10/25
 【第5章】『Steins;Gate』プレイ感想⑦【時空境界のドグマ】

画像1183

鈴羽ー!私だー!窒息させてくれー!
という事で第五章は女性キャラに萌えると同時に、色んな物が崩れ始める章でした。
もうヤダ…誰か助けて……ネタバレありです。


画像1175

ドヤァ…。

…冒頭は機関の陰謀によって7000万年前の地球に飛ばされたオカリンから…。
このシーンはアニメでも気になっていたんですけど、最終話まで見ても明確な意味は理解できなかったんですよね。
本編ではありえなかった世界線の出来事をオカリンが夢で見たとも考えられますし、
これから起きる出来事―――"大切な人"を救う為に様々な世界線を巡る という予知夢かもしれません。
まぁ今までとは完全に雰囲気が異質になった第五章の不安を煽る演出とも言えますし、
製作段階では伏線に使うハズだったけど最後まで使う事は無かったという事かも…。(ぇー)

そんな悪夢からオカリンが目を覚ますと、ラボには主要メンバーが集まっていました。(ダルまゆクルス)
そこでオカリンはダルから、このビルにSRENの直通回線が引かれている事を聞かされます…。
オカリンは先日の脅迫メールの事もあり、胸の中にあった不安と恐怖を増幅させていましたね。

…個人の光回線なんて100%のSERNの仕業なんでしょうけど、理由は結局なんだったんでしょうか?
未来のSERNがタイムマシンを完成させたのはラボのおかげ…というより電話レンジと紅莉栖のおかげですし、
やっぱり未来のSRENが指示してオカリン達を泳がせる(電話レンジを改良させる)為に設置したのかな?
まぁこのビルのオーナーであるミスターブラウンは複数のラウンダーに命令できる上司的な立場ですし、
SRENと通信する為に直通回線が引かれていた…という事も考えられますよね。

そして電話レンジの事を調べていた紅莉栖から、このマシンの恐ろしい性能を聞かされる事になりました…。
どうやら電子レンジのマイクロ波と携帯の電波が融合に近い形で同調しているらしく、
もし電磁波が携帯電話によって拡散されれば半径数百キロの人間が3分で死亡するそうですね…。
今まで電話レンジが安定していたのは、ピアノ線をスキップで駆け抜けるぐらい綱渡りだったんだなぁ。

その説明の後、紅莉栖は記憶をデータ化してタイムリープを可能とする理論を考え出しました!
データ化した記憶を圧縮して携帯電話を媒体に過去の自分へタイムリープする…。
…『Steins;Gate』は99%の科学と1%のファンタジーと言いますけど、これは流石にファンタジーだなぁ。
記憶のデータ化とかオーバーテクノロジーすぎますよ…まぁ1番のオーバーテクノロジーはダルですが。(ぇー)

オカリン&まゆりは紅莉栖の命令で秋葉原にパーツの買出しへ出かけます…このコンビは癒されるなぁ。
普段は高笑い&芝居がかった演技をするオカリンが、まゆりの前だけでは優しい口調になるのが素晴らしいです。

―――すると2人の前に黄金の指圧師・桐生萌郁が登場します…が、以前よりやつれているようですね。
しかしオカリン達がタイムリープマシンを作っていると知ると、
不気味な笑みを浮かべながら去っていきました…うわぁ、完全に死亡フラグの回収ですやんコレ…。
一時は萌郁が「IBN5100」を盗んだと疑っていたオカリンでしたけど、
ルカ子のDメールによって「IBN5100」は消失し、彼女への疑いも晴れた…。
それによってオカリンは萌郁を心からラボメンとして大切に思っていたんだろうなぁ…。
その信頼がラボ襲撃の引き金になるとは悲しすぎる話ですよ。

それにしても…この章に入って萌郁はもちろん、キャラクターの心情に変化が生じてきましたね。
今までサバイバル生活のメールやら送ってきた鈴羽がラボメン達と知り合った"今"を語ったり、
フェイリスの厨二病メールに書いてあった「崩壊」の文字でオカリンが不安になったり…。
何よりオカリンが遠くに行ってしまうのかと寂しさを覚えているまゆりが…もうね…うん…。

…でも、第五章に入ってから紅莉栖の可愛さが倍増した気がするなぁ。
@ちゃんねらーである事がバレて狼狽する姿が最高に可愛いんだよチクショウ!ぬるぽ!
しかも何だかんだオカリンと一緒にラボに泊まる事をOKしてますし、
クールだった最初の頃に比べれば格段に心を開いてくれてますよね。
顔を赤くしながら「私達を襲う気か!?」とか…それはアレか、誘い受けだな!?(ぇー)

はぁ…こんな幸せがずっと続けばいいのに…。



画像1181

くぁwせdrftgyふじこlp!

