03/24
 アニメ ROBOTICS;NOTES 第22話「ここからは、俺たちのゲームだ」 感想

4aedac22.jpg

ついに最終決戦!…という事でアニメ「ROBOTICS;NOTES」最終話!
世界を救う戦いに挑むロボ部…果たしてミサ姉が操るスメラギにガンヴァレルは勝つ事ができるのか!
ネタバレありなのでご注意くださいませ。


a6079cc5.jpg
3cdfb6c7.jpg
1363889998798.jpg
6913e352.jpg
d6695854.jpg
fb49ccbe.jpg
1363888431008.jpg
50cb7510.jpg
beebd724.jpg

電子の怪物・君島コウと『300人委員会』によって始まる悪夢の計画「プロジェクト・アトゥム」…!
それはSERNから盗み出したブラックホール爆弾を「種子島宇宙センター」からロケットで発射し、
磁気圏サブストリームを発生させ…40億人の人間を殺すという史上最悪の計画でした!
そして君島コウから操られ、その計画の中心にいる人物こそ…アキちゃんの姉である 瀬乃宮みさ希!

世界を救うのはヒーローじゃない――オタクだ!
再集結したロボ部5人と、集まってくれた種子島の仲間達によって改良されたガンヴァレル1号機!
パイロットであるカイはそれに乗り込み、軽トラで電源供給する仲間達と一緒に…最終決戦の地へ向かいましたね。
ミサ姉が乗っている戦闘ロボ「スメラギ」…あれを撃破しないと人類に未来は無い!泣いても笑っても最後の戦いです!

そしてガシャガシャと重音を響かせながら「種子島宇宙センター」に出撃するガンヴァレル…!
…この時に信号機がウィーンと曲がってガンヴァレルを避けてましたけど、
種子島ってロケットを運んだりするから信号にこういう機能があったりするんですってね。
まぁそれはさておき、ダルが作ったプログラムのおかげで遠距離からミサイルを食らう事も無く、
ついにガンヴァレルは―――ミサ姉が乗っているスメラギの眼前まで辿り着きました!

睨み合う2人…見た目はちょっとダサい1号機も、ARの世界では立派なガンヴァレルです!
―――が、そのガンヴァレルにスメラギは…容赦無くミサイルを連射しましたね!
光や熱を探知するのではなく、AR上の実像を探知する誘導ミサイル…ッ!
しかしだからこそ対抗する策はある…軽トラに乗っていたロボ部員が一斉に「ARデコイ」を起動します!
すると分身の術のようにガンヴァレルが大量に出現し、ミサイルの弾道をズラしましたね…!

このまま相手がミサイルを使いきれば、近接戦闘に持ち込める…しかしあくまで「分身の術」でしかない!
なんとデコイに反応しなかったミサイルの1本がガンヴァレル本体に飛んできてしまいました!
「アキちゃん!ボタン!」…カイは人為的に「スローモー」が発動できるボタンを押すように叫びます!
しかしこれを押すと、カイの心臓に失神級の負担がかかってしまう…葛藤するアキちゃん。
…前回、アキちゃんとカイのキスシーンがあったからこそ、この葛藤がグッと来るんですけど、
再びカイから急かされたアキちゃんは…ボタンを押してしまいましたね。

スローモー発動…超人的な反射速度でカイはミサイルを見切ります!
しかしカイの反応がいくら速くても、動かしているのは鈍重な1号機…軸をズラすのが精一杯です。
その結果、直撃は回避したものの…左腕のパイルバンカーを根こそぎ破壊されてしまいましたね。

…というかさっきからBGMがメチャ熱すぎて手に汗を握ってるんですけど、
左腕を犠牲にして―――相手のミサイルを全て消費させる事に成功しました!
今から始まるのは火花を散らせる近接戦闘…ガンヴァレルはスメラギに接近します!
―――が、ここでスメラギは2本のブレードを取り出し…ガンヴァレルを切断しようとしましたね!
なんとかパイルバンカーで受け止めますが、1本の腕じゃ受け止めるのが精一杯…パイルバンカーを射出できない!

