07/16
 アニメ とある科学の超電磁砲S 第14話 「約束」 感想

s (92)

今回も遅れました…アニメ「とある科学の超電磁砲S」第14話の感想です。
うん…ここでは何も語るまい…ただただ「上条さんカッコ良い」という言葉しか出ない、
文句無しの神回でしたよ!ネタバレありなのでご注意くださいませ!


s (3)
s (4)
s (5)
s (6)
s (8)
s (9)
s (10)
s (11)
s (12)
s (13)
s (15)
s (14)
s (17)
s (18)
s (19)
s (20)

誘ってる!これ絶対に黒子誘ってるよ!

…とまぁそれはさておき、前回――「『樹形図の設計者』を改竄・破壊して計画を止める」という作戦が失敗に終わり、
生中継でミサカ10031号の殺害シーンを見せられ…「絶望」のドン底まで叩き落された美琴。
…その一方で、そんな美琴をいつも横から支えていた頼れる後輩・白井黒子ちゃんは、
事情を知らないものの…美琴の大ピンチを「愛」で感じ取ったのか、居ても立っても居られなくなっていましたね。
今朝のお姉さまは、どこか悪い方向に吹っ切れたような…ヤケになっているような顔を浮かべていた。
そして「今日で問題は全て終わる」と言っていたのに、こんな時間になってもまだ帰ってこない!
これはお姉さまの大ピンチに違いない…ここはこの黒子が、一刻も早く助太刀に入らないと、と…!

…この時、美琴を助けに向かおうとする黒子が、「最愛の人を慕っている健気な女の子」ではなく、
手にズバッと「腕章」を通して…あくまで「風紀委員」として助けに行こうとするスタンスが
本当に素晴らしいと思うんですけど、テレポートする寸前で…黒子は自分の行動を思い留まりましたね。

大事な人が窮地に陥っている時、それを助けようと努力する…それは確かに仲間として最高の行動でしょう。
だけどお姉さまは…「私はちゃんと皆を見ている(1人で突っ走っていない)」と言った上で、
今回の問題に1人で立ち向かっている…この問題は皆に話せないor巻き込めない物なんだ、と…。
…その決意を踏み潰して、ズカズカと助けに入るのが「本当の信頼」と言えるんでしょうか?
それを思い出した黒子は、腕章をポトリを落とし…また美琴を待ち続ける使命に戻りましたね。

うん…もう何度言ったのか忘れましたけど、本当に黒子は健気で良い子だなぁ…涙が出てくるわ…。
まぁ美琴を想う感情を抑えきれない黒子は、愛するお姉さまのベッドで「至高の香り」に包まれ、
枕をクンカクンカ しながら悦に浸っていましたけどねw へへへ、変態だーッ!!!
でもアレだな…前回が最鬱シリアスだったもんだから、黒子の変態行動で心が癒されるなぁ…ホント天使だよォ…。

とまぁそんな感じでハァハァしていた黒子でしたが…その至福の時間を邪魔する、思わぬ訪問者が現れましたね。
一体こんな時間に誰が来たのか…それはもちろん皆さんご存知、黒猫の「保留」を抱えた上条さんでした!
…どうやら前回、美琴のDNAマップを元にして作られたクローン…「妹達(シスターズ)」と出会った上条さんは、
その詳しい情報を聞く為に…美琴がこのクローンの事を知っているのか確かめる為に、
わざわざバスに乗って常盤台の学生寮までやって来ていたようですね。

そんなツンツン頭をテレビドアホンで確認した黒子は…すっげぇ嫌そうな顔をしながら無視しようとしますが、
「もしかするとお姉さまの問題を知っているかもしれない」と思い直し、
ロックを解除して上条さんを学生寮の中に迎え入れましたね。…ホント黒子は「美琴」に関して凄まじい勘を誇るなぁ。

…とりあえずアレだ、訪問者である上条さんに対してベッドに寝転がりながらお尻を突き出すとか、
ちょっと黒子ちゃん性的すぎやしませんかね!?これ完全に誘ってるよ!ドアを開けて2秒で襲いかかるよ私は!
まぁ黒子って、「能力使用時のストレスを最小限にするのが目的で、肌に擦れないエロ下着をつけている」
「本当はストレスゼロのノーパンでもいいぐらいだ」
と思ってるぐらいですし、
自分の体が男に見られようが何だろうが気にしないんでしょうね…平気で一般人の頭上を移動してますし…。
ちくしょう!空を見上げたら天使のパンツが拝めるかもしれないとか学園都市は最高だな!住みたいよ!

ちなみに原作禁書の黒子は、普通にベッドの上にチョコンと座って上条さんを出迎えるんですよね。
なのでこのベッドで寝転がっているエロ黒子は、アニメ禁書1期が元だったりします。
…賛否両論ありますけど、アニメとあるシリーズの基盤を作った禁書1期って私けっこう好きなんだ…。


s (21)
s (22)
s (23)
s (24)
s (26)
s (27)
s (28)
s (29)
s (30)
s (31)

そして部屋に通された上条さんは、ベッドの上にいる黒子から「(もう片方の)ベッドに座ってくださいな」と促されます。
しかし上条さんもそこまで礼儀知らずじゃない…この場にいない美琴のベッドを使うなんて気が引けるでしょう。
―――が、実は黒子が寝転がっているのが美琴のベッドだと知り、
上条さんは思わず「変態さんかよ!?」とツッコんでいましたね。何か問題でも?
…というか私はむしろ、黒子のベッドを使える事に大歓喜ですよ!上条さん羨ましいわ!
毎晩のように美琴を想ってギシギシアンアンしている黒子のベッドとか…最高の香りだろ…。(狂った目で)

まぁそれはさておき、2人はお互いに美琴について話をしようとしていました―――が、
カツ、カツ、カツ…という謎のプレッシャーを感じる足音が部屋に近づいていましたね!
そう…あの「猟犬部隊」すら一瞬で戦闘不能にする、あの寮監先生が近づいている!
もし黒子が女子寮に男を連れ込んでいるとバレれば、言い訳も聞いてもらえずに首がコキャッと一回転する事でしょう…。

このままじゃヤバい…黒子は上条さんを「空間移動」で外に飛ばそうとしますが、なぜか移動できません!
…まぁ上条さんの右手には「幻想殺し」という異能を打ち消す能力が備わっていますからね…。
それが黒子の能力演算を致命的に邪魔しちゃってるんでしょう。(右手だけ残してテレポートとかならなくてよかった)
そうこうしている間にも寮監先生の足音が近づいてくる――― そこで黒子は最終手段として
上条さんをベッドの下にゲシゲシ蹴りこんで隠しましたね!ありがとうございます!

…ちなみに、なんで黒子はわざわざ自分じゃなくて美琴のベッドに上条さんを蹴りこんだの?という疑問ですけど、
アニレー第1期を見れば分かる通り…黒子のベッドの下には下着コレクションがあるんですよね。
黒子ちゃんも乙女です…流石に自分の下着を男に見られたくはなかったんでしょう。

まぁそれはさておき、ベッドの下に入って息を潜めていた上条さん…でしたが、
ここは満員だぜ…という感じで入っていた先客・ぬいぐるみのキルグマーと目が合いましたね。
そしてそのキルグマーに対して、なぜか爪を立てたり猫パンチを繰り出す黒猫の「保留」…。
…アニメでは説明されてませんけど、実はこのキルグマーって改造ファスナーが大量についているんですよね。
んで、美琴ちゃんはそのファスナーの中に…寮監先生に見つかったら即没収の私物を保管しているワケなのです。
例を上げるなら、乙女の必需品である「香水」など…たぶんその匂いに気づいて「保留」は猫パンチしているんでしょうね。

―――が、その「保留」の猫パンチによって、キルグマーのファスナーがポロッと外れてしまいましたね!
女の子の私物を勝手に見るなんてマズい…上条さんは慌ててファスナーから零れた「紙の束」を戻そうとしますが、
その紙に書いてあった『妹達(シスターズ)』という単語を見て背筋が凍りつきました!
『妹達』――― それは前回、上条さんの前に現れた大量のミサカが名乗った名称です。
この書類を見てしまったら、本当に上条さんは後戻りできなくなる…100%事件に巻き込まれる!

それでも―――この学生寮に来た時点で覚悟を決めている上条さんは、
書類に目を通し…学園都市最強のレベル5・「一方通行(アクセラレータ)」をレベル6へと進化させる為、
2万人のクローンを殺害するという…「絶対能力進化計画(レベル6シフト)」を知ってしまいましたね。

…とりあえずこの時、窓から飛び降りて学生寮から出た上条さんに驚愕する黒子が可愛くて萌えたんですけど、
上条さんってば…新約禁書7巻だと、ビルとビルの間に手足をつけて5階まで昇ったりしてたからなぁ。
そんな上条さんにとっちゃ、学生寮の窓から降りるなんて朝飯前なんでしょう。普通の高校生(失笑)


s (33)
s (32)
s (56)
s (34)
s (36)
s (35)
s (37)
s (38)
s (39)
s (40)

場所は変わって第七学区の「鉄橋」の上……御坂美琴 は静かに川の水面を眺めていましたね。
2万人のクローン少女を殺害するという狂った計画…「絶対能力進化計画(レベル6シフト)」を止める為に、
彼女は死に物狂いで頑張って来ましたが――― その全てが徒労に終わってしまいました。
計画の核である一方通行には完全敗北し、計画に関連する研究所は数倍に膨れ上がり、
この計画を指示した大本…世界最高のスパコン「樹形図の設計者」は何者かに破壊されていた…。

もうあの子達を助ける方法なんて存在しない――ミサカ10031号の殺害中継を見せられ、
絶望のドン底に落ちていた美琴でしたが…その地獄の縁で「死神」に出会ってしまったのか、
「計画を止める最後の方法」を思いついてしまいましたね!
この手段が上手く行けば、もうシスターズが犠牲になる事はなくなる、と…。
しかし計画を止める方法を思いついたのに、美琴の目には一筋の光もありません。
あるのは絶望だけ…「樹形図の設計者」を破壊して大罪人になると覚悟した時よりも、瞳は暗く染まっています。

そして美琴は―――「走馬灯」のように、自分の人生を振り返っていましたね。
…筋ジストロフィーで苦しんでいる人達を助ける為に、善意でDNAマップを提供した幼い頃の自分。
しかしその「善意」は最初から「悪意」によって利用されていて、DNAマップはクローンに姿を変えた。
さらにそのクローンは…自分が知らない内の「モルモット」として"使用"され続け、
1万人以上の命を散らしながら…今もなお、殺される為に生き続けている…どうしてこんなことに…!

「たすけてよ…」―――今まで誰にも頼らなかった美琴が、初めて虚空に向かって助けを求めます。
だけどその言葉に答えてくれる存在なんて、1人もいないと美琴自身が誰よりも知っている…と思いきや、
可愛らしい猫の鳴き声と共に…ツンツン頭の高校生、上条さんが颯爽と現れましたね!

…うん、もう上条さんは毎度のこと最高のタイミングで助けに来るんだから惚れ惚れするんですけど、
彼の顔を見た美琴は…驚いた顔を必死で隠しながら、「いつも通りの自分」を演じようとします。
今から私が実行する「計画を止める方法」にコイツは巻き込めない…だから一刻も早く、追い返す必要がある、と…。

―――が、そんな美琴の思惑を真正面からブチ壊すように、上条さんは計画の書類を美琴に突きつけましたね!
「妹達(シスターズ)」も「計画」も「一方通行」も知ってる…だから本題に入ろうぜ、と…!