こえーよ!普通にこえーよ!BGMが無いから余計に怖かったわ!
あぁ…アニメの内容を少し忘れていたので、この脅迫メールは完全に不意打ちだったなぁ…。
たぶんアニメを見ずに初見プレイしていたら間違いなく失禁していたでしょうね…。(ぇー)

…それにしても、この脅迫メールを送ったのは本当に誰なんでしょうか?
一見するとSRENが送ったように見えるんですけど、正直メリットが無いと思うんですよね。
うーん…ミスターブラウンが「脅迫」ではなく「警告」という意味でメールを送ったのかな?
でも写真の首無し人形の脳天に血の点があるのが気になるんですよね…。
これはまゆりの今後を暗示しているとも見れますし、未来の関係者かも。(未来オカリンor鈴羽)

オカリンは全力疾走でラボに戻り、2人の安否を確認しようとします。
しかし2人の姿は無く、シャワールームから水音が響くだけ…。
血まみれで横たわる少女の死体―――そのB級スプラッター映画のような
フラッシュバックに襲われたオカリンは、迷うことなくシャワールームへ突入しました!


画像1182

いよっしゃあああああああああああ!!!

オカリン早く写メを!早く写メを録れー!!!(ぇー)
第五章は卑怯だよね…アニメでもそうでしたけど、恐怖と悦楽のギャップが凄まじすぎる。
アニメは結構しょんぼり作画だったので、この2人の裸体には思わず賢者モードに入るかと思いました。
それにしても…女の子の股間を触ったり全裸を見たりしても普通に接してもらえるオカリンの人望はスゲェなぁ。

そしてタイムリープマシンの開発の為の電話レンジを起動中、
偶然1階の42型ブラウン管テレビが電子を注入する「リフター」の役割を果たしている事が判明します。
オカリンはラボメンの期待を背負いながら鈴羽の協力でもう1度42型のスイッチを入れる事ができたようですね。
そのミッションが成功して嬉しそうに親指を立てる→照れて隠れる紅莉栖が可愛すぎうわああああ!!!
そしてミスターブラウンからジャケットを奪われてスポブラ丸出し生活を命じられる鈴羽うわああああ!!!
…『Steins;Gate』はプレイヤーに不意打ちのような"あざとい"萌え要素を食らわせてくるから困るね…大好きだ!

ついに完成したタイムリープマシン…しかしオカリンは実験を行わず、研究機関へ譲渡する事を選びました。
アニメだと脅迫メールによる不安で実験を止めたように見えましたけど、
原作だとまゆりのポワポワ発言に救われて冷静な判断を下した…という感じで良かったですね。

まぁアニメ最高のニヤニヤシーンだった紅莉栖&オカリンのWツンデレが
一方的な紅莉栖のデレになっていたのは少し残念でしたけどね…ゲーム主人公視点なせいか、オカリンがクールすぎる。
また、オカリンが紅莉栖の実家へ行って父親との和解を手伝う約束が無かったの寂しかったです。
そう思うとアニメってメチャクチャ完成度が高かったんですね…映画も楽しみですわ…。


画像1187

そしてラボメン一同はタイムリープマシン完成祝いの宴会を開きます…が、
相性最悪の紅莉栖と鈴羽は竜虎のようなオーラを出して火花を散らします…。
私としては助手の黒タイツと鈴羽のスパッツから目が離せないんですけど、(ぇー)
ここでもラボ最大の潤滑油であるまゆりのおかげで争いが収まったようですね。
本当にまゆりは良い子だよ…ラボメンが増えて嬉しそうにしてる姿は天使だよ…。

しかし突然テレビに謎の爆破予告がうわああああああああああああああああああああ!!!


画像1188

ラウンダー襲撃うわあああああああああああああああああああああああああああ!!!



画像1189

まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!



