06/27
 アニメ 氷菓 第10話 「万人の死角」感想

sa (5)

ついに我らが奉太郎さんの推理が炸裂するアニメ「氷菓」第10話!
果たして奉太郎は本郷さんの真意に辿り着けるのか…。
ネタバレありなのでご注意くださいませ。


sa (11)
sa (23)
sa (22)
sa (19)
sa (7)
sa (8)
sa (1)
sa (6)
sa (12)
sa (16)
sa (20)
sa (17)
sa (9)
sa (21)
sa (24)
sa (10)
sa (18)


…前回、2年F組の探偵役3人を自慢の推理力でバッサバッサと両断した奉太郎。
そんな彼の前に3回チェンジしたらヤクザが来たでござるの巻理論で入須先輩が現れ、お茶に誘いましたね。
そして彼女は、あの3人の探偵役が「器じゃなかった」事…奉太郎が「特別」な事を告げました。

どうやら入須先輩は前々から奉太郎の評判を聞いていたようですね。(エルちゃん、トウガイト先輩
…そういや煙草吸ってたトウガイト先輩って良い所の家系出身でしたし、
たぶんその縁で同じく良い所のお嬢様である入須先輩と話したりしたんだろうなぁ。

奉太郎はいつものように自分の推理を「運」だと否定しますが、
才能の無い者に「才能のある者が運で栄光を掴んだ」という言葉は辛辣に響く、と先輩は言い出しました。
…まぁ天才が凡才に何を言っても嫌味にしか聞こえないとは思うんですけど、
血の滲むような努力をした人間が「運」で敗北する瞬間は悲しい物がありますよ。

その女帝の言葉を聞いた奉太郎は―――自分が「特別」である可能性に期待してしまいましたね。
…まぁいくら省エネで灰色の青春を望んでいた奉太郎でも、まだ高校1年生ですから…。
薔薇色の青春に憧れた時もありましたし、そんな少年に「特別」という言葉は卑怯ですよ…。
それにアレだ、入須先輩みたいな美人に頼まれて断れるワケねーよ!(ぇー)

そんでもって翌日…奉太郎は夏休みなのに珍しくが学校に行って里志&摩耶花ちゃんを驚かせ、
入須先輩に垂らしこまれた事を見抜かれていましたね。奉太郎さん心情読まれすぎィ!
まぁ奉太郎は毎回エルちゃんに押されまくってるからなぁ…女性に弱いイメージが…。
あ、ちなみにエルちゃんは二日酔いでダウンしているようです。ウィスキーボンボンで!?
お酒は大好きだけど弱い体質か…前にも言いましたけど絶対にそれを題材にした薄い本がですね…。(ぇー)

そして映画を何度もリピートして思考の海を泳いだ奉太郎は、脚本担当である本郷さんの真意に辿り着きます。
古典部の部室に入須先輩を呼び、自分の推理を話し始める奉太郎…。
それは「劇中に登場しない7人目が犯人で、その犯人はカメラマンだった」という驚きの推理でしたね。

…感想コメントでこの推理を読んだ時は「一言も喋らないのは無理があるぜゲラゲラゲラ!」と思ってたんですけど、(失礼
「登場人物に無視される存在だった」という「理由」を「動機」に繋げる奉太郎には感動してしまいましたね…。

本郷さんは7人目の登場人物を探していた、カメラワークが異常に悪かった、
誰も懐中電灯を持っていないのにライトを照らすシーンが何度もあった…。
つまりカメラマンは全員がバラバラに分かれて探索を始めた時、マスターキーを持って海藤を殺した、と…!

それを聞いた入須先輩は、それじゃあ登場人物に犯人がすぐ分かってしまう事を指摘します。
何の謎でもない、と…すると奉太郎は「別にいいでしょう、それくらい」と開き直りました!
別に作中の人物が推理する必要なんてない…ただ映画を見ている観客が謎を感じればいい。

その奉太郎の推理を聞いた先輩は沈黙しますが、笑顔を浮かべ…彼を賞賛しましたね。
そして2人は握手を交わし、奉太郎の命名で映画のタイトルは「万人の死角」に決まりました。

そんでもって後日…2年F組の映画は完成し、その奇抜なトリックで評判も上々でしたね。
まぁ探偵役だった羽場は舌打ちをして奉太郎を睨んでいましたけど…。
そりゃあ自分の推理が否定されて、こんなトリッキーなネタを使われたら屈辱だよなぁ。
でも羽場の考えた推理は「二重の密室」というロジックを使った上での「窓から侵入」という微妙なオチなので、
謎を噛み砕いて咀嚼できる小説ならともかく…映像としての面白さは奉太郎の方が100倍面白いですよねw

