10/20
 アニメ ヨルムンガンド 第14話 「Dance with Undershaft phase.1」感想

ff84d5fe-s.jpg
901eebe9-s.jpg
53d5e5b4-s.jpg
1d9c77e2-s.jpg
68d225d5-s.jpg
481b13a8-s.jpg
9857e578-s.jpg

…という事でアニメ『ヨルムンガンド PERFECT ORDER』第14話…皆さんどうでしたか?
今回はココの部隊に潜入しているCIA職員、アールがブックマンの部下になった経緯と、
ココを狙うもう一人のCIA職員、ヘックスの過去が明かされる重要な回でしたね。

アールの過去…まだ『アール』というコードネームを貰う前の彼はレナート・ソッチという名前であり、
イタリア陸軍の精鋭歩兵連隊(ベルサリエリ)で少尉として情報収集を担当していたようですね。
その能力に目をつけたのがCIAのブックマンであり、ブックマンはアールの情報を元に
ボスニアの虐殺容疑者を次々と切り捨てて昇進し続けたようです。
―――が、その活躍が裏目に出たのか…なんと民兵がスパイと疑われる民間人を殺し回る事件が発生し、
アールに情報を提供していた家族に危機が迫ってしまいました!
必死でその家族の元に向かうアール…彼の脳裏には嫌な予感しか浮かびません。

そしてアールがその家族の家に到着すると、そこにはヘリで家族を救出しているブックマンの姿がありましたね。
俺は彼を裏切れない…ブックマンの手腕に感動し、彼に多大な恩義があるアールはCIA職員として生まれ変わりました。
それからアールはココの私兵になり、スパイとしてブックマンに情報を送り続けたようですね。

ヘックスの過去…アールが情報を司るブックマンの右腕なら、凄まじい武力で敵を殲滅する左腕・ヘックス
今はCIAのパラミリ(軍事工作班)に所属している彼女ですが、当時は陸軍士官学校を卒業した少尉だったようですね。
…なんとなく当時のアールと同じ階級という所に運命を感じるんですけど、
生粋の愛国者である彼女は女性だけの特殊部隊に選抜され、グリーンベレーを被れる程の実力を見せたようです。
しかし訓練脱落者の増加や上層部の圧力によって特殊部隊は解散され、
軍は機密を守る為にヘックスを昇進させようとしますが、「自分は男より優れた兵士」というプライドがある彼女は
軍を辞め…それからCIAにスカウトされ、パラミリになったようですね。
―――が、911同時多発テロによって恋人が死んだ時から彼女の「愛国心」は「狂気」に変わり、
テロリストはもちろん…テロリストに武器を売る武器商人も殲滅するようになったようです。

そんな彼女はまだ幼い武器商人であるココ・ヘクマティアルをターゲットにしましたが、
相手の予想以上の実力に手間取っていました…。(たぶんこの頃のメンバーはレーム、バルメ、ワイリ、マオ、エコー
結局ヘックスはエコーという男の捨て身の特攻によりココを仕留め損ない、
逆にその夜の空…満月の日に眠れなくなるほど手痛い反撃を受けたようですね。

そしてその時の戦闘はココの脳裏にも、初めて部下を失った記憶として刻まれていました。
アールが入隊する前にココを守って死んだ男、エコー…彼はヘックスに追われて泣き叫ぶココに、
「ボスは常に笑っているべきだ」と言い残して突撃していったようですね。
それからココは「笑顔の仮面」を貼り付け、精神的に成長したようです。
…でも「助けてよバルメ!お金払ってんだから助けてよ!」と泣いているロリココも可愛いなぁ。(ぇー)
そしてそんなロリココをビンタするバルメさんはマジでお姉さんだなぁ…。

まぁ過去回想はさておき、どうやらココの部隊はハンドガンとライフルを一新して共通の物を使うようですね!
…今まで同じ部隊で共通の物を使ってなかった事に驚くんですけど、
たぶん武器商人だからテストの意味も込めて色々と武器を試させてたのかな?
マグプルMASADAとか微妙な銃…ゲフンゲフン、珍しい銃を採用するなぁ。今はブッシュマスターACRでしたっけ?

