07/26
 とある科学の超電磁砲SS② 能力実演旅行編 第1話 感想

超電磁砲SS感想 (1)

今までアニメ第3期製作を期待してBD・DVDの売り上げを少しでも上げる為にUPしなかったんですけど、
1ヶ月に3通ぐらい「べっ…別に特典SSの感想を書いてもいいんだからね!」的な要望メールを頂きますし、
友人から「第5巻まで発売されてるし買う人は最後まで買うでしょ」と言われたので感想をUPします。(ぇー)
ちなみにこの感想はBD・DVD第1巻の発売直後に書いた感想を少し修正した物だったりするのですよー。
ご存知の通りネタバレ全開なのでご注意くださいませ。


物語はルームメイトである白井黒子と携帯電話で会話をする最強無敵の電撃姫…御坂美琴から始まります。
どうやら美琴は学園都市ではなく、なんとロシアに来ているようですね…寂しがる黒子も可愛いなぁ。
その理由は「他の協力機関の前でレベル5の能力を使ったデモンストレーションをする」という物。

学園都市と協力する研究機関は複数ありますが、その技術力には2、30年のズレが存在する…。
しかしズレが生じているのは技術力だけではなく、お互いの信頼関係にもズレがあるようですね。
こちらは学園都市に全面協力しているのに、学園都市は技術力を出し惜しみしている、と…。
そこで学園都市は超能力者の頂点に立つレベル5の能力をデモンストレーションする事で、
別に私達は技術力を隠しているワケでは無い…とアピールするつもりのようでした。
…まぁあくまでアピールだけで学園都市が技術力を全て公開する事は無いと思いますけどね。

常盤台から頼まれた学園都市の未来を左右するかもしれない行事…しかし美琴の表情は曇っていました。
本来、学校の行事とは友達と楽しさを共有したり自由な時間を楽しむ物ですが、
観光する暇も無いガチガチのスケジュールを組まれた上、学園都市の友達はいない孤独な状態…。
前に黒子が「美琴は輪の中心には立てても輪そのものに加わることは出来ない」的な事を言ってましたし、
彼女は友達と仲良くする事が1番の楽しみなんでしょうね…黒子との電話は寂しさを紛らわす物だったのかも。

まぁこの美琴を取り囲む「壁」のようなスケジュールは彼女を守る「防壁」でもあるんでしょうね。
このデモンストレーションの目的は学園都市と協力機関の摩擦を軽減する物…それなのに、
彼女を学園都市のSPが取り囲んでいたら何の意味も無い…という理由で美琴は完全に味方ゼロの状態。
もしこの状況でレベル5である美琴が誘拐されてしまったら大きな損害になる…だからこそ束縛する。

ちなみにデモンストレーションをするレベル5に美琴が選ばれた理由はシンプルで、
「美琴の能力が1番スタンダードで分かりやすい上に、他のレベル5は性格が破綻しているから」…。
確かに美琴以外のレベル5は一癖も二癖もある面々ですからね…まぁ美琴も結構デンジャラスですが。
削板さんは良い人なんですけど、能力が意味不明すぎて彼がデモンストレーションなんてしたら
「学園都市は真面目に能力を見せるつもりは無い」と誤解されてしまって
逆に学園都市と協力機関の間に溝ができると思いますよ…すごいパーンチ!!!!
あと「他のレベル5は性格が破綻している」という事は第6位の性格も…まぁこの話はいいや。

憂鬱になっている美琴…そんな彼女を取り囲むのは巨大な商業都市『ショッピングセンター』。
―――『ショッピングセンター』とは美琴がデモンストレーションをする為にやって来た実験都市であり、
最初は見本市だけだったものの…宿泊施設や交通機関などの生活に必要な物を建設していく内に、
ドーム球場650個に匹敵する「都市」がロシア東部の原野に完成してしまったそうですね。
…直径10キロの超巨大な人工島である『学芸都市』というテーマパークが超電磁砲SSで出てきましたけど、
この『ショッピングモール』はそれ以上でしょうね…託児所が遊園地ってスゲェな!

