03/03
 劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」感想

dd2eb0c6a70e9ff9e2a09feac3fc0301.jpg

遅くなりましたが、劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」の感想&考察です。
ネタバレありなので未視聴の方はご注意下さい。また、かなり長文なっておりますのでご了承を。


SWScan12_20130303062417.jpg

全ての始まりは1つの事故―――航空・宇宙開発分野の為に占有させている第23学区で3年前に起こった、
オービット・ポータル社によるスペースプレーン・オリオン号の絶望的な事故から始まります…。
開業記念試験飛行という事もあって、関係者の親族や抽選で選ばれた人達が乗っていたんでしょう。
学園都市のテクノロジーと優秀なスタッフに保護されているオリオン号は快適な宇宙の旅を提供していました…が、
帰還直前…スペースデブリと衝突してしまい、エンジンブロックが損傷を受けてしまいました!

片翼が火を吹き、空中分解していないのが不思議なぐらい…パイロットが逃亡する程の絶望的状況です。
―――が、なんとオリオン号は奇蹟的に不時着を成功させましたね!
さらに着陸のショックで片翼と機体が分断され、乗っていた乗員乗客88人の内…なんと88人が生存していたようです。
この「奇蹟」としか呼べない出来事は大々的に報道され、学園都市に…いや、世界に知れ渡ったようですね。
『88の奇蹟』として語り継がれ、不時着した場所に記念碑が立てられる程に…。

しかし「奇蹟」が起きたとしても、スペースプレーン計画で大事故が起きた事実は変わりません。
オービット・ポータル社は大打撃を受け、倒産寸前まで追い込まれました―――が、
なんとその会社を レディリー=タングルロードという当時7歳の少女が買い取ったようです!
さらにその少女は天才的な手腕でオービット・ポータル社の経営を立て直し、
次なる大事業として「宇宙エレベーター」の建設に着手するほど凄まじい人物でしたね。


cont_bg014.jpg
mov_01.jpg

それから3年後…ツンツン頭の高校生・上条当麻と、腹ぺこシスター・インデックスが学園都市を歩いていました!
どうやら昨晩…上条さんは夕食の用意を忘れてしまったらしく、ひもじい&さびしい思いをしたインちゃんは、
お詫びとして外食に連れてってもらう約束をしたようですね。ぷんすかぽんぽん!
…ちなみに今回の物語は、時系列的に「旧約8巻(残骸編)」と「旧約9巻(大覇星祭)」の間の話なんですけど、
この劇場版の中で4回ほど昼→夜になる描写があるので、スケジュールがギッチギチなんですよ。
なので上条さんが夕食の用意を忘れた理由は、残骸編で色々やってたからだと思われます。

まぁそれはさておき…飛行船のモニターや屋外ビジョンで報道されている「とある単語」を見たインちゃんは、
「ねーねーとうま、宇宙エレベーターって何?」というとんでもない疑問を口走りましたね!
それには流石の上条さんも、若干インちゃんのセリフを食い気味でツッコミます!
学園都市の第23学区にそびえ立つ、超巨大な建造物…地上と宇宙を繋ぐ「宇宙エレベーター」
今まで学園都市で魔術師達と戦ってる時にもずっと存在したのに、貴女の完全記憶能力はどうしたんですか、と…。
ハッハッハ、そうだよインデックスちゃん!今までずっと背景にあったじゃないか!(目の中に星を入れながら)

とりあえず宇宙エレベーターの方向を指し示す時、上条さんがインちゃんの肩を抱き寄せててキュンと来たんですけど、
そこで2人は…巨大な「宇宙エレベーター」の光景より心に響く、素晴らしい歌声を耳にします。
鳴護アリサ…たった1人でストリートライブをしている、可愛らしい顔つきをした美少女。
しかし彼女の魅力はビジュアルだけではなく…まるで魔術のスペルを歌声に乗せているような、
『精神感応(テレパス)』で脳にダイレクトで声を届けているような…、
そんな彼女の歌声に人々は魅了され、上条さん&インデックスちゃんの表情も笑顔に包まれていましたね。


00000004.jpg
00000056.jpg
00000057.jpg
00000005.jpg

黒子ちゃん退院直後なのに暴れすぎィ!

――― そしてここで上条さん&インちゃんから視点は移動し、ファミレスで雑談するレールガン組に変わります。
どうやら今回の雑談内容は、今話題の宇宙エレベーター「エンデュミオン」のようですね。
本来、日本に宇宙エレベーターを建造したら地球の遠心力で赤道側に倒壊してしまう…。
しかし学園都市の技術はその不可能を可能に変え、普通ならありえない異常なスピードで建造を終えた!
『88の奇蹟』という運命的なエピソードも重なり…ミーハーな初春は大興奮しているようですねw

その熱弁にちょっと引き気味の美琴は、話を逸らすようにイヤホンで音楽を効いている佐天さんに話しかけます。
どうやら佐天さんは「幻想御手(レベルアッパー)」でレベル上げ中…ではなく、
学園都市で静かなブームを巻き起こしているアーティスト・アリサちゃんにハマっているようですね。
なんでも彼女の歌を聞くとラッキーな出来事が起きるとか起きないとか…この子は相変わらず噂とか大好きだなぁ。

まぁそれはさておき…美琴は佐天さんから片方のイヤホンを借りてその曲を聞きますが、
その歌声と…初春がカタカタっとPC画面に出したアリサちゃんのサイトを見て、
「あれ?この子…」という気になる発言をします…どうやら知り合いのようですね。

それを知った佐天さんは「知ってるんですか御坂さん!?」と彼女のファンとして興奮しますが、
そこで初春は気づいてしまいます…ファミレスの窓の外に黒子が出現している光景に…ッッ!!!
そして黒子はガラスを突き破る範馬勇次郎のような凄まじい形相を見せ、(木原病理さんも真っ青)
ガシャーン!とコップや伝票を弾き飛ばしながら車椅子でファミレスの机にテレポートしましたね!
…そういや『LEVEL5-judgelight-』のCDジャケットで黒子は幸せそうな顔をしてましたし、
美琴とイヤホンを共有する佐天さんを見て「自分の場所が奪われた」と思ったんでしょう…。
そして黒子は美琴にキスしようと迫りますが、退院早々ビリビリを食らって悦に浸っていましたねw(新井さんの演技最高)

とりあえずアレだ…パンフレットの用語集でも言われてますけど、
よくこのファミレス(Joseph's)はレールガン4人娘を出入り禁止にしないなぁ…。
車椅子でテーブルの上に乗ってコップを粉砕するわ、電撃を連発して他の客を逃げ出させるわ…。
まぁそれを差し引いても、美少女中学生4人がよく遊びに来るファミレス…というのは「売り」なんでしょうね。

現にこの黒子乱入シーンでも、他の客がキャーキャー騒ぎながら逃げる中、
美琴達の後ろに座っている私と同じ匂いを感じる眼鏡の男性が、
レールガン4人娘をガン見しながら食事してますし…私も料金10倍でいいから食事したいわ…。
それに「Joseph's」はアイテムの面々も使ってたりするので、店側も荒事は慣れっこなんでしょうね。


イメージs948
00000076.jpg
イメージs949
00000003.jpg
00000006.jpg
イメージs950
1361666036680.jpg

そして視点は戻り、上条さん&インデックスちゃんへ…2人はアリサちゃんの歌声に心から拍手を送ります。
その応援を受け取ったアリサちゃんは笑顔で近寄ろうとしますが、足がコードに引っかかってしまいました!
それを慌てて受け止める上条さん…劇場版でも上条さんのラッキースケベは全開だなぁ!
全身でアリサちゃんを受け止めた上条さんは、彼女と密着してしまい…、
それに嫉妬したインデックスちゃんからガブガブガブガブっと4連発で噛み付かれていましたねw
…ちなみにこの数日後、上条さんのほっぺに噛み付いたインちゃんはデレモードに突入するんですけど、
これ思いっきりほっぺやら首筋やらに噛み付いてるよなぁ…まぁたぶん嫉妬のせいで意識してなかったんでしょうね。

その後、アリサちゃんと知り合いになった上条さん&インちゃんは彼女の歌を大絶賛します!
上条さんはアリサちゃんの歌を携帯電話にダウンロードし、インデックスちゃんは魔術的な視点から
「歌詞に『呪文(スペル)』を乗せていないのに、人の心を魅了する本物の歌だ」と褒めていましたね。

とりあえず「魔術」というワードを口に出したせいで上条さんから口を塞がれて、
その塞いでる手をガブガブ→流れるように頭をガブガブするインデックスちゃんが可愛らしいんですけど、
どうやらアリサちゃんは上条さんと同じく「無能力者(レベル0)」なんだそうです…。

その事に昔は悩んだアリサちゃん…それでも今は、自分がレベル0である事に「感謝」しているようですね。
もし私に能力があったら、たぶんその能力に頼っていた…歌う事も無かったと思う。
勉強も運動も全然ダメだった自分…そんな私に残っていたのは、「歌」という特技だけだった。
だから私は、このたった1つの長所を伸ばしていこう、ずっと歌っていこう。
そしていつか、もっと大きな場所でたくさんの人達に自分の歌声を届けたい…それが彼女の「夢」でしたね。

そんな一直線で眩しすぎる夢を持っているアリサちゃんでしたが…彼女の携帯電話に着信が入ります!
…この時、上条さん&インちゃんがシンクロしながら「電話どうぞ」というジェスチャーをしてて萌えたんですけど、
なんと…宇宙エレベーター「エンデュミオン」の開通キャンペーンイメージソングに、
アリサちゃんの歌がオーディションで大抜擢された
ようですね!
つまりアリサちゃんの夢が叶い、アマチュアからプロに駆け上がった…ッ!
…アリサちゃんの私服は「下から大地→海→雲→空と鳥=地上から空飛ぶ鳥を眺めている雛」というイメージで
はいむらさんが描いたんだそうですけど、まさに今…空を眺める雛鳥が大地を飛び立った瞬間ですね。

アリサちゃんがデビューする…その知らせを聞いたインちゃんは自分の事のように喜び、彼女を食事に誘います!
私達はこれから美味しいご飯を食べに行くから、アリサも一緒に行こうよ、と…。
そのイレギュラーな事態に財布を持っている上条さんは驚愕しますが、
アリサちゃんの事を祝福したい気持ちは自分も変わらない…結局2人とも奢る事になりましたね。

そしてボテ腹になるほど食べるインデックスちゃん…死ぬ!上条家の家計が死ぬゥ!
もう宇宙エレベーターのように積み重なる伝票をストップする上条さんが不憫でならないんですけど、
劇場版はインデックスちゃんが一方的にガツガツ食べていたせいで、(ヘイヘイ、フーリッシュガール)
「アリサちゃんの大食い設定」がほとんど消えちゃってましたね…まぁあまり重要じゃない設定なんですけども。

「アリサの思いがきっと神に届いたんだよ!」…そう言って喜ぶインデックスちゃんでしたが、
その言葉を受けたアリサちゃんは複雑そうな笑顔を浮かべていましたね…。
どうやらアリサちゃんは以前から「運が良い」らしく、今回のオーディションもかなり幸運だったみたいです。
…たぶんアリサちゃんは、自分が「実力」ではなく「運」で選ばれた可能性を考えちゃってるんでしょうね…。

すると上条さんはその言葉を否定し、バッティングセンターでバットを握りました!
チャンスや成功は、怖がらずに打席に立って、打ちたいって願って、
めいいっぱいバットを振った奴にしか訪れない!
…そう言いながら空振りする上条さん。
…その説得力ゼロのセリフに嘆息するインちゃんでしたが、(佐天さん「私ならホームランだったわ」)
ひたむきなアリサちゃんの努力を応援する上条さんの気持ちは、彼女の心にちゃんと伝わったようですね。


00000070.jpg
00000058.jpg
00000078_20130303073357.jpg
mov_04.jpg

その夜…楽しい時間を過ごした3人は、とある公園まで歩き始めます。(モデルはパルテノン多摩)
そこでアリサちゃんはまだ歌詞が無い綺麗なメロディを披露し、
上条さん&インデックスちゃんを絶対にデビューライブに招待する事を約束していましたね。

―――が、そんな3人の背後…池の中から、箒を持った魔女が出現しました!
いや、1人だけじゃない…風と一緒に上空から二人目、さらに地面のレンガを砕きながら三人目が現れますッ!
探偵のような格好をした、くせっ毛の少女…土のエレメントを使役するマリーベート=ブラックボール
3人の中で1番背が高く、ナイスバディな魔女…水のエレメントを使役するメアリエ=スピアヘッド
そして完全に痴女な格好をしているロリ妖精…風のエレメントを使役するジェーン=エルブス

どうやら3人はアリサを狙っているらしく、上条さん&インちゃんは彼女を守る為に戦い始めます!
まずメアリエが無数の水の槍を放ち、土を操るマリーベートが相手の足を固定する!
そして風を操るジェーンが回避された水の槍を再び飛来させる…息の合った見事な連携攻撃です。

―――が、上条さんはその連続攻撃から無傷で生還します!相変わらずバケモンだーッ!!!
マリーベートから足を止められてるのに、右手1本で水の槍を打ち消して生還とか!
たぶん「前兆の予知」で最小限の回避を実現したんでしょうね…バットを空振りしてた少年と同一人物とは思えません。

その上条さんの強さに動揺する3人…さらに水面に立っていたメアリエが落下してしまいます!
『強制詠唱(スペルインターセプト)』…相手の魔術を妨害するインデックスちゃんの得意技!
うーん、インデックスちゃんが久々に戦闘面で活躍してメチャ嬉しいんですけど、相変わらずチートだなぁ…。
原作は敵のインフレが進行しているので分かりませんけど、魔術を片っ端から潰すインちゃんはマジ脅威なんですよ…。
もう並の魔術師は耳を潰すぐらいしか対抗手段が無いですし、上条さんと合わせてアンチ魔術コンビすぎる…。

これはもう勝敗が決したか―――と思いきや、熱風を撒き散らす巨大な炎が出現しました!
ステイル=マグヌス…イギリス清教の魔術師であり、上条さんと色んな意味で因縁がある相手です。
溺れていたメアリエを助けるステイル…どうやらこの魔女3人組は、ステイルの弟子みたいですね!

そしてステイルは今日も相変わらず説明ゼロで上条さんを殺しにかかります!
『我が名が最強である理由をここに証明する(Fortis931)』―――相手を絶対に殺すという「魔法名」を言い放ちながら、
摂氏3000度の『炎剣』を振り回すステイル…上条さんは防戦を強いられます。
そしてその炎剣は石柱も溶かし、上条さんの頭上に大きなコンクリートの屋根が落下してきましたね!
異能なら神の奇蹟でも打ち消す「幻想殺し」…ですが、何の変哲もない物体には「普通の右手」でしかありません。

このまま上条さんは押し潰され、劇場版禁書、完!…と思いきや、その寸前、アリサちゃんの悲鳴が響きます!
すると周囲一体を包んでいた熱風が消滅し、上条さんの頭上に落下していた岩が真っ二つに割れてしまいましたね…。
まさに「奇蹟」としか呼べない出来事の連続…それを見たステイルは表情を歪めますが、
その表情は光学迷彩を纏った新たな乱入者の出現によって驚愕に染まります!


イメージs953
00000001.jpg
mov_02.jpg

シャットアウラ=セクエンツィア…学園都市の治安維持部隊『黒鴉部隊』の隊長であり、
レアアースを媒介にしてエネルギーを貯蔵・解放させるレベル4「希土拡張(アースパレット)」の能力者!
彼女は漆黒のメカに乗りながら、部下と一緒にステイル達に襲いかかりましたね…。

…うん、最初はライディング式のコックピットに乗るシャットアウラのお尻に劣情を抱いたんですけど、(ぇー)
ここの戦闘シーンやべぇ!興奮で脳汁が止まらないよおおおおおおッッッ!!!
まずメカ!原作禁書に登場した『駆動鎧(パワードスーツ)』や、アニメ超電磁砲でテレスティーナが乗っていたマシンなど、
今まで何度もお世話になっている明貴美加さんがデザインしたメカが素晴らしすぎるんですよ!
ビルの壁面や地面を滑るように移動し、側面からレアアースペレットを射出→ワイヤーを飛ばす→
隊長であるシャットアウラが視線誘導操作で瞳を光らせながら爆破とか…背筋がゾクゾクするわ…。

しかもそのメカを使う『黒鴉部隊』が標的を円形で取り囲こむようにクルクルと移動し、
それを 炎のステイル水のメアリエ土のマリーベート風のジェーンという四大元素カルテットが、
お互いに背を預けながらシュンシュンシュンシュン!と回転して迎え撃つとか…最高すぎる…。

魔術と科学の決戦…消火栓から水を引っ張ってきたメアリエは、それを操って敵のメカを攻撃します!
さらにジェーンが旋風で相手の視界を奪い、その隙にマリーベートがロボの足を止める…!
そして師匠であるステイルが爆熱の炎をメカに叩き込んでリタイアさせますが、それは部下の機体に過ぎません。
『黒鴉部隊』の隊長であり、爆破の大本であるシャットアウラを止める事ができない…!
…うーん、「希土拡張(アースパレット)」は射出したレアアースをワイヤーで起爆する必要があるので、
一見するとピーキーな性能なんですけど…能力による起爆なので味方に被害を与える事が無く、
絶好のタイミングで爆発する手榴弾&地雷の役割を両立しているのが脅威ですね…。

絶体絶命のステイル―――が、そこに『黒鴉部隊』の物ではない、別のワイヤーが飛来します!
『七閃』―――ステイルと同じくイギリス清教の魔術師であり「聖人」神裂火織!
彼女はシャットアウラのレアアースを一瞬で弾き飛ばし、さらに真正面から爆破を相殺する程の実力を見せていましたね…!

