08/17
 「新約 とある魔術の禁書目録 2 」 感想・考察

111kinnsyo22 (1) 

遅くなりました…鎌池和馬先生 著のライトノベル『新約 とある魔術の禁書目録2』の感想&考察です。
ネタバレありなので未読の方はご注意下さい。 また、かなり長文なっておりますのでご了承を。
「新約 とある魔術の禁書目録」 感想・考察


■本編■


新約1巻のラストで一通さん・浜面の前に現れたのは、"死亡"したと思われていた上条さんと、
魔術結社『明け色の陽射し』のボス…レイヴィニア=バードウェイさん、その人でした。
鎌池先生はインタビューでも「お気に入りのキャラはバードウェイ」だと明言していますし、
前から本編に合流させたかった―――いや、SSで初登場した時から確定事項だったのかもしれません。

そして主人公3人はメールアドレスを交換し、(一通さんだけ嫌そうにしてるのが萌える)
『ヤツら』の情報をバードウェイさんから聞くために上条さんの学生寮へ向かいます。
しかし上条さんは浮かない表情…やぱり皆に心配をかけてしまって再会するのが気マズイんでしょうね。
するとそんな上条さんに浜面がアドバイス―――「酒でも飲んでテンション上げちまえよ」
近所の悪い兄ちゃんだコレー!浜面は悪気ゼロで煙草とか勧めてくる気の良い不良キャラだなぁ。
まぁその申し出を受けてしまう上条さんも上条さんですけどね…。



一方、第三次世界大戦の最終局面で上条さんを失った美琴は意気消沈していました…。
同時に湧き上がる焦燥感―――自分はあのツンツン頭の高校生が死んだかどうかも知っていない。
…新約1巻ではフラフラと魂の抜けた抜け殻ようになっていた美琴でしたが、
彼女は世界中の情報を集めている学園都市の「闇」に自ら身を投げる覚悟までしているようですね。


sinnyaku22 (2)

「うーい……そこにいるのはミコっちゃんじゃな~い?」

―――が、そんな思いつめた美琴の前に上条さんが何しちゃってんのこの人ォォォォォォ!!!???
上条さんは呆然とする美琴の前に泥酔状態でフラフラと登場…その姿はテンプレな酔っ払い親父。
美琴はそんな上条さんを「第五位のレベル5が作り出した幻覚」かと思うほど動揺していましたが、
自分がこんなに心配していたのにヘラヘラしている目の前の男を見て怒りが沸いてきたようですね。

そして美琴は上条さんに即死級の雷撃を放ちますが…上条さんは幻想殺しを使わずにグレイズ回避!
このSSの感想を読んでもらえば分かると思うんですけど、上条さんはお酒を飲んで酔っ払うと
一晩で世界中の女の子にフラグを立てたり、(ラスボス候補のローラさんまで1人残らず)
列車サイズの砲弾を連続で全弾回避したりと…言ってしまえば酒癖が最悪なんですよね。

いや、酒癖が悪い…というよりお酒が入ると「上条属性」と「前兆の予知」が強化されるんでしょうか…。
上条さんは美琴の雷撃を回避した後フラフラと移動し、大量の女の子を磁石のように引き寄せる始末!
というか上条さん、あわきんとフラグ立ってたのかよ!救急車呼んでたりしてたのかよォ!
まぁフラグと言っても、あわきんはショタコンだから大丈夫…いやいやいや、ちょっと待てよ…。
最近は灰村さんの絵柄の変化で上条さんの顔がショタ化してるし、危ういかもしれない…!(ぇー)



場所は変わって上条さんの部屋…そこでインデックスは、自分がどの道を進めば良いのか迷っていました。
ロシア編で美琴は上条さんを追い続け、インデックスは上条さんの帰りを待ち続けていましたが、
上条さんとの唯一の繋がりである携帯電話を見て―――彼を探す一歩を踏み出したようですね。

…が、インデックスが飛び出すハズだった扉から上条さんが登場!何しちゃってんのォォォォォ!!!???
原作22巻の感動のラストをぶち殺すように上条さんは大量の女の子を引き連れて帰還しました…。
何だろう…このギャグ100%&ヒロイン続出の流れは番外編SSを連想しちゃうよ…!
その場のノリで登場した獣耳少女とか完全に卒業式SSの文学バイト少女と同じパターンじゃないですかァ!

この時、ショックを受けたインデックスと美琴が2人そろって『( ゚□゚)』という表情でしたけど、
たぶん新約2巻を読んでいた禁書ファンも同じような顔をしてたと思うよ!
…そう言えば吹寄って「上条の家に来たら妊娠しそう」とか言ってましたよね。おめでとう!(ぇー)


gggg

あと余談ですけど、この獣耳少女……どこかで見た事があると思ったら、
灰村さんが原画をやっていたPCゲーム「ユメミルクスリ」に登場するケットシー・ねこ子だわ。



時は少しだけ遡り…イギリス清教の本部であるの聖ジョージ大聖堂は、
第三次世界大戦が終わったにも関わらず慌しい雰囲気に包まれていました。
…数日前、ロシアの上空3000メートル以上に出現した空中移動要塞『ベツレヘムの星』は、
動力源であるフィアンマ(の持つ第三の右手)が上条さんに撃破された影響で落下。
その時の被害は地球が壊滅するレベルの物でしたが…再びそれに匹敵する脅威が現れました。

通称『ラジオゾンデ要塞』―――何の要求や警告も無く、ただ大気圏スレスレの空域を移動する空中物体。
上空を浮いている原理は科学技術による物ですが、障害を排除する迎撃方法は魔術による物…。
…どうやら今回の敵は"魔術"なのか"科学"なのか、それすらも分からない不気味な存在のようです。
ちなみにこの障害を排除する迎撃魔術は「新約聖書外伝」の『ペテロ行伝』にある話でしょうねー。
「力を誇示して空を飛んだシモンを見たペテロは神に祈り、シモンは落下して死んだ」という感じの。

この要塞が落下すれば地球壊滅レベルの災害は免れない…しかし近づけば打ち落とされる。
そこで神裂さんは迎撃術式の伝承を逆手に取り、科学のロケットで高度5万3000メートルより上空へ飛び、
そこから"落下して"『ラジオゾンデ要塞』の上に着地するつもりのようですね。

…「聖人」という強さが他のチートキャラを引き立てる絶好のパワーバランスだった事もあり、
噛ませ犬のイメージがあった神裂さんですけど…生身で大気圏突入とかやっぱり異常な存在だなぁ…。
まぁ羽と甲冑という霊装があってこその芸当なんでしょうけどねw 灰村さんの設定画が楽しみです!



物語は上条さんの部屋で戻り、コタツを囲んでバードウェイさんの話を聞く一同…夢のような光景だなぁ。
浜面の膝の上を「定位置」と言ってネコのように眠るフレメアも最ッ高に可愛いんですけど、
個人的には上条さんに上目遣いで熱い視線を向けるカラーイラストのインちゃんの破壊力がヤバイですよ!
…というか今更ですけど、一通さんってば髪の毛伸びたなぁ…普通に女の子に見えるから困ります。
まぁ長髪でも構わないんですが、SSⅡで登場した坂島道端さんトコの美容院とか行ってくれないかしらね。(ぇー)

バードウェイさんから魔術の基礎的な説明を受ける3人の主人公…鎌池先生は本当に説明大好きだなぁw
でも魔術を使用する為の「霊装」を伝説・伝承をスムーズに再現する為の"定規"に過程したり、
独特の例えをする禁書の説明は大好物ですけどね! …まぁ他の2人が「魔術」について真剣に考えている中、
問題児の浜面は「おまんまってスレスレの日本語だよな」とか妄想してましたけどね…お、お、お馬鹿ー!

ロシア編では科学的視点から魔術の一端まで到達した学園都市最高の頭脳を持つ一通さんはもちろん、
パズルのピースが合わさるように魔術的な事に対しては上条さんも頭がキレるんですけど、(原作20巻)
浜面は生粋の不良ですからね…魔術の説明を噛み砕いて理解する事が難しいんでしょう。
まぁロシア編や新約1巻でのヘヴィーオブジェクト的な戦闘を見る限り、機転は利くんですけどね。


sinnyaku22 (3)

ありがとうございます!
(ぇー)

バードウェイさん可愛すぎるだろ…私も渾身のビンタを食らいたいよ…。
ミックスジュースをカクテルと言い張ったりフレメアとキャットファイト(相撲)したり、
新約2巻でバードウェイさんの虜になった読者も多いのではないでしょうか? 私もです。(ぇー)
何と言いますか…完全無欠に見えたキャラが欠点を突かれて動揺する姿って可愛いですよね。
自分より年下の女の子がブラをしている事や豆電球無しで寝ている事に動揺するとか…もう…。



「魔術」に関する説明を終え、「第三次世界大戦」の背景と中核の話を始めるバードウェイさん。
しかしその前に休憩が入り、他の面々が食事を済ませたりする中…上条さんばバスルームへと向かいます。
まぁロシアから学園都市まで直行ルートですし、シャワーでも浴びるのかしら?…と思いきや、
そのユニットバスの中には新約1巻で一通さんと浜面を襲った『新入生』の黒夜海鳥の姿がありました!