ちなみにこの『ショッピングモール』の床や壁は全てタッチ式のモニターになっており、
町の情報提供やお店の広告などが視界を埋め尽くしているようです…元は学園都市の技術なのだとか。
…このモニターは優れもので自分が見ている情報や広告は他人からは見えないようになっているんですけど、
その中でも下着専門店の広告はかなり過激らしく…お客様の肉体情報を3Dで再現し、
下着を着用した姿を広告で表示するようですね…慌てて広告を消そうとする美琴。
この時、美琴と現地のガイドであるセタリー=S=スキーニキヤさんの会話には不覚にも笑ってしまいました。


超電磁砲SS感想 (2)

セタリーさーん!私だー!目線変わってくれー!(ぇー)

そんなお茶目なセタリーさんと一緒にホテルへ移動する美琴…その道中でとある都市伝説を聞かされます。
その都市伝説の名前は『とても価値のあるオレンジ』という物で内容は以下の通り。

海外旅行に行った旅行者が、某国のお土産屋で『とても価値のあるオレンジ』という売り物を見つける。
『持っているだけで自然と価値が上がる不思議なオレンジ』という触れ込みを見た旅行者は、
幸運のお守りか何かだと思ってオレンジを購入し、帰国した。
帰国後、旅行者がふと家の中に置いておいたオレンジを見ると、オレンジがモゾモゾと蠢いている。
気になった旅行者がお土産屋にメールで確認すると、こんな返信を受けた。
『そのオレンジには、とても価値のあるベニオオアシグンタイアリという蟻の卵が
100個以上びっしりと生み付けられていて、育てば自然と価値が上がるんですよ』
そのメールを読み終わった旅行者の背後で、オレンジが破裂して――――!


…その都市伝説をセタリーさんから聞いた美琴は気分を悪そうにしていましたけど、
学園都市で都市伝説大好きっ子の佐天さんから同じ話を聞いた初春は絶叫していましたねw

そして高級ホテルに到着してベッドに寝転がる美琴…当然のように外側からドアに鍵がかけられます。
次のスケジュールまで"自由時間"―――しかしそれは部屋の中だけという限定された自由。
ドアは完全にロック…外には警備員…通気口は人も通れない小さな物…窓の外はビル20階分の断崖絶壁。
しかし美琴は迷うこと無く窓から飛び―――磁力を使って20階分の絶壁を滑り降りました!
流石は最強無敵の電撃姫…彼女はあくまで"比較的"他のレベル5よりマシなだけで、
その中身は好奇心旺盛な女の子なんですよね…ハイジャックとか平気でしますし…。(ぇー)

視界360度がタッチパネルの光で照らされた町を歩く美琴…どうやらご当地ゲコ太を探しているようですねw
学園都市が技術協力しているのならゲコ太が売っている可能性もある、と…本当に大好きなんだなぁ。

しかし美琴が辿り着いたのは他の大型店とは一線を画した異質な小型店―――『土産物屋・ニホンダルマ』
…知っている人は知っていると思うんですけど、この「ニホンダルマ」は実際に存在する都市伝説で、
とある国を旅行していた日本人の若い夫婦が買い物をしていると妻が忽然と失踪してしまい
数年後にその国を訪れた夫は四肢を切断された妻を見世物小屋で発見する…という物なんですよね。

その後味最悪の都市伝説を思い出した美琴はショックを受けて呆然としていましたが、
持ち前の好奇心がムクムクと湧き上がり…その怪しい土産物屋へと足を踏み入れます。
店内に並んでいるのは羊皮紙の古書や動物の干からびた頭など、見るからに「オカルト」な商品ばかり。

そして店番をしているのは黒髪を先端だけ三つ編みにしている少女――― レッサーでした。
…この時、自分より背は小さいのに胸があるレッサーを美琴が「癪な女」と思っていたのが笑えました。
何度も言うけど美琴は貧乳じゃないよ!むしろスタイル抜群だよ!DNA的に将来性は有望だよ!(ぇー)

最初はその不気味な商品の数々に圧倒されていた美琴でしたが、次第に興味を失ったようです。
…この時にレッサーが「ここにあるのは"材料"だけで"霊装"ではない」と言っていましたけど、
SSⅡに登場したバルビナは霊装の材料…というより魔法陣を構築するお土産を売っていましたよね。
恐らくレッサーのお店で売っているお土産もキチンとした手順を踏めば魔術的効果を発揮しそうです。

ニホンダルマから出る美琴…そんな彼女の背中にレッサーは営業スマイルでこう告げました。
オレンジには、お気をつけて」――― その言葉も店の内容も含めて、美琴は変な店だと思ったようですね。

…が、ホテルへ帰っていた彼女の前に…まるで違和感の塊のように「オレンジ」が置いてありました。
『ショングセンター』を楽しんでいる他の客は気にも留めない落し物程度の物体…。
しかしセタリーさんから教えてもらった都市伝説と、先程のレッサーの忠告が嫌な予感を加速させます。
美琴はタッチパネルを操作して都市伝説に出てきた「ベニオオアシグンタイアリ」を検索しました。

