06/14
 ヴァルトラウテさんの婚活事情 第3話 「神族と巨人の違いはとてつもなく不公平だ」感想

SWScan4_20120614234737.jpg

かなり感想を書くのが遅れましたが、鎌池先生の連載小説「ヴァルトラウテさんの婚活事情」第3話の感想です。
今回も少年とヴァルトラウテさんがラブラブイチャイチャ…と思いきや、まさかのバトル展開!?
ネタバレありなのでご注意くださいませ。あとちょっとエロいよ!


前回…鍛冶職人ドワーフから「ワルキューレを脱がせて触手で○○する工具」を作ってもらい、
ラブコメ小説をエロ小説にしてしまった少年&ヴァルトラウテさんでしたが、(※工具はヴァルトラウテさんが没収
あれから2人は何度もデートして…すっかり仲が良い新婚さんになっていたようですね。
以下、少年とヴァルトラウテさんのデートの様子を抜粋。

①少年とヴァルトラウテさんの釣り勝負→少年が海の女神ランの装束を釣り上げて半裸にする。

②少年、背が高いヴァルトラウテさんを羨ましがる→長い足を触る→ヴァルトラウテさん「ひぃあぁん!?」

③夏の暑い日にデート→少年「ヴァルトラウテは鎧を着て熱くないの?」→鎧の中に手を入れる→「ぬほぁあ!?」

④少年、山芋を見つける→山芋をヴァルトラウテさんの敏感な所に(ry




1338382898737.jpg

間違いなく上条さんを超える逸材だコイツ…!

ラッキースケベな上条さんと違って意図せずエロい事を平気で実行する少年には驚愕してしまうんですけど、
なんと今回の話はラブラブだったハズのヴァルトラウテさんと少年が(一方的にケンカする所から始まりましたね。
…どうやら少年はヴァルトラウテさんが乗っている馬に自分も乗ってみたいと言い出したそうなのですが、
それをヴァルトラウテさんは「根本的な身体能力の差で無理だ」と断ったようです。
『存在』をバラバラにして光速の87%で移動するデバイスに人間が耐え切れるハズが無い、と…。

すると少年は「僕だって頑張ればちゃんと強くなるんだ!」と叫び、泣きながら走り去ってしまいましたね。
呆然とするヴァルトラウテさん…少年が怒った理由が分からない彼女は他の姉妹達に助けを求めます。
ちなみにワーグナーの『ニーベルングの指環』を参考にしているのか、作中のワルキューレは9人姉妹のようですね。

他の姉妹に相談するヴァルトラウテさん…が、基本的に独身で恋愛事には疎い姉妹達は適切な助言ができません。
唯一結婚の経験がある長女・ブリュンヒルデさんも、あんまり助言したくない…という雰囲気でしたね。
…まぁブリュンヒルデさんはジークフリードと結婚して裏切られてるからなぁ…今は未亡人ですし…。

そんな9人姉妹が人間界を眺めると、噂をすれば何とやら…あの少年が家の庭で木の棒を振り回していました。
不思議に思った両親が理由と問うと、少年は「友達(ヴァルトラウテさん)を助けたい」と笑顔で答えましたね。


SWScan2_20120614234736.jpg

神 速 の ス ピ ー ド で 土 下 座 す る ヴ ァ ル ト ラ ウ テ さ ん。

まぁ「好きな子を助けてあげたい」と思っている少年が好きな子から「無理だ」って言われたら傷つくよなぁ…。
ヴァルトラウテさんは怒気の篭った視線をぶつけてくる他の姉妹達に「すんませんッッしたああああ!!!」と謝罪し、
第1話から完全にパシリと化しているムニン&フギンを経由して少年にも謝ろうとします。

しかし目を離した隙に少年は消えており…なんと炎魔界ムスペルヘイム「しゅぎょうのたび」に行っていましたね。
最終戦争ラグナロクでは「死者の爪」で作った巨大船ナグルファルで世界中に災厄を招くと予言される悪の中の悪…!
まぁ「数十年もかけて天界の魔法や武術を習得するより、冥界や炎魔界の力が欲しい」と願う人間は多いようですけど、
そう願って冥界や炎魔界に行った人間は全て魂を食われる結果になったようですね…。
…でも第1話のラストで少年って冥界の女王ヘルを攻略してましたし、
炎魔界じゃなくて冥界に行ったらデレデレのヘル姉さんが手取り足取り色々と教えてくれたと思うんだよなぁ。(ぇー)

まぁそれはさておき、世界樹を登ったり地下世界に潜った経験で足腰が鍛えられている少年はグングン炎魔界へ進みます。
天界から監視するだけでは耐えられなくなったヴァルトラウテさんは地上に降りて少年をガン見していましたが、
炎魔界に行くには大きな海を渡る必要があるらしく…心の中では「行けるはずがない」と安心していましたね。

ところがどっこい!ここで悪戯好きの神であるロキさんが登場ォォォォッッ!!!