…どうやら上条さんに全身全霊の一撃を打ち消されて気絶した後、運ばれてきたようですね…。
まぁフィアンマすら救おうとする上条さんですし、12歳の女の子を放置したりはしないでしょう。
というか「パンク系の服の編み込みを応用した拘束状態」って描写されてますけど、
灰村さんの設定画を見る限り一度タンクトップを脱がす必要があるじゃないですか!オッケーイ!

それはさておき、黒夜は敵であるにも関わらず自分に優しく接する上条さんを拒絶しているようですね。
いやまぁ、一瞬だけ上条さんに心を許しそうになった後、速攻でノリツッコミする姿は笑えましたが。
…拘束されている以上、普通なら反撃できない―――そう、普通の人間なら。
なんと黒夜は自らの左腕を取り外し、『窒素爆槍』の矛先を上条さんに向けます!
「一方通行の攻撃性」を備えた戦車すら貫通する槍は上条さんの顔面へと迫り―――!

「はいはいそこで幻想殺し」


「な、なにィ!?」


…文字通り、上条さんの手にかかればシリアス展開なんて一瞬でギャグ展開になっちゃうんだね…。
左腕を装着しようと強引にガチャガチャしてくる上条さんに対して「ったくもー!」と怒ったり、、
サイボーグ技術で自分がネコ耳少女になった妄想をしちゃったり…何この子、萌えるんですけど…。
ここでのポイントは上条さんは純粋な気持ちで聴覚情報の強化を想像していたのに、
そこから黒夜だけがネコ耳属性とか連想しちゃって「闇」のプライドを必死で保とうとしてる姿が可愛いんですよ!
というかアレだ…黒夜ちゃんの「下半身は綺麗なものさ」のセリフがエロいんですけど…。(ぇー)
下半身が綺麗って事は間違いなくこの子は純粋な乙女だよね…おまんま…。





sinnyaku22 (3)

ありがとうございます!






バードウェイさんから第三次世界大戦の中核を聞き…自分が死に物狂いで乗り越えた死闘が、
騒乱のたった一片でしたか無かった事に一通さんはウンザリしているようです…。
いやまぁ、一通さんは間違いなく第三次世界大戦の中心に限り無く近い場所にはいたんですけど、
そのステージに立っていただけで…この戦いの意味や真相には辿りついていなかったんですよね。

学園都市の『闇』を解体しても世界にはまだドス黒い何かが動いている…。
それでも一通さんが『闇』を解体した事に対して、隣の部屋にいた土御門は感謝しているようですね。
とりあえず第16巻で舞夏が突き破った防火パネルが復活していて安心しました。(ぇー)

戦いを終えた男達のクールな会話―――が、その空気が2人の嫁によってぶち殺されました!
どうやら一通さんがフレメアと戯れている事を第六感で察知した打ち止めは嫉妬心を燃やし、
ミサカネットワークでその感情を自動的に拾ってしまった番外固体も暴走しているようですね…。
さらに番外固体はサイボーグ用の猫娘オプションパーツを持ち出して黒夜を弄ぼうとしますが、
(黒夜ちゃん…なんでそんな可愛いパーツ持ってるんだい?お兄さんに言ってみ?
上条さんが視界に入った瞬間…一方通行の背中に隠れてしまいました。

まぁ上条さんはミサカシスターズを救った救世主のような存在ですし、
負の感情を拾い上げる番外固体にとっては自分の存在意義すら脅かす存在ですからね…。
上位固体である打ち止めが上条さんに対して強い想いを持っていないので大丈夫ですけど、
他のミサカ達が上条さん争奪戦を…もしくは妄想を垂れ流しにしたら少なからず影響を受けそうです。







sinnyaku22 (14)

※画像はイメージ映像です。

そして一通さんに続いて今度は浜面の嫁達も続々と登場します…滝壺KOEEEEEEEEEEEEEEE!!!!
滝壺って病弱なイメージしかなかったんですけど、まさか怪力キャラだったとは…!
というかドアを歪めながらフレメアに対抗心を燃やす滝壺が可愛すぎますよ!
「そんな事はっ!! "私"が1番よく分かってるっ!!」とか本当に修羅場じゃないですか…最高だな。
とりあえずドアを壊されて風が吹き込むこの部屋で上条さんが冬を乗り切ると思うと涙が止まりません。(ぇー)

さらに数秒遅れて麦野と絹旗も合流し、罰ゲームであるバニーを回避する為に部屋へ踏み込みます!
そして麦野は浜面の顔面を蹴り上げて勝利のガッツポーズ…こ、これも愛情表現の一種ですよね!うん!

その後、運命の時間…アイテムの面々とフレンダの妹であるフレメアの対面が始まります。
浜面はフレメアに麦野をどう紹介しようか迷っているようですね…姉を殺した張本人ですし。
この時、浜面が「逆ギレして君のお姉さんを真っ二つにした貴婦人」とか思考錯誤してましたけど、
たしかフレンダって仲間の情報を売って粛清されたんじゃなかったんですかね?
それが逆ギレって…まぁフレンダを殺した事実は変わりませんけど。

本気で迷う浜面…すると麦野はサラリとフレメアにこう自己紹介しました。

「お前の姉を殺害した女です。よろしく」


こりゃあああああああああああああああああ!!!
あービックリした!たぶん今年に入ってトップ5に入るぐらいビックリしたわ!
い…いくら何でもダイナミックにカミングアウトしすぎですって麦野サーン!!!
フレメアが寝ぼけていたせいで事無きを得ましたけど、浜面はこれからも大変だなぁ…。

一通さんと交差した時の会話でも言っていましたけど、麦野は自ら罪を背負おうとしたんでしょうね。
フレメアから恨まれる覚悟がある…だけど、彼女を『闇』へは絶対に引きずり込まない。
…原作15巻や超電磁砲5巻、PSP禁書の麦野編を知っている人は分かると思うんですけど、
麦野って自分の「第4位」という格付けに少なからず劣等感を持っているんですよね。
その麦野が一通さんと同じく格付けから興味を無くし、明確に別の道を歩んだのは"成長"と言えますよ。



一方、『ラジオゾンデ要塞』に着地した神裂さんはアニェーゼのサポートでバルーンを破壊して行きます。
上条さんが幻想殺しを使って『ベツレヘムの星』を降下させたように、迅速かつ慎重に浮力を落としていく…。
しかし突然『ラジオゾンデ要塞』の落下速度が加速し、とある場所―――学園都市へと移動を始めました!
このままでは学園都市が壊滅する…さらにアニェーゼとの通信が妨害されてしまいます。

同時に出現したのは石材で作られた円筒系の物体―――それは高速で神裂さんに突進して来ました!
神裂さんはその物体を遠隔操作されている霊装と判断し、この要塞から落下させようとします。
しかしその物体は自在に形を変え、精密すぎる動きで神裂さんに攻撃を放ちました!
一刻を争うこの状況でこんな玩具と戯れる余裕は無い…が、そこで神裂さんは気が付きます。

魔術師の魔力を通している霊装と違い、この物体は内部で魔力が循環している、と―――。

今まで要塞から落とそうとしても"偶然"踏みとどまっていたのは、これが単なる遠隔霊装では無かったから。
なんと敵の魔術師は自らの体を円筒の形に最適化させているようですね…。
敵の魔術師は自らの体を十字架―――いや、「投擲の槌」に変化させ、雷撃を放ちます。
それを神裂さんは切り裂きますが、悪寒が走るほどの魔力が生み出され…要塞の3分の1が消滅しました!
…神々の中でも戦神として最上級の力を持つ『雷神トール』関連の霊装はいつか出ると思っていましたけど、
まさか自分自身にトールの武器である『雷神の槌(ミョルニル)』を宿すとは予想もしていませんでしたね…。

…しかし、その力を目の当たりにした神裂さんの脳裏に浮かんだのは、恐怖や殺意ではなく――「救済」でした。
絶対に後戻りはできない自らの体を変化させる覚悟―――並大抵の決意が無ければ実現できない。
が、その決意の象徴である「魔法名」が失われれば、残るのは純粋で歪んだ力のみ…。
「第三次世界大戦」によって守りたかった者を失い、決意すら失った力の塊を救う為、神裂さんは刀を構えます。

この人間離れした異形の姿は『雷神の槌』を身に宿すだけではない…ある事から敵の意識を逸らす為の物。
神裂さんは前述したペテロの伝承…『飛行の禁止』を使い、「投擲の槌」を一撃で叩き落します!
魔術を使う者なら誰だって知っているような当たり前の知識…だからこそ、
「この常識は人間にしか通用しない」という固定観念がある――― そこを敵は突いた。

この祈りを受けたシモンは"死亡"した…その伝承通り、「投擲の槌」は粉々に粉砕されます。
そして、まだ辛うじて生きている「投擲の槌」は弱々しく要塞から撤退を開始しました。

あれは後で必ず救う。 だがその前に、神裂火織にはまだやる事がある。




そして『ラジオゾンデ要塞』の脅威は上条さん宅で『ヤツら』について話していた一同にも降りかかります。
…なんと『ラジオゾンデ要塞』は上条さんの幻想殺しによって地脈や龍脈が一時的に消滅し、
それが再生するサイクルを探知して学園都市へ近づいてきているようですね…。
第三次世界大戦を終わらせた張本人…たった一人の高校生を探す為に地球崩壊レベルの魔術を使う。
『ヤツら』が上条さんを探しているという情報を隠したかったとはいえ、凄まじいスケールですよね…。