撤退するイギリス清教のメンバー達…追いついた上条さんは「アリサを狙う理由」を聞きますが、
なんとステイルは「鳴護アリサは魔術と科学の間で戦争を引き起こしかねない」と言いました!
さらにメカの中から現れたシャットアウラから、「彼女に関わると貴様は死ぬ」と言い放たれてしまいましたね…。


00000060.jpg

その夜…気絶したアリサちゃんが目を覚ますと、そこは上条さんの部屋でした。
…うん、とりあえずネオジオCDでメタスラ3を遊ぶインちゃんと、(機械音痴なのにゲームできたのか…)
シャツ&パンツのみという素晴らしいスタイルのアリサちゃんに目を奪われるんですけど、
アリサちゃんには自分が狙われる理由が分からないようですね…まぁ普通の女の子ですし…。

―――と思いきや、どうやらアリサちゃんは普通の「無能力者(レベル0)」ではなかったらしく、
歌っている時だけ計測できない力を発揮するようですね!
今でもイレギュラーな能力開発のエキスパート・霧ヶ丘女学院で検査を受けているようですけど、
彼女の歌の秘密は解析できていないようです…科学じゃ証明できない、謎の力。

そしてアリサちゃんは、その自分の歌に秘められた「不思議な力」に不安を感じているようですね。
私の歌を皆が聞いてくれるのは、「純粋な実力」じゃなくて「不思議な力」のせいかもしれない。
もし私の歌で今回のような戦いが起きるのなら…誰かが傷つくのなら、歌っちゃいけないんじゃないか、と…。

すると上条さんは「叶えたい夢があって、それを実現する力があるなら諦めちゃダメだ」
「だからお前が安全に歌える方法を一緒に探そうぜ」
と優しくアリサちゃんに語りかけました。
その上条さんの言葉を聞いたアリサちゃんは…自分の夢を思い出し、応援してくれる存在に笑顔を浮かべましたね。
うーん…やっぱり上条さんはイケメンだなぁ…心の芯が強すぎる…そりゃ頼りになる男として女の子も惚れるわ…。

そしてインちゃんの提案で、魔術サイドから狙われているアリサちゃんは上条さんの部屋に居候する事になりました!
…そろそろ本気で上条さんの家計が心配なんですけど、困っている女の子を見捨てる事ができない上条さんは、
美少女2人&猫1匹という居候を養う事になりましたね。桃源郷すぎる…。
あと余談ですけど、アリサちゃんが上条さんの部屋からベランダに移動する時、
隣の部屋のベランダを仕切る壁が、ちゃんと「火災時などに破壊して逃げるボード」になってて感心しました。
分かってるなぁアニメスタッフ…そうだよ…旧約16巻でここから舞夏がバキバキ出てくるんだよ…。


イメージs956
ilp59_20130303064335.jpg

3バカ、姫神、吹寄、小萌先生きたあああああッ!

そんでもって翌日…上条さんが登校する「とある高校」は、アイドル・鳴護アリサちゃんの話題で持ち切りでした!
…どうやらアリサちゃん自身が昨日知らされたばかりにも関わらず、
エンデュミオンのキャンペーンソングに彼女が選ばれた事が学園都市中に知れ渡っているようです…。
しかし以前からアリサちゃんのファンだった青髪ピアスは、
ずっと前から自分が応援していたアイドルが一気に遠くへ行ってしまう「寂しさ」に悶絶していましたねw
まぁ確かに分かるよ…ずっと応援していたジャンルが一気に有名になると、そんな感情になるもん…。
というかもし上条さんがその鳴護アリサちゃんを家に泊めているって知ったら、殺しに来るんじゃなかろうか…青ピ…。

しかし今日の上条さんに青髪ピアス&土御門をツッコむ気力は無く、ずっと眠そうにしていましたね。
…今までインデックスちゃんにベッドを貸して、自分は風呂場で寝ていた上条さんですけど、
アリサちゃんという新しい居候の追加で…自分が使っていた布団も取られてしまったようです。
結果、固いバスタブの中で頭をぶつけながら眠り、寝不足で仕方ない、と…。

するとその上条さんのセリフを聞いた黒髪美少女・姫神秋沙ちゃんは、
「寝不足…枕…ぜんぶ…奪われた…!」と赤面していましたね!
やだもー姫神ってば!何を想像してんのさ!このムッツリめ!ムッツリスケベめ!
そんな姫神を「どうしたの?」と心配する吹寄制理…うん、やっぱりこのコンビは良いですよね。
というか普通なら吹寄の後ろに姫神がいるパターンなのに、今回は姫神がフロントだったなぁ。

ちなみに小萌先生「寝てていいですか?」と言っていた寝不足の上条さんは、
悪い子のお仕置きとして補修を受ける事になっていましたね。
天使のような笑顔なのにキツイなぁ小萌先生…まぁ上条さん普段から出席日数足りてねぇもんなぁ…。


1362150165736.jpg
00000075.jpg

「それでね!とうまはいっつも私の事を子供扱いするんだよ?」
(風呂場で髪を洗うインデックスちゃん)

「…それは、インデックスちゃんが可愛いからじゃないの?」
(2人の仲を少しだけ嫉妬するようなジト目で)


「えー?なんかいったー?」(シャワーで聞こえない)

「むぅ…」(面白くなさそうなアリサちゃん)




1338143356946_20120820000010_20130303064229.jpg

恋するアリサちゃん可愛すぎるうううううううッッ!!!

そしてシーンは変わり、入浴中のインちゃん&アリサちゃんに!大画面サービスシーンだぁ!
もう明らかにスタッフの気合が違いますよ…泡が落ちるインデックスちゃんの髪の毛1本から、
アリサちゃんの微妙な表情の変化まで魂を感じるよ…というか2人の体のラインがエロすぎる…。
大きすぎず小さすぎない白桃のようなお尻、肩甲骨、水滴が滴り落ちる背筋のライン、綺麗なくびれ、
美しすぎる生足、髪の毛をアップにしているから見えるアリサちゃんのうなじ、背中から見える胸…!
もう反射的にズボンを脱ぎそうになったんですけど、それを劇場でやると捕まるので気持ちを抑えます。

…どうやら上条さんの事がちょっと気になっているアリサちゃんは、彼とインちゃんとの関係が知りたいようですね。
まぁ男子の学生寮に女の子が同棲って、そりゃ危ない関係を想像しちゃうよなぁ…。(美琴「せやせや」)
しかしインちゃんは、「とうまがご飯を作って私が食べるんだよ?」という、
上条さんが聞いたら泣いちゃいそうな返事を平然と返していましたw
相変わらずだなぁこの子は…まぁインデックスちゃんは本当に上条さんの事を信頼しているらしく、
「ああ見えて、実は結構すごいんだよ、とうまは」とドヤ顔で言っていましたね。
…インちゃんが上条さんをストレートに褒める事って少ないので、このセリフはニヤニヤしちゃったなぁ。
上条さんの目の前では恥ずかしくて絶対に言わないけど、他の女の子に自慢するぐらい上条さんを信じてる、と…。
なんか体が密着するシーンも多いですし、この劇場版はインデックスちゃんスキー感涙の出来だわ…。

そんな2人の不思議な絆に憧れるアリサちゃん…すると彼女は、何か思い立ったように風呂場から飛び出ます!
そしてすっぽんぽんでガリガリと紙に文章を書き始めるアリサちゃん…。
どうやら公園で歌っていた「メロディだけの歌」の歌詞を思いついたらしく、
アリサちゃん&インちゃんは全裸で「一緒に新曲を歌う約束」をしていましたね。

そ の 絶 好 の タ イ ミ ン グ で 帰 宅 す る 上 条 さ ん。

…うん、上条さんはマジで不幸ですけど、お色気ラッキースケベは奇蹟すら超える幸運だと思うよ…。
とりあえず「裸を見られて赤面しながら恥ずかしがるアリサちゃん」と、
「赤面しながら怒って歯をガチガチするインデックスちゃん」という全裸少女2人の対比に萌えるんですけど、
死を覚悟するようにインちゃんの噛み付きを「フッ…」と受け止める上条さんが男らしすぎて吹きました。

そしてインちゃんの噛み付きで作中トップ5ぐらいの負傷を受けた上条さんでしたが、(包帯多すぎィ!)
どうやら明日から…キャンペーンソングを学園都市に届ける歌姫として、アリサちゃんの仕事が始まるようですね。
しかし小萌先生の補修を食らっている上条さんは、彼女を護衛する事ができない…。
…まぁ男を連れてアイドル歌手の仕事とか色んな意味でヤバいと思うんですけど、
ここでアリサちゃんは、とある知り合いに仕事の付き添いを頼む事になりましたね。


00000077.jpg
mov_03.jpg
SWScan8s.jpg
SWScan2_20130303065050.jpg


1338143356946_20120820000010_20130303074235.jpg

この「萌え」を伝える言語が世界に存在しねぇ!

…どうやらアリサちゃんが助けを求めた知り合いはレールガン4人娘だったらしく、
5人はオービット・ポータル社が手配した撮影スタッフが待っているスタジオまで向かっていましたね。
その途中、初春はオービット・ポータル社の現社長であるレディリー=タングルロードについて熱弁します!
当時7歳で会社を買収し、その凄まじい手腕で経営を立て直した「天才美少女ゴスロリ社長」…!
…が、基本的に人を疑ってかかる黒子はレディリーの事を胡散臭いと思っていましたね。
7歳の少女が会社経営なんて信じられない、どうせお飾り社長に決まっている。
それに「天才美少女ゴスロリ社長」なんて、属性を盛りすぎている、と…。

すると初春は「そんなぁ、包帯ツインテール車椅子ほどじゃないですよ」と笑顔で言い放ちました!
…この子は人畜無害な天然少女を装ってますけど、腹の底はやっぱり黒いなぁ…まさか劇場版で黒春を見れるとは…。

ちなみに佐天さんもレディリーについて知っているようですけど、
それは都市伝説が大好きな彼女らしい「レディリーは宣伝用のホログラムや人形かも」という噂でしたね。
流石にその噂には嘆息するしかない黒子…でしたが、そんな5人が横に置いてある人形が動き出しました!
さすが最新テクノロジーを実現している学園都市、こんな可愛いドールを作るなんて…と思いきや、
どうやらこの人形…いや、彼女こそオービット・ポータル社の現社長・レディリー=タングルロードだったようです。

うーん、本物のお人形さんのようにチョコンと椅子に座ってる姿が可愛かったんですけど、
ピンク色の口紅や、全てを見通しているような瞳が…10歳の女の子とは思えない凄味を出していますよ。

そしてレディリーはアリサちゃんに微笑みかけ、「貴女の歌、好きよ」と言いましたね。
こんなに歌を気に入ったのは、「ジェニー・リンド」以来よ、と…。
ジェニー・リンド…1887年に没した、スウェーデンのオペラ歌手。
蓄音機すら発明されていないこの時代に、どうやって彼女の歌を「気に入る」事ができるのか…意味深な発言ですね。

まぁそれはさておき、レールガン4人娘は「マネージャー」としてアリサちゃんをスタジオに届けます。
するとスタッフの1人が美琴達を気に入り…なんと衣装を着せてスタジオに上げてしまいましたね!
ヒャッハー!もう最高だぜ!スタッフさんマジ良い目をしてるぜェー!
いとうのいぢさんが考えた衣装を着るアリサちゃんも最高に可愛いんですけど、
(私服が意図的に地味な感じだから派手なコスチュームが映えるなぁ…!)
ゆーげんさんが考えた肩丸出し&超ミニスカコスチュームを着るミコッちゃん達が素晴らしすぎるぜぇー!
特にね…普段スカートをめくられてキャーキャー言ってる初春がハイテンションでステージに上がってて、
逆に佐天さんがお尻を押さえながら恥ずかしそうにしている対比があかんわ…ニヤニヤが止まらんわ…。


1354566760508.jpg

だからこそ…このコスチュームが素晴らしいこそ、
車椅子の黒子が衣装を着れなかった現実に
両方の眼から血の涙が止まらないよ私は…!




00000069.jpg
SWScan6_20130303065658.jpg
00000059.jpg

そして小萌先生の補修を済ませた上条さんは、遅れて会場まで見に来ます―――が、
客席に黒いローブを身に纏ったシャットアウラがいる事に気づきます!
いやいやいや、実はシャットアウラちゃん天然ボケだろ!魔術サイドの場所ならともかく、
他の一般人が普通の格好をしてるのに1人だけ黒いローブとか逆に目立つわ!
上条さんはアリサちゃんが狙われる理由を探るべく、会場の地下に降りていったシャットアウラを追跡しましたね…。

―――が、その地下でシャットアウラはミスタープレアデスみたいな男と拳を交えていました!
…どうやら「駆動鎧」に使われている人工筋肉ユニットを小型化した物が
シャットアウラのスーツには組み込まれているらしく、凄まじい身体能力でその仮面の男と戦っていましたね。
スキルアウトの駒場さんは肉体に負担のかかる『発条包帯(ハードテーピング)』を使っていましたけど、
さすが学園都市の公式治安維持部隊…使っている装備は一級品なんでしょう。

しかし仮面男はシャットアウラの拳を難なく受け流し、軽やかなステップで爆破も回避します!
そして凄まじい威力の蹴りをシャットアウラに叩きこみ、とどめを刺そうとします―――が、
ここで上条さんが投げた鉄パイプが飛来!…仮面の男を空中で叩き落とします。
うむ、上条さんの最大の武器は右手ですけど、何気に武器を使った時も強かったりするんですよね。
現にSSでも防弾ガラスというアホみたいな武器で、銃を持ったスキルアウト達に突っ込んだりしてますし…。

そして仮面男と戦っていた上条さんは、なんと「幻想殺し」でその男の腕を消し飛ばしましたね!
まるで魔術で作ったゴーレムのように粉々になる仮面男の腕…しかし全身が消失しないあたり、
この男の全身が「異能」で構成されているワケではないようです。
それでも片腕を奪った効果は甚大…優位に立った上条さんは渾身の拳を仮面男の顔面に叩き込みます!
―――が、バックステップした仮面男は…なんと起爆スイッチを押し、地下の柱を爆破してしまいましたね!
当然、上の会場は崩壊を始め…歌っていたアリサちゃんやレールガン4人娘、観客達は大パニックに…。

美琴「黒子!」 黒子「はいな!」―――が、百戦錬磨の2人に動揺は無い!
黒子は素早く佐天さん&初春の手を掴み、安全な場所までテレポートします!
そして美琴は磁力操作で、落ちてくる鉄骨からアリサちゃんや観客を守っていましたね。
うーん、やっぱり美琴&黒子のコンビは最高だなぁ…阿吽の呼吸すぎて痺れるわ…。

…あとこの時、「なんで黒子は一般人のアリサじゃなくて、風紀委員の初春を先に助けたの?」という
質問を一緒に見ていた友人から受けたんですけど…『空間移動(テレポート)』は複雑な演算が必要なので、
たぶん何度もテレポートして慣れている初春と佐天さんを優先したんでしょうね。
それにアリサちゃんの1番近くに美琴がいたので、愛するお姉様を信頼していたんでしょう。

しかし流石の美琴でも、全ての鉄骨を受け止める事は不可能に近い…!
そして無数の鉄骨が観客に降り注ぐ―――と思いきや、その鉄骨が軌道を変えました!
結果、死傷者はもちろん…負傷者もゼロという「奇蹟」のような被害で済みましたね。
…とりあえず劇場版でも黒子の「ジャッジメントですの!」が聞けて私は涙が止まりません!(ぇー)

一方…地下では、爆破からシャットアウラを守った上条さんが重傷を負っていましたね。
守られた義理として、上条さんに肩を貸すシャットアウラ…まぁ一応「正義の治安維持部隊」なので、根は良い子なんでしょう。
ちなみに今回の事件の被害者は、上の会場にいた人間も…シャットアウラの部下も全員が無傷だったようです。
その結果を知って「奇蹟だな」と呟く上条さん…でしたが、そんな彼をシャットアウラが壁に叩きつけました!

そして「奇蹟なんて偶然の連続と、都合の良い結果を求める人の欲望だけだ」
言い放ちましたね…どうやら彼女は、「奇蹟」という言葉を嫌っているようです。
また、彼女の脳は…「とある事故」で後遺症で「音楽をノイズとしか認識できない」ようですね。


イメージs954
00000061.jpg

その夜…ライブを終えたアリサちゃんは、自分が生み出した「奇蹟」に苦しんでいましたね。
歌で奇蹟を起こす少女…だけど私が歌わなければ、そもそも今日の事故は起きなかったはずだ、と…。
そしてここで、衝撃の事実が発覚―――なんとアリサちゃんは事故で3年より前の記憶が無いようです!
この名前も施設の人から貰った名前で、記憶も家族との繋がりもアリサちゃんには無かった…。
何も無い自分…だけど彼女は、「歌を歌う」という行為で楽しさと安らぎを知ったようですね。
だから歌い続ければ、いつか私が無くした何かを取り戻せる…そう思ったようです。

そんなアリサちゃんの思いを聞いた上条さんは、「なんとなく分かるよ」と彼女を応援します。
まぁ上条さんもアリサちゃんと同じ境遇だからなぁ…2ヶ月より前の記憶が無い…。
たぶん「記憶の失う前の自分」「インデックスちゃん」が上条さんの根幹になっているように、
アリサちゃんは「歌」という行動が、自分に残された最後の希望であり、夢なんでしょうね。

…あと今さらツッコミますけど、昼間のライブでシャットアウラを守って重傷を負った上条さんが、
その夜に無傷でアリサちゃんの前に現れたのは混乱してしまったよ!
いやいやいや、いくらなんでも傷が治るの早すぎだよ!エツァリの変身かと思ったわ!(ぇー)
まぁ尺の問題がありますし、話の合間に違和感を感じてしまうのは仕方無いんでしょうけどね。

その後…上条さんはアリサちゃんが狙われる理由を知る為に、
魔術サイドと科学サイドを股にかける多角スパイ、土御門元春に彼女の秘密を聞こうとします。
…すると上条さんの質問を代わりに答えるように闇の奥から神裂火織さんが現れ、
なんと「鳴護アリサは聖人の疑いがある」という衝撃的な事実を話しました!
まだ証明もされていない「可能性」の域に過ぎない推測…それでも彼女は「聖人」と同等の力を持っている。
暫定で第9位、覚醒すれば神裂さんを超える力を発揮する可能性もある、と…!

…まぁ「奇蹟」という単語は、原作でもかなり前から「聖人」と密接な関わりがありましたからねぇ。
神裂さんが天草式からイギリス清教に所属を変えたのは、神の加護によって幸運に恵まれている自分のせいで、
周囲にいる人間が不幸を被ってしまうと思ったからですし…今のアリサさんの心境と酷似しています。
.
というか神裂さん…「鳴護アリサが第9位で、覚醒したら私を超える」って事は、序列9位以上だったんだなぁ。
まぁ「能力研究の応用が生み出す利益」を基準としてランク付けされている「レベル5」と同じく、
聖人も「戦闘力」ではなく…あくまで「重要度」で位階が決められているようですけどね。
何にせよ…「聖人」の疑いがあるアリサちゃんを学園都市が研究しているとなれば、
魔術サイドは黙っちゃいない…それこそ「戦争の引き金」になってしまうでしょう。

とりあえず土御門から「ねーちんがスミからスミまでずずずいーっと調べさせてくれれば!」と言われて、
豊満な胸を押さえながら恥ずかしがる神裂さんに欲情しましたね!(ぇー)
やっぱ大画面の萌えイベントは最高ですよォ…かみやん、つっちー、ねーちんのトリオが好きすぎる…。


00000066.jpg
1361665824480.jpg

一方、仲良しなアリサちゃんインデックスちゃんはファミレスで食事をしていましたね。
どうやら例の「歌詞がない歌」が完成したらしく、それをインちゃんに教えようとしているようです。
…とりあえず売れっ子の歌手らしく、眼鏡で素性を隠しているアリサちゃんが可愛いんですけど、
そのファミレスのウェイトレスに見覚えが…というか思いっきり魔女トリオでしたね。
イ、インデックスさん!?完全記憶能力はどうしたんですか!?モロバレの変装じゃないですかぁ!
まぁ楽しそうにウェイトレスを演じるメアリエが可愛いので許しますけどね!(ぇー)
あと余談ですけど、このメアリエのモデルは「アストラスーパースターズ」のステラというキャラだそうです。

そしてここで婚后光子ちゃん、湾内絹保さん、泡浮万彬さんの常盤台トリオが登場ォ!
…姫神が登場した時も驚きましたけど、この衝撃はそれ以上ですね…まさかこの3人が登場するとは…!
超電磁砲で株は上がりっぱなしですし、アニレー2期でも活躍するでしょうし、光子ちゃんの時代が来てますよね!

