟の上で
ヤモリをふっ飛ばしましたね!つえー!カネキさんつえーよ!拷問生活のおかげ(?)で痛み耐性がハンパねぇ!

さらに…今まで2本までしか使えなかった(3本まで使っちゃうとリゼさんが暴走する)カグネを「4本」も出して、
本気モードのヤモリと殺し合います…おおお…作画力全開放だ…ぬるぬる動くバトルシーンだ…!
その結果…「ほとんど13区では敵無し」と呼ばれ、CCGサイドからもマークされていた凶悪なグール・ヤモリを
カネキさんは見事仕留め…RC細胞の根源である「赫包」をガブっと”捕食”しましたね。腐った魚の腸みたいな味だ!

…というワケで終わってしまった「東京喰種」最終話…皆さんどうでしたか?不完全燃焼だようッ!
ううう…まぁ明らかにストーリーの尺が足りなかったので、こっちのヤンジャンアニメと同じように
ギュウギュウ詰めの最終話も覚悟してたんですけど、まさか中途半端な所で一旦終了するとは思わなかったなぁ…。
まぁVSヤモリまで入っただけでも奇跡かもしれませんけどね…それでも、「半殺し」まではアニメで見たかった…!

まぁそれはさておき、とりあえずアニメ全体の評価ですけど…正直、かなり良いアニメでございました。
若干の改悪部分はありましたけど、キャラのかけあい、バトルシーン、話の再構成によるオリジナルエピソードなどは
ホントに素晴らしかったですし、(笛口親子あたりのオリジナル改変ストーリーは神がかってたと思う)
ラストは一旦終了という不完全燃焼な結末でしたけど、話の面白さの平均点は非常に高かったと思います。
とくに「真戸さんの死亡回」「月山さんが登場した回ぜんぶ」の面白さがとんでもなくてね…。
もうホント、月山さんはここ数年の作品で1番「原作と完全マッチしたキャラ」だったと思うよ…存在がズルすぎる…。
この人が登場するだけでギャグ空間と化すんだもん…この人の存在だけで+40点ぐらい上げたいわ…。

あーもう、良いアニメだったからこそ中途半端な一旦終了がキツすぎるよう…続きがめっちゃ気になる…これぞ拷問だ…。
あ、ちなみにこのアニメを作ってる会社は「スタジオぴえろ」なんだそうですね。おのれピエロ!
早くアニメ続編を決定してくれーッ!カネキさんハードモードの第2期も楽しみです!
ではまたー。




お母さんが内職で作っていた「白いカーネーション」の花畑だったカネキ君の心象世界が、
覚醒と同時に「真っ赤な彼岸花」に変わる演出も良かったですよね。
ちなみに白いカーネーションの花言葉は「尊敬」「愛の拒絶」で、
彼岸花の花言葉は「独立」「あきらめ」「悲しい思い出」「また会う日を楽しみに」です。

« アニメ ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第23話 第24話 「女教皇(ハイプリエステス) 」感想  |  東京喰種 第10話 「青桐」 第11話 「衝天」 感想 »

コメント

完走お疲れ様です
脱走シーンカットはまあ予想ついてましたが、アニメの展開だとストレスで白髪になったんじゃなくて、リゼさん食ったから白髪になったみたいに見えるなぁ…
アニメ二期に期待 漫画の一部最後まで行くのだろうか

wata |URL | 2014/10/09 22:42 * edit *

色々と省略や説明不足もあったけど、悪くないアニメ化だったと思う
彼岸花の演出は神がかってた

ちなみに作者の新連載が始まるようだから、新章じゃないかと思われ

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/09 22:54 * edit *

制作側ががんばって作ってくれてるのは伝わってきてよかった
けどグールの面白さやカネキくんのカッコよさは作者のセンスとか絵でこそだなぁと個人的には感じた
そして原作の続きはよ

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/09 22:58 * edit *

じゅーぶん楽しめたし盛り上がれましたよねー
個人的にはカネキくん・ニシキ先輩・宮野さん・真戸さんあたりが特にハマリ役だったと思います
半殺しは是非アニメで見たかったところですが生殺しになるとは…
原作も続くみたいだしアニメも2期はよ!はよ!

