11/24
 とある科学の超電磁砲SS② 能力実演旅行編 最終話 感想

SWScan_20111124153841.jpg

BD・DVD特典の『とある科学の超電磁砲SS② 能力実演旅行編』 第8話の感想です。
今回でこの物語も終了…最後まで手に汗を握らせてくれました。
ネタバレ全開なのでご注意を。


とある科学の超電磁砲SS② 能力実演旅行編 第7話 感想



前回、『歯車の大蛇』を倒した美琴&レッサーでしたが、最悪の結末は静かに迫っていました。
プロペラを回しながら学園都市へゆっくりと進んでいく、まるでオモチャのような小型無人航空機…。
それが学園都市の外壁を突破した瞬間、アンチスキルによって回収された水素爆弾に起爆信号が送られる!
オレンジ爆弾、死のネックレス、ウランの置物、怒り狂う暴徒、歯車の大蛇…正真正銘、最後の脅威のようですね。

美琴はその小型無人航空機の事を学園都市にいる黒子に伝えようとしますが、繋がらず…。
どうやら直接コネクタが切断されているらしく、能力を使ってもショッピングセンターの外と連絡が取れないようでした。
…美琴の能力はどんな場面でも対応できる凄まじい汎用性を持っていますけど、
物理的に回線が切断されたり、気体爆弾を使われたり…能力が限定されてしまう事も多いですよね。

携帯電話が機能せず歯噛みする美琴…するとレッサーは胸の谷間から厚紙を取り出します。
…もう1話につき1回は美琴が乳ネタで弄られてる気がするんですけど、(鎌池先生も好きだなぁw)
その厚紙を振動させながら『通信魔術』で仲間と会話するレッサーを見た美琴は、
「新素材のケータイ???」と頭からハテナマークを出しながら混乱していましたね。

…どんな局面にも学園都市第3位の頭脳と能力を駆使して立ち向かう御坂美琴…。
しかし流石にオカルトを許容する柔軟な思考には"今の時点では"至っていないようですね。
『歯車の大蛇』も「念動力(テレキネシス)」かロボットだと思ってるんだろうなぁ…新約3巻が早く読みたいです。


SWScan.png

ちなみに魔力に反応して『くすぐったさ』に襲われる体質のランシスは通信魔術も一苦労のようですね。可愛い!
クソッ…キュートな笑い声+猫言葉とか完全に私のツボを突いてくるよ…もっと魔力を送れー!どうなっても知らんぞー!
…それにしても、この子の「魔力に反応して体がムズムズする」体質の謎は未だに説明されてませんよね。
まぁ『御使堕し(エンゼルフォール)』で魂が天使の位に座ったのが原因だと私は思っていますけど。

――― それはさておき、『新たなる光』の仲間達によってロケットの発射施設が起動している事を2人は知らされます。
最初はそれに黒幕が乗っているのかと思った美琴でしたが、宇宙に逃げた所で何の意味も無い…。
補給が無ければ数日間の滞在が限界だし、着地するポイントも余裕で割り切れる…そのロケットの意図が分からない。

しかしベイロープの言葉によって、そのロケットに乗るのは人間じゃないと美琴は気づきましたね。
そう、ロケットで宇宙の果てまで飛ばされるのは『コードEIC』そのもの…!
今までの事件を全て『機械の誤作動』と説明する為に、破片も残さずこのコンピュータを大気圏の外へ飛ばす。

だが、逆に言えばそのロケットを使うには『黒幕』もロケットの発射施設にいる可能性が高い。
美琴とレッサーは学園都市へ飛んでいる小型無人航空機を止めるため、その発射施設へと走り始めました。


SWScan1

そして美琴&レッサーはロケットの発射口から吹き出る爆風を回避しながら、
フランスの協力機関に所属している人間―――『黒幕』、ピーター=ウェイルゴを捕まえました!
これでロケットから「コードEIC」を確保し、こいつから小型無人航空機を止める方法を聞き出せば全てが終わる…。
美琴はやっと全ての事件が終わった事に安堵しますが、ピーターは怖気が走る笑みを浮かべていましたね。