まぁそれはさておき、「大覇星祭」で美琴と二人三脚する事が決まった事を嬉しそうに話す光子ちゃんでした…が、
ファミレスのガラスが割れ…中からアリサちゃんを抱えた3魔女が現れましたね!(学園都市のファミレス経営キツすぎィ!)
扇を片手に風を起こし、常盤台トリオをスカートめくり…もとい目眩ましするジェーン。
お!これは扇&風使いという共通点的に、光子ちゃんとバトルするか!?…と思いきや、
3人は速攻で撤退してしまい…常盤台トリオは拘束されていたインデックスちゃんを助けていましたね。
まぁ尺がギリギリなので仕方無いんですけど、この魔女トリオと常盤台トリオのバトルは見たかったなぁ。
光子ちゃんだけではなく、水を操るメアリエVS湾内さん&泡浮さんコンビも良い勝負したでしょうし…。

その後、アリサちゃんを誘拐したステイル組は、左ハンドルの外国車に乗って逃亡します。
…この時、1番ちびっ子のジェーンが「師匠ぉ…車の中で煙草はダメですの…背が伸びなくなるのです」
訴えてて萌えたんですけど、ステイルは「もう十分伸びたから構わないよ」とスルーしていましたね。
流石ステイルさん、タバコの煙で弟子の成長を止めるとかロリコンの鏡すぎるわ…。(ぇー)
まぁステイルは14歳なのでロリコンでも何でもないんですけど、
そもそもこの魔女トリオがステイルより年上って可能性もあるんだよなぁ。
相手が悪すぎるせいで活躍は少ないですけど、ステイルはマジで天才級の超魔術師なので、
そんな男に弟子入りする魔女達がいても不思議ではないでしょう。たぶん押しかけ弟子だな。

まぁそれはさておき…ステイル達が乗っている車の後方から、シャットアウラが率いる「黒鴉部隊」が迫ります!
ステイルは車の上に乗って応戦しますが、移動しながらの高速戦闘は相手が有利…防戦を強いられます。
―――が、ここでジェーンがルーンカードを風で操って空中に展開しました!
『魔女狩りの王(イノケンティウス)』…ステイル=マグヌスの必殺技であり、
真紅に燃える炎の巨人が敵を殲滅する為に出現しましたね!
戦況は逆転…トンネルの中でイノケンティウスは「黒鴉部隊」を相手に暴れ回ります!
…原作では上条さんや自動書記モードのインちゃんに負ける可哀想なイノケンティウスですけど、
ルーンを破壊しない限り何度も再生する3000℃の炎の塊という…発動したら勝ち確定レベルの魔術なんですよね。
現に旧約7巻では、このイノケンティウスを見せただけでシスター部隊を圧倒してましたし…。

しかし無理やり風でルーンを展開している以上、この炎の巨人は長続きしない…!
トンネルを抜けた所でルーンが散らばってしまい、イノケンティウスは消失してしまいます。
そしてステイルや3魔女、アリサちゃんが乗っている車は…爆破の衝撃で横転してしまいましたね。
…とりあえず「ふにゅう…」「いたた…」「うう…」と車の中で目を回す3魔女が可愛すぎるんですけど、
結構なスピードで走っていた車の屋根から着地とか、なんか今回のステイルさん身体能力すげぇな!

そしてここで、小萌先生に車を運転させていた上条さんが最前線に追いつきます!
…まぁ上条さんを車に乗せてくれる人って小萌先生しかいないからなぁ…でもちょっと驚いたよ…。
というか数日後の大覇星祭編でステイルと小萌先生はフラグが立つんですけど、
まさか高速道路でカーチェイスを繰り広げていたとは…妙な運命を感じるなぁ。

まぁそれはさておき、上条さんはアリサちゃんを誘拐しようとするステイルを止めようとしますが、
事態はさらに深刻な方向に…魔術と科学、全てを天秤にかけた大事件へと繋がっていましたね。

神殿の機能を持っていたシュメールの『ジッグラド』、神の怒りに触れた旧約聖書の『バベルの塔』のように、
合理性を超えた巨大建造物は存在するだけで魔術的な意味を持ってしまう…そう、宇宙エレベーターも。
なんとゴスロリ社長・レディリーは…超大規模魔術を宇宙エレベータで発動するつもりだったようですね!
その魔術と核になるのは、もちろん「聖人」の疑いがある鳴護アリサ…材料として申し分無いでしょう。

その言葉に戦慄する上条さん…でしたが、そんな事情を知らないシャットアウラは任務を続行していましたね。
3魔女が目を回している車に近づき、中からアリサちゃんを回収しようとするシャットアウラ…。
しかしここで彼女は、アリサちゃんが持っていた「驚くべき物」を見て驚愕します―――!
なんでこれを自分以外の誰かが…この「欠片」をこの女が持っているのか、と…!

そして「その子を私の所に連れて来なさい」というレディリーの通信で我に返ったシャットアウラは、
近づいてくる上条さんに爆弾をお見舞いし…その場から撤退してしまいましたね。
うーむ…あくまでシャットアウラの「希土拡張(アースパレット)」はエネルギーを貯蔵・解放する能力なので、
そのエネルギーの解放によって爆破されたレアアースを「幻想殺し」で打ち消すのは無理だったんでしょうか?
何にせよ、この爆破で上条さんは入院確実レベルのダメージを負ってしまいましたね…。


00000071.jpg
00000072.jpg

その後…宇宙エレベーター・エンデュミオンに、眠っているアリサちゃんを連れてきたシャットアウラは、
得体のしれない物を見るような目で彼女を見つめます…お前は一体何なんだ、と…。
どうやら冒頭で起きた3年前の事故…オリオン号にシャットアウラは乗っていたらしく、
その時に持っていた青いブレスレットの断片をアリサちゃんも持っていたようですね!
事故の時に無くしたと思っていた断片…それをなぜアリサちゃんが持っているのか…?

するとそこにレディリーが現れ、「3年前の真実」をシャットアウラに話します。
88人の乗客の内、88人が生還したオリオン号墜落事故…まさに「88の奇蹟」と呼べる出来事です。
―――が、なんと本当は死亡者が存在したらしく…それがシャットアウラの父親だったようですね。
パイロットだったシャットアウラの父親は、乗客を守る為に…愛する娘を守る為に、最後まで頑張って亡くなった…。

そして死亡者がいたにも関わらず、なぜ88人の生還者がいたのか…奇蹟を求めた誰かが数を誤魔化したのか?
…絶海の孤島で起きた大量殺人のトリックを連想しますけど、なんとあの事故の瞬間…人間が1人増えていたようです!
その増えた人間こそ「鳴護アリサ」…身元も記憶も無い、宇宙空間の機内の中で出現した謎の少女。

彼女は「生存者」としてカウントされ…88人がオリオン号に乗り、88人が降りてくる状況ができてしまいました。
もう世界は「88の奇蹟」に沸き上がっている…そんな状況で、89人目の死傷者なんて公開できるわけがない。
結果…それこそシャットアウラが上条さんに言い放っていたように、
「都合の良い結果を求める人の欲望」で89人目の死亡者は隠蔽されてしまったようですね。
断崖絶壁野郎と一緒にスカイダイビングしたり、旧約17巻で上条さんから殴られたり、禁書のパイロットは不運だなぁ…。

というかレディリーさん…その真実を知っているのに前半パートでシャットアウラに
「88人全員が助かったのよ?これが奇蹟と言わないでなんと呼ぶの?」と言い放つとか、
マジで生粋のドS幼女だなぁ…ちょっと背筋がゾクゾクしてきたよ…。(ぇー)

まぁそれはさておき、そのレディリーは事故の真実だけではなく…その原因まで言い放ちます!
なんとレディリーは3年前、「空の上なら上手くいくと思った」と言って「何か」を試そうとしたらしく、
意図的にオリオン号を墜落させようとしたようですね…乗員乗客88名、全員が「死ぬ」ように調整して…。
つまりオリオン号の事故は…シャットアウラの父親を殺したのは、全てレディリーの仕業だったようです!

それを聞いたシャットアウラは激昂し、ナイフでレディリーを突き刺しましたね!
胸から血を流し、吐血しながら倒れるレディリー…間違いなく即死の一撃です。
―――が、なんと死んだはずのレディリーが平然と立ち上がりました!
そして「ナイフで刺されるのは16回目だったかしら?」と嬉しそうに言っていましたね…。

ドS幼女かと思ったらドM幼女だったでござるの巻 という感じで
私のテンション上がりまくりなんですけど、シャットアウラはレディリーの側近に捕らえられてしまいました…。
ちなみにシャットアウラのナイフを素手で弾いていた側近ですけど、
パンフレットによると…この側近たちは「魔術」「科学」と組み合わせて作ったアンドロイドだったようですね。
…ふむ、今まで意外と「アンドロイド」って禁書に無かった要素だったから、ちょっと予想できなかったなぁ。
というか科学と魔術に捕らわれていないレディリーは、まるで「グレムリン」の魔術師みたいだよ…。


1361667149002.jpg
cont_bg010.jpg

そして宇宙エレベーター「エンデュミオン」が開通し、大勢の観客が宇宙に上がっていきます…。
しかしその開幕を告げる奇蹟の歌姫・アリサちゃんは…自分の「奇蹟」という価値に戸惑っていましたね。
やっぱり私は実力ではなく、この「奇蹟」で選ばれたんだ…それなら歌わない方がいいんじゃないか、と…。

…もう助けを求めるように「当麻くん…」と呟くアリサちゃんが恋する乙女すぎて胸が苦しんですけど、
そんな彼女の前にレディリーが現れ…「いやならやめてもいいんじゃぞ?」と不敵な笑みでささやきます。(Maat)
だけどその場合…ここにいる観客は全員死んで、貴方の夢も終わってしまうけれど、と…。

するとアリサちゃんは、決意を固めて「歌います」と言い放ちましたね!
だけどそれは、レディリーの計画に協力するつもりでも…自分の夢を叶えるつもりでもない。
ただ純粋に私の歌を楽しんでいる人達の為に、今もライブ会場で待っている人達の為に私は歌う!

そしてコスチュームに着替えて「奇蹟の歌姫」になったアリサちゃんは、
大勢の観客が待っているライブ会場で…奇蹟を起こす為に歌い始めましたね。
このライブシーンは劇場という事もあって迫力満点だったなぁ…テレビ画面じゃ味わえない感動だわ…。
三澤紗千香さんが歌う『telepath~光の塔~』も素晴らしかったですし、思わず歓声を送りそうになったわ…。


url.jpg

レディリーは北半球を消滅させるレベルの大魔術を使おうとしている…それを阻止する為に、
ステイルは最悪の場合「魔術の核」を潰すつもりで宇宙エレベーターに乗り込むつもりのようですね。
魔術の核…つまりアリサちゃんが殺される可能性がある!それを聞いた入院中の上条さんは断固拒否します!
アリサは夢に向かって努力する普通の女の子だ…そんな良い子が、
なんで北半球を吹き飛ばす悪者扱いされる必要があるんだ
、と…!
そして上条さんは大火傷を負っているにも関わらず、再び戦場に向かおうとしていましたね。

しかし宇宙エレベーターの最高責任者であるレディリーによって、宇宙に向かう道は閉ざされている…。
すると上条さんの行動を土御門はすでに予想していたらしく、第23学区にシャトルを用意していましたね!
その名も「バリスティック・スライダー」…墜落したオリオン号に次ぐ、
学園都市の次期宇宙輸送機関の選定コンペで惜しくも「エンデュミオン」に敗北した機体です。
それでも機体の性能は本物―――上条さん&インちゃんは友達を救う為に、宇宙へ向かいましたね!


00000062.jpg

うわあああああ!!! 一通さんだああああああッッ!!!

そしてそんな上条さん達の会話を盗み見する影が3人…ミサカ10039号、13577号、19090号!
…ちゃんと「残骸編」で無茶して調整中のミサカ10032号がいない所に感心するんですけど、
学園都市の危機を知った3人の妹達は、ミサカネットワークでその事を上位個体・ラストオーダーに知らせましたね。

そしてラストオーダーは、隣で寝ている学園都市最強のレベル5・一方通行に、
わざとらしく「なんか大変な事になってるみたい!」と学園都市の危機を伝えます。
…数日前の「残骸編」でもラストオーダーの頼みを聞いて出撃していた一通さんは、
また面倒臭い事に巻き込まれた…という感じで荒々しくため息をついていましたね。

とりあえずアレだ…普通のアニメシリーズと違い、超豪華なアニメーターが集結している事もあって、
ワンピースのラストオーダーが妙にエロくて困るぞ…肩と鎖骨の部分とか…。
こんな可愛い幼女がお願いしてきたら、そりゃ一通さんも断れないワケだよnごっがぁああああ!(ベクトルパンチ)



spacestation002.jpg
spaceelevator.jpg
hg_gearadoga-re1.jpg

アリサちゃんを助ける為にシャトルに乗って
宇宙エレベーターに向かう上条さん&インちゃん。


ビー!ビー!ビー!ビー!ビー!

な…なんだッ!?

はぁ~いカミヤン!早速だけど残念なお知らせだにゃ~!
エレベーターに装備されている
アンチデブリミサイルにロックオンされたぜよ~!


おっ…おい!どうするんだよ!こっちには武器なんか…!

もちろんあるぜよ!ねーちん!出番だぜぃッ!!!




spacestation002.jpg

(デンドンデンドンデンドンデンドンデンドン)




o0400030011443079887.jpg

ブ―――ッッ!!! (思わず劇場でコーラを吹きそうになる私)

…もしこの映像が「絶対に笑ってはいけない禁書目録」だったら、
絶対に劇場にいた禁書ファンの9割が佐天さんからケツバットを食らったと思うんですけど、(ぇー)
なんと最終兵器としてシャトルの上から神裂火織さんが出てきました!(艦長ォ!第7ハッチが開いています!)
そして神裂さんは迫り来るアンチデブリミサイルを、ルパン3世の五右衛門のように1つ残らず斬り落とし、
上条さんに「後は頼みます」と告げて生身で大気圏を突入していきましたね。

いやーホント、盛大に笑ったわ…もう色んな意味でねーちんが劇場版のMVPだわ…。
上条さん&インデックスちゃんがゴテゴテの宇宙服を着ているのに、
宇宙空間でも痴女スタイルの神裂さん登場→生身で大気圏突入の破壊力が凄まじすぎるんですよ!
しかもそんな神裂さんを、上条さん&インちゃんが呆然と無言で見送るんだから腹筋が耐え切れんわ…。

まぁ新約2巻のP104でも、神裂さんはラジオゾンデ要塞に突入する時に大気圏を再突入してるんですけどね。
それにネタ的な意味だけではなく、この神裂さんの活躍は過去最高レベルの神シーンだと思いましたよ…。

最初の方でシャットアウラと戦った神裂さんは、『七閃』と爆破が互角…という微妙な活躍だったんですけど、
劇場版の特大スクリーンという最高の舞台でミサイルを次々と斬り落とし、
今まで出し惜しんできた超必殺の『唯閃』を発動―――ミサイルを一撃で全滅させるッ!
しかもこの戦闘シーンで、アリサちゃんが歌う挿入歌のサビが始まるんだから鳥肌が止まりませんでしたよ…。

また、シャトルから出てきた神裂さんが「土御門…覚えておきなさい…!」と怒っていたのも、
まさに上条さん、土御門、神裂さんという3人の関係を意識した「お約束」で好感が持てましたね。
飄々とした土御門が、生真面目な神裂さんを使って、それに上条さんが呆れるという黄金パターン…!
たぶん土御門は、「ねーちんが聖人の事とか話しちゃったからカミヤンは大怪我しちゃったにゃー」
「こりゃー責任を取るしかないにゃーねーちん!」
とか言ってシャトルに押し込んだんだろうなぁ。
もう上条さん&インちゃんがシャトルにいる間、ずっと武器庫で座ってた神裂さんを想像すると笑いが止まりません。


00000065.jpg

もう…1000年は生きたかしらね…!
オリオン号の実験も失敗したけど、
思わぬ副産物が生まれたわ…それがアリサ…。
あの奇蹟の力で、私は死ぬ事ができるッ!!!