どうやら上条さんの幻想殺しを探知している「発信機」が学園都市に埋め込まれるらしく、
それを破壊すれば要塞は回避できるようですね…3人の主人公は悲劇を止める為に立ち上がりました。
…夢にまで見た3主人公の共闘…さっきからヨダレ…じゃなかった、涙が止まりませんよ…。
「この世界はアンタに借りがある」と言った浜面も、無言で同意する一通さんも最高すぎます。

科学の頂点―――言ってしまえば魔術から限り無く離れた地点から独学で魔術に辿りついた一通さんは、
人の流れに「違和感」がある場所を感知していきます…それは「人払い」の基礎となる物。
その魔術とすら言えないような些細な事でも、一通さんは体力を急激に消耗させながら感知を続けました。

…この時、一通さんが「コップから水が零れないように」というイメージを持っていましたけど、
レベル0が魔術を使ってダメージを受けるのはガラスのコップに熱湯を入れるようなイメージなんでしょうね。
たとえ才能が無くキャパシティに空きがあったとしても、入れ物にヒビが入って壊れてしまう、と…。

それとアニメ禁書ⅡのBD・DVD特典だった超電磁砲SSでも「人の流れを科学的に研究する」という
話がありましたけど、あれも突き詰めれば一通さんがやっていた感知に辿りつくんでしょうか?
科学と魔術…相容れない存在ですけど、その境界は紙のように薄いのかもしれません。



一通さんの感知で発信機の場所が分かった上条さんは、その場所へと到着します。
が、なんと発信機は分厚いコンクリートで遮られた地下に存在するようですね…。
タイムリミットが迫る中、上条さんは必死でシャベルを振り下ろしますが、コンクリートは破れない…。

「よう大将、困ってるー?」


するとボーリングマシンに乗った浜面が登場し、コンクリートを粉砕しました!
「異常」な脅威に対して強い上条さんでは倒せない「通常」の敵を浜面は粉砕する。
本当にもう…上条さん、一通さん、浜面は絶妙なバランスを保っていますよね…惚れるわ…。

そして発信機を破壊し、学園都市の危機が去ったところでバードウェイさんは口を開きます。
『ラジオゾンデ要塞』を操り、第三次世界大戦が終わっても争いを止めず新たに生まれた敵の名を。

平和が訪れた世界を貪るオカルト―――『グレムリン』

バードウェイさんは3人の"ヒーロー"に平穏の道を進むチャンスを与えると同時に、
そのチャンスがあり得ない事を伝えたようですね…だからこそ魔術や第三次世界大戦について説明した。
自分が進むべき道に迷う一通さんと浜面…その中で上条さんは確固たる意思を持っているようですね。

これからの戦いは誰かを救う為に手を差し伸べる戦いじゃない…自分の「右手」を解き明かす戦いだ。
…上条さんは謎の為に殺し合いをする自分を「バーサーカー」を言って自嘲していましたが、
そんな彼を見つめていたインデックスだけは彼の本質を見抜いているようですね。
原作3巻と同じく、どれだけ人の為に傷ついても上条さんは「自分の為だ」と答える、と…。



その後、久しぶりに自分の部屋で寝ていた上条さんでしたが…メールの着信で叩き起こされます。
送り主は美琴…どうやら美琴は第7学区にある鉄橋に来て欲しいようですね。
上条さんにカエルのストラップを渡した美琴は、彼が再び学園都市を離れる事を予想していたようです。
それでも―――彼の性格を理解している美琴は、上条さんを引き止めるつもりはないようですね…。

そして上条さんは平穏と常識に守られた世界から飛び出そうと背を向けますが、
そんな少年の手を美琴は"絶対に離さない"ように強く握り、こう言いました―――。



sinnyaku22 (1)

「ただし、今度は1人じゃない」



美琴参戦キタアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!


妹編で学園都市最強のレベル5に立ち向かう上条さんを送り出した第7学区の鉄橋。
超電磁砲39話で退院した上条さんに手作りのクッキー渡そうとした第7学区の鉄橋。
そして、その鉄橋でついに美琴は上条さんの力になる決意をしました…!
…長らく彼女の活躍を待っていた美琴ファンの人は感激でしょうね…ロシア編はアレでしたし。
とりあえず今回のあらすじといい、担当の三木さんは思わせぶりな発言やめてよね!プンプン!




■その他の動き■



入院しているショチトルとトチトリのお見舞いをするエツァリ。
ツンツンしながらもエツァリのお見舞いを楽しみにするショチトル可愛いなぁ。
そして回復して毒も吐けるようになったトチトリも可愛いなぁ。(ぇー)
…でも、エツァリが海原の顔をずっと使っているのは間違いなく美琴がいるからですよね。
死んでいる人間ならともかく、まだ生きている人間に化けるなんてデメリットしかありませんし…。
トチトリの入れ知恵で「女の子に取り入る為に顔を変えない」と解釈したショチトルは怒ってましたけど、
もし愛しの「お兄ちゃん」が未練タラタラだと知ったら本気で殺しにかかるんじゃないでしょうか…。





黒夜ちゃんは上条さんの家で飼育されるのか…胸が熱くなるな…。





上条さんが生きていた事に安堵し、同時に自分の無力さを実感する雲川さん…。
学園都市統括理事会のブレインという確固たる権力を持っている彼女ですが、
逆に言えば「学園都市統括理事会」の権力"しか"持っていないんですよね…。
…まさか雲川さんが1番ヒロインの中で目に見えてショックを受けているとは予想してませんでしたよ…。
ラブレターSSでは「とっくに無血開城しているけど」とか言ってますし、デレデレじゃないですかァ!
とりあえず第五位のテンションで頑張ろうとする雲川さんには笑ってしまいましたね。
いやいやいや、これって灰村さんの設定画ネタじゃないですかー!面白いけどさァ!




夜の街をテクテク歩く小萌先生と姫神…姫神の登場が久しぶりすぎて涙が止まりません。
上条さんの出席日数がギリギリな事に小萌先生は頭を抱えていましたけど、
これは間違いなく上条さん留年フラグだなぁ…下手すると美琴と同学年になるぞォ…!
…この時、上条さんの暴走っぷりに姫神が「ドラゴンの倒し方とか学んでいるかも」と言ってましたけど、
これってもしかして伏線なのかもしれませんね…ドラゴン=エイワスって事ですし…。





sinnyaku22 (4)

オオオオオオオオオッケーイ!!!

今まで出番も少なくてイラストも無かったランシスのエロい姿じゃ…目に焼き付けろ皆…!
ゾクゾクさせたい…超至近距離で魔術を使って特異体質な彼女をゾクゾクさせたい…。(ぇー)
まぁボンテージを着用して上条さんを調教しようとするレッサーもエロかったですけどね!
というかレッサーってば本当に胸が大きいなァ!腰のラインも最高だぜヒャッハー!おまんまー!



sinnyaku22 (3)

ありがとうございます!




同じ繚乱家政女学校に所属する舞夏のクラスメイト、雲川鞠亜(くもかわまりあ)
どうやら彼女は運動・勉学…全てに置いて『才能』を持っているからこそ、
自らを窮地に追い込んで「免疫」をつけるという…特殊な行動理念を持っているようですね。
明らかに自分より劣るご主人様を探しているとか…ここだ!こにいるぞ鞠亜ちゃん!(ぇー)

…それとあくまで推測の域ですけど、私は彼女こそが学園都市第6位のレベル5だと思っています。
あらゆる『才能』を持っている…という事は、能力面でも絶大な『才能』を発揮しているという事。
それに彼女は間違いなく雲川先輩の妹(もしくは親族)ですし、立ち居地としても問題ありません。

また、新約2巻ではSSⅢと錯覚するほど大量のキャラが登場しましたけど、
基本的に第三次世界大戦を終えての終息…もしくは『ヤツら』に関する会話をしているんですよね。
その中で雲川鞠亜ちゃんだけが、まるで自分の存在を読者に紹介するように登場しました。
この違和感が私にはどうしても拭えませんね…再登場に期待です。






 __l__  /\ l |    /   ─‐┬‐┐ ___ __        //
 ┌┴┐  ‐┬‐ | |  ┌┴─┐  、 |  |  |_| ヽ /  l   |   //
  |三三|  | ̄| ̄|  |  |____.|   ×  |  |_|  X   |   |  //
 ───   ̄| ̄   |  |    |  ./  ` | __|_|  / ヽ  ヽ  |  //_
 /  \ /\ ヽ、l  └──┘    ヽノ    l ´   `   、ノ    ||| |
                                            | u |
                                             |  \
       /\___/ヽ        _.,.,_       _             |  \
 ・    /::::::''''''   ''''''\      ///;ト,      || |   ___       |__  ̄ ̄―
  ∴∵・|:.,(●), ● 、(●)|     ////゙l゙l      ( ̄ ̄ ̄(Ξ (|| ||       |   ___
 ・   |:::::.  ,,ノ( ,_,)ヽ、,,, |     l   .i .! |       ̄ ̄ (Ξ  (|| ||  ___|―― __
     |:::::::. `-=ニ=- '  |     |    | .|          (Ξ  (|| ||≪| _―― ̄ ̄
     \:::.  `ニニ´  /     {   .,).,)          | ̄― ̄/ ̄  ____――
      |ヽ    、 -´/7:::゛`  ̄!/   / |         ( ̄(0_/ ̄ ̄ ̄
     /゙i.  ) / ,.イ::::::::::::: | /   人  \        ( ̄ ̄/

建宮さんは犠牲になったのだ…!


