01/01
 独断と偏見による2011年秋アニメまとめ感想

201109062043192a6_20120101214729.jpg

感想を書かなかったアニメも含めて、ここ数年で1番の激戦区だった2011年秋アニメの感想をまとめて書いていきます。
あくまで"私個人の"感想なのであんまり気にしないでね!

■僕は友達が少ない■

MF文庫の最終兵器『僕は友達が少ない』―――正直、かなり微妙な完成度だったと思う。
基本的になストーリーは主人公が部活の中で美少女とイチャイチャするという感じなのだが、
そこから最終回まで目立った変化は無く…「俺達の日常は続いていく」ENDには溜息が漏れてしまった。
まぁ人気作品のヒロインから良い所をコピペして作ったような可愛い美少女たちが、
プール・夏祭り・海・合宿というこれまたベタベタなイベントを消化する様子は、そこそこ楽しめたと思う。
原作の時点でストーリーもヒロインのパワーバランスも崩れている作品なので、
そういう意味では「原作通り」のアニメだったかもしれない。

 



■機動戦士ガンダムAGE■

…ガンダムシリーズは引き込まれる設定魅力的なキャラクター、カッコイイMSが醍醐味のハズなのだが、
この作品にはそれら全てが無く、なんの面白味も無い子供向けロボットアニメになってしまった。
新しい境地に挑戦する…というスタイルは良いと思うが、既存の良い所をぶち壊してどうする!

主人公の息子が次の世代を受け継いでいく
…というストーリーは斬新かもしれないが、
その主人公に視聴者が1ミリも好感が持てないので、世代が受け継がれても「ふーん」という感想しか出てこない。
近所の飼い犬が子供を産んだような気持ちである。もう山田とイワークさんだけで良いよもう!


HG 1/144 AGE-1T ガンダムAGE-1 タイタス (機動戦士ガンダムAGE)
バンダイ (2011-11-19)
売り上げランキング: 34



■ペルソナ4■

アニメ『ペルソナ ~トリニティ・ソウル~』で盛大にコケているので最初は期待半分・不安半分だったのだが、
ゲームの雰囲気を120%再現した演出と、アニメ風にストーリーを昇華させた脚本は最高だった!神アニメである。
原作ファンが泣いて喜ぶような小ネタはもちろん、オリジナルのストーリーも素晴らしかった…!
特に林間学校の話は10回以上繰り返して見るほど神回だったと思う。

また、原作よりキャラクターの内面・性格が掘り下げられているのも高ポイントだろう。
無口な主人公を「一言に重みがある天然キャラ」に変えたのは感動すら覚えた。
女性陣はより可愛く、男性陣はより味のあるキャラに変わり…アニメ初見の人も楽しめた作品に仕上がっていたと思う。
1クールのラストも素晴らしかったので、是非とも最終話まで神回の連続で突っ走って欲しい。

…余談だが、放送初期の頃はニコニコ配信でOPが流れると「オサレOPw」「は?普通にカッコイイだろ」という感じで
アニメ初見ファンと原作ファンが醜いコメント争いを繰り返していたのだが、
林間学校の「ハイカラだろ?」「ハイカラッスね!」というやり取りで争いが沈静化し、
それ以来OPでは「ハイカラOPですね」「ハイカラっすね!」「ハイカラだろ」という微笑ましいやり取りが流れている。
さすが番長、視聴者まで攻略するとは流石ッス!


ペルソナ4 4【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス (2012-02-22)
売り上げランキング: 29



■ラストエグザイル-銀翼のファム-■

驚くほど話題にならないが、今のところ地味に盛り上がっていたりする。
世界観やキャラの設定が深すぎてよく分からない点も多いが、
"なんとなく"第三者の視点で視聴していれば普通に面白い作品だろう。
作画も良く、キャラも可愛く、何より伏線が多くてワクワクしてしまう。
だがGONZOは終盤で超展開に突入する前科が多いので、綺麗に終わらせて欲しい。
…ちなみに無印の方を数年前に友人の家で全話見たことがあるのだが、ほとんどストーリーは忘れた。(ぇー)





■ギルティクラウン■

キャラは結構良いのに主人公が優柔不断&クズすぎて見る気が失せているんだが、
2クールの作品は後半で神アニメに進化する可能性が十分残されているので、ノーコメントで。