宇宙エレベーター「エンデュミオン」の中心部で、アリサの歌と共に魔法陣を発動する レディリー=タングルロード…!
―――が、そこに地上で拘束されていたはずのシャットアウラが現れました!
どうやら『黒鴉部隊』の協力で脱出したらしく、復讐の為に宇宙まで追って来たようですね…。

そしてシャットアウラは、持っていた拳銃を構え…レディリーの小さな体に連続で弾丸を撃ち込みます!
父親を死に追いやって…カカオビターで済ませるのかァァァ!!!(ズキュンズキュンズキューン!!!)
かなり規制ギリギリな感じで血反吐を吐きながら、弾丸の衝撃で人形のように跳ねるレディリー…。
しかしそれでも…それだけの致命傷を受けても、彼女の生命活動が停止する事はありませんでしたね。

…この時、弾丸を食らったレディリーの唇が吐血する事によって口紅を塗ったように染まる→
少女であるにも関わらず、妙齢な雰囲気を漂わせる…という演出には感動しちゃったんですけど、
レディリーは千年以上生きている不老不死の存在で、死ぬ事が目的 だったようですね!
…まぁ禁書にはもう長寿キャラが数人いるんですけど、(アレイスター、ローラ、ワシリーサ、フロイライン)
まさかレディリーが不老不死とは予想できなかったなぁ…「人形みたい」とか言われてましたし、
側近の2人と同じくアンドロイド…もしくは人造人間かと思ってましたよ…。

ふーむ…シャットアウラから拳銃で撃たれた時のレディリーの過去回想で、
荒れ果てた町中(?)で倒れた男に寄り添っている彼女が、「小さな黒い物体」を持っている描写があるんですよね。
そしてレディリーは「ギリシャ系の占星術師」らしいので、
ギリシャで固形の不死の食べ物と言ったら…「アムブロシアー」で間違いないと思われます。
つまりレディリーは1000年前…たぶんブルガリア王国による反乱でビザンツ帝国が荒れた時?にそれを飲み、
不死の身体を手に入れ…それから長い時を過ごし、何度も自殺を試してきたようですね…。
…そういや美琴ちゃんがPCをカタカタやってる時に、レディリーが男2人と一緒に写っている画像がありましたけど、
「占星術師」という彼女のステータスと、写真が発明された時代を考えるに…カミーユ・フラマリオンかしら?
まぁかなり顔はうろ覚えなので確信は無いですし、もう片方の男は分からないんですけどね。

まぁそれはさておき、3年前…「宇宙から落ちたら死ねるかも」と思った彼女は「オリオン号」を意図的に墜落させましたが、
彼女は今回も死ねず…いや、彼女だけではなく、他の乗員乗客も助かってしまったようです。
しかし彼女は副産物を見つけた…奇蹟の歌を歌う、聖人の可能性を持っている少女・鳴護アリサを。
この子を使えば今度こそ死ねるかもしれない…これが北半球を道連れにする壮大な自殺の始まりでした。

そして今、その全ての準備が整いつつある―――爆発で空いた穴から宇宙空間へ飛び出たレディリーは、
なんとか魔法陣の中心部分まで戻ってきて…喜悦した笑顔で死ぬ事を待ち望んでいましたね。

爆発は38回目…真空は初めてだけれど、
今度こそ終わりよ…絶対に!死んでやるぅ!




00000002.jpg
SWScan7_20130303071517.jpg
00000081.jpg
00000079.jpg
03.jpg
00000063.jpg
00000008_20130303070944.jpg
イメージs957

場所は変わって地上…異変に気がついた黄泉川先生率いるアンチスキル部隊は、
宇宙エレベーターに入ろうとしていましたが…頑丈なロボが道を塞いでいましたね。
アンチスキルの一斉射撃もまるで効果がなく、黄泉川先生は苦戦を強いられます…!
…まぁアンチスキルって基本的に子供相手の事件を対処する存在なので、
戦闘ロボを相手にするような武装が無いんですよね…相性が悪すぎます。
でも撃たれた仲間を後方に引きずる描写とか、この時の銃撃戦はガチで気合が入ってて燃えましたね!

敵のロボットに攻撃は通らず、こっちは消耗するばかり…まさにジリ貧です。
するとそこにブレーキングドリフトしながら車椅子に乗った美琴黒子が現れましたね!
…この2人の登場と共に流れ始める「逆転」のアレンジBGMが素晴らしすぎるんですけど、
お怒りモードの美琴は自分の必殺技…「超電磁砲」を放ち、ロボを一撃で破壊しましたね!
…まぁ美琴もアリサちゃんの友達なのに、上条さん&インちゃんだけがシャトルに乗っちゃって自分は放置とか、
そりゃ怒りたくなるよなぁ…相変わらず上条さんは美琴を置き去りにする事が多すぎる…。

まぁそれはさておき、ここで重大なトラブルが発生します…どうやらシャットアウラの爆撃が予想以上に強すぎたらしく、
バランスが崩れ…このままだと宇宙エレベーターが倒壊する危険性があるようですね!
もしそうなったら、学園都市はもちろん世界の危機です…一刻も早く対処する必要があります。

…サラッと宇宙エレベーターの内部構造をハッキングした初春によると、
どうやら地下の部分に緊急用のパージシステムがあるらしく…それを使えば立て直せるようですね。
しかしシステムは凍結されている…3本の爆砕ボルトを手動で点火する必要があります。
すでに内部に入っている美琴が1本を引き受けるとして、残り2本を果たして誰が点火するのか…。

…ここで 佐天さんが自信満々で金属バットを取り出してて吹いたんですけど、(もはや霊装レベル)
お前じゃねぇ座ってろとばかりに匿名希望の男から連絡が入りました!
その謎の男は、爆砕ボルトの1本を何とかする…とアンチスキル達に持ちかけましたね。
アンチスキルの暗号通信に割り込めるなんて只者じゃない…ここはこの男を信じるしかないでしょう。
「人生と書いて妹と読む」というペンネームの男…いったい何者なんにゃー…!?

そして土御門から事情を聞いたステイルは、今回だけ協力してやる…という感じで宇宙エレベーター突入します!
その後ろから「はいししょー!」「ししょー!」「ししょー!」と嬉しそうについてくる3魔女…可愛すぎるわクソァ!
しかもこの時…たぶんマリーベートがカメラ目線でニコっとしてますし、
ホント3魔女が愛らしすぎるよ…こんな3人に愛されるステイルさん爆散しろ!

3本の爆砕ボルトに向かって進撃する美琴、ステイル、アンチスキル…でしたが、
敵のロボットは数を増し…このままだと間に合わず、宇宙エレベーターが倒壊してしまいます!
「大丈夫です、構わずスリーカウントで点火してください」――が、ここで新たな通信が入りました!
いつもと雰囲気が違う美琴の声…しかも語尾に「~と、ミサカは」をつけるなど、
美琴が大好きな黒子は「お姉さま…?」とその通信に困惑していましたね。

それもそのはず…学園都市の危機を救う為に現れた増援は、なんとミサカシスターズでした!
ミサカ達は『鋼鉄破り(メタルイーターMX)』で援護射撃に回り、爆砕ボルトまでの道を切り開きます。
さらにその内の1人は…超電磁投射砲を装備したムスメカミサカでしたね!
ロボデザインを担当している明貴美加さんが以前描かれた「ムスメカ」がまさかの登場…もうテンションMAXですよ!
宇宙空間で大暴れの神裂さんといい、もう最高のお祭り映画で涙が出てくるわ…。

そして楽しそうに歩き回っているラストオーダーを連れながら、最強の超能力者・一方通行も参上します!
これで爆砕ボルトを点火する役者は揃った―――美琴、ステイル、一通さんがスリーカウントで攻撃を叩きこみ、
3本の爆砕ボルトを点火…宇宙エレベーターをパージする事に成功しましたね!

もうこのシーンは最高だったなぁ…美琴が超電磁砲のコインを弾く音と共に壮大なBGMが始まって、
ステイルがアンドロイドごとイノケンティウスで爆砕ボルトを燃やし尽くして、
一通さんがベクトルパンチで全てを粉砕→ラストオーダーをお姫様抱っこして帰っていくとか…痺れるわ…。
ただ、スリーカウントの時に一通さんだけ空気を読んでなくて思わず笑ってしまいました。

美琴「行くわよ!スリィーッ!!!」

ステイル「ツゥゥウウウウウウッッ!!!」

一方通行「ヴェイッ!」


00000082.jpg
イメージ11s954

お前の親父さんは…お前や乗客を守る為に、
可能性が1%も無くたって、最後まで頑張ったはずだ!
だからお前や乗客の皆が助かったんじゃねぇのか!?
お前の親父さんこそ、「奇蹟」を起こしたんだ!
それを否定するって事は、お前がもう一度
親父さんを殺す事になるんじゃねぇのかよ!


そして最終決戦…シャットアウラはアリサちゃんに拳銃を向け、それに上条さんが立ち向かいます!
どうやら「奇蹟」を憎んでいるシャットアウラは、奇蹟の歌で人を惑わせるアリサちゃんを殺すつもりのようですね…。
「88の奇蹟」は自分の父親だけを救ってくれず、さらに「奇蹟」を求める人の欲望で父親の存在は抹消された。
そしてその奇蹟を起こす存在であり、自分の脳にノイズを起こすアリサは憎むべき存在なんでしょう…。

そんなシャットアウラに上条さんは、「親父さんが起こした奇蹟を否定するな」と言い放ちましたね!
親父さんは最後まで…同僚のパイロットが逃げ出しても、愛する娘と乗客を守る為に戦った。
「奇蹟」を起こしたのはアリサちゃんだけじゃない…最後まで諦めなかったお前の親父さんも「奇蹟」を起こしたんだ。
その「奇蹟」を否定するって事は、その親父さんの努力や意思を「殺す」事になるんじゃないか、と…!

そして上条さんは、着信メロディに設定していたアリサちゃんの歌を携帯電話から流します!
その「ノイズ」を聞いて頭を抱えるシャットアウラ…その隙に拳銃を弾き落とした上条さんは、
彼女を止める為に…渾身の拳を叩き込みましたね!「その惨めな幻想をぶち殺す!」
…うむ、まぁ予想通りではあるんですけど、劇場版でも上条さんの拳は容赦無いなぁ…惚れ惚れするわ…。
でも他のキャラが劇場版の特大スクリーンを存分に活かして派手に戦ってるのに、
話して殴る上条さんの戦闘はマジで地味だなぁ…いや、そこが渋くて好きなんですけども…。

そして明かされる本当の真実…上条さんの拳を受けたシャットアウラは、
3年前のオリオン号で起きた―――父親が死亡し、鳴護アリサが生まれた真相を思い出します。
片翼のエンジンブロックが損傷し、激しく揺れながら墜落していくオリオン号…誰もが「絶望」する事態です。
そんな中、幼い頃のシャットアウラは…誰よりも「奇蹟」を求めてしまったようですね。
「私の大事な物、ぜんぶ無くしてもいい…だから奇蹟を」と…!

その結果、大事な物だった「父親」が死亡し…シャットアウラの中から「鳴護アリサ」が生まれた。
…どうやらシャットアウラとアリサちゃんは同一の存在だったらしく、
シャットアウラの音を認識する機能が失われたのも、アリサちゃんの記憶が無いのも…それが原因だったようです。
まぁ「Shut(閉ざす」「aura(気配)」「Sequentia(聖歌)」という彼女の名前の時点で
何かあるなぁ…とは思ってたんですけど、まさか同じ存在だった―――なんて予想もできませんでしたね。

そして3年前の「奇蹟」で分離した2人は、再び1人に戻り…その歪曲が「奇蹟」を起こします!
シャットアウラとアリサちゃん…2人は手を取り合い、最後の曲である『OVER』をデュエットします。
…今まで歌詞が無かったメロディのサビを、この最高のシーンで歌う展開には何度も感動しちゃうんですけど、
2人の歌声は過去最大の光を放ち…宇宙エレベーターの倒壊を回避させ、レディリーの計画も打ち破りました!
そして歌が終わった後…上条さんが見たのは、あるべき場所に帰った…1人に戻った「女の子」の姿でしたね。

そして事件は終わり…上条さん&インデックスちゃんは、先日まで一緒の家で過ごしていた「友達」の事を想います。
シャットアウラの中に戻り、消えてしまったアリサちゃん…でも上条さんの右手で触っても消えなかった彼女は、
絶対に「幻想」なんかじゃない…2人は空に響いている彼女の歌声を聴き、笑顔を取り戻していましたね。



イメージs961

※劇場版を見終わった後の私。

…という事で「劇場版 とある魔術の禁書目録―エンデュミオンの奇蹟―」…皆さんどうでしたか?
もうね…テレビアニメシリーズが色々と不安定だった事もあって、
「劇場版」と聞いた時は…期待半分、不安半分というのが純粋なファンとしての気持ちだったんですよね。
だけどその不安を見事にぶち殺してくれましたよ!もう最高すぎて震えが止まらなかったわ!
スタッフロールが終わって劇場が明るくなった後も、しばらく余韻に浸ってビクビクしてましたからね…。(ぇー)

まず劇場版で1番良かった点と言えば、キャラのオールスター感謝祭だった事でしょう!
旧約9巻までに登場した禁書キャラ&超電磁砲メンバーが勢揃いし、
しかも全員が活躍していたという…ムスメカミサカなど、ファンサービスも最高でしたよ!
特に原作では活躍する事が少ないインデックスちゃんやステイルが活躍していたのが嬉しかったですねー。

久しぶりに最前線で戦うインデックスちゃん…『強制詠唱』『魔滅の声』で相手の魔術を崩し、
レディリーの魔法陣を見ただけで「それじゃ死ねないよ」と彼女の考えを見抜くなど、
10万3000冊の原典を記憶している「魔術のエキスパート」というステータスを遺憾なく発揮してくれましたよ!
また、上条さんと絡むシーンも多かったですし…まさに文句無しのメインヒロインなポジションでしたよね。
…残念ながらアリサちゃんと一緒に『OVER』を歌う約束が実現する事はありませんでしたけど、
アリサちゃんが歌っている時…別の部屋でインちゃんも『魔滅の声』を歌ってて涙腺がジワっときましたよ。

そしてイギリス清教の天才魔術師、ステイル=マグヌス初めて敵を倒したイノケンさんおめでとう!
…原作では敵の相性が悪すぎる事もあって活躍するシーンが少ないステイルですけど、
劇場版では上条さんに勝ったり、弟子3人を持ち上げて走る身体能力を見せたり…本当に大活躍でしたよね。
やっぱり弟子3人にカッコ悪い所を見せないように頑張っていたんでしょうか?爆散しろ!
もうエピローグでも半裸のステイルが弟子3人に看病してもらってますし、
パンフレット曰く弟子3人はステイルの事を「かわいい」と思ってるみたいですし…羨ましすぎる。

というか本当に弟子3人が可愛すぎるので、原作でもチョロっと登場して欲しいですねー。
…まぁ特典SSのキャラを容赦無く本筋に絡めてくる鎌池先生ですし、インタビューを読む限り気に入ってるみたいですし、
ほぼ間違いなく3魔女は原作にも登場するでしょう…また師匠にベタベタして欲しいです。

また、キャラクターだけではなく…版権絵すら超える作画にも驚かされましたねー!
驚くほどキャラが動いていて、それでも作画が崩れる事はないという…。
何より女の子のお色気シーンが多いところに禁書の真髄を感じましたよ!(ぇー)
アリサちゃん&インちゃんのお風呂、部屋で全裸になるシャットアウラ、
なぜか短パンを見せないでスカートからギリギリの太ももを見せる美琴などなど…気合が入りまくりです。
特にラストシーン…融合したシャットアウラがなぜか全裸になり、
乳頭のシルエットが見えていたのは興奮しましたね!皆さんも劇場で確認しよう!(ぇー)

他にも美しすぎるCGや背景、挿入歌やBGMなど…どれも最高のクオリティだったと思いますよ!
…ただ、鎌池先生によるTVシリーズが5本作れる量のプロット「90分」という尺に収めている影響で、
エピローグが1~2分で終わり…爆砕ボルトを点火してパージした宇宙エレベーターの行方や、
シャットアウラ、アリサちゃん、レディリーがどうなったのか…説明ゼロだったのが残念でしたね。
まぁ上条さんの負傷が速攻で治ったりしてますし、本当に尺がギリギリだったんでしょう。

レディリー=タングルロード…今回の事件の黒幕であり、北半球を道連れにして自殺しようとした不死の少女。
…魔法陣を組み上げた彼女が「神の息吹がエンデュミオンの呪いを打ち破る」と言っていたので、
最初は月の女神・セレーネに愛されて永久の命と眠りを手に入れた美少年・エンデュミオーンと同じ呪いを受け、
その呪いを解く為に神の術式でも使うのかな?…と思ったんですけど、
インデックスちゃんが見る限り…レディリーの魔法陣は「ゴエティア系」なんですよね。
呪術・妖術・奇術を意味する言葉であり、西洋儀式魔術ではいわゆる「召喚魔術」に相当する物です。

そしてパンフによると…アリサちゃんが歌ったステージは、悪魔の象徴である「五芒星」がモチーフなんですよね。
なのでレディリーは、悪魔を召喚して北半球ごと死ぬつもりだったのではないでしょうか?
「ソロモン72柱」には、「アンドラス」のように召喚者を仲間ごと皆殺しにする悪魔や、
大嵐を発生させる悪魔…治らない傷をつける悪魔などが存在するので、レディリーの目的には最適でしょう。

なのでパンフレットでも言われている通り、あくまでレディリーは自分の境遇と「エンデュミオーン」を重ねただけで、
別に歴史上の「エンデュミオーン」と同じ呪いを受けた―――というワケではないんでしょうね。
「呪いを解く」ではなく「呪いを打ち破る」というセリフから察するに、
悪魔を使った純粋な殺傷能力で死のうとしたんでしょう…だけど彼女は今回も死ねなかった。

「Ladylee=Tangleroad」―――「tangle(もつれる)」「road(道)」というファミリーネームも含めて、
たぶん彼女の名前の元ネタは「ロンドン橋落ちた」という童謡に登場する「レイディ・リー (Lady Lee)」でしょうね。
色んな材料を使って崩壊したロンドン橋を作り直そうとするも、何度も何度も失敗してしまうストーリーは、
色んな方法で「死」を迎えようとするレディリーの境遇と似ています。

そして最後…レディリーはアレイスターから「不死の研究材料」にされてしまいましたね。
目を見開いた人形のような状態で、ホルマリン漬けのように保存されるレディリー…オエエー!(鬱ゲロ)
まぁ北半球を崩壊させようとした悪人なんですけど、この子の不幸な境遇はマジで同情するレベルなので、
どうか後日談か何かで救済して欲しいですよ…トール&上条さん早く来てくれーッ!