縦宮さん…じゃなかった、建宮さんがまさかフレンダやテッラの仲間入りするなんて…!
普段はサッカーボールを蹴ったりエロメイドシリーズを確保したり気の良い性格でしたけど、
時には部下を一喝する熱い男だったのに…ここで建宮さんが死んでしまったのはショックで仕方ありません。
大丈夫ですよ建宮さん…ジャパニーズSAMURAIを見ようとワクワクしていたアンジェレネや、
興味が無いようなセリフを呟きながらもネコ目で真剣白刃取りに注目していたルチアの期待に応えるため、
自らの体を犠牲にして逝った貴方の事は忘れませんよ…だから静かに眠ってくださいね…。



■考察 特殊な例を持つ第10位の聖人について■

今回「投擲の槌」と戦っていた神裂さんは、『第10位の聖人』という言葉を連想していましたね。
現在本編に登場している聖人は神裂さん・アックア・ブリュンヒルド・シルビアさんですけど、
もしかして能力者だけじゃなく聖人にも格付けが―――と一瞬だけ興奮しちゃいました。

しかしこれは聖人の格付けと言うより、恐らく実際に存在する聖人の序列的な物かもしれませんね。
空を飛ぶ人間はペテロの祈りによって一瞬で地に落とされる…第10位の聖人以外は。
うーん…空を飛ぶ聖人と言うと、やっぱり『聖ニコラウス』…つまりサンタクロースでしょうか?
いやまぁ、単純に鎌池先生が聖人を格付けしただけかもしれませんけどね。(どっちだよ)



■考察 アレイスター=クロウリーとレイヴィニア=バードウェイについて■

上条さんを北極海から救って学園都市に連れてきたバードウェイさんでしたが、
それは一通さんと浜面に新たな道を提示する同時に『ラジオゾンデ要塞』を迎撃させる為でした。
本来ならアレイスターが要塞を迎撃・もしくは誘導するハズだった…しかし要塞は領空に到達し、
上条さん達の活躍が無ければ間違いなく学園都市は壊滅していたでしょう。
それによってバードウェイさんと『ヤツら』はアレイスターが自由に動けない事を悟ったようですね。

原作22巻の考察で「アレイスターのプランは世界の仕組みその物を昇華させる事」と言いましたけど、
世界は確実に変化しているものの…アレイスターが望む世界とは"ズレ"が生じているんでしょうか?
誤差を修正しようにも、安易に3人の主人公と接触すれば誤差が広がる可能性もある…。
プランのズレを恐れたアレイスターは要塞を迎撃できず、バードウェイさんの首を落とせなかった。

何だろう…初登場した時は「これ絶対に勝てないだろ…」と思ってたんですけど、
新約2巻で急速にアレイスターが小物になりましたよね…イエーイ!アレイスター見てるゥー!?
バードウェイさんに図星突かれて髪の毛切り落とすとか、煽り耐性が低すぎるだろ!

…まぁそれはさておき、今回のバードウェイさんは『ヤツら』に匹敵するほど謎に包まれていましたよね。
一通さんや浜面に魔術の仕組みや第三次世界大戦について詳しく説明をしていましたけど、
アレイスターの存在やプランについては一切…いや、意図的に話していませんでした。
プランの核には上条さんと一通さんが組み込まれているのに…どんな理由があったんでしょうね。
この情報をワイルドカードとして取って置きたいのか、"まだ"2人を泳がせていたいのか…。

バードウェイさんの魔法名は『Regunm』―――たぶん『Regnum』の間違いでしょうけど、
ラテン語で『Regnum』は「王国」「王権」「支配」を意味する言葉なんですよね。
そしてマークさんの魔法名である『Armare』は「武装された者」という意味…。
バードウェイさんが君臨する組織「明け色の陽射し」は"支配のためにカリスマを研究する組織"ですけど、
もしかして本当にバードウェイさんは世界を支配するつもりなのかもしれませんよ…。

もう小物になってきたアレイスターより、バードウェイさんの方がラスボスに見えてきたよ!
…いやいやいや、そのバードウェイさんに勝ち誇っていたフレメアこそラスボスなんじゃ…!(結論)



■再々考察 上条さんの右手、二度目の死について■

最後の最後でひょっこり復活して読み終わった読者が色んな意味で不安になった新約1巻。
「もしかして『二度目の死』もサラっと流されるんじゃ…」と冷や汗を流していましたけど、
バードウェイさんの発言やあとがきを見る限り、重要なキーワードとして未だに残っているようですね。

個人的に驚いたのは上条さん以外の人間から『"二度目"の死』というワードが語られた事でしょう…。
つまりバードウェイさんは『"一度目"の死』も知っているという事になるんですけど、
上条さんが記憶喪失になった事はカエル医者しか知らない事実だったんですよね。
14巻のテッラも上条さんが自らの右手を理解していないと気づいて初めて記憶喪失だと知りましたし、
バードウェイさんが上条さんの記憶喪失を知るわけがないんですよ…。

やはり最後のあらすじに書いてある「ハズレのルート」という鎌池先生の言葉といい、
たぶん「記憶喪失=死」というのは読者にミスリードを誘っていると思いますね。
…ただ、原作22巻のラストでインデックスと交わした約束が消えているのも事実です。
全てを話して目の前で頭を下げる…流石にあの感動をクラッシュするのはあり得ないでしょう。
全ての記憶とは言いませんけど、やはり断片的に記憶が消えている可能性があるかもしれません。
バードウェイさんも「上条当麻の誤差」というワードを呟いていますし…。

とりあえず私が提示する仮説は「幻想殺しの中にある何か=エイワス」という可能性ですね。
『ドラゴン』という呼び名の方が本質に近い存在であり、ホルスの域に達しているエイワス。
そして上条さんの右手からは『竜王の顎』出現し、その中身は「神上すら見劣りする物」でした。

何より第22巻のラストでミーシャ=クロイツェフに突っ込んだ上条さんは、
「二度目の死を"迎える"事になる」と描写されていましたよね…そう、あの時点ではまだ死んでいなかった。
そして数ページ後、ミサカネットワークから切断されたエイワスは『表面』から離脱しました。

…つまり『二度目の死』はエイワスが消失したカウントだと私は思うんですよね。
エイワスが消失した事によってアレイスターのプランの強度が下がり、(第22巻P297)
プランにズレが生じた…それが上条当麻の誤差であり、予測できない未来予想図の原因である、と…。

…まぁあくまで推測の域なので、戯言だと思ってくださいね。



■最後に■

前巻が賛否両輪だった事もあり、様々な意味で注目が集まっていた新約2巻でしたけど、
今回はバードウェイさんによって今までの出来事や世界観を見直し・整理すると同時に、
新たな敵の出現…そして3人の主人公が進んでいく道を示した「新約」というタイトルに相応しい巻でしたね。
ファン大興奮のオールキャストに加えて、そのメインキャラ達の接触要素にはニヤニヤが止まりませんでした。
原作22巻ラストとはまた違う、今後の展開を妄想してしまうような…"楽しい"巻だったと思いますね。

新たな敵『グレムリン』…機械にイタズラをする妖精という伝承ですし、
科学サイドの敵としては相応しい組織名なのかもしれませんね。
最初は第三次世界大戦が終わって数日で出現した組織なんて底が浅そう…と思いましたけど、
たぶん第三次世界大戦は単なる"トリガー"であり、それに呼応して世界から闇が浮かびあがったんでしょう。

というか一瞬で直径20キロの要塞の一部を消し飛ばすとか、これまた凄まじいインフレですよね…。
この組織に対抗しようとした『新入生』が可愛く思えるぐらいの破壊力だよォ!
…まぁ自らの体を極限まで削り尖らせた『グレムリン』の「質」に対して、
『新入生』はガトリングレールガンや数千人のレベル4を再現した黒夜の義手…「数」で対抗したんでしょうか?