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/09 23:07 * edit *

……原作一気買いするかぁ

MTL |URL | 2014/10/09 23:08 * edit *

一期は人間としてのカネキ君を描いたって感じがしました。だから白髪化=喰種として目覚めたところで終わったのは自分にとってはいい終わり方って感じました

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/10 00:13 * edit *

何で2クールでやらなかったんだろう・・・・・・
一番意味不明なのが余計なアニオリ挟むのに原作の重要な部分はカットするところ。
何もかも中途半端

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/10 00:44 * edit *

アニメ化大成功すぐる

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/10 00:50 * edit *

1クールのひとつの作品としては少々収まりが悪くても
原作の映像化とか宣伝としての役割は大成功でしたね
自分は原作既読ですが色々動画・フルボイスで見れて満足です

喰種の階段のーぼる~♪
君はまだ~半端者ーさ~♪

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/10 01:46 * edit *

感想待ってました!
いやーこの回を単品で見たら最高の出来だったなあ…
映像作品ならではの音響、視覚効果やリメイクならではのニクい演出に終始ゾクゾクしておりました。
特にピアノのbgmがカネキの心情や叫びをより印象深いものにしていて個人的にすごく気に入ってます。

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/10 01:56 * edit *

最後の画像一方さんやん・・・

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/10 02:16 * edit *

アニメ化して原作が大幅に伸びてるから出版社としては成功なんだろうけど
元々の読者としては色々と残念な出来だった

原作新章とアニメ2期の噂もあるし、次は期待したいなー

mon |URL | 2014/10/10 07:25 * edit *

原作未読だがメンタル削られまくったわ......まさか規制に感謝する時が来るとは(褒め言葉
原作2部が決定したら原作買おうかな

今日から自宅でムカデ見たら速攻で殺そう(決意)

zukopika |URL | 2014/10/10 09:50 * edit *

ヤモリさんある意味師匠キャラなんだなあ。赫子起動時の指癖も金木くん受け継いでるし。

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/10 12:13 * edit *

12話のできが神がかってただけでも満足でよねー。

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/10 15:54 * edit *

最終話がカネキさん関連で占められるとは予想外でした。当初からこういう形で進んでいたのだろうか。

流石に親子連れかつ子供が惨殺される描写はなしになりましたね。
それでもカネキくんの絶望度やヤモリのゲス具合には支障ないわけですが。

カネキ“くん”のとしての花江さんの演技はピッタリだと思い、あとはカネキ“さん”をどう表現するかだったんですけど、こちらも問題なしでしたねー
カネキさんにシフトした瞬間から声のトーンが若干、下がったように感じたのは気のせいだろうか。

カネキさんVSヤモリの戦闘シーンは立体的に動いてて見応えありましたね。「折れてもかまわない。」とかヤモリの再生力が言及されなかった所を含めてもったいないなさもあるんですけどラストを飾るに相応しいバトルでした。

総括としてまず悪い点を言わせてもらうと喰種の体に傷をつけるコーヒーカップやアモンホームランなど「本当に原作読んでいるのかな?」と素人目にも初見で疑問に思えてしまう改悪があったことや尺を詰め込み過ぎて11話辺りから無理して作った感が否めなかったのは無視できませんでした。
あとグロ規制があまりにも露骨過ぎて戦闘描写においては大きく邪魔になりましたね。
臓物や断面図、映すのは無理でしょうけど少し大きい傷が入っただけでも黒く塗りつぶしたり光が入るのは過剰反応だったかなぁ。

それでも真戸さんとの用水路での戦いや上記のカネキさんVSヤモリでの戦闘シーン等では良く動いているように感じましたし独自のオリジナルシーンはアニメ版の良さも発揮されてたと思います。

そして1番の高ポイントは声優さんとキャラの適合率が異常と言えるほど高いレベルにあったことでしたねー
主人公&ヒロインであるカネキさんとトーカちゃんも良く合ってましたし、その他のキャラもほぼ違和感、無いような構成でしたよ。
あと何よりあれだ。月山さんに宮野さんを当てたのは本当に最高だったw
原作だけでも充分すぎるくらい面白かった月山さんに宮野さんの演技を加えるとそれにプラスして笑えるようになるのはホント凄いわw
月山さんは、これからさらに加速度的に笑えるリアクションを取ってくれるんですが宮野さんが担当な限り100%以上の出来で再現してくれると確信していますw

そういうことでアニメ版「東京喰種」もやはり飛ばした所はありますが部分的にはかなり熱中して観れました。
途中で終了するという周りからもクレームがあったラストですけど自分としては無理のある状態で原作のシーンを再現しようとするとまず確実にろくなことにしかならないので(直接、見てないので断言はしないけどブリュ化という新用語ができるところから見て、ブリュンヒルデはその典型だったんだろうなー)傷口が拡がる前に一段落、置いたのはナイス判断だったと支持します(2期に期待がかかるわけですが、そうなると第1話から「半殺し」か。どんだけ濃い初回なんだw)
とにかく立体的なバトルシーンと月山さんの存在だけで満足できましたw2期も楽しみにして待っています。

>2014.10.11 Sat 17:34さん
>テラフォのアニメ見てみ。こっちが許せてくるぞw
流れてたネタ画像の方を見たんですけど古代兵器ブリオンのことですかねw
逆にあの画でGOサイン出す制作サイドの度胸が凄いw