ギルティクラウン 01【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス (2012-01-25)
売り上げランキング: 249



■ちはやふる■

もしこの作品が深夜じゃなくて夕方に放送されていれば、間違いなく全国で競技かるたブームが起こる。
それほど競技かるたの魅力を視聴者に熱く伝えており、不覚にもちょっとやりたくなってしまった。
キャラクターが精神的も身体的にも成長し、人間関係が変わっていく様子は胸が温かくなる。
それほど全てのキャラが魅力的で…まぁ何が言いたいのかと言うと、奏ちゃん可愛いよね。(ぇー)
覇権クラスのアニメが集結した秋アニメの中でも、心からオススメしたいアニメである。激アツ!
正直ダークホースだった…是非とも2クール目もこの調子で頑張って欲しい。


ちはやふる Vol.2 [Blu-ray]
バップ (2012-01-18)
売り上げランキング: 232



■侵略!?イカ娘■

イカちゃんが可愛かった。いや、本当にそれしか言葉が見つからない。3期もよろしく!





■マケン姫っ!■

エロ漫画界の最上位に君臨する武田弘光先生が描いた一般向け漫画『マケン姫っ!』がまさかのアニメ化!
…まぁ放送が始まる前からジャンプの『斬』が打ち切りになると確信できるぐらい期待していなかったのだが、
"ある意味"視聴者の期待を裏切らずに見事なC級アニメとしてゴールテープを切った印象だった。
もう最後までエロで行けば良かったじゃん…安易なバトル展開なんていらなかったじゃん…。

…『マケン姫っ!』は原作の時点でストーリーが微妙であり、キャラのエロさで生き永らえている作品である。
アニメはその微妙なストーリーを改変して面白い作品にしようと思ったのかもしれないが、
ただでさえ微妙なストーリーが最悪のレベルまで達してしまった。お前は何をやっているんだ!
露骨に多い説明セリフ、早すぎる展開、「俺達の戦いはこれからだ!」END…。
最終回がこれほどまで面白くない作品は結構珍しいかもしれない。
もしこのアニメを見たいと思った人は、武田弘光先生が描いたツンデロというエロ漫画を買って読んだ方が良いと思う。(ぇー)





■WORKING’!!■

個人的な順位では今期3位の面白さ…ラブコメアニメとしては、歴代最高クラスのアニメだった。
1人1人魅力的なキャラが揃っており、ふと何度も見直してしまうような…中毒的な面白さがある。
小鳥遊×伊波さん、佐藤さん×八千代さん、山田メイン、小鳥遊家…この黄金の組み合わせに勝る物は無いだろう。
もう毎回ニヤニヤしっ放しで、特に佐藤さんのヘタレっぷりはディスプレイを正拳で貫く所だったわ!(ぇー)
ちなみに原作にはまだ面白いイベントがわんさか残っているので、3期決定は間違いなくあるだろう。
…余談だが、某イカアニメでは話が終わるたびに「オチは?」とか鬱陶しいコメントが流れるのだが、
このアニメはオチが弱くてもEDの相馬さんがオートでオチになってくれるので問題無かった。(ぇー)


WORKING’!! 4(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2012-01-25)
売り上げランキング: 102




■Fate/Zero■

私を型月に引き込んだ元凶であり、毎回劇場版並のクオリティで視聴者を圧倒した今期の頂点に君臨するアニメである。
いや、分割2クールなので"今期だけを見て"順位を決める事はできないのだが、このクオリティは狂気を感じる程だった。
特にセイバーVSランサーの戦いから始まった大乱戦や、ライダーの最終宝具には唖然としてしまった…。
恐らくスタッフは体に蟲を入れて働いている…もしくは針を頭に刺されて針人間と化しているのだろう。(ぇー)

また、全ての陣営が主人公と言えるほどキャラが素晴らしく、
その人間関係が変わっていく様子は素晴らしい…どの陣営も応援したくなってしまう。
個人的にライダー陣営の親子のような成長には心が和んでしまった。ウェイバーきゅん可愛い!