なんとロキさんは「俺も炎魔界に行くんだけど少年も一緒にどうだい?」と言い出し、
少年が渡れなかった大海原をイカロスの翼でひとっ飛びしてしまいましたね。
ヤベェよ…絶対にロキさん何か変な事を企んでるよ…もしそうじゃなかったらホモだよ…!(ぇー)


SWScan1_20120614234736.jpg

そして2人は炎魔界ムスペルヘイムに到着し、その国の王である魔王スルトと遭遇します。
人間の少年+天界の回し者…スルトは大量の悪霊に命令して2人を包囲させますが、
そんな絶体絶命の状況でも少年は怖がらず…悪霊達を見て何か考えていましたね。

すると少年はバッグの中からお菓子を取り出し、それを葉っぱのお皿に乗せます…どうやらお供え物のようです。
そして正座しながらお供え物を悪霊の方にスライドさせ、両手を合わせて「なーむー」と唱えましたね。

思 わ ず 成 仏 し そ う に な る 悪 霊 達。お仏壇の長谷川ー♪

もうホント…どんだけこの少年の攻略スキルは凄まじいんだよ…そりゃ冥界の女王もコロっと落とされるわ…。
魔王スルトは自分の部下である悪霊達が優しい笑顔をしている事に焦りますが、
ここで最悪な事態が発生します―――なんと400年後だと予言されていた最終戦争ラグナロクが7日後に迫りました!
それを知ったのは"少年を見る為に人間界から炎魔界を見ていた"ヴァルトラウテさんが、
ラグナロクに使われる巨大船ナグルファルが完成寸前だと気づいたからだったようですね…。

…どうやら「予言通りに未来が進むのは面白くない」と思ったロキさんが、
「死者の爪」が材料である巨大船ナグルファルの完成を早める為に、人間界で戦争や災害を誘発させていたようです。
そして少年を使ってヴァルトラウテさんが炎魔界をガン見するように仕向け、その巨大船の存在に気づかせた…!
こうして400年後だと予言されていた最終戦争は7日後となり、人間界の99%は破壊されてしまうそうですね…。

戦争の準備の為に慌ただしくなる天界と炎魔界…そんな中、少年は戦争を止める事ができないか考えます。
しかし彼は普通の人間でしかない…しかも最終戦争はそんな簡単に止められる物じゃない!
すると(その少年の反応まで予想していた)ロキさんは、『魔剣・ダーインスレイヴ』を取り出しましたね。
人間が使える最高クラスの魔剣…これは鞘から抜けば、「敵」と「自分」の双方に死の呪いをかける事ができる。
…禁書では新約4巻でマリアンちゃんが恐怖で心臓を止めたりしてましたけど、
どうやらロキさんは「これを使って魔王スルトを倒してこい」と言っているようですね…。


SWScan_20120614234735.jpg

一方、愛する少年を助ける為に炎魔界へ出陣しようとしたヴァルトラウテさんでしたが、
そんな彼女に8人の姉妹による雷撃の槍が降り注ぎます――― それを間一髪で回避するヴァルトラウテさん。
どうやらワルキューレの仕事を放棄して相手の総本山に行こうとするヴァルトラウテさんの行動は「反逆」に等しいらしく、
8人の姉妹達は彼女を半殺しにしてでも止めようと思っているようですね…。

ヴァルトラウテさんは姉妹の中でも最速のワルキューレですが、他の姉妹達もそれぞれ長所を持っているようです。
9女ロスヴァイセは最高の防御力を持ち、次女ゲルヒルデは糸を使った最多の手数を持っている…。
そして長女ブリュンヒルデは英雄ジークフリードの魂を始め、死者の魂を指揮する能力を持っているそうですね。

普通に戦えば勝てるワケが無い―――8人の姉妹はヴァルトラウテさんの挑戦を「無謀」だと言いますが、
それでもヴァルトラウテさんは余裕の表情を崩さす…「とある工具」をドラえもんのようにテケテテンと取り出しましたね。
そう―――前回、少年がドワーフに作らせた「ワルキューレの鎧を脱がせる黄金の工具」を―――!
そしてヴァルトラウテさんは迷いなく9個目のボタンを押し、大量の触手がワルキューレを拘束しましたね。
そんでもって10個目のボタンでその触手を振動させながら作動開始―――ヴヴヴヴヴヴヴヴヴッッ!!!