自分がキルグマーのぬいぐるみに隠していた書類がバレている…今度こそ美琴は本気で驚きますが、
その驚きの中で…美琴は「自分の罪を糾弾してもらえる」という「救い」を感じていましたね。


s (41)

(そっか…コイツに知られちゃったか…。
 おせっかい焼きのアンタはこんな計画 許せないわよね)




s (42)

「あーあ、アンタ何者よ?昨日私のクローンに会ったばっかりで
 もうそこまで辿り着けるなんて探偵になれるわよ?
 でもそれ持ってるって事は、部屋に勝手に入り込んだのよね。
 あげくぬいぐるみの中まで探すなんて死刑よ?死刑」




っっs (2)

(アンタから見れば私はDNAマップを提供した
 実験の協力者…私を糾弾しにきたって訳か。
 結局、結果だけ見れば同じ事。
 いっそ誰かに責められた方が楽になれる―――)




s (43)

「で、結局…アンタは私が心配だと思ったの?
 私を許せないと思ったの?」


(その役…お願いできるかしら…)












s (44)


          mikoto.jpg

イメージ052

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ッッッッ!!!」






s (45)
s (46)

「ぁ…嘘でも…そう言ってくれる人がいるだけ…
 マシってとこかしら…ね…」


「ウソじゃねぇよ」



s (47)

「な……に……?」



sssss_20130715204905.jpg

イメージ053






                       1359299327329_20130715231925.jpg

上条さんがカッコ良すぎて魂が震えたわ…!

もうね…今まで数話かけて美琴ちゃんを曇らせてたもんだから、この上条さんがイケメンすぎるんですよ…。
罪の意識で押し潰されていた美琴ちゃんの胸に、シンプルな「心配した」という言葉が響いてね…もう…。
上条さんの予想外の言葉を聞いた美琴の表情の変化とかね…本当に上条さんは最高だよォ…!

ちなみに少し話はすっ飛びますけど、学園都市のネット端末には「ランク」が設定されているんですよね。
携帯電話はランクD、一般のネット端末はランクC、テストや成績などを管理する教師の情報端末はランクB、
知られてはいけない研究内容を保管している研究機関の専用端末はランクA、
学園都市を動かしている統括理事会の機密端末はランクS…と分類されています。

そしてこの「ランク」によって、その端末から観覧できる「情報のランク」は決まっており、
例えばランクCの一般端末からでは、B・A・S相当のデータを観覧するのは不可能となっています。
そりゃそうです…学生がテスト期間にCランクの端末から、
教師陣が管理しているBランクのテスト内容を観覧しちゃったらテストになりませんからね。

んで、美琴がキルグマーの中に保管していた「絶対能力進化計画」の書類には、
その「ランク」を表すコードが記載されていたんですけど…不思議な事に、
なぜか端末ランクCから情報ランクAのデータを見ていると分かるんですよね。
こんなコードはありえない…「自転車の鍵」で「銀行の金庫」を開けるようなものです。

そこから上条さんは、美琴はハッキングでこの書類を手に入れたんだ→
もし美琴が「実験」の協力者なら、ハッキングではなく正規ルートでデータを入手するはずだ→
つまり美琴は実験の協力者ではなく、今も実験を止めようとしている
…と推理したんですよね。
なので美琴を信用した上条さんの行動は、「直感」ではなく…ちゃんとした「確信」の上だったりします。



s (49)
s (50)
s (51)
s (52)
s (53)
s (55)
s (54)

そして上条さんの言葉で少しだけ心を開いた美琴は…静かに自分の「決意」を話し始めましたね。
DNAマップから作られた2万人のクローン少女・「妹達」…彼女達は平気で自分の事を「実験動物」と呼ぶ。
ちゃんと普通の人間と同じ体をして、ちゃんと物を食べて言葉を喋って、微量ながら「喜怒哀楽」の感情もあるのに、
自分達の運命を理解した上で…「一方通行に殺される」という狂った人生の目的に向けて生き続けている。
だから美琴は、そんな状況を作ってしまった原因である自分が責任を取る必要がある…と思っているようですね。

そして美琴は上条さんの横を通り、もうすぐ開始される「第10032次実験」の場所まで向かおうとしますが、
それが「自殺行為」だと書類を読んで分かっている上条さんは、手で進行方向を塞いで彼女を引き止めました!
…「絶対能力進化計画」の書類によれば、美琴が一方通行と戦うと…185手で殺されると書いてあります。
これは「予想」なんかじゃありません…世界最高のスパコンによって弾き出された「完全予測」です!
つまり美琴が一方通行に挑むという行為は、ビルの屋上から一歩踏み出す行為と何ら変わりはない、と…!

―――が、その愚かな行為こそ…美琴が考え出した「最後の策」だったようですね!

「樹形図の設計者」は、一方通行をレベル6に進化させる必要経験値は「レールガン128人分」だと分析しました。
実戦で御坂美琴を128回殺せば一方通行は進化する…つまりそれだけ、美琴は「評価」されているんでしょう。
あの最強のレベル5…「一方通行」と戦って、185手も抵抗できるほど御坂美琴は強い。
劣化クローン156人でやっとオリジナル1人を代用できるほど、御坂美琴の戦闘能力は高い、と…。

だけど…もし私にそれだけの価値がなかったら?
最初の1手で私が負けて、185手で死ぬって予言を覆したら?
それを見た研究者達が、計画の予測演算を見直すとしたら?
…こんな私にもまだ、使い道が残ってるんじゃない?


そう―――なんと美琴が考え出した最後の策とは、「自殺」という…あまりにも悲しい方法でしたね。
劣化クローンより156倍の戦闘能力を持っているはずのオリジナルが、
その劣化クローンよりも早く…何も成果をあげずに、ただ尻を振って無様に速攻で殺される…。
それを見た研究者は、『樹形図の設計者』が弾き出した予測演算に疑いを持つかもしれない―――ッ!

しかしその話を聞いた上条さんは、「再演算されたら無駄死にだろ!」と真っ当な反論をしますが、
美琴が言うには…どうやら「樹形図の設計者」は何者かによって破壊されてしまったらしく、
誤差を修正しようにも…研究者達は、もう代理演算を使う事はできないようですね。
つまり美琴が死を賭して残したバグは、永遠に残り続けて計画の歯車を止める、と…!

…うーん、上条さんも心の中で同じ事を思ってるんですけど、この美琴が考え出した「最後の策」は、
どう考えても失敗する可能性の方が高いよなぁ…悲しいんだけれども…。
研究者達は莫大な費用と時間をこの計画にかけているので、今さらこの微妙なバグで引き返せないでしょうし、
何より…あくまで演算予測の内容は「美琴が"逃げに徹して"185手」なんですよね。
つまり最初の1手目で殺される可能性も十分に考慮されているかもしれない、と…。

それでも―――美琴は一方通行に立ち向かって「自殺」する事をやめる気は無いようです…。


s (57)
s (58)
s (59)
s (60)
s (61)
s (62)
s (63)
s (64)
s (65)
s (66)
s (67)
s (68)
s (69)
s (70)
s (71)
s (72)
s (73)
s (74)

美琴の「覚悟」を聞いた上条さん…それでも彼は、彼女の歩みを真正面から止めます!
…自分の罪を償う為に、「わずかな望みに賭けて一方通行に立ち向かう」というのなら、
部外者である俺がお前を止めるのは間違っているかもしれない。
だけど最初から死ぬ目的で戦うようなヤツを、死地に向かわせるワケには絶対にいかない、と…!

―――が、美琴は「警告」するように、上条さんが持っていた計画書類を「雷撃」で燃やしましたッ!
今まで何度も苦労と絶望を味わって、シスターズを救う「最後の方法」に辿り着いて"しまった"美琴…。
そんな彼女にとって…計画を止める方法も提案せず、ただ「目の前の悲劇」を止めようとする上条さんは、
何も分かっていないクセに綺麗事や理想論を吐く「偽善者」に見えるんでしょう…虫唾が走る、と…。

そしてバチバチと電気を放ちながら「威嚇」する美琴…でしたが、依然として上条さんは、美琴の目の前に立ち塞がります。
もう力尽くで押し通るしかない――― ついに美琴は、上条さんと戦う事を決断しましたね!
初めて知り合った時から、出会う度に何度も上条さんと喧嘩をしていた美琴…その戦歴は全戦全敗です。
未だにどんな能力を持っているのかも分からない…だけど今回ばかりは負ける訳にはいかない!
必ず私は勝ってみせる…だからアンタも本気で戦わないと死ぬわよ、と―――ッ!!!

「俺は……お前とは戦わない」

―――が、上条さんは拳を握らず…なんとその手を開いたまま、降参するように両手を上げましたね!
まるで相反する行動です…上条さんは美琴と戦う気はありませんけど、彼女の前に立ち塞がる!

そして当然、その上条さんの行動を見た美琴は激怒します…戦う気が無いのに立ち塞がるなんて、
そんなハンパな気持ちで人の覚悟を踏みにじってんじゃないわよ、と…!
しかし美琴の絶叫を聞いても上条さんが両手を下ろす事は無く…ついに美琴は、
暴発するように前髪から上条さんの体に向かって「雷撃」を飛ばしてしまいましたね!

そして上条さんの体を撃ち抜く電気の槍―――ッッ!!!

ゴロゴロと転がっていく上条さん…その事実に誰よりも驚いたのは、攻撃を放った美琴の方でしたね。
今まで毎日のように上条さんと(一方的に)喧嘩して、下手すると何百発も雷撃を飛ばしてきた美琴…。
しかしその雷撃は、例外無く―――たった1発のミスも無く、全て上条さんの右手に防がれていました。
なので美琴が上条さんをビリビリするのは一種のキャッチボールのような行為であり、
今回の攻撃も―――上条さんがガードすると「信頼」した上で雷撃を飛ばしたんですよね。

だけど目の前の少年は、何もせずに無抵抗のまま雷撃を食らった…ッ!
ガードはもちろん、回避行動すらしていない…美琴に"人間を撃ち抜いた"嫌な感覚が伝わってきます。
私の攻撃なんて、アイツに"当たるはずがない"のに、それがクリーンヒットするなんてありえない…!