画像1189

※欝ゲロ

もうね…予感はしてたけどね…ダメなのね…私って好きなアニメは何度も見るんですけど、
まゆりのデスループだけは絶対に見れないのね…悲しすぎて…可愛いまゆりが消えるのが辛すぎて…。
というかアニメだと「素人に銃を持たせた集団」という感じだったのに、
原作だとガチ傭兵集団みたいな感じになってますね…勝てる気がしないYO!
もし私がアニメを見ていない初見プレイだったら間違いなくバッドエンドだと思ってリセットしたわチクショー!


画像1190

まゆりが殺され、絶叫したオカリンは萌郁に襲いかかろうとします。
それを「抵抗」と見なした萌郁は彼に対しても引き金を引きますが、
帰ったはずの鈴羽が乱入し――― 投石と格闘術で次々とラウンダー達を倒しました!
そして萌郁と相対し、オカリンにタイムリープマシンの使用を促します。

オカリンはこの最悪のバッドエンドを回避する為に…タイムリープマシンを使用しました。
…この時、オカリンと同じように危険性が高いマシンを使おうとしていた紅莉栖と、
体を銃で撃たれながら"跳んだ"オカリンには涙が出そうになりましたね…。

次回からオカリンが死に物狂いでまゆりを救出する「悲劇」が始まります。
もう嫌や…プレイしたくないんや…でもマウスのクリックが止まらないんや…。(ぇー)
ではまたー。


STEINS;GATE 8bit 初回版
STEINS;GATE 8bit 初回版
posted with amazlet at 11.10.20
GigasDrop. (2011-10-28)
売り上げランキング: 7

ラボ襲撃のトリガーとなった萌郁との会話がキッチリ48時間以上前なのが巧妙だなぁ…。
Category: Steins;Gate - Comments : 11

« 『とある科学の超電磁砲』御坂美琴&白井黒子イメージ香水だと…!?  |  アニメ 未来日記  第3話 「初期不良」 感想 »

コメント

相談がなかったという事は二つ個別endがありえなくなりましたね
最初の個別endは鈴羽endが一番早いですね

学園都市の名無しさん |URL | 2011/10/25 16:54 * edit *

補足 Dメールを消す時はセーブを分けたほうが良いですよ

学園都市の名無しさん |URL | 2011/10/25 16:59 * edit *

いよっしゃあああああああああああ!!!

オオカミ |URL | 2011/10/25 17:18 * edit *

クリスティーナの胸がバスト79とは思えない谷間を…

ラボメンになりたい |URL | 2011/10/25 18:00 * edit *

自分はゲームを最初にやったのでラウンダー襲撃のときはめっちゃ焦りました。
そしてデビさんの地獄はここから始まるー

 |URL | 2011/10/25 18:12 * edit *

ついにここまで来ちゃったかあ・・・初めて小説で読んだときは本当にビックリしたなあ
関係ないですけど、ニコニコチャンネルのフルアニMAXでメダロットの配信が始まりましたね

名無しさん |URL | 2011/10/25 19:52 * edit *

多忙なわりには更新が早いですね^^
デビさんの感想は面白いのでこのペースで頑張ってほしいです。

次回はこれ以上の悲劇ですよー

 |URL | 2011/10/25 20:53 * edit *

まだ早いけど、全部終わったら考察wikiをオススメします。
細かい説明、さまざまな仮説があって面白いですよー。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/10/25 22:38 * edit *

ラウンダー襲撃のときはホント、ビビリますよねw 
アニメ同様、鬱な気分になると思いますが、頑張ってください~

あとクリスがクルスになってますよw

学園都市の名無しさん |URL | 2011/10/26 10:15 * edit *

父親についての相談も5章で見れますよー
・・・2章で紅莉栖を怒らせないことが鍵です。

どちらかと言えばあのシーンはアニメのほうが好きですが。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/11/05 03:53 * edit *

SERNにとっては、脅迫メールを送る意義はないと思いますし…
恐らく脅迫メールは、ミスターブラウンかと思います。
ラウンダーである以上、ある程度の事情は知っていたのでしょうし、岡部達の身を案じて、手を引くように密かに忠告したかったのではないでしょうか。

直通回線については、ミスターブラウンの為にSERNがあの建物へ予め用意していた物と、自分は考えています。
ブラウンは、ラウンダーの募集・指示を行う等、ラウンダーの中では上位の立場の様に思われるので、SERNからラウンダーへ指示を送る為の物だったのではないでしょうか。

学園都市の名無しさん |URL | 2016/03/02 22:17 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/1854-bf0b2604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)