…なんとピーターは笑いながら「自分はやってない」と呟き続けます…それはどう考えても嘘。
しかし彼が自分の罪を認めず、ただ時間が過ぎていけば学園都市は水素爆弾によって消し飛んでしまう。
そしてロケットの発射スイッチはもう押されているらしく、
彼はたとえ自分が死んだとしても「この事件は機械の暴走」という事にするつもりのようですね…。

人食いアリ、核爆弾、魔術の脅威…その全てに耐えてきた美琴を恐怖させたのは、人間の狂った意志でした。
ピーターは自分が勝利した事に酔いしれ、美琴から組み伏せられながらもロケットの発射を見守っていましたが…、
そのロケットが「ガクン」とバランスを崩し、最後は止まってしまいましたね。
…なんと美琴はロケットが液体酸素と液体水素を使ったエンジンで動いていると知り、
酸素分子を電気で分解して爆発を防いだようですね…つまりロケットの発射はおろか、ライターの火すらつかない。
普通なら自分の呼吸もできなくなるんですけど、ロケットが巨大だからこそ可能だった策ですよね。

そして美琴は砂鉄の剣でロケットの扉を切り裂き、中に入っている「コードEIC」のコンピュータと対面します。
もう時間が無い―――美琴は必死で学園都市に向かっている小型無人航空機の飛行ルートを調べ、
今まで自分を容疑者として捕まえようとしていた『保安員』から受け取った携帯電話で学園都市に連絡します!
どうやら『保安員』は美琴の為に、アンテナを急造して学園都市へのラインを繋げたようですね。

これによって小型無人航空機は撃墜され、正真正銘…全ての事件が幕を閉じました。
美琴は学園都市で頑張ってくれたルームメイトと携帯電話で通話しながら、
ド派手なデモンストレーションになってしまった「能力実演旅行」に溜息をついていましたね。



…という事でアニメ『とある魔術の禁書目録Ⅱ』BD・DVD初回特典『能力実演旅行編SS』の感想が終わりました。
やっぱり鎌池先生は凄いですね…1話1話にハラハラとドキドキ、そしてキャラ萌えを詰め込んでいるんですよ!(ぇー)
胸を弄られてプンプンする美琴、本編以上に活躍する「新たなる光」…本当に読んでよかったです。
そして冬川先生の描く女の子達も可愛くて可愛くて・・・まぁこの話は3時間ぐらいかかるから止めとこう。

…最後は黒幕を倒し、綺麗に終わった『能力実演旅行編SS』でしたけど、
美琴は「学園都市と敵対する機関」が存在する事に少なからずショックを受けていましたね。
学園都市と敵対する者がいるのなら、その学園都市にも相応の「闇」があるのかもしれない、と・・・。
このSSの時系列は超電磁砲より前なので、もちろん「妹」の事を美琴は知りません。
そう考えるとこのSSの終わり方はハッピーエンドではなく、これから始まる悪夢の序章にも見えますね…。

とりあえず美琴とレッサーが絡んだだけで大満足だった『能力実演旅行編SS』!
果たしてこの2人が本編で再開する事はありえるのか…。
まぁレイヴィニアさんを合流させた鎌池先生なら可能性はゼロじゃないですねw

鎌池先生、冬川先生、素晴らしい物語をありがとうございました!
本編にも今後のSSにも超電磁砲にも期待しています!
ではまたー。


―――追記―――

ああ、そうか・・・この物語は『御使堕し』より前だから、ランシスの体質とは関係が無いのかー。
という事はランシスってば魔力を浴びるとムズムズする体質なのに魔術師になったのかー。
それってとんでもないマゾっ子ちゃんだな!ヒャッホウ!(ぇー)


とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲(7) (DC)
冬川 基 鎌池和馬
アスキー・メディアワークス発行/角川グループパブリッシング発売

あとがきが無いのが少し残念でしたねー。

« アニメ「男子高校生の日常」先行配信 第4弾! 『男子高校生と旅立ちの朝』  |  2011年の世界版最萌キャラ1位は美琴!美琴!美琴オオオオオオ!!! »

コメント

鎌池先生は流石です!おもしろい!!おもしろすぎる!
鎌池先生の脳内を描く冬川先生の絵もすごすぎる!!
どんどん物語が連想されます!!