驚愕する美琴…さらに上条さんはその驚きを増加させるように、再び立ち上がって両手を上げましたね!
並のスキルアウトなら一発で失神するレベルの攻撃です…無事なハズがありません!
学校の夏服は所々が黒く焦げ、髪の毛は感電のショックでツンツンになっています…ああ、そりゃ元からか…。

そしてその上条さんの行動に対して…美琴は叫ぶように「なんで止めるのよ!?」と言い放ちましたね。



っっっs (1)
っっっs (2)
っっっs (3)

「なん…で…どうしてよッ!?
 こんな実験 間違ってるって分かってるでしょ!
 それをやめさせようってんじゃない!
 なんで止めるのよッ!?」





っっっs (6)

「ああ…間違ってる。
 こんなモンの為に誰かが傷つくなんて」





っっっs (4)

「だったらッッ!!!!」

「けどお前のやり方じゃ―――」





s (76)

イメージ054




s (77)
s (78)

イメージ055

…うん、もうさっきから上条さんがカッコ良すぎて私の手の震えが止まらないんですけど、
上条さんは…「こんな方法じゃ誰も救われない」と自殺しようとする美琴に言い放ちましたね。
…感情が希薄なので分かりにくいですけど、「妹達」は美琴を慕って、好意を持っています。
美琴は「妹達」に命を与えた存在ですし、何より…彼女達には9982号の記憶が受け継がれている…。
だから美琴が「自殺」して「妹達」を救っても、残された彼女達は1人も喜ばないでしょう…。

―――が、美琴は今にも崩れてしまいそうな弱々しい表情で…まるで上条さんに懇願するように、
「私が死ぬしか方法は無いんだから、もうそれでいいじゃない」と言いました…。

…このシーンは原作コミックの彼女の表情を見てもらえると分かりやすいんですけど、(参照)
美琴は少なからず…自殺して早くこの地獄から解放されたいと思っているんでしょうね…。
美琴はまだ中学2年生です…そんな子が「1万人が死ぬ原因を作った罪」を背負ってしまって、
死に物狂いで頑張っても無駄に終わって、目の前でミサカを何度も殺されて…もう精神は限界なんでしょう。
早く楽になりたい…それで「妹達」が助かる可能性があるのなら、それは素晴らしい事じゃないの、と…。

それでも上条さんは揺らがない―――力強い声で「どかない」と返します!
そして美琴は…ついに鉄橋を歪ませるレベルの最大雷撃を放出してしまいましたね―――ッ!!!





s (79)



s (80)



sss_20130716205908.jpg



asa.jpg




















asasa.jpg



s (83)



s (86)

「…やっぱ馬鹿でしょアンタ、もう決定ね。
 何も関係無いじゃない…目を瞑って、
 何も知らなかった事にすれば、
 今まで通りの日常に戻れるのに…」





s (84)



s (85)

「なんで…なんでこんなボロボロになって、
 心臓も止まってたかもしれないのに…」









s (87)
s (88)

「――なんで、そんな顔で、笑っていられるのよ」




s (90)
s (89)

「…お前の味方でよかったと思ったからさ」





s (91)
s (92)
s (93)

イメージ058

…うん、この『妹編』で…いや、御坂美琴が「ヒロイン」ではなく「主人公」を務めるこの作品の中で、
とても重要な事なんですけど…美琴は今まで1度も号泣した事が無かったんですよね。
まぁ幼少期の過去回想で泣いていたり、ギャグシーンで涙目を浮かべる事はチラホラあったんですけど、
「難事件をビリっと解決する常盤台の電撃姫」という立場上、涙を浮かべる事は本当に無かったんですよ。
目の前でミサカ9982号が殺された時も、ミサカ10031号の殺害中継を見た時も、美琴は泣かなかった…。
(第34話の美琴の表情が雑誌連載時からコミックで修正されたのはたぶんこれが理由だと思われます)

そんな美琴が…「常盤台のエース」「学園都市第三位のレベル5」「電撃姫」「大罪を犯した責任」「主人公」という、
今まで背負っていた物を全て下ろして…「助けを求める普通の女子中学生」として、
ぼろぼろと大粒の涙を零すシーンは本当に感動なんですよ…こんな美琴は初めてだよ…!
今までの鬱すぎる展開もそうなんですけど、本当に第2期は良い意味で第1期のイメージをぶっ壊してるなぁ…。

それと余談ですけど…以前どっかの対談インタビューで、「バッカーノ!」や「デュラララ!!」で有名な成田良悟先生が、
「なんで上条さんは美琴の電撃を耐える事ができたんですか?」って
鎌池先生に質問したんですけど、その返答は「根性」だったりするんですよね。(削板軍覇さん歓喜)
さすが上条さんやで…ちょっとビリビリ食らっただけで舌が痺れてアヘアへ言ってたフレンダとは大違いやで…。


s (94)
s (95)
s (96)
s (98)
s (97)

そして電撃のショックから回復した上条さんは…なんと「俺が一方通行と戦う」と言い始めましたね!
2万人の「妹達」を殺して、その経験値で最強のレベル5・一方通行を進化させる「絶対能力進化計画」…。
もちろんそれは、一方通行がレベル6の可能性を持っている「最強」という前提で計画されています。
それならば――― その一方通行が、「最弱」のレベル0に負けたらどうなるのか…!?

…レベル0~5という6段階のランクで分けられている学園都市230万人の超能力者ですけど、
レベル0と言っても…ホコリを浮かしたり、微妙な風を起こしたりはできるんですよね。
ただその能力が弱すぎるせいで、「ゼロ」「無能力」という何も無いようなレッテルを貼られているんです。

だけど上条さんは違う―――本当に何も無い、小数点まで0.00000の「無能力者」です!
能力を計測する「身体検査(システムスキャン)」が1ミリも反応しない、正真正銘の「ゼロ」…「最弱」の能力者!
…まぁ学園都市の上層部や、一部の暗部は上条さんの希少性を理解しているみたいですけど、
公的記録で上条さんは間違いなく「レベル0」です…それに「レベル5」の一方通行が負けるような事に起きたら、
「超電磁砲が1手目で負ける」なんてバグとは比べ物にならない…致命的な問題が生じるでしょう!
そりゃそうです…「飛行機をもっと早く飛ばそう」と改造している最中に、
実はその飛行機が空を飛べませんでした…なんて分かったら、根本から全てが引っくり返りますよね。

ボロボロの体で立ち上がり、実験場に向かおうとする上条さん…それを必死で美琴は止めようとします!
電撃を食らったショックで上条さんはすでにダメージを受けていますし、何より…相手はあの「最強」の一方通行です!
世界中の軍隊を敵に回しても、核ミサイルを受けても無傷で生還する怪物…そんな相手に勝てる訳が無いッ!
アンタが戦う必要は無い…私が責任を持って、全てを終わらせる必要がある、と…!

だけど心の中で美琴は―――自分が少し前に決意した言葉を思い出していましたね。
今回の問題を、"たった一人"で解決すると決めた時に心に刻んだ言葉―――!

なんでも解決してくれるママはここにはいない。
困った時だけ神頼みしても、奇蹟が起きる訳じゃない。

泣き叫んでいたらそれを聞いて
駆けつけてくれる「ヒーロー」なんて―――!



s (102)

「何も失う事なく、みんなで笑って帰るってのは"俺"の夢だ。
 だからそれが叶うように協力してくれよ」





s (105)

「待っててくれ―――
 必ず御坂妹は連れて帰ってくる」


 



s (106)

イメージ056










1341325112145_20130716195731.jpg

上条さんカッコ良すぎるうううううううああああああ
ああああああああああああああああッッッッッ!!!!!!


…というワケで思わず興奮で叫んでしまった「とある科学の超電磁砲S」第14話…皆さんどうでしたか?
第2話から、10話以上もかけてずっと地獄を味わって「自殺」を決意するまで追い詰められていた美琴ちゃん…。
そんな彼女の前に上条さんという白馬に乗った王子様 が颯爽と現れて、
私も感想の中で何度も大文字を使ってしまうようなカッコ良いセリフを放つとか…!
そりゃ美琴ちゃんの胸もキュンキュンするわ!こんなん惚れるに決まってんだろォ!
もうね…今まで禁書1期、超電磁砲1期、禁書2期と「とある」のアニメが作られてきましたけど、
今回の話は歴代トップクラスの神回だったと思いますね…涙が止まらねぇよ…。

とまぁそんな感じで、地獄の縁に立っていた美琴は救われた…だけどまだ上条さんの仕事は残っています!
そう…今まで何度もミサカを惨殺して、視聴者のフラストレーションを貯め続けた
最強のレベル5…「一方通行(アクセラレータ)」をブン殴る仕事でしょう!
アニメ禁書1期のVS一通さん戦は、顔芸的な意味でもアクション的な意味でも中々の面白さだったので、
それをどう超えてくるのか楽しみですよ…また一通さんの変顔キャプ画像が増えるのか…。

うーん、やっぱり原作通り…「上条さん視点」ではなく、カウンターを食らった事を理解できなくて砂利に転がるなど、
原作禁書とは違う「一通さん視点」のバトルを繰り広げて欲しいんですけど、
できればそこで…「他者から見た上条当麻の怪物性」を描写してほしい所ですよね。
「異能」を使った攻撃は100%の精度で「幻想殺し」によって無効化され、
それ以外の攻撃も「予知」に近いレベルで先読みされ、
やっと攻撃がヒットしても…その攻撃は「学習」されて速攻で対応されてしまい、
致命傷を与えても発動率100%の「気合のハチマキ」でギリギリHP1の状態で持ち堪えられ、
隙あらば一瞬で距離を詰めて、意識を刈り取る一撃を顔面に叩きこんでくる!なんだこの化け物!

…もう完全に上条さんが作品を乗っ取ってる次回予告の時点でテンションMAXなんですけど、
この『妹編』というストーリーで最大の見せ場となる神回確実な次回が楽しみ過ぎます!
ではまたー!


とある科学の超電磁砲S 第1巻 (初回生産限定版)(特典ディスク付き) [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (UPGDP) (2013-07-24)
売り上げランキング: 64

もう次回が楽しみすぎて待ち切れないぞ三下ァァァァ!!!

« 漫画版『とある魔術の禁書目録』 ♯71 「速記原典(ショートハンド)②」感想  |  アニメ 翠星のガルガンティア 第13話 「翠の星の伝説」 感想 »

コメント

早く次週見たいぜよ

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 21:07 * edit *

こんなんされたらビリビリさん惚れますわな

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 21:09 * edit *

うおおおおおおおおっっ!!激しく乙!

上条さんかっけええええ!!!

次も期待してます!!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 21:14 * edit *

感想きたああああああああ
いやねぇ本当にこの回はまさしく神回だった。
観ていた自分ですら上条さんに惚れてしまった。やっぱ妹達編の上条さんはいちばんカッコイイな。
あと泣いている美琴がかわいかったり。
興奮しすぎて長々と感想言ってしまった・・・

(●)(●) |URL | 2013/07/16 21:20 * edit *

お疲れさまです!


相変わらずデビさんの例えは分かり
やすいなぁ

いぇす |URL | 2013/07/16 21:21 * edit *

いやあ今回は泣きましたね。
しかし、次回もその次も楽しみで仕方がありません。
次は一方通行を救ってあげてください!!