鳴護アリサ…今回の物語の核となったヒロインであり、シャットアウラ=セクエンツィアから生まれた奇蹟の少女。
…エピローグでアレイスターが考察してましたけど、彼女は「願い」によって作られた存在のようですね。

学園都市の超能力者は、1%にも満たない「能力を使う可能性」というズレた現実を観測して、
それを世界に出力している…これが基礎である『自分だけの現実(パーソナルリアリティ)』です。
そして3年前のオリオン号墜落事故で、88人の乗客は…1%にも満たない「奇蹟」を信じたんでしょうね。
それが『自分だけの現実(パーソナルリアリティ)』のように、因果律すら歪めてしまった、と…。
…アリサちゃんとシャットアウラが持っていたブレスレットがラストの融合後に再生している描写がありますけど、
たぶん3年前、シャットアウラは意図せず「希土拡張(アースパレット)」を使ってしまったんでしょうね。
レアアースにエネルギーを貯蔵・開放する能力…それによってブレスレットに「願い」の力が集まり、
シャットアウラの脳の機能や、父親を犠牲にしながら「鳴護アリサ」という少女が生まれた、と…。

そしてアリサちゃんが上条さんの『幻想殺し』で消えなかった理由ですけど、
たぶん全身が能力で構成されている風斬と違い…アリサちゃんは「人間から生まれた存在」だからではないでしょうか?
もしくは因果律を歪める「奇蹟」という存在自体が、上条さんの右手でも消せない要素だった、と…。

…とまぁそんな感じで感想・考察を書きましたけど、シャットアウラ(アリサ)はどこに行ったんでしょうね?
もうラストシーンが意味深すぎて超気になりますよ…BD・DVDで後日談SSをつけて欲しい…!
というか明らかに上条さんの事が好きだったアリサちゃんが消えた現実が辛すぎる…普通に泣けるわ…。
できれば融合したシャットアウラは二重人格…いや、2人の性格を足した感じになってると嬉しいですよ…。
まぁ2人とも大好きなんですけど、片方の面が消えるなんて悲しすぎるわ…!(ブラック垣根帝督「せやせや!」)


SWScan_20130303072109.jpg

心

学園都市を歩いている一般人にも、映画を見ている私達にも聞こえなかった「アリサちゃんの歌声」
それを聞く事ができたのは、彼女との「思い出」を持っている上条さんとインデックスちゃんだけでした。
そう…たとえ元の居場所に戻っても、アリサちゃんはずっと一緒にいる…どこにって? 心に、ですよ。

監督様、スタッフ様、声優様、この作品に関わった皆様…素晴らしい映画をありがとうございました。
この映画を見て私は「とある魔術の禁書目録」という作品がさらに好きになり、
今後…さらに展開する禁書ワールドに大きな希望を持つ事ができましたよ!

ここまで読んでくださった皆様にも最大の感謝を!
ではまたー! 面白かったらインデックスちゃんが上条さんをガブガブするような感じで拍手してくれると嬉しいです!

『電撃PlayStation』で劇場版禁書の裏話(レディリーの秘密、シャットアウラ&アリサのその後など)が語られてるよー!

« 最新刊 『新約 とある魔術の禁書目録 7』の舞台は「学舎の園」!上条さんとお嬢様が交差する時、物語が始まる―――!  |  アニメレールガン第2期『とある科学の超電磁砲S』のPVが3月2日から劇場版禁書の上映劇場にて公開! »

コメント

お疲れ様です!

アニメ感想全消火してからって目標はチャドの霊圧のように消えましたけど、PSP禁書の方の感想も待ってます

燐ちゃん  |URL | 2013/03/03 08:42 * edit *

2

お疲れ様です。
今回も、 読みごたえのある素晴らしい感想・考察でした。

自分なりに考察した内容を上回る デビさんの考察・知識・解説・演出は
毎回とても面白く、 いつも楽しみにしています。

櫛稲田 |URL | 2013/03/03 09:05 * edit *

素晴らしかった

鳥々 |URL | 2013/03/03 09:17 * edit *

まあまあ面白かったです!

ただ、ストリートライブしてたアリサがいきなり衣装でダンスしてたのには草不可避w

あと、事前のキャスト発表で姫神が載ってたから!楽しみにしてたのに!
酷いやm(。≧Д≦。)m

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 09:29 * edit *

劇場版も大作でしたがこの感想も大作ですね


美琴がどれくらい活躍するのかな
映画予告もサービスだろうしまあちょい役だろうな
と思っていたらまさかの大活躍で嬉しい誤算でした
超電磁砲組も禁書組も戦闘可能な子達は自分たちの得意分野でそれぞれ戦っていて迫力が凄かったです
劇場版も大成功に終わり超電磁砲2期に期待が高まります

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 09:29 * edit *

デビさん知識豊富すぎィ!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 09:31 * edit *

すばらしい記事をありがとうございます。
原作の感想などと変わらず読み応えがありました。

やはり最後はデビさんの感想を読まないと終わった気になれません。

所超電磁砲のpvの感想は(チラッ

ss |URL | 2013/03/03 09:38 * edit *

感想お疲れ様です
ほんと面白かったですよね特にステイルがよかったとりあえずまた見てきますよ
後日談はマンガ版とかで期待したいですね

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 09:39 * edit *

お疲れ様です!
この映画の前日譚のゲームや特典の小説とかの感想はやるんですか?
やるのなら、楽しみにしてます。
この映画の特典小説が後日談ならエピローグに若干の物足りなさがあったから完璧ですね。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 09:40 * edit *

いくつか2chで似たような考察をしましたが、それ以上だ…
やっぱりデビさんは色んなとこ見てますねえ。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 09:42 * edit *

感想、お疲れ様です!!
相変わらずの考察の深さに、尊敬の念すら抱きましたよ!!
シャットアウラやレディリーの名前の由来、術式が悪魔関連である事など、納得させられる点が多かったです!!
デビさんの考察を頭に入れ、超電磁砲SのPVのために私はもう1度映画に行く予定ですww
デビさんの感想も聞きた……あ、いや何でもないですww

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 09:46 * edit *

>ブラック垣根帝督「せやせや!
おまえじゃない、座ってろwww

モノケモノΣ |URL | 2013/03/03 09:51 * edit *

インちゃんの最後の歌、「OVER」(摩滅の歌アレンジ?)を歌ったんじゃないのかな?
でないと歌詞まで渡された伏線、一緒に歌うといった伏線が消化されないと思うので。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 09:53 * edit *

爆発時のダメージの回復が早い割に、噛み付かれ時のダメージの治りが遅くて噴いたな・・・・・・(遠い目)

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 09:55 * edit *

やべぇ、まだ1度も映画見に行っいないけド、見に行くしかねぇゾ
特典SS残っているかなぁ

サマー |URL | 2013/03/03 10:19 * edit *

感想お疲れ様です。
デビさんの感想を読んでいるだけで興奮してしまいました。
とりあえずデビさんの考察を頭に入れつつ、これから二回目行ってきます!ああ舞台挨拶が楽しみだよ~。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 10:26 * edit *

>初めて敵を倒したイノケン
あ、やっぱり気づいていたかw

シャットアウラのラストシーンはホントに後日談が欲しかったねえ。

名無しさん |URL | 2013/03/03 10:28 * edit *

素晴らしい出来だった…!
しかしもうちょい尺が欲しかったなぁ
とくに最後らへん
シャットアリサはどうなったんだぜ?

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 10:28 * edit *

感想お疲れ様です!

考察してみたんですけど、シャットアウラ(アリサ)の「歌」と上条当麻の「右手」ってかなり似てませんか?
この二つが魔術と科学の両方から大きく外れている気がします
(シャットアウラの「歌」=「アリサ」なら上条の「右手」=旧約22巻の降りてきた「何か」?)
ある意味でシャットアウラ(アリサ)は上条当麻に最も近いキャラクターかも!

名無し |URL | 2013/03/03 10:29 * edit *

やっぱりねーちんには笑いましたねwww
あとカウント3もww
また、デビさんが特典小説を一回目以降断ってくれたので
遅れて観た私も小説ゲットできました!
ありがとうございます

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 10:32 * edit *

>>とりあえず宇宙エレベーターの方向を指し示す時、上条さんがインちゃんの肩を抱き寄せててキュンと来たんですけど
同じく!!
>>上条さん&インちゃんがシンクロしながら「電話どうぞ」というジェスチャーをしてて萌えたんですけど
同じく!!!

今回はインデックスファンには最高だった!見てて心が癒されました。動くインデックスが観れただけでも満足です。映画もバトルも良かったし多くのキャラも出てきたしエロもあったし素晴らしすぎる!
最後の結末は少しさみしい感じになってしんみりしたけど、あの終わりかたがベストだと思いました。
スタッフの人たちには感謝しかないです;;ありがとうございます(ドゲザー これを糧にして就活頑張ります!
そしてデビさん感想お疲れ様です。相変わらず考察がキレキレですね!


最後に裏のMVPを挙げるならステイルさんが良いと思います!(色んな意味で

wawawa |URL | 2013/03/03 10:33 * edit *

お疲れ様です!

エンデュミオン事件後の様子やアリサ、シャットアウラなどもやもやする部分はありましたけど最高の映画だと思いました。

鎌池さんならきっと特典小説をBDにつけてくれると俺も信じてます

テスト期間終わったら2回目見に行きますよ!
4回(?)見に行ったデビさんには敵いませんけども…

リン |URL | 2013/03/03 10:38 * edit *

ちょww神裂さんのとこの画像wwww

もうホント劇場版素晴らしかったですよね!!
そしてデビさんの変態性とレディリーに対する考察も、さすがやはり素晴らしい


帰ってきたので追記

>もう反射的にズボンを脱ぎそうになったんですけど
私もその症状が開始早々、レールガン組が出てきた所の美琴が座るシーンから発病しかけましたw

デビさんと同じ匂いを感じるとの男性ですが
あれは急いで食べきってから逃げようとしてる様に見えてたのですが、
やっぱり同族には真意が解ってしまう物なのかしら?(見下した眼で)ぉゃ?あんなところに鏡が…

>話して殴る上条さんの戦闘はマジで地味だなぁ…いや、そこが渋くて好きなんですけども…。
これは序盤と自動人形との戦闘以降、幻想殺し発動音が無かったからかもしれませんね

MVPねーちんのベストシーンは周知の物として、お尻を押さえる佐天さん、まさかの劇場版黒春
黒子はミサカの声を聴きお姉さま?となるシーン、ミサカは盗み聞きもよかったけどやっぱりムスメカの!
一通さんは「ヴェイッ!」じゃなくて打ち止めをお姫様抱っこで空を飛ぶの方な

大活躍ステイルは弟子三人を抱えて走る所、上条さんは…包帯グルグル巻きで。
土御門は声だけだけど「人生と書いて妹と読む」ですよね。
スフィンクスはアリサの胸元でチョイチョイしてるとこー!

ミコッちゃんは色々悩むけど(応援団抜擢したあの女の人まじグッジョブ!)やはりスリーカウントの超電磁砲かなぁ
そして文句無しメインヒロインなんだよ!インちゃんはエンデュミオン到着後の移動中に上条さんに抱き寄せてもらっていたところが
個人的にお気に入りのシーンでした。

オールスターのお祭り騒ぎですごく楽しかった!(舞夏「解せぬ」「相棒と義兄は出てたのにね」)
尺に関してはアニメじゃ毎回仕方が無いけれど
見た後にパンフの用語集の最後の笑うネタ連続からの
「奇蹟」「幻想なんかじゃない」アリサの眩しい笑顔でこみ上げてきて泣きそうになりましたね…

それにしてもアレだな!あらゆる面から最高すぎて語りたい事、感謝したい事、
いろんな事が一気に溢れてきてこれ以上今の私じゃ言葉にできねぇ!
禁書大好き!
長文失礼しました!

アドミど |URL | 2013/03/03 10:43 * edit *

デビさん、感想お疲れ様です。
デビさんの感想を見て、奇跡で何度も人々を生かすアリサと、
何度やっても「死」という一つの奇跡を起こすこともできない絶望のレディリー
鎌池先生がこの二人が対比させてる感じがしますね。

はたしてデビさんの感想地獄の先に待っているのは「奇跡」か!「絶望」か!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 10:44 * edit *

感想お疲れ様です!!

いつもデビさんの考察には感心してしまいます。

この感想を読んだ後、また劇場版に行きたいと思います。(PVも見たいしねw)

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 10:52 * edit *

感想完走お疲れ様でした!

レティリー関連はキャラの背景が映画だけだと若干消化不良気味だっただけに、こうした調べ物で分かるようになっているのは有難いですね。
名前を決める際の鎌池先生やスタッフのご配慮に感謝です。

 |URL | 2013/03/03 10:53 * edit *

本当にお疲れ様でした!
ねーちんのところは確かに爆笑しましたよwwww

これはまた映画を見に行くしかないですね

ハリー |URL | 2013/03/03 10:57 * edit *

お疲れ様です!
自分的には打ち止めが一通さんに
おねがいしてるシーン前の一瞬出てきた
妹達に一番キュンと来ました

GX |URL | 2013/03/03 11:03 * edit *

お疲れさまでした。
映画→デビさんの感想・考察→映画
の流れてさらにこの作品が好きになれます。

4月からは超電磁砲S…と、少なくとも今年一年はゆっくりできませんねww ←

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 11:09 * edit *

かつて奇跡を起こしたシャットアウラが奇跡を否定するために戦い、神様の奇跡すら打ち消せる上条が奇跡を肯定して戦う、っていう構図がよかったなぁ。

そしてアレイスターの「死ねないというのは不憫だね」という台詞を聞いて、「そのうちレディリーは考えるのをやめた」という電波が飛んできたのは俺だけだろうかww あと、パンフレットの用語集で金属バットが「佐天さんの最終兵器」って書いてあったのには笑ったww

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 11:09 * edit *

映画見れないから、感謝にござる。

相変わらずの情報量にただただ唖然・・・



いただけんのは、何ゆえ限定公開なんでござるか!?

拙者 |URL | 2013/03/03 11:09 * edit *

デビさん乙です
さすが、さすがデビさん!相変わらず素晴らしい感想・考察ですぜ!!


>悪魔を召喚して北半球ごと死ぬつもりだったのではないでしょうか?

もしかしてルシファー召還ですかね?
いや、ゴエディア系と十字教では違うから他の悪魔かな

>できれば融合したシャットアウラは二重人格…いや、2人の性格を足した感じになってると嬉しいですよ…。

かまちーなら・・・かまちーならきっと本編に・・・そして後日談SSを出してくれるッ!
でもブラック垣根さんは黙っててくださいw

宥姉 |URL | 2013/03/03 11:17 * edit *

乙です。
二人の記憶に残る確かな思い出、これすごくいいなぁ。
記憶を失くしてきた上条さんとインデックスだからこそって感じがする。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 11:33 * edit *

お疲れ様です!

この映画は正に「禁書」!って感じで大満足でしたね
感動したポイントはほとんど同じなので特に書きませんが、やはり対抗兵器ねーちんが一番面白かったですね

まあ最後まで出てこないアレイスターにとても不安を抱いていたんですがちゃんと出てきて良かったです
原作でもこの頃のような格を取り戻して欲しいですね

本当に楽しい映画でした!

たけ~? |URL | 2013/03/03 11:38 * edit *

奇跡と奇蹟の違いは大事だと思うのよ(細かい)

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 11:38 * edit *

美琴「せやせや」

ブラック垣根「せやせや」

ワロタ

(´・ω・`) |URL | 2013/03/03 11:43 * edit *

ねーちんで爆笑しそうになったのはやはり俺だけではなかったか。というより、一緒に行った友達が隣で鼻で笑ってましたわwww

色々言いたい事あるけど.....デビさん、劇場版感想本当にお疲れ様でした。

Q |URL | 2013/03/03 11:55 * edit *

今回はステイルが大活躍でしたね。やっぱりカミやん病感染・発症しているのだろうかwww
イノケンさんおめでとう!記念すべき一勝ですね!
ねーちんwww
「人生と書いて妹と読む」、流石だにゃーwww
青ピ、姫髪、吹寄そして小萌先生と、とある高校は今日も平和で素晴らしいですwww
アリサ可愛い!そして、大好きです!
夢を叶えよう、その為に頑張ろう、そんな彼女が眩しすぎて直視できない!
最後は上条さんやインデックスから貰った勇気で、レディリーに屈せず見事に歌いましたね
シャットアウラは歌が好きだったんだろうなぁ
レディリーが機体を吹き飛ばさなかったら歌手になっていたのは彼女だったかもしれませんね
一人に戻った事でまた歌を楽しめる身体に戻ったのなら、また歌っていてほしいですね。アリサの為にも
レディリーは望まずして不死の身体となり、何度も死のうとして死ねなかった不幸人
故に彼女は、もう人としては死んでいますよね
同様に魔術に翻弄されてきたものの、希望を持って生きているインデックスとは真逆の存在でしたね
結局、学園都市側に回収されちゃったみたいだけれど、あとで誰かが助けに来たりして
アムブロシアーとは流石デビさん
超電磁砲組も見事に上条達を支援していましたね。でも佐天さん、最終兵器では無理ですよwww
一方さん、準備運動その2、お疲れさまですwww
インデックスは上条ちゃんと良いコンビっぷりを披露していてニヤニヤが止まりませんwww
二人目のともだちとも本当に仲が良くってほんわかするなぁ~
上条さんのそげぶが劇場で聴けて幸せ!拳は頬を抉っていましたねぇ~www
でも相変わらずの不幸っぷり、人外じみた回復能力、上条属性でしたね。またか……

デビさんの感想考察もやっぱり面白くって待っていたかいがあったというものです
これで心置きなく三回目に行けますですよ~!

「お前のその惨めな幻想を、この右手でぶち殺す!」

23学区住人 |URL | 2013/03/03 11:57 * edit *

お疲れ様です!!

上条さんって能力で起こした爆発とかは打ち消せないんですかね?
オリアナさんの最後の攻撃(爆発)も防げてませんでしたし…

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 12:14 * edit *

神裂さんは笑いますよね(笑)
レールガンのPVみるためにもまた見てきます

数学 |URL | 2013/03/03 12:46 * edit *

感想お疲れ様です!
自分も見るまでは面白いのか半信半疑でしたが、原作や超電磁砲を読んでる人には理解できる会話(二人三脚など)や戦闘シーンの描写とそれを盛り上げる音響(劇場の音響がよかった?)など、この映画を見てよかったと素直に思うことができました。

デビさんの感想のおかげで、内容の補完もできましたし、なにより読んでて何度も笑いましたw
それにデビさんが生粋の変態ということも再認識しましたw

改めて、感想お疲れ様でした。

そうだよ、宇宙エレベーターはずっと前からあったじゃないか。

SKMT |URL | 2013/03/03 12:52 * edit *

さすがデビさん感想の量が他とは桁違いだぜ(最高の誉め言葉)
なんで二人に分離していたのかとか消化不良なとこがありましたが、デビさんの考察ですこし理解できた気がします!!
そして、最後のレディリーは自由を求めた結果、一生科学側の研究モルモットになってしまうとかホントかわいそすぎて…
カミJOさん早く助けにいってやってくれ(T^T)

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 13:09 * edit *

>>「呪いを解く」ではなく「呪いを打ち破る」というセリフから察するに、
>>悪魔を使った純粋な殺傷能力で死のうとしたんでしょう…だけど彼女は今回も死ねなかった。

デビさんのこの考察に感嘆しました。
レディリーは不死の呪いを解きたがっているというよりは、
自分の力で呪いを打ち破って死ぬことを目指している様に見えましたものね。
もし、上条さんがレディリーと対峙していたとしたらどんな解決策を提示していたのかも気になりますね。

名無しさん |URL | 2013/03/03 13:17 * edit *

さすがデビさんの感想、考察に使用する知識が半端ないですたい。

まぁ、シャットアウラとかレディリーに関してはかまち先生のことですから絶対新訳にて出てきそうな気がします。何というかあれはもう新訳出すこと前提で結末を明かしていないんじゃないかって思えてしまう。まぁ、映画が詰め込みまくりなのは前段階で聞いていましたから想像範囲内ですね。

風魔 |URL | 2013/03/03 13:18 * edit *

感想お疲れ様です!
今回の劇場版はねーちんやステイル等初期キャラがかなり活躍して古参ファンの僕には満足な出来でした
戦闘シーンもすごい良かったしこのクオリティで15巻の垣根戦やイギリス編の戦闘シーンやってほしいですわ
それにしても視聴が数回に限られ、しかも90分もある映画の感想を書けるデビさんは凄いですね!
考察もとても興味深いものですし本当にデビさんは最高の禁書ファンだと思います!