1期の時点で敗北したのはアサシンだけだが、(アサ子カワイソス)
全員が主人公の各陣営が2期でどんな活躍をしてくれるのか…楽しみで仕方無い。
…が、逆に勝っても負けても無残なエンディングしか想像できないおじさんの今後はあんまり楽しみじゃない。オエエー!





■未来日記■

原作が人気なので前から気になっていたのだが、蓋を開ければ色んな意味で凄まじいアニメだった!
テンポも良く、脚本も素晴らしい…が、やはり通り魔が追いかけてくるような背筋も凍る超展開の数々は圧巻の一言である。
それを作り出しているのは「サバイバルゲーム」という設定と、我妻由乃という史上最狂ヒロインの存在だろう。
普通のヤンデレ美少女とはワケが違う、「こいつ人間か?」と思えるほど狂った彼女は毎回視聴者の度肝を抜く。
このサバイバルゲームの本質やまだ見ぬ所有者も確かに気になるのだが、彼女の存在が1番気になって仕方が無い。
1クールラストも凄まじい引きで終わったので、2クール目もこのまま頑張って欲しい所である。







■C3-シーキューブ- ■

どうして…どうしてこうなった…。
いや、戦闘シーンが結構迫力があったしキャラも可愛く声優の演技も素晴らしかったのだが、
第1話で「あ、このアニメ良いな」と思った視聴者が第2話で80%ぐらい絶望したのは事実である。
そんなバトル主体な感じでたまにお色気を挟みつつ、最後は大量の新キャラを登場させて終わった。
何だろうなぁ…感想を書くブログの管理人として失格なんだろうけど、
これといった良い所も悪い所もバシっと指摘できないんだよなぁ…気がついたら微妙なアニメになってた感じだ。


C3-シーキューブ- 1 (期間限定版) [Blu-ray]
キングレコード (2011-12-21)
売り上げランキング: 816



■境界線上のホライゾン■

最初は「キャラ多すぎ!設定が意味不明すぎ!」と混乱していたのだが、
やはり原作が濃厚なだけあって次第に視聴者を引き込む魅力があったと思う。
まぁ視聴者の理解力を超えて話が進むのはどうかと思うのだが、
ハイテンションなバトルやキャラの絡み、おっぱいは素晴らしかった。(ぇー)
恐らく今期で1番「視聴者が原作を読みたくなるアニメ」だろう。
2期も確定しているそうなので、今後も楽しみである。
…あと関係無いが、友人に「なんでトーリは裸になるの?伏線なの?」って聞いたら、
「じゃあこっちも聞くけど、なんでトーリは服着てんの?って返された。!?


境界線上のホライゾン 〔Horizon on the Middle of Nowhere〕 2 (初回限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2012-01-27)
売り上げランキング: 7



■真剣で私に恋しなさい!■

キャラの設定や関係を1ミリも視聴者に説明せずにストーリーが爆走したのは戦慄したが、
出京(放送開始1秒で京が何かをやらかしている)から始まるハーレムアニメは普通に面白かった。
…が、後半の謎のシリアス&超展開には流石の視聴者も戸惑いを隠せず、
良い感じのB級アニメから悪い感じのB級アニメになってしまった。残念。
まぁ政治ネタを使うのは斬新だと思うのだが…。
とりあえずキャラは結構魅力的なので、原作を今度友人から借りようと思う。





■ましろ色シンフォニー■

今期で最もニコニコ配信で見るのが面白かったアニメ。
エロゲ原作の美少女アニメという昔から変わらないジャンルなのだが、
最近では珍しいツンツンヒロインが主人公の手によってデレデレになる様子には思わず笑ってしまった。
というか主人公(瓜生新吾)の攻略スキルが半端ではなく、AパートとBパートで別々のヒロインを攻略するのもお手の物、
最高3人のヒロインを同時に攻略する様子は「芸術」と言っても過言では無いだろう。
そのスキルによって前回はツンツンしていたヒロインが放送開始1秒でデレている『出デレ』という現象が多発し、
視聴者の誰もが新吾さんの手によってハーレムが構築されると思っていた―――。