はぁ…新約2巻を読んだ直後でなんですけど、早く次の巻が見たくなってしまいますね…。
灰村さんの設定画も次で公開されるみたいですし…バードウェイさんの設定画プリーズ!!!
…とりあえず1冊まるまる使って説明したので、ハワイ編が次回で終わる事はないでしょうね。
あらすじを見る限り美琴の参戦は確実ですし、もうさっきから感動で涙が止まりませんよ…。(ぇー)

3人の主人公に「平穏」と「戦い」…2つの未来を提示したバードウェイさん。
一見すると自由に選べる2本道――― それでも実際は片方の道しか選べないようになっている。
「平穏」へと続く道が途中で途切れている事を3人に伝えたバードウェイさんは優しいのか、残酷なのか…。

…長くなりましたが、ここで筆を置かせていただきます。
ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございました。

ではまたー。

« アニメ Steins;Gate 第20話 「怨嗟断絶のアポトーシス」 感想  |  アニメ 日常 第20話「日常の第二十話」 感想 »

コメント

No title

ずっと感想待ってました
やっぱデビさんの感想が一番おもしろいです

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 01:29 * edit *

No title

新約は勢いが凄まじいですよね あとギャグも


あとトチトリがトリトリになってますね

ミミック |URL | 2011/08/17 01:32 * edit *

No title

新約2巻の評価もボロクソだったみたいですね。自分個人としても、最後の美琴のシーン以外は正直ビミョーだったと思います。はいむらーの絵もなんか変な方向に向かってるし・・。ロシア編が台無しだよ・・。

ま、まあ、最後のシーンはとてもよかったよ。ゲコ太ストラップ復活おめ。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 01:39 * edit *

トリトリってわざとか??(汗)

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 01:41 * edit *

No title

つい一年前には禁書なんて全然知らなかった私でしたが、デビさんのブログで存在を知って以来病みつきになり、とうとう新約2巻まで読むことになりました。

それもこれもデビさんの感想が面白すぎるのがいけない

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 01:47 * edit *

5

今巻は 「鎌池、はいむら、三木 楽しんでるな~」 って感じでしたね。

デビさんの考察は、本当に禁書がより楽しめます。

櫛稲田 |URL | 2011/08/17 01:49 * edit *

No title

おもしろくなってまいりました。


デビさん完全に調教済みだなwwww

tera |URL | 2011/08/17 01:51 * edit *

No title

感想・考察お疲れさまでした。
上条さんの二度目の死や第六位など全てひっくるめて
やはりデビさんの考察は素晴らしいです
小説を読んだ後デビさんの感想・考察を読むと新しい発見が見られ
その上で読むとまた面白いんですよね

麦のんの自己紹介は声をあげて驚いてしまいました
誰があんな自己紹介をすると予想できただろうかwww

また、美琴ファンの私にとって美琴参戦はとても嬉しかったです
16巻では伸ばすことのできなかった手を
今回はしっかり握ってましたからね
それも幻想殺しの宿っている右手ではなく左手を
あとがきにも美琴参戦って書いてありましたしこれからにも期待です

ゲコ太 |URL | 2011/08/17 01:59 * edit *

No title

新約2巻の時点で11月5日だから22巻から6日しか経ってないですね。
2週間ではないですぞぅ

ブルック |URL | 2011/08/17 02:06 * edit *

コメントありがとうございます

>>ミミック様
>>19402様


誤字指摘感謝です! 私の誤字チェック能力が相変わらずザルすぎる…!

>>ブルック様

素で計算ミスしてました。指摘感謝です!おまんまー!

デビ |URL | 2011/08/17 02:16 * edit *

No title

感想待ってましたよ^^
まとめ方がうまくて、面白いです!
新約3巻も期待してます!!

ぞーい |URL | 2011/08/17 02:17 * edit *

No title

おつかれさまでした。毎度自分の読解力のなさが情けなくなります・・・
雲川妹が6位ってのはあるんですかねえ?本当にレベル5なら今のところ隠す必要はない気がします
これから超電磁砲やらで出番が増えたりするのは大いに考えられますよね

Fallere825 |URL | 2011/08/17 02:53 * edit *

No title

デビさんの考察見る前までは正直2巻はラスト以外微妙だなーと思ってました。頭を下げる約束をかまちーはギャグにかまけて忘れてたのではないかと思ってましたけど、断片的に記憶が欠けているという考察や、幻想殺しの奥=エイワス説は面白いなーと思いました。

ただ、あらすじにあった「上条の前で大人しくなった番外に苛立ちを覚える一方通行」っていうのを楽しみにしてたのにそんなシーンが見当たらないのは何故だー。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 03:11 * edit *

No title

相変わらずデビさんの感想にはうならされるなぁ…。

これだけ書いてりゃあ、UPも遅くなるわw

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 03:11 * edit *

No title

やっぱデビさんの考察は素晴らしいですねw


読むと妄想が膨らんで次の巻が読みたくなります。
お疲れさまでした。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 03:20 * edit *

No title

やっと考察記事きたw
毎度毎度鋭い考察ですね!
・上条当麻の死=エイワスの消失回数
・ラストのレベル5=雲川妹
これはありえそうですね

レベル5は美琴以外は人格に問題ありとのことですけど
①自らを窮地に追い込んで「免疫」をつける
②自分より劣る御主人様を探している
十分人格に問題アリw

新約は1、2巻と2冊連続で5カ月のスパンが空いてしまいましたし
2巻はけっこう薄かったことを考えると遅くても12月、早ければ11月発売になるのかな?
次回が楽しみ過ぎてたまらないですw

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 03:20 * edit *


…おまんま…


ありがとうございまっすw
゜+。(*′∇`)。+゜

鳥の人 |URL | 2011/08/17 03:40 * edit *

No title

感想・考察お疲れ様です。

まず新約2巻は良くも悪くも繋ぎ回というのが第一印象でしたが、その割には凄く濃い話だと感じたのが不思議でなりませんw
何というかカオスここに極まるみたいな感じでしたw(流石にあわきんまでフラグ建ててたというところとかはこじつけっぽい感じがして受け付けられないところもありましたが)

そんな中でも一通さんと麦のんの邂逅や美琴の宣言など真面目なシーンはキッチリと書いていたのは良かったです。
ここら辺は挿絵付きで訳もなくテンションが上がりましたよ。今巻は気に入る絵が多く口絵の面白さも合わせて灰村さんに感謝です。

デビさんの考察もお見事でした。
本当に当たってるかどうかはともかく『二度目の死』の考察についてはついつい納得してしまう自分がいます。
これについての真相はもう少し先に明かされることになるんですかね。

内容的には今回もよかったんですが、頼むからあらすじしっかりしてくれwww一通さんの嫉妬とかかけらもなかったしw(ズッコケた反面安心もしましたがw)

俺も早く続きが見たいなー
次巻も期待して待ってます。









Greed |URL | 2011/08/17 03:48 * edit *

もうね、3→16→22→新2巻の順で読み返すとね本当に美琴は大切に描写されてるなあと思うな。やっと美琴が上条さんの手を掴めて良かった

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 03:48 * edit *

No title

安易にヒロイン達をギャグに傾倒、すぐヒスに走らせる、ヤンデレ化(特に滝壺)はキャラ崩壊なんてものじゃなく正直やめてほしかったです。目立てばいいって訳じゃありません。
再会もあっさりレベルなんて話ではなく酷すぎます。あれじゃ二人とも、特にインデックスが可哀相…。
メタネタも馬鹿にしてる系が多く、ギャグをやっていい場面といけない場面を量り間違えた巻だと思います。

悪い所ばかり書きましたがデビさんの感想にもあった、改めて魔術の説明は助かりましたし、新しい敵とその実態など厨二心くすぐられまくりの設定や、なんだかんだ言っても次巻は楽しみだったり。グレムリンの次の刺客はどんなゲテモノかなー?(オイ
長文失礼しました。そして最後に☆、そのうちいい事あるって酒でも飲んで元気出せ(笑)

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 04:20 * edit *

No title

いやーようやくって感じですね

名無しさん@ニュース2ちゃん |URL | 2011/08/17 04:44 * edit *

感想お疲れさまです
巻数増えるたびに感想・考察も大変になりますね (汗
今までの話を相当読み返さないとここまでの感想は書けないんじゃないでしょうか
あとまさかデビさんが浜面の挿絵でこんな遊ぶとは思わなかったww
個人的に風斬が自分から上条さんに近づいてきてくれたのは嬉しかったですね
しかしアレイスターは本当敵が多いなあ…しかも大半が強力なキャラ達という…

D |URL | 2011/08/17 04:58 * edit *

No title

もう上条属性にそろそろ食傷を感じはじめてるのですが、バードウェイは非常に良いかと。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 06:59 * edit *

感想お疲れさまです
デビさんの考察は相変わらず素晴らしいですね!
次回は…美琴が参戦しますし本当に胸が熱くなります!!(エー)

冥府の王 |URL | 2011/08/17 07:28 * edit *

あわきんは小萌先生のところに住んでいたはずなのでただついてきただけな気がします。んまぁ、前述と関係ないですがレイヴィニアは何でもこなす万能キャラか。

それと気のせいかな?グレムリンの性質がヘタ錬ことアウレオルスと似ている気がするのは。まあ、それは投擲の鎚(だっけか?)だけかもしれませんが。しかし今回の敵は敵側のモノローグが無いだけあって何だか不気味ですな。

それと上条さんの第二の死ってやはり精神の死かと思いましたが違うのか合ってるのかよく分からなくなりました。今回上条さんの心情がかなり書かれてないらしいですね。次巻で分かりますかね。まあ、鎌池先生はもう書き上げているらしいので11月には出ると思いますが

風魔 |URL | 2011/08/17 08:28 * edit *

No title

感想いつも楽しませてもらっています。
ふと思ったのですが、インデックスと約束した頭を下げるって、表紙のシーンなのではないでしょうか?
上条さんとバードウェイ、少し焦った感じのインデックスがいて、バードウェイが上条さんを足蹴にして頭を床に押し付けている・・・・。
「ほら上条、さっさと頭を下げろ!」とドS全開なバードウェイらしいシーンだと思うのですが。
ギャグでもいいから作中で文章できちんと書いてほしかったってのはありますが・・・・・

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 08:53 * edit *

No title

デビさん感想・考察お疲れさまでした!
「2度目の死」に関しては自分の読解力のなさのせいかよく分からなかったのですが、ここまで考察できるなんて流石です!