―――が、その映画を見た古典部メンバーの反応は予想とは違った物でした。
エルちゃんは奉太郎に何か言いたそうな表情をして、
里志は「謎を解いた事」ではなく「映画の面白さ」を賞賛して、
摩耶花ちゃんは微妙な顔をしていて…流石の奉太郎も違和感を覚えます。

そして奉太郎は、摩耶花ちゃんから衝撃的な事実を告げられましたね。

「あの映画の中には、どこにもザイルが出て来なかったわよ?」


1329202616296_20120627134831.jpg

という事で次回が気になりすぎるラストで終わった「氷菓」第10話…皆さんどうでした?
ああ…奉太郎の推理が予想外で面白かったので完全に忘れてました…いや、
奉太郎の推理に絶大な信頼を置いていたので頭から抜けていたんですけど、そうだよ!ロープ無いじゃん!

うーむ…「他の登場人物から掴まった犯人がロープで縛られた」という事も考えられますけど、(ぇー)
これはやっぱり、前回の感想コメントでも何度か貰った「先輩が脚本を考えさせた」ってオチなんだろうなぁ。
つまり奉太郎はバラバラの状態のパズルのピースに絵の具をブチ撒けられて、
それを組み合わせて「見れる絵」を作ったのに「ピース全部使ってねーぞコラ!」と怒られてる状態ですよ!
もう女帝が怖すぎるわ…ピュアな奉太郎を手の平で完全に利用するなんて…。

あと今回の話を見てて思いましたけど、(エルちゃんの出番が少ない影響かもしれませんが
奉太郎の推理したオチを見て「本当にアンタが考えたの?」と何度も確認したり、
ザイルの事を告げる時に戸惑ったり…摩耶花ちゃんは奉太郎の推理を信頼してるんだなぁ。
奉太郎に1人で推理させていた時も「ごめんね、折木」って素直に謝ってますし…。
意外と奉太郎と摩耶花ちゃんってお似合いのカップルなんじゃないかと思えてきましたよ。


sa (2)
sa (3)
sa (4)

まぁ今回の話で1番私の心が動いたのは先輩の下腹部なんですけどね!(ぇー)
こういう椅子に座る瞬間の下腹部や太ももを艶かしく描写する京アニが私は大好きです!
ではまたー。


氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]
角川書店 (2012-06-29)
売り上げランキング: 28

何度か言ってる気がしますけど、「氷菓」は日常的なエロスを感じるわ…。
Category: 氷菓 - Comments : 16

« アニメ ヨルムンガンド 第12話 「滅びの丘 phase.2」 感想  |  【バンダイナムコゲームスxガイズウェア】新作禁書ゲームのタイトルは「とある魔術と科学の群奏活劇(アンサンブル)」!  »

コメント

>「登場人物に無理される存在だった」
デビさん、「無視される」じゃないですか?

>それを題材にした薄い本がですね
エルちゃんが酔って奉太郎を逆レ○プする展開ですね、胸熱っ!!

>その犯人はカメラマンだったという驚きの推理
この推理はザイルのこと以外でも無理がありすぎると思いました
カメラワークが悪いのやライトを照らしてしまうのは素人ならやってしまってもおかしくないですからね
それにアドリブしたり過剰演出するような人たちが細かく台本通りに動くと思えないし

>「先輩が脚本を考えさせた」ってオチ
そうとしか思えませんよね
それにしても女帝は鬼畜ですよね
おそらく奉太郎にとっていい形で終わるんでしょうけど下手するとトラウマものですよ

学園都市の名無しさん |URL | 2012/06/27 16:04 * edit *

個人的に、里志くんがちょっと意味深にうつむいたのが気になりますね…
彼にも悩みがあるんだろうか…

梯子男 |URL | 2012/06/27 16:49 * edit *

ひょっとしてザイルで犯人が首吊自殺ってオチにする気だったんじゃ……

学園都市の名無しさん |URL | 2012/06/27 17:06 * edit *

何がすごいって完成した映画がきちんと面白いとこですよねぇ
作中ですげぇすげぇ言っても視聴者には伝わらないことってよくありますけど
素直に面白い映画だなぁ と二つの意味で面白い

学園都市の名無しさん |URL | 2012/06/27 17:12 * edit *

個人的にロープはフェイクだったって話でも良いと思うんですけど、推理小説ではそれはまずいんですよねw

タッカー |URL | 2012/06/27 18:54 * edit *

相変わらずすげえ深読みしますね・・・
ちなみにこの話のサブタイトル「Why didn`t she ask EBA?」はヒントにもなってますぜ

学園都市の名無しさん |URL | 2012/06/27 19:45 * edit *

>意外と奉太郎と摩耶花ちゃんってお似合いのカップルなんじゃないかと思えてきましたよ。

里志は飄々としてますから思えませんよねー。ちなみに新刊『二人の距離の概算』では里志と摩揶花は付き合うのでぜひご一読を。

学園都市の名無しさん |URL | 2012/06/27 21:33 * edit *

※欄でネタバレする馬鹿はシネばいいと思うの

学園都市の名無しさん |URL | 2012/06/27 22:08 * edit *

まさか先輩の下腹部にまで注目してるとは・・!デビさんおそるべし!