>そしてイギリス清教の天才魔術師、ステイル=マグヌス!初めて敵を倒したイノケンさんおめでとう!
なんでや!7巻でシスター相手に無双しまくってたやろ!

獅子丸 |URL | 2013/03/03 13:36 * edit *

なんという感想! レディリーの名前とか考察やばいです流石デビさん!

わたしも三魔女が可愛くてならんのでチラッと本編に出てくることを期待します
……かまちー先生のことだからがっつり絡めてくるかもしれませんが、できればこう、さりげなく、ね

この感想で、見落としてた部分にも気付かせてもらったので、もう一度みるときの参考にします

神流 |URL | 2013/03/03 13:40 * edit *

デビさん、感想お疲れ様です。考察がすごいですね。

時系列に余裕がないから、アリサのオーディション合格から
デビュー、大ヒットするまでまでが急すぎるのが残念かな。
終盤ももう少し時間を取ってもらえれば良かったです。
とはいえ禁書ファンには無条件でお勧めできる出来だと思います。
4月からの超電磁砲Sにも期待したいですね。

名無しさん |URL | 2013/03/03 13:41 * edit *

エンデュミオンの感想・考察お疲れさまでした。まず始めに劇場版を見て1番に思ったことは禁書はやっぱり最高だ。

>幻想護手
何か対上条さん的な能力にw

黒子の登場シーン見て、新井さんによる文字通りの変態的な演技を再確認して安心しましたwこれなら超電磁砲2期でも全然大丈夫でしょうw

>「アリサちゃんの大食い設定」がほとんど消えちゃってましたね…
ここは数少ない不満点だったなぁ。
好みによる問題ですがここは漫画版のインデックス&アリサの暴食で伝票の塔を呆然と見る上条さんという図の方が好きでした。

超高性能なメカというのも禁書ではお馴染の一つですが劇場で見ることで、その良さがTVよりも格段に引き出されてました。シャットアウラの序盤での戦闘シーン辺りは劇場版でも1、2を争うほど興奮しましたね。

入浴サービスシーンは劇場でもファミレスでの珍事と並んで周りのお客さんの笑い声がありましたwでも、ここは上条さんが映らなくてもクスクスとした雰囲気があった辺り、「やっぱり他の皆さんももう分かっているんだなぁw」と共感してしまいましたよw
>ジェニー・リンド…1887年に没した、スウェーデンのオペラ歌手。
見終わっても気にも留めていませんでしたが、ここにも伏線はってたのか…初見で誰か一人でも聞き逃さずそれが意味することに気づく人がいたら尊敬ものです。

>だからこそ…このコスチュームが素晴らしいこそ、車椅子の黒子が衣装を着れなかった現実に両方の眼から血の涙が止まらないよ私は…!
この発言は予想通り過ぎて何も言うことはないw

神裂さんの聖人序列は発言からしてトップ付近ではなさそうなので5位前後辺りか?他の聖人の序列が分かれば、もう少し絞り込めそうな気もしますが。

ねーちん宇宙戦闘シーンは前述の2つと違い、周りの笑いとかはほとんどなかったんだよなぁ。とんでもなくシュールなのに別の意味でも見ごたえあるところだったから、そっちの方が勝ったのかもしれません。

レディリー関連は劇場版でも1番曖昧だったんですがデビさんの考察でいろいろ納得しました。
「アムブロシアー」とかまず気づかんわ…

爆砕ボルトの点火はなぁw様々なキャラが活躍する、まさにオールスターで見ごたえ抜群だったのに最後の最後で良くも悪くも一通さんがぶち壊してくれてどう言ったらいいものかw

>まぁ「Shut(閉ざす」「aura(気配)」「Sequentia(聖歌)」という彼女の名前の時点で何かあるなぁ…とは思ってたんですけど、まさか同じ存在だった―――なんて予想もできませんでしたね。
いやいやいや!名前の意味に注目する時点で凄いですよ!
予告での上条さんの相手、キャプ絵の構図などからシャットアウラが密かに最重要キャラだということはわかってましたが名前の件は完全にスルーでした(鎌池さんがキャラの性格やイメージを名前に込めることは知ってましたが、レディリーの件も含めてそれにあまりあてはまりにくい英名をここで起用してくるとは思わなかった)

「OVER」デュエットは劇場版にある曲の中でも1番好きな曲なのでクライマックスと合わせて使われて鳥肌全開でした。
そして>あるべき場所に帰った…1人に戻った「女の子」の姿でしたね。
ここを見てテイルズオブジアビスを連想したのは俺を含め結構いるはず。

>でも上条さんの右手で触っても消えなかった彼女は、絶対に「幻想」なんかじゃない…
ここの流れはさりげなく感動しましたね~主人公の能力がこういう形でも活かされているのは感心させられるなー

>※劇場版を見終わった後の私。
この流れでネタ挟むかwwwまぁ、ぶっちゃけるとこの時点ではフレンダもしっかり存命中なんですけどねw

>…残念ながらアリサちゃんと一緒に『OVER』を歌う約束が実現する事はありませんでしたけど
後日、井口さんと三澤さんのデュエットバージョンが公開されることを希望します。

>そう…たとえ元の居場所に戻っても、アリサちゃんはずっと一緒にいる…どこにって? 心に、ですよ。
よりによって旧約1巻の締めを感想の締めにも転用するのは憎い演出だなー

ということで劇場版禁書エンデュミオンの奇蹟は本当最高でした。
レディリーの死を求めるようになった経緯やシャットアウラ(アリサ)のその後など尺の都合上、説明不足な点もありましたが鎌池さんが手がけていることもありストーリー自体の質も素晴らしいうえに上記のメカや派手な魔術の使用で迫力満点、いろんな原作キャラが各々活躍しているオールスター的な要素もあるという「劇場版」という利点をフル活用してくれた出来には満足としか言いようがありませんでしたね。
この劇場版を機に禁書のさらなる躍進を願っています。
それでは超長文失礼します。

ジャックポット |URL | 2013/03/03 13:43 * edit *

お疲れ様です。2回めはデビさんの感想を見てからにしようと思っていたので、これで心置きなく見に行くことができます。とあるシリーズは私の中ではデビさんの感想までがセットになっているのでこれからも楽しみにしています!魂のこもった感想ありがとうございました!!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 13:50 * edit *

感想お疲れ様です

今まで色々と不遇な扱いを受けていたステイル、ねーちんのネセサリウス関連に、
スポットライトが当たってて良かったです(新約になってもステイルは…いあいあ、新約登場の際には魔女っ子3人娘も是非、登場させて欲しいですね

正直、2期の出来栄えが…だったので、不安8割の期待が2割だったんですけど、
最近みた映画の中でも最上位に余裕で食い込む出来栄えでした

そしてこの劇場版スタッフ達で是非、3期を、3期を、3期を作って欲しいですね

名無しさん |URL | 2013/03/03 13:50 * edit *

で、映画禁書第二段はまだかね?(気が早い)

名無し |URL | 2013/03/03 13:59 * edit *

デビさんお疲れ様です!
ファンの心を理解したまさにお祭り映画でしたね
劇場で涙こらえたのに帰ってからパンフ見て「幻想なんかじゃない」に泣かされてしまった
「調和の取れた破壊」を行う幻想殺しで消えなかったってことは、アリサの存在が「人間」であり「普通の女の子」だったってことなのかな

さて、デビさんの感想・考察もみたことだし今日もう一回見に行って来ます(笑)




ヤマサンダー |URL | 2013/03/03 14:01 * edit *

毎度ながらデビsの禁書感想はすごいですよ…

おそらく核心を得ているであろう予想とか

文字としてもれている欲望とかw

もちろん映画は素晴らしかったので90分がとても短かったですorz

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 14:18 * edit *

>そう言いながら空振りする上条さん

上条さんってもしかして本当は運動神経悪いんじゃないだろうか
これを見てなんか主人公補正疑惑がまた強まってしまった

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 14:27 * edit *

デビさんの神話関連の知識がすごすぎて脱帽しましたm(_ _)m
いままでただの変態とか思っててすみません(おい!!)

ホントに見に行って良かったですよ(´ω`)

一通さんもはやゲスト出演だったけど仕方ないね(白目)

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 14:35 * edit *

デビさんの感想待ってました!
私は劇場版禁書を一度しか観ていないので記憶があやふやな所があったり、話を理解できていない所もありましたが、デビさんのおかげでそれらを補うことができました。
しかし相変わらずデビさんの考察は面白いですね。禁書に関連する知識量や勤勉さにも頭が下がります。
劇場版禁書の出来は素晴らしいものでしたが、超電磁砲はどんなものになるのでしょうか。過度な期待はしないようにしていますが、楽しみでなりません。
本編も盛り上がりを取り戻してきましたし、今後も禁書ワールドから目が離せませんね。

マッキー |URL | 2013/03/03 15:25 * edit *

ねーちん活躍で俺歓喜!

やはりデビさんの考察での知識量はすごいですね。
とても尊敬します。

個人的な感想としてはは尺が足りなかったのが残念だったかな(汗)

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 15:26 * edit *

お疲れ様です。

見落としてるところもいろいろあったようなので、今度行く3回目の楽しみが増えました。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 15:52 * edit *

お疲れ様です。
やはりデビさんの感想・考察は素晴らしいです!
これを踏まえてもう一度、映画を観に行ってきます!!

Flere501 |URL | 2013/03/03 16:34 * edit *

お疲れ様です。自分も受験終わったら行くぞ!

雨パ |URL | 2013/03/03 16:44 * edit *

舞台挨拶付き上映行ってきましたー。
二回目の鑑賞だったのですが、今度はデビさんの考察を参考にして観てきましたよ。
いやー何度見ても面白いですね~。前売りがもう一枚あるので、第3弾?の時にまた見に行きます。

そして舞台挨拶!これも面白かったです。
デビさんの大好きな新井さんが真っ赤なノースリーブのドレスで登場しましたよw

あとは超電磁砲SのPVですね。デビさんはこの土日観に行ったのでしょうか?
4月が楽しみになりました。バックで流れるfripsideの『sister's noise』がむっちゃかっこよかったです。
これはもう購入決定です。

今年は「とある」から目が離せませんね!

名無しさん |URL | 2013/03/03 16:49 * edit *

今見てきましたよ!!
いや良かったですね。
非常に良かったです。
最後アリサが消えちゃったのとレディリーが上条さんの救済対象に入らなかったのが残念でしたが、
それ込みでとてもいい作品だと思いました!!
SS或は三期期待してます!!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 16:59 * edit *

感想お疲れ様です。
私も舞台挨拶付き上映の2回目を見てきました。朝にデビさんの考察を読んでから見たので初回とは違った楽しみ方ができました。何よりも私の一番好きな豊崎愛生ちゃんが見れたので幸せです。

氷華といいアリサといい、せっかく友達になれたのだからもっとインちゃんと会えたらって思っちゃいますね。
劇場版の新キャラ達は本編にも是非出て欲しいです。きっとあるであろうBDの初回版SSが楽しみですw

それから色んなところで指摘されてる気がする「とある魔術の禁書目録SP」p153のバードウェイのセリフはなんだか意味深ですね。今回の事件もかまちーの中ではぼんやりと「起きていた」のでしょうか。

なまもの |URL | 2013/03/03 17:16 * edit *

>ここの戦闘シーンやべぇ!興奮で脳汁が止まらないよおおおおおおッッッ!!!
やっぱここのシーン最高でしたよね!!
ここを見るためにもう1度見るためにまた映画見ようか迷うくらい自分は好きです。

>短パンを見せないでスカートからギリギリの太ももを見せる美琴
ファミレスのシーンで美琴のふとももがアップで座るシーンが印象的でした。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 17:18 * edit *

おお、感想お疲れ様です。
いやー、佐天さん可愛かった。佐天さん一筋のつもりがアリサに浮気したくなりましたがね・・。

PV感想待ってます。

名無しくん |URL | 2013/03/03 17:23 * edit *

>この劇場版はインデックスちゃんスキー感涙の出来だわ…。
インちゃんが久々にヒロインやってて感激したよ(泣)

>BD・DVDで後日談SSをつけて欲しい…!
俺も読みたいぜ!かまちーなら…かまちーならやってくれる…。

>いやーホント、盛大に笑ったわ…もう色んな意味でねーちんが劇場版のMVPだわ…。
あれはやばかった。隣の席の女子中学生コンビが笑い堪えてたしwwwいや、かっこよかったけどね。


にしても素晴らしい出来だった。最近ほんの少しだけ冷めつつあった禁書愛がイノケンティウスや!!!
…それぞれのキャラ別に感想を言いたかった所だけど、やたら長くなりそうなんで諦めたわ…w

シーア |URL | 2013/03/03 17:23 * edit *

いやぁ、色々なキャラの活躍を見れる良い映画でした。
私としてはシャットアウラが最初に登場した際の戦闘シーンがお気に入りでした。

それにしても、何度見てもデビさんの考察の深さには脱帽します。
これを読んだおかげで、映画だけでは不足していた部分を補完できました。

デビさん、いつも素晴らしい考察をありがとうございます。

グル |URL | 2013/03/03 17:29 * edit *

本当にお疲れ様です!!!
壮大な感想ありがとうございました!!

気づいてないところとか結構発見できたのでもう一回行きます!!

…そして神裂さんはマジで吹きました。。

卒業生 |URL | 2013/03/03 17:35 * edit *

公開から一週間も遅れましたが私も見てきました
恥ずかしいことに最後のスタッフロールで涙を流してしまいましたww

5年間ファンやってて本当に良かったって思いました。あと帰りに買ったパンフを車の中でみて
幻想なんかじゃないというのを見て追撃をくらい、また泣いてしまいました。

あと、個人的な見解なんですけどシャットアウラの音楽などがノイズにしか聞こえなくなってしまったって、アリサが誕生した時に、シャットアウラの「大事なもの」が「音楽的才能」と「お父さん」だったのでしょう、そしてその2つを種に「鳴護アリサ」が誕生したのだと思います、なので、シャットアウラは「音楽」がアリサは「音楽以外」が失われてしまっているのでしょう。

スター★ドラゴン |URL | 2013/03/03 17:36 * edit *

大ボリュームの感想・考察お疲れ様です。
これを読んで、また見に行きたくなってきました。

黒子の登場シーンで、ひそかに初春が超反応でパソコンを守っていたのとか芸が細かい。何回見ても新しい発見があるとてもいい出来の劇場版でしたねー。
超電磁砲Sも待ち遠しいです。

それにしてもアリサと「ししょー」×3の娘達がかわいすぎる……。
映画だけではもったいない、これからの本編にもぜひ出てきてもらいたいです!!
まあ、垣根帝督すら復活したんだし、特に今後のアリサの復活登場は期待したいですね。

名無しさん |URL | 2013/03/03 17:45 * edit *

さすがっす!!! デビさん!^_^

僕は公立高校を控えた受験生ですが特典と映画みたさに初日に観に行きました
でも家からは遠いし受験もあるので1回しかいけませんでしたがデビさんの感想で再び胸の熱さが呼び戻されました
ありがとう禁書です^_^ 本当に
これからも禁書の感想頑張ってください 応援してます

鎌池とはいむら先生の禁書は世界一ィィィィィィィィィ!!!!!!!!!!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 18:11 * edit *

>>だからこそ…このコスチュームが素晴らしいこそ、車椅子の黒子が衣装を着れなかった現実に両方の眼から血の涙が止まらないよ私は…!

あわきん「さーせん」

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 18:19 * edit *

ゴスロリ社長の考察が素晴らしかったです。
アリサが幻想殺しで消えなかったのは、ペンダントを媒介としていたからではないかな?と思いました。
それならアリサとシャットアウラのペンダント二つが核となるので幻想殺しとイノケンさんの様に触れても消せない状態になりそうです。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 18:22 * edit *

面白かったかどうかは別にしてとても禁書らしい映画でしたね
整合性がつかなくても勢いで突っ走る感じで良かったと思います
あとは後日談にもう少し時間を割ければもっと良かったかなという感じです

名無しさん |URL | 2013/03/03 19:15 * edit *

お疲れ様です
相変わらずデビさんの感想&考察は気になった所、細かくて気づかなかった所、ネタな所を全て拾っていて素晴らしいです
にしても上条さんこのあと大霸星祭でまた大怪我するんだよなぁ
もしかして上条さんって不死の存在なんじゃ・・・と割とマジで思った

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 19:25 * edit *

感想お疲れ様です!
映画の細かい所までみていてすごいです
やっぱり禁書は最高ですね!
超電磁砲二期もめちゃくちゃ期待しちゃいますよ!

梯子男 |URL | 2013/03/03 19:43 * edit *

これほどの全編感想書く為には1回の視聴では済まなかったでしょうね。
デビさんの作品愛には同じファンとして頭が下がります。
ステイルの戦闘の作画が素晴らしかったですねー、3人の魔女っ子達がとても可愛かった。

名無しさん |URL | 2013/03/03 19:57 * edit *

素晴らしい感想お疲れさまでした

ガンバスターw
まったく同じ事考えてましたw

アリサちゃんは可愛いかったですね
それだけにラストがかわいそうで
はやく薄い本が出て欲しいです(オイ

おばあちゃんマン |URL | 2013/03/03 19:57 * edit *

さすがに婚后さんはともかくレベル3の2人は相手になりませんよ

名無しさん |URL | 2013/03/03 20:00 * edit *

>フレンダ
生きてる!フレンダこのときまだ生きてるよ!!(笑)

ブラック垣根はだまっとれww

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 20:22 * edit *

感想お疲れ様でした!
アリサちゃんもシャットアウラちゃんもいい子だっただけに、また登場しないかなと思ったり。

そういえば、アリサちゃんが生まれたのって、新約4巻から出てきた
「全体論の超能力」なんでしょうかね?

