03/18
 「新約 とある魔術の禁書目録 4 」 感想・考察

ss (2)

すっかり遅くなりましたが、鎌池和馬先生著のライトノベル『新約 とある魔術の禁書目録4』の感想&考察です。
ネタバレありなので未読の方はご注意下さい。 また、無駄に長文なっておりますのでご了承を。 (新約3巻の1.5倍

■全体的な動き■

反学園都市「サイエンスガーディアン」27社が開催した"異能を証明する"格闘大会―――『ナチュラルセレクター』
それは学園都市が世界で最も有名な「異能」だったからこそ迫害されてきた「別の異能」を証明する為のイベントであり、
冒頭から様々な"ゲテモノ"が選手控室に集まり…それを警備していたガードマンも冷や汗をかいていましたね。
…この時、ガードマンが「火星から採取した細菌の塊とおしゃべりしているボッチ野郎までいやがる」と言ってましたけど、
これは十中八九『火星SS』に登場した微細乙愛(びさいおとめ)さんな気がするなぁ…。

まぁそれはさておき、今からゲテモノ達が血を血で洗うバトルを始める―――と思いきや、
序盤で「トーナメントバトル」という形式はブチ壊れ…「グレムリン」「木原」の殺し合いが始まりましたね。
…あらすじを見た時は「トーナメントなんてベタベタの王道バトル漫画だなぁ」と不安になった私でしたけど、
鎌池先生は読者の予想の斜め上を行き…旧約15巻を連想するサバイバル形式にシフトしちゃいましたよ!

とりあえず今回の話をサクっと要約すると、

①格闘大会『ナチュラルセレクター』が開催…される前から学園都市の襲撃が始まっており、大会は完全に崩壊。
②「サイエンスガーディアン」側の『グレムリン』と、「学園都市」側の『3人の木原』が殺し合いを始める。
③その中で『4人目の木原』であり『グレムリン』の木原加群=ベルシが復讐の為に木原病理と相打ち。
④激昂したマリアン=スリンゲナイヤーが『戦乱の剣』で全てを破壊しようとするが、現れた上条さんにより撃破される。
⑤『グレムリン』が「サイエンスガーディアン」と組んだのは「全体論の超能力者(※後述)」を作る為であり、
 上条さんが"何か"を破壊して登場した事によって全体論の超能力は証明された。
⑥上条さん、突如出現した隻眼のオティヌスに右手を握り潰されて気絶→右手の中の"何か"も握り潰される。
⑦魔神になれなかった男、オッレルス…そして右方のフィアンマが参上→上条さん助けられる。
⑧オティヌスはマリアンとベルシを回収して撤退。
⑨全体論の超能力を使える素体を手に入れる為、オティヌスは窓の無いビル…学園都市へと進撃を決定する。
⑩「学園都市」という"コロニー"から『木原』を解き放たない為に、反学園都市「サイエンスガーディアン」は解体される。


…もう『とある魔術の禁書目録』という作品に出会って7年ぐらいファンをやっている私ですけど、
だからこそ正直に言わせてもらいます…「新約」1、2、3巻で禁書の面白さは格段に落ちたと思いました。

まぁロシア編で読者のボルテージが最高潮に達していた影響もあるんでしょうけど、
新約1巻は『ヤツら』という強さも脅威も分からない敵が単語として登場し、上条さん復活…。(ぇー!?)
新約2巻は番外編SSで登場したバードウェイさんが淡々と説明会を開始……。
そして新約3巻は歴代シリーズの中でも屈指の読みにくさを誇った「カメラ視点」のギミックが炸裂ゥ!

もうこの流れで読者が食いついているのは大人気キャラが勢揃いしているからなんでしょうけど、
その唯一の希望を断ち切るような新約4巻の表紙が公開&不吉なトーナメントバトル…。
もう禁書が大好きだからこそ今回の新刊を読むのは怖かったんですけど、
そんな不安をぶち殺すように…新約4巻はメチャクチャ面白かったですよおおおおおおッッッ!!!

中途半端なギャグや救いが無いドロドロの殺し合いを始める木原&グレムリンで興奮し、
上条さん登場→オティヌス登場→犬小屋コンビ登場の流れは鼻血が出るかと思ったわ!
まぁその怒涛の展開も最高だったんですけど、メインキャラが確固たる信念を持っているのも素晴らしかったですねー。
…新約3巻は「なんでコイツはハワイに来てるの?」と思ってしまうほどキャラの感情や決意が薄かったんですけど、(特に浜面)
新約4巻で登場したキャラはドラマを感じるような掘り下げ具合だったと思いますよ。

さらに次の巻が楽しみになるような情報も大量に投下され―――垣根帝督の復活フラグが来てるおおおおおおッッッ!!!
今までさんざん冷蔵庫やら常識が通用しないのはアホなだけとかネタにされてきた帝督の復活…>目から未元物質ですね!
でも450ページには垣根「提」督と書かれているので、別人という可能性も微粒子レベルで存在する…?(ぇー)


■サフリー=オープンデイズ■

aa_20120318021206.jpg

意外と今までいなかった「科学」でも「魔術」でもない純粋な「格闘術」サイドのキャラ、サフリーさん。
相手選手を脅迫している人間すら「破壊」する「爽快感のある破壊」を追求し、
その「爽快感」を求める為なら見ず知らずの上条さんの手助けもする…禁書でいう「カッコイイ大人」に分類される人間ですね。

「きゃーえっちー」「らりあっとドーン!!!」など可愛い一面もあり、(まぁ視覚的にはバイオレンスですが)
新約4巻は彼女が主軸で物語が進んでいく…と思いきや、「幻覚」によって後半までフェードアウトしてしまいました。
…個人的にサフリーさんは性格もビジュアルも凄く好きなキャラクターなんですけど、
物語のラストバトルではマリアンによって仮死状態にされ、そのままエンディング…読者の印象も薄かったと思います。

できれば再登場して欲しいんですけど、「魔術」にも「科学」にも属さないからこそ…今後の物語に絡むのは難しいだろうなぁ。
やっぱり「格闘大会で自分をアピールしてスポンサーに売り込む」という微妙な目的に加え、
サフリーさんも真っ青の格闘術を使うメイドの存在が大きかったんでしょうねー。

…あと余談ですけど、サフリーさんがラリアットを使うP58で「首無しライダー」という単語だ出てて笑いました。
鎌池先生は『デュラララ!!』で有名な成田良悟先生と仲良しだからなぁ…こりゃゼッテー意識してるよ…。


4 (7)

それとまた余談ですけど、新約4巻をバッと開いて1番目のカラーイラストを見た瞬間、
灰村さん繋がりで「スプライトシュピーゲル」の3人を連想したのは私だけでしょうか?(ぇー)
だって灰村さんのイラストで青・ピンク・黄色なんて組み合わせを見たらコレしか思い浮かばないんだってばよ!


■近江手裏■

4 (2)

伊賀忍者の半蔵や郭ちゃんと違い、甲賀出身の忍者・近江手裏さん。3人目の合法ロリ。
見た目は可愛い小学生なのに実年齢は30を超えるという凄まじい設定な彼女ですけど、
『ナチュラルセレクター』に侵入した目的は「忍術に利用できる『異能』の技術を分析し、盗み取る」…という物。

…この目的は「雑草に学べ、害虫を参考にしろ、脇役を敬え」という主義の半蔵とは相容れない物でしょうけど、
やっぱり一族を繁栄させようとした郭ちゃんと同じく…現代の忍者は少しずつ衰退しているんでしょうね。

まぁそれはさておき…「科学」にも「魔術」にも属さない事から、前半は「リアクション役」になってしまった手裏さん。
しかし"使い捨て"の陽動役をやっているにも関わらず生存率100%という異常な戦歴を見ても分かる通り、
その実力は非常に高く…マリアンを単身でフルボッコにし、瀕死の状態まで追い詰めていましたね。

…物語が始める以前から捕獲していたシギンからマリアンの情報を入手し、
エチルアルコールでマリアンが使う材料=人間の方を酔わせて武器を奪う…恐ろしい手腕だなぁ。
しかし最後はマリアンが使ったチート武器によって心臓が停止し、サフリーさんと同じくフェードアウトしてしまいましたね。

とりあえずP174でパンツを全開にしている手裏さんが見たい!30歳を超えるパンツが見たい!(ぇー)
可愛いわぁ手裏さん…合法ロリキャラは既に2人ほど登場してるんですけど、ジト目でキツイ性格が素晴らしいわ…。
「忍者」という事は半蔵や郭ちゃん、杉谷とも関係するので、是非とも再登場して欲しい所です。


■雲川鞠亜■

4 (1)

是非とも鞠亜ちゃんと戦いたいでござる!(ぇー)

新約2巻では何の脈絡も無い意味深な登場を果たし、「もしかして第6位?」と読者をドキドキさせていた鞠亜ちゃんが登場!
いやまぁ残念ながら第6位では無かったんですけど、別の意味でドキドキさせてくれましたよ!(ぇー)
…あとがきでも言われている通り、彼女はこのホラーでスプラッタな空間のオアシス役をしていましたよね。
カポエラやブレイクダンスのような戦闘スタイルでパンツを全開にしながら敵を倒し、
盗聴器を破壊する為にパンツ1枚になってドライヤーでメイド服を温める…映像化して欲しいなぁ。

しかし彼女の本領はサービスシーンだけではなく、その「能力」を織り混ぜた格闘術にありましたね。
『暴風車軸(バイオレンスドーナツ)』…「自分の体に発生する遠心力を増減する」というレベル2相当の能力。
…本気で殴ると骨折するって凄くピーキーな感じがしますけど、木原円周ちゃんをフルボッコにする戦闘力は本物ですよ!
能力のレベルなんて関係無い…その能力を昇華させる努力と、木原や死の恐怖にも屈しない精神力の賜物ですね。

そんな彼女を突き動かしている存在は―――やはり新約4巻の鍵を握る木原加群さんでしょうね。
自らの行いに憎悪して生徒達の前から消えた「先生」…しかし、彼に助けられた人間は数多く存在する。
鞠亜ちゃんはその事を伝える為だけに『ナチュラルセレクター』という"地獄"へと足を踏み入れたようですが、
彼女の言葉はギリギリの所で届く事は無く…加群さんは死んでしまいました。

…泣き叫ぶ鞠亜ちゃんの前で、少しずつ加群さんが白い雪に埋もれていくとか普通にウルっと来たなぁ。
文章を読む限り、小学生の頃の彼女は「落ちこぼれ」だったんでしょうけど…それを加群さんが更生させたんでしょうね。
実際、今の鞠亜ちゃんは繚乱家政女学校で優秀な成績みたいですし…加群さんの行動は無駄じゃなかったんですよ!