いくつか 視点 誤字脱字はありますね

あと最後のほうにこだわりはちまきとありますが・・・こだわりはちまきは攻撃1.5倍にして同じ攻撃しか出ないというものであって その効果のアイテムは きあいのはちまきです 参考→http://goo.gl/TIfho

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 21:24 * edit *

そげぶを聞いただけでもうwktkが止まらんのですよ・・・!
これはまさしく・・・恋・・・そうだ、俺はきっとかみやんにホの字(死語)なんだ

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 21:25 * edit *

原作3巻に禁書目録コミック、超電磁砲コミック、禁書アニメ1期
全ての「この話」の中で一番良いものにしようという気概が伝わってくる回でしたね

デビさん全部比較してんだろうけど大変だコレ

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 21:26 * edit *

遂に来週は,上条さんの鉄拳制裁タイムだーーーーーーーーーーー

ぐんやま |URL | 2013/07/16 21:29 * edit *

大松「美琴フィルターだろ」

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 21:32 * edit *

次回、次回早よ来い

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 21:33 * edit *

こんばんわ。
ほんと主さんの感想は素晴らしいですね。
また読みながら思い出し泣きしてしまいました。
今までの見琴ではなくいい意味での「一中学生の美琴」が見れたのは本当によかったと思います。
アニメを見た際ももらい泣きしましたよ・・・。
とにかく14話は美琴が救われて良かったのと上条さんがカッコ良過ぎますね。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 21:35 * edit *

確かに15話は上条さんのラスボス感をいかに演出できるかで決まると思うww

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 21:38 * edit *

かみやんが電撃浴びても生きていられたのは、
かみやんの右手に電気が流れて
J=Wt(だっけ?)でWが10億×Aでも、tの時間が限りなく0に違いから
熱量が小さくて焼け焦げなかったんだと思い込んでましたよ・・・
まぁそうなると、かみやんが吹き飛ばされるとこから説明できなかったり(for物理の知識不足)

「根性」最高っすな ハハハハハ

さぁ、来週が楽しみだ~

К君 |URL | 2013/07/16 21:40 * edit *

今ふと思いかえせば自分が禁書に夢中になったのは妹達編がキッカケだったんだよなあ・・・
禁書を初めて読み始めたころから今でも妹達編は自分の中で断トツの神回だよ・・・

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 21:43 * edit *

あれだね、上条さんが、人に見られたくない欲望(表に出さない感情)が
美琴視点の影響で見えないから(例 一方通行に対する恐怖とか御坂妹の縞パンとか縞縞パンツとか)3倍くらいかっこ良く見える。
そしてあの攻撃受けて携帯生きてたのか。
すげえなアドリア海や北極海に落ちたりして無事だった割と頑丈な携帯。

tatsusaubar |URL | 2013/07/16 21:48 * edit *

上条さんって幻想殺しがある以上佐天や浜面よりも低いのは勿論、全Level0の中でさえも最下位なんだよな

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 21:49 * edit *

上条さんはやっぱり最高だ・・・

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 21:49 * edit *

しかし鉄橋戦ではあの電撃に巻き込まれてもまったく無傷の『保留』が一番すごいのであった

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 21:57 * edit *

そして基本的に原作禁書が一番好きなんだけれども
原作3巻が霞んで見えた

tatsusaubar |URL | 2013/07/16 21:59 * edit *

上条さんやべぇ!




デビさんはへんt(略

モノケモノΣ |URL | 2013/07/16 22:01 * edit *

美琴(助けられる側)視点だからこそ分かる、上条当麻(ヒーロー)のかっこよさ(とフラグ建築力(笑))

4469SHO |URL | 2013/07/16 22:03 * edit *

キャプのあまりの多さでデビさんがいかに感動したかがわかります(笑)

本当に神回でした
あとは俺の最弱は響くのと、私の妹だからをやってくれればもはや心残りはありません

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 22:05 * edit *

美琴の中の人が上条さん大嫌いなのが何とも皮肉である

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 22:05 * edit *

漫画でも思ったが上条さん去って言った後の美琴の泣き顔やばいわ…
演出のおかげかこの14話まで辛さがかなり伝わってくる
正直一方戦ばっか期待してたからこれは嬉しい誤算だった

スタッフさん待ちに待った15話も期待してますぜ(ゲス顔)

  |URL | 2013/07/16 22:07 * edit *

上条さん以外にも真の意味でレベル0いるとか書いてあった希ガスるけど・・・覚えてないな
にしても今回は神回だった!個人的には黒子のところが一番よかった。アニメの禁書から漫画超電磁砲に入ったので

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 22:09 * edit *

セレブ香水wwオバサンくさいってww若者は苺っぽいのか石鹸がいいですなあ
猫がすっごいかわいいです、この猫カナちゃんよりも地味に出番多いので期待
レールガンの美琴は表情豊かですね、1期のあの笑顔とか印象的です

シスターズ編完全版みたいな感じなので二人の視点どちらもありそうですね、来週はプラズマ出現まででしょうかきくけこーーーー!!
顔芸は麦野見る限り漫画より控えた感じに描かれそう、顎にガンッてやってるときの顔は再現してほしいですww

上条さんって確か長距離が得意なんでしたよね、あのHP1で堪える感はまさにそんな感じですね

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 22:10 * edit *

    _, ,_ ∩
  ( ゚∀゚)彡 かみJOE!!かみJOE!!
   ⊂彡

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 22:11 * edit *

「で、結局…アンタは私が心配だと思ったの?
 私を許せないと思ったの?」

(その役…お願いできるかしら…)

ここなんですけどアニメ2期では台詞が原作と違ってますよ

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 22:15 * edit *

泣いてる美琴が
可愛すぎる

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 22:15 * edit *

ストーリーよし、作画よし、中の人よし、テンポよし、EDよし。
もう文句ないです。カンペキでした。

これまで原作、漫画、禁書1期と、何度も観てきたこの話ですが、全てを超えるクオリティを見せてくれましたね~。スタッフほんとGJ!!

最後のシーンで、思わず( ゚Д゚)ヒイイイイイイロオオオオオオオオオオオッッ!!と叫んでしまいましたよ。

あすとん |URL | 2013/07/16 22:18 * edit *

かまちー自身の口から美琴フィルターって言葉を聞いたせいかどうしてもそういう目線で見ちゃって
あんまり素直に感動できなかったな

美琴はフィルター取れて上条さんの現実見た方がいいと思う

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 22:19 * edit *

今回上条さんがケータイを取り出して時刻を確認するシーンがちょくちょくありましたね
すると禁書二期みたくパカっと開くのではなく最初から画面が見えている
最初は上条さんがスマートフォンに乗り換えたのかと思いましたけどよく見ると今までの折りたたみ式ケータイを画面を上にして折りたたんでるだけなんですよね
ちなみに上条さんの使っているケータイのモデルになっているのはDoCoMoから出ていたソニー・エリクソンのSO906iのようですね
http://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/product/so906i/

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 22:21 * edit *

毎日ブログチェックして更新時は毎回拝読してます。(桃色妄想含ム)

今回もそうですが、作品作品を実にアクロバティックな角度で非常に丁寧に考察されているので、これは制作サイドも喜ぶことうけあいですね。

レールガンは放送とブログと、毎週二度楽しめてお得ですね!

次回も楽しみにしています!







アックア |URL | 2013/07/16 22:22 * edit *

感動したよ
号泣したよ
新しいカットを入れろなんて贅沢、もう言わない。もう少し台詞の間を開けろよなんてこと、もう考えない
これでいいんだ。もう何も望む必要なんてないんだ
だって、もう分かってるから

これが神回だって

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 22:25 * edit *

とりあえず今回は一言だけ言わせていただきます

待ってたぜェェェェェェェェェ!!!!!!
ヒィィィィィィィィィィィロォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!!!!!!!!

とある学生 |URL | 2013/07/16 22:25 * edit *

こんなんやられて惚れるなって方が無理ですよね
来週は一方さんが暴風で上条さんを鉄柱に叩きつけてザ☆絶望な引きになりそうですね

シロ |URL | 2013/07/16 22:27 * edit *

とりあえず言いたい事はただ一つ。

上条さんカッコイイZE!!




デビさん夏風邪大変でしたね。
更新おつかれさまです。

tatsusaubar |URL | 2013/07/16 22:29 * edit *

いやーテンションマックスですわ

でも欲を言うなら原作と同じ上条さんの激昂シーンで次週に繋げてほしかったかもってミサカは(ry

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 22:29 * edit *

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!
上条さんきたあああああああああああああ!!

デビさんがハイテンションなのが記事読んでるだけでものすごく伝わってきましたwww
そして俺も無駄にハイテンションwww


さあ、次は物語シリーズセカンドシーズンの感想だ!(鬼畜)
冗談ですwお疲れ様です!ゆっくり休んでください。

チューサン |URL | 2013/07/16 22:32 * edit *

14話すごく良かった。ブチャラティで草不可避。上条さんと一方通行さんの対決が待ちきれない!!!!

上条「どちらが先に相手に拳を叩き込むかの勝負だ!!!!!!」

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 22:46 * edit *

ありがとう、本当にありがとう!アニメスタッフには感謝です!!
この次もこの調子でお願いシャス!

もう上条さんになら抱かれても////


wawawa |URL | 2013/07/16 22:57 * edit *

上条さんカッコよすぎるって言い過ぎですよwwwよしあと1000回いこう

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 23:02 * edit *

あーこれは惚れますわー

ふと思ったが上条さんのクラスの女子は吹寄以外上条さんに惚れてるという事はあのクラスの女子はみんな美琴レベルの問題を抱えて上条さんに救われた可能性が滞空回線レベルで存在する…?

妹編の後は学芸都市編でしょうなあ時期的に

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 23:02 * edit *

妹達編後はオリジナルって言ってたはずだが

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 23:09 * edit *

「お姉さまの力になりたいですの。」と言ってた黒子。
上条さんを嫌々ながらも部屋に通したことで、知らず知らずのうちに
美琴の力になっているというか、美琴を救っているんですよね。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 23:16 * edit *

そげぶキターーーーーーー(((o(*゚▽゚*)o)))ーーーーーー


美琴フィルターこみでも惚れてまうやろォ三下ァ

名無しの上条 |URL | 2013/07/16 23:17 * edit *

電撃浴びても平気だったのは、原作だと上条さん曰く、美琴が無意識に力を抜いてるじゃなかったかな。
まぁかまちーが後に根性と言っちゃったんならもう根性でいいけどwww
根性にぴったりなのは、まさしく一方通行戦だと思うんだけどなw

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 23:22 * edit *

ナデナデタイムが想像より長くって上琴ファンの自分大興奮

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 23:23 * edit *

美琴が無意識に手加減
根性
前兆の予知の片鱗

例えるならエンジェル伝説の北野誠一郎

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 23:30 * edit *

戦って勝つのは誤差(この時点じゃ二位と協力しても無理っぽいのに)で瞬殺なら致命的なバグになるって発想がどれだけ美琴が冷静じゃないか現してますね。

現実にも30年の間に3回もの落雷にあって尚且つ後遺症も無いって人も居るから、まぁありかな。

syogo |URL | 2013/07/16 23:34 * edit *

いいねぇ
アニメでここまで素直にカッコイイ可愛いと思ったのは久し振りだ
御坂美琴という少女が中学生の女の子には到底耐えられないであろう地獄を1人で抱えてずっと頑張っていたからこそ今回の涙はより輝いて見えたんだと思います

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 23:37 * edit *

上条さんがかっこよすぎて泣いた

和独 |URL | 2013/07/16 23:39 * edit *

美琴→一方通行、一方通行→フィアンマのように一方通行戦の上条さんは毎回根性の域超えてますわなw

戦闘シーンは映画のスタッフも入るみたいなんで期待しときましょう

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 23:40 * edit *

うわああああ 美琴が可愛すぎるよ!!!!!!! レールガン1期の最終話の美琴の笑顔もレベル5級だったが、泣き顔も天使だね!!!
髪をおろした黒子もみさきちも可愛いけど、やっぱり美琴が一番最高なんだよ・・・!!!!
そういえば、美琴が好きになったきっかけは、鉄橋シーンの膝枕だったなぁ。
可愛すぎるだろ・・はぁ・・・・上条さんもかっこよすぎる

