01/22
 「新約 とある魔術の禁書目録 6 」 感想・考察

ni_c06_20130122001215.jpg

とっても遅くなりましたが、鎌池和馬先生著のライトノベル『新約 とある魔術の禁書目録 6』の感想&考察です。
ネタバレありなので未読の方はご注意下さい。 また、かなり長文なっておりますのでご了承を。

■全体的な動き■

総人口は230万人の内、8割が学生で構成されている『学園都市』で開催される世界最大の文化祭・『一端覧祭』
学生達による慌ただしい準備期間も終わりを告げ、さぁ本番だ―――と思いきや、
科学サイド、魔術サイドの「怪物」達が巻き起こす同時多発決戦も本番が近づいていましたね。

アレイスターが座する「窓のないビル」に捕らわれていた不老不死の「人間」、フロイライン=クロイトゥーネ
そのフロイラインを「全体論の超能力」が使える素体として狙っている『グレムリン』
そのグレムリンの狙いを阻止しようとするオッレルス、フィアンマ、バードウェイ、シルビア、 ブリュンヒルド
そしてどの勢力にも属さず、己の意思でフロイラインを助けようとする上条当麻、トール…。

さらに未元物質の真の力によって復活を遂げた垣根帝督も学園都市に解き放たれ、
麦野さんに殺されたアイテムのメンバー、フレンダも復活し…読者の期待が最高に高まっていた今巻!
…とりあえず今回の話をサクっと要約すると以下の通りです。

①病院を抜けだした上条当麻、報道規制の裏を突いてフロイライン=クロイトゥーネを追跡開始。
②フロイライン、「脳」を捕食する為にラストオーダーを襲撃するも、一方通行に阻止される。
③尚も攻撃を止めないフロイラインだったが、垣根帝督の砲弾&一方通行の蹴りで吹き飛ばされる。
④垣根帝督、因縁の相手である一方通行と対峙しながらも、
能力で作り出した自律兵器(白いカブトムシ)でラストオーダー、フレメア、滝壺、浜面、芳川を殺そうとする。
⑤…が、命令の解釈に祖語が発生したため、追手のカブトムシの内、1匹がラストオーダー達の援護に回る。
⑥その援護に回った1匹(カブトムシ05)はラストオーダー&フレメアを守るように逃亡するが、
「友達を助ける」という2人の願いを叶える為、フロイラインに接近する。
⑦垣根帝督が未元物質によって「再現」した「死亡した妹達」を見て動揺する一方通行、
演算能力に乱れが生じてピンチに陥るが、麦野沈利が参戦する。
⑧しかし第一位と第四位のレベル5と戦っても優勢な垣根帝督、
落胆しながらとどめを刺そうとするが、ここで異変が生じる。
⑨カブトムシ05、垣根帝督から「未元物質」の主導権を奪い、
綺麗な垣根帝督が爆誕。同時に一方通行や麦野と戦っていた垣根は消滅。
⑩「友達」であるラストオーダーの脳を食らおうとする自身の「機能」に絶望・苦悩するフロイライン。
そんな彼女を殺してあげようとするバードウェイだったが、寸前で上条当麻が参上する。
⑪上条VSバードウェイ、トールVS聖人シルビア、御坂美琴VS聖人ブリュンヒルドのバトル開始。
⑫上条当麻、バーウェイの撃破に成功。シルビアとブリュンヒルドは撤退。
⑬サンドリヨンの肉体を作った時に余った料理の材料で、「ラストオーダーの脳のレプリカ」を製造。
それをフロイラインに食べさせる事で、彼女の捕食機能は「満たされた」。
⑭フロイラインの属性は歪み、「素体の奪取」という目的を失った「グレムリン」は撤退。
⑮トール、自身の経験値を上げる為に上条当麻に宣戦布告する。
⑯上条当麻、「雷神」から「全能」の力を開放したトールに完全敗北する。
⑰魔神オティヌス、素体の代わりとして「垣根帝督の内臓」を手に入れる。
⑱オッレルス、その「垣根帝督の内臓」を渡す過程でトールに変装し、グレムリンに潜入成功。
インデックス「おかえり」 上条「ただいまでごんす」 頭ガブリ。


…うん、まぁ色々と言いたい事はキャラの個別感想で言うとして、
とりあえず窓を開けて町内に響き渡るような大声で叫ばせていただきましょう。

新約6巻は新約の中でも最高に面白かったよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッッ!!!!

いやーもう、新約4巻あたりから面白さのギアが入っていた予兆はあったんですけど、
新約5巻でさらに満足度が高まり…今回は本当に文句無しの面白さだったと思いますね!
…たぶん何度も禁書を読んでいる読者の方なら同じ事を感じたと思うんですけど、
この新約6巻は旧約の全盛期と同じ魅力を感じるんですよ。
主人公が拳を握りながら必死で戦って、お互いの意思をぶつけ合って、
ちょっと臭くてベタでもいいから、1人の救われない女の子を助けてキッチリ事件を集結させる…。
だけどその裏でまた別の狙いや企みが動いているという、本当に昔ながらの禁書でした。

もう上条さんがインデックスちゃんの待っている場所に帰ってきて、
「おかえり」「ただいまでごんす」→頭を噛み付くラストなんて本気でが出ましたもん…。
まぁ新約5巻&6巻(一端覧祭編)でインちゃんが登場した総ページ数って5ページぐらいなんですけど、
それでも「やっぱり上条さんの帰るべき場所はインちゃんの元なんだなぁ」と感じましたよ。
…というか上条さん、ロシア編のラストで行方不明になって新約1巻のラストで再登場して、
だけど新約2巻でインちゃんにまともに再会の挨拶をしないまま新約3巻でハワイに飛んじゃって、
さらに新約4巻では東ヨーロッパのバゲージシティに行っちゃって…。
そして気がついたら学園都市のベンチの上だったので、(カイジかよ!)
インちゃんと正式に再会するのは今回のラストが初めてなんですよね。
そう考えると…上条さんも自分の中で確固たる答えを見つけていましたし、
上条当麻という主人公の「新約」は今から始まったのかもしれませんよ。

また、その全盛期の旧約禁書を連想するストーリー構成の中に、
ちゃんとサブキャラの日常や会話、驚きの展開などをキッチリ詰め込んでいたのは感動しましたね。
登場人物が多いにもかかわらず、視点移動が非常にスムーズで読みやすかったですし、
何よりその全ての登場人物が、物語の中で柔軟によく動いているという…。
なんと言いますか、今巻で「鎌池和馬先生」という作家の止まらない進化を見たような気がしますよ。



■白井黒子■
1338025862843_20130122001330.jpg

白井黒子、4年と3ヶ月ぶりに本編登場。

いやーアッハッハ、うん、泣いたね!P118の5行目を読んだ瞬間、目から大量に水が流れてきたね!
だって黒子ちゃん、美琴のセリフの中ではチラホラ登場するものの、SSⅡから一向に登場しねぇんだもん…。
いやまぁ、超電磁砲や漫画版禁書で大活躍しているのでOKだったんですけど、寂しくて仕方無かったよ…。
ああ可愛いなぁ…仕事が多すぎてイライラしてる黒子も本当に可愛いなぁ…!

…というか初春が子供から囲まれて「なーあれやってー。ジャッジメントですの!」とか言われてて笑ったんですけど、
やっぱり作中でも有名なんだなぁこのセリフ…だってすげぇインパクトだもん…。
あ、ちなみに作中の初春は「あわわわわわ」と可愛い悲鳴をあげながら子供のリクエストに困ってましたけど、
超電磁砲ラジオを聞けば、初春の中の人である豊崎さんが「ジャッジメントですの!」を連呼してくれます。(ぇー)

それと爆乳&眼鏡でお馴染みの先輩風紀委員、固法先輩も本編初登場でしたね。
本編→超電磁砲のリンクだけではなく、超電磁砲で初登場したキャラが逆輸入されるのは新鮮だなぁ…。

そしてそんな固法先輩&黒子に職務質問されて悦に浸る青髪ピアス…うんうん、気持ちは分かるぞ!
私も黒子から職質されたら満面の笑みで両手を差し出すからな!(ぇー)
というか今年度43回目の職務質問って、一端覧祭は11月だから週に1回のペースで職質を受けてるのか…。
まぁ特殊性癖の権化みたいな青髪ピアスがタコ焼きの小麦粉なんて持ってたら、
どう見てもアジア系ヤクの売人にしか見えないからなぁ…。(「今日から俺は!」でそんなネタあったね)



■メイド組■

超一流のメイドを育成する「繚乱家政女学校」に通っているメイド見習い、土御門舞夏&雲川鞠亜
はてさて、可愛いメイド美少女達はどんな出し物をするんじゃろなー…と思いきや、
どうやらメイド少女達は手作りサンドイッチの売り子さん(ノルマあり)をしているようですね。

もうメダロットのセキゾーみたく下半身が繋がってんじゃねーかってぐらい、
今日もドラム缶型の清掃ロボに乗って移動する舞夏ちゃんですけど、
雲川鞠亜ちゃんはとっくにノルマ分のサンドイッチを売り切ったようです。
流石トップクラスの成績を持つ鞠亜ちゃん、サンドイッチの売り子ぐらいお手の物…と思いきや、
どうやら「現役女子中学生メイドが将来のご主人様募集中☆」という
顔写真付きのシールを貼ってサンドイッチを売ったら、10分で暴動が起きるほど売れたようですね…。
うーむ、こういう狡猾で策士なところは姉とそっくりだなぁ鞠亜ちゃん…。

まぁそれはさておき、そんなメイド見習い2人が雑談をしていると…レベル100のメイドとすれ違いました。
イギリス王室派の近衛侍女であり、ボンヌドダーム(メイド)の腕を磨く為に修行をしていた聖人・シルビア
彼女とすれ違ったメイド見習い2人は、まるでスカウターが壊れたように「バケモン」と戦慄していましたね。
…まぁシルビアさんって、オッレルスが連れて帰ってきた100人近い数の子供の世話をした事もありますからねぇ。
いくら作業用のゴーグルやエプロンに身を包んでも、その猛者のオーラは滲み出るものなんでしょう。

まぁシルビアさんの方も、そのメイド見習い2人(ドラム缶&黄色と黒のミニスカ)を見て呆れていましたけどね。
どうなってんのこの国は、メイドって言葉が指し示す意味自体が変わっちまってんのか、と…。
言えない…貴方がイギリス王室から出てオッレルスとコンビを組んでいる間に、
堕天使エロメイド大精霊チラメイドという2大ゲテモノメイドがイギリスに光臨してるなんて言えない…!

ちなみにそんなメイド達の一瞬のすれ違いをドキドキしながら見守っているのは、皆さんご存じ土御門元春
魔術結社のボスと聖人2人…そんな相手と戦う最悪の事態を想定しながら、妹を守る事だけを考えていましたね。
…地の文で「それでも妹を逃せないと言わない所が、この男の特色である」と書かれてましたけど、
その前の「真っ向からぶつかったらまず勝てない」というセリフもカッコいいですよね。
絶対に勝てないとは言わず、作戦さえ立てれば勝てる、と…やっぱ土御門は良いキャラだなぁ。

とりあえず上条さんは戦乱のど真ん中で走り回ってて、土御門はポップコーン買ってて、
青髪ピアスは職質されて…まったく帰ってこない三馬鹿デルタフォースに
吹寄さんの怒りのボルテージがマックスに突入ゥゥウウウッ!!!


■食蜂操祈■
SWScan_20130122001332.jpg

祝☆みさきち本編初登場!

…灰村さんが描いた食蜂操祈ちゃんの設定画は一応ちゃんとあるんですけど、
正式に本編の挿絵で登場してくれると胸からこみ上げる物がありますよね…美しすぎる…。
いや、冬川先生が描いた食蜂さんもマジ聖女なんですけど、
なんで灰村さんの描く女の子はこうも柔らかそうなんだろうか…。

まぁそれはさておき、愛しの上条さんが通う高校に「体験入学」しようとした美琴ちゃんとバッタリ遭遇した食蜂さん。
彼女は罪のない一般人を洗脳し、ネウロのHAL編よろしく集団で追跡させて遊んでいましたね…。
…とりあえず短パンをチラ見せしながら全力疾走するミコっちゃんが可愛いんですけど、
なんで食蜂さんは上条さんの高校の前にいたんでしょうか?
うーむ、超電磁砲の47話で上条さんと出会った食蜂さんは真顔になり、
自己紹介していないにも関わらず上条さんの名前を呼んでいましたけど、
やっぱりフラグが立ってるんだろうか…記憶を失う前の1代目上条さんの仕業かしら?
何にせよ、美琴&食蜂さんが上条さんの高校に入学したらパニックが起きるだろうなぁ…卒業式SS以上の大惨事だよ…。

ちなみにその後、読者の期待に答えるように食蜂さんはミスコン雲川先輩と争っていましたね。
ステージで「オバサン」「小娘」と毒を吐きながら火花を散らす水着の美少女2人…こえー!超こえー!
…というかこの2人って、何気に共通点が多かったりするんですよね。
お互いに年齢不詳ですし、雲川先輩も話術だけで相手に催眠術をかけたりしてましたし、(画集SS
何より2人とも記憶を失う前の上条さんと知り合いだった疑いがあるという…。
…流石の食蜂さんでも初対面の人に対して「オバサン」なんて言うワケがありませんし、
雲川先輩も完全に食蜂さんの能力射程範囲を把握してますし、
もしかすると2人は上条さんを巡って争っていた仲なのかもしれませんね。



■フレンダ■

×フレンダ ◎オッサンダーッ!!!

―――前回、第7学区で麦野さんの前に現れた元アイテムの仲間であり、死んだはずの少女…フレンダ=セイヴェルン
幻覚ではない…間違いなく目の前に「フレンダ」という少女が存在し、
足音を立てて下卑た笑みを浮かべながら近づいてくる『現実』!
…どうやらフレンダは学園都市に自分を売って復活したらしく、
今は学園都市の奴隷として麦野さんを殺そうとしているようですね…。

そしてフレンダは残忍な笑みを浮かべながら、VS美琴で使用した爆破テープで麦野さんを殺そうとします―――が、
そ ん な フ レ ン ダ の 右 腕 を 容 赦 無 く 消 し 飛 ば す 麦 野 さ ん。
…どうやら麦野さんの義眼に何者かがクラッキングをしていたらしく、
第三者が見たこのフレンダはフレンダのコスプレをした中年のオッサンみたいですね…。
つまりフレンダは復活したワケではなく、麦野さんを消す為に暗部の襲撃者が来ただけだった、と…。

…まぁ脳を分断されても一応は生きていた垣根帝督の復活はともかく、
完全に死亡していたフレンダの復活は正直冷める展開だと思っていたので、少し安心しましたよ。
ただ、読者がドキドキしながら待っていた復活フレンダの真相が25ページで判明したのは少し笑ってしまいましたけどねw

それでも、この冒頭の偽フレンダ登場→麦野さんが容赦無く半殺しにするイベントは、
今巻の重要なテーマの1つである「死者」に繋がる話なので、結構大切だと私は思うワケよ!
…あと、P20で「フレンダは爆破の実行、火器の製造を担当していた」という文章がありましたけど、
やっぱり他の初期メンバー3人と違って、フレンダは無能力者だったんでしょうか?
それとも、大量の爆弾や着火ツール、窒素ガスが入ったビンをスカートの中から自在に取り出していた
トリックを証明できるように、アポートの能力者だったりするのかしら?