それはそうと新約2巻の評価が微妙とか言ってる人たち、少し焦りすぎじゃないですか?鎌池先生は2巻の伏線を22巻で回収する人ですよwもしかしたら2度目の死の真相も最終巻辺りで分かるかも知れないし、上条さんがインデックスにちゃんと謝るところも他の重要なシーンでやるかもしれないじゃないですか
要するに気長に待とうぜってことですw

Aqua838 |URL | 2011/08/17 09:08 * edit *

No title

色々あったけど1番良かったのは
やっぱり美琴参戦ですね(当て馬なんてもう言わせねぇ・・・!)
というかインデックスはあの会話の流れだと付いていかないように聞こえるんですが・・・・気のせいですよね

二度目の死ェ・・・なんてことにならなくて安心しましたが、
上条さんと一通さんの絡みが少なっかたのが残念だったよォ!!
あと麦のんは色々とあっさりしてたなぁ、と感じました。代わりに滝壺wwwww


次回はハワイへ上条夫婦の新婚旅行でs(ry

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 09:12 * edit *

No title

あとがき最後の「やっと美琴も参戦!私が今まで出さなかったからですけど」ってのを見ると、旧約での13巻とかロシア編は作者的に参戦の内には入らないってことなります。

今まで出さなかった美琴を新約になってから出した作者の意図が気になるところです。
これに関しては作中で描かれるでしょうから3巻以降が楽しみです。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 09:26 * edit *

No title

感想お疲れ様です
新約2巻はまさにこれから物語が始まるという予兆を感じさせた巻でしたね
次巻からは美琴の活躍にも期待です

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 09:26 * edit *

No title

感想まってました☆
すごい楽しいです!!バードウェイにありがとうございますwww今回はキャラいっぱい出てきてたからすごい楽しく読めました☆エツァリとかショチトルとかも出てきたし!!次回の新婚旅行もエツァリ一緒にきてくれないかな~

nobuchi |URL | 2011/08/17 09:32 * edit *

No title

今度は一人じゃないってwww
上条さん、美琴よりも頼りになる味方が沢山いるんですがwww
まあ今まで蚊帳の外だったんだから仕方ないか
なんにも知らないんだもんねー

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 09:54 * edit *

No title

考察お疲れ様です!!
ずっと待ってました!w

素晴らしい考察で見てて面白いし、参考になります!

新約3の感想・考察も楽しみにしてます!

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 10:09 * edit *

No title

前半の長い説明会はやっぱり浜面と同じ状態に・・・・・w
でも、デビさんの感想を読むと色々と伏線があるという事に気付きます。もう一度最初から読み直してみようという気になりました!

新約になって話のスケールが徐々に大きくなってきていますね。幻想殺しの謎とか、明かされる時が楽しみです。

そして、最後の美琴のシーンに救われました!やっと手が届いたね;;

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 10:20 * edit *

No title

長文おつかれさまですー
ここの感想が一番面白くわかりやすいです
次巻も楽しみにしてます!

wawawa |URL | 2011/08/17 10:42 * edit *

No title

お疲れ様でした。

やっぱりデビさんの感想・考察は長文にも関わらず苦にすることなく楽しんで読めます。

HIBARI |URL | 2011/08/17 10:45 * edit *

No title

いやいやいや、建宮さんはきっと生きてるよ!だからきっとまたどこかで笑いの花を咲かせてくれるよ!
あ、感想・考察お疲れさまです。やはりデビさんのものが一番楽しいですね。次回も楽しみにしています。
次回の舞台はおそらくハワイですよね・・・。4巻の地獄が再来しないといいんですが;

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 10:45 * edit *

No title

禁書SPの感想・考察は……

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 10:51 * edit *

No title

デビさん感想お疲れ様です^^

あらすじは犠牲になったのだ・・・

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 10:51 * edit *

No title

1巻よりは良かったけど酒飲んで再会とか上条とかまちー頭大丈夫かと思った
ヒロインの台詞、出番が残念なのはいつものことだけど
さすがに生還直後なのにヒロインへの対応まで残念じゃダメだろ…
あと12巻みたいにあらすじでデートとか書いて軽く流すとかなら分かるが
実際に作中でやってもいないことあらすじに入れるなよと

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 11:39 * edit *

No title

>>19431

一方通行戦の時も一人だったし、ベツレヘムの星にも一人で残っただろ。
確かに美琴よりも強い味方はおるかもしれんが、やはりレベル5はかなりの戦力になるだろうし、その美琴よりも強い味方がいつも上条さんと一緒にいるわけじゃないだろう。だから美琴は「これからはずっと一緒よ!!アンタは一人になるなんてことはないわ!!」っていうプロポーズだよきっと!

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 11:52 * edit *

お疲れ様です

インデックスの再会関連は不満なところもありますけど、他はいつも通りの禁書らしく楽しかったです
まぁ、おっしゃってる方もいますが、今後の展開でこの新約1、2巻も無駄じゃなかったと言えるときが来るでしょうね
ついに『新約』が本格始動です
次巻に激しく期待です

不幸な人 |URL | 2011/08/17 11:53 * edit *

No title

新約2巻は読んでて辛かったです…ロシア編が台無しっていうかなんと言ううか…

まあ言いたいことは一つだけなんですけどね
おまんまー

シロ |URL | 2011/08/17 12:08 * edit *

感想お疲れ様です


美琴の発言に色々言ってる人もいますが個人的に美琴の今度は一人じゃない発言は鉄橋に呼び出した事から3巻の時は一人で行かせたけど今度は私も一緒に行くよって事だと思ってます。

まあかまちーの事ですから参戦って言われてもあまり期待はしませんが…。かまちーも新約1巻の打ち止めのメタ発言から美琴が不憫って分かって書いてるみたいですし。

でも今回インデックスは不憫でしたね…これからインデックスの謝罪については何かあるんでしょうか?

とりあえずパトリシアちゃんかわええええええええ

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 12:25 * edit *

No title

ようし浜面の師匠をぶん殴って来るか……

いやー本当に上条さんは人生に役に立たねぇ事ばかりやっている気がする
一寸先生の愚痴を聞きに行って来ますね
そしてべろんべろんになったところを……

23学区住人 |URL | 2011/08/17 12:35 * edit *

No title

……って一通さんもおそらく参戦かつ美琴も参戦ということはつまり修羅場クルー!?

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 12:40 * edit *

感想お疲れ様です、美琴参戦きたーって事はエツァリも付いて来るのかな

あと土御門とかアイテムの面々、イギリスからも誰かくるのか気になります

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 12:54 * edit *

No title

お疲れ様です!^^

不満の声も多いようですが個人的には
とても面白い巻でした^^

次はSPの感想を…^^

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 12:59 * edit *

No title

続きが気になって仕方ない…

あと感想お疲れ様です

百合子 |URL | 2011/08/17 13:45 * edit *

No title

“二度目の死”を皆がよく言ってる、嘘をついてた自分が死んでこれからは嘘をつかなくて済むっていう、メタや心境面のではなくちゃんとやるみたいで一安心。
エイワスはどこにでもいてどこにもいない存在らしいので幻想殺しの中身=エイワス(またはその一部)というのはありえると思います。エイワス=真理みたいなものでしょうか?
またバードウェイが知ってたのは19巻のエイワスがそうだったように彼女が今回の背景説明役としてのかまちーの代弁者だからでしょう。プラン、ヒーローという存在についてほぼ同じ事を言ってます。禁書ではよくある事でもありますが。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 14:45 * edit *

No title

感想・考察お疲れ様でした。
禁書の新刊が出るたびにデビさんのを楽しみにしていましたが、ここまで来ると「ご苦労さまでした」の一言では言い尽くされないぐらいの感謝で一杯です。本当にお疲れ様でした。

色々な意味で注目された新約2巻だけあってとても面白い展開になってきましたね。
今までの戦いは「科学」と「魔術」の区分けされた世界でしたが、新たな謎の敵グレムリン―――科学と魔術2つの勢力のグレーゾーン―――との戦いですし、これまでとは違った感じになるような気がしますね。それに、上条さんの『右手の謎』について解明されそうな展開でもあるので、より一層楽しみが増してきましたよ。

例え霊装があるとしても、生身で大気圏突入できるとは流石聖人。ねーちんパネェっす。

やっと美琴も参戦ですが、魔術知識のない彼女がどのような形で彼をバックアップできるのかが気になりますね。それとも、一通さん・浜面の様にレクチャーを受けるんでしょうかね?

SSS |URL | 2011/08/17 15:03 * edit *

No title

>エイワスが消失した事によってアレイスターのプランの強度が下がり、(第22巻P297)
22巻P297読む限り"強度が足りない"ってのは打ち止めのことなんで元々低い強度だったことになりますが…

それにしても『グレムリン』…これは未だ納得いかない17巻ハイジャック事件の機長と上条さんの暴走の謎にかかわってるのか?、などと妄想

美琴はやっとスタートし始め、インデックスもこれからは自分と関係が薄いところで上条さんが戦いはじめるわけで…毎度のことながら新約3巻マダーーーーーーw

雷猫 |URL | 2011/08/17 16:03 * edit *

自分は何もしないのに女の子にもてる上条がうらやましすぎる(´・ω・`)

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 18:17 * edit *

No title

新約2の感想は色々ありますが、確実に言えるのは、最後の上条さんの手を握る美琴の絵にかなりグッときたということ。
はいむらさんのイラストの中で最高傑作だと勝手に決めつけております。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 20:24 * edit *

No title

最後の御坂で発狂しましたよ……!