おまえら、早く結婚しろよ

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 23:40 * edit *

普段活力に溢れてる美琴だからこそ橋の上での弱々しい姿はとても儚く見えました

まさに「お前は今泣いていい」というやつですね

上条さんもとても格好良かったです

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 23:43 * edit *

更新お疲れ様でした。
楽しみに待っておりました。

「で、結局…アンタは私が心配だと思ったの?
 私を許せないと思ったの?」
このセリフ…どこでも使われていますが、
なんかすごく違和感があったんですよ。
でも、今回の
「で、結局…アンタは私を許せないと思ったわけね」
というセリフ…こっちの方が断然しっくりきますね。
とても良い改変だと思います。
アニメ禁書1期ではなかった、美琴の心の内の声も納得でした。

やっと自分を地獄の底から救い出してくれるかもしれない
「光」に会った訳ですが、
私は 孤高で高潔…可愛くも、ストイックな美琴が好きだったので
私の好きな美琴は この日、この時に変わってしまったんだな…
と、なんだか寂しいです。
自覚はもっと後のようですが、恋愛脳のツンデレ美琴は
好みではないのですよ~。

しかし、女としては 自分の窮地を救ってくれた人に、
頭なでなで、ポンポンされて、「だから泣くなよ」なんて言われたら、
たいていは ああなる(号泣する)よなぁ~(笑)

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 23:43 * edit *

あれは惚れての仕方がないわ(´・ω・`)
今回みこっちゃんの表情が期待以上に丁寧に表現されてて興奮したわwww
来週は遂に一方編か…、この分だとかなり期待できますね。
二期はオリ回らしいけどどうなるんでしょうね。

↑×2原作ではそれを上条さんが指摘した後最後の本気を出すんじゃなかったなかったっけ?
まあ超電磁だと一回しか打ちませんけどww

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/16 23:47 * edit *

デビさんありがとう…・ありがとう…!!
アニメで見るより演出の解説入りで感動。

ぴくみん |URL | 2013/07/16 23:56 * edit *

待ってましたデビさん!この回の感想が楽しみすぎて数十回もチェックしてしまいましたよw

いやーもう見る前から期待度が最高だったんですけど、それすら遥かに上回る出来でした。もう全てに亘って上条さんカッコ良すぎとしか言いようがない。
男前過ぎる上条さんを演じた阿部さんと様々な「泣き」が光ってた佐藤さんの両者の演技も良かったです。ホント禁書1期の同じシーンを見比べてみても完全に板についてるなぁ。

>(第34話の美琴の表情が雑誌連載時からコミックで修正されたのはたぶんこれが理由だと思われます)
さらに絶望感を増すために修正されたのかと思ってましたけど確かにこれが理由っぽいですね。

それとEDの入りは神懸り過ぎだろ…割と冗談抜きで一番下の例え画像のように発狂してましたw
そして次回予告でそげぶがでるのは良い意味で予想外でした。来週も燃焼確定なのにどこまで熱くさせてくれるんだ(感動)

今回は今まで見てきたアニメの「とあるシリーズ」で文句なしで№1です。そしてこのテンションで上条さんVS一通さんとか燃えないわけがないので今週もテレビの前で叫んでいる不審者全開の自分が想像できるw(次は特に待ちきれません)

ジャックポット |URL | 2013/07/17 00:11 * edit *

(:ω;)今回は不覚にも涙腺が崩壊しました…

良い話は何回見ても良い話ですね

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 00:13 * edit *

「私を許せないと~」のくだりは、原作漫画通りだと、美琴も上条に突き放されたくない、突き詰めれば許されたいと無意識に望んでいたととれます
それでも問題ないと思いますが、あのモノローグを挟まれると違和感が来るのも事実
結構いい改変だったと思います

名無しさん@ニュース2ch |URL | 2013/07/17 00:18 * edit *

「致命傷を与えても発動率100%の「気合のハチマキ」でギリギリHP1の状態で持ち堪えられ、」
ダイの大冒険のマキシマム戦のヒュンケルを思い出しましたw

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 00:29 * edit *

とても人前で泣くようなキャラではない強い美琴が
それでも耐え切れなくて泣いてしまうって思うと号泣せずにはいられないですね

そしてその泣き顔が異常に可愛いのが憎いw
上条さんもかっこ良すぎ、惚れてまうやろー

  |URL | 2013/07/17 00:38 * edit *

感想おつ。上条さんの最弱の意味の解釈おもしろかったです。システムスキャン0.0000とか素敵やん。珍種すぎだよね。今回の鉄橋シーンについてはもう漫画並みならいいなと思ってたけど、明らかに越えていたので自分の中でも神回杉になりました。あの美琴の女子中学生泣きの可愛さときたら・・・・。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 00:42 * edit *

> 2013.07.17 Wed 00:18
>名無しさん@ニュース2ch さま

そう、そこです! 上条当麻に許されたい。わかってほしい。
あまつさえ、助けてほしいと アピールしているようで違和感があったんです。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 00:48 * edit *

上条さんの今回の美琴にかけた言葉もそうなんですが
自分は戦闘時に敵に放った言葉よりも、こういう場面でヒロインに対して放った言葉がとても好きなんですよねえ

上条さんすっげぇかっこよかったぜぇ……

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 00:52 * edit *

感想乙!

各まとめサイト、ブログでも絶賛の14話。
悪く言う人がだれもいない、超絶神回!!

世界よこれがヒーローだ!
活目せよこれが上条当麻だ!!


以下、私のまわりの男子の反応。


どんな女でも惚れる!
男でも惚れる!
男でも濡れる!
勃つ!
抱かれたい!
掘られたい!
押し倒したい!
結婚したい!


・・・・・・・・・・・・・・この辺でやめとこう。

ファンの間でも人気の鉄橋回。
完全版の名に恥じぬ映像化。
えらいぞスタッフ!  よくやった長井(よびすて)!

そりゃあ惚れるよな。
現実には絶ッッッッッッッ対いないはずの、リアル白馬の王子様がやって来たんだから。

しかも恩着せがましい事は一言も言わず。
解決策までもってきて。
なんの見返りも求めず自分と妹達の心配をして。
体を張り、命を賭ける。

ああ!だめ!カッコよすぎ!!


妹達編残り2話。
ホントに終わるのか?残り2話ww







ナツキ |URL | 2013/07/17 01:15 * edit *

お疲れ様です。
感想だけで泣けるよ・・・。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 01:18 * edit *

この鉄橋の話が好きすぎて禁書1期は12話だけ2桁レベルでリピートしてたので、テンション上がりまくりですわ……

これで原作3巻、漫画禁書4巻、漫画超電磁砲6巻、アニメ禁書1期12話、アニメ超電磁砲14話と、5つのメディアでこの辺の話やったことになるんですね。
流石です。

封魔カオス |URL | 2013/07/17 01:40 * edit *

すごかった。神回神回言われるのもわかったよ!
さすが泣かせの達人だよ!


>上条さんの今回の美琴にかけた言葉もそうなんですが
>自分は戦闘時に敵に放った言葉よりも、こういう場面でヒロインに対して放った言葉がとても好きなんですよねえ

そうそう!
敵へぶつける説教ばかり言われるけども、味方やヒロインに投げかける言葉こそ上条当麻の真骨頂だよね!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 01:45 * edit *

この回はサトリナさんの渾身の演技が光る回だったと思います
そしてそれがまさしくこの回で求めていたそのものでした
美琴vs一通(美琴の全力の凄さと、それを苦もなくはね返す一通の圧倒的能力)
美琴vsアイテム(4位の存在感と、フレンダの見せ場)
美琴の絶望(サトリナさん渾身の演技)
上条という希望(そげぶの頼もしさ)
自分が2期の中で求めていたものは、全て希望以上のものになっています
ラストを締めくくる、上条vs一通がどうなるか本当に楽しみです
「とある」全体でも1、2を争う名シーン
5年前に、演出も中の人の演技もそのときの最高のものを作っていたはずですが
直球勝負でさらに上のものが見たいと、とてもハードル高いですが楽しみに期待してます

カムル |URL | 2013/07/17 01:45 * edit *

上条は美琴の支えになっているというセリフを黒子が言ってくれれば完璧な出来でしたね

  |URL | 2013/07/17 01:47 * edit *

予断ですが、美琴の中の人が上条さん大嫌いといっているのは

フラグ立てておいてガキ扱いする上条さんの鈍さと
他の人にもフラグ立てる一級フラグ建築士の上条さんにやきもきしているからと
メインヒロインであるインなんとかさん(というか井口さん)に遠慮しているからでしょう
ある意味正統派なツンデレの態度だと思いますw

本当に嫌いだったら、コメンタリーで言っていたけど
上条×美琴のラブラブ回を一人でニヤニヤしながら見直さないよねw

カムル |URL | 2013/07/17 01:55 * edit *

遂にヒーローが……
本物のヒーローが現れた…ッッッ!!!
待ってたぜェッ!この時をよぉッッッ!!!\(^o^)/

デビさん、体調悪い中、本当にお疲れ様でした!
そしてスタッフの皆様方、素晴らしいクオリティで製作して下さって誠にありがとうございました!
もう朝まで五時間ぶっ続けで視聴して泣きまくってティッシュ一箱消費したわ!(寝ろ)
ああ~♪マジで幸せだわ~♪(*´ω`*)

オープニング終わってから最初の黒子の「んん?」というセリフに何故か爆笑しましたw。
珍生物を見てる様な響きが……w。
しかしデビさん、予想はしていましたが黒子のシーンでテンション上げて来ましたねw。
前回はデビさんの苦痛が伝わって来る様な感想だったので元気になってくれて良かった。

黒子の「待つ」という判断は計画の全容を知らない彼女からすれば間違ってはいません。
約束がありますし、まさかこんな絶望的な状況に美琴が追い詰められているなんて思わないでしょうしね。
黒子は黒子なりに美琴を心から信じて信念に殉じたのでしょう。
ええ女や……デビさんと別れて俺ん所おいで(オイ)
冗談はさておき、彼女が7話できっちり防波堤の役割を果たしてくれたお蔭で、上条さんというヒーローの輝きが曇らなかったのだと個人的に思います。黒子グッジョブ(゜∇^d)!!

そして来たよ、橋の上…。
コレは本当に素晴らしかった!(;つД`)
声優様の演技も完璧でしたよ……!

今まで孤独に戦わざるを得なかった美琴…
一方通行という化物を目の当たりにして今回ばかりは仲間を絶対に巻き込めないと思った訳です…。
これは美琴が上条さんを制止する言葉から分かりますよね、今回の相手は危険度が違い過ぎる。
正常な思考が維持出来なくなる程の暴力と非日常に触れた美琴は…
実験は自分の責任で起きたと…あんな化物に妹達が殺されるのは自分の所為だと……ッ!美琴が可哀想過ぎるわ…(;つД`)

そこでこの男ですよ、上条さんですよ。
どんな暴力にも決して屈しない正真正銘のヒーロー!
超電磁砲のヒーローである美琴をも凌ぐヒーローの中のヒーロー!
もうね……上条さんが美琴に掛ける言葉が本当に優しさに溢れててね……ヴああああああああああああああああッッッ!!!(;つД`)
本当に相手の悲しみ苦しみを理解して、そこから安心させる一言を掛けてあげられる優しさ。
絶望的な状況を打破する右手に宿った幻想殺し。
ヤバいね、カッコ良過ぎるねッ!普段は冴えない無能力者ってのもギャップ萌えだよね!