■麦野沈利■
SWScan1_20130122001332.jpg

あかん…もう麦野沈利さんの精神はあかん…浜面に対する愛があまりにも強すぎて、
ヤンデレというか愛の戦士というか、「ねじりパン」のように「歪んだ状態で完成」しちゃってるよ…。
100%確信が無いのに偽フレンダの腕を吹き飛ばして、さらにその襲撃者を肉塊に変えて…。
その理由が「浜面なら大丈夫、何人殺しても、何回ぶっ壊しても、
最後は丸く収まってニコニコ笑顔になれるもんなの。
なんだかんだで、最後は許してくれるもんだよ」
とか、
読んでて背筋が凍ったわ…もう完全にメンタルが異常な方向に成長しちゃってるよ…!
たぶん滝壺や絹旗、フレメアを殺しても浜面は最終的に自分を許してくれるって思ってるよ…!

…旧約22巻で「素養格付」の存在を知った麦野さんは「お前達が諦めたから浜面は暗部に堕ちたんだ」とキレていましたし、
たぶん旧約15巻の頃から浜面を憐れみ、そのどこか面倒見が良い父性的な性格に惹かれていたんでしょうね。
しかしその頃の麦野さんには精神的な未熟さがあり、
垣根帝督が率いる『スクール』に負けた事で仲間を道具のように扱うようになってしまいます。
結果、滝壺を守ろうとした浜面と戦闘…至近距離から弾丸を撃ち込まれ、リタイアしました。

―――が、その弾丸を撃ち込まれた瞬間から、麦野さんは浜面にハートも射抜かれました。
そして大好きな浜面の事を24時間考え続ける恋する乙女になったスーパー麦野さんは、
旧約19巻、旧約22巻で浜面を襲撃…もといラブ・アタックしますが、
浜面の「命を賭けてお前を守ってやる、アイテムに戻してやる」という言葉で和解しましたね。
そして今は愛する浜面やアイテムの仲間達とワイワイやりながら楽しく過ごしている、と…。

…麦野さん、今巻のP243で一通さんを叱咤したり、垣根帝督に「落ちぶれやがって」とか言い放ってましたけど、
ここまで彼女のメンタルが強くなったのは、自分の全てを受け止めてくれる浜面のおかげなんでしょうね。
何をやっても浜面は許してくれる――― そんな「依存」に近い免罪符が、彼女の絶対的な自信を作っているんでしょう。



■はまづら団■

「素養格付」という学園都市上層部の弱味を握っている団長・浜面仕上!
「原子崩し」の異名を持つ学園都市に君臨するレベル5の第四位、麦野沈利!
「学園個人」という最強のレベル5の素養を持つレベル4、滝壺理后!
レベル4の「窒素装甲」、絹旗最愛!レベル4の「窒素爆槍」、黒夜海鳥!
木原唯一から「レベル0の新しい可能性」と注目されている
「人的資源(アジテートハレーション)」、フレメア=セイヴェルン!
そして学園都市を守る都市伝説と化した白いカブトムシこと、
レベル5の第二位、綺麗な垣根帝督!
これぞ「はまづら団」!

…なんだろう、普通に国と戦争して勝てるレベルと言いますか、
幻影旅団ぐらいなら余裕で倒せるレベルまで成長しちゃった「はまづら団」なんですけど、
最前線のバトルから1歩引いた立ち位置で物語を終局させるという…凄まじい大活躍を見せてくれましたね。

浜面仕上…麦野さんから片手で投げ飛ばされたり、(ノーバウンドで!)
ブーツの底で股間をグリグリされるなど、相変わらず下っ端属性が身に染み付いている浜面さん。
だけど麦野さんからは心の支えにされてますし、フレメアからも好かれてますし、
なんだかんだ「皆のお父さん」として信頼されてる良いポジションなんだよなぁ…。
また、「正直ちょっと面倒臭い。でも見過ごせねぇ理由にはなる」
「見せ場もあったもんじゃねぇ裏方の仕事だが、損な役回りだからって手を抜く訳にもいかねぇか!」
など、
渋くてカッコいいセリフが多かったのも良かったですね。最高の裏方役ですよ。
…ロシア編で現地住民の仲間ができた時も思いましたけど、
浜面には男女問わず人を惹きつけ、一緒に協力して困難を打開する能力がありますよね。
これは上条さんにも一通さんにも無い、「浜面仕上」という主人公だけが持っている特色ですよ。

滝壺理后…浜面に抱きついているフレメアに「このガキッ…!」とブチ切れたり、
ジョジョ第3部のDIO様のようにバス停をガラガラ引きずってフレメアを両断しようとしてましたけど、
(どんどん病弱キャラから怪力嫉妬キャラに変わっている…)
旧約22巻に名前が出た『能力追跡(AIMストーカー)』の成長形…『学園個人』の片鱗を見せていましたね。
カブトムシ05の変化を促し、能力の主導権をブラック垣根から奪う手助けをする程に…!

…あくまで予想ですけど、旧約15巻で垣根帝督と戦った滝壺は、その「自分だけの現実」を覚えていたのかもしれませんね。
そして滝壺は無意識の内に「本物の垣根帝督の『自分だけの現実』」をカブトムシ05に教育し、
その結果…P304で「色づいた垣根帝督=本物の垣根帝督」がカブトムシ05の中に現れたんでしょう。
旧約22巻の伏線を回収しつつ、旧約15巻で完全敗北した滝壺が
垣根帝督に対してカウンターパンチを食らわせる今巻の展開には驚きましたね…!

窒素プリキュア…相変わらず黒夜ちゃんは弄られキャラだなぁ!
なんかもう可哀想になってきたよ!ミサカワーストと会った瞬間に絶叫とか!
とりあえずミサカワースト、ミサカ10032号、黒夜海鳥、絹旗最愛のカルテットとか、
カテゴリー的には合ってるんですけど信頼関係は最悪すぎる…そりゃ絹旗も早々に逃げるわ…。

フレメア=セイヴェルン「フレンダの妹」というキャラとしての「個性」が薄まり、
ぶっちゃけ浜面に懐いている超可愛いロリっ子って感じになっていたフレメアでしたけど、
まさかのレア能力者という事が判明しましたね…しかも木原のお墨付きとか…。
うーむ、『人的資源(アジテートハレーション)』ねぇ…なんとなく精神系っぽいんですけど、
単なる精神系の能力者なら「レベル0の新しい可能性」なんて注目されないと思うんですよね。

『agitate』…人を扇動する、人の心をかき乱す・動揺させる。
『halation』…写真の像で、強い光の当たった場所の周囲が白くぼける事。 転じて、他に(主に悪い)影響を及ぼす事。


…なんとなく単語の意味で予想はできそうだなぁ…フレメア(強い光)の周囲にいる人間を浄化し、
振りかかる災厄を別の場所に飛ばす能力とか?もしくは物語自体に干渉するメタ能力とか。
何にせよ『学園個人』『人的資源』という超レア能力者2人を抱えている「はまづら団」は、
今後も否応なしにトラブルに巻き込まれてしまうと思うので、浜面には頑張って欲しいところですね。

でも大丈夫!「はまづら団」には心強い味方がいる!カブトムシを呼べば垣根帝督が助けに来てくれる!
そしてカブトバイクに変形した垣根帝督にハマヅライダーが乗って、仮面ライダーカブトの始まりだァ!



■御坂美琴■
SWScan3_20130122001331.jpg

友達を助けるのに理由なんかいらない。自分が助けたいから助ける。
…死の寸前まで追い詰められても、そんな馬鹿みたいな事を言って、
最後には本当に1万人以上の人間を救った誰かを。
そんなヤツが、さんざん助けてきたあの馬鹿が、
今日も相も変わらず誰かを助けたいっつってんの。

だったら止めらんないでしょ。
ホントは危険な事をして欲しくないとか思っていたって。

それでも背中を叩いて
送り出してやるのが良い女ってヤツよ!!!


美琴さん良い女すぎる…ちょっとこのセリフはウルっと来たわ…。
ロシア編では戦闘機に乗ってはるばる上条さんを助けに行くも、
高度1万メートルの空で上条さんから救いの手を拒絶され、上条さんが北極海で死んだと思って絶望して…。
…と思いきや上条さんはひょっこり生きてて、死ぬほど心配したのに酔っぱらい状態でロクに会話もできなくて…。
そしてハワイでの戦いに同行するも、新約4巻では上条さんが1人でバケージシティに行っちゃって…。

そんな感じで涙が出るほど扱いが酷かったミコっちゃんですけど、
今巻ではニヤニヤ方面でもバトル方面でも存分に活躍してくれましたよ!
もう「上条さんの帰りを家で待ち続ける」という悟りを開いたインデックスちゃんのように、
「背中を叩いて送り出す」という答えを導き出した美琴の姿は輝いて見えますね…!

とりあえず今回の美琴の大活躍と言えば、やっぱりVSブリュンヒルド=エイクトベル戦でしょう!
「音速で攻撃する」というチート能力のせいで、今までは「美琴じゃ聖人には勝てない」という意見が多かったんですけど、
まさかの大健闘!…ブリュンヒルドの音速攻撃を地面に配置した砂鉄レーダーで対処し、
一進一退の攻防を続け…上条さんの戦いの援護をする程の活躍を見せてくれましたよ!

まぁ「学園都市」というバトルステージが美琴に味方していましたし、
ブリュンヒルドさんの「クレイモア」という武器も美琴の磁力と相性が良かったので、
何も無い空間で戦え…と言われたら、美琴は苦戦を強いられたと思います。
それでも、魔術サイドのトップクラスである「聖人」と互角に戦った姿は大きな進歩ですよ!!!
これなら美琴が魔術サイドに行って、敵の魔術師に一方的に倒される…なんて事は無いでしょう。

とりあえず上条さんの為にフランス語の通訳を引き受けた美琴が、
「(上条さんに対して)次から次へと借りが膨らむ…」というサンドリヨンを言葉を、
「私これ訳したくない」と職務放棄する姿にはニヤニヤしました。
人助けをする上条さんの背中は押してあげるけど、それで新しい恋愛フラグが立つのは断固拒否なんだなぁw

あ、それと余談ですけど、番外編SS(ギャグオンリー)で美琴ちゃんは、
聖人の代表格である神裂火織さんと良い勝負をした事があったりします。まぁギャグですけどねw


■フロイライン=クロイトゥーネ■

ni_r19.jpg

wa.jpg

なんという不可能な姿勢!
しかもその変形スピードはサンタナ以上だッ!


…前巻で「窓のないビル」から出てきたフロイライン=クロイトゥーネが、
自分の目に映る光景を「学習」する姿を「ジョジョ2部のサンタナみたいだなぁ」と思った私なんですけど、
今巻のP77で肉体を変形させて一通さんのベクトルキックを耐えた姿はワムウしか思い浮かびませんでした。
だって完全に柱の一族なんだもん!思わずスピードワゴンみたく実況しちゃったもん!
そして読み終わった後、灰村さんのサイトで公開された設定画を見に行ったら、
灰村さんも「神砂嵐とかも放てるんじゃないのかこの人」とか言ってて盛大に吹きましたぜ…。

まぁそれはさておき、「一端覧祭編」の『台風の目』として物語の中心にいたフロイラインさん。
前巻のラストで「ラストオーダーの脳を捕食する」なんて物騒なワードが出てきたもんだから、
これ絶対に可哀想なヒロインじゃないだろ…むしろ敵側だろ…とか思っちゃったんですけど、
蓋を開けてみれば完全に「上条さんが助けるべきヒロイン」で驚きましたね。

…どうやらフロイラインは根本的に「人間とは別種の生き物」だったらしく、
昆虫のように簡略的な思考で「二者択一」の選択を延々と繰り返していたようですね。
寒い場所より暖かい場所、不味い食べ物より美味しい食べ物…というように、より良い方を選んでいく。
その繰り返しの中でフロイラインは「人間の真似をする」事を選びますが、
彼女の体はあまりにも頑丈すぎて…結果、「魔女」として迫害されたようです。

そして今、フロイラインの肉体は「最適化」する為に「ラストオーダーの脳」を欲している。
それは「欲望」でも「本能」でもない「機能」…フロイラインが我慢する、なんてレベルの問題ではない。
「友達を殺すか心臓を止めるか選べ」…そんな理不尽な選択だったようですね。
…いや、フロイラインは不死身の肉体を持っているので、
熱した鉄板の上で死ねないまま永遠に踊らされるような「地獄」でしょう。
友達を殺すぐらいなら、むしろ死にたい、だけど死ねない、終わりにして欲しい、と…。

―――が、上条さんや「はまづら団」の活躍で作った脳みそプリンを食べる事で、
フロイラインの「機能」は満たされ…彼女は友達を食らう事を止める事ができましたね。
…ベタですけど、フロイラインがラストオーダーとフレメアを抱きしめて大泣きするシーンは感動したなぁ…。
そして脳みそプリンを食べた影響でロリ化して、抱きつき癖がついたフロイラインにも感動したなぁ…。(ぇー)

…ちなみにそんなフロイライン=クロイトゥーネの正体を、P201でバードウェイ
「アダム=カドモンなのか、あるいは…」と推測してましたけど、
実はこのセリフって何気に鎌池先生の凄さが分かるセリフだったりするんですよね。
『アダム・カドモン』…それは「神を模して作った人間」という意味であり、
「カバラ神秘学」「セフィロトの樹」と関係してたりします。
そしてアレイスターも所属していた超有名な魔術結社「黄金の夜明け団」は、
その「セフィロトの樹」をタロットカードに結びつけて研究していた…。
んで、バードウェイが率いる魔術結社「明け色の陽射し」は、
どう考えても「黄金の夜明け団」を意識している、と…。
つまりこのバードウェイのセリフは、彼女の立ち位置から的確に導き出された
メチャ深いセリフだったりするんですぜ…鎌池先生はホント、凄い所に力を入れている…。

あ、あとフロイラインの正体はエンキドゥっぽい感じだと私は予想しています。


■バードウェイ■

努力家でツンデレな妹キャラの
バードウェイちゃんが可愛すぎて辛い…!