唸れモノポールモーターッ!!!…だけど人の熱意と叫びで性能を超えたパワーを発揮するのが王道展開!
なんとドクが作ったモノポールモーターが唸りを上げ、ブレードを弾き飛ばしましたね!
相手の胴体がガラ空きになった…だが数瞬後に2本目のブレードが飛来するッッ!!!
スローモー2回目…再びカイは加速し、2本目のブレードを回避しました。
これで今度はこっちの攻撃ターン…ガンヴァルアンクストライカァァァァアアッッ!!!
その攻撃はスメラギの中心を貫き…見事スメラギをひっくり返しましたね!

…まぁスメラギってガンヴァレル2号機の下敷きになったぐらいで機能停止しましたし、
軽量化の為に相当ボディの装甲が薄いんでしょうね…モノポールモーターの敵じゃないですよ!
というか「ガンヴァルアンクストライカー」を放つ瞬間だけ、AL世界のカッコいい1号機を映す演出は燃えるなぁ…。

そして沈黙するスメラギに対して…いや、ミサ姉 に対してカイは、アキちゃんと話すように言い放ちます!
カイにとっては、世界を救う事よりも…この2人の姉妹を再会させるのが最大の目的なんでしょう。
…が、なんとミサ姉は完全に君島コウに洗脳されてしまったらしく、もはや人形と化しているようですね…。

さらにスメラギは…蜘蛛のような装甲を捨て、人型の第二形態に変形しました!
くっそー!敵ながらカッコいいロボじゃねーか!移動スピードもメッチャ速いよ!
ちなみに萎え…もとい綯さんのバイト戦士流格闘術で宇宙センターの中にいたテロリストは制圧したようですけど、
君島コウがいる限り…ロケットの発射を止めるコマンドがロックされているようですね…。
つまり世界を救うには、物理的にロケットを止めるか…君島コウをデリートするしかない!助けてロックマンエクゼー!


1363890493464.jpg
93b8044b.jpg
74057f0a.jpg
4233bc84.jpg
895b89c3.jpg
8c78d7bb.jpg
8a2896a2.jpg
bc5e371f.jpg
19b673ed.jpg
1363887318253.jpg
c72717c0.jpg
88357ea1.jpg
db2f93b2.jpg
1a140916.jpg
037259e9.jpg

そして変形したスメラギは…エネルギー供給ロボの弱点である電源を破壊しましたね!
こうしてガンヴァレルは、アンビリカルケーブルを切断されたエヴァよろしく、
内部電源を使って戦う窮地に追い込まれてしまいました――― その時間、残り5分!

…この時、スメラギに襲われるこなちゃん「私死んだ、はい死んだ」と泣きながら言ってて萌えたんですけど、
そのこなちゃんが「君島コウをデリートするプログラム」が澤田キュンから届いた事を知らせましたね!
これを使えば君島コウをデリートできる…しかしポケモンスナップのように、
ポケコンの画面内に君島コウを映してプログラムを起動する必要があるようです…。
さらにこのプログラムをインストールするには、ポケコンを再起動する必要があるッ!
その間、カイはガンヴァレルを操作できない…再起動の事を敵に悟られたらゲームオーバーです。

しかし君島コウが操るスメラギは…動かないガンヴァレルを不審に思い、ブレードを握って突撃してきましたね!
君島コウはロケット発射の時間を稼げば勝利なのに、自分から攻めてくるなんて…最悪の結果でしょう。
―――が、ここでアキちゃんがカブに乗ってスメラギに突撃しました!
おおおおおい!アキちゃん死ぬ!死ぬってアキちゃん!…そんな視聴者の叫びも空しく、
スメラギはアキちゃんにブレードを振り下ろします…が、それが寸前で停止しましたね!
どうやらアキちゃんの叫びが…洗脳されているはずのミサ姉に届いたようです!ベタだ!すっごいベタだ!
操られている味方が声に反応して自我を取り戻すとかメチャベタだ!だけど嫌いじゃないよ!