>ちょっとビリビリ食らっただけで舌が痺れてアヘアヘ言ってたフレンダとは大違いやで…。
クソァ!デビさんめ!急にお茶目なギャグを挟んできよるwwwww!(*´∇`*)
あぁでもこのギャグには癒されました♪アヘアヘで変な妄想もしました(やめれ)

エンディングの井口様の stand still も最高の入り方でしたね!上条さんの優しくてカッコ良いセリフとの相乗効果で泣くに決まってンだろォが!(;つД`)
ホンマ神回過ぎるわ!

よぉーしよしッ!デビさんの仰る様に、これでやっと美琴が救われますな!
次回は上条さんの怒りの咆哮からオープニングという熱い流れを期待します!
やったれ上条さんッ!ふざけた幻想をぶち殺せッッッ!!!

タク |URL | 2013/07/17 02:09 * edit *

いやー今回の橋回はアニレー最高の神回でしたね!
まさか何度も見ている橋回で泣かされるとは思ってませんでしたよ
これなら次回の上条vs一方通行も期待できるモノになりそうで嬉しいです!

JCさん、ちゃんと血まみれになっても立ち上がってくる上条さんを描写してくださいよ・・・?

獅子丸 |URL | 2013/07/17 02:34 * edit *

素晴らしい14話でしたね
15話も大いに期待してしまいます
上条さんのバトルもそうだけど
もう一度覚悟を決め地獄の実験から妹達を守るため立ち上がる美琴が早くみたいです

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 02:35 * edit *

これは男の俺でも惚れる

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 03:15 * edit *

>「他者から見た上条当麻の怪物性」
これはホントに期待しますね。一通さん視点ならではのあの、ズキッズキもどうなるのか楽しみです

にしても14話は

 神 回
もう、そう言う他ないね
素晴らしすぎた
テンポ、展開、声優さんの演技、作画、演出…いや、
もうそんな所一々言ってられない、私にはもう叫ぶことしかできないわ…

最高すぎて泣いちまったぞコンチクショォォォおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!
終わった後もしばらく、かたまってたわ…!

上条さんかっこよすぎンぞヒーロォ!!ありがとおおお!!
絶望の底に打ちのめされていた美琴が救われ、視聴者も全員救われた…
カッコ良すぎて、涙と鼻血で家のティッシュが無くなるわ!
そして美琴も
力ないわらい、困惑した表情、悲痛な叫び、そして号泣…と、表情や心情がもう素晴らしすぎて
ここまでの苦しみから、気持ちを爆発させて一気にぶちまけてからの、膝枕、頭なでなで…
…(絶頂)

だけどまだ終わってねぇ
御坂妹を救うために、上条当麻の夢をかなえるために、
一通さんに鉄拳制裁するために、もう一度アニメでカキクケコを聴く為に!

早く次回来いっつってんだ!聞こえねぇのか三下ぁッ!!!

アドミど |URL | 2013/07/17 03:26 * edit *

上条「起伏ニ富ンダ学生寮ノ壁面ヲ降リル事ナド・・階段ヲ歩クニ等シイ行為ダ」

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 03:50 * edit *

学園都市第1位の超能力者、
そんな最強が
どんな能力を持っているかなんて
知らないし
そんな奴相手に
勝ち目があるとも思えない、
でも、
こんな狂った計画の為に
あいつらが
死ななきゃならないって
言うんだったら、
まずは、
そのふざけた幻想を、
虚構にする!

虚無と書いて消しゴムと読むその心は、 |URL | 2013/07/17 04:33 * edit *

歯を食いしばれよ最狂。
虚構の拳は、
ちっとばっか響くぞぉぉぉっ!

虚無と書いて消しゴムと読むその心は、 |URL | 2013/07/17 04:39 * edit *

初めて弱音を吐いた瞬間に現れて、ありとあらゆる糾弾を望んでいるところに身を案じる言葉をかけられ、
妹はおろか罪人である自分を救うことすら考えて、一方的な攻撃に恨み言の一つも言わずに微笑みかけ、
満身創痍の身で自分たちのために戦う…と思いきやこの悲劇の全てを”俺”の問題だと言って死地に赴く

うん、「これは惚れる」どころじゃない。「惚れなきゃおかしい」レベル。
そんぐらいに今回の上条さんは格好良かったようおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおああああああああああああああああああああああああああああああああああ(書いててテンション上がってきた)

しかしアレだな…今まで数多くのアニメがあって、その中で神回と呼ばれるものもたくさんある。
けど、その神回の感想が「○○かっこいい!」ばっかりなアニメとかこれが初めてなんじゃね?
「美琴超絶ヒロイン!結婚しよ♪」とか、他にも言いたいことはあるけども真っ先に出てくるのは「上条△!」
だからな…(発情したメスの顔で)

シーア |URL | 2013/07/17 04:51 * edit *

あんだけの電撃受けて携帯動いてんのは何で?
ってツッコミは野暮ですかそうですか

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 05:09 * edit *

>あんだけの電撃受けて携帯動いてんのは何で?

学園都市の最新技術のたまものです(震え声)

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 05:29 * edit *

美琴の表情、上条さんの漢ぶり、今回本気で素晴らしすぎるな…。
先が見えなくて最悪の方向に向かっていた美琴が、ぎりぎりで引き戻されてよかったです。

ところで、美琴の電撃による鉄橋のダメージを鑑みるに、コレをくらったあとで一方さんに勝利した上条さんマジ人外と思うのは自分だけではないはず。それにもまして、ノーダメージにみえる子ぬこ最強。

やつじ |URL | 2013/07/17 06:08 * edit *

>もう次回が楽しみすぎて待ち切れないぞ三下ァァァァ!!!
「今日は実験休みなのかァ!?」
「ああ、しっかり休め。連休もいいぞ・・・」

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 06:19 * edit *

感想乙です(*^^*)

ホントに今回上条さんがイケメンすぎるのと美琴の葛藤+涙で観てるとき、自分も泣いてしまいました(T^T)
次回が楽しみすぎて寝れない!w


>それにもまして、ノーダメージにみえる子ぬこ最強。
ってそりゃあ美琴が一番最初にビリッ電撃放ったときに逃げてましたからね

とある学生(不幸) |URL | 2013/07/17 06:56 * edit *

>あんだけの電撃受けて携帯動いてんのは何で?
次回でわかると思いますが、壊れてるでしょうね
電撃食らった時間でフリーズしてるっぽいです


あと、成田さんとの会談で出た「根性」ですが、かまちーは適当に答えてる可能性が高い。
あの時点では真相を答えられないモノもあると思います。
例えば「中の人がどうのこうの」とは、言えないワケです。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 07:04 * edit *

>それにもまして、ノーダメージにみえる子ぬこ最強。
ってそりゃあ美琴が一番最初にビリッ電撃放ったときに逃げてましたからね

あ、ほんとだ。ということは、このぬこさんは美琴の電撃を回避して鉄橋端まで一時退避した後に、攻撃終了後改めてお目見えしたということかな。なんと訓練された子ぬこさんなんだ(震え声)

やつじ |URL | 2013/07/17 08:04 * edit *

主人公交代のお知らせ・・・・

水流操作(レベル3) |URL | 2013/07/17 08:10 * edit *

原作じゃ時刻を確認したのは携帯じゃなく鉄橋に設置してあった時計でしたね
おそらくあの携帯も表示はされてるが壊れてるでしょう
不幸だ・・・

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 08:13 * edit *

誰か教えてくれー。リメイクでここまで感動させたアニメてあんの?アニメあんまり詳しくないから教えてチョー。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 08:47 * edit *

ウンコティンティンだと!?

ハリー |URL | 2013/07/17 09:06 * edit *

デビさんは黒子よりも変態なんじゃないかと・・・最近思ってる

cadakun |URL | 2013/07/17 09:59 * edit *

表情の変化が細かく丁寧に描かれててるのがよかった

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 10:51 * edit *

デビさんの記事の力の入れ方が今までとは違うw

 |URL | 2013/07/17 11:08 * edit *

そういやデビさん超電磁砲の漫画のこの時もグラフが吹っ飛んでるぐらいに盛り上がってましたね

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 11:18 * edit *

デビさんミコッちゃんじゃなくて美琴ちゃんに進化してるw

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 11:20 * edit *

ヒットした一撃目倒れた上条をみて、辛そうに右手をおさえる動作をするんですが
あれって1作目で初春をひっぱたいた後の白井黒子が同じ事をしてるんですよね
その、一つの動きだけで悲しさ、辛さがよくわかります 
皆さんが神回とおっしゃるのもわかります

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 11:48 * edit *

>「異能」を使った攻撃は100%の精度で「幻想殺し」によって無効化され、
>それ以外の攻撃も「予知」に近いレベルで先読みされ、
>やっと攻撃がヒットしても…その攻撃は「学習」されて速攻で対応されてしまい、
>致命傷を与えても発動率100%の「気合のハチマキ」でギリギリHP1の状態で持ち堪えられ、
>隙あらば一瞬で距離を詰めて、意識を刈り取る一撃を顔面に叩きこんでくる!なんだこの化け物!
この化け物からヒーロー扱いされてる土御門のヤバさも相当なものな気がしますね

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 11:48 * edit *

てっきり上条さんよりも黒子キャッホウォォォォォォォォ記事になると思ってたww
上条さんがかっこよすぎて、美琴が少女過ぎて辛い

一体どのようにして常盤台学生寮から降りたのか非常に気になる所だけど上条さんならあれ位の高さなら飛び降りても無傷だろうから支障ないか(真顔

演出声優作画全てが最高だったなぁ~
スタッフさん死ぬんじゃないかw

デビさんも夏風邪に打ち勝って何とは言いませんがホニャララ物語の感想を書いて下さいね(鬼畜

カービィ0323 |URL | 2013/07/17 12:02 * edit *

上条さん相変わらず頑丈ですね。この頃から既に新約の不死身っぷりの片鱗があったのか…


ところで、〈物語〉シリーズ セカンドシーズンとダンガンロンパの感想はまだですか?

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 12:37 * edit *

今明かされる衝撃の事実!?
そういえば『保留』って5話で9982号と一緒に助けたのと同じネコですよね?
電撃ビリビリにやたら強くて10032号に懐いてる理由がわかってしまいました。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 12:54 * edit *

フッ……ったく、バカだよなぁ~アイツはwww
だから、大好きなんだよなぁ。(約束、ちゃんと守れよ?)

23学区住人 |URL | 2013/07/17 13:16 * edit *

☝×2

もし一緒だとするなら何故段ボールの中にはいってたんだろうな?

保留「っは⁉そうだニャ、段ボールにはいってれば食いッパぐれはないニャ!!」

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 14:50 * edit *

ウンコティンティンの画は今回わないんじゃないか?

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 17:13 * edit *

くっそwwwwwwwwwwwかみやんかっこよすぎだろおおおおおおおおおおッ!!

このシーンは1期の時もかっこよかったが、美琴視点となると更にイケメンっぷりがやべえな・・・男だけど改めて惚れ直したよ・・・

Q |URL | 2013/07/17 17:14 * edit *

惚れてまうやろーー!!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 17:35 * edit *

記事とコメントを読み直して一度更新ボタンを押してみると
さらに伸びてるコメント欄www

さすがとしか言いようが・・・・

К君 |URL | 2013/07/17 18:44 * edit *

美琴フィルターとかww
製作者側のジョークをいつまで真に受けてんだよ
上条アンチか知らんがそれ相応の場所いけよ気持ちワリィ

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 19:00 * edit *

デビさん、こんばんは。

そして、感想記事誠にありがとうございます!!!