…新約1巻のラストから堂々とメインストーリーに食い込み、
聖人にすら匹敵するチート戦闘力を見せつけてきた「明け色の陽射し」のボス、バードウェイですけど、
今巻では彼女の強さのトリックや、ポーカーフェイスで隠れていない本音を知る事ができましたね。

『象徴武器(シンボリックウェポン)』を振るいながら、様々な種類の魔術を放つバードウェイ…。
そしてその1つ1つが「幻想殺し」でも完全に相殺できない程の火力を持っているというチートっぷりでしたが、
どうやら彼女は「同じ動作で同じ術式を使う」事で、威力を増幅させていたようですね。
「反復練習」なんてレベルじゃない…同じ動作を1ミリの誤差も許さないレベルで再現し、
過去象と重ね合わせる事で威力を増幅させる…極限まで磨き上げられた「努力」の結晶!
まさに同じ術式は二度と使えないオリアナ=トムソンとは正反対…いや、
「同じ魔術を使っている」と相手に気づかせない為に、厳密に計算された話術やアクションで相手を誤魔化している…!
もうバードウェイちゃんが愛おしすぎますよ…あんなに涼しげで不敵な表情を浮かべていた彼女が、
こんなに努力家だったなんて…上条さんから論破されても「勘違いしたまま墓地へ迎え」
内心マジで焦りながら必死で戦う姿が可愛すぎますわ…。

そして上条さんに敗北したバードウェイは、P411でブーたれながら撤退してましたけど、
(いつも言う事を聞いてくれる大好きなお兄ちゃんから怒られて拗ねるとか可愛すぎる…)
どうやら彼女はVS上条さん戦で本気(大アルカナ)を出していなかったようですね。
…やっぱりバードウェイちゃんは、上条さんを平穏な日常に戻してあげたいんだろうなぁ。
P297の「何故お前が奪われる事が前提なんだ」というセリフが、彼女の正真正銘の本音なんでしょう。



■魔神オティヌス■

今巻のラストでついにシルエットだけ登場し、(や…やだ!なんか痴女っぽい衣装!)
素体として使えなくなったフロイラインの代わりに「垣根帝督の内臓」を持ってきたトールの腕を切り落とすという、
驚愕のブラック企業っぷりを見せつけた上司、オティヌスちゃん。

…まぁその腕を切り落とす攻撃で「50%」が発動して自分の腕も落ちちゃって、
しかもそのトールはオッレルスが変装して潜入した姿で、
本物のトールは脱走済みという…実は色々とピンチだったりするオティヌスちゃんですけど、
P407を読む限り…伝説通り知識を求めて目を抉ったり首をくくるなど、普通の常識で測れない存在のようですね。

50%で腕が落ちても平然としているオティヌスと、腕を切り落とされても普通に繋げちゃうオッレルス。
ほんと魔神レベルの怪物達は頭がおかしいぜー!ハッハッハーッ!
…いや、そういや腕を3回ぐらい落とされたけど平然としてるツンツン頭がいるな…。

あ、あとサラっと「垣根帝督の内臓」を入手していたオッレルスですけど、
たぶん木原唯一さんが譲渡したのでは?…と予想しています。
唯一さんの「ダークマターは綺麗に消失」「まぁ何も出ないと思いますけど」というセリフも怪しいっちゃ怪しいですし、
誰にも聞かれてはいけない声で呟いた「こんなの木原らしくねぇよなぁ…」という言葉が引っかかるんですよ。
もしかすると唯一さんはオッレルスと繋がっていて、
だけど魔術と関わる事は木原らしくない…と嘆息していたのかもしれませんね。

ちなみに今巻では姫神クラスの存在感を放っていた右方のフィアンマですけど、
どうやらオッレルスは、右方のフィアンマという強大な力を持つ存在が、
学園都市で戦っていた猛者達に気づかれないまま自由に動ける事を確認したかったようですね。
つまりこの「一端覧祭編」で、フィアンマさんは学園都市を自由にウロウロしていた、と…。

…なんだろう、全身真っ赤で偉そうな俺様口調の不審人物が、
屋台のタコ焼きを頬張って悦に浸ったり、綿菓子やお面を持って満面の笑みを浮かべたり、
大声をあげてミスコンの応援をしている姿を想像すると腹筋が爆発しそうです。



■トール■
SWScan4_20130122001630.jpg

上条さんの心強い味方であり、新約6巻の裏ボス…雷神トール!

…前巻の感想で「トールは上条さんと戦いたい喧嘩大好きっ子」という予想をしてたんですけど、
まさかここまで喧嘩大好き…いや、「戦闘狂」だったとは予想できませんでしたよ…!
銃で撃たれてダメージを負っている上条さんとフェアな戦いをする為に、
自分の腹にも弾丸を笑顔でぶち込んで「同じダメージ」を負う狂いっぷり!
これでお互いにハンデは無い、さぁ戦おう、さぁ殴り合おう…腹部からドボドボと血を流しながら、
とっても楽しそうに上条さんと相対するトール…もう最高だわ…!

正直、前巻の時点だと「トール」というキャラの根底が不明な事もあって、
好きでもなく嫌いでもない普通の新キャラ…という印象だったんですよね。
でも今回の話でトール大好きになりましたわ…戦闘狂な所も素晴らしいんですけど、
あくまで「普通の人間」であるにも関わらず、星を掴む為に何度も手を伸ばし続けて
「魔神オティヌス」に匹敵するレベルの力を手に入れた所が素晴らしいんですよ…!

聖人でも、聖母でも、ワルキューレでも、世界を救う力も、魔神でもない…至って普通の「魔術師」なトール。
それでも彼は目の前に見える星を掴む為に、メモ用紙を100回畳んで月まで届かせるように、
少しずつ手を伸ばし続け…気がつけば「戦争」を起こせるレベルの怪物に成長していたようですね。

…P394でトールが「届くってのは素敵だぜ、別にそこがゴールじゃねぇ」と言っていましたけど、
このセリフって何気にP313のブラック垣根帝督と対比されてるんだよなぁ。
一通さんと麦野さんを圧倒し、「壁の低さ」に失望してそれよりも先を見なかった黒垣根とトールの決定的な違い…。

まぁそれはさておき、アンデルセンと戦うアーカードの旦那のように心の底から楽しく戦っていたトールでしたけど、
最終的に「全能」の力を解放―――主神オーディン(オティヌス)と同格だった頃の力を使い、
上条さんを一瞬で戦闘不能にしましたね…文句無しの完全勝利です。
…旧約22巻の鎌池先生によるあとがきで、「上条当麻は真っ直ぐな信念を持った相手が
なんの特別な力もない拳で向かってきたら負ける」
…と言われていたんですけど、
今回がまさにそれでしょうね…決して曲がらない信念と努力で向かってきたトールとは相性最悪です。

もうトールが好きすぎて仕方無いんですけど、彼には「主人公」というような活躍より、
あくまで読者も予想できないタイミングで颯爽と現れるような「トリックスター」でいて欲しいですね。
…そういや「トリックスター」と言えば、鎌池先生が絶対に出しそうな「悪神ロキ」が登場してないなぁ。
まぁヴァル婚の方で重要なポジションなので、キャラが被るのを回避してるのかもしれませんけど、
それでも鎌池先生が登場させないとは思えませんよ…どんなキャラなんだろうか…。



■上条当麻■

今回、歴史上の「異端」を研究するのが専門のレイヴィニア=バードウェイから、
本気で「イカれてる」と絶句されたツンツン頭の男子高校生、上条さん
…うん、もうこの人の怪物っぷりに今さらツッコミを入れるのもあれなんですけど、
VSバードウェイとの戦いでさらに恐ろしい怪物っぷりを見せてくれましたね…。
異能を打ち消す「幻想殺し」、相手の異能に反応する熟練の「前兆の予知」…それだけではなく、
幻想殺しの効果で相手の魔術の「向き」を操作し、敵の魔術と魔術をぶつけ合って相殺するという神業を披露!
しかもバードウェイが無数の石剣の中に紛れ込ませた、右手で打ち消せない「本物のナイフ」も即座に回避し、
超人的な頭のキレでバードウェイの魔術のトリックを見破る始末…マジ怪物すぎるだろ…。

まぁ上条さんのヤバい点は戦闘能力だけではなく、その精神の方だったりするんですけどね。
…前巻ではウジウジ悩んでいる姿をトールにボコられていた上条さんですけど、
今巻で明確な答えを…「完璧な理屈が合えば人間なんて助けなくていい」
「俺を犠牲にしろ」という答えを出してバードウェイを戦慄させていましたね。

「この女の子を殺す事で他の全人類が救われます」…もしそれが「最適な理屈」なら、助ける必要なんて無い。
だけど人を助ける事に理屈なんていらない…ただ「助けたい」という感情だけで十分だ。
そうやって助けていれば、自ずと「理屈」を見つける事ができる、と…。

そして魔神オティヌスの「槍の製造」を止める為に、フロイライン=クロイトゥーネを殺す必要なんて無い。
俺を犠牲にすれば…魔術結社のボスであるお前の力で「幻想殺しは危険だ」と魔神オティヌスに警告する事ができれば、
魔神オティヌスを誘き出せたはずだ…最初から俺を犠牲にすれば良かったんだ、と…。
…うん、そりゃバードウェイちゃんも絶句しますよね…自己犠牲なんてレベルじゃない、
「その戦乱の中に俺を巻き込んでくれ」と提案するとか…。

…レベル5の第四位、麦野沈利は「浜面仕上」という存在に依存して絶対的な自信を手に入れていますけど、
上条さんは「記憶を失う前の自分自身」を目指し続ける事で「自信」を生み出しているんですよね。
それ故に上条さんは折れる事が無い…1番最初にインデックスを助けた「過去の自分」がいる限り、不屈の精神を保ち続ける。

そしてP299でバードウェイが「学園都市総括理事長・アレイスター=クロウリーや、
イギリス清教最大主教・ローラ=スチュアートが開花させた『種』と同じ物が上条にある」
と言っていましたけど、
恐らくこれは…自分1人の力じゃ何もできないけれど、因果律をねじ曲げるレベルで
他人を渦中の中に引きこむ能力
の事ではないでしょうか?
片田舎で死にかけていたアレイスターはカエル医者に拾われ、鋼の町を築き上げた。
今まで自爆する程度しか戦闘能力を見せていないローラは、最大主教として君臨している…。
そして上条さんは今まで誰にも助けを求めた事は無いけど、絶対に最後は仲間と共闘している…。

…トールに完全敗北して「骨休みして疲れを取れ」と休暇を貰った上条さん。
果たして彼が今後、どんな行動に出るのか…色んな意味で楽しみですね。



■一方通行■

…P78ではフロイラインの襲撃からラストオーダーを守り損ねて、(奇跡的にブラック帝督のおかげで助かった)
VSブラック帝督とのバトルでは無限の物量に終始押され気味で、またかよと思うような精神攻撃で動揺しちゃって、
助太刀に現れた麦野さんから叱咤されて、結局ブラック帝督は自爆して、脳みそプリンもぐもぐを見て絶叫して…。
そして最後はミサカネットワークの総体から説教されて終わるという、
なんか今回は涙が出るほど活躍できなかった一通さん。
…まぁバトルで苦戦していた分、精神的な面で新たなステージに立っていたんですけどね。

1万人の少女を殺した罪を償う為に、義賊のような活躍を続けて「暗部」を解体した一通さん。
そんな彼は、ミサカネットワークのホストである上位個体・ラストオーダーと、
ミサカネットワークの悪意の集合体であるミサカワーストから許された…。
―――が、そもそも自分が殺した1万人の少女の気持ちを代弁する者なんていない。
いくらワーストが悪意の集合体だからって、それは生き残った1万人の悪意に過ぎない…。

それでも一通さんは、喜ばず泣かず怒らない「死者」の為に動き出そうとしますが、
そんな彼の前に「ミサカネットワークの総体としての意思」が現れます。
上位個体でもなく、悪意を収集した存在でもない…全てのミサカの統合体としての意思!
そのミサカネットワークの総体は、一通さんが「安易な怪物」になる事を望んでいませんでしたね。

死者への罪滅ぼしをする為に「怪物」となり、学園都市の闇と戦う――― そんなお前にとって「楽」な方向に進むな。
「怪物」として開発されたお前が「怪物」を目指すなんて、笑い話にもなりゃしない。
それはお前の得意分野だろう、お前は自分が心の底から辛い方法で「あがけ」、と…。

…P49で芳川さんと一通さんが「ラストオーダーを学校に通わせる」という話をしていましたけど、
ミサカネットワークが望んでいる「一方通行の辛い事」はそういうベクトルなのかもしれませんね。
学校に行くラストオーダーの為に、お弁当を作ってあげたり授業参観に出席する一通さん…。
それは確かに一通さんにとって悶絶級の苦痛でしょうけど、それこそ「総体」が望んでいる事なんでしょう。

とりあえず「ミサカネットワークの総体」の喋り方や性格が、限りなく美琴に似ていて笑いました。
上条さんを気にかける様子も一緒ですし…やっぱり大半のミサカは上条さんラブなんだなぁ。



■垣根帝督■
SWScaddn.jpg

綺麗な帝督爆誕!綺麗な帝督爆誕!

うん…もうどこからツッコミを入れていいのか本気で迷うレベルの神展開なんですけど、
とりあえず順を追って「垣根帝督」というキャラクターの推移を確認して行きましょう。

前回、「未元物質」の真の力で復活し、無限の創造力を手に入れたレベル5の学園都市第二位、垣根帝督。
その実力は凄まじく…カブトムシのような自律型の生命体を大量に製造し、
全てが垣根帝督であり本物…というような分身を無限に作り出すという、
なんとなく「ウォッチメン」のDr.マンハッタンを連想するようなチートっぷりを発揮していましたね。
だって強すぎるんだもん!これ地球ごと吹き飛ばさないと殺せないレベルの怪物だろ!

…まぁ一通さんには「白い翼」という奥の手がありますし、
麦野さんにも「0次元の極点」というチート成長の可能性があったりするんですけど、
それでも垣根帝督の「未元物質」は完全に学園都市の頂点に君臨していたと思いますね…。

―――が、P322で一通さんが心の底から認めているように、あまりにも「未元物質」という能力は凄まじすぎました。

「作戦行動に支障をきたす要因を残らず撃破しろ」…能力によって製造された自律兵器「カブトムシ05」は、
その命令を実行しようとしますが…滝壺理后の能力によって、精神にバグが生じてしまいます。
ラストオーダーとフレメア=セイヴェルン…この2人の少女は本当に作戦に支障をきたす要因なのか?
その確証が持てないまま排除してしまうのは、「完璧なオーダー遂行」ではないんじゃないか、と…。
結果、カブトムシ05は自身のオーダーに確信を持つ為に、ラストオーダーとフレメアを守り始めます。

しかし「本体」である垣根帝督とのリンクが切れ、スタンドアローンになったカブトムシ05は崩壊を始めてしまいました。
自己を見失い、自分は一体何の為に稼働している存在なのかと苦悩するカブトムシ05…。
そんなカブトムシの精神内に、間違いなく「本体」とは関係のない「色のついた垣根帝督」が現れましたね。
…上でも言ってますけど、自己を見失っていたスタンドアローンのカブトムシ05の中にこれが現れるって事は、
やっぱり滝壺が無意識の内に注入したんだろうなぁ…「自分だけの現実」を…。

そしてP317ページでカブトムシ05は、「垣根帝督以外の何かになろうとする必要なんてなかった」
「新しいパーソナリティ(自分だけの現実)の取得なんて考える必要さえなかった」
という答えに辿り着きます。
その結果…カブトムシ05はブラック垣根帝督より本物に近い、「自分だけの現実」を手に入れましたね。
自分だけの現実は、文字通り「自分だけ」しか使えない…それが2個ある場合、淘汰されるのはどちらの個体なのか。
こうしてカブトムシ05は「未元物質」という能力の主導権を奪って「ホワイト垣根帝督」になり、
今まで一通さんと戦っていた「ブラック垣根帝督」は粉々に消滅しましたね。

…丁寧な口調で喋って安らかな笑顔を浮かべるホワイト帝督に違和感を感じる人も多いでしょうけど、
P248で麦野さんが言っているように…「本物の垣根帝督」は旧約15巻で死んでいたんでしょうね。
あくまで「バラバラに散らばった垣根帝督の残滓」の中から、
「表面に映っていた垣根帝督と似ているデータ」が「ブラック垣根帝督」として一通さんの前に現れたんでしょう。

しかしP10の冒頭でも言っているように、そのブラック垣根帝督は「自分が力を持った理由」が分からなかった。
それを知る為に一通さん&麦野さんと戦うも、待っていたのは失望と落胆だけだった…。
それ故にブラック垣根帝督は、「2人の少女を守る」という目的を見出したホワイト垣根帝督に負けたんでしょう。

…生前の垣根帝督って何気に過去や目的が謎なので、あながちホワイトが「本質」だったのかもしれませんね。
超電磁砲「大覇星祭は努力や希望を信じているガキの遊び」とか意味深な事を言っていましたし、
必死でアレイスターとの交渉権を狙っていた理由も不明のまんまでしたし…。
そもそも、「未元物質を使うと嫌でも白い羽が出る」って設定もおかしかったんですよ。
現実ではありえない事象を観測して実現させる「超能力」…それなのに勝手に出ちゃうって!
もしかすると帝督は、子供を守るヒーロー願望みたいな物があったんでしょうか…。

まぁそれはさておき、その願いも叶ってホワイト垣根帝督は「都市伝説」になりましたね。
黄金バットよろしく、カブトムシさんを呼ぶと現れる正義の味方…ダメだァ!笑いすぎて死にそうだァ!
メルヘン→冷蔵庫→工場長→蝶の繭→そして伝説へ…(クーラーボックス)とか、なにこのキャラ!なにこのキャラ!

