06/05
 アニメ 電波女と青春男 第8話 「ツィオルコフスキーの祈り」 感想

denpa8 (5)

色々あって書くのが遅れました…「電波女と青春男」第8話の感想です。
ネタバレあり。


denpa8 (1)
denpa8 (2)
denpa8 (3)
denpa8 (4)
denpa8 (6)
denpa8 (7)

冒頭は生足が露出したワンピース姿で跳ね回り、エリオと同じく布団を装備する女々さんから。
嘘みたいだろ…この美貌と若さで40歳なんだぜ…アニメだと原作以上に異常な光景ですわ。
特に足の脚線美が完全に10代の物ですからね…可愛いという気持ちを通り越して戦慄します。

今回の話は第7話の時系列を女々さん視点で送るという感じでしたね。
やっぱり視点が違うだけで話の雰囲気が一変するなぁ…あれか、若さの違いかしら。(ぇー)

…今までネタバレしないように感想でも書かなかったんですけど、
女々さんは前川さんが働いている和菓子店の店長で、駄菓子屋のお婆ちゃんの実孫なんですよね。
まぁこの和菓子店は箱詰めの商品を売っているだけの店なので、(小牧さんが自主的に作ったりしてますが)
女々さんは小牧さんを店長代理にして2日に1回しか出勤してなかったりします。

廃校でペットボトルを打ち上げる男…女々さん曰く「山本」という名前の男。
どうやら山本さんは女々さんの子供の頃の友人だったらしく、花火職人の息子なんだそうですね。
なんと彼は女々さんと結婚前提で付き合いたいのだとか…いい目をしてるじゃねェか!(ぇー)
ペットボトルロケットを打ち上げたり耳にタグを付けていたのは、
宇宙に興味があるというエリオと接点を持とうとしたからなんだとか。
ロケット1本につき5000円という破格のバイト代はそういう下心なあったんですね。

まぁ本丸を攻める前に外堀から埋めるという発想はいいと思いますけど、
山本さんはキボネング・デコ…もとい、前川さんを女々さんの娘と勘違いしているようでした。
確かに前川さんのコスプレは下手するとスマキンを超える異常(アブノーマル)ですからねぇ。

…老い先が短い自分の人生を諦めて無気力になってしまったお婆ちゃん。
「キャトルミューティレーション」と称して何事にも…生きる事にもやる気が無い。
女々さんは宇宙からお婆ちゃんを連れ去ろうとする宇宙人を…「無気力」を倒すため、
皆で作ったペットボトルロケットと、花火職人の息子である山本さんが作ったロケットを打ち上げます!
…原作だと華やかなイメージがあったんですけど、凄まじい迫力だなぁw
原作には無いパトカーの音と、落下するロケット悲しそうに見送るエリオも良かったです。

今回のエピソードは完全に女々さん視点だったので不安と期待の気持ちがあったんですけど、
今までの青春物語(という名のハーレム物語)とは違うベクトルで面白かったですねー!
とりあえずお婆ちゃんのデレ…ババデレにはニヤリとしてしまいましたよ。

まぁ1番良かったのは子供時代の女々さんなんですけどね!可愛すぎるだろアレ!
40歳でも子供時代でも同じ声質に違和感が無いって恐ろしい事ですぜ…。

来週はついに宇宙人・星宮社の登場ですね。わくわく。
次回も楽しみです。ではまたー。

« いいぜ…てめぇが抽選なんて当たると思ってんなら…まずはそのふざけた幻想をぶち殺す!  |  漫画版『ヘヴィーオブジェクト』に初春や美琴、木山先生っぽいキャラが登場してる »

コメント

No title

女々さん視点もいい雰囲気が出てましたね~。あの駄菓子屋の婆ちゃんの実孫で和菓子店の店長だったのには驚きましたよ^^

ロケットの爆発でお婆ちゃんの無気力を倒してましたが、最後のパトカーなどの音が気になりましたねwあのあとどうなるんだかww

SSS |URL | 2011/06/05 14:09 * edit *

No title

このペースだと隕石落下エンドか・・・

ffffff |URL | 2011/06/05 15:38 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://kodoku21.blog83.fc2.com/tb.php/1585-962e80b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

電波女と青春男 8話感想

前回からずっと粗茶回しを考察し続けていました。 前回の記事はTBしていなかったので今回はしようと思っています。 (今週の神のみとカイジもTBしていなかった) あと2時間半でDOG DAYSが始まる時間に更新とか遅れすぎ。

ノウネイン村田の不活動日記 | 2011/06/06 00:20

[アニメ]電波女と青春男 第8話「ツィオルコフスキーの祈り」

全てが一点につながって、今までの謎な想いと感情が浮き彫りになってきて、世代を超えた青春劇を披露してくれました。

所詮、すべては戯言なんだよ | 2011/06/05 16:05