―――が、なんと視聴者全員の予想を裏切り、まさかの個別ルートに突入!
しかも第1話に登場したメインヒロインではなく、サブヒロインの個別ルートに突入!
これには多くの視聴者が阿鼻叫喚、爆笑の渦に叩き落とされてコメント数が激増した。
まぁサブヒロインの個別ルートに突入するエロゲ原作のアニメに前例が無いワケでは無いのだが、
今まで均等にヒロインを攻略していたからこそ…このエンディングは衝撃的だろう。

個別ルートに突入した後は視聴者の血管がキレるほどのイチャイチャっぷりを見せつけ、
クリスマスに家で2人きり→ヒロインの体のラインを強調する謎カット→見詰め合う2人
→2匹の猫の人形が一緒に寝ているカットに変わる
…という完全にセックスのシーンには、
思わず持っていたマグカップを握り潰してしまった。リア充爆発しろ!

まぁ作画や話の展開も良く、素晴らしい美少女アニメに仕上がっていたと思う。
「説明不足すぎる」という悪い意味で原作に手を出したくなった上のエロゲアニメと違って、
このアニメは心から他のヒロインとイチャイチャする為に原作を買いたいと思った。
あと余談だが、ニコニコ大百科の「正妻戦争」が面白すぎて吹いた。


ましろ色シンフォニー
ぱれっと (2009-10-30)



■ベン・トー■

他のアニメの評判が良すぎて警戒していなかった分、このアニメは完全なダークホースだった!
最初はネタアニメかと思っていたのだが、全てにおいてハイクオリティな作品だったと思う。
特に脚本とバトル描写が素晴らしく、半額シールが貼られて扉が閉まるシーンは視聴者まで手に汗を握ってしまった。
勝利というスパイスで味が上がった弁当を、本当に美味しそうに描写するスタッフは分かってるなぁ。

また、露骨な恋愛イベントが発生していないにも関わらず、ヒロインがかなり可愛い作品でもあった。
特に先輩と著莪が本当に可愛くて…風邪を引いた先輩を看病する回は萌え死んだわ!
声優の演技も素晴らしく、心から他人にオススメしたい作品と言える。

…それと、よく「弁当ごときで喧嘩すんなw」「その○○を買う金で弁当買えよw」とか言ってる奴がいるが、
最終話まで見てそんなアホな事を言う視聴者はこのアニメが伝えたかった熱いソウルを何一つ理解していない!

たしかに『狼』の最終目的は弁当だし、主人公の最初の目的も弁当だけだっただろう。
しかし『狼』の真の目的は「何かを得る為に誰かと戦いたい」というシチュエーションであり、
このアニメの本質は「弁当争奪」というより「ストリートファイト」に近いと思う。

もし本当に彼らが食事をしたいだけなら、チームを組んで半額弁当を総取りしたり、
弁当を買った帰り道の奴から奪ったり、楽して弁当が手に入る状況を作ろうとするだろう。
しかし『狼』はそれを拒絶する―――彼らは徒党を組む猟犬でも、他人から奪うハイエナでも、楽する飼い犬でも無い!
『狼』が欲しいのは闘争の上でしか成り立たない「達成感に満ちた勝利の味」であり、
言ってしまえば"過程の為に目的を求めている"のだろう。

実際、主人公の佐藤は楽して半額弁当が食べられる状況を拒否しているし、
最終話でも「強い者から逃げて残り物を漁る」という負け犬の根性をブチ壊している。
このアニメは男の闘争本能が揺さぶられる、正真正銘の熱い燃えバトルアニメだ!





■たまゆら■

文句無しで今期No.1アニメ。

いやもうね…流石『ARIA』のスタッフが再集結というだけあってね…毎回最終回の感動なのよ…。
「女の子達の日常アニメ」という掘りつくされた鉱脈のジャンルなのに、
それを演出するクオリティがもうね…なんで誰も話題に上げないのよ…この神アニメを…。
今期で1番感想を書いていない事に後悔したわ…かおたん超かわええ…。
だからこそ、このアニメが終わった後の喪失感がヤバい…思わず首を吊りそうになったよ…。
ARIAのスタッフには今後もこういうアニメを作って欲しいなぁ…スケッチブックの2期作ってくんねぇかなぁ…。(ぇー)