あとがきでも言われていますけど、クローン2万体が死ぬのを知っていながら止められなかった雲川芹亜さんと同じく、
鞠亜ちゃんも物語開始時点で"全てを知っていながら"止める事ができなかったんでしょうね…。

…というか芹亜さんで思い出しましたけど、P406の「了解」とか完全に上条さんにキュンと来てるよね鞠亜ちゃん!
こりゃー上条さんを妹に取られる危機を感じた姉の芹亜さんが焦りますよ…!(ぇー)
だって新約2巻を読む限り、わりとマジで芹亜さんは上条さんを気に入っているからなぁ。
美人姉妹2人に愛される上条さんとかマジで爆発してくんねーかな!誰か姉妹丼SS書いてくださいオナシャス!

あと芹亜姉さんと言えば、ミサカ大脱走の指示を出したのは芹亜姉さんでしょうか?
最初は美琴か一通さんが「反学園都市」の情報を知ってワースト繋がりで連絡したのかと思いましたけど、
わざわざ協力機関がテレビで全世界に「離別するよー」と教えた後にミサカを捕まえ始めるとは思えませんよね。
なのでハワイの戦闘映像を見た芹亜姉さんが「こらあかんわ」と思ってミサカに指示を出したと思いますよ。


■グレムリン■

新約3巻の騒動を起こした仲間を「使い捨ての駒」として一蹴し、
ついに「正規メンバー」として派遣された3人の『グレムリン』…。
最初は「サイエンスガーディアン」に協力する…というスタンスだった3人でしたが、
全ては『全体論の超能力者』を証明するべく、この場所を「実験場」にする為のメンバーだったようですね。

それ故に『木原』との戦闘も熾烈を極め、読者も「正規メンバーってこの程度なの?」と思ってしまったのかもしれません。
…まぁこの3人のあくまで実験の為に派遣されたインテリ系の魔術師ですし、
逆に"武闘派じゃないにも関わらず"『木原』と良い勝負をしていた事を驚愕するべきでしょう。


■ウートガルザロキ■

ko.jpg

今回のギャグ要員その1…ホストのような容姿でクールに登場した『グレムリン』の正規メンバー。
読者の誰もがコイツの圧倒的な大物オーラに息を飲み、やっぱり正規メンバーは強い…と思ったら相打ちしたでござるの巻。
…まぁP64の上条さんの反応から違和感があったんですけど、(なんでアンタが木原を知ってるんだよ!)
まさか序章の展開は全て木原の幻覚だったとは…そ れ を 幻 覚 で 返 し て 返 さ れ る ウ ー ト ガ ル ザ ロ キ。

もう読んでて思わず吹き出したよ!肩を叩くツンツン頭の少年とか軽く妖怪みたいになってるよ上条さん!
…まぁウートガルザロキと乱数がどっちも上条さんを幻覚に使ったのは、
それほど「上条当麻」という少年を"ヒーロー"と思っているからでしょうね…嘲笑の意味も込めて。

他にも問答無用で全てを救ってしまう「上条当麻」=「安全地帯」というメタな法則も発見されましたし、
上条さんも世界的に有名になったモンだなぁ…というか序盤の展開が全て幻覚なら、
サフリーさんに対するラッキースケベも乱数が見せた幻覚って事になりますよねw
そうか…暗部の間でも「上条当麻は女性に対してラッキースケベを発動する」って有名なんだなぁ。(ぇー)

まぁそれはさておき、ウートガルザロキは乱数と一緒に幻覚を見せ合う鏡合わせになってしまったんでしょうね。
幻覚使いの天敵は幻覚使い―――蛇が自分の尻尾を噛んで毒を食らうように、お互いを殺し合う。
…そういや元ネタである悪戯好きの神「ロキ」は毒を浴び続ける罰を受けていたなぁ。


■シギン■

4 (18)

何の為に…生まれて来た…?(ハンターハンター24巻風に)

仲間に適確なアドバイスを送る『グレムリン』の正規メンバー、シギンさん。
「仲間に適確なアドバイスとかガッシュの『答えを出す者(アンサートーカー)』じゃん!」と思って戦慄した私ですけど、
まさか物語が始まっている時点で既に脱落しているとは…カラーイラストとは何だったのか!
…「どのキャラが脱落し、どのキャラが生存している」という事を読者に伝える
幕間のフェイスアップの裏をかいた展開…鎌池先生は本当に予想の斜め上を行く人ですよ。

まぁ彼女は「適確な助言をする」というより「論理の穴埋め」をする…厳密に言うと「魔術師」ではない人間だったようですね。
インデックスが使う『強制詠唱』や『魔滅の声』が相手の魔術を論理的に崩すスキルなら、
シギンさんは論理的に魔術の穴埋めをする…バフ要員のような役割だったのかな?

ちなみに彼女の元ネタは勝利を司る献身的な北欧神話の神、シギュンで間違いないでしょうね。
…手裏さんが彼女を捕獲している…という事は死んではいないでしょうし、(拷問されてるかもしれませんが)
『グレムリン』の情報を知っている貴重な存在として上条さん一行が確保するかもしれません。


■マリアン=スリンゲナイヤー■

ss (3)

絶対にマリアンちゃんと戦いたくないでござる!(ぇー)

今回登場した『グレムリン』の正規メンバーの中でも屈指の実力を誇る、今回のラスボスさん。
…今まで音速の速度で動いたり相手を容赦無く殺したり…様々な敵キャラが登場しましたけど、
その中でもマリアンは文句無しで「絶対に敵として戦いたくない相手」だったと思いますね。

彼女の『工具』に触れた者は問答無用で改造され、無残な末路を辿る…!(青髭の旦那と龍之介が感激しそう
もう壁の一部に変えられたり、手首を蛇口にされて血液がドバドバ流れ出すとか想像するだけで恐ろしいですよ。
同じ「マリア」でも、鞠亜ちゃんのパンツは映像化して欲しいのにマリアンの戦闘シーンは見たくねぇや!(ぇー)
…人間の生命エネルギーや思考回路を"改造しながら"武器として利用し、
『ロキの投網』で時速7000kmの戦闘機を崩壊させる…「自分以外の何か」を活用するエキスパートですね。

そんな感じで敵には一切の容赦が無いマリアンちゃんですけど、意外にも心から仲間と思った人間には優しかったようです。
その中でも木原加群さんは『グレムリン』という枠組みを無視しても仲が良く、
それは新約2巻や3巻に登場した「投擲の槌」と同じぐらい腐れ縁だったようですね…。

マリアンは加群さんの復讐に協力しながら、彼の「自殺願望」を陰ながら止めようとしていた。
「復讐が終わって何も無くなっちゃったら私のトコに来いよ」…マリアンが何度も加群さんに言っていた言葉。
これは間違いなく彼女の本心だったようですけど…その願いが叶う事はありませんでしたね。
…P354ページを見るかぎり、彼女が『グレムリン』に所属していた理由は…加群さんを止める為だったのかもしれません。

そして彼女が加群さんの復讐の為に使った史上最凶の霊装、『戦乱の剣(ダインスレーヴ)』
…元ネタは「1度鞘から抜かれれば人の血を吸うまで収まらない」という効果を持つ魔剣ですけど、
禁書では「数センチ鞘から抜いただけで相手の心臓が恐怖で止まる」というほど恐ろしい産物であり、
完全に鞘から抜けば世界が崩壊するレベルの破壊力を発揮するようですね…。


■木原一族■

まさかの木原一族5000人…!

いやもう、今回の話でやはり読者の心に刻まれたのは「木原」という圧倒的な存在でしょうね…。
今まで木原数多や木原幻生、テレスティーナや那由多ちゃんという「木原」が登場しましたけど、
まさか5000人も木原一族がいるなんて…学園都市の人間に適当に話しかけるだけでも「木原」にヒットしそうです。

円周ちゃんが喋っていた木原一族の名前だけ挙げても凄い量ですよ!
木原数多、木原乱数、木原加群、木原幻生、木原蒸留、木原直流、木原導体、木原分子、木原測量、木原分離。(男性)
木原病理、木原唯一、木原混晶、木原解法、木原那由他、木原相殺、木原顕微、木原公転、木原テレスティーナ。(女性)
そしてAIを搭載したゴールデンレトリバー、木原脳幹と来たもんだ!
…「人間以外の能力者」って前にも何度か考察してましたけど、まさか木原一族から排出されるなんてなァ…。

また、この「木原一族」の中にもキッチリした序列が存在するようですね。
…木原乱数が「中の下」だとすると、やっぱり組織や部隊を率いている木原病理さんを始め、
木原数多や木原幻生、テレスティーナも上位に食い込んでいそうですよね。(キャパシティダウン開発の実績もありますし)

その中でも…やはりラストに登場した「木原唯一」が異彩を放っていますよ。
学園都市に巣食う「木原一族」の脅威を長であるウェイスランド=ストライニコフに知らしめ、
「学園都市」という「コロニー」から木原を出さないために「サイエンスガーディアン」27社を解体させる…。
…ストライニコフも最初は世界に害を為す「木原」を潰すために学園都市に敵意を燃やしていたようですけど、
唯一さんから「スズメバチが大量に詰まった蜂の巣を叩き落とす愚かさ」を教えられたようですね。

読者に強烈なインパクトを与えた元祖木原である「数多」と対を成す「唯一」…もしかすると兄妹かもしれません。
また、P147の円周ちゃんを読む限り…「血管ぶち破ってやるぜぇ!」というのが唯一姉さんの"本性"っぽいですね。