デビさん、何で顔が青ざめた一通さんに触れないんですか!?

竜王の右手 |URL | 2011/08/17 21:19 * edit *

No title

あとがきの「美琴もやっと参戦!」を信じていいんですよね・・・?
上条のことだから、危ないから来るなとかありそうで怖いけど・・期待して待ってることにします!

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 21:23 * edit *

No title

建宮さんは主人公になって帰ってくるので問題なし

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 22:23 * edit *

No title

デビさんまとめも考察もすごすぎだろw

新約2、皆さん言ってますけど不満は確かにありますね……でも総合的にはすごいわくわくしながら読めたのでいい巻だった。
考えてみればたった数日の別れだから感動の再会ってないほうが自然かなあ、そりゃやってほしかったですけど。
次で上インのシリアスシーンがあると信じてます
インデックスも美琴もきちんと心境が描写されてたのは嬉しかったです

ハワイなあ… ミコったんだけでなくインちゃんも来てくれないと両方好きな私が困るぜ……

神流 |URL | 2011/08/17 22:33 * edit *

No title

むしろ、いきなりバードウェイが関わり出した事が気になります。

これは、私の仮説なんですが(いきなりすみません。)

もしかしたらグレムリンは黒小人の技術を使っているのかも知れません。

何せ、上条さんは「巻き込む事」を前提で引き上げたと言ってましたしね。

Y・F |URL | 2011/08/17 22:35 * edit *

No title

量質共に圧巻のレポートお疲れ様です。
楽しく拝読させていただきました。

今回は旧約の再登場とはいえ登場人物数が圧倒的でしたね~。
逆に(今後再登場する可能性が高く)今回登場していないキャラクターをカウントしてみましたが、
・ステイル
・カエル医者
・右席トリオ
・北欧コンビ
・父親コンビ
・風紀委員コンビ
・御坂妹ら妹達
・殲滅白書コンビ
・処刑塔三人組(オリアナ、リドヴィア、ビアージオ)
・イギリス王室の皆さん
くらいですか。
禁書の膨大なキャラクター数を考えると数え上げられる程度というのはかなり少ないと思います。

雲川妹が第六位というのは自分で読んだ時は意識してませんでしたが、ありそうだと思いました。
第六位は青ピ説中心に考えていたのですが、でなければ『美琴より年下』ではないかと考えていたのですよ。
現在明らかになっている6人を見るとおそらく美琴が最年少ですが、作中で一度も(現時点)最年少とは言われてないですから。
ただ、本当に美琴が最年少ではないという伏線だったとしても、一方通行小学生説(重力のベクトルを操り過ぎて背が伸びた)も捨て難いです。
それから第六位も女性だとレベル5の男女比が2.5:4.5になってバランスが悪いなぁ……

chemis |URL | 2011/08/17 22:39 * edit *

No title

禁書女性率高すぎ!まあ、いいけど

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 22:49 * edit *

No title

美琴ファンでも無い私がいうのもなんですが…美琴参戦はあまり期待しない方がいいと思いますよ。
本当に重要なキャラ扱いなら新約以前にもっと出しているはずだし、
肝心の上条さんからは今回も反応が返ってきませんでした。
何より読者の期待を悪い意味で裏切りたがるかまちーの性格を考えると、
現状むしろ嫌な方向にしか思えません。

個人的には無理に禁書で出すより、もう超電磁砲の方だけで
安定した出番を用意してあげた方がファンにとってもよいのではとおもいます。
何にかとネタキャラとして扱われてるのを見るのはさすがに不憫なので。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 22:50 * edit *

No title

安心のデビさんクオリティ、感想・考察お疲れ様です!
新約2巻は色々な意味で予想外な展開が多くて驚きでした。3巻にも期待したいですね。

あとデビさん、「ドラゴンの倒し方」に関してですが、西洋の方ではドラゴン=架空の動物って事なんで、
ドラゴンの倒し方を学ぶ=役に立たない事を学ぶって意味らしいです。

長文失礼^^

鋼盾 |URL | 2011/08/17 23:02 * edit *

No title

『闇』から解放された土御門、エツァリ、あわきん……ていとくんェ

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/17 23:08 * edit *

No title

話が進めば進むほどアレイスターが何なのか分からなくなります。
それと第3位の参戦はかなり楽しみです!(ホントに参戦すればの話ですけど…)
それとデビさんの感想もうまくまとまっていてよかったです!(第6位は男性がよかったけど…)
お疲れ様でした!!!

X/Y/Z |URL | 2011/08/17 23:26 * edit *

No title

>19463さん
美琴ファンも喜びつつもまだ確約したわけじゃないし過度な期待はしない方がいいと予防線は張ってますね。
かまちーは「かまちーの言ってる事は信用できないので当てにできない」な妙な信用のされ方をしてますなw

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/18 00:10 * edit *

No title

デビさん要望で殴られまくった浜面でした

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/18 00:48 * edit *

建宮さんは縦宮さんになったのだ…

はま/づら |URL | 2011/08/18 01:08 * edit *

No title

今回の考察楽しんで見させてもらいました。
今後の展開には、ハワイが舞台になるので、水着巻なるのは目に見えます。
また、SPを読んでみて、科学と魔術に交わされている条約の存在が大きく関わってくると思います。
最後に、青髪ピアスとローラさんの動向プリーズ

kikuyo |URL | 2011/08/18 01:12 * edit *

No title

若干浜面が動かしづらいキャラになってしまいましたね。浜面は機転は利くが所詮レベル0であり、開発を受けているため魔術も使えない。今まで以上の強大な敵を相手に、彼の活躍を描こうとしても無理が生じてしまいそう。
もっとも、かまちーの謎のゴリ押しでここまで来たキャラなので、どんな相手でもやっつけちゃいそうですが。

上条さんの二度目の死って今までのように巻き込まれるのではなく自分から戦いに赴こうという心情の変化だと思ったのですが、やはり「死」というのが重要なのでしょうか。

一巻の記述からスルーだと思っていたのですが、開放されたグループのメンバーが登場。わざわざ各メンバーを個別で描写したという事は今後も出番がありそうですね。一通さんピンチのところに颯爽と現われて「俺たちはグループだ!」とかありそう。
グループ大好きなのでまた見たいです。

アレイスターも22巻ではそこそこ余裕のある様子でしたが焦りが見えますね。19巻においてエイワスもアレイスターの「プラン」の綻びを示唆しており、それに気づいていない、という旨の発言をしていましたが、すでにアレイスター本人が認識できるほどに「プラン」にズレが発生しているということでしょうか。ていうかそのプランの内容もいつ明らかになるのか…。


美琴の参戦は正直どうでもいいのですが、活躍するビジョンがいまいち見えない。
無理に参戦させて話をこじらせてもなぁ…

長文、駄文失礼しました。次巻の考察も楽しみにしております。

eruru |URL | 2011/08/18 01:25 * edit *

No title

美琴がついに参戦か…w楽しみだな
ドラゴンボールでいうセルゲームの人造人間16号みたいな感じがいいなー。
主人公覚醒のきっかけ役

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/18 02:18 * edit *

No title

美琴、がんばれ!応援してる☆

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/18 06:07 * edit *

No title

>>19463氏
美琴は旧約でも出番は少ないとはいえ、ピンポイントに出してフラグを建築させてましたし、全体的に内面を丁寧に描かれていると思いますよ。
後々参戦させる気であろうというフラグも14巻・16巻や22巻で積み重ねてきてますし、今回のあとがきの参戦名言からして、今回から本編に本格的に絡んで来ても何の不思議もありません。
ただし、かまちーなので過度な期待も出来ないのがミソですが。w

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/18 08:37 * edit *

まあ美琴参戦って言われて期待してる人は今までの教訓を忘れたのかと…。参戦=活躍じゃないですし正直期待はしてません


というか浜面がバードウェイに無駄に叩かれてるwww

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/18 10:44 * edit *

No title

感想・考察おつかれさまでした
毎度のことながら、よく読め込まれていらっしゃいますね

個人的にはラストの美琴のシーンが今巻で一番印象に残ったシーンです
美琴の参戦ということよりも、やっと上条さんに正直な気持ちを伝えられたということが感慨深い

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/18 11:09 * edit *

No title

>19475
他の人もだが期待するか、してないかなんて人それぞれなんだから期待してる人達にわざわざ水を差すのはやめときなよ

そもそも活躍しようとすれば無能力者だって活躍できる世界なのに美琴『だけ』はかませでいろよ活躍したら違和感だろ、本筋に出しゃばるんじゃねー、な輩がやたら多いな

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/18 11:14 * edit *

No title

美琴厨にも言えることだが禁書ファンの大半は他キャラをディスらないと自分の好きなキャラを持ち上げられないからな
まあお子様が多い訳よ

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/18 13:02 * edit *

感想・考察、もう脱帽です。読解力のない自分には助かります。


美琴が参戦するみたいですけど、美琴ファンは明言されただけマシなんだよ!