「ベニオオアシグンタイアリ」―――体長2~3センチの肉食性軍隊蟻で5ミリ程度の牙を持つ。
女王は果物の中で捕食する獲物を待ち、果肉に衝撃が走った瞬間トリガーが引かれて無尽蔵に卵を生む。
兵隊は女王を中心に5~20万匹のコロニーを形成し、最悪な事に生まれた卵にも複数の女王も存在する。
この捕食の為に暴走した「ベニオオアシグンタイアリ」が人里を襲う事件が複数報告されている…。

…美琴はその人里が襲撃された事件の参考リンクにあった動画を恐る恐る再生します。
その内容は凄惨たる物―――アリの嵐に包まれた村人の最期を見た瞬間、美琴は目を逸らしました。
――― その目を逸らした先に存在するのは1個のオレンジ――― 少しだけ脈動した、1個のオレンジ。
もしこの中に女王アリが巣食っていれば、ここに来ている数十万人の観光客は一瞬で"エサ"と化す…!

慌てて磁力で引き寄せた売り物のバケツをオレンジに被せると…同時に蠢くアリの音が中から響きます。
美琴はアリが鉄製のバケツを食い破ろうとしている事を悟り、雷撃を連続で放ちました―――!
そして約20連発の雷撃でバケツの中を電気椅子状態にした後、美琴はゆっくりと中身を空けます…。
その中に入っていたのは弾け飛んだオレンジと、黒い何かの死骸…危機は去ったようですね。
…鎌池先生が殺人ロボや細菌兵器などトンデモウェポンを登場させる事はよくありますけど、
生物兵器は今までに無かった切り込み方だなぁ…生理的に受け付けない恐ろしさがありますよ。

『ショッピングモール』の危機を救った美琴…しかし彼女を待っていたのは冷たい対応でした。
なんと「とても価値のあるオレンジ」という都市伝説はロシアでは少しも広まっておらず、
むしろ"学園都市だけで"有名な都市伝説なんだそうですね…つまり美琴が犯人の最有力候補だ、と。

生物兵器を持ち込んだ容疑者として取調べ室に閉じ込められた美琴…。
すると彼女は自分の服に先ほど破裂させたオレンジの皮が付着している事に気がつきます。
その皮の表面に貼ってあるのはQRコードのシール…恐らくオレンジの商品説明でしょう。
―――が、それを見た美琴は戦慄します…本来オレンジなどの果物は箱詰めで入荷される物。
つまりQRコードが貼ってあるのは箱の方であり、オレンジ単体に貼ってあるワケが無い…!

美琴はタッチパネルでそのQRコードを調べると、20個のオレンジが持ち込まれた事が分かりました。
つまり凶悪な生物兵器の脅威はまだ終わっておらず、あと19個の生物爆弾が残っている…!
美琴は取り調べ室の窓…"普通なら"脱出する事すら考えない5階の高さから飛び降ります。
学園都市でしか知られていない都市伝説を"ロシアで"自分に教えた人物と、
「オレンジに、お気をつけて」と忠告した人物を探す為―――彼女はビルを磁力で滑り降り始めました。



超電磁砲SS感想 (3)

…という事で個人的にワクワクが止まらない超電磁砲SS②でしたけど、やっぱり長編SSは素晴らしいなぁ。
電撃文庫関連の雑誌に乗っている短編SSもギャグ要素が強くて大好きなんですけど、
長編SSは物語の舞台となる場所やキャラの説明が鮮明に書かれているので、
キャラとキャラの会話だけではなく周囲の状況まで頭に思い浮かべる事ができるんですよ…。
何と言いますか、その場所の不気味な雰囲気や危機的な状況を肌ではなく頭で感じる事ができるんですよね。

とりあえず冬川先生のレッサーが恐ろしく美しいな!お付き合いを前提に結婚して下さい!(ぇ-)
"可愛い"印象が強かった灰村さんのレッサーと違って、どこか大人びた魅力を持ってますよね。
オカルトに囲まれた店の印象とマッチしたミステリアスな笑みもグッドです。目が笑ってないよ…。
美琴にオレンジの事を忠告した彼女の立ち居地にも期待が高まりますね。

このオレンジ事件は美琴を誘拐する為の罠なのか…ニホンダルマの都市伝説が頭を過ぎります。
そして美琴に都市伝説を教えた3人目のにゃーにゃーキャラ、セタリーさんも気になりますね。
次のSSも楽しみです。 ではまたー。


とある科学の超電磁砲SS② 能力実演旅行編 第2話 感想

とある魔術の禁書目録II 第1巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2011-01-26)
売り上げランキング: 4868

とある魔術の禁書目録Ⅱ 第2巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2011-02-23)
売り上げランキング: 5531

SS第2話の感想はまた時間ができた時のUPする予定ですにゃー。

« お知らせだ!フゥーハハハハハ!  |  アニメ 魔乳秘剣帖  第3話 「怪奇 乳隠し」感想 »

コメント

No title

かまちーはB級アクション映画だけじゃなくB級アニマルパニック映画もすきだとみたね!