ミサ姉の自我で停止するスメラギ…それに再起動を終えたカイは2発目のパイルバンカーを撃ち込みます!
しかしあくまで"弾いた"だけ…まだスメラギの機能は停止していません。
するとカイは、スメラギを操る君島コウ…いや、パイロットのミサ姉に暴言を吐き始めましたね!
ミサ姉はテレビに出て愛想をふりまく女じゃない、すました顔でパーフェクト勝ちを狙う女だ!
女性なのにロボアニメ好きで、こんな田舎で巨大ロボを作るなんて本気で言っちゃう馬鹿女だ、と…!

その暴言が届いたのか…なんとミサ姉は自分の意思でカイに襲いかかりましたね!
「それ以上言ったら潰すわよ!」「さぁ、ここからは俺たちのゲームだ!」
君島コウの洗脳なんて関係無い、世界を救う戦いなんて関係無い…八汐海翔と瀬乃宮みさ希の一騎打ち!
両者の距離がゼロになり、ミサ姉はブレードを振り上げます…ここで3度目のスローモーッ!!!
君島コウではなく、いつもキルバラの対戦で戦っている…いつも「負けている」ミサ姉が相手だからこそ「勝てる」戦法!

ミサ姉は必ず…4フレ右に避けるんだよおおッ!!!

…なんとカイは、ミサ姉の「癖」を誘発し…間一髪でブレードを避け、パイルバンカーを叩きこみましたね!
このシーンは不覚にも熱くなってしまったなぁ…君島コウではなく、ミサ姉をステージに引きずり上げる!
そしてカイは…剥き出しのコックピットにいる君島コウにダルが作ったデリートプログラムを撃ち込み、
ついに諸悪の根源である君島コウを消す事に成功―――ロケット打ち上げも阻止しましたね!

「第2、第3の僕がいずれ…」…消える寸前の君島コウは、なんかドラクエの魔王みたいな事を言い始めます。
まぁ300人委員会は消えてませんし、実際カオヘ→シュタゲ→ロボノで3度目だからなぁ。
最後の最後まで王道…と思いきや、カイは笑顔で君島コウに「正義は勝つらしいよ」と言いましたね。
そうアキちゃんが言ってた、と…「正義は勝つ」ではなく「勝つらしい」というのがカイらしいなぁ。
あくまで悪を倒すのは「正義」ではなく、「正義の意思」を持った存在だ、というのが…。

大徳さん&こなちゃん「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!」

このコンビは可愛いなぁ…この戦いを見ていた種子島の面々は歓声に包まれます!
…いや、どうやら世界中に実況中継されてるらしいので、たぶん世界中が沸いているでしょう。
そして全てを終えた一同は、皆が待っているハンガーに戻ります…そこでキルバラを削除するカイ!
このシーンは驚いたなぁ…大人になったと言いますか、次のステージに上がったと言いますか、
勝利したロボ部を出迎える種子島の仲間達に歓迎されながら…カイは一度諦めた夢に再挑戦すると決めていましたね。


1363913356723.jpg
1b29e513.jpg
686db522.jpg


1363917640553.jpg

…という事で半年間楽しませてくれたアニメ「ROBOTICS;NOTES」最終話…皆さんどうでしたか?
ラストシーン…ロケットに乗って宇宙へ飛び立つ謎の人物…まぁカイなんでしょうけど、
それをガンヴァレルの肩に乗って見送っているのはアキちゃんかな?ついに本物を完成させたか!
まぁ世界を救った英雄ですし、スポンサーとかついてるんでしょうね…ちょっと胸が熱くなったぞ…!
原作ゲームはハンガーに帰還した所で終わるらしいので、かなり良い改変だと思いますねー。

まぁそれはさておき、作品の全体的な感想に入りますけど…なんか消化不良感があるんですよね。(ぇー!?)
いや、違うな…高級寿司屋さんに言って上のネタだけ食った感覚と言いますか、
裏設定やらストーリーがメチャ深い題材なのに、それを存分に味わえてない感じがするんですよ!
いや、美味しいんですけどね?ネタだけでも美味しいんですけど、なんか物足りない感じがするんですよぉ!