「大きな世界をゆがめて、小さな超常現象を発生させる」というグレムリンのやったこととかなりマッチする状況でしたし…
まあ上条さんの右手で消せなかった事から、ただの全体論では無い気もしますが

 |URL | 2013/03/03 20:30 * edit *

今日観てきました。
特典小説なかったです(悲)
SS下敷きもなかったです(悲)

>ねーちんが劇場版のMVP
同意します。

4469SHO |URL | 2013/03/03 20:33 * edit *

初めまして、マッスーと申します。
いつもこのサイトの更新を楽しみにしています。
私は人生で初めて一人でこの映画を見に行きました。
前半は凄く楽しかったんですが後半、詰め込み過ぎていたような気がしました。
そのためこのサイトの感想を楽しみにしていました。
補完小説が出てほしい凄く思っています。
今後とも更新がんばってください。

マッスー |URL | 2013/03/03 20:34 * edit *

デビさん細かい感想本当にお疲れ様です

今回私は公開日の次の日に見に行ったのですが、正直もうアリサにメロメロです
あそこまで純粋で可愛い子は今まで禁書にいただろうか?ってぐらい本当に可愛くてラストの終わり方や劇場版だけで終わりにするにはあまりにももったいなさすぎるキャラ性、上条さんに最終的にはなんだかんだでいろいろ励ましてもらったり助けてもらったりでベタぼれなところがもう本当にもったいない・・・
あまりにも好きになりすぎて夢に別時間軸設定がオリジナルででてくるくらいです・・・
ついには現在自分で劇場版その後編オリジナルSSを今自分で書いているところです
もちろんアリサは一応の意味での消えていない設定で。

そういえばいつだったかここを原作者陣もいつもおもしろ楽しく見させてもらってるって話がありましたよね?
その事を考えたらもしかしたらここでBD・DVDに後日談SSつけてほしいという熱い皆さんの想いが原作者陣に届けばもしかしたら検討してくれるのではないでしょうか?
それこそもしかしたらなんらかの形で原作に合流や登場とかアリサがまだ消えてない設定話とかありえるかもしれませんよ!?

さぁ!皆さんも感想に後日談等をください!と熱い想いを込めて言いましょう!!!

imas798 |URL | 2013/03/03 20:38 * edit *

感想お疲れ様
映画は大満足な内容でした
神崎の出撃シーンにはデビさんとまったく同じ反応でした
魔女弟子3人組は新約の新刊にでてくる予感

なちゅき |URL | 2013/03/03 20:39 * edit *

レディリーの呪いは、上条さんとインデックス、それにオッレルスとフィアンマあたりが協力すれば解けそうな気もするんだが、どうなんでしょうね
ほんと救われてほしいんだけど

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 21:04 * edit *

乙です~

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 21:04 * edit *

デビさんお疲れさまです
上条さんのスケジュールつめつめすぎだろ...

すざくたん |URL | 2013/03/03 21:28 * edit *

私もアリサかシャットアウラにまた出てきてほしいです!!

そもそも学園都市があんなおもしろそうな素体を放っておくわけがない
鎌池先生なら絶対もう一回出してくれるはず!!

・・・・でも学園都市の「研究材料」という鬱展開がありそうで怖い

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 21:33 * edit *

劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」

感想お疲れ様でした!

劇場版禁書最高でしたね!!僕もさらに禁書が好きになりました。
デビさんの感想は内容を補完してくれて助かるし、とても面白い(一通さん「ヴェイッ!」で吹き出しましたw)です。

尺が短いのでエピローグがあまりなくて残念というのは同感です。同じくBD特典に後日談SS希望ですw
あと、劇場版を見てアリサちゃんがとても好きになったので彼女が消えてしまったのは辛いですね…や、デビさんが言ったように心にはいますけど…それでも…本編に出して欲しいくらいだったのに……。

まあそれはさておき本当に素晴らしい出来でしたね!!本当に禁書ファンで良かったです!!

なくら |URL | 2013/03/03 21:36 * edit *

感想考察お疲れ様です。相変わらず素晴らしい!

>その夜に無傷でアリサちゃんの前に現れたのは混乱してしまったよ!
マジで偽物(エツァリ)だと思ったよ!
まあ大怪我じゃーなかっただけでしょー、気にすることないよー

>そのエネルギーの解放によって爆破されたレアアースを「幻想殺し」で打ち消すのは無理だったんでしょうか?
爆風は適用外だったのでしょう
発動前にレアアースに触れることさえできれば発動は止まるんじゃないですかねー
宇宙でのラストバトルの時に爆発を受けて立っていられたのも、ほとんどの爆弾をカミ技で殺していたんだと2回目で思い至りました

蓮の杖 |URL | 2013/03/03 21:59 * edit *

お疲れ様です
自分も映画面白すぎて3回も見にいきました
どのキャラ一人一人空気じゃなく全員活躍したのがよかったです
唯一の不満が幻想殺しの見せ場がなかったことです

名無しさん |URL | 2013/03/03 22:07 * edit *

お忙しい中感想お疲れ様です
やっぱスゲーやデビさんの感想は…

個人的な映画の評価は素晴らしいの一言です
インデックス派の自分としては彼女が活躍するところはもちろん上条さんがインデックスに「二手に分かれよう」と彼女を頼りにしてくれたところとかが観れて大満足です
原作でも早くインちゃんの活躍が見たいな~

前にどっかの記事で書いたけどアリサ達映画オリジナルキャラが魅力的なキャラだったので原作にも出てきてくれないかな~と思っています
アリサは無理っぽいけどシャットアラウやレディリーとかは出てきてもおかしくないと思います
だってかまちーだしw
それにラストが消化不良すぎて彼女たちがどうなったか気になりすぎて(ry

まあとりあえず分かったことはひとつ…
とあるシリーズは最高だということです!!

とある学生 |URL | 2013/03/03 22:21 * edit *

感想お疲れ様です!!
個人的にこの感想を見て始めて映画を見終えたと思ってます(笑)

映画は出てくるすべてのキャラに見せ場があり本当によかったです。
改めて禁書ファンでよかったー!!!

そして地味に佐天さんは本編に初登場ですね(笑)

matwo |URL | 2013/03/03 22:24 * edit *

さすが禁書ファンの聖地ブログだぜ…
安心と信頼のデビさんタグが付くな…
お疲れ様でした!ゆっくり休んでいってね!

教皇代理 |URL | 2013/03/03 22:38 * edit *

デビさんお疲れ...
熱意に感謝・感激。

たんたたん |URL | 2013/03/03 23:00 * edit *

かまちーが劇場版の不完全燃焼のところは今後新約とある魔術に出すような事言ってたからシャットアウラ メアリエ マリーベート ジェーンの出番はあるできっと

3期で原作の17巻と18巻の英国クーデター篇と20巻から22巻のロシア篇で3魔女トリオ出るかもね

名無し |URL | 2013/03/03 23:05 * edit *

> ミサカ10039号、13577号、19090号!
なぜ見分けられるw

希亜 |URL | 2013/03/03 23:11 * edit *

ちょうど今日見てきましたよー!
そして特典の小説はもうなかった…OTL
特典小説の感想を!ぜひ!
>そして最後…レディリーはアレイスターから「不死の研究材料」にされてしまいましたね。
>目を見開いた人形のような状態で、ホルマリン漬けのように保存されるレディリー…オエエー!(鬱ゲロ)
え・・・そんなシーンありましたっけ!?
当たり前ですが寝たり目を離したりはしなかったのですが・・・。
なんか机のようなところに横になってたところまでしかわかりませんでした。

あと重福省帆のようなキャラが観客席にちらっと映った気がしたのですが、見間違えでしょうか?

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 23:18 * edit *

そういえば崩壊するエンデュミオンから上条さんたちや観客はどうやって地上に戻ったのでしょう?

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/03 23:26 * edit *

お疲れ様です
デビさんの感想はとても参考になります。
BD.DVDで後日談SSをつけてほしいですね。
…ところでデビさん、アニメ感想って知ってます?

魔術師ホーリー |URL | 2013/03/03 23:31 * edit *

>>なぜ見分けられるw
パンフレットに書いてある。

名無しさん |URL | 2013/03/03 23:35 * edit *

>なんか机のようなところに横になってたところまでしかわかりませんでした。
これをよく見てみるとチューブみたいなものが周囲にあるんだぜ。
まるで実験材料のように・・・。

>あと重福省帆のようなキャラが観客席にちらっと映った気がしたのですが、見間違えでしょうか?
似てたけど別キャラ

名無しさん |URL | 2013/03/03 23:48 * edit *

昼前のコメント編集して追記しました^^

>あと重福省帆のようなキャラが観客席にちらっと映った気がしたのですが、見間違えでしょうか?
どっちかっていうと木原円周ちゃんに似てたような…まぁ別人だと思いますが

可愛いモブも多かったですよね。路上ライブ中にインちゃんに場所を譲ってくれた子とか、
エンデュミオン係員のお姉さんとか、いつものカチューシャとかw

アドミど |URL | 2013/03/04 00:09 * edit *

まずはデビさん感想お疲れ様です。
自分一人の理解力では、ん?とか微妙かなと思ったところも
デビさんの解説&考察のおかげで大方理解でいたつもりですw
さて俺もレールガンPVのためにもう一回見てくるか~

…ケッシテラストシーンノゼンラヲカクニンシニクワケジャナイヨ?

mira |URL | 2013/03/04 02:14 * edit *

感想乙です。
一方さんが好きな自分としてはもっと通行止めが見たかった><
3期に期待ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/04 04:12 * edit *

14歳のステイルを師匠といってる3魔女はいったい何歳なんだろう?

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/04 04:18 * edit *

素敵な感想&考察 ありがとうございました!!

ぴみんく |URL | 2013/03/04 14:36 * edit *

ステイルの弟子3人は禁書3期やったらですが、クーデターの辺りで出そう。
他にもステイルvsインデックスのシーンの支援してきた、イギリス清教の人達の辺りとかw

ss |URL | 2013/03/04 15:17 * edit *

やはり期待通りの感想料でした。

映画も4回見ましたが、感想を聞いてそうだっけというところもありましたので映画劇場特典第3弾がでましたら手に入れるとともに確認してみたいと思います。

お疲れ様でした。
最後の『心にですよ』はジーンと正直きました。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/04 18:52 * edit *

今回も奥深い考察お疲れさまです!

あの短いシーンでよくシャッっぁんの能力の分析できますね!感動します!

これからは分析王デビワゴンと呼んでみんなで崇拝しよう!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/04 19:23 * edit *

感想乙乙乙乙うううう!!!!

私は県内に公開される劇場が全然ないので一回しか見に行けてないですw
映画が終わった後はなんというか・・・。すっごいおもしろくて話を整理できませんでしたよwww
あー、あとも一回見に行きたい!DVD絶対買ってやる!www

ていうか私、劇場のグッズコーナー全部売り切れててショックで死にかけた・・・www
パンフはゲットしたがなw

感想本当にお疲れ様でした!
長文失礼しますたw

レベル5 |URL | 2013/03/04 19:28 * edit *

溜まってる感想って……
そういや2週間くらいデビさんのアニメ感想を見てないな……

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/04 19:53 * edit *

デビさん最高でした!
受験生なのに映画見に行っちゃいましたよ~(-_-;)
ところどころ同じこと考えてるなぁって爆笑しましたww
前日譚のゲームの感想も待ってます!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/04 19:54 * edit *

今日、また劇場版を見てきました!!

来場者特典の第二弾もしっかり取れました。
PVは見たところ妹編にしては明るい感じでした。

デビさんの感想を見てからだと色々発見もあって楽しかったです。
最後のシャットアウラの全裸のシーンはしっかり見てきましたww

とにかく、4月からの超電磁砲が楽しみです。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/04 20:36 * edit *

新約7巻の告知きましたよ!!

運び屋 |URL | 2013/03/04 20:55 * edit *

新約7巻・・・なんじゃあこりゃああああ
学舎の園って美琴大勝利の展開か?!
つーかつっちー何してんだ!

名無しさん |URL | 2013/03/04 21:00 * edit *

5月新約7巻キター!
舞台は「学舎の園」とか楽しみすぎる。美琴とかみさきちとの絡みに期待!

名無しさん |URL | 2013/03/04 21:01 * edit *

感想なげぇ!(誉め言葉)

今日観に行ってきたのですが予想以上に楽しめました。
特に戦闘シーンが迫力満点で見いってしまいましたw

禁書のファンで良かったですヽ(´ー`)ノ

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/04 21:02 * edit *

>新約 とある魔術の禁書目録(7)
著/鎌池和馬 イラスト/はいむらきよたか
上条当麻が目覚めたそこは、名門お嬢様学校専用区域「学舎の園」! 送り込んだ張本人、
土御門が上条に告げたミッションとは? 予想外な展開が炸裂する最新刊!

デビさん7巻がああああああああ!

美琴か?いやみさきちがくるのか?
うわあああああ待ちきれねえよデビさあああああああああん!!

宥姉 |URL | 2013/03/04 21:23 * edit *

「学舎の園」って常盤台以外にも4つ学校があるんでそのどれかに放り込まれるんじゃないですかね…?

 |URL | 2013/03/04 21:40 * edit *

もうこの感想を公式にしたら良いと思うの

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/04 23:38 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 | | 2013/03/05 00:07 * edit *

デビさん考察力も ヤバスぎですし
「そこ気づくかフツー!?」みたいなところ気づき過ぎだし

ちょっとデビさんの禁書ヲタっぷりを舐めてましたスンマソン

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/05 00:20 * edit *

デビさんの感想は書籍化されて然るべきレベルだと思います。素晴らしい。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/05 01:03 * edit *

お疲れさまでした。
映画→デビさんの感想・考察→映画
の流れてさらにこの作品が好きになれます。

4月からは超電磁砲S…と、少なくとも今年一年はゆっくりできませんねww ←

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/05 03:29 * edit *

感想乙です!
デビさんの感想を見て、また映画を観に行きたくなってきましたw
メアリエの元ネタまで調べようという気力は俺にはなかったぜ…

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/05 09:37 * edit *

神感想ありがとうございました^^


いつもいつも本当に楽しみにさせてもらってます

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/05 23:17 * edit *

感想乙。
私は2回観たんですけど、2回目の方が絶対オモシロかったです。
神裂さんのシーンはやはりみな考える事は一緒だったかww

ナツキ |URL | 2013/03/06 01:16 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 | | 2013/03/06 11:41 * edit *

関係ないけどアリサの衣装は他にもハルヒやシャナで有名な「いとうのいぢ」などが担当していたそうですね。

ss |URL | 2013/03/06 18:40 * edit *

デビさん、映画の第3段特典がフィルムコマですよ!
財布がまた軽くなりますね(笑)

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/06 19:48 * edit *

デビさん、劇場版の特典第3弾はフィルムコマらしいですよ。
これでもっと財布が軽くなりますね(笑)

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/06 20:06 * edit *

デビさん、お疲れ様です。デビさんのおかげで、毎回ただでさえ面白い「禁書」がより楽しむことが出来ます。(単に自分でそこまで考察が出来ていないだけなのですが・・・)今回の映画も楽しかったのですが、詰め込みすぎて、自分的には少し不完全燃焼だったのですが(グッズも売り切れてて、パンフしか手に入れられませんでした。) デビさんのおかげで少し分からなかった部分も分かったので、より面白く感じました。ありがとうございました!!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/08 03:57 * edit *

今日、3回目を観てきました!特典終了してました、残念!でもまぁ良し!
では遅くなりましたが、デビさんの神記事にコメントさせて頂きます!
しかし相変わらず……いや益々クオリティが上がってますねw。思わず唸ってしまう博識っぷりも尊敬致します。
>「ねーねーとうま宇宙エレベーターって何?」
これは近木野先生の禁書漫画でも笑わせて頂きましたが、映画館でも吹いちゃいましたよw。ぶっ飛んでるなぁ~w。(*´ω`*)
>ファミレスで雑談するレールガン組に変わります。
このサイドチェンジするシーンはアリサちゃんの美声も相まって感動しましたね。これから始まるオールスターの片鱗を感じさせてくれましたよ。まぁ何気ないシーンなんですがw嬉しくなりました。
>どうやら佐天さんは「幻想御手(レベルアッパー)」でレベル上げ中
なになに?佐天さん、あんな事あったのにアッパー中毒?アパ中??(;´д`)
>劇場版でも上条さんのラッキースケベは全開だなぁ!
俺もラッキースケベ属性欲しいわ!挨拶からのノータイムラッキースケベっておま……、しかもアリサちゃんの照れた顔、可愛いィィィィーーーッッッ!!!!

上条さんがバッティングセンターで言ったセリフは彼だからこそ言える優しいセリフでしたね。インデックスには説得力無いと言われてましたがw。

>相変わらずバケモンだーッ!!!
ま、まぁ……その…アレだ!エンディミオンなんつーもんが許されるなら上条さんの不可思議なチートっぷりなんて可愛いもんですよ!そ、それに考えても見てください、
水の矢で上条さん串刺し→こんなものでヤツは死なないとかワケわからん事を口走りながらステイル登場→大袈裟にも串刺し状態で動かない上条さんにイノケンティウス発動→アリサちゃんが叫ぶ前に弟子達が彼女をボディブローで黙らせる→上条さんイノケンティウスの直撃くらって消滅……なんて事にでもなろうモノなら観てる方達が一人残らず発狂しますよ!(オイ)
劇場版禁書、完!は嫌ぁ!(´;ω;`)

で、ここからのシャットアウラ登場!(お尻アングルw)そして能力織り込んだ高速戦闘は手に汗握りましたね!ここまで緻密で良く動く戦闘は禁書アニメ初ではないでしょうか。製作者様に感謝ですよね、カッコ良すぎです!