まぁARIAでよくある「臭いセリフ」がダメな人には合わないアニメだと思いますけどね。

« 超電磁砲コミックス第7巻のみさきちを彩色したイラストが素晴らしすぎる  |  あけましておめでとうございます。 »

コメント

イカ娘贔屓ww

セチナ |URL | 2012/01/01 23:43 * edit *

なんかよく叩かれてるの見るけどギルクラは楽しみにしてるなあ

Fallere825 |URL | 2012/01/01 23:48 * edit *

ある人はベン・トーに言いたい事があるそうです。
「方法や…!過程など…!ど う で も よ い の だ ァ ー ー ー ッ」←時止めて弁当を買う。
ベン・トーは面白かったですww

にっしー |URL | 2012/01/01 23:52 * edit *

シーキューブはね…うん

とある学生 |URL | 2012/01/01 23:54 * edit *

ギルクラは色々と惜しいアニメだと思う。
あの展開の速さだけはどうにかして欲しい。

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/01 23:57 * edit *

個人的にはWORKING'!!とFate/Zeroが光ってましたね。


ギルクラも面白いですけど、主人公が……。

真の雑種 |URL | 2012/01/01 23:57 * edit *

ましろはこれからのエロゲ原作アニメの指標になる良い作品だった。あと愛理さんメインヒロインじゃないよ。

煮え湯 |URL | 2012/01/02 00:01 * edit *

あ・・・たまゆら?おお・・・

さっすがデビさん!見る目ありますね!
俺も途中から見始めたんですけど、すごくのほほんとしていて、30分を長く感じれる作品でしたよ!
次回作・・・というか2期が欲しいなあ・・・チラッ(キタイスルメ

MrBAKUMAN123 |URL | 2012/01/02 00:05 * edit *

ギルクラのOpが神すぎると個人的に思うわけですが
ぜひnagiさんverが聴きたいなぁ
いや、こゑださんも素敵ですよ

不幸な人 |URL | 2012/01/02 00:15 * edit *

デビさんの感想どころか、秋アニメ一覧にgdgd妖精sがないだと・・・?

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/02 00:17 * edit *

>>キャラは結構良いのに主人公が優柔不断&クズすぎて見る気が失せている

ぼくは開き直って見てるんでとても楽しいwww

wawawa |URL | 2012/01/02 00:19 * edit *

確かにEDの相馬さんには毎回笑わされました。
スライドして出てくるなんて卑怯だよ・・・

ベン・トーは最初全く期待してなかったんですけど
あれ超面白かったですよねwww

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/02 00:32 * edit *

トーリは二期で服着てるシーンの方が少なくなるからなww
原作遵守で行くとww
ちなみにトーリが全裸なのは神様への供物だからなwwwww

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/02 00:32 * edit *

確かにホライゾンは始めは設定がよくわからなくて?って感じだったけど観れば観るほど原作読んで色々知りたくなっていきましたね~

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/02 00:43 * edit *

私はWORKING!!’にとっては一番だったかな。

へたれ主人公とラブコメからバトル展開は微妙だったと思います。

使えない能力のレベル4 |URL | 2012/01/02 00:48 * edit *

ちはやふるは、原作も面白いよ。連載雑誌次第では、第2のヒカルの碁になったと思う。

今期はダントツでWORKINGだったな~。観ていてこんなにニヤニヤするアニメは初めてだった。

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/02 00:49 * edit *

はがないはゲーム話は面白かった、でも最終回はないわー、ないわー
まぁでも「原作買ってみようかな」と思える作品だったかもしれん、買わないけど

今期はイカちゃん本命だったけど休止が多くて若干冷めた感
WORKINGは評判だったのを聞いていて2期1話を見てみたがまったりすぎてあれだった
でも頑張って見続けたら普通に面白かったしこれも原作を買おうかなと思った作品だった
amazonで全巻頼んで見てたら絵はあれだったけど慣れたらいいし、9巻10巻は最高の巻だった
というわけで3期全裸で期待しておきます。

名無しさん |URL | 2012/01/02 01:01 * edit *

個人的にはP4、ホライゾン、WORKINGが好きでした、特に原作を知ってるP4ホライゾンは色々楽しかった~

主人公のタイプがまるで違いますけどどっちも周りのキャラとファンに愛されてる辺りが良いなあと

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/02 01:13 * edit *

ギルクラはギアスみたいなのかと思ったら、全く違ったでござる。
主人公が要らないアニメも珍しいよね。

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/02 01:14 * edit *

全くネタにも無かったので予想してはいましたが
デビさんはやっぱりUN-GO切ったみたいですね・・・
アレは風守出てからが本番でしたがストーリーもキャラも良かったのですが

個人的に今期で一番面白かった作品です

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/02 01:18 * edit *

↑変な文章になってしまいすいません
作業しながら打ったもので・・・

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/02 01:20 * edit *

個人的にはギルティクラウンが一番です!