イメージs468

「「「「んほぉぉおおおおおおおおおッッ!!!」」」」

…こうして8人の姉妹はエロ小説のような感じで触手に陵辱され、全員ダウンしてしまいましたね…。
使い手を選ばずにワルキューレ完全無力化とか…この工具やべぇよ…絶対にランクEXだよ…!
というかヴァルトラウテさんも「生憎ここはラブコメぞ」とメタ発言をかましていましたけど、
バトル展開になると思ったら触手エロシーンとか鎌池先生フリーダムすぎるゥ!思わず爆笑してしまったわ!
もしかすると鎌池先生はアレか、戦乙女ヴァルキリーとか参考にしたんじゃねぇのかな。(ぇー)

まぁそれはさておき、少年はロキさんから渡された魔剣を持って2つの選択を迫られていました。
1つは「魔剣の鞘を抜いて魔王スルトと相打ちし、最終戦争を止める」という選択。
そしてもう1つは「魔剣を魔王スルトに抜かせ、呪いをかけさせる」という選択…。
しかし少年は3つ目の選択肢…「武器を持たず魔王スルトと話し合う」道を選びましたね。
いや、正確に言えば「最終戦争を止める可能性がある剣を持っているにも関わらず、手ぶらで魔王と話し合う」道でしょう。

魔王スルト…元々、彼らは天界を収めるアース神族と変わらない存在だった。
しかしアース神族が彼らを「巨人」として差別し、炎魔界へ追いやったそうですね…。
それで魔王スルトは最終戦争を起こして復讐の炎を燃やしていましたが、
相手を悪い魔王と決めつけず…話し合う為に魔剣を持たなかった少年から「武器を置いて」と頼まれ、
魔王スルトは復讐心の中に眠っていた正義の心を思い出し…静かに剣を置きましたね。

いやーもう…何度も言ってますけど少年ぱないの!最終戦争ラグナロク止めちゃったよ!
まぁ炎魔界が剣を置いただけなので天界はバリバリ戦闘モードに入ってるんですけど、
少年の活躍を見ていたヴァルトラウテさんは頼りになる夫を誇り…主神オーディンボコボコにして戦争を止めましたね。
…オーディンさん、3話連続でボッコボコとか可哀想だなぁ…禁書だとチートキャラなのに…。
ちなみに今回の事件を全て裏で操っていたロキさんでしたが、
ヴァルトラウテさんから最大最強フルパワーの雷撃を食らっていましたね。めでだしめだし!

という事で個人的に1番面白かった「ヴァルトラウテさんの婚活事情」第3話…皆さんどうでしたか?
今回は少年とヴァルトラウテさんのイチャイチャイベントあり、エロシーンあり、戦闘シーンありの神回でしたよ!
『魔剣・ダーインスレイヴ』を"使わない"という逆転のストーリーも良かったですし、
本当にこの作品は面白いなぁ…個人的にインテリビレッジより面白いよ…ずっとニヤニヤしながら読めるよ…。
今回の話でシリアス展開も行ける事が分かりましたし、今後も楽しみです!
ではまたー。


電撃文庫 MAGAZINE (マガジン) 2012年 07月号 [雑誌]

アスキー・メディアワークス (2012-06-08)

最近の鎌池先生はマジでエロネタにオープンだから困るよねー。(下卑た笑みを浮かべながら

« アニメ アクセル・ワールド 第10話 「Activation;出撃」 感想  |  アニメ ヨルムンガンド  第10話 「Dragon Shooter phase.2」 感想 »

コメント

デビさんはヘヴィーオブジェクトの感想は書いたりなさらないんですか?
最新刊とかかなり熱い展開もあって、比較的感想を書きやすいのではないかと思われますが

学園都市の名無しさん |URL | 2012/06/15 00:18 * edit *

Re: タイトルなし

> デビさんはヘヴィーオブジェクトの感想は書いたりなさらないんですか?
> 最新刊とかかなり熱い展開もあって、比較的感想を書きやすいのではないかと思われますが


最近同じ質問を何度も答えてる気がしますけど、
第1巻の感想を書かなかったので、なんとなく書き始めるタイミングを逃してるんですよー。
小説1冊の感想を書くと大抵休みがぶっ潰れるので、(考察系だともっとかかる)
とりあえず今はメダロットの実況をエンディングに持って行きたいです。

デビ |URL | 2012/06/15 00:27 * edit *

感想お疲れ様です!!w

いやー、回を増すごとに少年の攻略スキルが磨かれているような気が・・・ww。

このヴァルトラウテはいつも話の展開が読めなくて毎回楽しいですww。 というかこの為だけに電撃文庫MAGINEを買っているといっても過言ではないのですがw。

そういえば、禁書劇場版の前売り券が来月7月に第一弾が販売されるそうですけど、デビさんは購入のご予定はありますか? それとも上映劇場が判明するまでは購入は先送りにされますか?  私は関東圏なので近くの劇場で上映するだろうと思うので購入してみようかと思っています。

学園都市の名無しさん |URL | 2012/06/15 00:36 * edit *

Re: タイトルなし

> そういえば、禁書劇場版の前売り券が来月7月に第一弾が販売されるそうですけど、
デビさんは購入のご予定はありますか? 