インデックスさんは、この巻でさえ空気なんだよ!うぅ……(T-T)

しかも今度はインデックスを助けるのがメインじゃないし海外だから、14巻みたいになるんだよ、きっと!………だから、せめてインデックスも本格参戦してもらいたい。6巻や13巻みたいに。というか置いて行かないで欲しいw

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/18 13:33 * edit *

考察お疲れ様です。相変わらず自分一人では解らなかった所が痒い所に手が届くように解りました。
話は変わりますが表紙の巻数の数字の下にある星は無印までは逆になってて新約から今のようにもとになりましたが、これはもしかしてフィアンマの魔術によって魔術の法則が正しい位置に戻ったからではないかと思います。

十五夜 |URL | 2011/08/18 14:07 * edit *

No title


「ただし、今度は一人じゃない」
ニマァてしましたよ。美琴(嫁)LOVEでよかった・・・!

しかし一番気になるのは建宮なのよ。
まさか死んでないよな・・・

考察ありがとうございました!
いろいろ考えさせられました!
お疲れ様です!おまんまー!!

ごえ☆もの |URL | 2011/08/18 14:58 * edit *

No title

>十五夜さん

22巻で上条さんの右腕が再生してフィアンマが神上でなくなった時にまた元の歪んだ状態に戻ったはずです。星の位置が正常なのは新約だと区別する目印で単なるレイアウト変更ではないでしょうか?
ただ、かまちーがこの変更すらも後で利用する可能性はあると思います。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/18 15:01 * edit *

No title

美琴参戦とか胸熱!!

おまんまは確かにあぶない日本語にしか・・・

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/18 15:57 * edit *

No title

とりあえず、美琴ファンが多いのが嬉しい美琴ファンの俺。

本格参戦するかどうかはわからんけど、今回の鉄橋のシーンだけで十分満足。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/18 21:22 * edit *

No title

>>19483
いや、正位置に戻ってますよ。
ガブリエル浮上の時にそういうこと行ってますし。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/18 21:55 * edit *

No title

>>19479
そんなわけないじゃん。
無駄にお子様な連中の声がでかいだけで大半の人間はそんなん気にしてないよ。
後最近は美琴ファンは見ても厨なんてほとんど見ないし。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/18 21:57 * edit *

No title

ここに来ている人で、仕事などで腕章をつける機会がある人に聞きます。
「ジャッジメントですの!」とやりたくなることってありませんか?
やりたくなった事があるというあなたは、確実に「黒子」病と言えるかもしれないですね。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/18 23:22 * edit *

No title

美琴参戦は正直びっくりした。

美琴が魔術側や今からかかわっていくグレムリンと自然に闘う様子が想像できない。

自分の中で美琴は科学側の人間ってイメージあるし

名無しさん |URL | 2011/08/19 02:19 * edit *

No title

>eruru様
浜面は新約1巻でドラゴンライダーとファイブオーバーをゲット、ひょっとしたらequ.ダークマターも持ってますから、敵から奪った武器を使いこなすキャラとして確立していくんじゃないですかね?
ガトリングレールガンなら一方には勝てませんが上条になら勝てるでしょうから、「浜面が上条に勝てば三主人公が三つ巴になって面白い」を変則的に実現した形ではあります。
ゲームのイメージで言えば、勇者上条、戦士一方、盗賊浜面という感じ。
これに魔術師御坂、僧侶禁書が加わりそうなのが現在だと思います。

美琴の参戦に懸念がある人も多いようですが、私はどんな形でも美琴が参戦するのは面白いと思います。
第一位・二位に匹敵する覚醒をするもよし、
13巻、17巻のように頭脳面でのサポーターとなるもよし、
アックア級の強敵にボコボコにされたところを上条さんに助けられて上を知るもよし、
結局置いていかれるも、非戦闘員の護衛に徹するもよしです。

>ごえ☆もの様
建宮さんが死んでるとかそんな幻想ありえません。
22巻後の上条さんより死んでいる確率は低いと思います。

chemis |URL | 2011/08/19 02:41 * edit *

No title

ヘヴィーオブジェクトの感想も書いてほしいです。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/19 05:31 * edit *

No title

>>19490氏
美琴は魔術側とすでに超電磁砲SSで戦ってますよ。
むしろ科学側にしては珍しく魔術と接触してるキャラです。
本人は気づいていませんが。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/19 11:03 * edit *

No title

まったく関係ないけど、購入目録の水着Tシャツの美琴がかわいすぎてつらい

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/20 00:03 * edit *

No title

デビさん忙しいのにおつかれさまです。マジでありがたいです。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/20 01:56 * edit *

No title

今の状況だとアレイスターが小物に感じるので、エイワスあたりに「どうやら、プランは順調のようだな」とか言われてほしいなあ

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/20 09:55 * edit *

No title

次はハワイに行くみたいですね
早く幻想殺しの正体が知りたいな

とある学生 |URL | 2011/08/22 12:33 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 | | 2011/08/23 15:11 * edit *

No title

>黒夜ちゃんは上条さんの家で飼育されるのか…胸が熱くなるな…。
>黒夜ちゃんは上条さんの家で飼育されるのか…胸が熱くなるな…。
>黒夜ちゃんは上条さんの家で飼育されるのか…胸が熱くなるな…。
>黒夜ちゃんは上条さんの家で飼育されるのか…胸が熱くなるな…。

そこに気づくとはやはり天才か

名無しさん |URL | 2011/08/24 01:24 * edit *

なーんかみんなあっさりしすぎっつーか、それぞれのキャラのフットワークがいつも以上に軽すぎてついていけなかったなあ
上条家が相当にカオスなことになっているはずなのに、それぞれの絡みに物足りなさや違和感あるし、説明の退屈さを消すために小話はさみすぎでテンポ悪く感じたし
神の右席編で終わっとけば名作だった、なんて言われないことを願ってたけどこれは……

学園都市の名無しさん |URL | 2011/08/31 03:31 * edit *

No title

なんだかんだで結局主人公3人共ハワイに行くことになりそう。

で、主人公達が離れてる間に学園都市内で別の脅威が出てきて、今まで出番を減らされていた脇役達が戦うみたいな展開が見てみたい。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/09/01 16:53 * edit *

No title

新約2巻読んで思ったのは、☆はどうやらキャラの心境や精神面の変化によって上条さん始め、プランに関わる人物たちの行動が読めなくなってる事にとまどってる気がするな。
今までも物理的な被害には事後処理はさせても未然防止には無頓着で、イレギュラーや災いをプラン短縮に自分から招いた節すらあるし。本当に事前策を取ったのは使徒十字、つまり学園都市全体を『洗脳』される時だけ。
でもロシア編でいろんなキャラの性格が変わった事で☆の思い通りに動かせなくなってしまった(たとえで遠回しに人質取ってももう枷にもならないみたいのとか)。プラン誤差ってそういう意味なんじゃという個人的な感想。
長くなったけどつまり☆って実は結構アホの子…ゲフンゲフン!という話でした。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/09/01 19:08 * edit *

美女と・・・

男性を好きにしたい女性の為の性風俗☆-(ゝω・ )ノ☆ http://fgn.asia/

あつこ |URL | 2012/07/08 11:22 * edit *

発信機を探すのは、土御門の役じゃないの?が、感想だった。

学園都市の名無しさん |URL | 2012/10/14 22:52 * edit *

感想もとても面白いです!
ちなみに滝壺のイメージ画像笑い死ぬかと思いましたwwww

ウホッのフィアンセ |URL | 2012/11/06 21:33 * edit *

クッキー渡したのは違う橋じゃなかったっけ。
超電磁砲はアニメしか知らないけど。

学園都市の名無しさん |URL | 2014/11/30 13:27 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/1716-7e037fce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鎌池和馬 「新約 とある魔術の禁書目録2」

JUGEMテーマ:とある魔術の禁書目録      ◆とある魔術の禁書目録 シリーズ    御坂美琴参戦の時が来ました。第三次世界大戦時には   あまり活躍しませんでしたが、今後の展開ではメイン? &...

こみち | 2012/04/21 06:54

「新約 とある魔術の禁書目録 (2)」鎌池和馬★★★半☆

「新約 とある魔術の禁書目録 (2)」鎌池和馬電撃文庫 ISBN : 978-4

藍麦のああなんだかなぁ | 2011/08/18 00:11

新約 とある魔術の禁書目録 (2) 感想

今回の表紙は、バードウェイを中心に当麻とインデックス、おまけにマークが。 1巻のフレメアといい、ロリ成分を補充ですか(笑) 11月5日の学園都市。 上条当麻と一方通行(アクセラレータ)、そして...

ひえんきゃく | 2011/08/17 21:13

新約 とある魔術の禁書目録 2巻

「新約」とタイトルを新たにした 「とある魔術の禁書目録」2巻の感想です。

窓から見える水平線 | 2011/08/17 17:39

新約 とある魔術の禁書目録2巻の感想レビュー(ライトノベル)

電撃文庫のラノベ、『新約 とある魔術の禁書目録(2)』(鎌池和馬先生原作、はいむらきよたか先生イラスト)が発売中です。 表紙は主人公の上条さんとメインヒロインのインデックス…よりも圧倒的な存在感を見せつけるレイヴィ二ア=バードウェイ女史がセンター。 先日発...

gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) | 2011/08/17 16:57

新約 とある魔術の禁書目録2巻 感想

  ※ 超絶ネタバレしてます   まだ読んでない人は   読み飛ばして下さい 「今度の敵は、科学か魔術か、それすらも分からない。しかしそれでいて、いきなり地球を壊滅させるほどの手...

鳳凰院さんのブログ | 2011/08/17 08:45