ありがとうございます!!!

絹旗健 |URL | 2011/11/24 16:05 * edit *

・・・?
この話って、御使堕しより前の話ですよね?
ランシスが魔力に反応して『くすぐったさ』に襲われる体質は別の理由だったのですか?

学園都市の名無しさん |URL | 2011/11/24 16:08 * edit *

三時間ともに語り合いましょうか!!w

学園都市の名無しさん |URL | 2011/11/24 17:02 * edit *

全くもって関係ない話をするが報告しておこう
男子高校生の日常4話が公開したよ

オオカミ |URL | 2011/11/24 17:07 * edit *

関係ないけどワーキングの山田の中の人に絹旗やってもらいたいなぁ
キタエリがずっといいと思ってたけど案外合うと思わないか皆

名無しさん |URL | 2011/11/24 17:24 * edit *

鎌池先生はさすがですね。

これだから「とある」はやめられない!!

使えない能力のレベル4 |URL | 2011/11/24 17:30 * edit *

とてもおもしろかったです!
鎌池先生や冬川先生はもちろんこんなおもしろい感想を書けるデビさんもすごいです!!
これからもがんばってください!

Salvare000 |URL | 2011/11/24 17:31 * edit *

>>オオカミ
実はあれが本放送でしたとかいうオチがリアルに来るんじゃなかろうか…
面白いからいいけど

名無しさん |URL | 2011/11/24 20:30 * edit *

デビさんお疲れ様です
三時間かかる?つまり三時間は話のネタに困らないと言う事か……

23学区住人 |URL | 2011/11/24 20:39 * edit *

おつかれさまです!楽しく読ませて頂きましたw

学園都市の名無しさん |URL | 2011/11/24 20:45 * edit *

確かに超電磁砲よりも前の話なら御使堕しよりも前ですよね?
ならランシスのくすぐったさとは関係が…

学園都市の名無しさん |URL | 2011/11/24 21:03 * edit *

12

なんだよー。 重要な伏線かと思ったら、ただのマゾっ子かよー。 オイっ!!

櫛稲田 |URL | 2011/11/24 23:28 * edit *

感想お疲れです!!
もう美琴が可愛くてかっこよくてこれから美琴が絶望していくんだなと思うと嬉しいような悲しいような…
何が言いたいかっていうと美琴まじ可愛い!!

名無し君 |URL | 2011/11/24 23:34 * edit *

能力実演旅行編、美琴の頭脳プレーやレッサーの熱い一面など本編だとあまり披露されていないキャラの魅力が良く出ていたと思います。

こんなに分かりやすく面白い感想を最後まで書き続けたデビさん本当にお疲れ様でした。

Greed |URL | 2011/11/25 08:56 * edit *

新たなる光はこの事件はすべて学園都市上層部の思惑通りに展開していたと判断してたんですよね
美琴はいい様に利用されていただけだと

学園都市の名無しさん |URL | 2011/11/25 09:30 * edit *

妹達編以前の美琴は学園都市の実態など知る由もないですから。加えて魔術を認識させる訳にもいかない。
時系列的に様々な制約がある中でも、美琴を主人公として描けているわけですし、黒子達レールガンメンバーもしっかり出してきている。
一つ間違えれば禁書本編と致命的な矛盾が生じてしまう状況にも関わらず、面白い話として纏められているのが凄いですよ。
こういうのを特典小説としてポンと出せちゃうのがかまちーの凄さだと思います。
デビさんも感想ご苦労様です、そしてありがとう。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/11/25 10:46 * edit *

新約4巻の発売日がもう決まったようだよ
http://www.kadokawa-hd.co.jp/ir/sokuho/1203_02.pdf

名無しさん |URL | 2011/11/25 17:46 * edit *

挿絵の美琴、可愛いんだが、どう見ても女子中学生には見えないw

学園都市の名無しさん |URL | 2011/11/26 02:07 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/1923-4b16ef7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)