…というか5000人も「木原」がいるなら、旧約1巻から未だに名前が出ていないカエル医者も「木原」かもしれないなあ。
イギリスで瀕死の状態になっていたアレイスターを助けて学園都市を作った、物語の核に位置する存在…。
アニメ超電磁砲の第22話でも木原幻生と敬語を使わずに話していましたし、意外と本当に木原なのかもしれません。

とまぁそんな感じで学園都市の底知れない「闇」を感じさせてくれた木原一族ですけど、
それは血族に関係無く…人間が進化する上で必要な文明=科学の裏に必ず出現する存在のようですね。
つまり学園都市を一瞬で消し炭にして「木原」5000人を皆殺しにしても、新たな木原が芽を出し始める、と…。
どっかのラノベでも「科学の進歩に不必要なものはモラル」とか言ってましたし、
世界を正しい道に導く為には…それ相応の「悪」も必要不可欠なんでしょうね。

でも「自分自身の持つ『木原』を解放した」とか「あなたの『木原』が見えない」とか、
もう『木原』という単語は概念のような物になってるなぁ…某殺人鬼一族かと思いましたよ。(木原を、開始します


■木原乱数■

ss (1)

万華鏡写輪眼とか鏡花水月とか新テニプリの幸村ってレベルじゃねぇ…もっと恐ろしい幻覚を味わったぜ…!
という事でウートガルザロキと一緒にアホな事やってた今回のギャグ要員その2。(ぇー)
…まぁ科学物質をカビに乗せてバラ撒く『FIVE_Over.Modelcase_"MENTAL OUT"』は凄まじかったですけど、
別の法則から幻覚を操るウートガルザロキという"天敵"に出会ってしまったのが運の尽きでしたね。

灰村さん曰く、彼のデザインは読者に既視感を感じさせる為に「木原数多」のコンパチになっているようですけど、
よく見ると設定段階のテレスティーナにも繋がるようなデザインになってるなぁ。
このデザインは個人的に凄く好きだったので、ボツになったのは残念でしたけど…再利用されて何よりです。


■木原病理■

4 (15)

実は屍鬼のキャラだろお前!

という事で訓練された禁書読者なら表紙の時点で「コイツはヤバそうだ」とコースを読んでバットを構えたにも関わらず、
1ミリの狂いも無く予想したコースを光速でブチ抜いてバットをヘシ折ってきた木原病理さん。(ぇー)
いやもう…車椅子から武器が出たり変形したりするのは予想通りだったんですけど、
足が機械→未元物質で再生→フリークスに変身→最後は体が崩壊とか、マジでPRGのラスボスやん!オルゴデミーラか!

もう今までクリーチャー系女子の筆頭だった麦のんが可愛く思えるほど恐ろしい存在でしたよ…怖すぎる。
「未元物質の制御法」を独占する為に容赦無く円周ちゃんに刃を向け、
上半身を叩き潰されても瞬時に再生―――寄生獣よろしく遠距離から音速で鉄釘を射出!
最後は肉体をUMAへと変貌させるとか、もうマリアンとは別ベクトルでアニメ化を困難にしたキャラでしょうね。
まったくもう…同じ車椅子でも、私の可愛い嫁とは月とスッポンだよ!(ぇー)

…まぁそんな感じで木原の中でも1番キャラが濃かった病理さんですけど、
全てを"諦めた"からこそ"諦めさせる天才"という事は…過去に色々あったんでしょうね。
もしかすると「木原」だったせいで夢を諦めたり、大事な人を諦めた事があるのかもしれません。
それ故に「木原」と離別して「教師」の道を進んでいた木原加群さんを諦めさせた…。
まぁそれも2人が死んでしまった今では分からない事ですけどね。


■木原円周■

4 (3)

木原一族の「出来損ない」であるにも関わらず、汚れの無い心で最悪最凶の惨劇を繰り広げた円周ちゃん。
…天才を多く排出する「木原」を妬んだ者によって幼少期に誘拐され、
「木原が自分より劣っている」と優越感に浸る為だけに「馬鹿」として育てられた少女…。
しかし彼女は生まれ持った『木原』という貪欲な探究心でスクスクと純粋で異常に育ち、
生命維持に必要不可欠な「酸素」が時として「猛毒」になってしまうように…、
善悪のボーダーラインを知らない不純物ゼロの「木原」として成長したようですね。

木原一族の中でもトップクラスの頭脳に様々な戦闘パターンを乗せて戦う円周ちゃん…。
その実力は病理さんを一蹴し、乱数の使っていたカビの遺伝子情報を組み替えて生物兵器を作り出す程!
…まぁ病理と共闘しようとしたり、倒れている木原乱数を少しだけ心配したりする所を見る限り、
彼女の思考自体は普通の少女であり…そこを鞠亜ちゃんに突かれて敗北しましたね。
いくら「豊富な戦闘パターン」という最強デッキを持っていても、カードを切るのは「出来損ない」のお前だ、と…。

…まぁそれはさておき、円周ちゃんはよく数多の戦闘パターンを利用していましたけど、
「分かったよ数多おじちゃん」「敵を誘きだす為にスカートをめくる」は爆笑したわ!何してんの数多クゥゥン!?
こんな殺し合いの中でパンチラの為に顔を出す奴なんているワケないだろ!私ぐらいしか!(ぇー)

というか上条さんの戦闘パターンも使ってましたけど、「幻想殺し」や「前兆の予知」が無いと意味無いんじゃ…。
たぶん相手を説教しながら殴りかかり、病理さんのおっぱいに顔を突っ込んだりしたんでしょうね。(ラッキースケベ


■ベルシ=木原加群■

4 (5)

『グレムリンの正規メンバー』であり『4人目の木原』だったヘルメットの男―――ベルシ=木原加群さん
…新約4巻の出来事は全て彼が仕組んだと言っても過言ではなく、「主人公」であり「黒幕」という存在でしたね。

「心臓を止めた回数は木原一族の中でも1、2を争う」とまで言われた加群さんでしたが、
彼は専門としていた臨死体験の研究を十代の内に辞め…『落第防止(スチューデントキーパー)』の道を選びました。
学力の面で遅れてしまった不登校の生徒を復帰させるという、デリケートな部分を扱う難しい教師の仕事。
それでも加群さんは32名もの生徒を学校に登校させ、「木原」ではなく「教師」としても讃えられたようですね。

―――が、1人の少女(鞠亜ちゃん)を通り魔から守るために加群さんは「木原」を開放し、
園芸用のスコップで通り魔を"解剖のお手本のような手際で"殺害…正当防衛が認められたものの、教師を辞めたようでした。
「人殺し」という手段に生徒が憧れる事を防ぐ為に教師を辞めたヒーロー…そんな噂も流れていましたが、
彼が辞めた理由は「木原病理によって"用意された"罪の無い通り魔を殺した」という罪悪感でしたね。

「子供から尊敬される木原」なんて可能性、諦めさせるしか無い…そんな歪んだ欲望によって用意された『駒』。
加群さんは「通り魔」に仕立て上げられた「被害者」を殺してしまった自分の行動を後悔し、復讐を誓いました。

…待受け画面に写っているフレメアを一通さんに見せる事で新約1巻の状況を作った駒場さんも凄いですけど、
『第三次世界大戦』も『グレムリン』も無かった3年前から全てを計画していた木原加群さんは凄すぎますよね。
『グレムリン』に科学サイドの技術を提供する傍らで独自に魔術を学び、
ハワイの戦闘によって学園都市が孤立する事も…それから「サイエンスガーディアン」が生まれる事も計算済みだった。
いや、もしかすると「上条当麻」という火種によって第三次世界大戦が起こる事も計画通りだったのかもしれません。

そしてついに加群さんは、無実の少年を殺した2人の加害者―――病理さんと自分を「相打ち」させる事で復讐を終えました。
…たった1度の復讐の為に大規模な犠牲を生み出した加群さんの異常性は、「木原」でもあり「グレムリン」でもありましたね。
また、人間の心臓を蘇生させる事に長けていた加群さんが、オティヌスの手によって生きる屍になったのは皮肉な話です。


■上条当麻■

4 (4)

上条さんカッケエエエエエエエエエエエッッッ!!!

コレだよ…読者が求めていた上条さんはコレなんだよ…!(ぇー)
新約3巻では「危うい」という印象が強くて読者をハラハラさせていましたけど、
壁をブチ破って登場→鞠亜ちゃんの願いに対して「了解」は鼻血が出るかと思いましたよ!

今回、鎌池先生だけではなく作中のキャラにまで「安全圏」というメタ発言を食らっていた上条さん。
…この人の対魔術性能がチートなのは理解してますけど、上着の袖でマリアンの鞘を打破したのは驚いたなぁ!
重力を封印して空気中の塵や埃を高速で射出し、相手を切り刻む攻撃…それに不純物を混ぜる事で制御不能にする。
もう今回の上条さんは1回ぐらいしか幻想殺しを使わず、ほとんど話術と拳だけでマリアンを倒しましたからねぇ…。

しかしマリアンを倒した上条さんの前に隻眼のオテイヌスが現れ、右手を握り潰してしまいました!
そのショックで上条さんは気絶…今まで即死レベルの攻撃を何度受けても気絶しなかった上条さんですけど、
やっぱり戦いが終わって安心した瞬間を狙われたのがヤバかったんでしょうね。(アドレナリンの分泌?)

絶体絶命の上条さん―――が、ここで魔神になるはずだった男・オッレルス右方のフィアンマが参上しました!
犬小屋コンビ来たあああああああああああああッッッ!!!涙が止まらねえええええええええええッッッ!!!
…彼らのおかげでオティヌスは撤退し、上条さんも何とか意識を取り戻す事ができましたね。
いやーもう、この怒涛の展開には痺れっぱなしでしたよ…やっぱ禁書は最高だわ…。

というか今更ですけど、上条さんってどうやってハワイからバケージシティに来たんでしょうね?
まぁ少しでも悲劇を回避する為に加群さんが手引きしたんでしょうけど、
新約3巻が11月10日で新約4巻が13日なので…かなりタイトなスケジュールだなぁ。


■右手について■

今まで何度も禁書最大のブラックボックスである「右手」について考察した私ですけど、
今回は重要な情報がかなり出てきましたね…まぁそれに比例して謎も増えてしまいましたが。
とりあえず分かった事をまとめると、こんな感じでしょうか?