あ、それと「なんでブラック帝督は兵器の形をカブトムシにしたの?」という疑問がありますけど、
カブトムシ(スカラベ)は古代エジプトで「再生」「復活」「創造」を象徴する虫なんですよね。
また、バードウェイが武器として使っている大アルカナ(タロット)の『月(The Moon)』にもスカラベは描かれています。
月の意味は「未知、不可知、希望はもうそこまで来ている、重要な変化の瀬戸際」…まさに今回の帝督そのものです。

…作中で垣根帝督は「全能」と言っても過言ではない強さを見せつけていましたし、
やっぱり進んでいる道は正反対でも、科学と魔術の「到達点」は同じなのかもしれませんね。



■最後に■

フロイライン=クロイトゥーネを中心とした騒動が終わり、ひとまず終着した「新約 とある魔術の禁書目録」

しかし物語の加速は止まらず…家に帰還した上条さんの裏で、様々な思惑が動き続けます。
意図的に「第二位の都市伝説」を流した闇の人物、レアな能力を開花させていく滝壺&フレメア、
新たな経験値を求めて敵を探すトール、次のステージに足を踏み入れようとしている一通さん、
そして「垣根帝督の内臓」を使って「全体論の超能力」を実現させようとする魔神オティヌス…!

もうこの最高のテンションで…とあるファンの心が沸き立っている状況で、
ゲームや劇場版、アニメ超電磁砲2期が始まろうとしている事が嬉しくて仕方が無いんですよ!
波に乗ってる!今、禁書は波に乗りまくってるよ!無限の可能性を持つ終わらないコンテンツです!

まぁそれはさておき、明確な話の流れが止まった今…果たして新約7巻はどんな内容になるんでしょうね?
うーむ、新約6巻の内容って旧約6巻と非常に似通っているので、(人ならざる存在と友達になった)
今度は旧約7巻と同じようなストーリーになるかもしれません。新たな勢力とか?

でも個人的には、一端覧祭の裏エピソードやイギリス清教の様子を描いたSSⅢが出て欲しいですね…。
上条さんが帰還して小休止している今なら、違和感なく短編に繋げる事ができると思うんですよ。
それに短編なら、物語全体を根性空間にしてしまう削板軍覇さんも再登場できますし…。

というかホント、マジでイギリス清教はどうしちゃったんだよ…音沙汰が無さすぎて怖いですよ…。
学園都市のカブトムシもいいですけど、そろそろイギリス清教のクワガタの生死が本気で心配だよ…。(ぇー)

…本当に長くなりましたが(前の感想の1.8倍ぐらい)、ここで筆を置かせていただきます。
ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございました。

ではまたー!面白かったら麦野さんがブーツでグリグリする感じで拍手してくれると嬉しいです!

« 【モバゲー】『とある魔術の禁書目録 頂点決戦』に地味にハマってます。 ※追記あり  |  アニメ ROBOTICS;NOTES 第13話 「なんという狂った世界」 感想 »

コメント

きたああああああああああ

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 01:23 * edit *

乙です!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 01:25 * edit *

おつかれー

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 01:25 * edit *

お疲れ様です☆

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 01:27 * edit *

僕はもう眠いんだ…

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 01:32 * edit *

お疲れさまでした。
面白かったですよ!!
・・・神裂と御坂が戦うSS、そんなの知らなかったな―
期待してますねニコ

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 01:40 * edit *

いい感じにまとまってますね。自分的にはブラック冷蔵庫さんが好きだったので綺麗な帝督化は少し残念でした

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 01:40 * edit *

とりあえず一言、デビさん死なないでwww

名無しさん |URL | 2013/01/22 01:42 * edit *

おつですwwwwww


感想楽しみにしてました
クワガタさん流石に生きてるでしょwwww

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 01:45 * edit *

もういい・・・っ!休めっ・・・!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 01:53 * edit *

デビさんお疲れ様です!
さすがのクオリティで読み応え抜群ですね
もうデビさんの感想を読まないと禁書を読み終わった気分にならない体になってしまいましたww
後はしっかり休んでください!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 01:53 * edit *

10

素晴らしい考察、 お疲れ様でした。

カブトムシ(スカラベ) って、 そういう意味があったのかー
そういえば、 旧約4巻でちょろっと出てきてたなー

これから さらに面白くなる期待を膨らませる 最高傑作でしたね。

櫛稲田 |URL | 2013/01/22 01:56 * edit *

デビさん…
夢の世界へ逝ってしまったか
わかった、踏ん付けてやるよ…

お疲れサマッ!!!

新約6巻はモチロン、感想も最高に面白かったよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッッ!!!!

そして2013年「禁書Year」という俺たちの「幸福」は今から始まった

アドミど |URL | 2013/01/22 01:56 * edit *

感想お疲れ様です。首を長くして待っていましたww
考察の深さはさすがですねww
アダム=カドモンの件やカブトムシの暗喩など、全く気づきませんでした!!
SSⅢについては、自分も同じ事を考えていましたww
新約7巻も楽しみだぜい!!

なるたけ |URL | 2013/01/22 01:59 * edit *

お疲れ様です。相変わらず考察が深い。

そういえばウートガルザロキと悪神ロキは別物でしたね。
人的資源は「なんとなく助けたくなる感じ」かな…と。カリスマスキル的な。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 02:00 * edit *

乙です。
幻影旅団は弱くないよ!!インフレに置いてかれ気味だけど決して弱くないよ!!
まとめスレでの旅団やヒソカのイジられっぷりはもう辟易…

それはそうと、麦のんかわいいよ麦のん。

折り紙 |URL | 2013/01/22 02:02 * edit *

昇天してるwwww
お疲れさまでした、わかりやすいなぁ。
おもしろい、メチャクチャおもしろい、
ただ、登場人物の成長をみてゾクゾクしつつも、上条さんはインデックス、美琴と、一通さんはラストオーダーと、そろそろのんびりしてほしい、と願ってしまう自分がいます。
「普通」を考えた時に一番の人格者ははまづらだと思ってしまう。

何はともあれ次の展開も期待ですな。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 02:06 * edit *

お疲れ様です。さすがのクオリティでした。
とりあえず自分も久々にSSが来てほしいなあと思ってます。

あと一応誤字指摘しておくと、「対峙→退治」と「絹旗→絹華」になってます。

名無しさん |URL | 2013/01/22 02:07 * edit *

黒子が出てきた瞬間に「あっ、これはデビさん発狂するな」と思いました。

今回登場キャラがすごい多くて普通まとめにくいはずなのにそれを逆手にとって二転三転するストーリーを書いて全部の展開を一つの方向にまとめた、すげぇ!っていうのが僕の一番の印象ですね。

N2 |URL | 2013/01/22 02:08 * edit *

俺の最愛ちゃんの名前を間違ってるよデビさん…

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 02:12 * edit *

HAHAHA! スゲーどうでもいいことだけど、紙を100回も折ったら月どころか太陽系を突っ切ってしまいやすぜ?ww

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 02:13 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 | | 2013/01/22 02:13 * edit *

新約で初めて満足出来たかも知れません
7巻がどういう方向に行くか楽しみですね
個人的にはグレムリンの魔術メインじゃなく滝壺やフレメアの伏線回収の科学メインを先にやるんじゃないかと予想してますが
たぶんかまちーのことだからそう簡単にはいかないでしょうねw

名無しさん |URL | 2013/01/22 02:27 * edit *

はたしてホワイト提督さんは、一通さんの能力の時間制限とか麦野さんの義眼みたいに弱点を背負わされるのか。

ともあれ今後は活躍してほしいなー

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 02:30 * edit *

感想・考察お疲れ様です!
デビさんの考察には毎回お世話になっています!

ところで、挿絵のトールがかわいいって思ってしまったのは俺だけ?

名無し |URL | 2013/01/22 02:33 * edit *

感想乙ですー

ところで実際、工場長が人間やめたにせよ一方通行以上かどうかってのはどうなんでしょうね?
「翼」を出さずとも一方通行には「地球の運動ベクトル」っていう、何千回地上を滅ぼしてもお釣りが出るレベルのエネルギー源があるわけですし(旧約13巻でビルを攻撃した際のエネルギーはツァーリ・ボンバ五百万発分・・・)
結局本体の計算能力に依存する「無限の創造」と、自分以外の莫大なリソースの流用による「無制限の破壊」っていう比較になると、腐っても第一位というか、人里に住まわせるには危険過ぎというか・・・

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 02:36 * edit *

感想お疲れ様です!
新約6巻文句なしの面白さでした!!
新約は新キャラがたくさん出てきて新しい展開をどんどん解決していくって感じだったけど今回は旧約のキャラの名前や付せんが色々出てきたので、そこも良かったです
新約6巻の感想は全面的にデビさんとまったく同意見です
旧約禁書と同じような魅力を感じて
上条さんが少しずつ旧約の頃のまっすぐな意思を取り戻してきて一段落ついたって感じでしたね
>上条当麻という主人公の「新約」は今から始まった
まさにその通りだと思います

いままでの新約シリーズでは「次はどこが舞台でどんな感じになるか」が何となく(まあかなり予想な斜め上をいかれますがw)想像出来たけど新約7巻はどんな話になるか想像出来ないんですよね
少しの間事件が起こらない日々が続くのかオティヌスがいきなり動き始めるのか…

他にも色々書きたいけど今回自分が一番気になったのは雲川先輩とみさきちなんですよね(今この二人がすごく気になってるんで)
雲川先輩のみさきちへの態度や漫画超電磁砲のみさきちの上条さんの態度を見たときからきっと先輩とみさきちは昔上条さんを巡っていた仲だなと思っていたんで、今回二人がお互いを毒づき合ってたところを見てやっぱりそうなんじゃないかなと思いました
いつか二人の過去話とかやってくれないかなと願っています

とある学生 |URL | 2013/01/22 02:40 * edit *

この時を待っていた!!

まあ、とりあえずはデビさんお疲れ様です<(_ _)>

時間がかかっただけあって今までで最高の長さ&qualityですね。
もうネタだらけでどこからつっこんだらいいのか(^。^;)
て言うか「イギリス正教のクワガタ」で腹筋崩壊しましたよ( ´艸`)

6巻の感想も終わって一段落、と思いきや
これから地獄(感想的な意味で)の2月が始まるんだぜデビさん

まあ、無着はほどほどに体に気をつけて下さい\(^_^ )


P.S.よゐこの雑談コーナーはいつやるんですか(ゲス顔)

クロスケ |URL | 2013/01/22 02:41 * edit *

お疲れ様です!待ってました!!
卒業式番外編SSの話しで出てた
ミサカネットワークの裏に潜んでいる『アレ』=「ミサカネットワークの総体としての意思」

学園都市の最深部区画で待っている『アレ』=フロイライン=クロイトゥーネ
なんでしょうかね?そうだとすると
デリケートな『アレ』がきになります・・・

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 02:54 * edit *

感想お疲れ様です!
この巻は、特にバトルと上条さんの心情のところが読み応えありました。
ホワイト垣根のところなんか、読んでて鳥肌が立ちましたね。
それにかまちーも書いていましたが、久々の学園都市が舞台とあって、
お馴染みのメンバーや所々に出てくるキャラも織り交ざって本当に禁書らしい
面白さが出ていた巻だったと思いました^^

今後の展開としては、ホワイト垣根、フロイライン、食蜂、サンドリヨンが
どう関わっていくのか(てか、ロリフロイラインのビジュアルが気になるw)、
オティヌスやオッレルスはどうなるのかが気になりますね。
あと、イギリス清教のバーコードや学園都市をウロチョロしてたオレ様赤服野郎はどうしてるんだろう・・・w

とにかく、これからの展開や劇場版、超電磁砲2期など禁書から目が離せませんね!


恋する乙女のリンク先がターミネーターで吹いたwww

SKMT |URL | 2013/01/22 03:01 * edit *

お疲れ様です。楽しく読ませていただいてます。
細かいですけど、× 退治 → ○ 対峙 ですよね。たぶん

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 03:13 * edit *

正直上条さんの葛藤については正直もう少し掘り下げ欲しかったなあ
もっと深く悩んだ上で答え出すのかと思ったけど何か意外とあっさりしてた
戦闘描写も幻想殺しと前兆の感知だけで無双するのはそろそろ無理があるような気がしないでもない

かと思えば一方さんは逆に鬱々しすぎでいまひとつ見せ場ががなかったし
期待してた展開とちょっと違ったのも事実

とはいえ、全体的には確かに久々の会心の出来でした
個人的に美琴も本格的にバトルに参戦したことが一番うれしかったですね
科学側の精鋭が魔術側に対抗できるということを示したのはきわめて大きな意義があると思います

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 03:21 * edit *

お疲れ様です!
新約6巻は何もかもが最高です、たまに感動するべき所で笑ってしまうそんな禁書が好きです
そして天使化がまた見れると思えば違う羽が出たりとキャラの進化も気になりますね

何故カブトムシなのかは多分途中で「男の子って好きだよねー虫系」みたいな台詞があるのでもしかしたら
虫か好きなのかもしれませんね、トンボの兵器も居たような気がします

名無しさん |URL | 2013/01/22 03:39 * edit *

まああんだけやって無傷のブリュンヒルドって....

聖人達のパンチはどれだけ強力なのか...

名無しさん |URL | 2013/01/22 04:11 * edit *

スカラベってカブトムシでした?フンコロガシったような気が・・・
まぁ同じコガネムシの仲間ですし、それにその辺は色々ありそうですしね

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 06:37 * edit *

お疲れ様です
エジプトといえば、あそこには
一度身体をバラバラにされて川に流され殺された後に
復活し、冥府の王となった神様がいたような?

まお |URL | 2013/01/22 06:49 * edit *

感想お疲れ様でした。
今のむぎのんは『未来日記』のユノといい勝負しそうだよ(汗)

フユキ |URL | 2013/01/22 06:55 * edit *

旧約のていとくんはやっぱ死んじゃったのか...あの性格が好きだったんだがなあ...


とりあえず、デビさん本当に感想記事お疲れ様でした!