上条さん、まじかっけえぇ!!!

次回が本当に楽しみです!!!

ではでは。

kento |URL | 2013/07/17 19:02 * edit *

やべえ・・やべえよ・・
惚れちゃうよ、上条さん

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 20:01 * edit *

他の方も指摘していますが「で、結局…アンタは私が心配だと思ったの?
 私を許せないと思ったの?」の二択の台詞がアニメでは「私を許せないと思ったわけね」の一択になっています。
同じくとある関連の感想を書いてる大炎上さんでは見事にここを元の原作を使いながら解説していました。

katupa |URL | 2013/07/17 20:02 * edit *

やっぱり主人公として戦ってきた美琴が一人のヒロインになる妹達編は最高やで!
もしかしてこれがギャップ萌えか

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 20:22 * edit *

地方民だからまだ放送してないよぅ(涙)

星空の鍵 |URL | 2013/07/17 20:28 * edit *

>美琴フィルターとかww
>製作者側のジョークをいつまで真に受けてんだよ
>上条アンチか知らんがそれ相応の場所いけよ気持ちワリィ
新約2巻の灰村イラストをご覧になっていないかつ美琴フィルターの存在は鎌池先生が肯定しています。
一方通行戦も見たいが美琴が上条さんに初めて御坂って呼ばれてする恋する乙女の表情、初恋の表情をどう描くかまたは描かないかが一番気になるかな。

katupa |URL | 2013/07/17 20:42 * edit *

神条と言おう! 敢えてだ!!

MTL |URL | 2013/07/17 20:59 * edit *

誤字?デビも筆の誤り。
むしろほほえましい。

感想っていうよりむしろ考察であり、
作品を120%楽しむための解説と作品への愛情とが溢れています。

今週もありがとう。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 21:16 * edit *

次は俺たちの中では死ぬほどネタバレしてるけど学園都市でおきた究極の矛盾の戦いが観れますね。胸熱やね。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/17 21:18 * edit *

風邪明けの感想お疲れ様です

今回は本当に超絶神回でしたね!話の流れ、演出、作画、そして声優さんたちの渾身の演技!とあるファンで本当に良かったと思わざるを得ませんね!!
美琴視点の上条さんが凄まじくカッコいい・・・ まさにヒーローだなぁ
あれは惚れない方がどうかしてるレベルのかっこよさだ
ミコっちゃんもヒロインしていてかわええし
次回が待ち遠しくてたまらないよ・・・

マッキー |URL | 2013/07/17 22:39 * edit *

おおっコメ数多ッ
デビさんの気合がみんなに伝わりましたね。


上条さんは口先だけで語らない。
自分が動く。

上条さんはキレイごとを吐かない。
自分の夢を叫ぶ。

ミコっちゃんが泣いた時、全私も泣いた。

特殊ED使用に予告はそげぶww
もう完璧だ。

どうでもいいが先日、知人に14話の感想聞いたところ

「ヤバイ、夜這い、白井!!」

と、超ド最低な返答があった件・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



ナツキ |URL | 2013/07/18 00:58 * edit *

何もかも背負い込んでたった独りで戦って、PTSDものの光景を目撃し、ドン底まで追いつめられて、最後に思いついたのは悲しすぎる策。
しかもそこには自らを罪人として処刑するという意味もこめられているという。
もうね、この時の美琴が悲しすぎて、可哀想すぎて涙ボロボロでしたよ。
もし自分がその場にいたら抱きしめて一緒に泣いてしまっていたと思う。

  |URL | 2013/07/18 01:39 * edit *

今回もだけど、基本的にはすごくいい出来だけに、無駄な回と展開の遅さがもったいない。
今期はライバルが多いだけに、些細な部分でも売り上げに大きく影響してしまう。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/18 04:23 * edit *

↑今回は禁書1期だとまるまる1話使ったシーンをBパートに綺麗にまとめてるんですよ。
それと面白さ=売上げでしか見れない人は、無理してアニメを見なくてもいいと思いますよ。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/18 05:21 * edit *

君の眼差しが気付かせてくれた、弱さ認める勇気の強さを
暖かな君のその腕が、私を導いてく、何よりも守りたい、希望が闇を貫くから

…OP2番ハマりすぎだろ(感涙)

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/18 07:39 * edit *

今回の上条さんは美琴や視聴者の女性だけでなく
同性をも落としまくっただろうなwwwwww

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/18 17:23 * edit *

エンデュミオンの特典についての情報を手に入れました。



◆特装版豪華7大特典!


(1)原作イラストレーターはいむらきよたか描き下ろしBOX
(2)特典映像ディスク
 「とある劇場版の集団面接」
 「とある劇場版の座談会」
  ※上記出演者:阿部 敦、井口裕香、佐藤利奈、三澤紗千香
 「とある劇場版の舞台挨拶」(2013年2月23日 角川シネマ新宿 2013年3月3日 立川シネマシティ)
 新作おまけアニメ「劇場版とある魔術の禁書目録たん-エンデュミオンの奇蹟-があったりなかったり」
 ※Blu-ray商品にはBlu-ray、DVD商品にはDVDの同梱となります
(3)サウンドトラックCD
 (劇場版BGMと劇中ラストで流れた「OVER」のアリサ&シャットアウラデュエットバージョンを収録)
(4)解説書(64P)
(5)縮小版アフレコ台本
(6)本編映像プリントフィルム
(7)3ディスクデジパック仕様(映像ディスク2枚、オーディオCD1枚収納)



アニメは映画と関係あるようで関係ない内容みたいです。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/18 17:55 * edit *

まるでフィルムコミックを読んでるような記事に、情熱をひしひしと感じるw
新規に勧める時も「3巻まで」と言われるだけはある妹編
描かれるのもこれで最後だろうから、スタッフもやり尽くす気持ちで作ってるんだろうなぁ

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/18 17:55 * edit *

上条さんかっこよすぎんだろおおおお!
男だけど上条さんになら掘られてもいい

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/18 18:18 * edit *

ところで漫画版禁書の感想と夏アニメの感想は?
いや、別に催促してるわけじゃないけど

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/18 19:28 * edit *

Re: タイトルなし

> ところで漫画版禁書の感想と夏アニメの感想は?
> いや、別に催促してるわけじゃないけど


http://blog-imgs-58.fc2.com/k/o/d/kodoku21/1367128051698_20130718195659.jpg

催促してるじゃないですかァー!
えーと、とりあえず今から漫画版エンデュミオンの感想を書いて、
そこから次はダンガンロンパ(ゲーム)の感想を最後まで終わらせるつもりです。
なので夏アニメの感想はもうしばらくお待ち下さいませ。

デビ |URL | 2013/07/18 19:58 * edit *

すいません。自分からも一つ質問です。

>なので夏アニメの感想はもうしばらくお待ち下さいませ。
その夏アニメの感想にダンガンロンパは入れますか?

ジャックポット |URL | 2013/07/18 21:18 * edit *

漫画で上条さんと美琴の組み合わせが好きになった最高の場面の一つなので、本当に感動しました!
新約でもこの2人の絡みがもっと増えるといいですね!
次回のVS一方通行戦も楽しみです!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/18 22:32 * edit *

Re: タイトルなし

> その夏アニメの感想にダンガンロンパは入れますか?

http://blog-imgs-58.fc2.com/k/o/d/kodoku21/1364390456149.jpg

デビ |URL | 2013/07/18 22:41 * edit *

返信ありがとうございます。

おおー!楽しみにして待ってます。

ジャックポット |URL | 2013/07/18 22:56 * edit *

いやマジで尊敬します
この記事こそ「愛」だ
単語を使わなくても見ればわかる
言葉はいらない
敬服します

昇熱 |URL | 2013/07/19 00:01 * edit *

いつもいつも「これ考察本にできるよね」ってレベルの記事を書いているデビさんマジ尊敬します。

ロンパの感想はうれしいけど無理はなさらずに

クロスケ> はっちゃんさん ボクっ娘登場でアバババババ |URL | 2013/07/19 02:37 * edit *

デビさんのテンションと愛がこっちに伝わってくるようなすばらっな感想お疲れ様です

今回は文句のつけようがないほどの神回でした
美琴の号泣、上条さんのヒーローっぷり、黒子の健気さと変態っぷり
何もかもが期待以上の出来で原作をも超えたといっても過言ではないと思いましたよ
エンディングから次回予告まで涙があふれっぱなしで何回繰り返し見たことか!

次回はいよいよ今までの鬱憤を晴らす一発が来ますからね
次も作画や他も今回のような神回を期待せざるを得ませんぜ!

梯子男 |URL | 2013/07/19 18:51 * edit *

文句無しの神回だった!!やっぱり上条さんは最高だZE☆
いよいよ今夜は上条さんVS一方通行か!!見逃せないな!!

MCC |URL | 2013/07/19 21:58 * edit *

感想お疲れ様です。いよいよ鉄橋回。上条さんカッコよすぎ!みこっちゃんの泣き顔可愛すぎ!
こんなん、惚れないほうがおかしいっていう回でしたね!!

黒子は相変わらず、健気で変態だなぁ。スミマセン。デビさん始め、黒子好きな方。気を悪くしたらゴメンナサイ。
アバンの枕ハァハァでいつもの変態性は出したんだから、好きな人のリコーダー云々はなくてもよかったかなぁ
インターホン越しの逡巡時のセリフ「お姉様が大変な状況にあるのにお気楽な猿人~~」も違和感がありました。
なんていうか一度ならず二度も、枕ハァハァで悦に浸ってたお前が言うなって感じで、説得力もなかったから。

美琴の支えになってる「件のあの馬鹿さん」のセリフがありませんでしたね。一期で色々カットしたからなんだろうか?
だったら"アニレーにとって"のオリジナルシーンとして美琴が黒子に「あの馬鹿」について喋ってるシーンを
追加してもよかったのではと感じましたね。黒子は相手を目の敵にしてても認めるところは認める、
そういうキャラだと思うから、ここの上条さんと黒子のやり取りは上記のこともありちょっと残念でした。
禁書一期のほうがよかったかなと個人的には思います。

> 上条さんをベッドの下にゲシゲシ蹴りこんで隠しましたね!ありがとうございます!
禁書一期より酷くなってましたね。確認したら蹴らずに手で押し込んでましたし。
ゲシゲシ蹴ってるほうがデビさんにとってはご褒美なんでしょうが(笑)

> そしてそのキルグマーに対して、なぜか爪を立てたり猫パンチを繰り出す黒猫の「保留」…。
そのおかげでレポートのコピーを見つけてしまう上条さん。黒猫がいい役割をしてますね。
上条さんがレポートを見てるときにキルグマーに飛びついて戯れてる「保留」カワイイなぁ。癒されるわ~

> 上条さんにとっちゃ、学生寮の窓から降りるなんて朝飯前なんでしょう。普通の高校生(失笑)
二階の高さなら飛び降りても、ちゃんと着地すれば少し足の裏が痺れるぐらいだから、運動神経悪くないなら大丈夫ですよ。
着地ミスったら、もちろん怪我するけど。下の108号室の人は急に上から人が降ってきて驚かなかったんだろうか?