①上条さんの右手が切断されても、右手は元の位置に"戻る"。
②幻想殺しは移動する。(宿主の死亡がトリガー?)
③「今代の幻想殺し」「世代交代」という発言から、先代の幻想殺しが存在した。
④中の人は確実に存在する。


…①の法則はロシア編でも分かっていた事ですけど、まさか『幻想殺し』が移動とは思いませんでしたよ!
これなら「先代の幻想殺し」を知っていたテッラさんが思わせぶりな発言をした理由も分かりますよね。
また、ロシア編のラストで「私の手元から離れるとは」と言ってアレイスターがキレていたのは、
「せっかく見つけた今代の『幻想殺し』が上条さんの死亡によって移動した」と思ったからかもしれません。

もう右手の能力が移動するとか私の理解を超えているんですけど、
フィアンマは「世界でたった1つの右手」が無いと「聖なる右」の力を使えないので、
宿主が死ぬ度に『幻想殺し』が移動するなら、永遠に「聖なる右」を定着できない事になるなぁ。
アレイスターの「十字教では理解できない」という言葉通り、
やっぱり前に考察した北欧神話の獣・フェンリルなんじゃないかな?かな?(自信ゼロ)

…まぁ『幻想殺し』の考察はさておき、やっぱり問題は『中の人』でしょう。

P467のあとがきで鎌池先生が言っていた「あの少年の存在」…これは『中の人』だと私は思うんですよね。
「これまでの『上条当麻』との違い」…これは「安全圏が崩壊した」という事ではないでしょうか?
問答無用で全てを救う上条当麻…しかしオティヌスによって『中の人』が潰され、戦況は逆転した。
「"さらに"その後にとんでもない『破損』が」という言葉を読んでも、「あの少年」と「破損」が繋がっている事が分かります。

そして上条さんの右手は再生したにも関わらず『深刻な破損』と言われる事態…。
P446で目を覚ました上条さんにオティヌスが幻想殺しを使わせるように言ってますし、
もしかすると『幻想殺し』ではなく『中の人』が重大なダメージを受けたのかもしれません。

…『中の人』は「記憶を失う前の上条さん(旧約1巻の1代目上条さん)」であり、
そもそも記憶を失っている2代目上条さんがロシア編で「"2度目"の死」を迎えるのは違和感があった…。
つまりロシア編のラストで犠牲となって死を迎えたのは「1代目上条さん」であり、
P425でわざわざ「特定の形を取らずに」と描写されていたのは「竜王の顎」になる力も無かったという事。
だからオティヌスからも「こんなのもか?」と落胆され、簡単に握り潰された、と…。


…あ、これは戯言で妄想な駄文なので、あんまり本気にしないでくださいね?


■隻眼のオティヌス■

ついに姿を現した『グレムリン』のボス的な存在―――『魔神』・隻眼のオテイヌス。
今まで通信術式だけでビジュアルはもちろん性別すら分からなかったキャラでしたが、
毛皮のコートに鍔広の帽子を被った…13~14歳程度の少女でしたね。
…まぁ『ヴァルトラウテさんの婚活事情』に登場したオーディン=オティヌスがオッサンだったので予想はしてましたけど、
まさか本当に女の子とはなぁ…P353を見るかぎり、普通に感情も持ってる所が可愛いよね!(ぇー)

そんな感じで登場したオティヌスでしたけど、なんと上条さんの右手を握り潰して気絶させてしまいました。
さらに「とある魔術の禁書目録」という作品の中でも「無敵」という分類に近かった「中の人」も握り潰す始末…!
…この展開には「オティヌス強すぎてインフレ激しすぎだろwww」と思ってしまった私ですけど、
どうやら彼女は「魔神」として完璧だからこそ…無限の可能性で五分五分の勝率になってしまうんだそうですね。

強くても弱くても関係無い…相手が全知全能の神でもコインの裏表で勝負が決まってしまう。
「上条当麻が『二回』負けたのは奇跡に近い」とオッレルスが言っていましたし、
恐らく上条さんの右手を握り潰すのが1回目の勝利、中の人を握り潰したのが2回目の勝利って事でしょうか?

うーむ…いくら自分が修行したり覚醒して強くなっても2分の1の確率で負けるって、
バトル物の作品を根本的に崩壊させる意外と恐ろしい能力だなぁ。
でも上条さんの「不幸」が五分五分の確率を歪めてしまうなら、
神の加護によって「幸運」を宿している『聖人』との戦いはどうなるんでしょうね?


■全体論の超能力について■

img_627306_7334615_0.jpg

恐らく「新約 とある魔術の禁書目録 4」を読んだ読者の誰もが「???」と思ってしまった全体論の超能力について。
もう上条さんが見えない壁を破壊して現れたり場所が変わったり、もうチンプンカンプンですよね。

…まず学園都市で普通に開発されている超能力は、ミクロの世界で観測した物をマクロに引き起こす…という物です。
ミクロの世界=確率の世界では「炎が出ない」「炎が出る」という2つの可能性が存在し、
マクロの世界=現実の世界に観測されて出現されるまで2つの可能性は存在し続けます。

そして普通なら99%以上の確率で「炎が出ない」という常識的な確率が観測されるのですが、
脳を開発した…「自分だけの現実」を持った人間は残りの1%を観測し、炎を出す事になります。
まぁ言ってしまえば『量子力学』と『シュレーディンガーの猫』を混ぜたような理論ですね。

そんでもって今回『グレムリン』が作り出そうとした「全体論」の超能力について。

…いやまぁ、根本的な理論はP378から書いてあるんですけど、
簡単に言えば「空から雨を降らせる」という強大な力を持っているにも関わらず、
その強大な力を自覚せずに雨水から「コップ1杯の水を作り出す」能力を生み出す…と言った感じでしょうか?
禁書スレで言われていた分かりやすい例を借りるなら、
「超能力がサイコロで自由に好きな目を出す物なら、全体論はサイコロを全て同じ目にする」という感じでしょうね。

99%と1%の確率から1%を観測するのではなく、現実世界を歪めて確率を逆転させる…。
もしかすると隻眼のオティヌスが全体論の超能力に拘っている理由は、
世界を歪める事で50%の勝利しか望めない自分の確率を制御する…という事でしょうか?

それなら今回の「木原とグレムリンの戦い」以上に現実を歪ませる材料として、
『主神の槍(グングニル)』を求める事も理解できますよね。
だってこの武器、出力70%の状態でマグマやら洪水やら地球レベルで災害を操ってたからなぁ…。

そういや、学園都市では一定のカリキュラムをこなせば誰でも能力に目覚めるハズなのに、
それでも能力を得られない『レベル0』こそが『レベル6』に辿り着く鍵…と小萌先生が言ってましたけど、
もしかすると彼らは「全体論の超能力者」として宇宙を歪めているのかもしれませんね。



■その他■

魔神になるはずだった男・オッレルスや右方のフィアンマといった最強クラスのキャラに加え、
『ワルキューレ』…ブリュンヒルド=エイクトベルもついに登場!
…たった1人の少年の復讐の為に世界レベルで崩壊を望んだ彼女でしたが、
どうやら意識を取り戻したセイリエと幸せな時間を過ごしているようですね…普通に涙腺が緩みましたわ。(あわきん号泣

しかし彼女とセイリエの元に、後天的に『ワルキューレ』の素質を備えた謎の女性が現れます。
まぁ「聖人」も「ワルキューレ」も身体的な特徴によって聖なる加護を宿す存在ですけど、
それを人造的に作り出す技術が完成していたのは驚きですね…黒夜ちゃんの量産レベル4を思い出しますよ。

―――が、ブリュンヒルドは相手が言葉を紡ぐ前に後天性ワルキューレを血が詰まった水風船のように吹き飛ばしました!
…彼女を知らない読者の方は流石に問答無用すぎるかと思うでしょうけど、
ブリュンヒルドはセイリエの為なら世界を滅ぼすレベルの女性ですからね…まだ優しい方ですよ。

しかし後天性ワルキューレは1人ではなく、10人以上もセイリエの病室の外に待ち構えていました…。
ブリュンヒルドは自分の身を犠牲にする覚悟で立ち向かいますが、そこにシルビアさんバードウェイさんが登場ォォォォ!!!
地球で一番おっかない女の上位三人と言っても過言では無いメンバーは結託し、ワルキューレの殲滅を始めましたね。
…というかバードウェイさん、新約2巻の説明会でフィアンマの事を「惜しい人材」とか言ってたのに、
思いっきり手を組んでるじゃないですかァー!…まぁ新約2巻より後に組んだのかもしれませんけど。

そんな感じで最強キャラが揃い始めた終章でしたが…どうやら「聖人」にも序列が存在するようですね。
まぁ強さは関係無いのかもしれませんけど、「アンタより上」という事は強さ順なんだろうなぁ。
…『ワルキューレ』と『聖人』の特性を打ち消し合っているブリュンヒルドの序列が低いのは分かりますけど、
たぶん『二重聖人』のアックアさんは第5位以上に入ってそうですよね…まぁ今は聖人の力を失っていますけど。
これは新約2巻で単語として登場した「第10位の聖人」や神裂さんの序列も気になりますよ!


■最後に■

オッレルスやフィアンマという犬小屋コンビに加え、シルビアさんやレイヴァニアも登場して怒涛の展開を迎えた新約4巻!
さらにアニメ禁書1期のDVDを買っていない人間を削り落とすブリュンヒルドさんも参戦し、
「次の巻は大丈夫かなぁ」という不安が大きかった今までの新約と違って…もう新約5巻が楽しみすぎますよ!