学園都市の名無しさん |URL | 2011/07/26 09:36 * edit *

No title

いや~
まさかDVD特典のSSの感想を書いてくれるなんてありがとうございます!!
自分も買いたかったんですが金銭的な問題と2期は作画がちょっとアレだったので別にいいかな、って思ってたんですけどやっぱSSは欲しいし面白そうだしレッサー綺麗なので買ってみようかなと思いました。

とある学生 |URL | 2011/07/26 09:53 * edit *

No title

ちょww
QBコードワロタ
QRコードじゃないの?

R.M |URL | 2011/07/26 10:46 * edit *

指摘ありがとうございます

>>R.M様

QRをQBと間違えるなんて…BD1巻が発売した時、ちょうどマドマギ放送中だったんですよね。
ちょっと過去の私に間違えないようDメールを送ってきます。

デビ |URL | 2011/07/26 10:53 * edit *

No title

挿絵のレッサーがすんごい不気味なのですが…(汗)
美琴視点だからとはいえ。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/07/26 11:21 * edit *

No title

21巻ころから御坂さんのツッコミ芸に磨きがかかってますけど、この時も凄かったですね

学園都市の名無しさん |URL | 2011/07/26 12:10 * edit *

No title

デビさんの感想は独特で、自分が気付かなかった点を考察しているのでとても面白いです。
売り上げを気にしているそうですが、他人の感想を読んだくらいで買わない人は最後まで買わないと思いますよ。
むしろ感想を読むことによって、買う気になる人が出てくるかもしれません。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/07/26 12:36 * edit *

No title

質、量ともに充実しておりデビさんの感想を待ったかいがありました。
ここの感想は期待を裏切らないなぁ。

デビさんの言う通り、とあるシリーズのメディア3人組はどれも素晴らしい絵師ですが、灰村さんや近木野さんの可愛らしく丸っこい絵と対照的に冬川さんの凛々しくてシャープな感じの良さが出ていたと思いますね。
この人がオリアナやキャーリサとか描いたらどれほど美しくなるのか、そういう意味でもこれから始まるルールガン版大覇星祭編で少し期待してます。

P.S. 原作禁書の項で19巻感想が抜けてますよ。

Greed |URL | 2011/07/26 13:18 * edit *

No title

連コメすみません。

↑の凛々しくてシャープな感じの絵の話はレッサーの挿絵についてです。
この挿絵が不思議な怖さと相成って話の緊張感をより一層高めてくれるんだと思います。

Greed |URL | 2011/07/26 13:25 * edit *

No title

自分だったらむしろ感想やあらすじ見て本編読みたくなりますね
ここで感想読んで手に入れたくなったSSもいくつかあったり…w
1話は読んでから結構たってしまったのでもう1度読み直してみることにします
(…黒子や初春、佐天さんの活躍に期待


D |URL | 2011/07/26 16:07 * edit *

No title

お久しぶりです。

冬川先生のレッサーが安心院さんに被って見えてしまう自分←

デビさんはどうでしょうか?

とある学生の現実逃避(エスケープ) |URL | 2011/07/26 16:46 * edit *

べ・・別に学芸都市SSや神裂SSの感想を書いてもいいんだからね//

学園都市の名無しさん |URL | 2011/07/26 18:17 * edit *

No title

新約2巻はいつ発売だったっけ

名無しさん |URL | 2011/07/26 20:13 * edit *

No title

これ文庫本二冊分になるという話ですが、今の段階だと文庫本一冊分になるかどうかも怪しいんですよねぇ。
最終巻辺りで丸ごと一冊分の分厚さで来るんだろうか。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/07/26 20:18 * edit *

No title

レッサーが大物に見える
本編じゃ他の敵がやばすぎて霞んどる

学園都市の名無しさん |URL | 2011/07/26 21:07 * edit *

No title

こういうのはss買えない俺にとってはうれしい限りです。

学園都市の名無しさん |URL | 2011/07/26 23:00 * edit *

No title

SSは値段的に手に届かなかったので、
めちゃ助かります(涙)

感想に関してはデビさんクオリティーが
炸裂しているので分かりやすいし(笑)

これからも書いていってください!

学園都市の名無しさん |URL | 2011/07/26 23:31 * edit *

No title

このSSは設定も展開もわくわくするし、美琴さんもレッサーも可愛い逸品だと思います


生物兵器アリさんはHOでもちらっと出てきましたよね(ギャグ要因で)

守竹ニコ |URL | 2011/07/27 05:19 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/1679-b9d0ed0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)