ウホッ♂のフィアンマ |URL | 2013/01/22 07:53 * edit *

感想お疲れ様です(*^^*)

今から新訳7巻楽しみです

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 07:55 * edit *

感想お疲れです

本当に今回は面白い良い回でした

燐ちゃん  |URL | 2013/01/22 08:22 * edit *

>上条さんは「記憶を失う前の自分自身」を 目指し続ける事で「自信」を生み出してい るんですよね。
>それ故に上条さんは折れる事が無い…1番 最初にインデックスを助けた「過去の自 分」がいる限り、不屈の精神を保ち続け る。
まるでケリィの正義の味方という理想を受け継いだ士郎のようだ・・・
士郎以上に空っぽになったのを自分だったものの理想で埋めてるんだもんな
今まではアレイスターが道を作ってその後の処理までしてたからボロが出にくかったけど

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 08:48 * edit *

感想・考察、お疲れさまでした。
予告時間をオーバーしながらの投稿、状況を逐一プロフコメやツイッターに掲載、極めつきに投稿後のプロフ絵(笑)などいつも以上にデビさんの苦労が伝わってくる中でここまでの記事を仕上げてくださって感謝の念しかありません。
それでは俺も相変わらず自分なりの感想を書かせてもらいます。

>白井黒子
僅か1ページ、一言だけの登場とはいえ「この人(デビさん)なら120%言及するだろうなー」と予想は付いていたんですが号泣画像付きでキャラ紹介のトップバッターを務めるというのは完全に予想外だったw
超電磁砲などで出番的には問題ない彼女ですがそれでも4年と3ヶ月という長すぎる沈黙を破っての本編復帰は、やはり感慨深いものがありましたね。

>食蜂操祈
現在、超電磁砲で絶賛活躍中の食蜂さんの本編初登場!いや~これは全く予想外の方向からの不意打ちで完全にやられましたよw灰村さんの描いた食蜂さんも冬川さんとはまた別ベクトルの良さがありました。
そして相変わらずのミステリアスな行動が目立ちます。美琴を弄るのも半分くらいは自分の行動をごまかすようにする目的があったのではないでしょうか(残り半分は間違いなく楽しんでいるでしょうがw)

>浜面サイド
前回、印象的な引きだったにも拘らず出オチ担当だった(笑)フレンダもどきとのやり取りは戦慄しましたね。最近こういうヤンデレ要素はギャグ的な意味で滝壺の担当でしたが麦のんのあの発言は得体の知れない怖気めいたものを感じましたよ。やはりこの人はこういう分野ではケタが2つ3つくらい違うなw
それでも一通さんを諭すシーンは正しい意味での成長が見れました。あそこは想像以上に芯の通った話でかなりグッときましたよ。彼女って他とはまた一味違う真っすぐな感性を持っていると思うので、それが後腐れ無いスパっとした結論に達することができると考えています。

>渋くてカッコいいセリフが多かったのも良かったですね。
個人的に浜面は全作品通してもトップで名台詞を量産してくれています。それに徹底的に足掻きながらも勝利をもぎ取る戦闘スタイルと合わせると最高に燃えるんですが新約1巻以降、裏方役が多いのでそろそろまた見たいと思いますね(まぁ、これはこれで彼の適した役の一つなんですが、主人公格という立場や木原 唯一のゴールド・プラチナ発言から遅かれ早かれ、また主役的なポジションも回ってくるのは確実なので今はただ待っています)

すっかりお馴染になってしまった怪力嫉妬ネタだけだと思ったら密かに話の重要な要素に係わっていた滝壺。これはあとがきで鎌池さんが言っていた「一見すると出番が少ないキャラが意外なほどに物語の筋に食い込んでいた」という文面をサンドリヨンと並んで体現していたのではないでしょうか。

黒夜の番外に対する認識って「男子高校生の日常」でのヒデノリが文学少女ことやっさんに対する認識に限りなく近いと思うw

フレメアの「人的資源」は少し無理やりすぎたかな。まぁ、これに関してはまだわからないことが多過ぎるのでここまでということで。

>御坂美琴
ブリュンヒルド戦は後述のトールVSシルビアに負けず劣らず燃えさせてくれました。聖人に対する対処法など見どころもあり戦闘中というテンション上がる時に合わせて上条さんへの「想い」を表に出すなど旧約での不遇さを晴らしまくるくらい活き活きしてました。

>右方のフィアンマ
>ちなみに今巻では姫神クラスの存在感を放っていた右方のフィアンマですけど、
それは存在感とすら言えるのか?w新約4巻では少し見せ場はあったものの、その後は潜みまくっている彼のちゃんとした活躍も見てみたいなー
>…なんだろう、全身真っ赤で偉そうな俺様口調の不審人物が~
盛大に笑ったwよくよく考えるとあの自由時間で何やってたんだw(別作品の話になりますがギャップ的な話と紅い繋がりで最近まで冷淡だと思われてた最強女子高生がお菓子大好き天然少女だったことを思い出して2度笑ったw)

>トール
前回、「まだ断定はできないながら自分としても好感が持てた。」とコメントしましたがどういったキャラなのかハッキリわかった新約6巻を読んでみて、ただでさえ持てた好感が3倍くらい跳ね上がりました。
ただ真摯に戦闘や強さを求める真っすぐな姿、。あくまで普通の魔術師でしかないのにも拘らずこの2つで作中でもトップクラスの戦闘力を得て、シルビア戦、上条戦を経て、その良さが前面に出ていてこれもまた燃えさせてくれましたよ。
>彼には「主人公」というような活躍より、あくまで読者も予想できないタイミングで颯爽と現れるような「トリックスター」でいて欲しいですね
微妙な所ですね~主人公候補の声がかなりありますが「一線を踏み外さず、順当に成長した一通さん」という主人公格を引き合いに出したあとがきや「大切な関係を見つけられなかった」という旨のセリフがこれからそういったもの(ヒロイン)を見つけることができるフラグに見えないこともなかったりしますが(個人的な願望も少し混ざってますw)新キャラながら挿絵のみの数ならば上条さんや美琴を差し置いて1番多く取っている辺り、どんな形にせよ重要なポジションに据えるのではないかと思います。
初登場から、たった2巻で禁書関連で自分の好きなキャラを挙げるとしたら間違いなくベスト3に入る程の最高に気に入ったトールの今後の活躍に期待してます。

>上条当麻
>自分1人の力じゃ何もできないけれど、因果律をねじ曲げるレベルで他人を渦中の中に引きこむ能力
新約4巻の件もあり、とてつもなくメタな展開になりそうな感じではありますよね。そしてサラッと公式でラスボス候補と認定されるアレイスターとローラさんwまぁ、とっくの昔からわかってたことでしたが、ある意味この2人が科学と魔術の代表なんだよなー

>一通サイド
>なんか今回は涙が出るほど活躍できなかった一通さん。
ぶっちゃけ麦のんと白帝督に喰われていた気がしてならないw圧倒的な強さと裏腹にどこかしらの脆さも持ち合わせてる彼なので、あと3、4回は似たようなイベントが待ち受けているのではないだろうかw

地味ながらも他サイドとの繋ぎ役や補助などの働きを見せた芳川さん。凄く久しぶりにこういう場面に関わったせいか、いろいろと再認識させられた点がありました。

>垣根帝督
言いたいことは山のようにあるんですが一言で締めくくるとするなら「こんな展開、誰か予想できた人いたのか?w」ということでしょうw
でも155ページでのカブトムシ05の「心」の見解や守る決意を固めるシーンは感動しましたし、二転三転する展開に飽きはなかったので話として充分良く感じましたね。
>メルヘン→冷蔵庫→工場長→蝶の繭→そして伝説へ…(クーラーボックス)
一見すると意味不明にも程があるんですがマジでその通りなんだよな~w
>カブトムシ(スカラベ)は古代エジプトで「再生」「復活」「創造」を象徴する虫、月の意味は「未知、不可知、希望はもうそこまで来ている、重要な変化の瀬戸際」
ほー(感嘆)これは本当に凄い。何が凄いって項目が1つも外れることなく、そのまんまピタリなのが凄いです。この設定を上手く活用した鎌池さんも見逃すことなく綺麗に纏めてくれたデビさんもお見事です。

今回の新約6巻は起承転結のなかで新約5巻での「起承」から引き継いだでした後半でしたがキャラ全員が行動や持ち味を損なうことなく話としても上手く運び、次の話の含みを残したまま綺麗に締める「転結」の役割を十二分に果たしてくれたと思います(ほんの3巻前の新約3巻が不満の残る出来だったのは鎌池さんもの進化が止まらないのか、あまりの差にどこかしら手を抜いていたのかと邪推した見方も僅かながらありましたね)
また燃え関連も素晴らしく、キャラ的に大当たりだったトール。戦闘面では上条さんVSフィアンマ、浜面VS麦のんのような最高に燃えまくったという戦闘はなかったものの全ての主要な戦いに燃え要素が含まれており熱い気持ちが途絶えることなく読み進めることができました。
本当、今回は最高と断言できる程で選り好みが激し過ぎる俺でも早い段階で買ってしまいました(原作禁書は3冊目)
今回の騒動に一段落つき次の新約7巻がどんな話になるかは予想はつかないですが今からでも期待が止まりません。それでは超長文失礼します。

ジャックポット |URL | 2013/01/22 09:39 * edit *

デビさーん 逝かないでくれーw

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 12:17 * edit *

この巻を読んでで気づいたんですけど、上条さんと美琴って、士郎と凛に似てますね。

方や、自分の身を顧みず、ひたすら目の前の誰かを守り続ける男。
そしてそんな男の危うさを心から心配しながらも、止めるのではなく手を貸すことを選んだ女。

そうして考えると、インデックスは、ある意味で藤ねえに近いのかな? いや、それはむしろ小萌先生か。
インデックスは、どっちかというと桜に近いかな。
桜みたいに手料理を用意して待っていれば、人気も上条さんの好感度も上がるんですけどね。
今の所は某ハラペコ王と同じく食べる専門ですねw

k |URL | 2013/01/22 13:04 * edit *

今回は上条さんの精神が士郎みたいになっているようで。まぁ、いろいろと要因あるけどいつ明かされるのかな。

それにしてもデビさん酷いことになっているwwwある意味このブログに対する意気込みは上条さんレベルなのかぁ?

風魔 |URL | 2013/01/22 13:10 * edit *

フレンダってレベル0ってどこかで言われてなかったっけ?
フレメアがレベル0だからそんな気がしてただけだったかなー

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 13:14 * edit *

提督の内臓から、黒い提督が復活すると信じてますw
黒と白の提督の対決とか見たいしw

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 13:21 * edit *

麦のんのクズっぷりにワロタw

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 13:27 * edit *

みさきち登場も嬉しかったが、まさかとある高校に来ているとは思わなかったなぁwww
舞華と鞠亜は流石に気が付くか。何だかんだ言っても繚乱家政の主席クラスだもんな
青ピ職質www
土御門はやっぱり格好良ぇ!
みこっちゃん大活躍!やっぱりレベル5第三位は凄ぇや!
垣根帝督。やつは本当に読者を笑い死にさせる気なんじゃないだろうか。ヤベェ、マジでしぬかもwww
上条当麻が本当の意味で復活。とある魔術の禁書目録に戻ってきましたね
1月からこれだよ、今年は凄過ぎるよwww
「ただいまでごんす」→ガブッ! やっぱ禁書目録はこれがあると安心だなぁwww

>とりあえず上条さんは戦乱のど真ん中で走り回ってて、土御門はポップコーン買ってて、
青髪ピアスは職質されて…まったく帰ってこない三馬鹿デルタフォースに
吹寄さんの怒りのボルテージがマックスに突入ゥゥウウウッ!!!
安定の三馬鹿と吹寄で安心したわwww

デビさん遂に寝ちゃったwww

23学区住人 |URL | 2013/01/22 13:45 * edit *

感想お疲れ様です!
レベル5と聖人の戦いは思わず見入りましたね
レベル6と魔神の対比、、垣根の無限の可能性、オッレルスの削板にいったと素質いいかなり科学と魔術でリンクさせてきてますよねー
やはりデビさんのいうように科学と魔術の到達点は同じなんだろうか…新約7巻はやくー!

名無しさん |URL | 2013/01/22 13:59 * edit *

上条さんって、何でボランティア活動とかしてないんでしょうね?
あんな精神の人間が、ただほのぼの生活してるなんてあり得ないと思うんですが…
ニュース見ないんでしょうか

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 14:04 * edit *

感想・考察、お疲れさまでした。
個人的には、上条さんとサンロリヨンの絡みがもっと見たいですね~。 あとがきで便利扱いされていたのでまだまだ出番があると思いますが(笑)

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 14:09 * edit *

デビさん感想お疲れでごんす

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 16:11 * edit *

感想お疲れさまです!
本編読んでからここで考察の答え合わせ的なのをするのがもはや恒例になってます!
カブトムシが出た時はビビりましたが、垣根さんチートすぎて倒し方が浮かばなかったじゃないかと思いましたよw
一方通行も強いですけど、このインフレがすごい世界だと・・・翼もご無沙汰ですし。そろそろパワーアップが来るんじゃないかと勝手に期待してますwつーか垣根さんのあれでもまだLEVEL6じゃないとか(笑)

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 16:35 * edit *

>エンキドゥ
慢心王「!」

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 16:42 * edit *

感想乙です。
いやそういえば確かに三馬鹿全員出払ってますねww
初代上条さんも気になりますし、何よりミサキチが謎過ぎる・・・。
個人的に灰かぶりが可愛くて泣きましたねww
今年は本当に乗ってきてますからね。簡単系列も動きがあるようですし、期待が膨らみますね。

お体に気をつけて、まだ昇天は早いっすよww

委員 |URL | 2013/01/22 16:48 * edit *

感想お疲れ様です!
新訳6巻に誤字が二ヵ所ありましたね。まあ、筆が速いからしょうがないのかな?wwwでも“グレムリン”編(?)もいよいよ熱くなってきましたね。
そしてていとくんも中二セリフが半端ないですねwww

雨パ |URL | 2013/01/22 16:49 * edit *

感想お疲れさまでした。堪能させて頂きました。

それにしてもフレンダに化けてたオッサン、命知らずにも程がありますよね…。
「攻撃されない」という確信がないとあんな無防備な接近はできないと思うんですけどね。
まして麦野は接触の少し前、サンドリヨンの身勝手さにブチ切れてマンション外壁を派手に
消し飛ばしてるし。気付かないわけないから、もう少し警戒して策を練り直してもいいのに…。
根本的な部分でバカだったんでしょうね。
余裕があれば、追記という形でもいいからサンドリヨンもイジって…もとい考察してもらえると
嬉しいです。
上条さんへの雑過ぎる治療・さりげなく乱発する物騒なボケ・相手構わず無意識に発動する、
フランス語力への自信を喪失させる能力・そして垣根帝督の後を継げそうなバラバラ芸体質…
ツッコミどころ満載な彼女をぜひ、デビさんテイストで料理してください!

オオミツ |URL | 2013/01/22 17:11 * edit *

デビさん…お疲れ様…ゆっくり休め…

教皇代理 |URL | 2013/01/22 17:33 * edit *

感想お疲れ様です!
いやぁ~新約6巻はロシア編以降で最高の出来だったですねぇ。
一気に旧約禁書に戻ってきた感じがします。
上条さんの究極の自己犠牲精神はすごかったですね!
新約になってからのナヨナヨ感が消えて久しぶりの説教も聞けましたし。
なにより嬉しかったのがバードウェイ戦でわりと昔の魔術師の名前が出た時ですね。
闇咲さんとかビアージオとかの名前が出て懐かしさのあまり泣きそうになりましたよ!
新約7巻はグレムリンに潜り込んだオッレルスの活動の間に上条さんの日常を挟むって感じになるかな。
それとも旧約7巻と対比させて新勢力が出てきたり法の書みたいな魔導書が絡んでくるのか。
はたまたss3が出るのか。なにはともあれ次巻が楽しみです!