Fe |URL | 2012/01/02 01:35 * edit *

トーリは全裸がデフォルトなのさ
今季は境界線上のホライゾンが個人的には一番面白かったと思います。
5話の『――結べ、蜻蛉切!!』にかなり燃えました。

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/02 01:48 * edit *

トーリは全裸がデフォルトなのさ

今季は境界線上のホライゾンをすごい楽しみました。
最後の三話の盛り上がりが半端なかったです。

まあ、何だかんだで一番燃えたのは『――結べ、蜻蛉切!!』でしたけどね。

理解するにはニコ動にいい解説動画があったんで、それを見て設定を理解しました。

まあ今季は全体的に楽しい一期だった気がします。

nm |URL | 2012/01/02 01:54 * edit *

↑間違えて二回コメントしちゃいました、すいません。

nm |URL | 2012/01/02 01:56 * edit *

安定のイカちゃんワロタwww

tera |URL | 2012/01/02 02:17 * edit *

秋期のアニメは素晴らしく面白いアニメとそうでないアニメの目白押しでしたね。

P4は初見でしたが、素晴らしく楽しませてもらいました。原作をやってみたくなりますね!引き続き視聴していこうと思います^^

PVを見てから本命と決めていましたが、fate/zeroの映像美に終始目が釘付けでした。2期が早く来てほしいものです。

境界線上のホライゾンは書店で鈍器を見かけてはいましたが、全く未読でしたので正直期待はしていませんでした。しかしその分アニメを見てからは引き込まれましたね。説明が足りず、三河が消失するまではまとめサイトやらで補完していましたが、それでも十分に楽しめました。
4、5話の鹿角さんの戦闘には魅せられましたね。がっちゃん格好いいっす。サンライズ流石です。

ギルティクラウンは主人公・集の戦いに挑むための動機が不十分で、その場の空気に流されているダメっぷり感がありますね。まぁ彼の成長ストーリーだと思っていれば面白いのですが。

イカちゃん可愛い。癒されました(ノ´∀`*)

UN-GOは見てないのですね・・・。始めの頃こそ微妙な感も否めませんでしたが、風守ちゃんの登場以降はストーリーが面白くなっていましたよ。

たまゆら、ちはやふる、ましろは残念ながら見てませんでしたねー。デビさんの感想を読むと今からでも見てみたい衝動に駆られてしまいます(笑)

長文失礼致しました

SSS |URL | 2012/01/02 03:05 * edit *

↑すいません、がっちゃんではなく「だっちゃん」です。申し訳ありません(汗)

SSS |URL | 2012/01/02 03:12 * edit *

Fate/zeroはboxではさらに追加シーン盛り込み確定していますからまだ評価上がりそうだ、そしてスタッフ死にそうだww
トリニティブラッドはオチがよく分からないが全体的に面白かったけどな・・・
しかしペルソナ4の面白さは異常だ

kom |URL | 2012/01/02 04:11 * edit *

トーリは全裸、女装などを強いられているんだ!
境ホラで一番ヒロインしてるキャラがトーリになりますから

ベントーは少し残念だったが、アニメ組は楽しめたようでよかったです

シャナがない…

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/02 08:30 * edit *

ベン・トーとホライゾンは完全にダークホースでした
まぁホライゾンは鈍器ってネタを知ってたんで色んな意味で注目してたんですがw
あと秋アニメではないですが今クール最終回を迎えたアイマスが個人的に好きでしたね