『全体論』を使う「素体」を入手する為に「窓の無いビル」へ向かう隻眼のオテイヌス…!
そろそろ待望の『一端覧祭』が始まる11月下旬なのでワクワクが止まらないんですけど、(新約4巻は11月13日)
並の人間を凌駕し、魔術に支えられず、超能力開発を受けていない素体となると…「吸血鬼」しか思い浮かびませんよね。
これは。この作品の真のヒロインである。姫神秋沙ちゃんが登場する予感。(ぇー)

また、ラジオゾンデ要塞の一件から少しも動きを見せないイギリス清教も気になりますよ…!
ハワイでも格闘大会でも不気味なほど静まり返ってますし、ローラさんが何を考えているのか怖すぎます。
それとオッレルスの登場に影響して修行中のナンバーセブン・削板軍覇の登場も気になるぜ!バウーン!(ぇー)

まぁそれはさておき、やっぱり新約3巻のハワイで別れた他の面々も気になりますよねー。
特に美琴は「絶対に上条さんを離さない」的な感じだったのに別れちゃってますし…。
でも禁書担当の三木一馬さんのツイッターで「詳しくは5巻で語られるはず」と言われているので、
今は新約5巻が発売するのを静かに待つしか無いですよ…6月ぐらいかなぁ。

あとツイッターと言えば、三木さんが鎌池先生が言っていた名言を呟いていましたね。

イメージss076

鎌池先生やめて!灰村さんの心臓が恐怖で止まっちゃう!(ぇー)

恐らくオティヌスは武闘派メンバーを連れて「素体」を奪いに行くでしょう…どうなる学園都市!
垣根帝督の復活フラグもありますし、これほど禁書の新刊が楽しみなったのは久しぶりかもしれません!
…長くなりましたが、ここで筆を置かせていただきます。
ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございました。

ではまたー! 面白かったら私の顔面をサフリーさんがボコボコにする感じで拍手してくれると嬉しいです!(ぇー)

« アニメ P4 Persona4 the ANIMATION 第23話 「In Order to Find the Truth」感想  |  アニメ アマガミSS+plus 第11話 「森島はるか 前編 セクシー」感想 »

コメント

おお!乙です!

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 06:14 * edit *

お疲れ様です。
オリアナが歩くエロ18禁なら、マリアンは歩くグロ18禁でしたね。

フユキ |URL | 2012/03/18 06:52 * edit *

いやーほんと4巻はおもしろかったですね
個人的に次巻は上条さんと別れた御坂サイドの話のような気がします

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 07:27 * edit *

最近は、きっと別のかまちーが書いていたんだと思うよ。
かまちーはクローンが居て、新約三巻までクローンかまちーが執筆していたんだと自分は自分は主張してみる。
だって、クローンとかいないとあんな早く書けるわけがない(断言っていうか希望)

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 07:34 * edit *

感想・考察お疲れ様でした!

これはあくまでも個人的見解ですけども、新約6巻は上条さん以外のハワイ組が学園都市に帰って、一方通行、浜面、美琴がハワイに行っていったい何をやってきたんだよ?っていう説明会を学園都市待機組にするイベントがあり、尚且つ学園都市主要協力機関の離反の責任を取らせる学園都市暗部とバトル!って感じでしょうか?
んで最後にグレムリン襲来で次回に続くんなら最高ですね!!

ところで話は変わりますが、デビさんってゲーセンに行かれる方ですか?この間ゲーセンに行ったら黒子とあわきんのフィギアがありましたので、一応ご連絡をば(^^)

カズ |URL | 2012/03/18 07:39 * edit *

>…この時、ガードマンが「火星から採取した細菌の塊とおしゃべりしているボッチ野郎までいやがる」と言ってましたけど、
>これは十中八九『火星SS』に登場した微細乙愛(びさいおとめ)さんな気がするなぁ…。
>もう入手困難な雑誌SSのキャラを微妙に絡めてくる鎌池先生は相変わらず容赦無いですよ!
火星SSは禁書SPに収録されてましたよ?

>でも450ページには垣根「提」督と書かれているので、別人という可能性も微粒子レベルで存在する…?
担当編集の三木さんのツイートによれば、単なる誤植だったらしいですよ
http://twitter.com/#!/dengeki_miki/status/179062704798056449

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 07:43 * edit *

お疲れさまです!
段々、盛り上がってきましたねェ!5巻が楽しみです。

百合子 |URL | 2012/03/18 07:49 * edit *

お疲れ様でした♪
最初見たときは450ページ近くあって
なにこれ分厚いすぎッ!!と思ってました
ですがこれを見て内容がかなり分かりやすくなりました
ありがとうございました!!
二週目に挑戦だァ!!←

教皇代理 |URL | 2012/03/18 07:53 * edit *

デビさんの推測の素体=吸血鬼が正しいなら
次巻か次々巻あたりに姫神さんが
拐われたりしそうですね。

だい |URL | 2012/03/18 08:09 * edit *

ていとくん復活!ていとくん復活!

今回の上条さんはショタっぽくなくて俺得でした^p^
あと序章は完璧にナルトの幻術ネタやると思いましたw

なにはともあれ感想お疲れ様です!

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 08:35 * edit *

お疲れ様でした
新約4巻は全体的に好評のようですね
発売される前は色々と不安だったけど、文句なしに面白かったです
そして読み終わってすでに新約5巻が待ちきれない始末

詳しくは5巻で語られるという事は次は上条さん以外の話かな?
てかそろそろインちゃん活躍しないか

とある学生 |URL | 2012/03/18 08:43 * edit *

>「新約」1、2、3巻で禁書の面白さは格段に落ちたと思いました。

ぶっちゃけちゃったw
まあ1巻以外は同意だす。
今回はオティヌスのビジュアルといい、気になる事満載なので次巻が楽しみです。

あと
>私の可愛い嫁
そげぶ

最後に病理のキャラ感想で
>寄生獣よろしく遠距離から光速で鉄釘を射出!

本文中だと超音速でしたね。

AMAMD |URL | 2012/03/18 08:58 * edit *

コメントありがとうございます

> 火星SSは禁書SPに収録されてましたよ?

ぎゃーそうだった!
私はSPに収録されているSSも雑誌として実物で持っているので、
バレンタインSSやらとゴッチャになるんですよね…申し訳ないです。

デビ |URL | 2012/03/18 09:05 * edit *

クソwww黒子にやられるなんてwwwwwwww
中の人はかまちーだから幼女だと思ってたんだけどなー、今回の事で少し見方が変わりました。

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 09:21 * edit *

けっこう感想書くのに時間かかっただけの長さはありますねー
デビさんの考察は見ていて楽しいです

>まったくもう…同じ車椅子でも、私の可愛い嫁とは月とスッポンだよ!(ぇー)
クリックしたら同じレベルのオーラを放ってたんですけどwww

燐ちゃん |URL | 2012/03/18 09:29 * edit *

お疲れ様でした~

今回、正直に言ってしまうと自分的にはあんまり面白くなかったです・・・むしろ3巻のほうが面白かったかなーと感じました。どうしても新キャラばかりだと感情移入のようなものができないので(4巻面白かったという人ごめんなさいm(-_-)m)
でも4巻ではグレムリンってあんまし強くないやつもいる(個人的には良かったです)ことや犬小屋コンビ(笑)が出てくれたことや冷蔵庫くんの再登場フラグなど色々なことがあって次の5巻に向けてすごいわくわくしました。4巻は読んでる時よりも読後の時間が楽しかったです。

あとデビさんが感想にちょいちょい挟んでるギャグが読んでて楽しかったですww

コメント長文になってしまい申し訳ないです・・・

wawawa |URL | 2012/03/18 09:53 * edit *

感想お疲れ様です^^

もしかしたら最初の上条さんは幻想殺しの使い方を知っていたのかな?
次回は幻想殺しの秘密も少しはわかればいいな。個人的には上条さんの闇堕ちが見てみたかったりする・・・

そういえば今回は5秒で思いついたネタがないのが少し寂しかったりするのは俺だけ?

tera |URL | 2012/03/18 09:59 * edit *

ウートガルザ・ロキさんの元ネタはそっちの有名なほうのロキじゃなくて巨人の王の方ではないかと。
雷神トールを幻術で惑わせたお話なんかがあります
これからトリックスターな方のロキさんも出てくるかな?

あと木原脳幹ちゃんの説明部分、「動物以外の能力者」になってますよー
「動物の能力者」、「人間以外の能力者」ってことですよね?

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 10:05 * edit *

お疲れ様です!

今までの酷評を吹き飛ばしてくれるような内容でしたね!ww



さて、では――木ィィィ原くゥゥゥゥゥゥゥゥン‼((←禁書2期感想のときを思い出した

真の雑種 |URL | 2012/03/18 10:09 * edit *

あれですよね…
どう成長したら13,4歳の女の子がフィアンマとオッレルスのコンビに
勝てるんだよ!って話ですよね

Salvare000 |URL | 2012/03/18 10:59 * edit *

感想うぽつです!
帝督さんの復活、心から願いますぜ。

次巻も楽しみだ!!

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 10:59 * edit *

アレイスターが吸血鬼だとしたら2巻ラストまでは姫神にガチブル状態だったんだろうか

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 11:15 * edit *

並の人間を凌駕し、魔術に支えられず、超能力開発を受けていない素体って、アレイ☆さんと思ってましたが、吸血鬼もありそうだなぁ、それだったら■■が活躍しそうだし。

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 11:27 * edit *

まさか木原が5000も居るなんて……

これは凄い■■フラグだなぁ……。吸血鬼か原石くらいしか心当たり無いもんなぁ……

鞠亜ちゃんも撃墜とは上条さん相変わらずだな。まぁ、カッケェのは認めるけれど

そしてさらっと名言、かまちーはやっぱ化物。禁書の化物共がかわいいくらい

23学区住人 |URL | 2012/03/18 11:55 * edit *

吸血鬼か…その発想は無かったな

名無しさん |URL | 2012/03/18 11:57 * edit *

お疲れ様です。
デビさんの考察はほんとにわかりやすいですね。

>ミサカ大脱走の指示を出したのは芹亜姉さんでしょうか?
なるほど…そんなことにまで頭が回っていませんでした。
>オルゴデミーラか!
全力でワロタ!!
>私の可愛い嫁
そげぶ!!
>全体論の超能力について
わかりやすかったです。

そしてアックアや騎士団長レベルの高速安定ラインを維持するかまちーはバケモノだ…

使えない能力のレベル4 |URL | 2012/03/18 12:17 * edit *


おれも言わせていただこう・・・・・・

木ィィ原ァァあああああああああああああああああああああああああああああああッ!!