そんな感じで新しい銃を使って訓練を始めるココ部隊でしたが、
ヨナ君は歴戦の傭兵であるレームさんから「銃口で敵をなぞれ、重なった瞬間に引き金を引けば当たる」とか
凄まじい指導を受けていましたね…いやいやいや、それができるのレームさんだけですから!
というかこんな猛者達の中で子供の頃から訓練を受けるヨナ君は将来最強の兵になるぜ…。
狙撃の達人でナイフ使いで砲撃が上手くて爆弾魔で車の運転がプロ級でケツに弾を食らう最強の兵士に…。

そんな訓練の中、ココはブックマンについてアールに情報を求めていましたね。
…内心アールはかなりビビったでしょうけど、ココは単純に「会った事があるかも」という程度で聞いたんでしょう。
そしてアールは自分がスパイである事を隠しながらココの質問に正直に答えましたが、
そこでヘックスというココが警戒しているCIA職員について初めて知る事になりましたね。

ブックマンにヘックスの情報を求めるアール…が、なんと既に彼女は行動を開始し、
9000発の弾丸を持ってヨナ坊を誘拐する作戦を着々と進めていました…戦争でも始める気かよ!
そしてCIA最大の戦力を失いたくないブックマンは、ヘックスの作戦を止める気は無かったようですね…。
史上最大のピンチを迎えるヨナ&ココ!その最中で揺れるアールの決断とは!
次回も楽しみです!ではまたー。


ヨルムンガンドPERFECT ORDER 1 (初回限定版) [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2012-12-21)
売り上げランキング: 207

そういや先日、福岡の北九州でロケットランチャーを所持した893が捕まりましたね。
誰だよそんなモン売った武器商人は…カリー社長か?

« 劇場版「とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟」 新PV公開!うわあああああああ!!!!(混乱)  |  「新約 とある魔術の禁書目録 5 」 感想・考察 »

コメント

福岡って手りゅう弾に関する注意があるからなー。
リアル修羅の国は伊達ではない。

名無しさん |URL | 2012/10/20 20:13 * edit *

そして始まる怒濤のアニメ感想・・・頑張ってください!

学園都市の名無しさん |URL | 2012/10/20 20:31 * edit *

なんかヨナってあまり活躍してないよね
なんというか、話の軸にいないというか
これからヨナのお話もやるんだろうけど

学園都市の名無しさん |URL | 2012/10/20 20:46 * edit *

>狙撃の達人でナイフ使いで砲撃が上手くて爆弾魔で車の運転がプロ級でケツに弾を食らう最強の兵士に…。
ケツの銃弾は男の勲章だぜ?と言いたいところだがルツはケツに関してネタ要員に見えなくもないな・・・。

>そういや先日、福岡の北九州でロケットランチャーを所持した893が捕まりましたね。
>誰だよそんなモン売った武器商人は…カリー社長か?
過去福岡県警が押収したものには機関銃・自動小銃・ライフル銃・散弾銃・拳銃etc.がありますからね。それにRPGやら手榴弾が含まれていくなんて、ちょっとした武装勢力ですよね。修羅国として独立宣言でもする気なのか?gkbr

SSS |URL | 2012/10/20 23:01 * edit *

1話冒頭のヨナの語りを聞くと、不穏な感じだなぁとか考えたりしてますが次回も楽しみです。
なんか…福岡すごいですね!

学園都市の名無しさん |URL | 2012/10/20 23:49 * edit *

弾丸9000発も使うなんてココ達の部隊って相当強いのかな。
今回は回想が多かったから来週の戦闘が楽しみです!

>そういや先日、福岡の北九州でロケットランチャーを所持した893が捕まりましたね。
ロケットランチャーを使ってまで彼は何をしたかったんだwww

獅子丸 |URL | 2012/10/21 01:44 * edit *

相変わらず、皆カッコ良すぎ。俺には無理だこんな世界……(;・ω・) 銃の重さで手首折れる

タク |URL | 2012/10/21 08:28 * edit *

ケツさんのスナイプ技術にも触れてあげて・・・

学園都市の名無しさん |URL | 2012/10/21 09:54 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/2572-454d1196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎ヨルムンガンド#14DancewithUndershaftphase.1

∥ココ:CIAには役職がある、一番逃げたくなるのがPOO実行班だ=ココ:道間違ったかもしれないヨナ:綺麗な場所だアール:なんでこんな所で戦争するのかね凸ソッチ:ソッチです、およ...

ぺろぺろキャンディー | 2013/02/11 19:54

ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第02話 感想

 ヨルムンガンド  PERFECT ORDER  第02話 『Dance with Undershaft phase.1」』 感想  次のページへ

荒野の出来事 | 2012/10/21 04:06

ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第14話「Dance with Undershaft phase.1」

ブックマンにとってアールは右腕、ヘックスは左腕。 米国式の典型的謀略のやり方そのものですねw 敵国をつぶすためにテロ組織を支援、反発するようになったら処分。 神の右手、悪...

空 と 夏 の 間 ... | 2012/10/20 21:26