獅子丸 |URL | 2013/01/22 17:33 * edit *

・学園都市の最深部区画で待っている『アレ』 卒業式SSにて

鎌池先生……恐ろしい人や…((((;゜Д゜)))

教皇代理 |URL | 2013/01/22 17:40 * edit *

いや、うん。禁書も凄いんだけれどもね?
いや、そりゃ凄いんですけれどもね?

何よりこの感想を書ききったデビさんが凄いわ・・・・。

MTL |URL | 2013/01/22 17:49 * edit *

お疲れ様です!
もぅなんか死んでますね・・・ッ
「ミサカネットワークの総体の意思」は、フルチューニングだと思ったんですけどどうですかね?
あと上条さんは休暇をもらっても休むことなく走り続けると思っているのですが・・・w

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 17:57 * edit *

待ってました!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 18:16 * edit *

垣根関連が尻すぼみな内容であんまり楽しめなかった。期待してたんだけどねマジで
まあデビさんが楽しそうで何より

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 18:19 * edit *

帝督関連は超電磁砲あたりで保管して欲しいかな。
さすがに綺麗な帝督がフラグ回収はしてくれないだろうし。
いろいろ謎なままだからなぁ。

みさきちは本当になんであの高校にいたのか。上条さんとフラグあるのか。
美琴はパワーアップフラグ立ててないのに出番増えるたびにどんどん強化されていく。
ある意味上条さん的パワーアップしてるようなw

名無し |URL | 2013/01/22 18:59 * edit *

お疲れ様です!
このクオリティ流石です。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 20:03 * edit *

お疲れ様でしたー!!

とりあえず一言。
麦のんの項目の「恋する乙女」のリンク先がおかしi(ry

弓月 |URL | 2013/01/22 20:06 * edit *

お疲れ様でーす^^
新約6巻は新約の中でも最高に面白かった・・・
完全に同意ですb

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 20:28 * edit *

デビさんお疲れ様でした!すごく面白かったです!
本当に何でこんなことに気づけるんですか…すごすぎる

プロフ絵が逝ってますけど、しっかり休んでくださいw

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 20:38 * edit *

お疲れ様でした!

帝督見たとき魔人ブウっぽくね?ちょっと違うか?とはおもっていましたが、
Dr.マンハッタンと聞いて思わず「それだッ!!」って叫んでしまいましたw

てんもじゃ |URL | 2013/01/22 21:14 * edit *

デビさん、今回も完走お疲れ様です。
仕事の休み時間にチラ見、帰ってからじっくり読ませていただきました。
私もデビさんと同じく、旧禁書の時と同じ魅力を感じました!!!
美琴好きな自分としてはブリュンヒルド=エイクトベルとの戦闘シーンや、その時の想い、
上条さんを助けるシーンなどもう大満足でした。
読んでる最中思わず声をあげちゃいました(ノ´∀`*)
美琴には幸せになって欲しいです。

>>k様
>>上条さんと美琴って、士郎と凛に似てますね
私も全く同じことを思っていました。
一番初めに大好きになったキャラが凛なので
実は以前から重ねて考えていたりしていました。

Rin |URL | 2013/01/22 21:25 * edit *

デビさん感想お疲れ様です!
美琴がイイ子すぎて号泣です・・・・あぁ早く読みたい!

亀之助 |URL | 2013/01/22 21:39 * edit *

新約3-6は偽ることをやめたカミやんの再生、アイデンティティの再構築だったのかなと思って読んでた

あと屋台の中学生=佐天?なんてなと勝手にほくそ笑んでたわ

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 21:52 * edit *

最近科学側がいい奴すぎる…
そして、垣根くんには是非よくあるSSのようなキャラになってほしい

suzaku |URL | 2013/01/22 21:53 * edit *

デビさんお疲れ様です! 

6巻の個人的なベストシーンはトールの
「ミョォォォォォォォォォォォルニィィィィィーーーーーーール!!!!!!」
ですね。熱い展開にワクワクしました。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 22:11 * edit *

み、美琴が聖人と渡り合っとる・・!!
今まで、聖人と戦ったら瞬殺されるだの、科学サイドは弱いだの言われてきたのに、まさかこんな日がこようとは・・・(ToT)

あすとん |URL | 2013/01/22 22:55 * edit *

デビさんお疲れ様
楽しく感想を読ませてもらいました。

そしてこのプロフイラストである

名無しさん |URL | 2013/01/22 22:56 * edit *

長文お疲れ様です。

自分は何度も再生する垣根帝督に「自爆ベジータVS魔人ブウ」が何度も脳裏をよぎりましたw

everyday |URL | 2013/01/22 22:58 * edit *

新約6巻読んだあとにこれ見ると

超理解できるというかなんというか…


禁書感想のデビsはいつも以上に予測とかがスゴいですし

デビsが禁書関係になると発動する超能力を

持ってる可能性が微れ存…

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 23:02 * edit *

お疲れ様です!!   

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/22 23:11 * edit *

お疲れ様です!!!
今回も非常におもしろい考察、感想でした。

本当に新約に入って1番おもしろかった!!!

上条さんの高校にいた第五位のところで自分はもしかして今後の漫画のレールガンで上条さんが何かするフラグか!?と想像してたけどどうやら違うっぽいな・・

matwo |URL | 2013/01/22 23:14 * edit *

デビさんお疲れ様でした!!
死んでるっ!・・・・と思ったけどまた生き返ってる。バケツ型電池にパワーをもらったのかな?

>>「おかえり」「ただいまでごんす」→頭を噛み付く
もうこれのシーンを見れただけでホッとしましたね。もうインちゃんは常に上条さんの頭に噛みついてればいいんじゃないかね?ビビットシスター・オペレーションしちゃえば・・・・あかん上条さんが死んでしまう(笑)

そんで初春の花は本物だったのか・・・それとも初春とていと君が初めて会ったとき実はフラグがたってた影響でなんてことは!・・・・ないですねー(笑)

とりあえず休んでまたじゃんじゃんアニメ感想書いて下さい(オナシャス


wawawa |URL | 2013/01/22 23:38 * edit *

全能としてのトールの実力ってどんなモンなんだろうなぁ。フィアンマやオティヌス達に匹敵するレベルなのか。
トールと美琴もある意味もっと絡んで欲しいんだけどなぁ。
魔術の雷撃の天才と科学の雷撃の天才同士だし。

今超電磁砲で進んでる御坂ネットワークのもう一つの謎って、風斬やエイワスのことじゃないなら、集合体関連の可能性もあるのかな。

名無し |URL | 2013/01/22 23:42 * edit *

6巻面白かったです

やっぱり旧キャラ達が活躍している方が禁書らしくていいです

名無しさん |URL | 2013/01/22 23:48 * edit *

やっぱ禁書は上条さんありきだな上条さんがいるからこそみんなついてくる
一方通行や浜面も悪くないが王道の勢い熱さはキャラ的に上条さんのみにだせる感じだ

美琴トールコンビはまた見てみたく感じるコンビだった

7巻が待ちどうしい

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/23 00:14 * edit *

六巻は最高に面白かった!!
インさんの最後のおかえりとかていとくんの復活とかロリ2人の活躍とか上条さんの葛藤とかいろいろ名場面はあったけど個人的にはトールと美琴が大満足の巻でした!!
トールは主人公との比較もされてるあたり今後の活躍に期待ですね( ´ ▽ ` )ノ
美琴は本当にイイ女で泣いた
彼女には幸せになって欲しいです

妹達の総体が美琴に似ているのはなんか理由があるんだろうか…?

最後にデビさん本当にお疲れ様でした!!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/23 00:30 * edit *

新約6巻面白かったですね~♪
俺も新約の中では6巻が1番面白いと思ってますO(≧∇≦)O イエイ!!


垣根帝督の進化に俺の常識が追いつかないwwwww


 俺    の    未     元     物     質    に            
 常     識    は     通     用     し     ね    え

                      ,.、 ,.、
                      ヽ'::':/
                       }:::{
                       l:::|
                      i:yァ|:::l
( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.       l:(.ノ:::l    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
 (/(///// ̄\\   ,.r:::'':::!:::ヽ゚;~  .// ̄\\\\\)\)
   (/////// ̄\ .〈;;;:::::::::::::::゙:i,,/ ̄\\)\)\)\)
    ..(////// ̄_//~:::y'''::::-:::〈   ̄\\\\\\)
      (/(/(/(/(_//::::::/:::::::::::::〈:、\)\)\)\)\)、)
          (/(// / ./:::::/:::::::::::::/ ヘ \)\)\)
            (/V..,:'!::::/:::::::::::::〈:、 \)Vヘ)
        .      〃ゝ〈_:::;;;:::ノ .l:l  ヽ、
             _〃         l:!
             ´          ヽ、

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/23 00:32 * edit *

乙ですw

にしても、デビさんに指摘されるまで建宮達を忘れていましたよ・・・

モノケモノΣ |URL | 2013/01/23 00:34 * edit *

上条さん
やっぱ上条さんは悩んでるより今回みたいに突き抜けてる方が魅力的だわ。
そしてラストのインちゃんとのシーンにはホッとしたよ…。

一通さん
>なんか今回は涙が出るほど活躍できなかった一通さん。
なんでや!帝督への悪態や宣言は決まってたやろ!!

はまづら団
むぎのん愛が歪過ぎw恋する乙女とターミネーターを同時にこなすとか何者や…。
何はともあれホワイト帝督さん、加入おめでとうございます!!
>メルヘン→冷蔵庫→工場長→蝶の繭→そして伝説へ…(クーラーボックス)
帝督関連結構感動してたのにクソワロタwwwwwww

みこっちゃん
みこっちゃんマジいい女。ブリュさんと戦闘が始まったときはついに挫折展開が来るかとビクビクしながらページをめくってたら大健闘しててビビったwww
そして久々の黒子登場か。デビさん反応するとは思ってたが全キャラ中最初に語り出すとは…。
とりあえずみさきちをモフモフしたいお(;゚∀゚)=3

トール
最後には裏切るって前巻で言ってたから上条さんと戦うのは予想通りだっだけど…まさか完敗するとは思わんかったなぁ…。さすがは(上条さんにとっての)最強の『敵』。

グレムリン
やっぱり魔神は完全体フィアンマより強いのかな?化物なのはわかるが強さの表現がアバウト過ぎてイマイチわからん…。
>全身真っ赤で偉そうな俺様口調の不審人物が、屋台のタコ焼きを頬張って悦に浸ったり、綿菓子やお面を持って満面の笑みを浮かべたり、大声をあげてミスコンの応援をする
SS3に収録決定ですな!!!

バードウェイ
可愛いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいっっっっっっっっっっ!!!



シーア |URL | 2013/01/23 00:54 * edit *

いつも感想お疲れ様です
デビさんの感想のおかげで、新約6巻がより一層楽しめてとてもありがたいです!
続く今年の禁書ラッシュでも感想期待してます!

Flere501 |URL | 2013/01/23 01:08 * edit *

p355で当麻が「美琴」って言ってるんだけど、
美琴がいるのに下の名前で呼んだことってあったっけ?

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/23 03:24 * edit *

今回も楽しい感想・考察ありがとうございます。
デビさんの目の付け所とか知識の広さ・深さは相変わらず凄いですね!
なるほどなるほどと思いつつ楽しく読めました。
最近は
新刊出る→(デビさんのネタ見る)→新刊読む→デビさんの感想読む
というのが楽しいルーティンになっているので、今後もよろしくお願いします!

ところで、私もスカラベはフンコロガシ(タマオシコガネ)では?と思います。
確か糞から出てくるから再生とか復活とかをイメージとか聞いた覚えが…。
とはいえフンコロガシ型の兵器とか出されてもエンガチョな感じですが(汗)

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/23 03:25 * edit *

新約6巻、カオス杉ですwww ていとくんの未元物質は自分自身の常識をもはるかに凌駕するとは・・・
シルビアも言ってましたが、『自分の枠組みで何でも収まると思った時が一番危ないのよ。』アレイスターにこの言葉がやってくるでしょうね。新約6巻、最高です!! 正直新約4巻までからっきしでしたが、前回の新約5巻と今回の新約6巻ホント最高ッです!!この流れ!こういう話を待っていたんですよ!!それにしても
カブトムシwww 心の中は夏休みの少年なんでしょうかwww なぜかとある高校にいた食蜂さん。上条さん、やっぱりフラグを・・・ 重傷の上条さんと同じになるため、自分で自分を撃つトール。全能トールに負けたところは、ン・ダグバ・ゼバ(ゼバのゼは全能)に負けたアメイジングクウガを思い出しました。上条さんが『次の踏み台』に成長するなら話は別。とあるように、上条さんvs全能トールが予想されます。怒りと凄まじい形相で、トールを何度も殴る上条さん。狂気と狂喜の喜びで、笑いながら上条さんを何度も殴るトール。お互い血だらけになる。この二人のタイマンの勝負が脳裏によぎりますね。pixivのトールのイラストもどんどん増えている事ですし、上条vsトールに期待です。

蓮沼 |URL | 2013/01/23 04:02 * edit *

>そうして考えると、インデックスは、ある意味で藤ねえに近いのかな? いや、それはむしろ小萌先生か。
>インデックスは、どっちかというと桜に近いかな。
イリヤ・・・いや、なんでもない

無銘 |URL | 2013/01/23 04:49 * edit *

みさきち

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/23 08:00 * edit *

禁書でも美琴が活躍できるシーンが見れて嬉しい!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/23 10:07 * edit *

新約6巻最高でしたね^^

新巻を読んでもデビさんの感想を読まないと読み終わった気がしない・・・ww
カブトムシetcの考察は本当すごいと思いました!

そしてミコっちゃんが良い女過ぎて泣きました^^


個人的に、一方通行のセリフで

もしもオマエが世界のどこかに証を望むのなら、俺がその爪痕になってやる

は「こっから先は一方通行だ」並にカッコイイと思ったんですがどうでしょう?

freyja |URL | 2013/01/23 10:49 * edit *

感想お疲れさまです
毎回、楽しく読ませていただいております

本文中でも「お兄ちゃん属性ですか?」的なイジりを受けるバードウェイは、
「いつまでもお姉ちゃん大好きっ子とかムリよ」って言われる座敷童を思い出しますね

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/23 11:35 * edit *

今回もお疲れ様でした。
とにかく帝督がかっこよかったwwwwww

ハリー |URL | 2013/01/23 13:21 * edit *

お疲れ様でした。毎回見させていただいています。                                   自分もトール好きです。VS上条さんは、しびれましたし、帝督くんはチート強いですね!またの登場期待してますぜ~。                                                            ところで、トールは帰るところあるんでしょうか?魔人くん怒っちゃたし。                                                                                         まあ、ともかく7巻期待ですね。ありがとうございました。

no name |URL | 2013/01/23 18:50 * edit *

建宮さん本当に逝っちゃったのかなぁ・・・。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/23 19:15 * edit *

>イリヤ・・・いや、なんでもない
確かにインデックスさんって、イリヤに大食い属性と噛みつき癖がプラスされたような感じだよね。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/23 20:24 * edit *

そーいや最後の戦闘シーン辺りの幻想殺しのルビが
イマジンプレイヤーになっているところがあったような…

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/23 21:16 * edit *

まあ「何をしても許してくれる」とは言っても超えちゃいけないラインは承知してると思いますよ。
もし例に挙げた滝壺殺害をやらかしたら浜面は(可能かは横に置いて)間違いなく麦野を殺そうとするでしょうし。
フレメアのGPSに気付かなかったバ(カなカ)ップル二人のポカでも滝壺に制裁を下さなかった訳ですし。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/23 22:19 * edit *

まあ、麦野でも、仲間(守るべき者)、一般人(あまり巻き込んではいけない)、クソ野郎(なにしてもいい)。程度の区分はしてるでしょうね。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/23 22:28 * edit *

感想&考察お疲れ様でしたー!
やはりデビさんの感想を見ないと新刊を読みきった気になりませんね!!