暇人o |URL | 2012/03/18 12:25 * edit *

毎度お疲れ様です!個人的には旧約含めて上位に入るくらい面白かったし、読むのが楽しかったです
新約からダメになったってのはなんか違うと思いますね。2巻のバトルパートは面白かったし、第一まだ巻数も出てないわけですし
そんなことはさておき、全体論の素体ってカザキリだったりしませんかね?条件には合ってる気がします

Fallere825 |URL | 2012/03/18 12:37 * edit *

お疲れ様でした
今巻は旧約の中で比べてもかなり面白かったですね
あと上条さんカッコよすぎ濡れる

いやいや、デビさん
確かに新約になってからは盛り上がりに欠けるところはありましたが、今まではこれ以後の巻の布石でしょ
なにごとも準備は必要ですからね
単体で見れば旧約に劣るものの、それを考えると1~3巻もなかなか優秀だとは思いますよ
後カエル医師=木原説はかなり納得しましたわ

5巻に激しく期待

不幸な人 |URL | 2012/03/18 13:20 * edit *

お疲れ様です
デビさんの考察には毎回楽しませてもらっています。

>…あと余談ですけど、サフリーさんがラリアットを使うP58で「首無しライダー」という単語だ出てて笑いました。
鎌池先生は『デュラララ!!』で有名な成田良悟先生と仲良しだからなぁ…こりゃゼッテー意識してるよ…。

挿絵に目がいっていてまったく気づきませんでした。
ぜひデビさんにはデュラララ!!の感想も書いてもらいたいです!

獅子丸 |URL | 2012/03/18 13:46 * edit *

いやー、「中の人」って表現は完璧にあべしさんを想像しますねー。

ランキト |URL | 2012/03/18 13:49 * edit *

テレスと幻生は乱数よりも低いような気もしますけどね

名無しさん |URL | 2012/03/18 13:58 * edit *

感想・考察、お疲れ様でした。
今巻は歴代最高のページ数、新キャラが大量に登場、息もつかせぬ展開が続きっぱなしと正直、感想・考察が出来上がるのは、もう少し先かなと思ってたのですが、徹夜までして書きとおすとは本当に感謝です。

まず最初に>…「新約」1、2、3巻で禁書の面白さは格段に落ちたと思いました。
あーやっぱりデビさんもそう思ってましたか、個人的には、新約の中で1巻は主に浜面の活躍で燃えは十分に補充できたし、2巻は予め繋ぎという覚悟はできてました兼それにしてはかなり笑えたということで、それほど不満ではなかったんですが(流石に3巻はキャラ多すぎ&カメラ視点のコンボで総合的に見て不満の方がやや大きいです。)世論的にも新約の評判は良いとは言えなかったですからね~
さらに、あの不安を持ってもしょうがないあらすじが来たら心配するのも無理はないでしょうが、いざ蓋を開けたら4巻は新約の中では1番面白かったという声が多数だったのは嬉しかったなぁ。俺も今回は熱くなりっぱなしでしたよ。

初登場のキャラが多い巻でしたがそのうちの半数近くが大した活躍もできず切り捨てられるという結果には鎌池先生やっぱり容赦がないですね。(しかもビジュアル的には15巻と違い全員しっかりとしてましたし)
特にシギンに至っては、ご覧の有様でウートガルザロキと乱数みたいな幻覚ネタといった特徴もなく、ネタ的にも動かしにくいと(でも、ここのハンターネタには吹いたw)このまま正式に登場しなかったらガチで読者の記憶から消えていきそうです。

さて、そんな不憫な人たちとは対照的に(酷いw)現時点での禁書最凶と言っても過言ではない病理さんやキレイな木原との呼び声も高い加群さん。残虐な戦闘スタイルと飄々とした言動とは裏腹に意外と仲間想いでありギャップがあったマリアン。メイド少女でありながら異色な格闘家、更には新約4巻でヒロインに近い働きもしてくれた雲川鞠亜など存在感を存分に示してくれたキャラは本当に見ていて飽きませんでした。

そして旧キャラも全然負けておらず上条さんVSマリアンは、上条さんのカッコ良さが際立ちまくりで、大満足です。あの挿絵がもうね…テンション軽く振りきってしまいましたよ。
その後も魔神→オッレルス&フィアンマ→ブリュンヒルド→帝督とか展開の移り変わりが凄すぎて、次の巻、早くしろって話ですよwでも、名言見る限り鎌池先生にそんなこと言うのも不要ですねw

そんなわけで、一切の文句なしで熱く楽しめた新約4巻でした。超長文失礼します。

あと最後に>まったくもう…同じ車椅子でも、私の可愛い嫁とは月とスッポンだよ!(ぇー)
そげぶ&画像のチョイスに悪意を感じるw

ジャックポット |URL | 2012/03/18 13:59 * edit *

いやあ、面白かったです新約4巻!

>並の人間を凌駕し、魔術に支えられず、超能力開発を受けていない素体となると…
>「吸血鬼」しか思い浮かびませんよね。
「窓のないビル。その巨体を支える基幹構造の一つで、――」
という表現からアレイスターのことかと思っていましたが、
そういえば吸血鬼なんて存在もいるんでしたね

…アレイスターも魔術に支えられた体質は持っていないはず…ですよね…?

BS |URL | 2012/03/18 14:01 * edit *

>麦のんが可愛く思えるほど恐ろしい存在でしたよ…
なに言ってるんですか!麦のんは元から可愛かっただろうがっ!!
>まったくもう…同じ車椅子でも、私の可愛い嫁とは月とスッポン
黒子www

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 14:19 * edit *


なんか所々違うと思ったのは私だけですかねー

何のために生まれてきた?出番があるから生まれてきたに決まってんじゃないのwwww

やべぇ、ザロキさんにいたっては冒涜www

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 14:21 * edit *

正直新約4巻は皆が思うより面白くなかったな~、と思ってたんですが、デビさんの感想見たらやっぱ面白い!と思いましたねw

カエル医者が木原ってのは十分ありえると思います。ただ、木原なら人を救う側にはならないんじゃないかとも思いますね。でもまあ『負の遺産』なんてものもありましたし、まだ分かりませんが。

全体論の超能力についても、分かりやすくまとめていただきありがとうございます^^非常に分かりやすかったです。

1つ疑問なのが、隻眼のオテイヌスが『素材』をとりにいくのは「窓のないビル」ですよね?吸血鬼というのは面白いですけど、素材はそのままビルの中にあるってことじゃないかと思いましたけど。

これは姫神とは別に、ただ吸血鬼がビルに保管されてるってことですかね?

まあ次巻が楽しみです。

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 14:22 * edit *

×①上条さんの右手が切断されても、右手は元に位置に"戻る"。
○①上条さんの右手が切断されても、右手は元の位置に"戻る"。

考察GJです

バトルロリコン |URL | 2012/03/18 15:05 * edit *

はじめまして!いつも楽しく見させてもらっています!!
個人的な考えですが並の人間を凌駕し、魔術に支えられず、超能力開発を受けていない素体っていうのはss2の原石少女じゃないですかね?

数学 |URL | 2012/03/18 15:05 * edit *

本編でも姉妹丼やってくれてもいいのよ
一端覧祭で雲川姉妹の上条さんの取り合いが是非見たいものです

>自分の体に発生する遠心力を増減する
細かい事ですが「自分自身の体が生み出す遠心力」なので投擲系の武器にも応用できる能力なんですよね
能力+武術はかなり待ち望んでた組み合わせなのでこれからが楽しみです

能力+科学兵器である能力者の駆動鎧部隊の再登場も楽しみですね
一方さんをスカウトした人(恐らく電話の男)も魔術勢力について詳しそうでしたし

今回は本当に科学と魔術が裏でも表でも関係ない勢力でも交わって来ているなぁと実感しました

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 15:44 * edit *

ずば抜けて、面白かった新約4巻!
5巻の舞台はやはり学園都市でしょうか?

タカ |URL | 2012/03/18 15:50 * edit *

面白いけどこれはノベルではなくむしろテーブルトークのリプレイブックそんな感想です。もともと禁書は記号的でしたが、新約なってからはより顕著になってる印象ですね。

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 16:20 * edit *

考察待ってました!!

いつもなるほどと感心させられっぱなしです。これからも頑張ってください!!

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 16:37 * edit *

>私の可愛い嫁

そんなデビさんの背後から、そっと肩を叩くものがいた。
振り返った変態感想のエキスパートは、そこで目撃する。
座っていたのは。
元神の右席の。
こウホッの。
アッー!クア。

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 16:51 * edit *

誰かサンドリヨンに触れてやれよ

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 17:19 * edit *

感想お疲れ様です!

新約1~3巻と比べ、あらすじの不安な文言をぶち破ってきた新約4巻はとっても面白かったですね!早く5巻が発売されないかな?と続きが読みたい気持ちで一杯一杯です。
カモ━━━━щ(゚д゚щ)━━━━ン!!

デビさんの記事のおかげでより深く理解出来ました。有難うございます!
しかし上条さんの『右手』に関する謎はなお一層のこと深まるばかり・・・。少しずつ、出し惜しみでもしているのかの如く、情報を出してきてくれてはいますが、「なるほど、分からん」が正直な所です。早くなんなのか教えてくれたっていいじゃないの!もう!(ぇー)

アレイスターやら吸血鬼やらで(姫神ちゃんの出番があるかも!?)という憶測が飛び交っていますが、5巻が出るまでなんとも言えないですよね。個人的には完全空気と化した姫神含む学園都市の面々がちょろっと出てきてほしいものです。

>まったくもう…同じ車椅子でも、私の可愛い嫁とは月とスッポンだよ!(ぇー)
はいはい幻想殺し

>鎌池さんの名言『(原稿を)書いてないと、墜落するんですよ。飛行機みたいに』
私たちを魅了してくれるパイロットには、どこまでも高く長く飛び回って欲しいものです。

SSS |URL | 2012/03/18 18:00 * edit *

13,4歳の女の子に戦いを挑む男達、、、、これって絵面危険

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 18:04 * edit *

合法ロリっていいよね…

いあいあ、ロリ好きではないです。ロリもなだけで(ry

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 18:13 * edit *

デビさんは気づいているのか?
「禁書」では黒子はSS2巻以来登場していないことに…

まあ「超電磁砲」で出てるから問題ないのかな?