もんぬ |URL | 2012/01/02 08:31 * edit *

個人的にはFate/zero、UN-GO、未来日記、P4、ベン・トー、ギルクラが面白かった
ギルクラの主人公がへたれすぎて(現時点では)好きになれないんだけど、4話の覚醒シーンは今期アニメ戦闘シーンベスト3に入るぐらい好きだよ
あとベン・トーについてのデビさんの感想は全てにおいて同意ですw

Aqua838 |URL | 2012/01/02 09:55 * edit *

オレは、Fate/zero、ワーキン、イカちゃん、弁当、P4、たまゆらが良かったです
・・たまゆらのOPって、朝にやっているNHKのドラマに使用しても違和感が無い気がするなぁw

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/02 10:11 * edit *

確かに話題にならないですがラスエグが結構面白いですね
今作見てると世界観が一緒な前作もあれはあれで結構面白かったような気がしてきますww

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/02 11:16 * edit *

でも僕はそんなシー・キューブが大好きです!
フィアちゃんが可愛いからソレで良いんです!

名無しさん |URL | 2012/01/02 11:42 * edit *

この中だと見てたのはましろ色とWORKING’!!ですね。

ましろ色はコメントのある動画と合わせて見るとお笑い的に効果倍増でした個人的に笑えるネタが三角関係辺りから失速したのが痛かった…
これは自分の見方が偏りまくってただけでこういう形も自然なんでしょうが最初の流れのままか、ハーレム展開にしていたら最後まで思い切り笑えてたかもしれなかったのでそこがどうしても惜しかったなぁ。
ただぱんにゃは出てくるだけで面白かったw頭身とか鳴き声とか珍獣としか言いようがないですがその分、存在感は半端じゃなかったです。皮肉ですがこれがぱんにゃを1番活かせるルートだったのは認めるしかないですね。

WORKING’!!は逆に最初から最後まで一貫して笑えるラブコメで非の打ち所が全くないくらい素晴らしい出来でした。
登場キャラほぼ全員が個性的な面白さを持っていてでテンポもいい感じで進行していたのでほとんど飛ばしなしで見れました。
原作だとまだ少しストックがありますし、しかもその時点で面白い話ばっかりですからね。どう調理してくれるか楽しみなんで3期待ってます。

長文失礼しました。今年は周期的に断然禁書3期に期待です。(超電磁砲2期でもOK)

Greed |URL | 2012/01/02 12:05 * edit *

オレ的にはベントー、が面白かったのよ。
今年はsaoや禁書映画もあるから期待してるのよな。

とあるクワガタの亡霊 |URL | 2012/01/02 13:46 * edit *

デビさんのイカ娘の評価が歪みねェ……
ちはやふるは深夜でなく夕方にやるべきだったと自分も思う。あと純粋に面白い
はがないは……、うん、あれはなかったことにしよう(特に最終回)

23学区住人 |URL | 2012/01/02 15:10 * edit *

来年の秋は禁書orレールガン、境ホラ、SAOになりそうでヤバい
ラノベアニメだけでも楽しみすぎる。

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/02 15:15 * edit *

WORKNGとイカ娘は安定した面白さでしたね
あとはP4、Fate、未来日記、ちはやふる、ベントーなどが良かったです!

たまゆらは癒しアニメとしては最高でした

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/02 16:19 * edit *

マジレスすると、ベン・トーは最後まで見る気になれないアニメだから、自分の中では評価が最低に低いです。
アニメにしろライトノベルにしろ導入が肝心なわけで、そこで耐えきれなかったら時間の無駄と判断してしまうのです。
「2話目まで我慢してみろ!」は許容できますが、「最後まで見ろ!」はようは頭をそのアニメで侵されてからだと面白いかもよってことにしか聞こえないです……

でも毎度思いますがよくアニメみてますねw
本当に参考になるのでこれからもよろしくお願いします。
そしてニコニコの新作うpを心待ちにしております。

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/02 18:55 * edit *

↑原作1巻を読んでみよう
あとがきを試しに見てみよう

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/02 20:05 * edit *

シャナについて触れられていないのは悲しいですが原作既読推奨作品だから仕方ないですね
(´・ω・`)

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/03 03:16 * edit *

いつになくバッサリだなーって感じのコメントで、とても新鮮なまとめに感じましたw

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/03 05:01 * edit *

gdgd妖精sェ…

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/03 11:34 * edit *

ギルクラは主人公がホントヘタレでしたけど、後の展開が楽しみ過ぎてしょうがない。

さて、たまゆら見るか。

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/03 17:29 * edit *

ちょっと!? UN-GOとgdgd妖精sと森田さんは無口。2とファイブレイン君と僕。とアイドルマスターと輪るピングドラムと灼眼のシャナとHUNTER×HUNTERとバクマン。とぬらりひょんの孫2期は!?