感想大変でしょうが応援してます!

梯子男 |URL | 2013/01/23 22:53 * edit *

今回の6巻で思ったんですけど。
今の上条さんは多分、インデックスに記憶喪失がばれてもう彼女の知っている、信じている「上条当麻」
でいる必要が無くなったからではないでしょうか?(コレが二度目の「死」って事かも・・・)
だからこそ上条さんはバードウェイに「イカれている」と言われる程の精神になっているのではないのかなあ
と思います。(もしかしたらコレが上条さんの本性・・・)
あと、コレも何気もなしに思った事ですが上条当麻とインデックスの「出会い」は偶然では無いと思うのです
「遠隔制御霊装」も在りますしねぇ・・・

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/23 23:02 * edit *

感想記事お疲れ様でした
いいんだ・・・休んでくれ・・・もう、休んでくれ・・・・

カブトムシから綺麗なていとくんが生まれるとはね。驚愕しましたよ。

新約でこれほどの長文になるのだから、劇場版・特典小説の感想はそれ以上になるんですかね・・・(ニッコリ

クワガタもとい建宮さんも気になりますが、イギリス清教の動向が最も気になります

SSS |URL | 2013/01/24 00:22 * edit *

一方と麦野はなんであんなに上から目線なんだろうか
お前らが垣根になんか言えるような立場か、棚上げじゃねえか
おまけにバトルでは完全に負けてて垣根が自滅しただけじゃん
すげえイラッとした

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/24 00:29 * edit *

あれ?もう復活してるっ。ていうか…こいつッ腐ってやがるッ!

記事楽しんで読まさせてもらいました。お疲れ様です。

新約6巻は、久々に上条当麻の説教が聞けた感じで楽しかった!
上条当麻の説教というと敵にぶつけるというイメージになってますよね。
でも、どうしようもなくなってしゃがみこんだ人を立ち上がらせたり、
涙をぬぐって上を向かせる説教こそ上条当麻の真骨頂だと思います。
こういった意味で今回の説教はとても熱かったよ!

SS3あるといいなぁ~

  |URL | 2013/01/24 00:46 * edit *

今回も感想記事オツカレサマです

ひさびさに学園都市のサブキャラたちが賑わっていてメインストーリー以外も楽しかったですねぇ
個人的には同じぐらいの頻度で(リアル)職質を受けているので
萌える職質を受けていた青髪ピアスに嫉妬の嵐です。

新約5巻で雷神トールがオッレルスは目的のためにもっと大きな被害を出しかねない的なこと言ってましたが、ラストで垣根のパーツをオティヌスに渡したことがきっとそれなんでしょうね。
今回の一件で土御門は聖人たち(特に元イギリス勢力のシルビア)が関わっていることを知りましたし、グレムリンは科学サイドの最重要データである垣根の肉体を手に入れましたから、魔術と科学の境界に触れたグレムリン戦にイギリス清教が本格的に関わり始めるんじゃないですかね?

なんにせよ7巻でもSS3でも続きを待ちきれない状況ですね

A.A |URL | 2013/01/24 01:59 * edit *

一方さんは、まだこれから妹達関係で試練が待っていそうだね。
その時にどういった結論を出すのか、とても楽しみです。

黒子、そんなに長い間、本編出てなかったんですねww
青ピも久々に見れましたし、大満足。(。・∀・。)


名無しさん |URL | 2013/01/24 02:09 * edit *

ホントならていとくんはもっと使えたキャラなんですが15巻時点で殺したのが意外でした、

そしてぶらっくんの登場www 笑いましたw

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/24 16:13 * edit *

毎度乙です!!
6巻は最高に熱かった!!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/24 17:58 * edit *

お疲れ様です~
いつも助かっていますわあ


刹那 |URL | 2013/01/24 19:49 * edit *

感想お疲れ様です!

個人的には、トールの「ありったけの力でここまで生きてきて、それでも俺にはそいつを見つけられなかった」って台詞が印象に残ってます
トールがそいつを見つけられる日は、来るんでしょうかね

BS |URL | 2013/01/24 20:51 * edit *

禁書はいいですね。

いやみっこちゃんがいい女すぎて感動ものでした。
みっこちゃんはちゃんと作者的に怪物枠に入っているにもかかわらず
感覚があくまで一般人で乙女でえがたい存在だとつくづく思いました。

deng xiao ping |URL | 2013/01/24 22:27 * edit *

さて、大変遅れましたが、コメントさせて頂きます。
まず最初に、

デビさん、本当にお疲れ様ですッッッ!!!!(*´∇`*)
あー、もうこれ神記事だわ、間違いなく神記事だわ!(神記事ってなに?)とにかく神記事だわ!
新約6巻の感想をデビさんがまるでゴンさんの様に、己の全生命力を使い切って凄まじいクオリティの記事に仕上げて下さいましたね!我々禁書ファンの誇りですよ、貴方様は!

■全体的な動き■
今回は俺にとっても理想に近いレベルの展開が続いて、鎌池先生に大感謝でした!
>旧約の全盛期と同じ魅力を感じるんですよ。
人それぞれ禁書に求めている物は違うと思うんですけど、俺も今回の、特にバトル方面でのパワー戦、知略戦、共に満足出来ました。やはり強大な力を持ったキャラクター達が一堂に会するとワクワクしてしまいますね♪
>インちゃんが登場した総ページ数って5ページぐらい
ええ、インデックスを応援してる俺としては非情に残念ですけど、最後にマーキングしましたしメインヒロインの座は死守したかな?鎌池先生!もっと出番を!
>「鎌池和馬先生」という作家の止まらない進化を見たような気がしますよ。
鎌池先生はまだまだお若いですし、これから無限の可能性が広がってますよね!(*´ω`*)

■白井黒子■
デビさんがとても喜んでおられるwww。良かったですね!疲れた体には黒子だな(意味不明)
>(「今日から俺は!」)でそんなネタあったね)
wwwwwあった!!!!wwwwww

■メイド組■
この二人がシルビアさんの実力を瞬時に見抜いたのは流石だと思いましたね。

■食蜂操祈■
はいむら先生の食蜂さんにまず感動しました。デビさんの仰る通りとても柔らかそうですよねw。
>もしかすると2人は上条さんを巡って争っていた仲なのかもしれませんね。
もしかすると……ですけどねw?個人的に食蜂さんには美琴とイチャイチャしてて欲しいんですよ。これは俺がハーレム展開が好きじゃない事に起因します。例え大好きな禁書という作品でも流石に上条さんの属性は目に余るw。

■フレンダ■
マジで新約6巻を窓からぶん投げたくなったわ!(オイ)
酷いですよ、鎌池先生ッッッ!!!!(´;ω;`)
「汚れたオッサンを貶めたい……そんな時は、フレンダ化させてやるんだよッッッ!!!!」
まぁ俺は酷い事されても鎌池先生に付いて行くマゾなんですけどね(オイ)

■麦野沈利■
彼女の考え方には驚愕せざるを得ないですね…。ビビったわ!((((;゜Д゜)))
まぁこのコメント欄の方達も仰ってる様に、流石に本物のフレンダであったならば、あそこまでストレイツォ容赦せん状態では無かったと思いますが……w。でも、カッコ良かったですよ麦野さん!惚れちゃいそーだぜェ!
>麦野さんは浜面にハートも射抜かれました。
はまづら……お前もハーレム属性かw!

■はまづら団■
あ!デビさんのソシャゲの組織名(?)だ!
……という冗談は置いておいて、
本当に洒落にならん戦闘能力を有してますよねw。ナックルもビックリですよ(国家レベルの武力がいる!)
>「レベル0の新しい可能性」
何なんでしょうね?新しい可能性も何も、滝壺が居ればレベル0にも能力を与える事は可能になりそうですし、能力とは全く関係無い事象に影響を与える物なんでしょうか?デビさんが仰っている様に因果率、運命を意識せずにねじ曲げる物か?全体論の能力者がフロイラインはフェイクで、実はフレメアだったりするかも?

■御坂美琴■
パネェ!パネェ!パネェ!てかぁ?(麦野さん風)
個人的に今回で最も驚かされましたよ!
うん、科学側よりも魔術側の方が実力的に勝っているのは禁書ファンならほとんどがご存知の常識なんですよね。
その常識を軽々と撃ち破り、下手をすれば天使とも渡り合う聖人とほぼ互角の闘い!これは熱くなるなという方が無理でしょう!超強ェよ!美琴!(*´∇`*)
ブリュさんも本気じゃ無かったと思いますが、それでも凄いですよね♪

■フロイライン=クロイトゥーネ■
予想していた通り、人外の存在だったみたいですね。果たして彼女がこれから物語でどんな役割を任されるのか?注目して行きたいです。てゆーか、デビさんのワムウ画像で盛大にワロタwwwwww!

■バードウェイ■
クールなペルソナの下に上条さん顔負けの熱く燃える正義感を秘めた尊敬できる大人の女性。(見た目はロリ)
彼女の隠された努力を知った今、俺の様な矮小な人間はただただ平伏する他、御座いません。但しペロペロはする(オイ)

■魔神オティヌス■
そうとう不便な力を抱えてますよね彼女は。
シルエットを見ると、可愛い系なのかな?是非とも上条さんに幻想を砕かれた後は、仲間として一緒に戦って欲しいところ。魔神の力はアレイスターやエイワスと戦う時に必要だと思いますので。(俺の中ではアレイスターとエイワスはラスボスです。)

■トール■
とんでもなく熱い男でしたね!(見た目は美少女w)
まさか最後に第2戦があるとは思いませんでしたよ!しかもあの戦いは裏切るって言うよりも、自分の戦闘欲求を満たす為だけの物に思えますよね。
上条さん→助けたいから助ける。
トール→戦いたいから戦う。
ベクトルは違えど、両者とも純粋な信念を持っていやがる!
戦闘という一点に置いて研鑽を積み重ねて来たトールに、現時点の上条さんが敵う要素が無いのは自明の理ですね。本気を出させただけでも上条さん頑張ったよ。

■上条当麻■
上条さんには悪いけど、絶対に途中でぶっ倒れると思ってましたw。それで美琴に助けられたりとか色々想像してたんですけど、最後まで戦い抜きましたね~。奴は人間じゃない(ロッキーのドラゴ)
デビさんが仰る様に戦い方が既に高校生レベルじゃ無いですよ!歴戦の英雄だよ!まぁ歴戦なんですけどw。
鎌池先生も悩んで前に進むタイプと仰ってましたし、今回の件を乗り越えた事で、益益己の信念を確固たる物に出来たのではないかな?と思っております。

■一方通行■
うむむぅッ!デビさんや皆様から手厳しいお言葉を頂いているアクセラさんですが、今回はアレだ!アレ!帝督が強すぎただけですよ!ダークマターの限界性能を引き出してた帝督と、翼を含めてまだ未知数の可能性を秘めたアクセラさんを比べるのはちょっとね?
しかし麦野さんに諭されるのは……、
意外ッ!てっきり何もかも悟りきった表情で真っ白シスターズを撲殺すると思っていたが…!(オイ)
俺はロシアでアクセラさんは覚悟を決めていたと思ってましたので、今回のアクセラさんは少しだけ精神的に弱く見えました。まぁ帝督の圧倒的な戦闘能力がアクセラさんの動揺を誘っていた可能性も否定出来ませんが。
何にせよ、彼も今回の件で精神的に著しい成長を遂げた事でしょうね。

■垣根帝督■
デビさんの垣根帝督、爆誕発言ッッッ!!!!(なんだそれ)
いやぁ、強かったですねー!どうやって倒すんだコレ!?と終始興奮しっぱなしでしたよ!
デビさんのカブトムシ関連の知識は何となく知っていたぐらいで、特に読書中は意識しませんでしたね。でも、そうして詳しくご説明されると鎌池先生やデビさんの博識っぷりに頭が下がりますw。
キレイな帝督になったし、ダークマターの未来はきっと明るいw。

■最後に■
>そろそろイギリス清教のクワガタの生死が本気で心配だよ…。(ぇー)
あっ!忘れてたw!(酷い)
>ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございました。
感謝するのはこちらの方です。俺にとって一番大好きな作品の感想をこれ程のクオリティで……!
本当にこのブログに巡り会えて良かったと心から御礼申し上げます。
4月から始まる予定の超電磁砲2期も楽しみですね!
それでは大変な長文、失礼致しました。これからもお身体に気を付けて頑張って下さいませ。
素晴らしい感想記事をありがとうございました!(*´ω`*)

タク |URL | 2013/01/25 00:44 * edit *

垣根カブトムシ・・・トールの金色の髪、服装、青い瞳・・・なんとなく仮面ライダーコーカサスを思い出しました。コーカサスオオカブトも好戦的ですが、トールもとんでもない戦闘狂でしたね(助けたい人は助けるが)
とりあえず、ハイパークロックアップッ!!

蓮沼 |URL | 2013/01/25 03:58 * edit *

デビさんの記事は当たり前に面白いけど、
タクさんのコメントも面白いよ\(^_^ )

あれだ、タクさんも感想ブログやったら面白いと思うよ(笑)

クロスケ |URL | 2013/01/25 10:24 * edit *

流石の感想記事お疲れっすー

デビさんがあんまり触れてないことだと、今回地味に打ち止めちゃんがいい働きしてたと思うんだ。
最近すっかりただの無邪気系ロリと化してましたが、今回はネットワーク司令塔としての重みある台詞がいくつかありましたよね。
「ミサカそういうの知ってる」とか「きっとあの人は、ミサカやあなたと一緒で~」とか、あの小さな体につまった包容力と人生経験が滲みだしててマジ聖母
後者のセリフでは、続くフレメアの台詞に黙り込んだのも印象的でしたわー

あと雷神が今回も食べ物買っててちょっと笑いました。
前巻のサルサバーガー&チーズケーキのせいでなんとなく食い気キャラのイメージがw
上コメの名無しさん超同志
>ところで、挿絵のトールがかわいいって思ってしまったのは俺だけ?

ついでに。
今巻目次だけで二か所誤植ありますよね、章番号と英語の副題! どうした出版陣!
まぁ一番笑ったのはどう考えてもイマジンプレイヤーだけどな!

神流 |URL | 2013/01/25 18:38 * edit *

お疲れ様ですm(__)m
新約6巻、実を言うとまだ読んでないんですけど、買うのが待ちきれなくて覗いちゃいましたw
綺麗なていとくんを早く見たいでせう(^.^)

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/25 20:20 * edit *

垣根ホワイト(公式)にはびっくりしたわ!
アレ、チート祭な禁書でもぶっ飛んだチートだよね
自我の混線さえなかったら勝てるヤツまずいないんじゃないか?