とりあえず近場で上映されるか分からないので様子見ですねー。
まぁその前売り券に「何か」特別な物があれば喜んで買いに行きますけど。

デビ |URL | 2012/06/15 00:40 * edit *

相変わらずかまちーとデビさんはエロいなwww

名無しさん |URL | 2012/06/15 00:43 * edit *

婚活面白いのだがまとめられてでるのが9月だから
禁書が10月まで待たないとでないのがほぼ確定なのが少し悲しい

学園都市の名無しさん |URL | 2012/06/15 01:13 * edit *

アカン……これは18禁ですわ

学園都市の名無しさん |URL | 2012/06/15 01:32 * edit *

HO感想書くなら楽しみに待ってるぜ!

余裕があればで無理しないでね

学園都市の名無しさん |URL | 2012/06/15 03:25 * edit *

黒子の顔みて笑ってしまった・・・
(  ・ิω・ิ)相変わらずエロいな~デビさんは
メダロットのエンディング待ってます!!

マッキー |URL | 2012/06/15 03:38 * edit *

笑いはもちろん熱さまでセットで楽しめましたねw
9姉妹の戦いは結局笑いにシフトするwというか、これはラブコメの下りは全シリーズ含めて鎌池さんの1番上手いメタ発言ではないでしょうか。
少年とスルトの対談も正統派の意味で良かったです。大抵バトルを交えながら、こういった論戦も繰り広げられるのは禁書の醍醐味の一つでもありますが今回は戦いをやめることをテーマに置いて話し合いのみでケリをつけるという、また別の楽しみがありましたね。

そしてヴァル婚が9月、正式に発売決定。私事ですけど今までに買ったラノベは禁書19巻、22巻のみとラノベに限らず非常に気に入った物しか買わないのですが、これは購入を検討できるほどの作品ですよ。9月を期待して待ってます。

↑の方へ
禁書が10月以降という話ですけど作者が常人なら絶望的ですが相手は、かまちーですからねw禁書とヴァル婚をダブルで出す可能性もありますよ。(編集部の取り決めとかで禁止されてるのであれば仕方ありませんが過去にも1月で2冊出しているので、こちらもほぼ問題ないかと)

ジャックポット |URL | 2012/06/15 06:46 * edit *

このブログもとうとう18禁の規制対象に…




あ、元からですねw

シロ |URL | 2012/06/15 10:55 * edit *

今回はかまちーが我慢できずにバトル展開を入れてきたかと思ったけど予想外にエロ展開を入れてきやがったwww

学園都市の名無しさん |URL | 2012/06/15 18:59 * edit *


本当、かまちさんは歴史ブレイカーですね

子供達が変な歴史を覚えないといいが

学園都市の名無しさん |URL | 2012/06/15 19:05 * edit *

これがかまちーの全力か・・・・ふぅ・・

タカ |URL | 2012/06/15 21:27 * edit *

北欧神話最強の存在であるスルトを話し合いだけで鎮めるとは、
この少年は上条さんと同じかそれ以上のスキルを持ってそうですねw

なまはげ |URL | 2012/06/16 00:12 * edit *

やだ何この表紙のイケメン

相変わらずこの小さい人を見てると
そらおとの智樹が彷彿とされるな あと奇面組も

ヤバイ読みたくなってきた

学園都市の名無しさん |URL | 2012/06/16 00:33 * edit *

さすがロキさん引っ掻き回すなぁw
北欧神話のニャルラトホテプなだけある(逆だ)

学園都市の名無しさん |URL | 2012/06/16 03:35 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/2309-05e2c6ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ヴァルトラウテさんの婚活事情 第3話 「神族と巨人の違いはとてつもなく不公平だ」感想】

かなり感想を書くのが遅れましたが、鎌池先生の連載小説「ヴァルトラウテさんの婚活事情」第3話の感想です。今回も少年とヴァルトラウテさんがラブラブイチャイチャ…と思いきや、まさかのバトル展開!?ネタバレありなのでご注意くださいませ。あとちょっとエロいよ!

まとめwoネタ速neo | 2012/06/19 04:28