今回の奉太郎の推理は、「血のりの少なめに用意する」ことなんかにも触れてないので、間違っているのは何となくわかりました。

あれだね、最後はきっと、「1人じゃだめでも2人なら超えられる」理論が炸裂するね!(4人いるけど)

あすとん |URL | 2012/06/27 22:34 * edit *

めちゃくちゃ姿勢がいい女帝に惚れた

学園都市の名無しさん |URL | 2012/06/27 23:17 * edit *

コメントでネタバレとか
デビさんが絶対避けられない地雷をわざわざ置くなよ……

学園都市の名無しさん |URL | 2012/06/27 23:38 * edit *

ホームラン…!(キリッ

だっておww(AA略

学園都市の名無しさん |URL | 2012/06/27 23:54 * edit *

Re: タイトルなし

> ホームラン…!(キリッ
> だっておww(AA略


やめて!これ以上ホウタローを馬鹿にしないであげて!(ピッチャーゴロでゲッツーしつつ)

デビ |URL | 2012/06/27 23:59 * edit *

ネタバレ コナン=新一

学園都市の名無しさん |URL | 2012/06/28 01:17 * edit *

あと残っている伏線と言えば、ホームズの作品評価リストと被害者の腕の怪我ですかね?
しかし、摩耶花でさえ気づいた矛盾点に奉太郎が指摘されるまで気づかないというのは違和感が・・・。

学園都市の名無しさん |URL | 2012/06/28 07:23 * edit *

奉太郎は推理時一人だったし、探偵役の意見<映画の映像という優先順位で推理しちゃったんだろう
やはり古典部メンバーがいないと奉太郎の力は発揮出来ないと分かっちゃった回だったな

えるちゃんが前回随所で「本郷さんの本意」というのを強調してたのも伏線だったとはなぁ…

名無しさん |URL | 2012/06/28 13:58 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/2336-594a1d08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎氷菓第十話「万人の死角」

φ喫茶店イリス:中城はダメだったのか?羽場も沢木口も。:彼らのどこがまずかった。折木:中城先輩の案ですが・・・イリス:中城の案も沢木口についても。ことごとく葬った:私の...

ぺろぺろキャンディー | 2012/11/10 19:44

2012年02クール 新作アニメ 氷果 第10話 雑感

[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第10話 「万人の死角」 #kotenbu2012 #ep10 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽しみ。 OP...

妖精帝國 臣民コンソーシアム | 2012/06/28 23:32

氷菓 第10話「万人の死角」 感想

君は、特別よ。 魔法の言葉だw 折木奉太郎(中村悠一)に頭を下げ、ビデオ映画の謎を解いてくれと頼む入須冬実(ゆかな)先輩。 美人な先輩にそんなこと言われたら、やらないわけにいきません(。+・`ω・´) ...

空色きゃんでぃ | 2012/06/27 21:54

氷菓 第10話 「万人の死角」 感想

慢心にはご注意を―

wendyの旅路 | 2012/06/27 21:33

氷菓 第10話「万人の死角」

入須先輩からお茶へのお誘い! (*゚∀゚)  いや本当に 和ぽいお店でのお茶でしたw お高そうなお店って 奉太郎の馴れない場所。 古典部でなく 奉太郎個人の才能に期待してる。 特別な才能だって入須先輩は 乗せてきます (´▽`*) 「あなただけ」とか?...

空 と 夏 の 間 ... | 2012/06/27 21:07

氷菓 第10話「万人の死角」

入須先輩からお茶へのお誘い! (*゚∀゚)  いや本当に 和ぽいお店でのお茶でしたw お高そうなお店って 奉太郎の馴れない場所。 古典部でなく 奉太郎個人の才能に期待してる。 特別な才能だって入須先輩は 乗せてきます (´▽`*) 「あなただけ」とか?...

空 と 夏 の 間 ... | 2012/06/27 21:06

氷菓 -HYOUKA- 第10話 感想

 氷菓 -HYOUKA-  第10話 『万人の死角』 感想  次のページへ

荒野の出来事 | 2012/06/27 18:06