今後はクーラーボックスから更に進化して魔術と全体論を兼ね備えた〈ミラクルていとくん〉になるんじゃね?

そしてゆくゆくは某概念になった魔法少女の如く全ての〈垣根帝督〉がひとつになって〈アルティッていとくん〉になるんじゃね(えー)

何はともあれ読みごたえ抜群でした!お疲れ様です!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/26 01:48 * edit *

お疲れさまですm(_ _)m
楽しく読ませていただきました。

綺麗な垣根くん、最高っ!!!!!!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/26 20:29 * edit *

個人的に、食蜂さんは、実験を終わらせたヒーロ-としての上条さんに興味があるだけに見えますね。
学園都市の上層部が隠蔽していた最強のレベル5に勝利した男の名前も、彼女なら簡単に突き止められたでしょうしね。
超電磁砲8巻で、上条さんの腕にしがみついたのも、美琴が上条さんに気があるのを見抜いて、からかっただけだと思いますよ(上条さんに、初めましてと言ってますし)

そもそも彼女のような能力と性格の持ち主が恋愛バトルに参加したら大変ですよ。
恋敵に精神支配とかかけかねないじゃないですか。 美琴以外、みんな食蜂さんに退場させられてしまいますよ。
それにこの巻での美琴へのちょっかいのかけ方は、恋敵ではなく悪友に対するものに近いと感じました。
案外、食蜂さんは、美琴を追いかけてあのとある高校に行ってのかもしれませんよ。

付け加えると、新約2巻で、上条さんとフラグのある巨乳が集まった際、食蜂さんの姿はありませんでしたし。

雲川先輩と食蜂さんが顔見知りというのはあり得そうだと思います。
ただ、上条さんの奪い合いではなく、今回のような他愛のない小競り合いを繰り返していただけじゃないでしょうか。

河原 |URL | 2013/01/26 21:13 * edit *

まあ、みさきちは、御坂妹の記憶を読んで上条さんを知ったんだろうな

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/26 21:21 * edit *

大体、新約1巻の一方通行の方が、全然活躍できてなかったよ!

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/26 22:55 * edit *

麦野は、旧約22巻で、浜面が滝壺の方を選んだことを理解してたので、さすがに滝壺を殺したら浜面が自分を絶対に許さないことくらい理解してるでしょう。
多分、デビさんも冗談半分に、わざと大袈裟に書かれたのだと思いますが、念のために。
麦のんは、そこまでキチガイではないと思いますんで。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/26 23:10 * edit *

× 仮面ライダーカブト ○ はまづライダーカブト というツッコミはさておき
みさきちが上条さんの高校にいたのはデビさんの予想とは違い最大のライバルである予想される雲川さんを敵状視察(洗脳)しにきたんではないかと予想しています。みさきちなら正々堂々戦うよりもライバルを減らす方法をとえらぶんじゃないだろかとおもってね。まぁ上条さんならこの2人ともフラグを立ててるとも限らんしな

それにしても感想読んでから気づいたけど
みんな必死に戦ってるのに一人のんきに学園祭を満喫してるフィアンマさん想像して思わず吹いたww
にしてもこの人本当になにやってたんだろ?

ところで第2位がいなくいなったことによって繰り上げでミコっちゃんが第2位になるんだろうか?
まさか虫が第2位として君臨するのかな?
てかこの虫に上条さんが触るとどうなるんだろ?

ああ わからないことが多すぎる

ナチュキ |URL | 2013/01/27 02:35 * edit *

トールがカッコよかったぁぁ!
また上条ちゃんトールさんコンビやって欲しいな(*´д`*)

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/27 10:57 * edit *

もし食蜂が、上条さんに惚れてたら、今頃上条さんの周囲の女性は全員洗脳されて、強制排除されてるな
あと、操った人々に上条さんの私生活を監視させたりしてるな、きっと
恋愛に関してだけ能力を使わない主義とも思えないし

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/27 20:23 * edit *

美琴とみさきちは実は仲良しなんじゃなかろうか…

次回は日常回かねェ…?

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/27 22:23 * edit *

上条勢力と一方通行ファミリーとはまづら団が集結すれば、世界とも戦えるな
核ミサイルも無力化できるやつが何人かいるし

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/29 20:55 * edit *

新約6巻でわかったこと。

魔術師のレベルは、学園都市の能力者レベルで言えば、どう頑張ってもレベル3までしかなれない。
でも、『トリック』によって、魔術師は、能力者レベルで言うとレベル4以上を使える。
ステイルは、ルーンのカードをたくさん使う。
バードウェイは、同じ動作を1ミリの狂いもなく行う。
魔術師とは、『努力』と『トリック』の集団である。「才能の無い人間が、自分も特別になりたいといって、魔術を生み出した」とバードウェイは、新約2巻で言ってますし。
ただ、『聖人』は才能だけど。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/01/31 11:11 * edit *

>食蜂操祈+御坂美琴
もしも食蜂さんが上条さんの高校に入学したら、卒業&贈与SSはどういう話になるのか気になる所です。
(SSの感想、楽しく読ませてもらいました。と、感謝を此処で言わせてもらいます)
まあ、美琴のみならず、嫌いみたいな雲川先輩と苦手みたいな吹寄さん(対カミジョー属性は食峰さんにも有効なのか?)がいるから入学しないのかもしれませんが。
姫神さんは……毒にも薬にも、と言って良いのやら。

ところで今、思い付いた事ですが。
吹寄制理という名前は出番を見るに「人を動かしたり惹かせる力を制する理」と連想します。
そういう能力ならフレメアの『人的資源』にも関わるかもしれず、彼女がヒロインをする話も期待できるかな。
姫神さんは……本当にもう終わってしまったのか。原作者のネタにしかされないのか!

>綺麗な垣根帝督
私は彼を見た時、井戸から出た『イドの怪物』を連想しました。
そんなネタの漫画があったので。何の漫画か分かる人は次のネタも分かるでしょう。

ヘラクレスカブトムシ型移動要塞(異次元潜航能力・艦首砲あり)

まさか禁書のカブトムシも要塞サイズに……ならないよね?

>フロイライン
今回のラストでインディクスの『頭ガブリ』を学習していない事を願います。
学習しても真似したら駄目だよ。上条君の頭はインディクス専用だから。

彼女がラストオーダーをマミしかねないと不安を煽っておいて、お約束ギャグというのは笑いました。
考えてみれば、前巻序章で既に伏せられていたオチでしたね。
読めていた人はどれだけいたでしょうか?

只野人 |URL | 2013/02/01 09:17 * edit *

お疲れ様です。とても読みやすく面白かったです。
カブトムシが綺麗すぎるwww
ところで黒子のところの画像の女の子って誰でしょう?好みなんですが・・・名前がわからない

学園都市の名無しさん |URL | 2013/02/04 21:48 * edit *

上条が士郎、美琴が凛、インデックスが桜、もしくは大河。
ならばトールは、性格的にランサーに近いということに気付いた

学園都市の名無しさん |URL | 2013/02/05 06:15 * edit *

美琴とトールのコンビは、もっと見たいよね。
雷神コンビでもあるし。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/02/05 14:17 * edit *

>ところで黒子のところの画像の女の子って誰でしょう?好みなんですが・・・名前がわからない

クロノクルセイドという作品のヒロイン、ロゼッタの最終回での姿ですね。
命尽きる前に愛するクロノと再会できた胸熱なシーンですよ。

ちなみに、クロノクルセイドは、アニメ化されてますが、あまりお勧めできません。
駄作とまでは言いませんが、原作に比べると、黒歴史扱いされても文句が言えない内容です、特に後半が・・・

河原 |URL | 2013/02/05 22:00 * edit *

本編で黒子を見れたデビさんの心境は、最終回で主人公と再会したヒロイン並ということか。

原作が途中の作品がアニメ化して、アニオリ展開に入ると、三つに一つは酷い代物だよな。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/02/06 19:09 * edit *

ミサカネットワーク総体の意思の説教に、わざとビビディに洗脳されたベジータを思い出しました。
確かに長い間、闘争と暴力の中で生きてきた者にとっては、平穏はある意味で苦痛だし、荒事の世界に戻る方が楽な部分があるのかもしれませんね。
ベジータは、何も気にせず悟空と徹底的に決着を付けたかった、というのもありますが。
一方通行が、この先、安易に闘争の道を選ばず、あえて苦痛である平穏の世界と折り合いを付けられるか、興味深いですね。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/02/08 18:52 * edit *

相変わらずの素晴らしい考察、ありがとうございました!!!

いやぁ、何回もサイト覗いてたのに違うカテゴリ開いてることに気付かなかった自分をマジで殴りたくなりました。
やっぱり読破後はデビさんの考察を見るに限ります。

冷静に考えると可能性は薄そうですが、個人的には雲川さんと食蜂が上条さん関連でやりあう場面はぜひみたいですね!!
そして、6巻を読んで私の中でバードウェイとトールの好感度がやばい勢いで上昇しているので、これからの活躍もかなり期待したいです。

ちょっと欲を出すともう少し上条さんとバードウェイについて書いてほしかったなぁー、とも思いますが、すでに満腹のようなもんなので、これは必要以上のおかわりみたいなもんですかね。

上条さんに関して少々深読みした場合、旧約の2巻の途中までは記憶喪失直後のために少々精神面で弱い部分があったことと合わせると、やっぱり22巻のラストで上条さんに与えられた死の影響で精神的に弱くなってしまったんじゃないかと考えてしまいます。だとすると上条さんの身に起きた死に関する詳細が気になります!


>あと、コレも何気もなしに思った事ですが上条当麻とインデックスの「出会い」は偶然では無いと思うのです

ものすごく同感です。旧約1巻の出会った時の会話では、インデックスは隣の屋上へ飛び移っている最中に背中を「撃たれた」と言っているのですが、彼女を追っていたであろう神裂とステイルは現在確認できた中で相手を撃つような攻撃は行っていないと思います。しかも撃った人間は彼女を撃ったまま回収せず、その場に放置しているんです。だとするとインデックスを撃ったのは彼女をあそこのアパートに留まらせ上条と会わせたかったからだと思います。妄想っぽいかもしれませんが、デビさんはどう思いますか?

長々と失礼しました。最後に一言、SSⅢが出てほしい。

グル |URL | 2013/02/12 22:03 * edit *

上条さんはバードウェイと戦う前に、サンドリヨンの余った体をフロラインに食べさせることによって円満に解決しようとしていることを、何で話さなかったんだろう?


善人の垣根が生まれたのは滝壺の能力だと、悪の垣根は消える前に思ってましたが、滝壺がカブトムシ05に能力を使って何かしている様子はありません。
善人の垣根が生まれたのは、フレメアの能力だと僕は思うのですが・・・。フレメアがカブトムシ05と一緒にいることによって、偶然発動した。
滝壺はフレメアの能力のレベルを上げる役割を果たしていると僕は思うのですが・・・。


新約1巻の最初、浜面が麦野達にドリンクを持ってきましたが、麦野や絹旗は「浜面の手でぬるくなってる」と文句を言ってます。実はそれこそが浜面の能力では?と新約6巻の滝壺の経過は極めて良好を読んで思いました。初春の定温保存に近い能力で、水温・体温などの温度を上げる能力。温度上昇。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/02/27 19:01 * edit *

ゲテモノメイドシリーズ(笑)は女神様チラメイドと小悪魔ベタメイドもイギリスには降臨しているww

ガブリエル |URL | 2013/04/09 20:43 * edit *

個人的には旧約の上条さんの説教は基本的に「建前を取り払われた時、心の奥底で本当は願っていたけど諦めたモノ」を突き付ける形だったのが、新約6巻では「上条当麻自身の望み」を突き付ける様になっている様に感じました。
無論、やる事自体は同じなんでしょうが、正にエイワスの語った在り方の様な主人公に近付いたと思ってます。 正直、旧約の上条さんはエイワスの語る像よりは浜面の誰かの為にヒーローになれるの評価の方が近い気がしてましたし。

あと、偶に見掛ける上条当麻は衛宮士郎が似てるとの意見がありますが、その行いの根底にあるのが「罪悪感」と「ヒーローへの憧れ」と言う点を見れば一方通行の方が似てるかと思います。

学園都市の名無しさん |URL | 2013/04/17 20:24 * edit *

禁書の一端覧祭編は、これでお終いなのかな?
だとしたら、レールガンは一端覧祭までやりそうだな

学園都市の名無しさん |URL | 2013/05/27 22:47 * edit *

旅団ディスるの以外は面白かった
他漫画のキャラ引き合いにして上げるのは気分悪いわ

名無しる@ふわさん |URL | 2013/06/26 00:21 * edit *

改めて読み返してみると、
冒頭の部分は一体誰の言葉なんでしょうか?
アレイスター?エイワス?それとも完全な第三者? orかまちー?

↑3のフロイラインに脳みそケーキ(プリン?)を食べさせることをバードウェイに話さなかったのは、
その脳みそレプリカを食べることによって科学側の参戦理由:ラストオーダーの捕食をやめさせる、阻止する が解決されるだけで、魔術側の理由:頑丈な人間の奪い合い には関係ないと判断していたからではないですか?
そもそも、脳みそレプリカでどのような変化を起こしてグレムリンの要求を満たさないものになったのかが描かれていないような…ちっちゃくなったからなのか?
個人的には、打ち止めの脳構造をまねるために全身打ち止めサイズに作り替えて、その時に不死性が消えてしまったのだ~的な考えでいたり
 

К君 |URL | 2013/11/07 20:05 * edit *

フレンダは、本当に偽者だったのだろうか?
麦野と絹旗は、フレンダは死んだという思考しかなかったから偽者と思ったが、実は本人じゃなかったのでしょうか。
暗部が用意した暗殺者にしてはショボすぎる。
麦野は垣根が用意したと思ってたけど、垣根とは関係ないだろう。垣根はアクセラレータしか見てなので、麦野に対して用意する理由はない。
麦野は「学園都市では、内臓の一つや二つがなくなっても死なない」と言ってる。下半身が無くなっても、学園都市のグロテスクな技術じゃ死なない。よってフレンダ本人じゃなかったのだろうか。

学園都市の名無しさん |URL | 2014/02/16 20:33 * edit *

??一方通行さん今回は全然活躍できてない?
一方さんいなかったらかなりまずい状況でしたよ…垣根人の域を超えた怪物になってましたし一方さんはいい仕事しましたよ。

学園都市の名無しさん |URL | 2014/06/24 11:00 * edit *

15巻で、何で麦野は垣根に負けたのか?

原子崩しが未元物質を消せなかったから、麦野は負けたと思ってたけど、
新約6巻で、原子崩しで未元物質を消していた。
だったら、15巻の垣根が未元物質でガードしても、原子崩しは未元物質を消して、垣根に攻撃が当たるはずなのに。

学園都市の名無しさん |URL | 2014/11/21 20:31 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/2723-70515005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鎌池和馬 「新約とある魔術の禁書目録6」

JUGEMテーマ:読書感想文&amp;nbsp; &amp;nbsp; ◆ 新約とある魔術の禁書目録シリーズ &amp;nbsp; 一方通行をしかる麦野沈利は、物凄く恰好が良かったですね。 &amp;nbsp; 今回は、

こみち | 2013/05/20 22:07