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 18:30 * edit *

お疲れさまです!待ってました!

いや、でも本当に今回は面白かったですねー
フィアンマ登場素直にうれしかったなぁっていうのと
美琴ェ・・・

美琴は犠牲になったのだ・・・犠牲の犠牲にな・・・

HIBARI |URL | 2012/03/18 18:37 * edit *

お疲れさまです。
改めて新約4巻面白かったなって思いました

それでは、しっかり寝てくださいw

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/18 19:33 * edit *

カエル医者が『木原』というのは、面白い考察だと思います
医学も見方によっては化学ですし、患者を助けるというきれいな目的のために、エグイことをしている、もしくは、していた過去があるのかもしれません
何しろ、一方通行以上の地獄を見ているとのことですし、アレイスターとの関係を考えると、少なくとも、元『木原』の可能性は十分あると思います

『幻想殺し』が代変わりすることが明らかになりましたが、昔からある能力なら、どうして禁書目録に載っていなかったのでしょう?
っていうか、あのニートシスターに見せ場はあるんでしょうか?
新約に入ってから何もしてないし、みんなにもスルーされてる...

余談ですが、マリアンと龍之介や旦那は趣味が合わないと思います
あくまで人の形を残したまま、その苦悶や絶望に染まった表情や声を愛でるのが、彼らの流儀です。 嫌な流儀ですが...
マリアンの被害者は、助かるみたいでよかったです
「殺してやった方が情けだ」なんてことにならずにすみましたね
サンドリヨンも元に戻れるみたいですが、元に戻してくれた上条さんに惚れてしまい、まさかのヒロイン抜擢とかなったら面白いですね。 正に『灰被り』(笑)

河原 |URL | 2012/03/18 20:22 * edit *

感想・考察お疲れ様です!
あれだけの厚さを読破し、これだけの考察を書くなんて十分すぎる速筆ですよ。
神が速過ぎるだけです。

>木原5000人
私的にはむしろ数より比率に驚きました。
だってほとんどは学園都市にいるでしょうから、学園都市の460人に一人は木原ですよ。
こいつらのことだからエリート校に群れたりせず、学校が一つあれば一人か二人は木原が混ざっているという感じでしょきっと。
とある高校にも絶対居るよな。(青ピとは思いたくないが)

円周ちゃんが数多おじちゃんの思考パターンをたびたび使っていましたが、そう言えば黒夜海鳥も使えるようですね。
数多は自身の肉体改造は嫌ってましたけど、自分の脳のバックアップを取るとかは平気でやりそうですね。
後述の垣根と違ってまともな復活は完全に絶望的な木原くンですが、クローン素体にテスタメントで記憶や思考パターンを上書き、などという変則的な木原くン復活が理論的には可能そうです。

>グレムリン
基本的に科学サイドキャラが好きな私ですが、今回は魔術サイドも気に入りました。
木原と違って割と仲がいいところがいいですね。
ベルシ×マリアンが王道なんでしょうけど、私的にシギン×マリアンが見てみたいです。
口八丁でマリアンを手籠めにする感じで。

>木原加群=ベルシ
予告編での木原VSグレムリンという構図だけでは単調になってしまうのではと思っていたのですが、なるほど、まさかの木原&グレムリンですね。
う~ん、しかし彼みたいな生き方はどうも好きになれないなぁ。
「責任を取る道は、もっとずっと地味で全うな道」なんですよ。
一方さんはそこらへん頑張ってると思います。

>私の可愛い嫁
ならもう少し可愛い画像を引用しましょうよ。

>オッレルス&フィアンマ
待ってました!私的に期待している二人です。
しかし無印キャラがある程度出揃ってから満を持して登場、という感じになるかと思っていたのですが、予想外に早くカードを切ってきましたね。さすが鎌池先生。
特に第四主人公候補と噂されているフィアンマですが、旧約の一方さん的なポジションになるかと思っていましたけど、上条さんと合流したことからステイルのポジションにつくかもしれません。
そう言えばステイルさん最近見ませんね。ペンちゃんと戦った後遺症が大きいか……縦宮さんと共に安否が気になります。

>垣根帝督
まさかの公式でていとくん復活フラグ!!よしきた、初春とイチャイチャとか初春とベタベタとか初春とラブラブとかしろ!
でも未元物質で体作るっていうのはちょっとなぁ……上条さんに触れただけで消えちゃうとかどこの天使だよ。あ、だから六枚羽なのか?
それにしても未元物質万能ですね。
細胞作れるとかここまで何でもできるなら、「能力研究の応用が生み出す利益」の観点からはもう一位でいいのでは?
一方通行の実績は五月っ娘くらいですよね?

>素体
私は素直に「原石」かと思いました。
オッレルスが出てきたことからもソギーがターゲットかと。
でも削板や姫神も元が「原石」なだけで、既に開発はされちゃってるのかな?

最後に、2~3巻あたりで既に少し思っていたことが、今回それを軽く吹っ飛ばす勢いで思いました……
これどうやってアニメにすんの!?

chemis |URL | 2012/03/18 21:34 * edit *

これで5巻以降が
 上条勢力
      VS
       グレムリン
とかになったら軽くひくわー


サンドリヨン仲間にならねーかなー

mm |URL | 2012/03/18 23:49 * edit *

結局、垣根は復活しなかったって訳よ

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/19 00:36 * edit *

っていうか骨折ってマジか!?
感想乙です。でも感想でけがすんなよ!

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/19 04:13 * edit *

やっぱり今回の描写だけで、中の人<オティヌス と確定したわけじゃないですよね。
もしそうだとするとオティヌスは神上フィアンマより強いってことになりますし、そのオティヌスに対して右腕すらないフィアンマが太刀打ち、もとい駆け引きの材料になるわけないし…。

とりあえず、上条さん登場以降の展開は鳥肌ものでしたわwww

シーア |URL | 2012/03/19 08:49 * edit *

やっぱデビさんの感想を見て禁書読み終わった感じがします。
自分は第6位が雲川妹じゃなかったことに安心しました。やっぱ青ピが第6位だと思いますわ

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/19 13:21 * edit *

さすがデビさんの感想記事。コメントも拍手の数も半端無いですね。4巻はかなり好評で何よりです。

オティヌスが強すぎるというよりは中の人が弱くなっているという気もしますね。アレイスターが怒りを感じているのもここら辺が関係している気がします。そうなった原因としてはフィアンマに上条さんの右腕が斬り落とされて中の人が漏れ出ている途中でちぎるように幻想殺しを発動させたことかと予想しています。まぁ、その理論が正しいとするとアレイスターさらに怒りが増すような気がしますね。今回ので完全に中に入っていた分全部漏れたんじゃないかと思います。

全体論の超能力って何か原石みたいな感じがする。謂わば人工的な原石って感じでしょうか?まぁ、人工的に作られたのが今の学園都市で開発された超能力者という感じですから何か違いますけどね。まぁ、今の時点で無理やりまとめる(というか予想すると)今回グレムリン狙っている環境が自然に整って偶発的に出来たのが原石でその環境の調節をグレムリンがやろうとしていたというところでしょうか?そして一番気になるのがオティヌスが具合的に何を狙っているかですかね。アレイスター自信かはたまた窓のないビルを支える重要な何かか?そして原石なのか?

後、中の人に関してはフェンリルやルシフェルなど右腕に対して深く関係している物が合体したものだと考えています。アレイスターが作ったのかは知りませんが。後、オティヌスって見た目通りの年齢じゃない気がする。魔神になったから勝率が五分五分になるだけでなく成長も止まるデメリットもあるかもしれません。

風魔 |URL | 2012/03/19 14:41 * edit *

>元ネタのである悪戯好きの神「ロキ」

ウートガルザロキとロキは別物で、元ネタのウートガルは
ロキもトールも騙くらかした策士なんですよ
どっちにしても名前負けもいいとこですな・・・

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/19 17:10 * edit *

感想御苦労様です。
全体論の能力者の説明分かりやすいと思います。
そこで思うのですが、上条さんこそ全体論の能力者なのでは
空間裂いて出てきた時は 自分のルールで書き換えたようですし
バゲージシティの実験はベツレヘムの星でやったことの縮小版のような気がします。

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/19 17:41 * edit *

誰かインさんに触れてやれよ...

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/19 19:37 * edit *

デビさん乙~
5巻も楽しみにしとくぜ~

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/19 23:36 * edit *

考察お疲れさまでした!

今回、右手のことについてですが、所有者が死亡などを理由に変わるということから
実は、中の人の正体は初代幻想殺しではないかと勝手に妄想していますww
しかし、禁書は伏線が多く散りばめられているのでこうゆう空想が楽しいですww。

それにしても5巻が待ち遠しいです!!

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/19 23:40 * edit *

そげぶ! そげぶ! (ボコボコ)

デビさんの考察は面白いですね。読んでいてなるほどと思わされます。
新訳5巻楽しみですね!
そろそろ舞台を学園都市に戻して、既存のキャラを出してほしいなぁ

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/20 01:28 * edit *

>まったくもう…同じ車椅子でも、私の可愛い嫁とは月とスッポン

すいません、画像見たら真っ黒子だったんですがwww

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/20 09:22 * edit *

感想・考察お疲れ様です。
毎回さすがの考察力ですね。

蒲池先生のあとがきの後に載せてもらいたいくらいですよ。
言い過ぎちゃいました。(鈴木福)


>素体
・新約4巻P443:「窓のないビル。その巨体を支える基幹構造の一つで、素体は静かに眠っている。」
・とある科学43話:八方手を尽くしたのですが影も形も掴めず…
・アニメとある科学12話:胎児姿のAIMバースト
上記から

満を持して登場の第6位も原石。アレイスターが文字通りビル内で温存。
無意識の能力でビルの機能をも支えるその実態は(成長を止めたままの?)胎児かはたまた0歳児か―――

というのは如何ですかね?