こなちゃんの母親の行方や、モノポールが落下してきた理由、瑞榎さんが殺された明確な理由が語られてませんし、
何より…今まで「日常」の中にいた主人公達が、いきなり「非日常」という快速列車に乗せられて最終話って感じで、
種子島の仲間達が集まるシーンや、最終決戦など…「感動」に頭がついていかないんですよね。
主人公、ロボを作りながら怪しいレポートを収集する→実は全部黒幕の手の平の上でした→
澤田や君島コウから一気に全ての真実を聞かされる→完成したロボで正面対決→
顔も知らない協力者が作ったプログラムのおかげで君島コウデリート→勝利!という…ダルが英雄すぎる…。

まぁあくまで主人公(カイ)視点の物語なので非日常に至るまでストーリーが平坦なのは仕方無いんですけど、
それでも…東京でノア端末を使っている敵を倒すカオヘ勢や、プログラムを作るシュタゲ勢、
アメリカからTwitterで応援してくれるクリスティーナを見たくなかった…と言えば嘘になってしまいますよ。
やっぱり下手に10年に1度の神作品であるシュタゲとリンクしてるから、比較しちゃうんだろうなぁ…。

ただ、それでも…やっぱりロボコン優勝を目指していた最初の方から思い出してみると、
なんか胸から込み上げてくる感動があるんですよね…この画像を見た時、
なぜか「タネガシマシン3改」を見て目がウルっとしたもん…超懐かしいわ…。
正直最初はあんまり魅力を感じなかったロボ部の面々も、今は大好きですし…というかこなちゃん!
こなちゃんがメッチャ可愛いんですよ!この子が出るだけで顔がニヤけて癒されるんですよ!(ぇー)
もうホント可愛いわ…ファンディスクが出たらこなちゃん目当てで購入を考えるわ…。

監督様、スタッフ様、声優様、このアニメに関わった皆様…良いアニメをありがとうございました。
ちょっと不満点とか書いちゃってますけど、それは愛の裏返しで…半年間すごく楽しませてもらいましたよ!
今後の展開も期待してます!ではまたー。



ちなみに作中で活躍できなかったアキちゃんの発作(ファスト・フォワード)ですけど、
あれって「お姉ちゃんに追いつきたい」→「世界を加速させる」って意味があるんだそうですね。
んで、「ミサ姉とずっと一緒にいたい」と思っているカイが「世界を減速する」スローモー、と…。

« アニメ ジョジョの奇妙な冒険 第24話 「JOJOを結ぶ絆」 感想  |  「劇場版 とある魔術の禁書目録 -エンデュミオンの奇蹟-」錦織監督のインタビューが素晴らしい »

コメント

1話しか見なかったけど デビさんが絶賛するなら見ようかな

名無しさん |URL | 2013/03/24 11:32 * edit *

たしかにいろいろわからなかったことがありましたけど、原作だと明かれるのでしょうか?
ゲーム買おうかな・・・

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/24 11:51 * edit *

ダカーポⅢ同様アニメ化が速かったからですかね。元々セットだったのかもしれんけど。
でも出来がそこまで悪くなかった

名無しさん |URL | 2013/03/24 11:56 * edit *

個人的には綯さんがひたすら可愛いアニメだった。
どうしてもシュタゲと比べちゃうのもあるけど。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/24 12:14 * edit *

ほんとに良かったです!
やっぱりこなちゃんがかわいかった!
確かに消化不良な部分もありますがそれでも良かったです。
原作ゲームがPSPででてくれればな~

GX |URL | 2013/03/24 12:33 * edit *

なんだかんだ観てたけど、最後まで観てて良かった!
デビさんも感想お疲れ様でした。


さてもうすぐ春アニメがやってきますが、感想はどうするん(ry・・・いやなんでもないです^^
デビさんが忙しいのは承知の上ですけど、せめてレールガン2期だけでも良いんでドウカオナシャス(土下座)

wawawa |URL | 2013/03/24 13:03 * edit *

>なんか消化不良感があるんですよね。
>今まで「日常」の中にいた主人公達が、いきなり「非日常」という快速列車に乗せられて最終話って感じで・・

言いたいことはほぼ全てデビさんが言ってくれました。途中まですごく面白くて、期待度が上がっていた分、急展開が残念でしたね。

あとひとつだけ。最後にカイがキルバラを削除しましたけど・・・・・、そんなことしたら、こなちゃん泣いちゃうよォ!!消すことないだろォォォォ!!