そして鉄橋シーン
目まぐるしく変化する、美琴の感情と表情、手の震えなど、ホントに細かく丁寧に描いてくれたスタッフさんに感謝、感謝。
BGM、演出、阿部さんの演技、そして何よりサトリナさんの演技、どれも素晴らしかったですね。

「アンタは私を許せないと思ったわけね」とセリフが、漫画とは違い一択になってましたね。
これにより、「心配したに決まってんだろ」という予想外の言葉が、美琴の胸に突き刺さりましたね。
漫画とは違う台詞回しだけど、ストレートにわかりやすくなってるナイスな改変だと思います。
自分は漫画通りの二択もいいと思います。それについては後述します。

> 美琴は少なからず…自殺して早くこの地獄から解放されたいと思っているんでしょうね…。
これは直前の「私が死ぬしか方法は無いんだから、もうそれでいいじゃない」に集約されてますよね…
今までやったことは無駄に終わり、精神も限界。そして最初「責められたほうが"楽になれる"」と思っていたこと…
そういうところから「『もう』それでいいじゃない」…『もう』となくても言葉としては通じる。
だけど『もう』と二文字つくだけで、自分じゃどうしようもない「諦め」の気持ちが出てますよね……

球体状の電撃放ったときに、ちゃーんと周りの建物の電気が消えて
徐々に停電が広がっていっていく細かいところも表現してましたね。

今回の演出も素晴らしいんだけど、欲を言えば
「――なんで、そんな顔で、笑っていられるのよ」で、大粒の涙は落ちてていい。だけど涙が流れてる顔は映さずに、
「だから泣くなよ」に合わせて、初めて泣き顔が見えるようにしてくれたらもっと嬉しかった。

EDの入りがいいですね。しかしここのみこっちゃんの泣き顔、やべぇ。超可愛い!
そして11話とは逆で、上条さんが顔見せてて、美琴が背中を向けている構図ですね。

次回予告
最弱(かみじょうとうま)。こう読ませるなら
第13話「一方通行(アクセラレータ)」は「最強(アクセラレータ)」でもよかったなぁと思っちまった。
上条さんが次回予告乗っ取ったけどいいんだよ。他アニメでも主人公が出ない週があったり、
闇落ちしたら仲間が助けたりするんだし、それでもその作品の主人公はその人なんだから。

「私のことが――」の部分、漫画通りの場合の個人的解釈
美琴は「いっそ誰かに責められた方が楽になれる」と考えてることから「より強く、確実に」責められるほうが楽になれる…
「より強く、確実に」責めてもらうために「心配」というワードを使ったのではないだろうか。
この時、美琴は上条さんに実験の「協力者」として責められると考えています。心配されるとは全く思ってないでしょう。
これはアニメにはなかった「その役……お願いできるかしら」というモノローグから推察できます。
そして美琴は、敢えて「心配だと思ったの?許せないと思ったの?」と"わざと"二択にしてるんだと思いました。
許せない人間が聞いたら「心配!?この期に及んで何言ってるんだ!」と「強く」責めてくれるでしょう。
つまり許せない人にとって逆の言葉を使って煽り、「より確実に強く」非難してもらい楽になりたかった…
わざと悪態をつく行為、辛いですね…。…精神的にギリギリだから頭が回ったかどうかはわかりませんけど……

> 2013.07.16 Tue 23:43 コメント#57445 様 や 名無しさん@ニュース2ch 様 が仰るように
無意識的に上条さんに突き放されたくない。わかってほしいという面もあると思います。
原作漫画が二択だったから色々考えられるセリフですね。

view |URL | 2013/07/19 23:28 * edit *

イケメンすぎた

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/20 02:11 * edit *

記事お疲れ様でした。この回も最高の一言に尽きますね。
これを見た時の胸の奥から湧きあがる感情をどう表現していいものか分からないですよ。

私個人の感想ですが、なによりも素晴らしかったのは佐藤利奈さんの演技ですね。
台詞の端々から美琴の感情を表した無感情にも思える起伏のない静かな声。思いがけない一言を掛けられて動揺した心情を表すか細く震えた声などなど。

アニメ禁書が放送された当時とは異なる、アニレーを経て、年数を経たからこその感情の入れ具合がダイレクトに伝わってきて、展開を知っているのにも関わらず、胸をギュッと締め付けられるような苦しい思いをしましたよ。感動しましたね。

こんなにもこちらの涙腺を刺激するほどに追いつめられた彼女を身を挺して救わんとする上条さんに惚れない訳がない!私だって惚れますよ!大好きですよ!

次回の最強と最弱の一戦・・・。記事期待してますよw

>…賛否両論ありますけど、アニメとあるシリーズの基盤を作った禁書1期って私けっこう好きなんだ…。
私も好きですよ~!
あのアニメがあったからこそ、今のアニレーで最高の物が見れる気がしますね。

SSS |URL | 2013/07/20 02:58 * edit *

15話みたら携帯壊れてた

tatsusaubar |URL | 2013/07/20 11:04 * edit *

美琴と同じく視聴者も鬱をこれでもかと言うほど突き付けられましたが、その分だけ上条さんが登場した時の安心感とテンションの上昇が半端ありません!!

そして来週はいよいよ決着!!録画してよかったぁああああああああああああああああ!!!!

オッゴ |URL | 2013/07/20 11:35 * edit *

小学校から超電磁砲のファンでよかった
 今回のレールガン最高すぎっ!
  妹編もうすぐクライマックスだけど、残りの話はどんなだろー?
  
   新OPも楽しみですね
    小室さんとコラボするんでしょ?

るみこと |URL | 2013/07/20 13:36 * edit *

見た!すげー泣けた!音楽の入り方も表情もすごいよかったー
歴史に残るね!これは!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/22 00:11 * edit *

もう、見た後鳥肌もんでした!!感動ですね!コミックの改変の意味もわかりました!流石でびさん!そう思うと一層胸が熱くなりますね!もう、この感動を言葉にできない!もう一回みてくるぜ!

亀之助 |URL | 2013/07/22 11:56 * edit *

とちぎテレビでリアルタイム視聴完了!イヤー今回はホントに神回でしたわ!!

録画よりもリアルタイムで視聴した方がよっぽど心に残りますよ!!そして今週はいよいよ決着・・・あぁ見逃せない!!

オッゴ |URL | 2013/07/25 00:42 * edit *

御坂が「実験動物」に対する研究者の扱いを吐露するシーンがあるが、
正直研究者はそこまでドライじゃない

実験動物には日々感謝してるし、お世話をする上で極力ストレスがかからないようにケアしてる
その上で解剖なり実験なりで亡くなった動物たちに対してはちゃんと年に一度もしくは数度まとめてだけど必ず黙祷を行ってる
中には命を奪った実験動物が夢に出て不眠症になる研究者もいる
命を扱って結果を得てる以上、その研究に責任をもって臨んでる

やることやって焼却炉にポイなんて間違ってもしない
シナリオ的にそっちの方が勧善懲悪として分かりやすいからそうしたのか知らんが、
見てて不快だったわ

単純に現場を知らない中学生の想像から出た発言だから仕方ないのか、
妹達の実験者は本当に”そう”だから嘘では無いんだろうけど、
「実験動物」という括りでああいう物言いされると否定せざるを得ない

それを度外視するとまぁ燃える展開ではあったんだけどねー

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/25 05:34 * edit *

↑いや妹達の実験者どころじゃない
あんたが言ってるとうり良心的な人もいるんだろうが学園都市の研究者はマジ頭おかしい
実際にいる研究者と一緒にしちゃいけない

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/25 11:25 * edit *

死体片しといて
自分のクローンが現れたら気持ち悪い

これだけで十分イカれてるし
世間や提供者に隠して、いざ反撃されたら逃げる屑が感謝黙祷とかないわ

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/25 23:39 * edit *

↑いや、学園都市の研究者のことを言ったワケじゃなくて、
世間一般の研究者の実際を述べただけですよ

この作品の研究者が全般的にイカれてるのは分かってます
ただ、御坂がさも「研究者とはそういうもの」のような物言いをしたのが癇に障ったんです
現実の研究者はそんなことありませんよ、ってだけです

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/26 18:01 * edit *

BD1巻コメンタリ

円盤買う主目的の一つになっているコメンタリが良かったですよ。
丁度この回のアフレコ直後の収録だったとかで、
佐藤さん、新井さんともちょっと変なテンションでしたね。
管理人さんは新井さんと黒子がお好きとの事ですが、
コメンタリで裏アフレコみたいなことやってましたよ。
続巻も楽しみです。

そういえばコメンタリON状態で、
TopメニューのノンクレジットOp/Edやると・・・
こういう仕様なのですかね?

埒外 |URL | 2013/07/26 18:09 * edit *

その一部分だけ現実と混同した意見だと癪に障る相手自体間違ってるよ

学園都市の名無しさん |URL | 2013/07/27 02:17 * edit *

↑分かってますよ、そんなことは
脚本家の問題でもあるし、それをOKした製作にも問題があるし
別に本当に御坂に対してイラついたワケじゃない
「何言ってんだこのアニメ」ってことです

まぁイラついた所で結局作品自体がフィクションだし、
その中で世界観を反映させた一台詞ってことは重々理解して割り切ってますけどね

学園都市の名無しさん |URL | 2013/08/08 11:49 * edit *

後から言い訳、最後は他のせい
現実の○○を知ってる人間は別にお前さんだけじゃないのをまず理解しろや


学園都市の名無しさん |URL | 2013/08/10 04:01 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/2972-93b18f18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎とある科学の超電磁砲S第14話『約束』

))クロコ:ほっておくわけにはいきませんわ、、いえ決めたのですね待つと♪ピンポン))来客とは珍しいですわね*[カミジョウだけど))この前ちょっかいをだしていた類人猿?追っかけ...

ぺろぺろキャンディー | 2014/05/01 15:59

とある科学の超電磁砲S第14話「約束」感想

ヒーローのおでましだーーー 試験やらなんやらも済んでようやくブログの更新ができるよ・・・ ということで遅れに遅れて今さら感はありますがとある科学の超電磁砲S14話の感想

クロのアホな日々 | 2013/07/19 01:37

[アニメ]とある科学の超電磁砲S 第14話「約束」

美琴が亡くなること≒実験の中止? 美琴は必要か不必要か、そう考えさせるほどに彼女を追い詰めていた現実。http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-2972.html

所詮、すべては戯言なんだよ | 2013/07/18 01:24

とある科学の超電磁砲S 第14話 感想

 とある科学の超電磁砲S  第14話 『約束』 感想  次のページへ

荒野の出来事 | 2013/07/17 03:03

とある科学の超電磁砲S 第14話 「約束」

とある科学の超電磁砲S 第14話 「約束」 感想

ムメイサの隠れ家 | 2013/07/17 02:38

とある科学の超電磁砲S 第14話「約束」

美琴の寮に向かった上条は、御坂妹の実験について知る。 孤独に戦う美琴を上条は探しに向かうが… その頃、美琴は自分に出来る最後の選択をしようとしていた。 上条さんがヒーロ

空 と 夏 の 間 ... | 2013/07/16 23:05

とある科学の超電磁砲S 第14話 「約束」 感想

誰もが笑顔でいられる幻想のために―

wendyの旅路 | 2013/07/16 22:09

とある科学の超電磁砲S「第14話 約束」/ブログのエントリ

とある科学の超電磁砲S「第14話 約束」に関するブログのエントリページです。

anilog | 2013/07/16 21:50