結構入ってないじゃないっすか・・・(´・ω・`)
そこらへんもちゃんと感想聞きたいなぁ

名無しさん |URL | 2012/01/03 19:44 * edit *

コメント感謝です

> ちょっと!? UN-GOとgdgd妖精sと森田さんは無口。2とファイブレイン君と僕。とアイドルマスターと
  輪るピングドラムと灼眼のシャナとHUNTER×HUNTERとバクマン。とぬらりひょんの孫2期は!?

その量のアニメを見るには会社を辞める必要があるでござるよ…。
あ、森田さんは無口はラーメンタイマーとして見てましたけど、普通に面白い女子高生アニメに仕上がってましたね。
まぁ4コマ漫画原作とはいえ変化が無さ過ぎるのはどうかと思いましたが…冷凍イカの目可愛い。(ぇー)
あとハンタは緊張感/Zeroの運動会BGMさえ無ければ面白いです。

デビ |URL | 2012/01/03 19:59 * edit *

正月とても暇だったので、禁書を負かした、というソードアートオンライン(sao)
を手にとって見ましたが僕は結構おもすぃろいと
思いました。
7月からアニメもあるということで、ご感想の程をリクエスします。

通常の名無しさんの3倍 |URL | 2012/01/04 00:07 * edit *

皆結構たくさんアニメ見てるんだなあ
僕は1クールで2作品3作品多くて4作品くらいですね
今期はフェイトゼロとホライゾンしか見てなかったです
来期も偽物語くらいしか見る予定が無い

学園都市の名無しさん |URL | 2012/01/04 06:59 * edit *

新年初コメ失礼します。
あまり多くの作品を見ているわけではありませんが、私的にはfate/zeroと未来日記が二強でした。

>未来日記
先日弟に面白いアニメを聞かれて推した作品ですが、困ったことが一つ。
どこが面白いのか説明できないのです。
キャラクターはそれなりに魅力的、由乃のヤンデレは萌えるし、雪輝のヘタレ主人公っぷりもよい。
それぞれの個性に合わせた未来日記を持つという世界観はそそる。或のような一般人が紛れ込むのも面白い。
それまでの日常を全て裏切るホラー要素もゾクゾクする。
ギャグはクソ面白くもないが急展開とのギャップに思わず笑ってしまう。
Fateの超作画に印象が薄いが、この作品も作画は綺麗。
しかしどれもこのアニメを語る上での魅力ではない。未来日記の突出した面は別にあるが、それが何なのか説明できないという印象でした。
後半も期待。

>C3
私はむしろ2~3話は歓迎だったのですが、その後失速した感じです。
ちょっと主人公たちにカッコつけさせ過ぎな気がして食傷気味になりました。
どんな呪いも解いてきた主人公が最悪の呪いを持つ少女を助けるという世界設定は素晴らしいのに、それを活かしきれなかったのではないかと思えます。
しかしそれでも2期を期待したい作品ではあります。

>ちはやふる
ノーマークでした!
タイトルは耳にして、百人一首の一つであることは分かっていたのですが、本当に百人一首アニメだったのですか!?
しかも調べてみると漫画原作でクオリティも高い!?
百人一首漫画・アニメは多重能力者級に不可能だというのが持説だったのですが、既に実現していたとは!
今度原作読んでみます!

chemis |URL | 2012/01/05 03:10 * edit *

むしろ此方からお断り

たまゆらは地元が第二の舞台に成ったのもあって大注目大満足しましたよ。


>最終話まで見てそんなアホな事を言う視聴者はこのアニメが伝えたかった熱いソウルを何一つ理解していない!
↑うん  まったく理解したくないね。

LCS |URL | 2012/01/05 22:39 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/2004-acf3aa48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)