あすとん |URL | 2013/03/24 15:06 * edit *

悪いところもたくさんあるがいいところもたくさんある
そんな作品ですね

アニメはすごくいい出来だったと思います
感想お疲れさまでした

おばあちゃんマン |URL | 2013/03/24 19:55 * edit *

結局、モノポールとか伏線全然回収されてへんやろ・・・
つまりOVAを買えという事カァァァァァ!!!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/24 20:28 * edit *

あ、原作だとハンガーに帰還して終わるんですか
このアニメのエンディングを見る限り、今後数十年はシュタインズゲートも平和なようですね

ファンディスクが出たら、私もこなちゃん目当てで買いたくなりそうです…!

BS |URL | 2013/03/25 00:17 * edit *

無題

ゲーム版ではアニメで語られなかった、設定や話がありますよ。
アニメ化するに当たって追加もありましたが、カットも多々見られたんで。

少し前から拝見させていただいてます。
グリム

グリム |URL | 2013/03/25 01:39 * edit *

デビさん、感想お疲れ様でした!(*´ω`*)
ゲームやった友達からは主人公がやる気無くてつまらんと聞いてましたが、俺はカイ君みたいなヒーローもアリだと思いますぜ!決めるとこはキメますしねw。
>ついに本物を完成させたか!
なんと!見逃していました!あれはアキちゃんだと!?なんという胸熱なエンディング……デビさんのおかげでより一層感動的に見れます!そうか、完成させたのか!
(上条さん「やりやがったな!きっと世界にうんたらかんたら」)
途中ちょっぴりホラー入りましたが、全体的に爽やかな物語でしたね。(完全にプログラム化してた君島コウはゲスでしたが)音楽も素晴らしい。フラウさんヤバいw、良いキャラでしたw。
このアニメの製作者の方々、ありがとうございました。俺は充分に楽しめましたよ!(*´ω`*)

タク |URL | 2013/03/26 00:50 * edit *

最後の戦いを見てガンダムとジオングの戦いをオマージュしたのかなぁと思ってちょっと
感動しました。
違ったら恥ずかしい感想ですね。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/26 08:46 * edit *

コレは、久々の神作ダーーーーー!

あとこの感想記事もGJですっ!!!

(PS3買ったらやろうかな・・・)

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/26 13:02 * edit *

>ベタだ!すっごいベタだ!

だがそれが良い(キリッ

MTL |URL | 2013/03/27 11:25 * edit *

デビさんの感想記事相変わらずおもしろいですw

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/28 15:26 * edit *

最後、二人とも夢をかなえてしまったんですよね。もう少し明確に見せて欲しかった

学園都市の名無しさん |URL | 2013/10/04 04:56 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/2811-eaad4c86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロボットへの青春

アニメ「ROBOTICS;NOTES」を見ました。 フジにて木曜深夜にやってました お馴染みノイタミナ枠です PSYCHO-PASSの後でしたね 拡張現実が当たり前となった近未来 中央種子島高校、ロボット

笑う社会人の生活 | 2013/04/06 22:45

さすがの怪演(ROBOTICSNOTESとかプラチナデータ(映画)とか)

【ROBOTICS;NOTES 第22話(最終回)】ロケット発射阻止に向かうスーパーガンつく1(海翔くん)と、立ちはだかるみさ希さん(君島コウ)の巻。冒頭、スーパーガンつく1がロケット発射台 ...

アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮) | 2013/03/25 01:41

ROBOTICS;NOTES(ロボティクス・ノーツ) 第22話「ここからは、俺たちのゲームだ」

最後はロボ対決! チュウタネロボ部は世界を救えるのか? 終わり良ければ全て良し♪ お約束は多かったけど最終回は盛り上がりました~!

空 と 夏 の 間 ... | 2013/03/24 21:04

ROBOTICS;NOTES 第22話 最終回 感想

 ROBOTICS;NOTES  -ロボティクス・ノーツ-  第22話 最終回 『ここからは、俺たちのゲームだ』 感想  次のページへ

荒野の出来事 | 2013/03/24 17:44