次巻が、というか先のストーリーが待ち遠しいですね。
蒲池先生もデビさんも身体に気を付けて書き切って下さい。

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/20 12:25 * edit *

蒲池って・・・orz

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/20 12:29 * edit *

名前まで出てきたってことはていとくん復活ほぼ確定だな・・wktkすぎる(`・ω・´)

でも再登場してまた冷蔵庫になるのだけはカマチーやめろよ?絶対やめろよ?

名無しの中毒者 |URL | 2012/03/20 13:15 * edit *

お疲れ様です!
正直新約4巻は話が分かりにくかったのですが、デビさんの考察読んだら理解出来ました!!感謝してます!
自分も新約入って初めて面白いな…と思いましたね…w

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/20 13:41 * edit *

デビさんの感想はまいかいおもしろいですね!

中の人のことについて。あれは全体論の能力みたいなものではないでしょうか。それなら右手が切れるたびに違うものが出てくる理由も説明できますし、アレイスターの言っていた「別の視点」も全体論のことだと考えれば府に落ちる。周囲に満ちてる力を吸収するという仮説も立ててるけど、あんま自信ないですね。
 
幻想殺しは、中の人の器かな?

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/20 17:53 * edit *

順番から言って、そろそろ御坂親父と第七位のあの男の登場かな?

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/20 20:57 * edit *

上条さんがオティヌスに『二回』負けたのって今回の件じゃなくて『二度の死』に関係あるんじゃないでしょうか?

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/20 22:43 * edit *

>>まったくもう…同じ車椅子でも、私の可愛い嫁とは月とスッポンだよ!
どう見ても同レベルですwwww

ウートガルザロキは見た目的に強いヤツかと思ったら幻術だった。
病理が脳みそ5つ増やした時NARUTO角都かと思ったwwww
「第2位『も』未元物質を使って人体細胞を構築する術を『獲得した』」と書いてあるのでもう復活してるんじゃないですか?・・・・てか復活してください工場長!

とうとう魔神の登場でwktkが止まらないです^p^
てか、魔神が中学生ぐらいの女の子だとは思わなかった(A;´・ω・)フキフキ
サンドリヨンは上条ハーレムに加わってしまうのかな?


上条さんの「了解」の一言カッコ良すぎた♪

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/20 23:27 * edit *

新約4巻が面白かったのは、浜面がいないからだと思う

新約1巻→浜面がレベル0だからか、敵の魅力が薄い
新約2巻→浜面のせいで 上条さんとインさんの再会が台無しになった
新約3巻→浜面がハワイにいった意味あるの?疑問

主人公はもう上条さんと一方さんでいいかと・・

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/20 23:46 * edit *

浜面が出ていないから面白いかはさておき、かまちーは浜面をどうしたいんだろう?
新約は幻想殺し中心の話になるんだろうけど、そうなるととアレイスタープランに関わりがある一方さんは
ともかく、浜面が関与することってほとんどないんじゃ?
そもそも浜面って滝壺というヒロインがいてナンボのキャラだったからもう実質役目を終えちゃったように思う
無理に浜面だそうとすると新約1巻の兵器無双の番外編的なお話になっちゃうか、
ハワイのときみたく空気のまま終わっちゃう予感しかしない

前に新しい役目を与えるとか発言があったけど、現時点で全くそれらしい兆候が見えないな

名無しさん |URL | 2012/03/21 05:58 * edit *

第三次世界大戦で色んな事や人に関わりすぎて、変な言い方だけど歪んできてるんじゃないかな
バードウェイも似た事言ってたけど、最初は自分と自分にごく近しい人さえ平穏ならそれでよかったのが、その平穏で居て欲しい人の範囲が不相応に広がりつつあると言うか
まぁ能力も魔術も使えない以上、科学と魔術がぶつかり合う世界じゃ、『誰かのヒーロー』には成れても『英雄』には成れないキャラだとは思うが

フユキ |URL | 2012/03/21 07:09 * edit *

「破損」ってフィアンマの事だと思ってましたけど・・・
上条さんの中の「何か」が握りつぶされた事だったんですね~
右手は復活するから無敵なんじゃねぇのってこの辺は適当に考えてましたけど

しかし謎を謎のまま「破損」とか言われてもチンプンカンプンですね

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/21 16:06 * edit *

>もう『木原』という単語は概念のような物になってるなぁ…某殺人鬼一族かと思いましたよ。(木原を、開始します)

同じこと考えました(笑)。かまちーは西尾に通じるものがあるように思うなあ。
きっとかまちーなら歯磨きプレイを超えるものを生み出してくれるはず!!

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/23 23:11 * edit *

新約に入って、初めて面白いとおもえた…!
しかも結構グロかった…
新キャラもう出すなと思ってたけど、今回の新キャラは魅力的だった…
あ、サローニャも好きですよ?
ともかく、かなり面白かったです

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/24 13:41 * edit *

僕も新約読みました。
とても面白かった。次に期待したい。
チョーーーーーーーーーーーーーーーーーーー楽しみ。
上条さんカッケーーーーーー

ダンボール王さん |URL | 2012/03/26 13:05 * edit *

だー!まだ4巻買えてないけど、円周ちゃんは結局死んだんですか?

kikuzatosawahebi |URL | 2012/03/26 19:01 * edit *

木原一族、500人でも良かった気がする
5000人て

学園都市の名無しさん |URL | 2012/03/27 17:17 * edit *


昨日読み終わったので今さらですがよませていただきました。

何というか俺の考察とかぶってる部分がいくらかあって安心しました、5巻の時の感想も楽しみにしてます!

ようすけ(*゚∀゚) |URL | 2012/04/01 18:42 * edit *

続きがすげー気になる。5巻いつでるんだろう

学園都市の名無しさん |URL | 2012/04/07 20:56 * edit *

皆さん初めまして^^

もう気がついている人もいるかもしれませんが、
P217の15行目のところ
鎌池先生完全に仮面ラ○ダー○ォーゼ
意識していますよね。

学園都市の名無しさん |URL | 2012/04/26 22:51 * edit *

 少し前に自分なりの上条さんの死の考察を投稿してみましたが、ここを見てみますと早くも破綻しているみたいです、読み込みが足りなくてすみません。

 さて、今回も上条さんが酷い目にあっていましたが、肉体的なものはともかく精神的なダメージはどうなんでしょう?
 戦いに改めて恐怖を覚えるには充分過ぎる経験な気がします。
 前回の美琴との最後のやり取りから、奮起のきっかけ(美琴の指輪)になるものがない→出遅れる→美琴の救援が遅れるといった展開を予想しています。

 それと素体の話ですけど、吸血鬼の意見が出ましたが、むしろ自分は何の色もない、方向性のない、一種の空白な状態のホムンクルスのような文字通りの入れ物兼人柱兼プランにおける方向性の外部入力の端末のようなものがあるような気がします。
 打ち止めの存在が誕生するまでアレイスターが何もせずに待っているとは思えないし、むしろそれで思い通りにいかないから打ち止めを使ったような気がします。

タルタロス |URL | 2012/06/13 23:41 * edit *

>>新約4巻が面白かったのは、浜面がいないからだと思う

新約から買ってる人か?
22巻とか見てみろ、浜面もいい仕事してるぜ。

暇人o |URL | 2012/06/18 00:20 * edit *

>新約4巻が面白かったのは、浜面がいないからだと思う。
自分は、15巻から上条より、一方や浜面が主人公のストーリーの方が面白くなった。

木原一族になぜ、能力者がいないんだろう?木原病理の能力は、移植によるものだし。
レベルの高い能力者=頭脳明晰
無能力者=平凡な頭脳
なのに・・・。
木原一族の性格は、全員天才的な頭脳の持ち主なのに、無能力者というコンプレックスからだと思う。

学園都市の名無しさん |URL | 2012/08/04 20:34 * edit *

なんとなく受験勉強の合間に友人と話していて「カエル医者=木原」説が思い浮かび、
誰かほかにそう考えた人はいないかと探してたらここにたどり着きました。
ここまではっきりとした考察を読むのは初めてです、良い意味で驚きました。
これから、記事を読ませていただきます(__)。
これから楽しみにさせていただきます。

まっすー |URL | 2012/11/16 01:05 * edit *

中条さんの正体ですが、
「汝の意志することを行え」と言う意味を持つ名前のアレイスターが創設した宗教「セレマ」が存在し、現実のアレイスター著の法の書にも「汝の意志することを行え」は含まれています。
法の書を要約したセレマの法の中には『「汝の意志することを行え」を越える法はない』ともあります。
そして、法の書にハディートと言う神が存在します。
このハディートは「あらゆる人間の心の内、そしてあらゆる星の中心核にて燃える炎なり」とも表現されています。
本編において上条さんをエイワスは「誰に教えられなくても、自身の内から湧く感情に従って真っ直ぐに進もうとする者。」と評価しており、セレマ(「汝の意志することを行え」)とハディートの表現はこの評価に近いと思います。
また、法の書はエジプトのカイロにて書かれているのでアレイ☆のホルス発言も当て嵌り、アレイスターの法の書に登場する神である事からハディートが中の人と言う説を推してます。
と言っても、フィアンマが間違えた様にアレイ☆の解釈も間違っている可能性がありえるので断言はできないのが悲しのですが

学園都市の名無しさん |URL | 2013/03/16 01:32 * edit *

木原加群が魔術を使えるということは、能力開発を受けていないということだろうか?
加群だけでなく、木原一族は能力開発を受けていないということだろうか?

学園都市の名無しさん |URL | 2013/05/17 20:37 * edit *

教師やアンチスキルも能力開発は受けてなかったぞ

学園都市の名無しさん |URL | 2013/05/17 20:46 * edit *

数多の坊主は、そういうのは『実験動物』の役目と言ってたぞ

学園都市の名無しさん |URL | 2013/05/17 20:51 * edit *

男惚れしたよ上条さん!!!

EQUALSPEED |URL | 2013/12/15 09:38 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/2132-902b5b3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鎌池和馬 「新約 とある魔術の禁書目録4」

JUGEMテーマ:読書感想文    ◆とある魔術の禁書目録 シリーズ    序盤からサーフリー=オーブンデイズにボコボコにされる    上条当麻。なんか嫌な予感がしていたのが的中しました。    ?...

こみち | 2012/06/21 00:16