ジャックポット |URL | 2014/10/10 17:02 * edit *

連続感想お疲れ様です。今日、禁書発売のせいかなw

色々言いたいことはあったけどなんだかんだでレベルの高い良いアニメだったと思います。
↑の方も仰っているように声優さんとキャラが見事にマッチしていて観やすかったし。
その分、2期への期待値も半端ないけど・・・
原作のほうも来週から再開するみたいだし、はやく続きが見たい!

aki |URL | 2014/10/10 17:36 * edit *


更新が一気に!!
デビさん元気になったからってあんまり無理すんなよ…?
でも嬉しい。お疲れ様です

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/10 18:43 * edit *

東京喰種:reとアニメ2期が来ましたね

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/10 19:04 * edit *

更新おつかれさまです
戦闘シーン凄い良かったですね これで2期も順調なら次はペニスマンもアニメにしてくれないかなー

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/10 19:44 * edit *

BS11やBS-TBS辺りでやってればもっと伸びただろうに勿体無い…地方民は観れる選択が少な過ぎる

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/10 19:52 * edit *

そう言えば皆言ってるけど、本当に声優さんの演技が素晴らしい作品だったよね

最近の声優は~とか馬鹿にする輩をたまに見掛けるけど、やっぱり上手い人は本当に上手い。
特に花江さんはこの作品で初めて認識したけど、文句の付けようが無い素晴らしい演技だった。

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/10 20:03 * edit *

>おのれピエロ!
おっと、ウタさんの悪口はそこまでだ!(違

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/10 22:09 * edit *

感想楽しみにしてました!
だいぶ時間がたってしまっていたので、正直まとめみたいな感じかと思ってましたがまさかここまで密のある感想を書いていらっしゃったとは…感服いたしました

僕も花のシーンすごくいいなと思います
アニメならではの心情表現とかあっていいアニメだったと思います
ところで、来週から東京喰種:reもはじまり、アニメの2期も2015年の1月に決まったみたいですね!
楽しみです!トレビァァァーーン!

らゔぁ |URL | 2014/10/10 22:24 * edit *

感想お疲れ様です‼︎個人的には神アニメだと言える素晴らしい内容でしたが、ただ残念だったのことは、なぜ2クールじゃなかったのだ‼︎ ということです。
作画も声優さんの演技も期待を遥かに上回るものに尺という問題のせいで、本来であればもっともっと良い作品になれたはずなのにと思うと、あまりにももったいないと思いました。
しかし最終話のカネキ君(白カネキ)とヤモリのバトルシーンは、このアニメで一番力を入れて作ったのではないかと思える程のクオリティの上にBGMをフルヴァージョンのOPにしたこともあり、超絶かっこ好かったです。(確か石田スイ先生はOPを担当して下さる、凛として時雨さんのファンですので石田先生も最終話はテンション上がったんじゃないかと思っています。)
まぁ、いろいろあったけれども自分にとっては神アニメでしたので次回はちゃんと2クールで第ニ期をして欲しいです。
原作第ニ部も第ニ期も楽しみです。
(PS:今度の雑談コーナーで自分の記念すべき初コメである、ついうっかり全く改行せずにダラダラとデビさんとこのトリガーハッピーエンドへの想いを綴り、なぜかPSの部分で好きな男性声優を聞くという極めてアホな質問がのったらいいなぁと先週号のテラフォーマーの如く祈っております。(笑))

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/10 23:25 * edit *

>あとグロ規制があまりにも露骨過ぎて戦闘描写においては大きく邪魔になりましたね。
テラフォのアニメ見てみ。こっちが許せてくるぞw

>アニメの2期も2015年の1月に決まったみたいですね!
春の終わりに合わせてくるとしたらこっちも1クールという嫌な予感が。

批判されてもしょうがない場面も確かにあるけど満足できる要素も確かにあったしブリュンやテラフォのような致命的な欠陥までは持ってないからヤンジャンアニメの中では1番恵まれていたと思うねん。

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/11 17:34 * edit *

アニメ2期 1月決定おめでとうございます

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/11 22:53 * edit *

最近の声優は~なんていうけど昔のやつみてみろよ

「棒読みなんてあふれてるぞ」

そりゃ上手い人の演技しか記憶残らないだろうからなあ
最近は棒読みの演技がうまい人もいるし昔より格段に「全体のレベル上がってる」

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/11 22:55 * edit *

足が痛いなか、連続感想お疲れ様です!
次の2期はスイ先生直々のオリジナル展開らしいでっせ旦那…
もう!喰種旋風は止まらない!やめられない!!

電子の海から名無し様 |URL | 2014/10/12 11:41 * edit *

東京喰種10月16日から連載再開するみたいですよ。

学園都市の名無しさん |URL | 2014/10/12 22:26 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/3191-bd3840af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京喰種トーキョーグール「第12話 喰種」

東京喰種トーキョーグール「第12話 喰種」に関するアニログです。

anilog | 2014/10/10 04:38

▲Page top