>もう反射的にズボンを脱ぎそうになったんですけど
逮捕!\(^o^)/
>「とうまがご飯を作って私が食べるんだよ?」
どうしてこうなった……(;´д`)
>その絶好のタイミングで帰宅する上条さん。
ハハハw。これは映画観てる方達がお風呂シーンの段階で予想してたのではw?本当に凄まじい属性だw。それにしてもアリサちゃんセクシー過ぎるわ!
特典第3弾でこのシーンのフィルム貰えた方は夜道に気を付けろ、マジで。

そして美琴と待ち合わせしてプロモへ。うい初春と佐天さんの対比は俺も気になりましたw。佐天さん、いつも見てるクセに見られるのは嫌なのかw。スカートを押さえてるシーンが可愛かったです。
ここでセルかッッッwww!!!!ワロタw!(*´∇`*)

>ミスタープレアデスみたいな男
そうか、どっかで見たことあったかな?と思ったら彼かw。納得ですw。

シャットアウラ庇って大怪我する上条さんカッコ良いィィィィ!次のシーンでダメージ消えてるのには俺も違和感を感じましたw、まぁテンポ優先ですよね。
ライブシーンでは思わずアリサちゃんに声援を送りたくなりましたね。輝いてるわ彼女は。眺めてる上条さん達の柔らかい表情にもジーンと来ましたね。(*´ω`*)

>北半球を消滅させるレベルの大魔術
魔術のスケールはオカシイwww。

神裂さんが船から出てきた時は、俺はまぁ聖人なら宇宙空間でも余裕だろ?とか考えてて笑いはしなかったですけど、デビさんや他の方達のツボにはまったみたいですねw。でも確かに強引過ぎたかなw。
てか、ガンバスターwww!(*´∇`*)
アリサちゃんの歌は本当に良い所で流れますよね!熱くなるわーッ!例えるならシュタゲの凶真復活シーンでしょうか?アレを彷彿とさせるグッドタイミングです!
アムブロシアーとかは俺にはチンプンカンプンですw。でも、デビさんのおかげでまた一つ知識が!ありがたいです。(*´ω`*)

そしていよいよオールスターが始まりましたッ!俺の好きなキャラクターに見せ場がキチンとあって大満足!フルアーマーミサカカッコ良い!(*´∇`*)
美琴、ステイル、アクセラさんの一斉爆破にはシビれましたねェ!
あれ?ヴェイなんて言ってたっけ?と思いながら3回目では注意して聴いてましたが、マジで言っててワロタwww。禁書にまた一つ名言がw。
上条さんの説教、後ろでOVERの曲が流れる、幻想殺しと最高に燃える展開でした!地味?いやいや個性ですよ。大丈夫、問題ない。

>シャットアウラとアリサちゃん…2人は手を取り合い、最後の曲である「OVER」をデュエットします。
ここは泣いたなぁ……。(´;ω;`)
演出が神過ぎるだろ……。幻想を殺した果てに生まれる奇蹟!感動しましたよ~、何度見ても泣ける。ここでも歌が映像とマッチしてたしもう最高!(*´ω`*)
上条さんの倒れ間際のセリフも良かった。アンタやっぱヒーローの中のヒーローだよ!
あ、3回目はデビさんのアドバイス通り(?)シャットアウラの胸にも注目しましたよ………うわぁ…本当に見えてる…、なるほどつまりこれは映画を最後まで観てくれた観客に対する御褒美というわけですね分かります本当にありがとうございました。(オイ)

ワロタwww!まさかフレンダと安西先生を組み合わせるとはwww!デビさんの記事はこういったネタが唐突に現れるから面白過ぎるw。
みなみに原作禁書1巻ラストの「心に、じゃないですか?」という当麻のセリフは、個人的に禁書の物語の中でぶっちぎりで一番好きなセリフなんですよね。それをこの記事のラストで見れるとは嬉しすぎますな!そうさ…心が大事、それが鎌池先生がこの禁書目録を通して伝えたいメッセージなのかも知れませんね。
というわけで、とある魔術の禁書目録・エンデュミオンの奇蹟!最ッ高に面白かったです!
いつも通り禁書のシンプルで力強いストーリー、こちらの想像を絶する高速戦闘シーン、程々のエロス、ファンなら心踊るオールスターキャラ、声優様達の熱演、魂を揺さぶる奇蹟の歌!!!
もう幻想殺しでも反応しないぐらいに完璧に調和が取られてましたよ!(*´∇`*)
この映画を製作して下さった全ての方達に御礼申し上げます。そしてデビさんの記事も安定の神記事でした!ありがとうデビさんありがとう!お疲れ様です!ゆっくりお休みになって下さい!

アリサちゃんの奇蹟の歌は俺の心にも届いたぜ!(*´∇`*)

タク |URL | 2013/03/08 04:37 * edit *

神裂さん病室に現れないと思ったらずっとシャトルの格納庫で出待ちしてたんでしょうか
登場のときは周りから笑いが漏れてましたw

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/09 23:54 * edit *

初めまして、劇場版「インデックス」の感想記事、拝読致しました。
「音楽を認識する能力」がシャットアウラにとって「大切なもの」だったのかと思い込んでいた為、「奇跡」があったにも関らず彼女の父親が何故死んでしまったのか疑問だったのです。
しかし「大切なもの」は父親だったというご見解を読んで、疑問が氷解しました。
非常に皮肉で残酷なロジックだとは思いますが、彼女の望んだままに奇跡の発生と代償の支払いが行われたのですね。
ありがとうございました(^^)

kedrskie |URL | 2013/03/10 10:42 * edit *

初めまして。このサイトを知ったのは昨年からですが、書きこむのは初めてなので。
いろいろと用事が重なったり、新約入ってから禁書熱薄れてたりしたので映画見るのが滅茶苦茶遅れましたが今日やっと見ました。
正直あまり期待していなかったのですが、三巻読んでから購読が止まってた新約禁書を再び買う決意をするほどに面白かったです。
一番最初のエレベーターのやりとりで鼻水でたww
ねーちんはまさかまさかでしたね……
不満は殆どありませんでしたが、贅沢を言えば後2、3分でいいからその後の話をちょこっとやってほしかった……。
劇場版オリジナルキャラ全員好きになれる、ってのは版権物の劇場版では珍しい気がします。
パーフェクトシャットアウラちゃん(仮)本編で出ね―かな……

今回の映画の出来次第ではここ数年の青春だった禁書シリーズから完全に足を洗うつもりでしたが、やっぱり自分は禁書が好きなんだと再認識できました。映画に携わった人たちには感謝です。

それと……俺の隣で映画の半分以上寝てた人がいたんですが……何回も見てる人とかなんでしょうかね?

バイト |URL | 2013/03/10 21:19 * edit *

ようやく見て来ました。やっぱり劇場版になると感慨深いですね!
もう少しエピローグが丁寧だとなお良かったのですが…。

しかし、毎度の事ながら考察が深いですね。
キャラクターの名前までキッチリ検討されていて素晴らしい。

ところで、レディリーの不老不死については手がかりが少なくてよく分かりませんね。
アンブロシア説は非常に深い考察かと思いますが、あえて異説を。

例のアレ、見た目が石っぽいですしシンプルに賢者の石ではないでしょうか?
レディリー(またはその一族)がヘルメス主義に基づく錬金術師だとすれば成り立つかと。

ヘルメス・トリスメギストスによるエメラルド碑文では占星術、錬金術、降神術が「世界の英知の三部門」とされていますから、占星術や召喚術が使えるのも説明が付きます。

シーン的には、時代背景も考えると8世紀頃の東ローマ帝国辺りがピッタリなのですが…。


あ、もらったフィルムは「インデックスの口を押さえる当麻」でした。

桐井 |URL | 2013/03/10 22:35 * edit *

やっと今日見てきました

ミサカ達のジーが可愛かったですww

インデックスがバリバリのヒロインやってたことに涙(笑)
完璧なメインヒロインでしたね(*^^*)

ステイルさんの最後のシーン…結構いい身体してましたね
やっぱり天才魔術師ですね 戦闘シーンの気合の入れっぷりがすごかったです

その他にも超電磁砲組の活躍やいいとこもっていった一方さんなど大満足の劇場版でした!
シャットアウラの最後だけが気になるなぁ

あすぱら |URL | 2013/03/14 19:32 * edit *

自分は他の皆さんと違って絶賛とはならなかったですね。
まず、アリサの歌のシーン・・・アイマスより酷いCGシーン。
せっかくの歌唱力が台無しです。

あとバトルシーンは素晴らしかったし、そこは文句ないのですが
ラスボスの動機が物凄く陳腐過ぎる。と言うか、コードギアスの
C.C.と、ほぼ同じ動機ですよね。「自分が死ねないから自殺したい」、
だから地球を滅ぼすと。ハッキリ言って90年代にやりつくされた古い
パターンですよ。

そこで上条さんが「てめえの身勝手な幻想をぶち殺す」とレディリーを殴って
不死の呪縛を破壊、となら話が分かるんですよ。ところが、シャットアウラを
殴って、それは解決になるのかと。それならインデックスにアリサの正体を
看破させ、アウラとアリサを仲直りさせた方が筋が通るんじゃないかと思います。

自分が不満なのは、なぜシャットアウラに上条さんを当てたのかと。どう考えても
シャットアウラが敵対しているのはアリサを使って墜落させたレディリーでしょ。
主人公とラスボスの対峙はジャンプで言うならば、当たり前の論理ですし、今回の
映画は、まるで悟空がランチさんをぶん殴るような、単なるキャストミスですね。

シャットアウラに説教したいのなら、レディリーと対峙する際にアウラとアリサを置くべきですし、
インデックスが魔法陣を解除する間、上条さんの説教で時間を稼ぐ方が、合理的だと思います。

映画の脚本家はラストバトルをどう魅せたいのか考えておらず、おそらくオリジナルのアイディアを
やりたい為に、それを優先してしまい、本来の禁書で上条さんと大ボスが対峙するシーンが台無しに
なってしまった感が否めないです。原作やテレビアニメを見れば、上条さんの見せ場がどうなっているのか
分かると思いましたけど、残念ですね。

  |URL | 2013/03/21 02:27 * edit *

確かに上条さんが、黒幕のレディリーの顔すら知らずに終わったのは少しアレだったな

死にたがりの不死身さんネタ自体は、コードギアス以前から、結構あったけど

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/22 17:32 * edit *

レディリーの不死って、上条さんの右手でも打ち消せないのでしょうか?

上条さんに「その身勝手な幻想をぶち殺す!」とぶん殴られて、それでレディリーの不死が消えるという展開でもよかった気はしますね
いくら北半球を消そうとした悪人とはいえ、アレイスターの実験材料になるオチは気の毒に思えます

河原 |URL | 2013/03/22 17:40 * edit *

>アウラとアリサを仲直りさせた方が筋が通るんじゃないかと思います。

同意 インデックスが2人の関係を見抜く云々でなくとも、もう少しあの2人の絡みがあってよかったと思う

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/22 18:06 * edit *

>自分が不満なのは、なぜシャットアウラに上条さんを当てたのかと

スタッフとしては、シャットアウラと旧約13巻の前方のヴェンドを重ねたんじゃないでしょうか。
アリサが風斬氷華に共通する部分が多いように、シャットアウラはヴェントに近い部分が多いんですよね。
彼女の『奇跡』やアリサへの憎悪や嫌悪も、細部は違えどヴェンドの『科学』や風斬への憎悪や嫌悪に近いものがあったと思いますし。
上条さんの『説教』の内容も、どちらも故人の本当の遺志をくみ取れという意味でしたしね。

そもそも終盤の展開自体が、旧約13巻と、ほぼ同じなんですよね。
上条さんがヒロインを守るために戦い、インデックスが破滅を防ぐために歌い、置いてかれた美琴が露払いとか・・・
つまりレディリーは、木原数多の立ち位置なんですね。 だから、あえて上条さん以外を当てたのではないかと。 彼女の事情を改めて上条さんに説明する尺が無いという事情もあるかもしれませんけど。

k |URL | 2013/03/22 18:11 * edit *

>レディリーの不死って、上条さんの右手でも打ち消せないのでしょうか?

もし、上条さんの右手でレディリーの不死を打ち消せたとして…
消された瞬間、レディリーが即死するのだとしたら…
上 条 さ ん は 本 当 に そ の 幻 想 を ス ト レ ー ト に ぶ ち 殺 す の で し ょ う か ?

きっと別の道を照らして救ってくれるとは思うけれど
ともかく少なくとも、上条さんはレディリーと”まだ”出会う時では無かった。だけな気がします。私はね?
(尺が足りなかったって方が正しいとも思いますけどね)

アドミど |URL | 2013/03/22 19:43 * edit *

デビさん、長い感想お疲れ様です。デビさんの知識の多さには毎度驚かされています。
シャットアウラやレディリーの名前の意味には全然気がつけませんでした。(劇場に3回も行ったのに、行ったのにっ。)
この映画のいい所を言い出したらキリがないのですが、いい所の1つとしてキャラ一斉大放出祭だったのが自分もとても気にいってます。(常盤台の3人娘が出るとは思わんかったわ。)
新約7巻や超電磁砲2期の感想にも期待しています、がんばって下さい。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/25 18:50 * edit *

>確かに上条さんが、黒幕のレディリーの顔すら知らずに終わったのは少しアレだったな

あれは消化不良。なんか上条さんが、シャットアウラの事情を知らないまま、
彼女を敵として対峙するのはおかしい。そりゃ、説教を聞いてもアウラは理解する
事は難しいかも知れないけど。あとインデックスがレディリーと一緒に居たのに、
いつの間にか、分かれてレディリーがホルマリン漬けなのは脚本手を抜き過ぎ。

>いくら北半球を消そうとした悪人とはいえ、アレイスターの実験材料になるオチは気の毒に思えます

おそらく脚本家は、「俺が考えたキャラ、鎌地さん本編で使ってくれないかな」という期待を込めて、
再登場を頼んでいるのではないかと。

>スタッフとしては、シャットアウラと旧約13巻の前方のヴェンドを重ねたんじゃないでしょうか。

え、なにそのパクリ設定。オリジナルストーリーじゃなかったのかよ・・・。オマージュにしても、
ヴェンドや木原数多は別々の組織についているし、面識も一度きりですよね。それに、その
二人は劇場版のオリキャラよりも「魅力」と「キャラが立っている」の要素がありますが、オリキャラの
方は、ほとんど無いですね。わざわざ旧約13巻と同じようにするという意識がダメだと思いますし、
アニメスタッフが「企業の社長であるレディリー」を出すのなら、それを活かした設定を作るべきです。

例えば
レディリー「企業はかつて鍛冶職人として霊装を作り、それを魔術師に売っていた。
やがて科学サイドが兵器を欲しがると、今度は兵器を作り、売ると利益になった。
だから、私達は魔術と科学の双方に武器を売り、それで戦争を起すのよ」

上条「何のために!?」

レディリー「第三次世界大戦を起す為よ。」

ここで一瞬、右方のフィアンマを含むローマ正教のメンツをシーンで流す

どうせTVシリーズで禁書目録を作ると思うから、その宣伝も兼ねて
ストーリーを作った方が良いかなと、個人的には思った

本丸 |URL | 2013/03/25 23:30 * edit *

えーと、僕は原作の旧約と新訳、TVシリーズと超電磁砲は
むっちゃ好きです。というか、漫画版の超電磁砲面白すぎ。

つまり、何が言いたいのかと言うと、禁書目録の映画なんだから
原作の13巻と似たような境遇のキャラや、マクロスFみたいな演出は
辞めて、オリジナルなら全く原作にない展開で、それが出来ないのなら、

禁書目録第三期の予習として、第14巻のアビニョン侵攻作戦までを
映画化してほしい。どうせ第三期も尺の都合で、フィアンマと戦う直前で
終わる可能性も高いし、イギリスのキャリーサと騎士派による動乱編が
カットされたら、たまらない。

本丸 |URL | 2013/03/25 23:50 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 | | 2013/03/27 14:44 * edit *

今日初めて観ることができました。一回観ただけじゃ色々わからないことがあったけど、この感想記事でやっと理解できてすっきりできました。僕もBDで後日譚SSを期待したいです。禁書もデビさんも最高!!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/04/07 20:37 * edit *

今日やっと見ることができました!
映画見た後にこの記事見るととてもなるほど。と思いました!
鳴護アリサはどこから来たのかとかとても分かりやすかったです!

bjpe0810 |URL | 2013/04/08 19:16 * edit *

DVDが回って来まして
ここになんとなく辿り着きました

ほんとにすごい映画紹介です
もう真っ暗な映画館で
じっくり
じっくり
映画を観終わった感じです

すごいです

もうDVDみないでいいくらい

お疲れ様でした

また、お邪魔させてくださいませ
っていうか
他の作品のコメ
みさせてもらいにいきます

あまん |URL | 2013/11/21 21:57 * edit *

可愛いアイフォンケース

新しいiPhone4のを防御するためのオプションがたくさんあり​​ます。 これらの一つは、通常、Apple社のiPhoneの訴訟を採用している。彼らはただ暑くても、洗練されたね。 一部の人々は、スタイルとさえ気質を選択している誰のために人々に合うように可能性があります。

可愛いアイフォンケース |URL | 2014/03/20 13:03 * edit *

こんにちは。

>>シャットアウラが爆弾で開けた大穴から宇宙空間に飛び出た後

あれ、側近サイボーグ男が吹っ飛ばされたんじゃありませんでしたっけ?
違っていたら、すいません。

学園都市の名無しさん |URL | 2015/01/17 22:29 * edit *

こんにちは。
>>シャットアウラが爆弾で開けた大穴から宇宙空間に飛び出た後
あれ、側近サイボーグ男が吹っ飛ばされたんじゃありませんでしたっけ?
違っていたら、すいません。


申し訳ありません、私の文章が分かり辛かったですね・・・。

シャットアウラが大穴から飛び出たのではなく、
「シャットアウラが爆弾で開けた大穴」から、(サイボーグとレディリーが)宇宙空間に飛び出た

って感じですね。訂正しておきます

デビ |URL | 2015/01/17 22:47 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/2783-819c037b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

chloe 店舗

corum 腕時計

chloe 店舗 | 2013/08/17 14:52

劇場版 とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟- 感想

いや〜書こう書こうと思っていたんですが、 仕事や私用などでなかなか書けずにいました。 だいぶ遅れてしまいましたが、感想をまとめました。 思ったより長くなってしまった・・・...

気ままに歩く〜Free Life〜 | 2013/03/14 20:29

ブレてないそげぶパンチ(たまこまーけっととか劇場版とある魔術の禁書目録とか)

【聖闘士星矢Ω 第45話】マルスさんを倒したものの、すでに時間切れだったの巻。流れで火星に連れて行かれてしまった光牙くんとエデンくん。案の定、ラスボス化したメディアさんと ...

アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮) | 2013/03/08 06:55

劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」 感想

 劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」見てきたああああ!近所の映画館ではやってないので車で1時間近くかけて見に行ったけど、良かったよ(*´ω`*)見るとは決めてた...

blog 141 | 2013/03/07 12:28

劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」感想

皆さんこんばんわ。 管理人のクロスケです。 昨日、劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」の2回目の観賞に行ってきました。 その感想です。 本当は逐一ストー

クロのアホな日々 | 2013/03/06 11:27

劇場版とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-を見た感想

僕の19歳の誕生日である2/24に、「劇場版とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」を見に行きました。僕がとあるシリーズに初めて触れたのはアニメ 「とある科学の超電磁砲」で ...

希亜の方舟 | 2013/03/03 22:33

とある魔術の禁書目録 劇場版 感想

 とある魔術の禁書目録  劇場版 【エンデュミオンの奇跡】 感想  次のページへ

荒野の出来事 | 2013/03/03 17:33

劇場版とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟

さっそく観てきました!単に流行りの劇場版ブームに乗っただけの作りではなく色々と力入ってるなあと感心できる出来で、映画化して良かったなと思えたのでファンとして嬉しくなり ...

無間座 | 2013/03/03 12:23